« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

館山で救急車と車椅子体験

 嫁ちゃんと孫たちが、20日間ほどいて、先々週帰宅した館山。
その帰りの時、
「玄関の鍵がかからない」
ってメールが来た(≧◇≦)
だいぶ前から、鍵の金具自体が斜めに動いて、変だな って思ってた。
このボロボロな別荘は、私の両親が残してくれた、築60年の老朽化。

 それは大変(´ヘ`;)
ご近所の工務店さんにお願いして、夫が出張でいない夏の終わりに、館山へ来て頂くようにしました。
来年まで使わないだろうから、大掃除もしたいしねぇ~。

 こういう時、いつも娘が一緒に来て、張り切ってお掃除してくれるので~
娘と二人で、横浜発の高速バスに。
今日も暑い日で、横浜高島屋で涼んで、美味しそうなお弁当を買って、乗り込む。

館山駅前はシャッター街。
お夕飯はセブンでいいね。
タクシーでまっすぐ家へ。
運転手さんに、「今年はクラゲはどうかしら?」
って聞いたら、
「いつもお盆明けには、クラゲに刺されたって聞くけど、今年は聞かないよ。あんまりいないんじゃないの」
やったー、それなら娘と泳げるね。

 別荘のお掃除をして、ひと段落。
そろそろ、工務店さんが来てくれる時間だ。

  鍵や、ボロボロの雨戸の戸袋、それに裏玄関のドア どうしたら、一番簡単に、なんとか持たせられるかを検討。

 工務店さんが帰ってから、ちょっと海へ出てみる。

 8月最後の平日。
うちの前は、子連れ家族が高い波を見ているだけ。

薄いけど、富士山も見えてます。
Img_2346
 その前で泳ぐのも何だから、防波堤を越えて、河口へ降りて~

('◇'*)わぁお!すごい波!
これは楽しそう。
クラゲはいるか?

この時期の海は、疑心暗鬼。
クラゲは、お盆過ぎに増える って言うけど・・・実は、お盆過ぎに成体になる、ってことなのよね。

 手の甲までのラッシュガードを着て、長いスパッツ履いて、マリンシューズ履いて。
 カツオノエボシとかなら、毒が届いちゃうけど、この辺は、いつも刺されるのはアンドンクラゲ。一枚着ていれば、刺されても、腫れが全然違う。

 娘と、しばらく波際を行きつ戻りつ。
大丈夫そうだね(*^_^*)

 昔、娘がまだ小さい頃、8月10日ごろに、アンドンクラゲが大量に浮遊した日があった。
朝、海へ出たら、なんじゃこりゃ~(^o^;
 子供たちと捕虫網を持って、海にいるアンドンクラゲを端から捕ったら、居るわ 居るわ 居るわ・・・
(;´o`)

 刺されると、メンターム塗って、リンデロン塗って、それでも、首とか顔とかだと、3日は腫れてひどいんだ。

 で、一番波の高い、足の届く位置で、波乗りをして遊んでいたら・・・

【><;】 痛っ!!!
くるぶしを、ハンマーで殴られたような感じ。
とっさに、
「クラゲがいる。上がるよ~」
娘に声をかけて、防波堤に登っていたら・・・
途中で、足が ズッキン!ズッキン!
そのあと、普通に歩けない。
刺された右足、引きずって・・・

 何なの これ?(;-・。・-;)
海から3軒目のうちへ、足を引きずって歩いて、砂を落して沸かしてたお風呂に・・・

 ちょっと待て!
クラゲやゴンズイだったら、暖めちゃいけない。刺されたくるぶしを、お湯に浸からないように持ち上げたら・・・

 (≧◇≦)なにこれ~?
血が流れてる。
クラゲや魚に刺されて、出血って・・・
しないよね。

 しかも、痛みがどんどん ひどくなって、
ズキズキ から、ドックン ドックン!
膝ぐらいまで、脈打つような痛み。

 自宅なら、病院を知ってるけどここは館山。
119に電話して、自力で動けるから、近くの病院を教えてくれ って言ったら、安房救急センターの電話を教えてくれた。

 そこへ電話して、状況を話して、
「本人です。意識は、はっきりしています。
海で何かに刺されて、血も出ていて、クラゲとは比べ物にならないくらい痛いです。タクシーを呼んで、自力で病院へ行くから、近くの病院の電話番号と名前を教えてください」 
って言ったら・・・
「救急車で向かいます」
(^o^; ほえ~

 息子や夫の付き添いで、救急車に乗ったことはあるけど、救急車患者乗車初体験。

 とにかく痛みがひどくなって、救急車の中で、血圧上180 って言ってるし~(××;)
痛みで、あぶら汗。

 病院に付いたら、
あ・歩けない(≧◇≦)
もうびっくりよ。
始めて、車いすに乗りました。
 
 救急隊員さんが、傷口見て、河口で遊んでいて って言う状況なので、エイじゃないか。
って。
 すると娘が、そう言えば、黒い四角い影が見えた って。

 私・・・
エイを踏んじゃったんだ(´ヘ`;)
エイさんごめん。
びっくりしたんだね~。
波が高くて、下が見えなかったからねぇ。

 こういう、症例が少ない時って、お医者さんより、救急隊員の方がよく知っているんだね~。

 処置室で看護師さんが、ぬるま湯で傷を洗ってくれるんだけど、
痛くて!痛くて!!!
震えて来ちゃうほど(;>_<;)

 で、エイ毒は、50度くらいで解毒するから、暖めた方がいいんですって。
でも、万一、クラゲや魚の毒だと冷やした方がいいから~
「急に痛みが増したら、すぐに言ってください」
って言われてて・・・
様子を見て、もう少し熱めのお湯に足を入れたら('o'=)
 スーッと、痛みが弱くなってきた。

「ああ、やはりエイですね。じゃ、私はこれで帰ります」
って、救急隊員さん。
本当にありがとうございます。

 消毒して、包帯巻いて頂いて、でも痛くて、足の捻挫でもしたみたいな、歩き方しかできない。

 この間、病院について30分ほど。
お薬を貰っている間に、また痛みがドックンドックン来て、薬局で、抗ヒスタミン剤と抗生物質と痛み止めを飲む。

 タクシーでこんな姿で帰宅して、
Img_2354
教わった通り、包帯の足をビニール袋に入れて、患部に熱湯で絞ったタオルを乗せる。
 熱い!って言うタオルを乗せると、ふわっと痛みが引く。
 これを、2時間ほど繰り返したら、やっと痛みが治まってきた。

 やれやれ、これが孫とかじゃなくて、本当によかった。子供の頃にこんな思いしたら、きっと海が嫌いになっちゃうよ。

 さっと夕飯食べて、疲れて早めに寝て~

 8月31日
あら、思ったほど痛くない。
よかったぁ~(;-_-) =3

 簡単な朝食の後、洗濯とお掃除して、あちこち戸締りやら確認して・・・
今年も、愉しい夏をありがとう(´ー`)ノ

 早めのバスで、病院へ。
ガーゼと包帯を替えてもらって、化膿していないかを確認。
エイ毒って、化膿すると、完治に1年もかかる人もいるんですって。

 とにかく、迅速に暖めて、抗ヒスタミンと抗生物質がいいそうです。
私が
「自分で行くから、病院を教えて」
って言っているのに、状況を言いて
「救急車で向かいます」
って言ってくれた、電話対応の救急センターの方に、感謝です!

