« 稲含山 鍬柄山 | トップページ | 石裂山 羽賀場山 »

2018年11月21日 (水)

熱海にお泊り 十国峠~岩戸山 巣雲山

 熱海の I ホテルが、閑散期にセールをしてる。

グループエンジョイウィーク。
1泊2食付きで、1部屋3~6人で、22000円!!!
( °o° ) エー  3人でも、6人でも同じ値段?
6人1室なら、一人3,670円?('o'=)
消費税と入湯税がついても、4000円くらいよ。  
 なるほど~ 閑散期に部屋を開けておくよりは、グループで泊まってもらった方がいい。 って感じ?
 でも、期間が短いんだ。 11月に2週間の、丁度 火・水に当たるところで、6人で予約を入れる。
  I ホテルは、お夕食+飲みほ だなぁ。  
 さて、私は誰に声をかけたでしょう? ("⌒∇⌒") キャハハ  
 歩くお山は・・・ うーん "( ' ' ;)
あとから、ゆっくり決めましょう。  
 十国峠へは、火曜会のお姉さま方と、何度か来ている。
でも、だいたいは岩戸山から。 じゃ、北側の奥湯河原温泉から、歩いてみましょうか。  
 湯河原駅で集合。 落合橋の奥の、日金山登山口まで、タクシーで行ってもらいます。
 日金山(ヒガネサン)登山口から、四十二丁目の東光寺まで、丁仏様がいらっしゃいます。 これは、登る目安になりますし、ありがたいので、一つ一つお顔を拝見して拝んで登ります。
 信仰の道だったんだね~。  
Img_4532
 昔、名主の今井半太夫って方が、亡くなったご子息の菩提を弔うために、石仏を寄進したんですって。 その後、熱海に縁のあった人々が、熱海・泉方面から日金山東光寺まで一丁ごとに地蔵を寄進したそうです。  
 しばらくは沢沿いの、ちょっと暗い道。 でもね、今日のゲストさんお二人が、結構おしゃべりしてくれて楽しい~(^ー^* )  
 東光寺へ出て、釣鐘堂からの眺め
Img_4537
源実朝の歌碑の先で、カヤトの眺めのいい道になる。
Img_4539
火曜会で、熱海梅園の開花時期に、このコースに2回来ています。
沼津アルプスが小さい!
Img_4545
 風が冷たいから、十国峠のロープウェー駅の中で、ランチにしちゃいましょう。 暖房がついて、でも観光客はそんなに多くないので、肩身は狭くない。  
Img_4555_2
 マツムシソウ
Img_4552
 下山は、今回は、熱海梅園ではなく、岩戸山へ向かいます。
Img_4566
 岩戸山から、南東の尾根で降りていたら・・・ どんどんススキ後すごいことになって(;>_<;) 最後は、ススキを踏みつけていた先行者の踏み跡もなくなった【T_T】 あら~、諦めちゃったのね~。  これはちょっと、足元が見えなくて難儀なので、姫の沢公園まで戻りましょう。
  眺めのいいススキの脇の道で、大島や初島を眺めながら下る。
ススキは藪漕ぎするより、横で中める方がきれいよね~。  
Img_4577
 ウメバチソウ
Img_4574
 ヤマラッキョウ
Img_4579
 車道へ出て、どんどこ海の方へ、曲がって下りて、曲がって下りて・・・ 木宮神社へ出ました。 ここは、コブコブの大楠様がおわします。  パワースポットで、いつ来てもにぎやかですねぇ。 時間調整かねて、樹齢2000年と言われる大楠様を廻って、エナジー頂きました。  
Img_4590
 駅前から、I園ホテルズの送迎バスへ。
1室3~6人 二食付き22000円のお部屋は、いかがなところか・・・  
('o'=) ウソ!? 何これ?
Img_4592
 広い玄関と、トイレと洗面台が二つに、お風呂。
8畳の和室2間に、絨毯の広縁に、6畳の洋室! 山小屋だったら、40人は余裕で泊まれそうなお部屋です。  しかも、眺望最高!
Img_4593
さっそく、お風呂お風呂~(*'‐'*) ウフフフ♪
(* ̄ー ̄*)はぁ~
寒くなってからの温泉は、ことのほか癒されますねえ~。
 屋上露天風呂からは、熱海の海が一望。
無料のカラオケや卓球もできるみたいだし、このホテル、楽しいです。  
 お夕食は、宿泊費4000円のコスパからは、考えられないくらいの充実。 食べ放題の蟹は少々お痩せになってますが、ブリしゃぶやお寿司やデザートも色々。 ありがたや~ な量のバイキング。 まずは、飲みほのビールで乾杯(=^O^=)o□ プハァ
Img_4596
 飲みほだと、貧乏性だから、つい、ガンガン飲んじゃいまして~
ヘロヘロ~(~ ̄▽ ̄)~  
シメは、ケーキとアイス!
(⌒^⌒)b うふっ
 気持ちよくなって、お部屋へ。  
普段できない、開放感。
のんびり感でのガールズトークが楽しい~♪~  
 
