« 竜ヶ岳 富士見山 | トップページ |  要害山~深草観音~武田神社 »

2018年12月 8日 (土)

吾妻耶山

 関東百名山シリーズ吾妻耶山 
 ヒルが多いって言う、猿ヶ京周辺の吾妻耶山
って言っても、よく分からないでしょ。
 谷川岳のエアリアの右下に、ルートが出ています。
 仏岩トンネルの脇に車を停めて~
('o'=) あれ!
見えているのは至仏山かな?右は武尊。
Img_5109
 ジグザグに登ると、樹間から白いお山がチラチラときれい!
Img_5114
 トラバース道に倒木があって、トラロープはついてたけど、
Img_5163
ちょっといやらしい(/_;)
Img_5162
滑落注意看板が何ヶ所かある。
Img_5115
滑ったらシャレにならないな(;´o`)
 直登りルートは通行止めで、やや巻き道のあと、最後に急登になる。
200mほど一気登りで、岩の谷へ出て・・・
Img_5120
うーん "( ' ' ;)
地形図のイメージと違う。
山頂への案内に従って、平らな道を歩いていたら、山友が
「三角点は後ろみたい」
って声をかけてくれた。
吾妻耶山山頂は、かなり広く平らで、その西端に三角点があるらしい。
でも、道がないよ~。
辺りで一番高い所を目指したら・・・
Img_5123
あった!
Img_5124
やれやれ。
『ありがとう、スルーしちゃうとこだったよ』
標高1300mだってことを忘れる感じの平らな山頂を東へ歩くと、少し上り坂になって、
吾妻耶山(1322,7m)
Img_5129
 立派な灯篭とお社と、山座同定版がある。
Img_5130
残念なことに、谷川岳付近は雪雲の中。
仙ノ倉が白く輝いてました。
Img_5132
武尊もきれい。
Img_5133
 10月7日、越後駒の予定が雨で、急遽登った平が岳は、あれ?
残念。雪雲が付いてます。
Img_5116
高いお山はもう雪山なんだなぁ。
こちらは、今朝がた?降った雪でほんのり粉白粉程度。
Img_5141
気温は低いけど、風もないし、さほど寒くない。
 ここで戻ってもいいんだけど、ちょっと歩き足りないよね~。
 で、尾根通しで、隣の大峰まで歩きます。
 200mほど下りちゃうので、帰りはこれを登るのかぁ~(^。^;)
と思っていたら、山友のナビに、赤破線ルートが。
「迷いやすい って書いてありますよ」
「そこ、登りだから大丈夫じゃない?」
後で見たら、2008年版の私のアエリアでは、赤破線じゃなくて、灰色破線で[道不明瞭]って書いてあった(^。^;)
 どんどん降りていくと、ノルン水上スキー場の最上部。
Img_5138
上級者コースと、とても難しいってコースだって (^o^; ほえ~ 
Img_5140
 鞍部から登り返すと、岩ゴロゴロの道になって、アンテナ。
 その先の、尾根の通過点みたいなところが、大峰(1254,4m)
二等三角点 点名『大峰山』
Img_5144
 その先に、展望台があるらしいけど、展望はないって。
なので、山頂で、樹間から雪山を眺めながら、ランチ 
一口ずつおすそ分け。
Img_5101 と、汁粉。
Img_5147樹間から、雪雲の中から顔を出した谷川岳と天神尾根
Img_5152
 来た道を鞍部まで戻って、西へ。
『迷いやすい』『道形不明瞭』って地図に書いてある、破線ルートに入る。
Img_5154
 杉の植林地の広い大地を抜けて・・・
Img_5155
吾妻耶山への標識。
うーん "( ' ' ;)
【><。】 う~ん
案内方向に全く道がない。
Img_5157
行きたい方角に、藪漕ぎして歩いて行く。
少し登りになるはず。
地形部の尾根らしきところを登るはず。
登っていたら、道に出会うはず。
 道・・・ないよ~(;´o`)
赤テープもないよ~(;>_<;)
道形不明瞭ってか、廃道だね。
でも、標高を下げないように、トラバースしてたら道に出るよね。
 で、何となく踏み跡っぽいのを歩いていたら、少し上にピンクテープ見っけ。
これが道ですか?
Img_5158
 ちょっと心もとないね~。
 と歩いていたら、唐突に分岐案内に出た。
Img_5159
 これ、分岐表示 出してたら、まずいんじゃない?
確実迷うよ。
だって、道、ないもん。
 行きに通った道に合流して、(;-_-) =3 ふぅ~
 時間が早いから、仏岩でちょっと遊んで~
Img_5167上部に鎖もついてます。
Img_5171
 
ちょっと登ってみたりして~
Img_5169
あっという間に下山。
 まだ早い~
 この時期だし、土曜日だし、高速もそう混まないでしょうし・・・
じゃ、温泉に寄っていい?
登山口から15分の、川古温泉に寄る。
 『川古の土産は、一つ杖を捨て~』
って歌があるんですって。
杖ついて、ようやく来た人が、ここで湯治すると、シャキシャキ歩いて帰れるんですって!
露天風呂はめちゃくちゃ広くて、源泉が40度くらいの、ぬるめで気泡が肌に付く、いいお湯でした。
Img_5105
 道の駅で、見たことのない、30センチくらいの長い茸 
ゆきわり茸って言うのと、菊芋を買って帰宅。
Img_5179
 
 ほんのわずかだけど、今期お初の雪を踏んできたよ~( ´ ▽` )ノ
 今夜はゆきわり茸の中華炒め ゆきわり茸のワサビ和え 菊芋の煮物
舞茸の天ぷら 火曜会で泊まったお宿の蕗味噌など~(^ー^* )
 ゆきわり茸は蕨とエノキの間くらいで、独特の歯ごたえで、美味しゅうございました。
 Img_5180

« 竜ヶ岳 富士見山 | トップページ |  要害山~深草観音~武田神社 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻耶山:

« 竜ヶ岳 富士見山 | トップページ |  要害山~深草観音~武田神社 »