 電車で浜金谷港へ。
途中、こんなに高い波で、船は出るの?って娘が心配する。

 冬場は強風での欠航もあるけど、南風だと、かなり高くても、フェリーは運行するんだよね。波が高いから、飛沫に日が当たって、虹が見えてる。
Img_2369
 東京湾の中も、かなり白波だっていて、こちらの船も揺れるし、 航行しているほかの船も、揺れる揺れる~。
Img_2378
 乗り換えで、横浜35度だって!
(#´ο`#) はぁ~

 昨日、くるぶしをハンマーで殴られるような痛みに、どうなってしまうのかと心配したけど、こんな程度で済んで、よかったよ~。
ネットで調べると、いつまでも膿んで大変な人もいるみたい。

 お薬を2日分しかもらっていないので、夕方、地元の外科に行って来た。先生は「へぇ~、エイ? 痛いの?へぇ~」
で、館山の処方箋に近い効能のお薬を、追加で出してもらいました。知らないよね、普通。
 傷口は、拡大鏡で見て、今のところ膿んでなさそうで、よかったですね。って~(^v^)v

 昨日 のたうち回ったのに、普通に歩ける不思議。
珍しい体験をしちゃいました。

2018年8月28日 (火)

御岳山ロックガーデン

 先週、大姉さまが久しぶりで、火曜会に参加してくれた。
来週はお泊りだけど、今週の予定は決まっていない。
じゃ、うんと軽い所にしたら、また参加してくれるかな~。

 で、もう終盤のレンゲショウマを見に、御岳へ。
レンゲショウマって、下から咲いて行くから、案外長い期間、お花が楽しめるのよ。

 ケーブルカーを降りて、高校の頃、大岳小屋の荷物をボッカするのに立ち寄ったお店へ。
「お久しぶりです(´ー`)ノ 」
ここのお姉さん、昔から雰囲気が全く変わらない。
 もう、以前の大岳小屋の常連は、誰も登って来ないらしい(/_;) 当時の常連の中で、高校生の私が、最年少だったからなぁ。

 ケーブル前の広場で、トレランの人が何か撮影してる。
お姉さま方は、お笑いの人ですって。
「知ってる知ってる」
「名前が出てこないのよ~」って。
Img_2256
 富士峰園地でレンゲショウマを見て

Img_2270
思ったより咲いていて、嬉しい!
Img_2274
ヤブレガサ
Img_2266
富士峰園地から、雲海 右は日の出山で奥が三室山
Img_2281
トコロの雄花
Img_2277
キツネササゲ
Img_2284
富士峰園地の樹齢350年の杉の巨木
Img_2286
長尾平でランチ。
Img_2292
パラパラと、雨が降ったりやんだり。
カシワバハグマ
Img_2298
ヌスビトハギ
Img_2296
名前の由来の鞘
Img_2297
ミヤマタニワタシ
Img_2301
フクオウソウ
Img_2289
 フシグロセンノウ
Img_2290
大姉さまがいるから、七代の滝への急降下は止めて、綾広の滝へ。
Img_2306
沢沿いの道は、涼しいですねぇ。

ギンバイソウ
Img_2303
タマガワホトトギス
Img_2311
濡れた石は慎重に
Img_2308
ロックガーデンを、休憩所まで下りると・・・

 あら、また会っちゃいました。
トレラン姿の撮影隊。
Img_2313
 大姉さまが
「ごめんなさい!お顔は知ってるんだけど、
お名前は?」
って、ご本人に聞いて
「ロンドンブーツの亮です」
「失礼じゃない?」
って言ったら、
「おばあさんだからいいのよ」

 この後も、歩いていてまた会った。
Img_2316
NHKの、トレランで自然に触れ合う教育番組だそうで・・・
そう言うのやるから、トレランが増えるんだ!
お山は、走るもんじゃない。
と・・・私は思う。
 何度も、通りすがりのトレランさんの怪我を、お手当てしたことがあるけど、トレランさんって、そう言うエマージェンシーセットも、何も持っていないし。

 このロックガーデン、春先には、コチャルメルソウやハナネコノメが咲くのよ。

 ゆっくり戻っていたら
あれれ、また雨がぽつりぽつり。

 下山して、御嶽駅前のラーメン店へ。

 父が鮎釣りをしたので、私が中学の頃、よく連れて来てくれた御岳。このお店の平麺は、その頃のまま。
 御岳ラーメン、ごちそうさまでした。
Img_2320
 青梅線で立川へ着く直前、放送で
『中央線で人身事故。
ただ今 中央線、動いていません』
(≧◇≦)エーーー!

 復旧は、40分後くらいですって!(^o^;
 
とりあえず、立川で動いている南武線へ。
「あなたどうする?」
「お姉さまは?」
新宿方向、世田谷方向、横浜方向、
本来のルートの中央線が普通でも、迂回して帰宅できちゃうところが、すごいね。
結局全員、いつものアクセスと、15~20分ほどしか違わないで、帰宅できそう。

 あ~、よかった。

 大姉さま、再来週はまた軽いお山にするから、一緒に歩きましょうね~。


 今日は、雨がパラパラ来たけど、濡れるほど降られずに済んで、よかったです。

 思ったより、レンゲショウマが残っていて、嬉しかったよ~(*^_^*)v

2018年8月27日 (月)

夫と上高地 西穂独標

 一昨日、こーちゃんを送って帰宅が8時半
それから色々片付けて、翌日のおにぎりとか作って、ちょっと趣味人を見て~

 3時半に起きて、あれこれ準備。
4時出発。

 今回は夫とだから、睡眠不足で足が遅くても大丈夫("⌒∇⌒") 先週も通った沢渡の先から、新穂高ロープウェーの予定。

 実は、お天気がころころ変わって、お山は
土曜日と日曜日のどっちがいいか、判断に迷う。8時発のロープウェーに、間に合うように出たけど・・・
松本まで行っても、強風に雨予報(;>_<;)

 道中、虹が見られて、雨が止むのかな?

Img_2007_2
と思ったけど、また降って来て・・・
【><。】 エーン

 26日は、夏休み最後の日曜日。
帰路の小仏トンネルを、お昼までに通過したいから、今日西穂独標に登りたかった。でも、風速16mで雨予報じゃ、お山は苦行になっちゃうわ。

 急遽、
「傘さして、上高地散策にしましょうか?」
沢渡でシャトルバスに乗り換えて~
梓川右岸で明神池へ。
 Img_2037_2
一番奥の遊歩道、少し長くなって、明神池から段差で川に流れるところまで、行けるようになっていました。
Img_2054_2
 途中、明神池二ノ池で、気の早い紅葉が水に映って、虹みたいできれいだった。
Img_2060_2
 河童橋で、ケーキセットを食べて、
Img_2075
12時半だから、まだ空いているかと思って、バスターミナルへ。もう行列でした。

 ホテルに入るには少し早いので、奥飛騨鍾乳洞へ。
Img_2101_2
日本で、一番大きな石筍があるの。
Img_2108_2
とっても広いし、見ごたえありました。

 今日泊まるところは、栃尾温泉。新穂高温泉の近くです。露天風呂は、とっても広いのに、貸しきりなの。女性用何度入っても独り占。
Img_2113
なんでかと思ったら、お夕飯の時見たら、お客さんは私以外男性! 渓流釣りのお宿でした。
渓流釣りって、圧倒的に男性が多いのね。

 お夕食は、飛騨牛に・朴葉味噌に・鮎の天ぷらに・・・撮るの忘れた(´ヘ`;)
夫はビールを飲んで、8時に寝てしまった!

 8月26日
朝食を7時にしてもらって、8時のロープウェーに。モンベルカードで5人まで300円引き。
知ってた? ザックは、6キロ以上だと追加料金を取られるから、重いものは置いて(´ー`) v

 西穂山荘手前の200mほどがなかなかの急斜面で、夫がゼーハー。時々日が射すのに、残念なことに、ガスって真っ白~。
Img_2130_2
 ちょこっと登ると、丸山(2452m)
Img_2142_2
夫の様子見で、不調だったらここまで。
って思っていた。けど、ここまで8掛け近いスピードで登ってきた。 ここって、山慣れない人が多いから、マップタイム大甘?

一瞬見えた西穂独標
 Img_2165_3
 台風っけの強風!「帽子、飛びそうだから、取ったら?お日様出てないし」って言ったら、やんちゃ小僧みたいに後ろ前にかぶって~
Img_2169_2
 ザラザラの登山道を登って、岩っぽくなったら、逆に元気になって来た。
 岩の高度感にビビる、アルプスが初めて見たいなグループが、夫に道をよけてくれて~
「お先にどうも~」なんて、ご機嫌さんで登ってました。

 西穂高独標(2701m)
Img_2170_2
ロープウェー駅からの、マップタイム3時間を2時間。やっぱ、マップタイム、甘いね~。

 夫、少しはお山の筋肉が付いて来たのかな?
ここで、ホテルの冷凍庫で冷やした、ノンアルピールとお漬物休憩(^ー^* )
Img_2173_2
 西穂まで行かないと、ここには三角点がないから、ちょっと残念。
 最初から別行動なら、私だけ西穂に行って戻って、ちょうどロープウェー駅で会える感じだけど・・・
 今日は、お付き合いしましょ。

 途中で、どんどん雲が取れてきて・・・
振り返った独標が針山!
Img_2181
 霞沢岳と六百山 上高地の建物が見える
Img_2211
 焼岳と先日行った十石山
Img_2212_2
 笠ヶ岳 矢印はロープウェー駅
Img_2192_2
西穂山荘で、霞沢岳を眺めながら、ラーメンを食べて下山。
Img_2215_2
最後に眺望があって、よかったわぁ(^o^)v

 さてさて、大渋滞予報が出ている今日、どうやって帰るか。
数日前、「混んでいたら、大月から都留ICへ回って、裏道で帰りましょう」
って言ったの。
そうしたら
「混んでたら、上信越道から関越で回ればいいさ」
(;-_-) え?それも渋滞なんじゃ・・・
でも、否定すると、不機嫌になるから、数日前の会話の時は
「そちらが渋滞してないと、いいですね~」
って言っといた。

 下山後に、夫がタブレットを見たら、高速はどこも大渋滞。
「大月から、都留IC経由で帰りませんか?」
「どっかで時間をつぶせばいいんだ」
は?(?+_+)

「まずは風呂だな」
ロープウェーの隣の、新穂高温泉ホテルのお風呂に入って~
広くて、単純泉と硫黄泉の4つの露天があって、気持ちがいいお風呂です(^ー^* )
Img_2247_2
 「松本ICで高速に入らないで、塩尻まで下道で行こう。途中で飯でも食ってるうちに、渋滞解消だ!」

 そんなに簡単に、渋滞が無くなるといいんだけど・・・
塩尻の中華屋さんで、なんだか一杯頼んじゃって、食べきれないよ~
Img_2251_2
 大月が近づいても、小仏渋滞30キロのまま渋滞突入
のろのろ、とろとろ 

 11時半に帰宅。

 好きそうなお山にご案内して、喜んでもらえるかと思ったのに・・・
なんだかなぁ~な、結末でした。

 小仏トンネルがもう一つできるそうだけど、予定は2025年ですって。夏の週末は、中央高速は、使いたくないですねぇ~。

2018年8月21日 (火)

飯盛山

 春に行った茨城のお山で、マイフレさんのご友人が、夏にお山にご案内してくれるって言う事だったんだけど・・・
2週間前、別のご予定で来れないって。
 マイフレさんが無理してご案内してくれそうだったのを断って、
さて、この暑い夏に、どこへ行きましょう。
 
 今年は、フシグロセンノウとマツムシソウを見ていない。
その二つをこの時期みるなら、飯盛山かな? でも、今年はどこも、お花がバカに早いから、もう終わっちゃってるかも~。
 あ、晴れてたら、きれいな八つが岳が見られるからいっか。
 
 暑いから、登山口までタクシーを利用しよう。
そうすると、歩行時間が短いから・・・
ダメもとで、久しぶりに大姉さまをお誘いしたら、
来るって!
\(^o^)/ わーい
ケアマネの山友も、1年ぶりくらいに会う。
 
 高原の原宿って言われる清里に、タクシーを頼もうと思ったら・・・
清里周辺のタクシー会社は6社とも!
予約はしておりません(/_;)
さすが、観光地。
 あ~あ、これじゃ予定が組めないよ~(T-T) グスッ
 
 先週、激混みのあずさに参ったから、今週は早めに指定を取って・・・
で自由席が激混みで、ワゴン販売も入れないのを見て、これはまずい!
 帰りは自由席なんだけど、お姉さま方の自由席特急券をお預かりして、小淵沢で帰りの指定を取る。
「6名様、かたまっては座れませんよ」
って言われたけど
「同じ号車ならいいです」
何とか、帰りの指定席を確保。
 
 久しぶりに、小淵沢から小海鉄道に乗る。
予報では曇りのち晴れ なのに、小淵沢手前から雨(/_;)
小海線に乗っても窓の外は雨【><。】 エー
雨具を付けて歩くようかな。
 
 清里から飯盛山登山口までって、住宅地を4~50分歩くの。だから、私だけ小走りで小海線から降りて、駅前に並んでいた二台だけのタクシーを確保!
 よかったぁ~(;-_-) =3
ここで、タクシー待ちをしないで済んだ。
 平沢牧場近い登山口でタクシーを降りてたら、地面は濡れていて、木の上から雫が落ちるけど、雨は降ってはいない。
 ガスって真っ白で、眺望は望めないけど、もう雨は降らないといいね。
 畑に、ベニバナインゲンかな
Img_1821クマシデ この1枚1枚に種が入っているんだよ
Img_1823
フシグロセンノウ
Img_1832
 蒸し暑いから、のんびり登ります。
ミズタマソウかと思ったけど 節に毛がないからウシタキソウかな
Img_1842地面が濡れているから、東屋でランチ
Img_18496人だから豪華よ~
Img_1848赤いキノコみたいな地衣類 ウメゴケ系かな
Img_1854写真を撮っていたら 大姉さまがもうあんな上に 結構歩けるじゃん!
Img_1859
小一時間ほどで、飯盛山到着。
 
Img_1874 ふわっとガスが流れて・・・
Img_1876
\(^o^)/ わーい
少し下界が見えてきた。
 辺りは、マツムシソウがあっちにもこっちにも。
ヤマハハコとのコラボ
Img_1883色の濃いアサマフウロ
Img_1895
 平沢山(1653m)へ登り返して、
Img_1909
 山頂で、なんと富士山が少し見えてきた。
右が茅が岳 左が曲岳 富士山の下は観音峠
Img_1920
 最初から見渡せるのもいいけど・・・
こう言う、ふわっと雲が動くのも素敵~(*^_^*)v
 マツムシソウやハクサンフウロを堪能しつつ、ゆっくり下山。
左は飯盛山 笹の中にアサマフウロ
Img_1899ジャノメ蝶とツマグロヒョウモン蝶
Img_1888天狗山と男山 その奥が御座山
Img_1900瑞牆が魔の山みたい
Img_1923シロバナシャジン
Img_1926ハンゴンソウ
Img_1925
 
 獅子岩へ降りて、タクシーを依頼。
25~30分ほどかかりますって言うから、獅子岩へ登ったり お着替えしたり。
Img_1933
 吐龍の滝へ行くつもりだったけど、また、タクシー二台をドキドキ待つのも嫌だから、電車の時間にすっごく余裕があるんだけど、清里駅へ。
 
 小海線、13時台の次が15時50分 
本数、少な過ぎ!
 人が多いんんだから、夏だけでも増発してよ~。
 
 で、電車の待ち時間で、
ソフトを食べて~
Img_1941
 お姉さま方と・・・
(=^O^=)o□ プハァ
ごちになりました(゜゜)(。。)ペコリ
 清里駅からの富士山
Img_1948
 ちんたら小海線で小淵沢
 行きの乗り換えの時に、あずさの指定席を買って置いてよかった。
自由席はすごい列。
自由席だったら、みんなが座れたかどうか。
小淵沢から新宿までは2時間!立ちっぱなしはきついもの。
 
 久しぶりの、大姉さまとの山歩き。
1年ぶりの、山友との再会。
 色々盛りだくさんな、清里のお山でした。
 
 降られず、お花三昧の一日、
とってもラッキーでした(*^_^*)v

2018年8月19日 (日)

十石山

 先週末は、五竜岳を日帰りしたのに、ガスって北アルプスが見られなかった。
「夏のうちに、北アルプスが見たいです!」
「十石山はどうでしょう?」
山友が、展望の山を見つけてきた。
乗鞍のエアリアマップの真ん中やや北、白骨温泉から、十石東尾根で登ります。
 また遠いから、未明出発。
でも、今度は、歩行はマップタイムで6時間程度。
じゃ、4時間半くらいで歩けるね~(^ー^* )
白骨温泉から、ちょっと行ったところが、登山口。
目立たない、十石山登山口の看板が立ってます。
Img_1714_2
 出だしは広葉樹とカラマツの森。
ジグザグの急登で笹の尾根に出ると、モミやトウヒの森に変わってから~
 針葉樹の樹林をゆったり登るんだけど、両サイドから笹がうるさくて、朝露でびっしょり(;´o`)
どこまで笹なの~ って話していたら、今度は、刈ってはあるけど笹藪。
刈った笹の茎と根っこが滑るし、相変わらず笹がうるさい。
Img_1719_2
それだけ人が来ないって事かな。
だから、破線なのかぁ~。
 標高2,400m付近まで登ったら、風が流れてきて~
樹林を抜けたぁ\(^o^)/
沢渡の駐車場が見える
Img_1732
 オブキトラノオと中央アルプス
Img_1734_2
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
富士山・南アルプス・八ヶ岳!
Img_1789_2
北岳から塩見まで 手前の丸い山は、リンドウを鍵を借りて開けて入る
鉢伏山
Img_1780_2
 アルプスチックな、気持ちのいい道。
Img_1736
チングルマの花穂が、キラキラ風に揺れてます。
ウメバチソウが群生。
Img_1794_2
ミヤマコウゾリナと
クチバシシオガマ(ヨツバシオガマの先端だけ赤い花)
Img_1739_2  トウヤクリンドウと秋の空
Img_1757_2
避難小屋があって、
Img_1741
尾根に飛び出る感じで、少し登ると
('◇'*)わぁお!
笠ヶ岳! 手前は焼岳
Img_1775_2
槍に西穂に奥穂\(^o^)/ わーい
Img_1777_2
 素晴らしい眺望。
夏休みの日曜日で、どこのお山も混んでるでしょうねぇ。
でも、ここは、日曜会お貸し切り~。
静かに眺望を楽しめます!
(⌒^⌒)b うふっ。
 山頂の二等三角点は、藪の中!
Img_1760_2
金山岩までハイマツの藪です。
 帰りに避難小屋に入ると、とってもきれいにお掃除されてました。
Img_1791
いろんな設備や鍋釜お皿まで、きれいに揃って置いてありました。
 眺めのいい場所で、ランチして~
 少しでも高速渋滞が長くならないうちにと、急いで急いで下山。
 標高差1100mのハイキングでした。
 ヤチトリカブトと竜神の滝の上部
Img_1810
 それでも、小仏渋滞12キロ~(;´o`)
小仏トンネル拡大予定 とか横断幕があるけど・・・
これから、トンネル工事の計画段階でしょ?
いつになることやら(;-_-) =3
 
 でも、早めの下山で、早めに帰宅出来ました。
 
 見たかった北アルプスを堪能のランチタイム、気持ちがよかったよ~。
 しかも、山頂に誰もいない貸し切り状態。
こういう、マイナーなお山だからこそだね。
 
 山友、いい所を見つけてくれて、ありがとう( ´ ▽` )ノ

2018年8月12日 (日)

遠見尾根で日帰り登山

 山友が、行きたいところがあるんだけど・・・
って。
「五竜って、日帰りは無理かな?」だって。
(・  _  ・ ;) えぇ~

 テレキャビンは、始発が8時 最終が4時半
往復すると、マップタイムは11時間。
休憩なしの、7掛けで歩かなきゃ~(;´o`)

って調べていたら・・・

 お盆時期だけ、テレキャビンが7時から、動くんですって!
しかも、最終下山4時半だけど、夜間21時から21時半だけ動くそうだ。
登りは19時半からで、その間、明かりを消して、星を楽しむって言う趣向らしい。

 これは~・・・
安全弁として、ありがたい(*^_^*)

 じゃ、チャレンジしてみる?
休憩する時間が、ほとんど取れないよ。
私は五竜は行ってるから、もし遅れそうなら、置いて登ってね。

 ってことで、夜半にピックアップしてもらって出発。

 テレキャビンに7時前に着いたら、なんと、雨【><。】
なので、登山者少な目。

 テレキャビンとリフトを乗り継いで・・・
このリフトが、屋根がないから、傘をさして乗りました(;´o`)
Img_1345
 五竜から東へ伸びる遠見尾根は、急登区間は短いけど、距離が長い。
時間が気になるから、お花畑の写真は、帰りに余裕があったらにしよう。
 北アルプスは、先週の薬師岳の時と、今週の栂池とで、結構お花は撮ってるから。

 オーバーズボンを履いて、雨具を着て歩き出したけど~(´ヘ`;)ハァ
暑い! 
上の雨具は脱いで、傘をさして登る。

 今夜、五竜山荘に泊まるって言うお兄さんと、抜きつ抜かれつ。

 ほかの人は、全然来ない。
まず、最初のピークが小遠見山(2007m)

 帰りにここで、下りテレキャビンに、間に合わなさそうだったら電話しろって言う看板がある。30分以上遅れた場合は、別途お支払いするらしいけど・・・
 それでも、こう言う運行の仕方は、登山者にとっては、ありがたいよねぇ。

 中遠見山から、ひと登りで大遠見山(2106,3m)この区間のマップタイムが、異常に甘い。テレキャビンに乗り遅れないために、けん制しているのかな。

 池塘のある辺りは、さき一昨日の千国揚尾根に、雰囲気が似ている。モミジカラマツの群生に、チングルマ。カライトソウやタテヤマウツボグサ、シモツケソウの色がきれい。
 Img_1371一瞬見えた五竜の山裾
Img_1362
 これから歩く尾根や、五竜岳が見たいけど、次の瞬間、お空は真っ白に~(/_;)
でも、雨は止んできた。

 と思ったら、時々 カーっと陽射しが(××;)
今日は、これの繰り返し。
オオヒョウタンボクの実
Img_1374
 ずーっと陽射しが強いよりは、長時間歩きやすいね。
 白岳(2541m)直下は、結構な急斜面。
鎖場が、3ヶ所くらいあります。
Img_1376
 頑張って登ると、眼下に五竜山荘があって~
Img_1385
ここで、コーラを一気飲み!
Img_1420_2
夏山で早く歩いた時って、体に熱がたまって、炭酸飲料が飲みたくなるんだよね。

 ん~♪~ 美味~い(=●^0^●=)

 山頂が見たいけど、真っ白。
マップタイムは1時間。途中、雷鳥の声がする と思ったら、子供4匹にお母さん!
Img_1393_2お母さん
Img_1396
 五竜直下は、鎖場もあるけど
Img_1404
鎖じゃない岩々が、何ヶ所か大変。どっこいしょ!って、体を持ち上げるから。
Img_1403時々青空、トウヤクリンドウがたくさん
Img_1401
 五竜岳(2814,1m)
\(^o^)/ やっほ~
真っ白だけど、達成感はたっぷり。
でも、山頂タイムリミットは12時半で、12時10分到着。
Img_1410
 なんとか、最終のテレキャビンには、間に合いそうだけど、のんびりもしていられない。
 
 まぁ、下山は早いから、大丈夫かな。
さてさて、行きはお花の写真を禁じてたから、帰りは時間を気にしつつ、お花の写真をパチリ パチリ!
Img_1422ミヤマリンドウにウサギギクに シラネニンジンにチングルマの花穂
Img_1429
 西遠見山から、大遠見山が、結構長い。

ミヤマアズマギク
Img_1435
でも、 
4時くらいのテレキャビンに充分間に合いそう(*^_^*)v
中遠見でおやつにしたら、着いた時はこんな感じで
Img_1443いきなりカーッと陽射しが来たと思ったら、ガスが動いて
Img_1446( °o° ) エー 五竜が見えるかも!
Img_1450残念ながら、五竜の山頂は見えなかったけど、これだけ見られて満足!
五竜山荘アップ
Img_1450_2
 この時間なら余裕だね。
で、下山はリフトは使わず、白馬五竜高山植物園を、のんびり見ながら下山しました。
地蔵池のシモツケソウが鮮やか
Img_1460ワレモコウも咲いてる
Img_1462やった!マツムシソウ
Img_1473シロバナハクサンシャジンかな
Img_1463
 しっかりストレッチして、アイスを食べて(*^_^*)v

 中央高速は、夜の9時近くでも13キロ渋滞。
(/_;) なんとか、10時前に家に帰れました。
 累計標高差1450m 歩行距離18キロの、
日帰りでした。

 歩き出しから3時間は雨だし、ころころ変わる すっごい変な天気だったけど・・・

 ずっとカンカン照りじゃなくて、岩場で雨に降られなくて、よかったです。
 

2018年8月 8日 (水)

風吹大池~天狗原~栂池

 去年、火曜会で栂池から白馬大池へ行った。
その予定の話の時 K姉様が、
「風吹大池は、行けない? まだ行ったことがないの」
って言ってた。
風吹大池は、私も行ったことがありません。
 そこは、公共交通機関のみで、どう行けるのかな。
あずさや高速バスや、色々考えた結果、上越新幹線で糸魚川経由かな。
 ただ、大糸線の平岩駅 9時半発のバスに乗るには、始発でうちを出ても、東京での乗り継ぎに不安が・・・
 前泊しちゃいましょうか? 
温泉で~(*^_^*)
 2泊するなら、小屋泊まりもありだと、色々考えたけど・・・70才から
82才のお姉さまには、美味しいお食事と温泉宿が、いいですよね~。
 前から泊まってみたかった、平岩駅に近い朝日荘を予約。
ここ、大岩風呂で有名なの。
 大糸線、南小谷行き
Img_1089
夕方到着して、みんなで混浴風呂へ!
この日は、殿方は1名とのことで、かち合わずに済みました。
もともとあった大きな岩を、利用してつくられたっていう湯船。
めっちゃ広いけど、巨大な岩が、ドーンと中央にあって、
Img_1092
天井に近い竹筒から、ドボドボとお湯が落ちていて、打たせ湯状態。
 ここ、混浴内湯 女性専用内湯 女性専用露天風呂 男性専用露天風呂
全部で4つのお風呂があって、すべて源泉かけ流しの100%天然温泉。
露天風呂は、大糸線が目の前で、てっちゃんに人気だそうです。
女性のお風呂は、4~5人しか入れないくらいの狭さなのに、巨大な岩が・・・
これ、閉所恐怖症の人とか、圧迫感で辛いかも。
 お湯は、硫黄と鉄のにおい。
 お夕食はなかなか豪華\(^o^)/
これで9,000円はお安いと思う。
Img_1097
 8月7日
おにぎり弁当を頂いて、6時55分のバスで風吹入口へ。
Img_1099
その次のバス停は、蓮華温泉よ。
 今回、お天気によって、2パターン考えてたの。
早朝出発で、蓮華温泉で泊まろうか とも思ったんだけど、そうするとピストンになっちゃう。
で、今回は、風吹山荘へ泊る選択。
 風吹入口から、ブナや栂、檜、ダケカンバの巨木があって、飽きない。
Img_1102
でも、なかなかの急登。
Img_1101
尾根に出ると、熊の爪痕!(・_・;)
そして、嫌と言うほどイワカガミやアカモノやイワナシの実と葉っぱ。
これは・・・お花の時期に来てみたい!
Img_1104モミジハグマ
Img_1109何かの卵? 葉っぱの縁にびっしり 不思議な形
Img_1113笹目尾根 熊さんの爪痕(;´o`)
Img_1129
 途中、湿原が出てくるころ、雨が降ってきた(;>_<;)
風がないので傘をさして。
Img_1157
ツルアリドウシやイワイチョウ
Img_1151
イワショウブにも会えたよ(*^_^*)v
Img_1160テングノコヅチ
Img_1116_2ミヤマホツツジ
Img_1152キンコウカ
Img_1153
 草がかぶって、靴の中までびしょ濡れで、風吹山荘へ到着
今夜は火曜会お貸し切り~\(^o^)/ !
Img_1169
お荷物を置いて、風吹き大池一週に。
 北アルプス最大の池 って言われる風吹大池。
Img_1214
周りに、衛星湖のように小さな池がいくつもあるの。
大池の周りは、オオシラビソやコメツガ、ダケカンバ。
小敷池へ寄って
Img_1191ヒメミヤマウヅラ
Img_1181オオバタケシマラン
Img_1182
風吹岳(1888m)に登る。
東屋があります。
 Img_1185
風吹き大池の北側の、血の池から
Img_1197
神の田へ。
Img_1199
まるで棚田のような池塘が、ガスってとっても幻想的!
ワタスゲも素敵~(=●^0^●=)v
 なんて静かなの?
8月の北アルプスとは、思えない。
さすが、北アルプスの秘境だわ~(*^_^*)
 科鉢池は、湖畔に降りる道はないみたい。
Img_1215
(ノ°ο°)ノ オオオオ ミズトンボかな?
Img_1220 さっき登った風吹岳
Img_1231
 小屋へ戻ると、小屋番さんと、愉しい会話。
82才のお姉さまのご年齢をばらして、驚いて頂く。
K姉様、なんと、「ぜひお手伝いに来てください」って、就職以来が来てしまった!
("⌒∇⌒") キャハハ
 お夕食はカレー。
香辛料が効いて、カレー屋さんのカレーみたいで美味しいです。
Img_1234
 面白い履歴の小屋番さんと、時間が経つのも忘れて、9時前に外へ出たら!!!
('◇'*)わぁお
なんてきれいな星空。
天の川がはっきり!
 この夜、流れ星を二つも見ちゃいました。
 8月8日
半熟目玉焼きが美味しい朝食を頂いて、千国揚尾根へ。
昨日とは打って変わった雰囲気の風吹大池
Img_1236
 ゆるくアップダウンしながら、雲海の頚城山塊
Img_1267
時々白馬乗鞍や
Img_1244
朝日や雪倉が見える。
Img_1246
巨大ミズバショウの葉っぱの間を、かいくぐるようなところもあって(;´o`)
このルートは、雪解けや雨の後は大変そう。
Img_1257
 天狗原へ出て、去年登った白馬乗鞍を眺めながら、おやつタイム(*^_^*)v
Img_1274この雪渓の左下をアップ
Img_1278 ここって、去年 K姉様が、握手攻めにあったところだわ!
「81才でここが登れる人って、どの人? ぜひ握手を!」って。
まだ残っていたチングルマ
Img_1288まだ残っていたコイワカガミ
Img_1290コイワザクラ
Img_1295クロクモソウ
Img_1308_2セイカクロクモソウ?
Img_1309
 去年泊まった栂池ヒュッテで、ホットケーキとコーヒー。
Img_1321ヤナギラン
Img_1328
で、ゴンドラとロープウェーで、一気下り~("⌒∇⌒")
楽ちん楽ちん。
 栂の湯にゆっくり浸かって、抹茶ソフトを頂いて、バスで長野へ。
Img_1342
 去年、白馬駅に停まったあずさが、今年は南小谷までノンストップになっちゃったの(/_;)
だから、タクシーで南小谷へ行くか、バスで長野へ出るかの二択でした。
公共機関が、ますます少なくなっちゃうのね~【><。】
 でも、新幹線は快適で、お夕飯前に帰宅出来ました。
 素晴らしい種類のお花が咲くルート。
お姉さま方もいたく気に入って、来年の6月のお花の時期に、また風吹山荘へ泊ろう!
って、はや来年のお泊り予定が決まっちゃいました("⌒∇⌒")
 お花と実と、湿原と池、そして、星を堪能の、素晴らしい3日間でした。
 

2018年8月 2日 (木)

1泊2日で 室堂~薬師~折立

 去年の夏、ちい姉さまとPちゃんが 五色ヶ原から薬師岳を歩いた。

いいなぁ~、私、五色ヶ原って、歩いてないんだ~。
 でも、夏場は海も山も泊りが増えて、あんまり長くは留守しにくい。  
 ルートを色々、計算して~ 室堂から歩き出して、五色ヶ原で泊まらずにスゴ乗越まで行けば、1泊だけで折立へ出られるかも?  
 
 今回、単独で歩こうか、とも思ったけど・・・
 そう言えば、八ヶ岳のハイジちゃんが、五色ヶ原未踏、って言ってたっけ。  
 ハイジちゃ~ん(^/□\^) ご無沙汰です~。
五色が原へ、ご一緒しませんか?  俊足ハイジちゃんは、早朝ご自宅から、お車で来ても、スゴ乗越小屋までサクッと来れちゃうね。私は、茅野で前泊するよりは、室堂で前泊しよう!  
 北陸新幹線・富山電鉄・ケーブルカー・登山バスで夕方室堂へ。  
みくりが池の、女性専用相部屋でお泊り。 初めて劒や立山三山へ登る単独女性と、おしゃべりが盛り上がる~(^ー^* )  
夕焼けがきれい。
Img_0830アーベントロート立山
Img_0827
 このお宿は、日本秘湯の会のお宿なので、 10回泊ると一回無料の、スタンプカードを、持って来たよ(*^_^*)v  
 お夕食は、9300円の割に、豪華!
Img_0817
ほかの山小屋にしなくて、よかった。
白濁の温泉も、気持ちい~い。  
 7月31日
私は、ハイジちゃんに追いつかれる前に、鬼岳の残雪を通過しておきたい。 アイゼンを付けたり外したりって、結構時間がかかるし・・・それに、滑落者が多いなんて聞いたら、ゆっくりしか歩けないし~(;´o`)  
浄土山へ登り始めると、チングルマにイワギキョウ、ミヤマダイコンソウ!    
Img_0843_2
展望台手前から、激登りで龍王岳(2872m)の頂上直下まで登る。
Img_0881
こちらはハクサンフウロに ミソガワソウやトリカブト!  
Img_0878
Img_0880
そして、五色が原に笠ヶ岳から槍までの、素晴らしい眺め!
Img_0873
アルプスに来てよかった~\(^o^)/  
で・・・ ザラザラ激下り(;>_<;)  
の後の、 残雪のトラバース(;´o`)
Img_0884
 ビビりの私は、残雪が大嫌い~。 なので、このために、四本アイゼンを持って来た。この時期の腐った雪には、チェーンアイゼンよりは効くから。  前にも後にも誰も歩いていないから、何かあったら~。
  と空を見ると、ヘリが。
Img_0883
誰か・・・ケガしたのかな?  
あとですれ違った人に聞いたんだけど、この残雪で滑落した人が、太腿を打ったんだって。 でも、歩いて五色ヶ原山荘へ行って、一晩寝たら、やっぱり歩けそうもない ってことでヘリを呼んだらしい  
別の人は、「私も滑って、足を下にゆっくり落ちて止まった」って。
(^o^; ほえ~ 一杯滑落してるんじゃん(/_;)
薄い薄い、スノーブリッジの通過が、一番怖かったよ。  
もう一つの雪渓に行ったら、五色ヶ原山荘の人が、スコップ持って、雪道を作ってた。  そっちじゃなくて、斜度のある方を、道を切ってくれると、ありがたいんだけどなぁ。  
  残雪を抜けて、アイゼンを外して、急登りで獅子岳(2741m)  
\(^o^)/ わーい 槍の穂先が見える。 黒部湖も見える。
素晴らしい眺め!    
Img_0894
あちこちで写真を撮っていたら、ハイジちゃんが追い付いてきた。
 お久しぶりです( ´ ▽` )ノ
明日まで同行、よろしく。  
ハイジちゃんは、高山植物にすっごく詳しい。なので、私が同定に迷った花、すぐ教えてくれる~(*^_^*)v  
今回のルートは、2~300mのアップダウンを何度も何度も繰り返す、めっちゃタフなルート。しかも、大岩やザレた急登、急降下。  
ザラ峠の手前で会った単独女性は、昨日の滑落者の話をしてくれて、 「ザラ峠まで、心が折れるわよ~」だって。
「はーい( ´ ▽` )ノ  じゃ、心が折れに行ってきま~す」  
お花が増えてきて、五色ヶ原。
Img_0920
 ここは、山小屋でもお風呂があるし、素敵なところだから、ここでお泊りする人が多いみたい。  
鳶山(2621m)へ登って~、 越中沢乗越(2356m)へ
ガラガラと下った後
Img_0947
、広い尾根のハードな登り。
 この辺で、高度障害か熱中症か、めまいに吐き気【><。】  
急に失速しちゃって~ ハイジちゃんが退屈そうに、先に行っては待ってる。 ごめんなさい(;´o`) (;-_-) =3 ふぅぅぅ~
  で、よれよれで越中沢岳(2591,4m)  
Img_0937
  またしても、ザラザラの激下り。
ああ、朝から8時間(マップタイムで10時間くらい)歩いてるんだもんね。 急に遅くなって、ごめんなさい。
この辺り、マップタイムで8掛けより遅い。 それでも足が出ない。  
で、スゴ乗越の先の、ガラガラの岩の下りで、
「先に行って、飲んでていいよ」 って言ったら、ハイジちゃんの速い事! マップタイムの半分くらいかしら。
大岩をぴょんぴょん、天狗みたい!
あっという間に、見えなくなっちゃった。  
下った後、思ったより登りがあって、フラフラな体に、堪える~
 (;-_-) =3 ふぅ~  
とどめに、大嫌いな崩壊地があって・・・
トラロープがもう少し長かったら、怖くないのに~
Img_0964
 やっと3時過ぎに、スゴ乗越小屋へ。
 一人布団1枚だけど、食事は2回制の、そこそこ満員。 
こんな半端な場所、平日だし、もっと空いてるかと思った(^。^;)  
 小屋の周りの旗が、以前行った、四川省の黄龍の下の村みたい!
チベット仏教寺院みたいな山小屋です。五色の旗がはためいてます。  この山小屋、こじんまりして、とっても居心地がいい。  
 ハイジちゃんとベランダで、一年ぶりの再会に乾杯(*^_^*)v !    
  今日歩いたルートは、マップタイムは11時間。
でも、歩きにくい大岩や、ザラザラの急斜面とか多くて、それに暑くて、思ったより疲れちゃった。  
 スゴの小屋のお夕食は、お皿の中央にパスタ、周りに揚物、野菜料理、桃、ミニサイズのお蕎麦の小鉢もあって、手間暇かけてる~。  
お味噌汁は、野菜がたっぷりはいって、とっても嬉しい。
ハイジちゃんったら、お味噌汁のお替り3杯!("⌒∇⌒")  
Img_0965
 8月1日
昨日に続いて、今日もピークがたくさん。
涼しいうちに、歩き出し。
まずは、間山(2585,2m)へ登って
Img_0966
下る。
 目の前に見えているピークは北薬師で、その左に小さく見えているのが薬師?
だとしたら・・・ 薬師が遠いなぁ。  
あ!雷鳥の雛 左と右上ね。
Img_0970
大きな岩ごろルートを登って、もうすぐ北薬師(2900m) ってとこで、
 
  (ノ°ο°)ノ オオオオ
久々のブロッケン!  
Img_0979さっき追い抜いたお兄さんたちに教えてあげる。
Img_0972
ここから、岩々のナイフリッジを下って~
Img_0988
登って~ 薬師岳(2926m)
Img_0996
立派な神社の裏手に回ると・・・
(ノ°ο°)ノ オオオオ 雲が動いて、
Img_0999
劒が見えてるよ(*^_^*)v  
Img_0997
200m以上 下って、薬師岳山荘。
なんでもね、このところ雨が降らないから、今日中に水が無くなりそうなんですって。  登山者は、自分の分のお水を背負ってきてください って無線で話してる。 そんな殺生なぁ~(;´o`)
ま、通過する私たちは、関係ないんだけどね。  
すぐ近くに太郎平小屋が見えるけど、マップタイムは1時間40分。
Img_1001
 薬師峠からは炎天下をちょっと登って、また下ると、太郎小屋。  
1時間で下れた! CCレモン 最高!
真ん中が薬師のケルンで、その左が薬師岳。
Img_1022
 ここで、折立に14時に予約したタクシーを、13時半に早めてもらう。 
 さぁ、ここからは激下り。
お膝に、気を付けなくっちゃ。  
と・・・ ダブルストックにしようとしたんだけど・・・  
 暑い!(#´ο`#) はぁ~
 暑くて、暑くて!
結局、シングルストックで、扇子であおぎっぱなし。  
 五光岩の先からお花が増えてきて、イワショウブやキンコウカがきれい。  
Img_1027
 1000mほどの一気下りで、折立に。  
 途中、あまりの暑さに、日影で座り込む人が多数! 
最後に、折立からいくらも登らない場所で、テン泊荷物の若者が
「上に行けば涼しいですか?」だって。
「昨日もそこそこ暑かったよ。ここで涼しくなるまでいたら、太郎平へ着く前に陽が暮れちゃうよ」
って、はっぱをかけた。  
 折立で、予約していたタクシーに乗り込む。  
で、ハイジちゃんは立山駅へお車を停めてあるから・・・
富山地鉄 有峰口駅まで送って・・・  
Img_1037
 立山駅まで送れなくて、ごめんなさい。
お車を飛ばし過ぎないように、気を付けてね。
お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ  
 富山までで、迎車・有峰林道通行料金込みで1,8000円。
(事前に2万くらい と言われていました)
  これを、高いと思うか、妥当と思うか、必要経費と思うかは、その人次第。  ちなみに、倹約しようとすれば、13時のバスがある。でも、そのためには、どうしても もう1泊。  すると、宿泊や飲食、バス代で、かかる経費は、さほど変わらないよね。  
 ハイジちゃんが、茅野まで乗せてくれるって言ってたけど・・・
それだと帰宅が遅くなる。  
やっぱり、特急あずさより、新幹線かがやきよね。  
 
 15時21分の、臨時列車のかがやき。
駅アナウンスでしきりに
「車内販売も、自動販売機もありません」 って放送してる。
臨時列車だから?
「お乗り込みの前に、お飲み物、お土産などお買い求めください」
ですって~。  
 かがやきの中の車いすトイレで、汗臭いお山衣装をお着換えして、さっぱり。 (#´ο`#) ふぅ~  
 富山~東京2時間は、ありがたいですねぇ。
何とか帰宅後に、お夕飯が作れました。  
 今夜のおかずは、昆布で絞めたお刺身と、 ホタルイカ、それにかぶらとブリのお寿司! これは、タクシーの運転手さんとハイジちゃんが話してたから、買ってみた。
 大変美味しゅうございました(* ̄∇ ̄*)  
 累計標高差 下り3200m 登り2200m
久々、ハードな二日間でした。  
 私、虚弱体質だから・・・
アルプスとか標高が高い所で、こう言うハードな歩き方をすると、下山後に足がむくむのよね。
 高度順応がよくなるには、どうしたらいいのかなぁ~。  
 
 週末は、孫と館山の海だし、
来週は、火曜会でも、北アルプスにお泊りだし・・・  
 明日はゆっくりしようっと。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »