« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月30日 (火)

松姫峠~奈良倉~小菅の湯

 9月に一度ご一緒したマイフレさんが、奈良倉山へ行きたいって。

 あら、そう言えば、奈良倉山は、火曜会で行ったことがないわ。アクセスが面倒だしね。
 
 ここは、奥多摩駅からバスで1時間くらい入るか、上野原から新緑時期限定のバスで1時間
あとは・・・
大月まで、塩山タクシーさんを呼びつける?("⌒∇⌒")

 大月集合なら、甲府のマイフレさんにもお声をかけよう。
ジャンボなら、まだまだ席があるから、大姉さまのお誕生会に来てくれたマイフレさんにもお声をかけてみよう。
あら、久々に 総勢8人になったわ。
いつもの通勤電車で、大月8時半集合。

 今日の、塩山タクシーさんの運転手さんは、二回目。
でも、所長と皆さんへ、お土産の菓子折りを渡します。
いつも優遇してくださるので、感謝の気持ちです。
だって、大月は本来、テリトリーじゃないもの。
迎車代なしで乗せてくれるのは、とってもありがたい。

 松姫峠って言う、標高1250mのところまで、ジャンボタクシーで乗り付けちゃいます。
峠のお名前の由来は、武田信玄の娘、松姫から。
松姫が、信長の軍勢から逃れるために、ここを通って落ちのびたって言う伝説があるの。

峠からの富士山
Img_3890
 峠から、ゆるーい登りで奈良倉山(1348,9m)へ
Img_3900
この辺りはカエデとカラマツが多いから、晴れた日の紅葉はきれいかな って思ったの。
Img_3895
8人だと、おしゃべりもにぎやかよ~("⌒∇⌒")

 あちこちで、黄葉や紅葉を見上げては、
「キャァキャァ!きれい~!」
Img_3918
よかった。今日がお天気で。
お日様の光が透けて、宝石のシャンデリアみたいです。
Img_3923
 松姫峠へ戻る途中の笹薮に踏み跡があって、そちらを通ったら、

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
これはいったい・・・
Img_3911
いつ頃の廃車でしょう(;-・。・-;)
座席やドアの内側が木でできている、林業さんの車かな?
Img_3913
でも、こんなところへどうやって入ったの?
昔は木もなくて、林道があったの?

 峠へ戻って、鶴寝山(1368m)へ。
Img_3926
ここで、ランチバイキング。
8人いると、迷い箸クルクル~。
Img_3928
 生の桃をシロップ漬けにしたのが、最高に美味しかったです!
鶴寝山からの富士山
Img_3927
 キラキラの紅葉の下を、ルンルンで下って・・・
Img_3932
途中の栃の巨木は、コブコブで迫力があります!
Img_3936
 ワサビ田を横目に林道へ出て
Img_3948
どんどん降りるとると、小菅の湯、14時着。
大月行きのバスは14:42
今回、もしマップタイムより5分でも遅れたら、お風呂に入る時間が30分以下になっちゃう。
お土産も買いたいし、お風呂上りに飲みたい人もいるし・・・
ちょっと忙しなさすぎでしょう?
なので、帰りも塩山タクシーさんを予約しちゃいました。塩山から2時間かけて、こんな遠いところまで来てくれて、迎車代無し、って、本当にありがたい。

 小菅の湯は、源泉の温度が32度 
PH9.98の強アルカリ。
お肌がぬるっとして、お肌がすべすべ~。
ぬるめの露天風呂や薬草風呂、ジャグジーも入って、結構のんびりしました。
Img_3951
 大月まで、バスなら1時間弱。でも、タクシーなら30分。 ジャンボタクシーの中で、おせんべやお菓子を食べて、おしゃべり~。
深沢ダム付近に、行きも帰りも野生猿
Img_3955
 大月から、お1人は下りへ。
私は、特急かいじに乗ろうかと思ったけど、帰宅時間が10分も違わないので、みんなで各停で帰宅。

 今日は、最高の青空と、キラキラの紅葉と
富士山 そして、最高の温泉を堪能しました。
(*^_^*)v

 奈良倉へ行きたいって、提案してくれたマイフレさんに、感謝です!

2018年10月28日 (日)

越後駒

 10月の初めに、越後駒へ行こうとして、台風
にぶつかって。平ヶ岳へ変更した。

 やっぱり、越後駒に行きたいね~。

 でも・・・
その時、お泊りにしたから、今月はもう、お宿へ泊まれないって~(;´o`)

 私たちは、小さな車に4人だから、車ではとっても泊まれないし・・・

 じゃ、夜中に出発して、早朝から登る?

 もう降雪予報もあって、日帰りするなら、ラストチャンスかも。

 登山口の枝折峠って、雲海を撮りたいカメラマンさんの人気スポットなんだって。
20台くらいある駐車場は、早朝はカメラマンさんの車で満車になるって話。
雲海狙いの人って、夜明け過ぎたら帰るから、7時とかに着いたら、逆に空きがあるかも
とか、 いやいや、日曜日だからそれは無理でしょ、とか、色々悩んで~

 睡眠不足覚悟で、夜中出発にしました。そうすると、私は調子が出ないことがあるけど~
でも、ここのマップタイムは甘い目だって、マイフレさんも書いていたし。

 登山口到着6時で、もう人がいっぱいじゃん(・_・;)ヒエー
皆さん三脚立てて、日の出を待ってる。
こちら、軽なんで、なんとか駐車。

 5分も登ると、雲海がきれいなポイントで、三脚のおじさま方がたくさん。

Img_3784
でもね、今日は雲海はあんまりないの。

今日は、日本海側に少しだけ雲海。有名な、荒沢岳方向は、めっちゃクリアーよ。
Img_3815
 カメラマンさんにはお気の毒だけど、これから晴れる予兆の、クリアーな空は嬉しい。
(*^_^*)v

 日の出は、6時17分。
Img_3794
何回か、眺めのいいポイントやベンチがあって、明神峠へ。
枝折大明神のお社があります。

 そこそこアップダウンがあって、でも、朝日に照らされた紅葉と黄葉が美しく~

\(●⌒∇⌒●)/ わ~お!
モルゲンロートの越後駒&紅葉
 最高でございます~♪~
Img_3795
 登山道分岐から、ほんのちょっと左へ登ると道行山(1298m)

うーん "( ' ' ;)
かなり登ってきたつもりなのに、越後駒がちっとも近づかないよ~。
大きな山体、かっこいいね。
空には19夜の月
Img_3811
 黄葉に
Img_3797ツルアリドウシの実
Img_3804朝日を浴びた紅葉も美しい
Img_3812_2
今回、エアリアマップに[ぬかるみあり]
って書いてあったから~スパッツを履いてきた。この辺り、登山道はかなりドロドロ~で、滑る【><。】

 下って登ると、分岐から1分で小倉山(1377,8m) 
Img_3813
気持ちのいい山頂で、日本海とか浅草岳?とかまで見える。
Img_3858
 百草の池って、笹が茂った草原は、背伸びすると池が見える
Img_3852
 道が岩っぽくなって、でも、三点確保の岩登りって感じほどでもなく、ちょっと歩きにくい岩場程度。画面左の岩場を登る
Img_3821
 今まで山影になっていた、黒い壁の駒の小屋が見えてくる。
Img_3822
 この小屋は、夏場は管理人さんは居るけど素泊まりのみ。マップタイム登り6時間を、食料やガスとか食器とか背負ってくるのって・・・
日帰りより体力要るよね。 そして、先々週から?冬支度で、入り口は梯子を登った二階らしい。
これ・・・
夜中のトイレとか、大変そう~。
窓から、梯子で降りるんだもん!
 
 最後に、尾根に出ると、八海山が目の前で・・・
Img_3827
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
霧氷?
Img_3828
越後駒の北側は、霧氷です!
Img_3837
 ひと登りで越後駒(2002,7m)
Img_3834
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
久しぶりに、いい眺めだわぁ~。
荒沢岳の奥に
Img_3842
燧ヶ岳や会津駒も見えてるし
Img_3839
巻機や米山も見えてます。

 あれれ? 
マップタイム6時間を、3時間半で来ちゃった。
確かにここのマップタイムは、大甘だわ!
中ノ岳方向の霧氷が美しい~
Img_3832
 ちょっと早いけど、山頂でゆっくりランチ。
って言うか・・・
まだ9時半だから~
二度目の朝ごはん?(?+_+)

 こんないいお天気なのに、山頂には私たちの他に後二人。
もったいないですねぇ。って話していたら、下山の時、都合4人に出会った。
マップタイムが11時間と長いから、マップタイムが甘いって知っている人じゃないと、日が短いこの時期は、ちょっと登りにくいよね。

 行きに気にならなかった、細かいアップダウンが、下りメインになると結構登りが疲れる。
Img_3846
でも、行きとは違って、眼下の紅葉がキラキラと光って、奥只見湖が光って~
Img_3861
今日は最高だね~。
素晴らしいね~。
って繰り替えし 話してました。

 以前マイフレさんが
『ルンルンで歩ける道です』って言ってたけど・・・
 手弱女なわたくしたちは、そこそこ疲れましたことよ~。

 でも、素晴らしい眺望を楽しみつつ、枝折峠へ下山(*'‐'*) ウフフフ♪
Img_3868
あら、ゆっくりランチしたのに、まだ12時半だわ。急いで歩いたから、ちょっと足が張ってるね~。

 ってことで、帰路通る 大湯温泉へ。
山友たち、今までこういう時、パスって言うことが多かった。でも、最近行けるようになったんだよ。
年を取って、いいこともあるんだよ~。
現役の女性って、色々大変なんだよね~。

 大湯温泉の共同浴場 湯華の湯は、住民とこの辺の旅館に泊まった人しか入れない。
でも、実は、向かいの旅館に300円払えば、手形を渡してくれて入れるの。
Img_3885
 地元のおばあんちゃん方とのおしゃべりも、色々楽しかったですよ~。
 この辺のお家は、ご自宅にお風呂は作らないんですって。そのくらい昔から、共同浴場があったって。

 帰りの高速も順調だったのに、事故渋滞で、いったん降りて、
あら、小川町でお祭り神輿
Img_3888
東松山からまた高速に乗る。
 で、帰宅は7時ちょっと回っちゃいました。

 あたふたとお夕食出して
(出がけにほぼ準備してったから)
食べて~、
片付けて~、


 今日の標高差は1200m
8月に日帰りした五竜と、同じくらいだね。
あ、木曽三山の、糸瀬山の方が、標高差があったな。

 越後駒、予報と違って風もなくて、めちゃくちゃ気持ちのいいお山でした。
(=●^0^●=)v

2018年10月21日 (日)