 11月21日
朝ぶろに入って、7時からのバイキングを頂いて・・・
Img_4597
 送迎バスは8時50分。
始めは、これで駅へ行くつもりだったけど・・・
どうにも間が持たなくて、8時の路線バスにする。  
 熱海から宇佐美へ。
なんと! キンメダイ列車 (*^_^*)v ヤッタネ
Img_4604
 外向き座席で、窓の外を眺めて、宇佐美へ。  駅から、巣雲山の案内が出ている。 でも、今日は違うルートで行ってみよう。
  神社の脇から、北側のお山へ登ると・・・
この辺に、134,6mの四等三角点が~ 皆さんに先に行っていてもらって、探したけど(;>_<;) 葛がはびこって、地面が見えません【T_T】  
 お姉さま方を追いかけたら、ふと気付くと、おズボンが引っ付き虫だらけ~ (⌒~⌒ι) とほほ...  そのまま西へ登って行く。
 ツルソバ
Img_4611
みかん畑になって、海の見えるのどかな道。 最後のお宅から、やっと山道になる。  モミジを植林したばかりの大丸山へ。 手前の展望台からは、昨日は見えなかったきれいな富士山。
Img_4629 途中、ムベが実っていて、協力して収穫
Img_4631
 ここからは、伊豆スカイラインに近い尾根を、巣雲山まで登る。
巣雲山(580,7m) からの富士山
Img_4650
 とっても広くて、眺めがいいです。
しっかりした展望台があります。  
 みかんの花が~ 咲~いて~いる~♪
って言う歌、知ってる?
その歌の歌詞は、加藤省吾が、この辺りの景色を見て作ったって言われてるの。 みかんの実にスポットを当てると、その頃 流行っていた、リンゴの唄(美空ひばりだっけ?) の二番煎じって言われそうだからって、みかんのお花の方を題材にしたんですって。  
 そんな、暖かな穏やかな雰囲気のお山です。
 ここでのんびりと・・・ コンビニランチです。
だって、昨夜はホテルだもん。  
 下りは別荘地を通って、海へ向かってぐんぐんおります。
こんな季節なのに、お花や実が色々楽しめて、伊豆ってやっぱり暖かいんですねぇ。  
キッコウハグマ
Img_4642シロダモの花
Img_4660サネカズラ
Img_4616
 今回残念なことは、ちょっと前まであった、駅裏の温泉が、廃業しちゃったこと。 なので、帰りは温泉無しで、まっすぐ帰ります。  
 たまには、こんなのんびりな山行もいいですねぇ~(^ー^* )  
 でも、昨日の累計標高差は下り800m 今日は上り下りとも650m
そして、22000歩以上、歩きました(*^_^*)v

« 稲含山 鍬柄山 | トップページ | 石裂山 羽賀場山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海にお泊り 十国峠~岩戸山 巣雲山:

« 稲含山 鍬柄山 | トップページ | 石裂山 羽賀場山 »