« 湘南アルプス~サンマルクでお誕生会 二宮の吾妻山 | トップページ | 夫と八方池から丸山(2400m) »

2018年10月 7日 (日)

平ヶ岳

 
 山友が夏に、越後駒へ行きたいって言ってきた。
越後は、夏は暑いよ。
涼しくなってからにしよう。
紅葉の頃はどう?
今回、登山口が遠いから、銀山温泉へ前泊にした。
 ところが・・・
 またまた、週末に台風!
日曜日は、雨と強風が吹き荒れる予報(/_;)
ハラハラしながら、毎日天気予報を見る。
こういう時、お天気に合わせて日にちをずらせたらいいのになぁ。
と思う。
 でも、週末会の後は火曜会。
日にちは、ずらせない。
 越後駒は、樹林帯が少なくて見晴らしがいい。
ってことは、強風の場合、常に風に晒される。
うーん "( ' ' ;
 予約のお宿が、平ヶ岳への送迎をしているお宿だった。
許可がないと入れない林道を、泊まってバス料金を払うと、連れて行ってくれるの。
万一、雨で強風の場合は、平ヶ岳にしよう。
と思って、バス予約状況を見たら・・・
送迎のバス席は、前日に満席【><。】
 せっかくだから越後駒の登山口、枝折峠へ。
越後駒がきれい
Img_3077
 お宿へ着いて、ダメもとで聞いてみたら、
大量にドタキャンする人がでたらしい。
前夜、急遽、平が岳の登山口までのバスを申し込む。
 プリンスルートで平ヶ岳なら、マップタイム7時間。私たちなら5時間くらいかな?
雨でも、チャチャっと歩けるね。
 お夕食のごちそうの中に、
Img_3103
ウワミズザクラの実の天ぷらがあった。
Img_3104
薄甘くて美味しい。初めて頂きました。
 翌朝マイクロバスに乗って、林道をウネウネと1時間半。
これ、車酔いする人は、きついかもね。
 登山口ではまだ暗い。
梯子のような橋を渡って、
Img_3112
泥が掘れた段差の大きい登り出し。
一組抜くと、お山は貸し切り状態。
緩斜面と急斜面が交互に来て・・・
危なくはないけど、えぐれた歩きにくい急登りが続く。
予報では、9時ごろから雨だったけど、6時過ぎから降り出してしまった(/_;)
Img_3116
 帰りのバスは、12時ごろ、全員戻ったら出発となっているので、私たちは、きっとうんと待つことになる。
 とりあえず、卵石に寄ります(^ー^* )
Img_3124先に戻って、他の人たちを待つ間に、この卵石からの晴れた日の写真を見せてもらった。
Img_3152
この辺の草紅葉がきれい。
 Img_3130
 
 強風と雨の中、湿原の通過は、手がかじかむほど寒い。
Img_3126
今日は太平洋側は真夏で、日本海側は初冬のようです。気温は10度を切っていたと思う。標高もあるし。
 湿原の木道を緩くアップダウンして、平ヶ岳(2141m)
Img_3129
( °o° ) あれ? 
マップタイム4時間を、2時間15分で来ちゃったよ。
越後駒のマップタイムは甘いって聞いたけど、平ヶ岳のマップタイムも甘いんだね。雨で、休憩できなかったし。
 
 雨は降ってるし、時々すごい風。なので、写真を撮って、すぐ下りていたら、次々に、同じバスの人に会った。
「もう行ってきたの?」って~。
「行ってらっしゃい。頑張ってね~」
最後のグループとも、1時間も離れていなかったから、これはもしかして、予定より早く帰れるかも~。
と期待する。(結果は予定通り)
 雨は止みそうもなく、大木の下で、お水休憩をしただけ。
Img_3133
ヒカリゴケを見て戻ると
Img_3140
「もう行ってきたの? 上も雨?」
お宿のマスターが採ってきた天然なめこで、なめこ汁を作ってくれていた。
冷えた体に、これは最高に美味しかったです。
\(●⌒∇⌒●)/
Img_3149
 この時、救助要請がどうでしょう?とか って言う電話のやり取りをしていて・・・
あとで聞いたら、沢屋さんが二人で入渓して、一人が、まる一日行方不明なんですって。
実はこの二人、昨日お宿の人に、入渓地点が分からないって聞きに来て
宿の人が「台風が来てますよ」
って諫められたらしい。
それでも入って、はぐれたらしい。
 宿のバスに、乗って行った人全員が下山して(私たちが降りてから2時間半後)、バスが移動する途中、林道の向こうから救助の方たちが大勢来た。
Img_3180
人騒がせな人だけど・・・探さないわけにもいかないですもんね。
 途中の林道へ落ちる沢は、降っている雨で水かさが増して、怖いくらい。
Img_3169
バスの窓から見える滝の水が、ザバザバ林道を流れる!
Img_3171
その上を走るのは、超迫力です。
 水が、林道に直接落ちるようにすると、通れない時間はあっても、すぐ収まるんですって。
それを、道の下に水が流れるように、海女を開けて通したりしてしまうと、崩落したりして、修復が大工事になるんだって、言ってました。
 今回、全く考えていなかったお山へ、たまたま登ったけど~
 雨でも紅葉がきれいだったし、日曜会のメンバーで、珍しくお泊りしてお食事できて、楽しかった。
 そして何より、中ノ岐林道が、面白かったよ。
 深沢久弥さんが沢登りして平が岳へ登った、って言う沢(二岐沢かな)もゆっくり見られた。
とってもきれいな沢が、いくつもいくつも見られて、紅葉の山も美しくて、この林道のドライブだけでも、中ノ岐 平ヶ岳登山口は、楽しめると思います。
 帰りは、石打辺りまでどっしゃ降りで、
三国トンネルを抜けるとそこは・・・
真っ青な空でした。
私たち・・・
わざわざ、お天気が最悪のお山へ行っちゃったのね~。
でも楽しかったね(*^_^*)v
 関東は上天気だったので、高速渋滞につかまって・・・
帰宅は7時をちょっと過ぎちゃいました。
 

« 湘南アルプス~サンマルクでお誕生会 二宮の吾妻山 | トップページ | 夫と八方池から丸山(2400m) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平ヶ岳:

« 湘南アルプス~サンマルクでお誕生会 二宮の吾妻山 | トップページ | 夫と八方池から丸山(2400m) »