« 越後駒 | トップページ | お春山~扇~百蔵~猿橋 »

2018年10月30日 (火)

松姫峠~奈良倉~小菅の湯

 9月に一度ご一緒したマイフレさんが、奈良倉山へ行きたいって。

 あら、そう言えば、奈良倉山は、火曜会で行ったことがないわ。アクセスが面倒だしね。
 
 ここは、奥多摩駅からバスで1時間くらい入るか、上野原から新緑時期限定のバスで1時間
あとは・・・
大月まで、塩山タクシーさんを呼びつける?("⌒∇⌒")

 大月集合なら、甲府のマイフレさんにもお声をかけよう。
ジャンボなら、まだまだ席があるから、大姉さまのお誕生会に来てくれたマイフレさんにもお声をかけてみよう。
あら、久々に 総勢8人になったわ。
いつもの通勤電車で、大月8時半集合。

 今日の、塩山タクシーさんの運転手さんは、二回目。
でも、所長と皆さんへ、お土産の菓子折りを渡します。
いつも優遇してくださるので、感謝の気持ちです。
だって、大月は本来、テリトリーじゃないもの。
迎車代なしで乗せてくれるのは、とってもありがたい。

 松姫峠って言う、標高1250mのところまで、ジャンボタクシーで乗り付けちゃいます。
峠のお名前の由来は、武田信玄の娘、松姫から。
松姫が、信長の軍勢から逃れるために、ここを通って落ちのびたって言う伝説があるの。

峠からの富士山
Img_3890
 峠から、ゆるーい登りで奈良倉山(1348,9m)へ
Img_3900
この辺りはカエデとカラマツが多いから、晴れた日の紅葉はきれいかな って思ったの。
Img_3895
8人だと、おしゃべりもにぎやかよ~("⌒∇⌒")

 あちこちで、黄葉や紅葉を見上げては、
「キャァキャァ!きれい~!」
Img_3918
よかった。今日がお天気で。
お日様の光が透けて、宝石のシャンデリアみたいです。
Img_3923
 松姫峠へ戻る途中の笹薮に踏み跡があって、そちらを通ったら、

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
これはいったい・・・
Img_3911
いつ頃の廃車でしょう(;-・。・-;)
座席やドアの内側が木でできている、林業さんの車かな?
Img_3913
でも、こんなところへどうやって入ったの?
昔は木もなくて、林道があったの?

 峠へ戻って、鶴寝山(1368m)へ。
Img_3926
ここで、ランチバイキング。
8人いると、迷い箸クルクル~。
Img_3928
 生の桃をシロップ漬けにしたのが、最高に美味しかったです!
鶴寝山からの富士山
Img_3927
 キラキラの紅葉の下を、ルンルンで下って・・・
Img_3932
途中の栃の巨木は、コブコブで迫力があります!
Img_3936
 ワサビ田を横目に林道へ出て
Img_3948
どんどん降りるとると、小菅の湯、14時着。
大月行きのバスは14:42
今回、もしマップタイムより5分でも遅れたら、お風呂に入る時間が30分以下になっちゃう。
お土産も買いたいし、お風呂上りに飲みたい人もいるし・・・
ちょっと忙しなさすぎでしょう?
なので、帰りも塩山タクシーさんを予約しちゃいました。塩山から2時間かけて、こんな遠いところまで来てくれて、迎車代無し、って、本当にありがたい。

 小菅の湯は、源泉の温度が32度 
PH9.98の強アルカリ。
お肌がぬるっとして、お肌がすべすべ~。
ぬるめの露天風呂や薬草風呂、ジャグジーも入って、結構のんびりしました。
Img_3951
 大月まで、バスなら1時間弱。でも、タクシーなら30分。 ジャンボタクシーの中で、おせんべやお菓子を食べて、おしゃべり~。
深沢ダム付近に、行きも帰りも野生猿
Img_3955
 大月から、お1人は下りへ。
私は、特急かいじに乗ろうかと思ったけど、帰宅時間が10分も違わないので、みんなで各停で帰宅。

 今日は、最高の青空と、キラキラの紅葉と
富士山 そして、最高の温泉を堪能しました。
(*^_^*)v

 奈良倉へ行きたいって、提案してくれたマイフレさんに、感謝です!

« 越後駒 | トップページ | お春山~扇~百蔵~猿橋 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松姫峠~奈良倉~小菅の湯:

« 越後駒 | トップページ | お春山~扇~百蔵~猿橋 »