信州峠~横尾山~槍~飯盛山

週末会で9月に、信州峠から、横尾山を経て飯盛山を予定していた。
でも、私がエイに刺されて、足の甲がパンパンに浮腫んで、お山をキャンセル(/_;)
 その週は、山行中止になっちゃった(/_;)ごめんね~。
今日はそのリベンジ。
 テレビで、半年ぶりにお天気のいい週末だって!
観光日和だって言ってる~(;´o`)
騒がないでよ! 
こっちは、晴れでも雨でも出かけるんだから。
観光日和って言うと、渋滞が怖いじゃないの。
 で、渋滞が怖いから、始発電車で早めに集合。
 平沢の飯盛山駐車場に車を停めて、タクシーで信州峠へ25分。
名前は信州峠だけど、信州と甲州の、境界峠なんだよね。
Img_3549
ずっと、右足が長野で、左足が山梨県って感じで歩けるルート。
一昨年の秋に火曜会でこのルートで、少し登ったところでお抹茶をしたっけ。
 週末会で、最年長の私が、ポットや茶器とか持ったら、ますます遅れるから・・・
野点は、なかなかできないね~。
 紅葉の樹林、今年はどこのお山もそうだけど、台風の影響で根こそぎ何本もの木が倒れてる。
Img_3552
 300mほどの一気登りで、気持ちのいい稜線に出る。
お姉さま方と来た時は、今にも降りそうだったので、ここでランチにしたんだっけ。
 朝一番の富士山
Img_3553
南アルプス。
Img_3555
あら('o'=)
北岳・間ノ岳が、冠雪してる!
Img_3557甲斐駒も少し白い
Img_3556
昨夜、少し降ったのよね。
 見晴らしのいいカヤトの原を緩く登ると、日影は霜が降りている。
Img_3563
雲海と浅間山 
間の山は、シロバナトリカブトの群生のある、茂来山辺りかな
Img_3565
雲海三段ミルフィーユの奥に妙高火打 
雲海1段目は佐久穂町辺り 雲海2段目は上田市辺り?
その上に信州太郎や冠着山辺りかな。
Img_3564
 樹林の岩っぽい尾根を登って、横尾山(1818,2m)

Img_3568_3
この前来た時にはなかった[槍・豆腐岩→]の案内がついてる( °o° )
じゃ、道がよくなったのかな?
Img_3570
 でも、山頂の西側ルートは、歩く人が一気に減るみたいね~。
踏み跡は、はっきりしていたり、薄かったり、なかったり。
 Img_3574
 尾根を外さず歩けばいいんだけど・・・
笹が伸びて、なかなかの藪で、霜が降りて濡れてるから~
ズボンの裾が、膝辺りまでびしょ濡れ~(;´o`)
 
小ピークを越えると、豆腐岩。
Img_3577 紅葉が結構きれい
Img_3586
 地形図で見て、まっすぐ行くと間違い、って言うところを、いくつかマークして行ったけど・・・
 そこじゃないとこで、はっきりした踏み跡に引っ張られて、ちょっと下りちゃった。
「ちょっと待って!歩きたいのはあの尾根だから、これ、違うわ」
2分登り返し~(^。^;)
 
 笹薮歩きと、背丈を越えるススキの藪漕ぎが交互。
昔から歩かれている尾根なんだけど、人があんまり歩かないと、すぐこうなっちゃうんだよね~。
 Img_3595
 でも時々こんな紅葉で和む~(*^_^*)
Img_3583
 南西に角度を変えて、3つほどピークを越えて、槍(1720m)!
Img_3590
見た目はそうでもないんだけど、ロープもついてないけど、木につかまって登らないと転げそうな、急斜面!
Img_3543
 ここで、早めのランチ。
昨夜の夜ご飯、クリームコロッケにしたから、2個だけ持って来た。
一人半分づつね~。
 槍の山頂からも、富士山や南アルプス、中央アルプス
Img_3566
それに白い・・・乗鞍?も見えてます。
 
 下りも激急降下で、霜が溶けて滑る滑る~!(;´o`)
ススキを束ねてつかんで、ズリズリ降りて、また笹薮歩き。
 今年は台風の影響で、どこのお山も倒木が多いね~。
 
 ここまで、ずーっと 山梨と長野の県境を歩いてきたけど、鞍部まで下りた後、ちょっと登ると、県境が南に別れて行く。
 三ッ沢の頭から、北西に角度を変えて、飯盛山が近づいてきた。
しばらく、牧場の柵に沿って歩く。
 十文字峠の先で、牧場の柵にぶつかる。
印がついた扉を開けて~
これ、印のテープがなかったら、ただの柵の継ぎ目にしか見えないので、かなり困ると思う。ありがとう(´ー`) ノ
Img_3602
 飯盛山の登山道に出て、戻るように三角を登る。
ヤマラッキョウ
Img_3612飯盛山から平沢山と八ヶ岳 雲一つない
Img_3604
 8月に、大姉さまと登った飯盛山(1643m)
Img_3617
(ノ°ο°)ノ オオオオ
ますます近づいて、八ヶ岳が美しい!
赤岳展望荘までくっきりよ。
 Img_3601
 8月に来た時、ここが初めての山友に、このドカーンと美しい八ヶ岳を見せたかったな。
 
