« 熱海にお泊り 十国峠~岩戸山 巣雲山 | トップページ | 田貫湖からハイキング 朝霧高原でパラグライダー »

2018年11月25日 (日)

石裂山 羽賀場山

 関東百名山の話をしていたら、山友たちが石裂山(オザクサン)に行ったことがないって。

あら、彼女たちの好きそうなお山なのに。
 
 ここ、ムラサキヤシオとアカヤシオで有名。
だから返って、今の方が空いてるかな。
じゃ、三連休だから、早目に登って早めに帰ろう!
地図だと、4時間ちょっとで周回できるみたい。
私はずーっと前、毎日のツアーできたことがあるの。
アクセスがよくない場所だからね~。
 登山口に、色々ビビらせてくれる看板
 これとかImg_4719
こんなのも
Img_4720
 加蘇山神社の先に車を止めて、まずは神社に参拝。
Img_4721
 トラバースで林道へ降りて、30分ほど広い道を登る。
右手に龍ヶ滝。
Img_4722
 東屋があるので、ここで早めのおやつ。
この上に、生藤山の下の桂の巨木に似た、千本桂があります。
Img_4723
 中の宮から、梯子が登場。
行者返しの岩は鎖が長い。
Img_4729
ここ、鎖が結構重いね~。
足場はしっかりしています。
 奥の宮への階段 ・・・って言うか梯子?
Img_4733
どんどん登ると、鳥居と洞窟。
Img_4734
 戻って、梯子&根っこで、
Img_4736
東剣ヶ峰(815m)
Img_4742まだ紅葉が残ってます
Img_4737
ここから、西剣ヶ峰(816m)の鞍部へ、長い長い梯子を下ります。
見下ろすとこんな~
Img_4743
これ、梯子がなかった頃って、どうやって降りたのかな?
下りて振り返る
Img_4746
 根っこの急登りとか、トラロープとかで西剣ヶ峰、そこからまだ降りて登って 石裂山(879,4m)
Img_4748
点名が尾鑿 読める?
 すぐ隣の月山の横に、男体山や大真名子.子真名子が見えてます。
Img_4751
 ガーっと降りて、同じくらい登ると、月山山頂(890m)
Img_4753
うっわ、山頂の東屋がバラバラ(;>_<;)
これは・・・
秋の台風の影響かしら?(;´o`)
 ここでお昼。
山友がお汁粉を出してくれて、暖かいものが美味しい季節になりました!
真っ白な日光白根も見えてます。
Img_4756
雲が動いて、女峰山も見えてきた。
Img_4754
今年の6月に行った時は、暑くって、疲れたなぁ。
 根っこの出た急降下や、梯子と鎖を降りて・・・
 朝おやつを頂いた東屋へ、戻りました。
ここから、朝歩いた沢沿いの道を下ります。
あら、駐車場、満車(^。^;)
Img_4762
 累積標高差680m マップタイム4時間15分 
私たちは2時間半。
混んでなくってよかったね。
これだけじゃちょっと物足りないね~。
 で、近くでどこか他に~
 って探したら、一等三角点峰があった(*^_^*)v
羽賀場山(775m)
 お名前の由来を知りたいですね~。 
( °o° ) あら、栃木百名山ですって。
 長安寺さんに、車を停めさせて頂いて~
Img_4713
 林業さんの道?からの登りだし。
 途中、道がなくなって、何度か尾根直登。
下の鉄塔から、筑波山から加波山が見えたよ!
Img_4694
時々、片側が伐採地で、眺めがある。
 トラロープのついた急登りがあって、
Img_4702_2
ちょっとアップダウンで樹林の中の山頂へ到着。
山頂からの眺めは無い。
 
Img_4703
ここ、一等だから、三角点設置の頃は、眺めのいいお山だったんでしょうねぇ。
Img_4704
山友たち、私の三角点にお付き 合い、ありがとう(´ー`)ノ
もうちょっと奥まで行くと、お天気山 って言う山で眺めがあるらしいけど・・・
 三連休だから、今日は温泉とかも寄らずに帰りましょう。
 東北道は、中央高速の小仏渋滞や、東名の大和トンネル渋滞ほど込まないとは思うけど・・・
でも、お天気の三連休は、侮れない。
 こう言う時って、みんな揃って、そこそこ俊足(自分で言う?)って~
便利だと思う。
 
 低山なのに、寒くなりましたね~。
でも、まだ紅葉が楽しめました(*^_^*)v

« 熱海にお泊り 十国峠~岩戸山 巣雲山 | トップページ | 田貫湖からハイキング 朝霧高原でパラグライダー »

登山」カテゴリの記事

コメント

梯子ばかりで 急なお山なのですね

まっちゃん

こちらへコメント、ありがとうございます( ´ ▽` )ノ
文と写真が連動している方が、見やすいでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石裂山 羽賀場山:

« 熱海にお泊り 十国峠~岩戸山 巣雲山 | トップページ | 田貫湖からハイキング 朝霧高原でパラグライダー »