« 焼山沢から美しヶ原 | トップページ | 糸瀬山 »

2018年9月 5日 (水)

台風の八方池山荘と八方池

 台風で被害に遭われたからに、お見舞い申し上げます。  

 お姉さま方と、お泊りでの風吹大池は、とっても楽しかった。
夏のアルプスに、もう一回くらい行きたいですねぇ。  
でも、予定がギチギチで、1泊しか泊まれない。うーん "( ' ' ;)
 アクセス入れて、1泊でアルプス気分が味わえるお山~・・・  
で唐松岳へ行くことに。  
 先週の木曜日にエイに刺されて、救急車に乗って・・・
何を心配したかって、この唐松岳へ行けるのか。
日曜日に歩いてみて~ よし!私の足の方は大丈夫だ!  
 さて、次に問題は~
『非常に強い台風第21号は、勢力を保ったまま、4日夕方から夜のはじめ頃にかけて最も長野に接近する見込み』
 
  なんで、このタイミングで来るのよ~ 〃`_´〃
って言うか、台風、多過ぎでしょ!  
 予報は、毎日ころころ変わるし・・・
「万一の場合は、ゴンドラの上の、八方池山荘に変更でいいですか?」 って、前もって、お姉さま方に了解を貰った。 万々一、ゴンドラが動かなかった場合の、いい感じの八方のお安い温泉宿も、いくつかピックアップしておいた。
 でも、前日の予報では、唐松岳の山頂付近は風速34m!(;-・。・-;)
事前にお姉さま方にお聞きして、別途一室、16000円で、展望のある個室を予約しておいたんだけど・・・ キャンセルしました。
 強風で、お姉さま方がよろけて、お怪我でもしたら、元も子もない。
代わりに、リフト前の山荘、八方池山荘を予約。  
 4日朝の予報では、ゴンドラの上の雨の降り出しは15時だって。
ま、とにかく現地へ行ってみましょ。
 ゴンドラに乗れなくて、民宿で、美味しいお料理と温泉なら、それもまたよし("⌒∇⌒")
 東京駅集合で、長野まで新幹線。
バスで、八方のバスターミナルへ。  
 15時から雨予報なのに、もうパラパラ降ってきた!(・_・;)
 ゴンドラ・アダムは・・・
向こうから来る人が、「登りのゴンドラは動いてないよ!」
「(≧◇≦)エーーー!」  
 チケット売り場の人に
「八方池山荘に予約してある沙羅ですが・・・」
って言ったら、
「予約のお客様は乗れますが、強風のため、リフトをお待ちいただくようになるかもしれません」
だって~ 
よかった~(*^_^*)v  
 お昼ごろまでは、風は弱いと踏んでたのよ。 でも、雨も風も早めに強まったんだね。 ゴンドラでは、まだ、下の街が見えていていた。
Dscn7398
リフトでは、風は強めなものの、足下の斜面に、いろんなお花が楽しめる。 リフトを乗り継いで、目の前が八方池山荘。  
 さほどぬれずに、小屋へ。
蚕棚系のお部屋や、屋根裏部屋風の狭いお部屋もある中で、一番広い8畳の部屋を、火曜会お貸し切り~ (*^_^*)v  
Dscn7402
 食堂へ降りて、大型テレビにくぎづけ。
Dscn7404
 水浸しで海みたいな関空や、車の火災にびっくり。 外は、小屋前のダケカンバが、飛びそうなほど揺れているけど、
Dscn7406
 この建物はとってもしっかりしている。
 買ってきたお弁当を頂いてから、おしゃべりしたり お姉さま方はお昼寝したり。
Dscn7399
 一昨年の9月だったか、やっぱり台風の直前にお山へ行って、根石山荘に泊まったことがある。
 樹林帯から、15分だけ風に吹かれると、小屋に逃げ込める。
小屋のテレビで、『今 渋谷では、』って言う台風中継を見ながら、酒盛りしましたっけ。  
 のんびりまったり、山の本とか読んで過ごす。
外は、いよいよ風が強くなってきた。15時から20時まで入れるお風呂は、なんとシャワーが3つもついている! 
Dscn7405
 お夕飯は、ここは普段はバイキングらしいです。
でも、宿泊が7名だから、お皿盛り切り。  サックサクのエビフライや、角煮も美味。
Dscn7407
 ・・・と!
( °o° )  停電。  
 私は、小さな懐中電灯を持っていたので、机に置いて食べていたら、 小屋の方は、さっとロウソクを出して来てくれた。
 なんか、お誕生日みたいね~(´ー`)  
Dscn7408
 9月5日
朝食は、朝6時。生卵付きなので、たまかけご飯(*^_^*)v
Dscn7411
まだ雨が降ってました。  
 山小屋で、こんなにのんびり朝食を取るのは、火曜会では、滅多にないですね~。 あらかじめ、食堂にザックを用意して、食べたら即 出ます って感じが多いから~。 私の計画がせっかちなんで、そして早めに帰宅したいんで、ついそうなっちゃう。  
 今朝は、急ぎません。
ゆっくりお仕度しましょ!
そうこうするうちに、雨は止んで~
(ノ°ο°)ノ オオオオ
青空だ~!  
Dscn7419_2
 思い起こせば、娘が中二の夏、町田発、白馬でフリー2泊 19800円のツアーで、娘と唐松岳へ登ったっけ。 このルートは、あの時以来。    
 青空と木道、揺れるマツムシソウ。
Dscn7453今日はウメバチソウお堪能しました
Dscn7439
八方池までは観光客が多いルートなので、よく整備されています。五竜の遠見尾根が見え始めた。
Dscn7447
少しずつ見えてくる白馬三山。
Dscn7542ナナカマドと 右は去年登った白馬乗鞍
Dscn7458キバナノカワラマツバ
Dscn7460ハッポウウスユキソウと小蓮華
Dscn7464カライトソウ
Dscn7472クロトウヒレン
Dscn7473シモツケソウがまだきれい~\(^o^)/
Dscn7475オヤマリンドウの群生地 風に揺れて美しかったよ~
Dscn7477飯森神社のお社の後ろで、白馬の尾根が、消えたり出たり
Dscn7481
  そして、観光客だらけのこの辺りに、今日は誰もいない!
「気持ちいわねえ~」 話しているうちに、八方池へ。  
Dscn7495
 ここ、山椒魚がいるんですよ。 って話していたら・・・
巨大オタマジャクシがいた! 
Dscn7488
イワショウブもきれい その奥にもいるでしょ!
Dscn7483
 池の上の、樹林の登山道を抜けるまで、30分ほど登って、
Dscn7498 こんな大きい枝も折れてます
Dscn7500
雲海を眺めて引き返す。  
Dscn7504タムラソウの大群生地 手前はハクサンタイゲキ
Dscn7509唐松岳の右は不帰のⅢ峰 小屋で一緒だった3人が、唐松へ向けて登って行く。
Dscn7528遠見尾根と五竜岳 その奥(右から二番目)に鹿島槍
Dscn7531シナノオトギリ
Dscn7534ハクサンタイゲキの紅葉
Dscn7549
 小屋のテラスでコーヒーをごちそうになって、リフト&ゴンドラへ。
 帰りのリフトは、お花や景色を楽しめました。
Dscn7554
 ゴンドラ駅からの白馬三山
Dscn7557
タクシーで、みみずくの湯へ。
ここは、ph11,3ですって! 日本一の強アルカリの湯。
 ヌルヌルすべすべで、露天風呂からの眺めが最高!
白馬三山の、絶景風呂です。  
 大糸線でも、車窓からの眺めを堪能して~  2時間も乗るので、白馬駅で買った鱒ずしを買って、みんなで頂きました。
Dscn7560蕎麦畑の向こうに 爺ヶ岳と鹿島槍と五竜
Dscn7566
松本で特急あずさへ。
 遅延もなく、6時前に帰宅出来ました。  
 台風が来るのを分かっての出発は、避難もあるでしょうが・・・
 不謹慎かも知れませんが・・・
 お山で台風、楽しかったで~す\(●⌒∇⌒●)/

« 焼山沢から美しヶ原 | トップページ | 糸瀬山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
ひえ~えっ、5日と云えばまだ台風は日本海じゃなかったかな?
それにしても、今年は台風が多くて一番いい時季に山へ登れないのが残念ですが、
強行策で八方尾根に挑戦とは恐れ入りました。
でも、翌日は晴れ間もあり、八方池も波静かで花も楽しめるとは只者じゃないですね(^_-)-☆

今年は、白馬三山の帰りに八方尾根へ寄れなかったのが残念です(>_<)

山ちゃんさん
はい。
台風が来る前に小屋に入って、高みの見物 の予定が、雨が早まって、登りリフトで降られちゃいました。
八方池山荘はしっかりしていて、怖くはなかったです。
関空のニュースにびっくり!
山ちゃんがいらした頃の白馬が、一番お花が多くて素敵ですね。
ミヤマアケボノソウなんて、白馬か八ヶ岳でしか見られないし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風の八方池山荘と八方池:

« 焼山沢から美しヶ原 | トップページ | 糸瀬山 »