まだマツムシソウが咲いている
Img_3634
飯盛山(1643m)
Img_3633
金峰方向に、信州峠からのジグザグに歩いてきた尾根が見える
Img_3620リュウノウギクが群生
Img_3635
 下山は平沢へ。
ロッジにある、登山者用駐車場は500円。
でも、帰りにお野菜を頂けたりするらしい って聞いていた。
「ただいまー。お世話になりました」って、顔を出したら('o'=)
「まぁ、早いのね~、信州峠からもう戻ったの?」
って言って、なんと!
キャベツを4個!
「一人1個づつ、持って帰りなさい」って!
\(●⌒∇⌒●)/ わーい
駐車料金より、お得なんですけど。
 今日のルートは、マップタイムで7~8時間かな。
私たちなら5時間くらい?
って計算していた、予定通りの早めの下山。
 ありがたいことに、渋滞はまだあまり伸びていない。
よかったぁ。
 帰りの中央高速からの富士山とトンビ 一気に積雪が増えましたねぇ
Img_3638
 行楽日和の今日は、4時とか5時になったら、きっと小仏渋滞2~30キロになっちゃうんじゃない?
 
 累計標高差は登りが780m、下りが1000m
でも、ずっと笹薮とススキ藪だったから、その割に疲れたなぁ。
 
 それと・・・
横浜線を、キャベツを下げて帰るのが・・・
ちょっと恥ずかしくて重たかったよ~。
 お土産にほうとうを買ったので、今夜は、キャベツほうとうだわ!
(*^_^*)v

2018年10月17日 (水)

ドラゴンドラで苗場 三国山~大源太~毛無山

 K姉様が、今年のお誕生会で、ドラゴンドラに乗りたいって。
それなら、歩かなくて済むから、大姉さまもご参加できるかな って言う、気使いみたい。
でも・・・
 大姉さまは、お泊り山行には気が乗らないご様子。
気力が出ない時は、無理強いは止めましょ。
 ところが(・_・;)
調べたら、ドラゴンドラは、スキーシーズン以外では、GWと夏と、紅葉シーズンのみの運行。
お誕生会にはならないわ~(;´o`)
 では、ロープウェー&ドラゴンドラで、錦秋の秋を楽しみましょうか。
 越後湯沢まで新幹線。
湯沢8時20分発のバスに合わせると・・・
久々に頑張って、私鉄の始発電車に乗る。
二居で バスを降りると、田代ロープウェーへ行く人がいっぱい!
始発は9時なのに、みんな早いのね~('o'=)
 ロープウェーで、日曜日に続いて、一気に標高を稼ぎます("⌒∇⌒")
眼下には、綾錦の紅葉とカッサ湖!
Img_3397
 ロープウェー駅を降りると、神楽ヶ峰から苗場への尾根が続いている。
「今日は、あの尾根の紅葉を、ゆっくり楽しんで歩いてください」
と、お姉さま方には、神楽ヶ峰までのピストンを、お願いしています。
 
 私は、40代のマイフレさんと、苗場にチャレンジしますね~( ´ ▽` )ノ
一緒にランチできなくて、ごめんなさい(。_。;)
 マップタイムの8掛けだと、下山最終ゴンドラに危うい。
でも、日本百名を目指いしているマイフレさんに、なんとか苗場を踏ませてあげたいなぁ~。
このマイフレさん、普段はあんり早く歩かないけど、脚力があるのは分かっている。
 なので、お姉さま方に地図をお渡しして、サクサク行ったら
神楽ヶ峰(2029,6m)
(ノ°ο°)ノ オオオオ
マップタイムの7掛け近いじゃん!
マイフレさん、早いです。
これなら行けそうだな(=●^0^●=)v
 お姉さま方は、神楽ヶ峰で折り返しの予定。
苗場山は、そこから往復2時間10分。
さて、お姉さま方を、どのくらいお待たせすることになるのかな。
「ドラゴンドラ手前のレストランで、お茶して待っていてください」
って、お願いした。
さて、マイフレさん、どこまで頑張ってくれるかな?
 神楽ヶ峰手前で、北東からのルートと合流すると、一気に人が増える。
Img_3417
激下りの向こうに苗場がそびえる~
Img_3419
雷清水
Img_3420
岩あっぽい急登を頑張って
Img_3422
池塘の木道に出たら!
Img_3427
辺りは急にガスっちゃったんだけど
マイフレさん「わ~ 苗場だ~!♪」
って喜んでくれる("⌒∇⌒")
歩き出しの時間から見て、苗場山頂のタイムリミット 1時半と思っていた。
で・・・池塘のベンチで12時半。
楽勝じゃん。
苗場山(2145,2m)
Img_3428
山頂まで行って、戻って
ベンチで座って、ゆっくりお弁当
 来れたね~!
よく頑張ったね(*^_^*)v
 
 この前ここへ来た時、私はブヨに2ヶ所刺されて、ひと夏かゆかったっけ。
秋は、ブヨがいなくていいね。
お花はないけど、紅葉がすばらしい!
 さ、下りは、ちょっと引っ張るよ~。
体力があるマイフレさん、実はちょっと前まで下りが苦手。
でも、今回は、びっくりするほど、ぴったりついて来てくれた。
 神楽ヶ峰通過の時点で、これは、もしかして・・・
ギリギリで、お姉さま方に追いつくかも知れない!
 と思ったけど、それは無理でしたが~("⌒∇⌒")
お姉さま方が下山して、レストランでコーヒーを注文しているところへ
合流。お陰で、マイフレさんともども、コーヒーをおごって頂きました(*'‐'*) ウフフフ♪
 
 さ、あとは、みんなでゆっくりドラゴンドラを楽しみましょ。
お姉さま方、別れて歩いてごめんなさい(。_。;)
 
 あ!('o'=)
その前に。
久々の標高差でしたから。と・・・
みんなでしっかりストレッチ。
標高差は、苗場まで行った私たちは1000m
神楽ヶ峰までのお姉さま方も、約700m
よく頑張りました( ´ ▽` )ノ
 
 本日のメインイベント。
ドラゴンドラは、日本一の距離を誇ります。
アップダウンは、まるでジェットコースターみたい。二居湖や
Img_3448浅貝川へ急降下して、また登る
Img_3454
変わる景色や紅葉に、大騒ぎ!
 シャトルバスで苗場プリンスへ。
途中で、お宿へ連絡を入れておいたので、
着いたら、お宿の送迎車が、来てくれていました(^ー^* )
 今日のお宿は、グリンデルワルトさん。
音楽関係の合宿とかに特化した、音響ホールのあるペンション。
一泊2食で、7500円。
 お夕食は、地物のお野菜にトン汁 山芋和えに鯖の味噌あんかけ 焼肉にポテトにバナナケーキ
Img_3462
食べきれないよ~。
お姉さま方、ご満足のお料理でした(*^_^*)v
お風呂も、飾り気はないけど、広くて気持ちがいいです。
 
  10月17日
美味しい朝食を、しっかり頂いて~
Img_3463
ペンションの車で、三国山登山口まで送って頂きました。
 この辺は、群馬側にヒルが多いの。
今日は、あいにく朝から雨(/_;)
で・・・
一応用心のため、ストッキングを切ったものを、5人分用意してきた。
 ズボンの裾を登山靴に入れて、その上に、登山靴の上からズボンまで、ストッキングを重ねるの。
小石とか小枝なんかも入らないし、スパッツよりは暑くないから、便利よ(*^_^*)v
 紅葉の森をジグザグに登ると、足元から秋の音
Img_3465
三国峠。
立派な神社があります。
Img_3470
雨は止んで、でも辺りは真っ白。
ここから、階段続き。
登っているうちに、どんどんガスが流れて・・・
Img_3482
あら、いい眺めじゃない
\(^o^)/ わーい
三国山(1636,3m)
Img_3483
着いた時は、お日様が射してました~♪~
 この辺り、キスゲが群生するんだよね。
以前、その時期に来ました。
今頃('o'=) アカモノImg_3497
谷川岳や一ノ倉が近い
 Img_3492
 気持ちのいい稜線歩きで、三角山から
Img_3506
大源太山(1764,3m)へ。
Img_3512
ここで、おにぎりタイム。
今日は、雨で座ってランチできないかな、って思っていたから、すっごく嬉しい(*^_^*)
谷川岳や仙ノ倉、赤城に榛名に妙義山。
Img_3519
そして昨日登った苗場も見えて、満足満足(⌒^⌒)b うふっ
Img_3517
 三角山まで戻って、激下り。
Img_3522
標高が下がると、紅葉が最盛期(*^_^*)v
Img_3526
何度も何度も振り向いて、錦秋の秋を楽しむ。
Img_3533
今年は赤がない、って聞いていたけど、最高でした~。
Img_3528
(=●^0^●=)v
毛無山(1362mm) から、
Img_3534
樹林の中をまたまた激下り。
Img_3536
苗場浅貝ゲレンデへ出て
Img_3537
 お宿の車で、湯沢まで送って頂きました。
バスだと、停留所のあちこちへ寄るから、結構時間がかかるんだよね。
バス代よりお安いガソリン代をお払いして、とってもありがたかった。
 お宿の店長様、ご厚意、感謝します(/・0・) 
苗場へいらっしゃるなら、アットホームなグリンデルワルトさんが、お勧めです。
 
 乗りたい新幹線の8分前!
お土産買ってかけ乗って。
湯沢から東京の新幹線は、おしゃべりしながら あっという間でした。
 
 お姉さま方、二日続きのマップタイム5時間。
お疲れ様でした(/・0・) 
 マイフレさん、7時間越えのルートを7掛け近くで、
お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ
下りも、早く歩けるようになりましたね~(^ー^* )
今日の標高差は、登りが980m 下りが1020m
(ノ°ο°)ノ オオオオ
お姉さま方、久々の1000m越えでした。
 
 新幹線に駆け込んだので、しっかりストレッチできなかった【><。】
今日は、お風呂の後いで、大腿四頭筋、をしっかり伸ばしておいてください。
 

2018年10月14日 (日)

夫と八方池から丸山(2400m)

 夏の終わりに、夫と西穂独標へ行った。

その時、岩登りっぽくなってきたら、急に生き生きしてきた。

そう言えば、以前北八つの三ッ岩へ行ったら、楽しそうだったっけ。
それじゃ、八ヶ岳の天狗辺りはどうだろう。
片道3時間半。根石岳山荘は、テレビも暖房もあります。 って、話して用意していたら・・・  
 
 姑を連れて、車で旅行の時 「やっぱり電車の旅もいいな」って。
運転に、疲れたかな。 でも・・・うーん "( ' ' ;)  
今からじゃ、来週末の切符は取れないかも知れませんよ。
 案の定、あずさ1号は指定席完売(/_;)
もしかして・・・ はくたかは、離れ離れに席が空いてる。
じゃ、行き先変更しましょうか。  
 
 台風21号の時、お姉さま方と泊まった八方池山荘。 あの時は、唐松山荘へ泊るつもりが、暴風雨のために八方池山荘に変更したんだった。
 今回は、普段歩いていない夫のために、最初っから、お手軽コース
(^ー^* )  
 
 東京から長野は、1時間半。 ゆっくり、朝のお弁当を食べていたら、着いちゃいます。東京駅で駅弁フェアをやっていて、朝7時半からこんな人気。夫も入って行った。
Img_3259_2
 
 長野から白馬BTまでは、バスで1時間半。
 ゴンドラと、リフト二つを乗り継いで・・・
Img_3262_2
 下りた目の前がお宿。
 
 宿泊手続きをして、お部屋に泊り荷物を置いて。
 
 実は、週末なんで、電話で予約の時、
「二段ベッドの部屋でないと、ありがたいんですが」
って、言っておいた。 二
段ベッドは、上の段になると、荷物の置き場や、夜中のトイレとか面倒だし・・・
 割り振られたお部屋の、端と端にお荷物を置いて(*^_^*)v 
じゃ、行ってきま~す( ´ ▽` )ノ  
  一ヶ月前に来たばかりだけど、お山は紅葉終盤。 まるで違う。
 ちょっと登った木道のベンチで、本日のランチ。
 
 金曜日に、マイフレさんに出した煮物を、火入れして持って来た。
 お姉さま方に、
「いい加減、自分の荷物は自分で背負わせなさい」
って言われてるけど、保冷物とか分けるのは面倒だから、やっぱり背負ってきちゃいますねぇ(^。^;)  
Img_3273_2
 八方池は、大勢の人でにぎわっている。  
登ったら、ガスの中に入っちゃった(/_;)
Img_3278_2
三段紅葉が見たかったなぁ。
  ぐるっと池を1周して、まだ時間が早いので、もう少し上まで登りましょう。
曇っていても、ダケカンバと紅葉はきれい
Img_3285
標高2400mの丸山ケルンまで登って・・・
Img_3293_2
 あ~あ、真っ白で何にも見えない(/_;)
明日は雨予報だし、残念だったなぁ。  帰りに扇雪渓でも見ましょ。
Img_3294_2
この時期だから、雪は灰色になって、上から大きな岩が滑って乗ってました。  
この辺りのナナカマドの色はきれい
Img_3292_2
 最初、唐松山荘に泊まろうか とも考えたけど~ 明日が小屋仕舞い。この時期は、食堂以外暖房を入れてくれないから、寒いんですって。
この時期の唐松山荘だと、明け方は氷点下。 それで暖房なしじゃ、眠れないわ。  唐松は何度も登ってるし、寒い所で泊まりたくない。
 
 で、夫は 西穂独標以来のお山。
丸山までの標高差600mで、小屋に戻ったら、いびきをかいて寝てしまう。 普段歩いていないから、疲れたかな。
 でも・・・ そんなに寝たら、夜寝られないんじゃないの?  
 
 小屋のお夕飯 前回と全く違うの ギョーザ入り豆乳鍋とか 肉野菜炒めとか  里芋のそぼろあんかけとか 魚介フライとか ほうれん草とマイタケの炒り煮とか 美味しかったです!
 Img_3308_2
 夜ツグミに似た鳥が、、窓付近に寄って来ていました。
Img_3315
 
 
 10月14日
昨日まで、今日は朝6時から雨予報。
まっすぐ下りるつもりだったけど・・・
( ・◇・)あれ?
Img_3319
 雲が動いてる。
 
 お宿の他の宿泊客が「降られないうちにおります」
って、みんな慌てて下山して行ったけど・・・
  ゆっくり朝食を頂いて
Img_3318
 もう一回 八方池まで登ってみましょうか?  
 真っ白だったけど、時々ふわっと白馬方向の尾根が見えて、これはこれで、高山の雰囲気を味わったみたい。
Img_3320
  今回も、誰もいない八方池を、堪能。
Img_3331少し青空が
Img_3333
そうこうしていたら、白馬方向の尾根が少し見えて、
Img_3336
夫も満足したようなので下山。
こんな景色も好きです。
Img_3341
 リフトを乗り継ぐ辺り標高(1500m~1600m)が、紅葉がきれいかな。  
Img_3348
 お姉さま方と、先月来た時に寄って気持ちがよかった、みみずくの湯に10時半着。
 
 前回は、まだエイに刺された直後だった。 傷口を濡らしてはいけない、と言われていたので、ゆっくりお風呂に入れなかった。
 
 気持ちのいい眺めのみみずくの湯に、今度はゆっくりと入りましょう。
 パラグライダーがふわりふわりと飛ぶのを、露天から眺めて楽しみました。  
Img_3353
 川沿いの裏道を歩いて、白馬駅方向へ。
 
 去年、栂池へ行った時に、タクシーの運転手さんに教えてもらった 美味しいお蕎麦屋さんに寄る。 少し早めの昼食。
「蕎麦か? 蕎麦ならビールだな」  
Img_3355
ちょっと白馬付近が見えてきた白馬駅
Img_3357
 
 白馬駅を出たら、もう少し見えて来る。お山あるある ですね。
 
白馬から松本の60キロが、2時間で・・・ 
松本から八王子の190キロも2時間。
 大糸線のローカル具合は絶品です!("⌒∇⌒")    
 木崎湖から、小蓮華辺りの稜線が見えた。
Img_3368青木湖ではたくさんのボート
Img_3375
 
 週末でも、松本から乗るとあずさは座れる。
 早めに帰宅出来ました(*^_^*)v
 だってね、一日置いて明後日も、お泊りなんだもん。
 
 お山道具やら片付けてお洗濯して、さっさと乾かさなきゃね。
そして~
 
 これで、夫のご機嫌も、ちょっとは取れたかな。
(* ̄∇ ̄*)へヘヘ
 夫と一緒だから、松本駅で「今夜は、お弁当ではいかがです?」
って言って買った、大糸線 って言うお弁当
Img_3388
 これと、具沢山のお味噌汁で、今夜は終わり~。
 
 大糸線松川村が、男性の長寿日本一なんですって。その食材で作ったお弁当らしい。
  醤油豆の油揚げ巻き って言うのを始めて頂きました。
Img_3385
 これ、最近の駅弁じゃ、最高に好みでした(*^_^*)v

2018年10月 7日 (日)

平ヶ岳

 
 山友が夏に、越後駒へ行きたいって言ってきた。
越後は、夏は暑いよ。
涼しくなってからにしよう。
紅葉の頃はどう?
今回、登山口が遠いから、銀山温泉へ前泊にした。
 ところが・・・
 またまた、週末に台風!
日曜日は、雨と強風が吹き荒れる予報(/_;)
ハラハラしながら、毎日天気予報を見る。
こういう時、お天気に合わせて日にちをずらせたらいいのになぁ。
と思う。
 でも、週末会の後は火曜会。
日にちは、ずらせない。
 越後駒は、樹林帯が少なくて見晴らしがいい。
ってことは、強風の場合、常に風に晒される。
うーん "( ' ' ;
 予約のお宿が、平ヶ岳への送迎をしているお宿だった。
許可がないと入れない林道を、泊まってバス料金を払うと、連れて行ってくれるの。
万一、雨で強風の場合は、平ヶ岳にしよう。
と思って、バス予約状況を見たら・・・
送迎のバス席は、前日に満席【><。】
 せっかくだから越後駒の登山口、枝折峠へ。
越後駒がきれい
Img_3077
 お宿へ着いて、ダメもとで聞いてみたら、
大量にドタキャンする人がでたらしい。
前夜、急遽、平が岳の登山口までのバスを申し込む。
 プリンスルートで平ヶ岳なら、マップタイム7時間。私たちなら5時間くらいかな?
雨でも、チャチャっと歩けるね。
 お夕食のごちそうの中に、
Img_3103
ウワミズザクラの実の天ぷらがあった。
Img_3104
薄甘くて美味しい。初めて頂きました。
 翌朝マイクロバスに乗って、林道をウネウネと1時間半。
これ、車酔いする人は、きついかもね。
 登山口ではまだ暗い。
梯子のような橋を渡って、
Img_3112
泥が掘れた段差の大きい登り出し。
一組抜くと、お山は貸し切り状態。
緩斜面と急斜面が交互に来て・・・
危なくはないけど、えぐれた歩きにくい急登りが続く。
予報では、9時ごろから雨だったけど、6時過ぎから降り出してしまった(/_;)
Img_3116
 帰りのバスは、12時ごろ、全員戻ったら出発となっているので、私たちは、きっとうんと待つことになる。
 とりあえず、卵石に寄ります(^ー^* )
Img_3124先に戻って、他の人たちを待つ間に、この卵石からの晴れた日の写真を見せてもらった。
Img_3152
この辺の草紅葉がきれい。
 Img_3130
 
 強風と雨の中、湿原の通過は、手がかじかむほど寒い。
Img_3126
今日は太平洋側は真夏で、日本海側は初冬のようです。気温は10度を切っていたと思う。標高もあるし。
 湿原の木道を緩くアップダウンして、平ヶ岳(2141m)
Img_3129
( °o° ) あれ? 
マップタイム4時間を、2時間15分で来ちゃったよ。
越後駒のマップタイムは甘いって聞いたけど、平ヶ岳のマップタイムも甘いんだね。雨で、休憩できなかったし。
 
 雨は降ってるし、時々すごい風。なので、写真を撮って、すぐ下りていたら、次々に、同じバスの人に会った。
「もう行ってきたの?」って~。
「行ってらっしゃい。頑張ってね~」
最後のグループとも、1時間も離れていなかったから、これはもしかして、予定より早く帰れるかも~。
と期待する。(結果は予定通り)
 雨は止みそうもなく、大木の下で、お水休憩をしただけ。
Img_3133
ヒカリゴケを見て戻ると
Img_3140
「もう行ってきたの? 上も雨?」
お宿のマスターが採ってきた天然なめこで、なめこ汁を作ってくれていた。
冷えた体に、これは最高に美味しかったです。
\(●⌒∇⌒●)/
Img_3149
 この時、救助要請がどうでしょう?とか って言う電話のやり取りをしていて・・・
あとで聞いたら、沢屋さんが二人で入渓して、一人が、まる一日行方不明なんですって。
実はこの二人、昨日お宿の人に、入渓地点が分からないって聞きに来て
宿の人が「台風が来てますよ」
って諫められたらしい。
それでも入って、はぐれたらしい。
 宿のバスに、乗って行った人全員が下山して(私たちが降りてから2時間半後)、バスが移動する途中、林道の向こうから救助の方たちが大勢来た。
Img_3180
人騒がせな人だけど・・・探さないわけにもいかないですもんね。
 途中の林道へ落ちる沢は、降っている雨で水かさが増して、怖いくらい。
Img_3169
バスの窓から見える滝の水が、ザバザバ林道を流れる!
Img_3171
その上を走るのは、超迫力です。
 水が、林道に直接落ちるようにすると、通れない時間はあっても、すぐ収まるんですって。
それを、道の下に水が流れるように、海女を開けて通したりしてしまうと、崩落したりして、修復が大工事になるんだって、言ってました。
 今回、全く考えていなかったお山へ、たまたま登ったけど~
 雨でも紅葉がきれいだったし、日曜会のメンバーで、珍しくお泊りしてお食事できて、楽しかった。
 そして何より、中ノ岐林道が、面白かったよ。
 深沢久弥さんが沢登りして平が岳へ登った、って言う沢(二岐沢かな)もゆっくり見られた。
とってもきれいな沢が、いくつもいくつも見られて、紅葉の山も美しくて、この林道のドライブだけでも、中ノ岐 平ヶ岳登山口は、楽しめると思います。
 帰りは、石打辺りまでどっしゃ降りで、
三国トンネルを抜けるとそこは・・・
真っ青な空でした。
私たち・・・
わざわざ、お天気が最悪のお山へ行っちゃったのね~。
でも楽しかったね(*^_^*)v
 関東は上天気だったので、高速渋滞につかまって・・・
帰宅は7時をちょっと過ぎちゃいました。
 

2018年10月 2日 (火)

湘南アルプス~サンマルクでお誕生会 二宮の吾妻山

 今年は、大姉さまとK姉様の合同お誕生日会が、お泊りでできない。
 で、K姉様が、湘南アルプスで、ランチに焼き立てパン食べ放題ではどうかって。

 いいですね~それ!\(^o^)/
大姉さまお気に入りのマイフレさんも、飛び入り参加(*^_^*)v

 平塚集合で、バスで高来神社へ。

Img_2954_2
参道から神社へ参拝して、あら、ボタンクサギが咲いてる。
Img_2956_2
神社の右から、アルプス登山("⌒∇⌒")
男坂と女坂・・・
Img_2957_2
去年までの大姉さまなら『女は黙って男坂』だったんだけど・・・
今の大姉さまは、
『人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、まさか』
その、まさか を、通過中。
 今日は、女は姦しく女坂!
それもまたよし(=●^0^●=)v

強風の台風直後だから、いろんなものが落ちてる。
サネカズラ
Img_2963
 ハチの巣 
Img_2959
そして巨大な倒木はあちこちに
Img_2970_3
 高麗山(168m)から
Img_2961
一等三角点峰の浅間山(180,9m)へ
Img_2975
ここでUターンして、地獄沢へ降ります。
Img_2979地獄沢徒渉
Img_2983
 住宅地へ降りる寸前で、山の裾をアップダウンして、
オオバショウマ
Img_2986
下りたところが、本日のランチ会場 サンマルク。
Img_2988
今日は、地元のK姉様が、細かい道をよくご存じで助かります。

 焼き立てパン食べ放題のコースのお店で、お誕生会!
Img_2989
最後に、デザートにろうそくを立ててくれました。
Img_2991
 K姉様 83才 大姉さま77才
おめでとうございます。

 次々廻って来る焼き立てパンに、ついつい食べ過ぎてしまう~。

 いくらなんでも、これじゃ歩き足りない。
でも、登って下りた山を、また登るって言うのも・・・
なので、サンマルクの前から、湘南平へ、バスで登っちゃおうって魂胆。
でも、バス時間をリサーチミス(/_;)
30分待つのも何だから、20分ほど静かな道を歩いて、バスを待って、湘南平へ。

 今年の3月に来た時は、めっちゃ風が強くて、寒かったですね。
今日は、暑いくらいです。
丹沢や
Img_3010
箱根や
Img_3016
江の島や 
あら、海の色が違う! 濁った川からの水で茶色いのかな。
Img_3015
矢倉岳の右上に 薄いけど富士山
Img_3006
いい眺め! 

 大姉さまと、K姉様のお誕生日を、祝福してくれているようです♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪

ここからは自分の足で~
里山を、大磯まで下山。途中に横穴墓群
Img_3025

 大磯の住宅に、烏瓜より小さなかわいい実
Img_3037
標高差 登り180m 下り350m

 これじゃ、歩き足りないよね。
今日はここから、電車で隣の二宮駅へ。
階段を避けて遠回りして、吾妻山公園(135,9m)へ。
Img_3040
 今年は猛暑で、早咲きコスモスはあまり育たなかったそうですここは、早咲きの菜の花で有名。
毎年、12月に満開になるんだよ。

 今日はお花はないけど、キラキラの海を眺めてのんびりします。
Img_3042
公園をぐるっと回って
Img_3044山頂でおやつ
Img_3048
 甘い香りのジンジャーの花
Img_3052
 デニーズで・・・
もう一度、お姉さま方、お誕生日おめでとうございます。
Img_3056
お泊りでなくて残念だけど、たまにはこんなのんびり歩きもいいですね~(^ー^* )

 お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »