« 霧降高原から女峰山 | トップページ | 娘と海 »

2018年7月12日 (木)

ダイヤモンドプリンセスクルーズ

 長いから、時間のある時にでも~  

 去年、クラOOのダンスアテンダント割引で、ダイヤモンドプリンセスの、バルコニー付きのクルーズへ行った。 バルコニー付きの船室はとっても快適で、夫はいたく、気に入った様子。  で、今年もクルーズへ。
  ダイヤモンドプリンセスは、二度目以降の割引って言うのがあって、一人2万お安い。 そして、半年以上先に申し込むと、一万お安い。 これって、夫婦で6万もお得(*^_^*)v
 うちから近い、横浜港出港なのもありがたい。 もう一つ、うちからお荷物を集荷に出すと、船室に届いているの。 これは、ダンスと山道具でトランクが重いから、とってもありがたい  
 
 7月3日 パスポートを預けて、大桟橋12時乗船。  
クルーズって、乗ったら、ほぼ何でも食べ放題なの。 だから、ブッフェのランチ頂きながら、乗船して来る人や、横浜を眺めて
Img_0155
 まず最初にすることは、タイタニック以来義務付けられたって言う、避難訓練。 各デッキごとに、乗るボートが決まっているの。 そのボートへの一番の近道を歩いて、点呼を取る。  
 お部屋に落ち着いて、送ったお荷物を整理。 お部屋には、クローゼットと箪笥があるから、ドレスや服をそれぞれにしまって・・・それから、まずは船内新聞をチェック。 何時に、どんな講習やパーティーがあるか、見ておかないと。
 今回は、日本人より、カナダやアメリカ、オーストラリアからの人が多い。 そして、船員さんほぼ全員海外の方だから、外国へ行ったみたい。      
 横浜港17時出港。 急いでデッキへ。ベイブリッジへマストから2mですって!
Img_0165ギリギリだから、通過すると拍手が!
Img_0171
 今回の部屋は左舷だから、ずっと、館山や銚子を眺めながら・・・ 日が暮れる。  
 デイナーはコースだから、撮っていたら枚数が増えちゃうから、メインディッシュ一枚だけね。前菜とスープとメインとデザートを、それぞれ4~5種類から選ぶ形式です。
Dscn7365
 食後に、シアターでニーナ・マッケンジーのカジュアルオペラ。 素晴らしい声! ダンスパーティーの後、ディスコに誘われて~御前様    
 
 7月4日 今日は、終日航海。
朝食は、バルコニーへ運んでもらって、のんびり リアス式海岸を眺められるかと思ったら濃霧。  
Img_0176
少しは夫も動かなきゃ、と、午前中はジャグジーとプールへ誘う。
Img_0180
 ランチの後、私はダンスの講習会へ男役で出る。
Img_0185
 チャンピオンのカティア&ゼニアが乗っていて、航海中にデモも何度か見られたよ。 ちょっとだけ踊れる女性3人に、交互にお相手して、喜んで頂いて、(^、^*) エヘヘ 愉しい~。  
 午後、タヒチアンダンスやフラの講習会があって、これは面白かったよ。  
 今日はディナーはフォーマル 
カクテルドレスか、イブニングドレス。
そんなの持っていないけど~、ダンスドレスは、ま、そんな感じ。
Img_0191
 ダイニングの前には、写真屋さんがいる。 3世代、結婚式みたいなご家族とか、いろんなグループが記念写真を撮られている前を素通り~。 だって、一枚10ドルの写真なんて、買わないもの~。  私は、あとでダンスだからお酒は飲まない。
 ディナーのあと、Beer 2 cans Please で、お部屋に寝酒をキープ("⌒∇⌒") これ、あとで見たら6,5$! で、これ以降は、各港でビールを調達。
 食後はマジックショー。  今夜もダンスパーティー。
昨日知り合ったお姉さま方が「ねぇ、パブで踊らない」って・・・ 飲み物おごるから~と、連行されてしまいました。 飲み物は、お部屋にキープしてあるんだけどね~。
  カナダ人の女性と気が合って、二人で踊りまくり~("⌒∇⌒")    
 
 7月5日 釧路港7時接岸
今回は釧路湿原をカヌーで下るアクティビティーを予約。 でも、釧路は10度で、風雨がすごい。 ほかの乗客が、下船を躊躇するので、なんと一番で下船。 私たち、上下を山用雨具にザックだから、最強の服装。
  レンタカーに乗ってから、カヌー会社に連絡。 「中止とは言いませんが、キャンセルしても、キャンセル料は頂きません」 だって。
10度で風雨でカヌーじゃ、修行になっちゃうから、即キャンセル。  
 この天気だから、ドライブにしよう。 厚岸のアヤメ園へ行って、ちょっと歩いたら、手がかじかむ!
Dscn7221
 霧多布まで行ったら、エゾカンゾウの群生が、素晴らしかったよ。 
Dscn7235
 厚岸で、牡蠣の食べ比べや
Dscn7245
焼き牡蠣とカキフライと生ガキの、牡蠣御膳を食べて 
Dscn7247
 温泉に入って船に。 17時出港。
 
 船内の、オペラやマジックショーは撮影禁止だけど、船の料理長のクッキングショーは撮影OK 
Dscn7331
 料理長はイタリア人で、イタリア語にしか聞こえない英語でお話してました 女性は通訳 夜もダンスパーティー(^ー^* )      
 
 7月6日 終日航海 早朝 歯舞付近を通過
9時ごろ国後と択捉の間を通って、これは国後島 かなり霞んでます。
Img_0207
 ここで一度時差が1時間。
ジャグジーに入って、大スクリーンで映画を見る。  
 船の中で、ロシア入国の手続きがあって、部屋に配られてきた書類にサインをして、パスポートを見せて、チェックを受ける
 夜中に、もう一度時差があって、都合、2時間早める。  
 7月7日 最初、3ヶ月前 ユジノサハリンスクへの列車ツアーって言うのがあって、申し込んだ。 でも、一月前に電話がかかって来て、「列車は出ません。他のツアーに変更お願いします」ですって。 さすが共産圏。いきなり列車が走らなくなったりするのかな。  仕方なく、聖ニコライ教会や栄光広場、サハリン郷土資料館へのドライブツアーに申し込んだ。
 
 クルーズ乗船時に預けていたパスポートが、朝いったん返却されました。 ツアー順で、若いロシアの入国審査官のチェック。    揺れるテンダーボート(救助艇)でコルサコフへ上陸。 日本人は、オプショナルツアーに、参加するしかないの。 自由に街を歩くことはできない。でも、非常時でもないのにテンダーボートに乗ることができるのは、この時だけ! 帰りはテンダーボートの屋上だったから、写真が撮れたよ。
Img_0358
 10分ほどだけど、揺れて面白かった。  
 うっわ、さむ!【><。】
まぁ要らないだろうな、でも念のため~ と入れておいた、ダウンジャケットを着ました。 サハリン、寒いです! 釧路と同じくらい。
乗せられたバスは韓国製。  
 お花はウマノアシガタにエゾボウフウに、コウリンカにミヤマムラサキに似た花。
Img_0237
 走ってる車は トヨタ 日産。みんなすっごく汚れてる。 セブンイレブンがあったよ。
Img_0238
 だだっ広いレーニン広場に、変更になったキリスト降誕大聖堂
なんか、真新しい建築で、海外に誇りたいらしい。ロシア正教の教会って、アラビアっぽいね。
Img_0251
 大聖堂の前に戦車と高射砲が置いてあるって言うのが、違和感!
Img_0256
 日本語学科で勉強しているボランティアの学生さんが、たどたどしく日本語の説明を読み上げる  売っているお土産は、チョコやクッキーや飴やジャム。あとはマトリューシュカ模様のマグネットとか。 買わなかったよ。
 このマトリューシュカ、日本がもと、って知ってた?
箱根の、ロシア正教会の避暑館にやってきたロシア人修道士が、箱根の七福神の入れ子人形を持ち帰ったんですって。
 
 スーパーへ寄って、ロシア語のコピーを持って行ったから、ロシア・ビール・どこですか の単語を指さして ロシアンビールを買う。 80円ぐらい v('ー'*)  船で買うと、650円くらいだもの、やったね!  
 
 別の、お食事つきツアーで出かけた人は、お食事がジャムピロシキと肉のピロシキにお水で、同じような観光で300$(3万くらい)だって。 びっくりなお値段ですね~。しかもお土産は買うところがなかったって。もっと、上手におじゃねを落としてもらえるのに、下手だね、ロシアの観光産業。
私たちのツアーは、食事なしで12, 5$(1万3千円くらい)それでも高い!
 
 検閲があって、出港。 
買ってきたお土産はウォッカとか入れて、しめて700ルーブル 千円ほど
Img_0370 たまには、おやつでも食べようかとビュッフェに行くと、サラダやチーズやクレープに、こんなケーキがいっぱい
Img_0380
 ( °o° ) エー、もう宗谷岬が見えてる!
まだ出港して3時間たってないのに。 ここで、一瞬電波が入るけど、10分くらいでまた圏外。  
 
 外国船籍のクルーズは、ほんのちょこっとだけ海外へ寄る。 面倒だけど、なんで?って思ったら、カボタージュ規制って言う、交通に関する規則があるみたい。日本船籍以外は、海外に寄港しなきゃいけない。
 7月8日 小樽港8時接岸
ここで、入国審査があるんだけど、始まります って放送があっても、列がちっとも進まない。 なんと、早めに並んだ人は1時間も待たされて・・・ 放送の要領や、人のさばき方が上手くないね。  
 今日は、小樽に住んでる夫の従弟が、どこかへ連れて行ってくれる手はず。 この従弟は海上保安庁に勤めていたので、今回の航路の話とか。    積丹半島と神威岬へドライブ。
Img_0413
有名な富士寿司で、ウニいくら丼や
Img_0421
海鮮ラーメンをごちそうになって、
Img_0419
 次は、まっさんで有名になった、余市のニッカの見学に行くかって。 「できれば天狗山がいいです」って言って、天狗山から小樽湾とダイヤモンドプリンセスを眺める。矢印が船。
Img_0430山頂のハートに入れてみる
Img_0423
 港に近い温泉に入って帰船。  
 
 7月9日 函館8時着岸
トラピストクッキーって、知ってる? 白い恋人たちより昔、函館のお土産って言えば、このトラピストクッキーだった。 この修道院の奥に、丸山って言う一等三角点峰のお山があって、天測点と子午線もあるんだって! (ノ°ο°)ノ オオオオ それ、行きたい!  
 で、事前に夫に、トラピスト修道院へ行ってみませんか? その奥に、眺めのいいお山もあるみたいですよ。 1時間で登れます。と、お誘いしてた。  
 函館は、フリーの時間が長いから、レンタカーを借りてるの。 でも、豪雨(/_;) で、江差の追分会館へ。幕末の開陽丸を見て、祭り山車も見て
Dscn7274
 海鮮ラーメンを食べて、少し小降りになったので、吉永小百合が、JRの宣伝で歩いた、レンガ作りの雰囲気のあるトラピスト修道院へ。
Dscn7281
 その奥からの歩き出しなんだけど・・・。 私有地だけど、歩かせてくれるようです。15分ほど登ると、自然の崖下の洞穴を使った、昔のルルド跡がある。白い聖母様がいるのよ。
Dscn7283
  赤テのついた、草が刈られていない、藪道が山頂への道。しかも雨。 夫に「どうしますか?」って聞いたら「俺、その辺見物して待ってるわ。何時ごろ戻ってくる?」って。
 で、1時間半後に迎えに来てくれるよう頼んで、歩き出す。 急斜面をトラバースして、杉林と雑木林の境に続く道を登る。 両側から、ウバユリに蔦に草がかぶる道。人はあんまり入っていないね~。
Dscn7284
 オーバーズボンを穿いてても、草のしずくで靴下から靴の中までびしょ濡れ~(;>_<;) スパッツは持ってこなかったよ。  ヒグマが怖いから、時々声をかけながら登る。
 南が開けて、対岸の下北半島や津軽半島が見える所も真っ白。    
 ブナ林の急斜面を、稜線目掛けて直登したら、尾根に乗る。 山頂までも急登で、でも距離は短い。
  一等三角点、点名『当別丸山』
Dscn7287
すぐ近くに、天測点があります(⌒^⌒)b うふっ
Dscn7290
 夫は、トラピスト製品の売店で、お姉さんに、 『昨日の朝、ヒグマが出ました』って聞いて、ちょっとびびってたって。
なので、下山後に ご挨拶によって、トラピストクッキーの乗ったソフトを頂く
Dscn7295
   湯の川温泉へ移動して、啄木亭の11階の展望露天風呂でのんびり。 函館山は雲の中。
Dscn7298
 車を返して、函館駅前の回転ずしに入る。
蟹のふんどし(蟹のお腹の肉)やボタン海老が美味しかったよ。
Dscn7306
 電車で一駅だけ乗って船に戻ろうと思ったら、これまで雨で見えなかった函館山が見えてる! バスで、函館山へ。 出港は10時半だから、港が近いと、こういう時に便利だね。 バスガイドさんがいて、英語と日本語でガイド。これで400円ってお安い! 雨の直後だから、霧に夜景が反射して、夕焼けのような不思議な夜景。
Dscn7316ダイヤモンドプリンセスが分かる
Dscn7312
バスは、昼は1時間に2本くらいで、8時から10分に1本。 夜景用ダイヤなんだね~。  百万ドルの夜景、くびれが見える夜景は、オレンジの幻想的写真になりました。
Dscn7323
JRの新函館行きライナーへ一駅だけ乗って
Dscn7325
 タクシーで港へ。
10時過ぎ、もうすぐ出港の頃、救急車が来る。
急病人?(・_・;)  出港が1時間半遅れる。  
 
 7月10日 終日航海   
午後は、色々な講習を受けた人の発表会。 5階・6階・7階で見ている人の前で、フラ・よさこい・タヒチアンダンス・盆踊りを踊る。
私は、ダンス系の講習会は、全部出たみたい("⌒∇⌒")
Dscn7359
 この後、知らない たくさんの人から 「ずっと踊っていたでしょ。お上手ね~」とか、お声をかけられる("⌒∇⌒")  
 
 船内放送があって、救急医療を必要としている人がいるから、今から釜石へ寄港するって!(・_・;) 船は遅れるけど、ご了承くださいって。
 
 多分、海上保安庁がいる、一番近い港が釜石だったんでしょうけど、南下していたのを反転して北上。 海上保安庁の船が近づいて
Dscn7351
 ダイヤモンドプリンセスから下ろされたテンダーボートを先導。 船内放送で、プライバシーのため、左舷からの写真撮影は禁止ですって。海上保安庁の船だけ写す。2時間弱停泊して、反転して動き出す。  
 
 夜は、バルーンパーテイーで、センターフロアで踊りまくり。船で知り合った、いろんな人が、上から手を振ってくれる。
Dscn7368最後に降ってくる風船を、みんなで割るの
 Dscn7369
 深夜は、船の18階のディスコで踊って、午前1時ごろ部屋に戻ると!
 明日の7時半ごろに下船の予定が、12時過ぎに変更(^o^; ほえ~
でも、お部屋は10時までに出てくれって。次のお客さんが乗ってくるからね。
 7月11日 横浜港12時着岸。
本来、今日は船内イベントはないはずだったけど、急遽、色々企画されたみたい。 ダンスや、リボンフラワー講習会とか、映画とか。
  ビュッフェコートも開いているので、下船直前にも、しっかり食べて~ 体重、増えちゃったかな。
 
 お姉さま方、火曜会を2回もつぶしてごめんなさい(。_。;)
 重たいトランクは、宅配の復路便で出したから、明日届く。 早くお洗濯したいものは、帰りのお荷物で持って帰ってきたよ。 それと、携帯やカメラの充電器もね。  
 
 ああ・・・ 楽しかったなぁ~
非日常の空間。
 ずっとダンスで、チヤホヤしてもらっちゃいました。  
 
 乗船してから毎晩、睡眠時間は4~5時間。
 目の下にクマが~(;´o`)
今夜は早く寝ます。
 

« 霧降高原から女峰山 | トップページ | 娘と海 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1748585/73847683

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤモンドプリンセスクルーズ:

« 霧降高原から女峰山 | トップページ | 娘と海 »