« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月26日 (土)

竪破山(たつわれさん)と横根山 

 今年お初の、関東百名山シリーズ。  

雪の多い時期だから、低山ってことで~ 
竪破山(たつわれさん)にしたの。 でも、今年は雪が、ほんとに少ないですね~。 そしてまさかの、雪中登山 (って程じゃないけどね("⌒∇⌒")  Img_6449
駐車場に車はない
Img_6451
 昔々、大和朝廷の命を受けて、黒坂命(くろさかのみこと)って言う人が、このお山へ来たんですって。
 で、砦(お城)の穴に、茨棘(イバラ)を敷き詰めて、賊を滅ぼしたって言う、痛そうな云われがあるの。
 それで、この辺りを茨城って呼ぶようになったんですって。  
 去年の春、マイフレさんに連れて来てもらった、イワウチワの大群生地のお山、横根山。 そのすぐ近くなの。  
 二の鳥居の近くに、後生車がありました。
Img_6454
 チベット仏教のマニ車みたいなもので、回すとご利益があるの。
最近、これ、増えましたね~。
高尾山にも、いくつもあるよ。  
  このお山は奇岩がいくつもあって、登山って言うより 奇岩巡りって感じなの。 まず不動岩。 上にお不動様がおわします。
Img_6455  
 パラパラと雪が降る中を、烏帽子岩や、
Img_6456
畳岩や、手形岩をみて 仁王門があって、大きなお社。
 ここの兜岩は、横に鎖が付いてます。
Img_6460
なんで登るの?(;-・。・-;)
磐座(イワクラ…神様の宿る岩)じゃないの?  
 長い階段を登って、
Img_6462 本殿
Img_6463
の先の竪破山(たつわれさん) (658.3m)
Img_6465
日立市の最高峰。 高鈴山より、ちょっとだけ高い。  
 立派な展望台があって、日立の海が見える。
Img_6464
マイフレさん、今日もお仕事に、走り回っているのかな。
日光方向が少し見えて、東は雪雲が付いてます。    
Img_6467
 階段ではなく、斜面の道で仁王門まで下りて~
少し東へ行くと、有名な、太刀割石があるの。
  断面が7m×6mって、めっちゃ大きいのよ。  
私が顔を出してるから、大きさが分かるでしょ! 矢印つけました。  
Img_6476
 源義家が、奥州征伐の時に、戦勝祈願のために竪破山に登ったんだって。 この巨石の前で、陣を引いて野宿していたら、 夢の中に「黒坂命」(最初に書いた、茨城の由来になった人)が現れた。 で、大太刀を差し出したので、ひと振りしたら! 巨大なまぁるい石が、パカッと半分に割れたんだって~。  
 だから、ここの黒前神社は、黒坂命(くろさかのみこと)をお祭りしてあるの。 どこまでが史実?  
 また色々岩が在って・・・
奈々久良の滝 って言うのに寄ってみる。
Img_6480_2
  もしかして、凍ってたらいいな~。って思ったけど、全く氷柱も、ありませんでした。
  尾根へ登り返して、林道で駐車場へ。  
 関東百名山でなきゃ、来なかったかも知れないお山。
まだまだ、知らないけど面白い山 って、いっぱいあるんだなぁ。  
 2時間で降りちゃったね。 まだ時間が早い。  
 ダートの林道を通って、花貫渓谷へ。
Img_6482
春に火曜会で横根山に登りたいから、下見に協力してもらった。  
去年、マイフレさんに連れて来て頂いた、花貫ダムさくら公園。
公園の奥の植え込みの隙間。そこから入って、川沿いを歩く。
Img_6484
 踏み跡はしっかりしていて、やがて急登になる。  
(・_・;)あら、イワウチワの葉っぱが寒そうね~
Img_6485
 なんで来たかって言うとね・・・
去年連れて来てくれた方が、下山で間違えて、ちょっとだけ、予定じゃないルートを降りて、戻ったの。そのルートは、調べたけどネットとかで書いていない。でも、踏み跡はしっかりしていた。  
 これで、ミニ周回ができたらいいな~。
そうしたら、時間を気にせず、ゆっくり写真が撮ってもらえる。
って思ったのよ。  
  岩交じりの急斜面を、どんどこ登ると、雪が増えてくる。
最後は、雪が積もった笹の藪。
(;´o`) しっかり、雪まみれになっちゃいました。  
Img_6487
 ミニピークに出て、取り敢えず左に登ると横根山(388,8m)  
Img_6488
山頂には、大きな反射板?があって、鉄の脚の隙間から、海が見えたよ。
Img_6490
 元のミニピークに戻って~  
さて、お山の大ベテランのリーダーさんが間違えて降りちゃった道。
これこれ!  
Img_6493
 地形図を見ると、最後の等高線がすっごくつんでいる。
だから、お姉さま方をお連れして、歩けるようなルートかどうかが、気になるところ。  
 まずは、ザレた急降下。今日は新雪が乗って、返って歩きやすいくらい。こう言う斜面には、お姉さま方は、慣れてるから大丈夫。  
 ちょっと岩っぽくなって、それに根っこも張って、返って下りやすい。  
Img_6495
そして、左に、花貫ダムがどんどん近づいて~
Img_6497
 崩壊地は、迂回路ができてました。
Img_6498
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
案外楽に、下りられた。
なんと、左が入ったとこで、右が降りてきたところ!
Img_6499
 このミニ周回なら、時間をかけて電車を使ってのアクセスでも、時間を気にせずに歩けるね。
  山友たち、お付き合い、ありがとう( ´ ▽` )ノ  
 雪まみれで冷えたから、高速に乗る前に何か食べよう。  
肉南蛮蕎麦を、山友たちにおごったよ。
Img_6501
  関東百名山のお付き合いの後、4月の火曜会の下見お付き合い ありがとう(´ー`)ノ
  でも、藪の岩尾根は面白かった。って、言ってくれた。  
 帰りの常磐道はスイスイで、ちょっと首都高が混んでました。
でも、高萩って、車だと近いね~。  
 久々、雪の中の登山でした。

2019年1月23日 (水)

南郷山~幕山 真鶴半島  松川渓谷から大室山

 遠くの山友が、火曜会に参加してくれるって。

『ゆるい歩きで、温泉に入れるといいな~』 ですって。
『それって、日帰り? それとも、お泊りでも大丈夫なの?』  
 ってことで、今年お初の、お泊り山行になりました("⌒∇⌒")  
 まずは、湯河原に、ゆっくり集合。
タクシーで、幕山公園へ。  
Img_6312
 さて、公園から幕山は、火曜会でも何度も登っているから、 今日は、裏側から登りましょう。  
 一昨年の11月、この上流の六方の滝って言う柱状節理の滝へ行った。 その帰り、こちら側から、ちょこっと幕山へ寄りましたっけ。  
 車両通行止めの林道を、大石ヶ原まで歩いて、右の山道に入る。
沢沿いに標高差200mほど登ると、植林地の中の広い場所へ出て、林道を横切る。 すると、自鑑水があります。
 なんと!池は干上がってました(;>_<;)  
Img_6315
 頼朝が落ちぶれて、ここの池でザンバラ髪の自分の姿を見て、自害しようとしたんだって。 で、手下に押しとどめられたって場所。
押しとどめられちなかったら、かなり歴史が違ってたね~。
「殿!ご自害召されるか。お供仕る」
なんてのも、あり得るでしょ。
忠義も色々。
 
 ツルリンドウの実が赤くてかわいい
Img_6317
   ここから、新しくできた林道で、惑わされる。
迷ったご夫婦もご一緒に案内して南郷山へ(610,9m)
Img_6320
 新しい林道を作って、登山道をぶった切ったら、案内つけといてよね!  
 枝の隙間から、眼下に真鶴半島。
三浦と房総半島が美しい。 今日は、ここでランチ。
Img_6324
 うらうらと陽射しが温かい。
こう言う日を、小春日和 って言うのね(^ー^* )  
 自鑑水近くまで林道で戻って、幕山(625m)へ登る。
Img_6326
 こちらも木が伸びてるけど、広いカヤトの原。  
山頂から南東へジグザグに下りて、クライマーさんのゲレンデを迂回して公園へ戻る。
Img_6327
 もう、紅梅・白梅がちらほら咲いて、スキっとしたいい香りがしている。  Img_6337
 菜の花と紅梅
Img_6338
朝の運転手さんが 「早かったね~」 って、笑顔で迎えてくれる(^ー^* )  
 ここから、東海道線を抜けて、真鶴半島へ出てもらいます。
 中川一政美術館の脇が、お囃子遊歩道。  丹沢がよく見えます。
Img_6340
 豊かな海は、豊かな森から作られる。
すぐ下が海なのを感じさせない、静かな深い森です。  
Img_6343
下がって下がって、海へ出ます。 波の音を聞きながらの、散策。   ここ、孫を連れて来たこともあったっけ。 翌日行く大室山。
Img_6344
 森から浜辺を通って、 (ノ°ο°)ノ オオオオ
Img_6347
 蜃気楼が見える!
Img_6353
  不思議な蜃気楼のビル群や、空に浮いた島を眺めながらおやつ。  
Img_6355
 最後に、階段でケープマナヅルへ登ると、レストハウス。
1時間に1本で、今日最後のバスに乗る。
ここ、そのうち、平日のバスがなくなっちゃいそう(/_;)  
 真鶴駅から、熱海乗り換えで、
 \(^o^)/ わーい また、キンメダイ列車に乗れる!
Img_6365
 すごいタイミング。 内装もお茶目。 
Img_6366
 途中でちょっと夕焼け
Img_6372
今夜のお宿 伊東の伊藤園ホテル別館 5時15分着 手続きして、お部屋に入ったのが5時半。
 今回も、8畳2間にデッキ付きの、広い部屋です\(^o^)/  
 お夕食のバイキングが6時。
  「お風呂に入る人、行くよ~」
「もう、旅館についてまで、ダッシュなんだから~」
と、文句を言われつつ("⌒∇⌒") 内湯と露天を満喫。  
 さて、この伊東園ホテルズ ひと月前までに予約すると、千円割引の、一泊二食 飲み放題で6,264円
 11月に利用した、グループエンジョイコースは、6人で泊まると一人4000円以下だった。
 それから比べると、高い!
と思ってしまのは、感覚おかしいですよね("⌒∇⌒")  
Img_6375
 お料理は、期待していなかったけど、今まで泊まった伊東園ホテルの中で、カニが一番美味しかったです。  
Img_6376
 ビールに日本酒に、酎ハイも飲み放題。もちろん、コーヒーやジュース各種も飲み放題。
 お値段からみたら、考えられないですね~。    
 1月23日
朝風呂に入って、朝食バイキングを頂いて~
品数も多くて、大変美味しゅうございました。 \(^o^)/  
Img_6377
 ホテルの前から、バスに乗ろうと思ったら、始発が11時半(≧◇≦) 仕方ないのっで、タクシー頼んじゃいました。  
 K姉さまが、去年行きたいっておっしゃっていた松川渓谷。
Img_6379
  やっとお連れできました(^ー^* )  
 松川湖の湖岸を、白川橋まで歩く。
ロウバイ園の甘い香りがよかったです~。
Img_6388
 そこから、細い車道を、おしゃべりしながら1時間。  
 で、大通りへ出ます。 ちょっと歩くと、いつも伊豆半島を眺める時によく目立つ、大室山が見えて来る。  もう、河津桜が咲いてます。
Img_6398
 ここね、登山禁止なの。
自然保護のために、観光リフトでしか登れない。
それって・・・。
本当に、自然保護のため?  
 お山を回り込んで、往復500円で、久しぶりにリフトで登ります。  
 山頂のお鉢巡りは、この標高でこの眺望? ってくらいの眺め(^ー^* )  
 正面は天城山で、海方向は、昨日歩いた真鶴半島や、江の島と丹沢。大島や利島・新島・式根島、
Img_6411
そして富士山!
Img_6404
 本日、言うことなし(* ̄∇ ̄*)v
  そして、お鉢のアーチェリー場へ。
今日は、お姉さま方に、アーチェリーを体験して頂きます。  
 1時間で、装具の貸し出し付きで、二人で1600円  
ボウ(矢)は、5本お借りして、みんな打ち終わったら、的から取って、時間いっぱい繰り返し遊べます。  
 お姉さま方、ご年齢とは思えない腰の座ったきれいなフォームで、ガンガン的に当たっていました。  
Img_6425
 私も、いっぱい当たったよ~(`ー´〃)  
Img_6432
面白かった~(*^_^*)v  
 リフトで下りて、海の見える船宿で、最高級海鮮丼を頂く。
Img_6439
 最高に、美味しゅうございました。  
 伊東駅でお土産に、桜エビの炊き込みご飯の素と、イイダコの一夜干しを買って~  
 熱海で乗り換えて、藤沢で・・・
佐渡のマイフレさんと、お別れ~ (j o j) ウルルル
 今年はそちらへ、行きたいな。  
 元気でいてね~(´ー`)ノ  
 楽しかった二日間。
あ~あ 終わっちゃった(T-T) グスッ
 お夕飯は、伊東駅で買った桜エビご飯と、イイダコの一夜干 
Img_6447

2019年1月19日 (土)

ふらっと丹沢表尾根

 先週の日曜日に、愛知の本宮山へ行った。
山と山をまたいだって言う 伝説の山姥の足跡があって~
それが、意外と小さかった。

 そう言えば、二ノ塔尾根のヤマトタケルの足跡って、もっと大きかったよね~。
どうだったかな?
で、見に行きたくなっちゃった。
急なので、久々単独で歩きます。

 秦野に、日曜祝祭日のみの、7:44のバス
12分前に着いたら、すでに30人くらい、並んでる(ノ°ο°)ノ  さすが土曜日!
これは臨時が出るかな? と思ったら、予定より10分早く、34分にバスは出発。
で、ヤビツ峠へ。

Img_6239
いつも思うんだけど・・・
バスを降りてから、トイレとか、靴ひも結わえてお仕度するのに、みんなすっごく時間がかかるのよね~。
で、同じバスを降りたトレラン集団と、ほんの数人が前を歩いてる程度。

菩提峠まで車道を歩いて、ここからは誰も登らないね~。
日本尊の足跡⇒の案内は消えかけてます。
Img_6244
久しぶりの電子基準点。
Img_6242
 秋の台風の影響で、4段跳び2回潜り
Img_6250
さて、標高1000m過ぎたあたりにある標識 日本尊の足跡⇒ の案内。
Img_6251
その足跡の大きさは・・・
あれれ(?+_+)
こんなに小さかったっけ?
タケちゃん、私と同じくらいです! 
Img_6253
びっくり。
けど・・・
岩を割らずに、足跡を付けるってのは、やっぱ超能力?("⌒∇⌒")
先週の、本宮山の山姥より、タケちゃんの方が小柄だったのかなぁ~。

 って言う、検証終わり。 
("⌒∇⌒") キャハハ
Img_6254
 さて、それじゃ、ちょっと飛ばしますかね。
単独は久しぶりだし、寒いから、暖まりたいし。 で、バリルートの急斜面をサクサク登って、こちら、台風の影響で倒木4段跳びヶ所があります。で、二ノ塔へ。
Img_6256
 同じバスにいた人3人が「え?そんなとこに道あるの?」って("⌒∇⌒")
 
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
日光男体山 見えてます!
Img_6262
一人で見ててももったいないので、二ノ塔にいた登山者に、つい
「日光見えてますよ~、筑波山も」
Img_6263  
って教えちゃいました。
考えてみたら、三の塔でも見えるよね。

 さて、検証は終わったし、峠へ戻って大山へ登り返すとか~
三ノ塔からヨモギ平経由で戻るとか~
ちょっと迷ったけど、久しぶりだから、表尾根を歩こう。

 こう言うのが、一人だと気楽でいいね。

 三ノ塔で、同じバスのトレランさんたちが休憩していたので、抜かしちゃった。
もしかして・・・
これで、お山はお貸し切り?(* ̄∇ ̄*)

三ノ塔からの塔ノ岳
Img_6269
 と思ったら、そう甘くはなかった。
車で来てるのか? 
結構次々 前に人が現れますね~。
さすが丹沢、表尾根。

 烏尾から行者の間で、若いカップルに道を聞かれる。
『長尾尾根は、どこから入るんですか?』
そう言うのって、事前に調べてこないの?
「新大日の、小屋の横から右に分岐があって、案内も出てますよ」
って言ったら、
「そこまで、ついて行ってもいいですか?」
だって。
いいけど・・・
あちらは20代かな。
こっちはババアだから、遅いだろうと思われたらしい・・・うーん "( ' ' ;)
仕方ない、待ってあげるか。

 おっかなびっくりな感じの、鎖場下降。
彼氏の方が、少し経験ありかな。
Img_6277
 振り返って、
待って待って、
「ここが分岐ですよ。結構長い尾根よ、頑張ってね~( ´ ▽` )ノ 」
って、お別れした。
Img_6279
丹沢ホームにでも、お泊りするのかな?

 じゃ、サクッと塔ノ岳へ行きますか。

 塔ノ岳(1491m)
Img_6285
(ノ°ο°)ノ オオオオ
富士山の横に、南アルプスオール出演!矢印は聖
Img_6286
おまけに、八ヶ岳もしっかり見えてます。矢印は赤岳
Img_6287
 白根三山と、右奥は仙丈
Img_6288
 尊仏山荘の、営業部長のミー君は、2016年に亡くなった。その後、山頂に現れるようになった、白い野良猫君も、地元の方が連れ下ろしたらしい。
 猫がいない、ちょっと寂しい山頂で、ランチして・・・でも人は多いよ。
みんな、わぁから富士山! って写真を撮ってるけど、南アルプス勢ぞろいだよ!八ヶ岳に気が付いてる? って・・・言いたい(´ー`;)
Img_6298
 サンドイッチとスープのお昼。
さて、丹沢山まで行こうか、どうしようか~。
ぬかるんでるかもな~。

 マイフレMちゃんが、月曜日に見たような樹氷は見られそうもないし・・・
マップタイム6時間半歩いたし、今日は早めに帰ろう。
海に向かって下りるこの辺りの眺めが好き。
Img_6300
 大倉のロウバイが満開!
Img_6302
頑張って下りて、大倉発13:38に乗れた!
Img_6304
累積標高差 下りが1500mで、登り1080m
帰りのバスは結構ギュウギュウで・・・
ピストンにしても、みんな早出したのかな?

 お買い物しても、3時過ぎに帰宅できちゃいました。

 やっぱ近いね、丹沢("⌒∇⌒")

 富士山とアルプスを堪能でした( ´ ▽` )ノ

 そして、
タケちゃんの足は小さかった!
("⌒∇⌒") キャハハ

2019年1月15日 (火)

貫ヶ岳

 山梨百名山の貫ヶ岳
お姉さま方3人が未踏ですって。
この辺りは蛭がいるから、寒い時期がいいね。

 今日は、久しぶりのゲストさんがご参加。
なので、静岡のマイフレさんに、8人乗りレンタカーを借りて頂きました。
可愛そうに、一名、体調不良でキャンセル(/_;)
焦らないでね。
でも、早く治るといいね~。
運転をお願いするマイフレ様
いつも、お世話になります(゜゜)(。。)ペコリ

 樽峠登山口に行く手前で、工事をしていた。
工事の方に「樽峠登山口まで行けますよね」
って言ったら
「何もないよ」
(・_・;)エー!
登山口へ行くのに、何もないよって・・・初めて言われた。

 車を下りたら、雨(/_;)

Img_6188
今日のルートに東屋はない。
「峠まで登って、もし降ってたら、戻って白鳥山へ変更します」
って言って、まずは南向きに樽峠へ登る。

 止まないかな。
止まないかな。
って思って登ったけど、峠までも、雨は降ったり止んだり微妙。

 「平治の段で、まだ雨が降ってたら、下りるね」
と、先延ばしに登ったら
「え、平治の乱?」
乱じゃないよ~。
みんなが、ダン? 
ダンだって?
ダン。
ダン("⌒∇⌒")

の辺りのお山は、ちょっと広くなった場所をOOの段って言うんだよ。

 で、その平治の段では雨が止んでる。
じゃ、止んでるうちにランチできれば、あとは、傘さしてでも登れる。

 早いけど、すぐそこでランチね。
十国展望台 眼下に白鳥山 
Img_6191
富士山は見えないけど伊豆の山と駿河湾が幻想的。
七国山とか関八州とか、十国峠とかいろんな地名があるけど、ここも昔は、十国見えたのかな。
今は西側の木が育って、10国は見えないね。

「着られるものは、全部着てね。寒くなってから着ると、体温が戻りにくいよ~!」
7人いるから、久々にぎやかです~。
Img_6194

ランチを食べていたら、雪がちらつき始めて、ガンガン降ってきた。
雨よりは雪の方がいいよね。

 ゆるく下って、北に登ると929mの晴海展望台。
あら・・・
心持ち空が明るい。白鳥山の上に富士山がお隠れ。
Img_6196
これで止むのかな?
なんにせよ、ランチが座って食べられたから、よかったわ。

 さて。
ザックは軽く、お腹は重く~(;´o`)
小ピークを4つ越えて、

 貫ヶ岳(897,0m)
Img_6197
山頂は広いんだけど、眺望はありません。
カヤトの原 って感じの広場です。

 刈り込む時に、草刈り木の歯が当たっちゃったのか、ここの三角点はかわいそうに、欠け欠けです(/_;)
Img_6198
 山梨百名山の標柱にタッチ。
じゃ、戻りましょう。
午後になって、なんか周りの山が少しづつ見えてきた。

 富士山の裾が見えてきたと思ったら、ランチした十国展望台で!
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
富士山 見えました。
Img_6218
 お姉さまが「今日はこれで100点満点」ですって(*^_^*)v

 峠まで木の階段を、下りて下りて~。
Img_6224

 静岡でレンタカーを返して、駅ビルの沼津魚河岸店で、
今年もよろしくお願いします。
(=^O^=)o□ プハァ
Img_6232
 鮮度のいいお寿司
Img_6233
大変美味しゅうございました。

静岡駅の新幹線ホームで、芸者さんに会いました。お着物で新幹線? 疲れるでしょうね~
Img_6238

 東屋のないルートだと、火曜会ランチができない。だから、平治の段まで、どうしよう どうしようって迷っていたけど、登れてよかったわぁ。

 しかも富士山もしっかり見られて、ラッキー(=●^0^●=)v

2019年1月13日 (日)

本宮山

 マイフレさんが去年、霊峰 本宮山へ行った。
 前から、歩いてみたかったお山なのよ~。
一等三角点峰で、天測点もあるの。
ちょっと遠いけど、その分、歩行時間は短そう。
 週末会 2019年第一弾
どこにしようかって、散々迷ってた。
猪の名前のつくお山は猪鼻山(金時山)くらいしか思いつかないし~
じゃ、初詣を兼ねて,本宮山にしてもいい? 
 東三河最高峰で、形もいいから三河富士って言われてる。
山頂手前に三河の国の一ノ宮、砥鹿神社奥社があるの。
古くからの、信仰のお山なのに~
今は、電波塔の針山になっちゃってます。
 
 距離は遠いけど、4人で高速代を割れば、そうお高くない。
何より、登山口が新東名から近いから、案外アクセス時間がかからない。
 豊川ウォーキングセンターに車を停めて、もう車はいっぱい。
ちょっと先の駐車場に止める。
人気のお山なんだね~。
 ここから、真北へ登り始めます。
すっごく歩きやすい登山道。
Img_6103_2
 「野猿坂」と書かれた付近で休憩所があって、
木がうるさいけど、若干展望が良かったよ。
ちょっと岩々になって来て、山らしくなってきたと思ったら~
 奇岩が出て来る。
馬の背岩 
Img_6164_2
梯子岩 
Img_6161_2
蛙岩は、隣に眺めのいい東屋があります
Img_6115_2
 砥鹿神社奥社の境内に入ると、
今までの岩々から、根っこの一気登りになる。
 大きなりっぱな鳥居が出てきて、ここから先が砥鹿神社奥宮の第一神域ですって。
じゃ、第二 第三神域があるの?
「荒羽々気神社(あらはばき神社)」
東海一の健脚の神様ですって。
これは、拝んでおかなくっちゃ!
Img_6153_2
 奥宮は、とっても立派でした。
Img_6150_2
杉の御神木で、推定樹齢1000年、樹高65mも、圧倒させられます。
 その先に、富士山遥拝所がありました。
 社務所には登山番付って言う紙があって、
早さを競うのと、何回登ったかと(これは高尾にもありますね)
一日、何回登ったか( °o° )
一日12回も登る人がいるの? びっくり!
標高差700m越えを、26分って言うトロイ・デハースさんがダントツ一位。
 私たちは~
写真撮ったりしたから、神社まで1時間4分。
( °o° ) あら
1時間切ってると、番付に載る可能性があるみたい。
1時間を切るには、平っぽい所は走らなきゃ無理よね。
 年間600回登ってる人は、雨の日もお休みの日もあるだろうから・・・
一日2~3回登ってるの?(;-・。・-;)
往復のマップタイムは4時間近いのに~ 修行?(?+_+)
それとも、山頂直下のスカイラインから登っても、1回とカウントするのかな?
本宮山フリークの人、教えて!
 ここまで登ってきたのに、スカイラインがあって、ちょっと興ざめだね。
車で来て、15分でも、山頂へ来れるお山です。
Img_6111_2
 テレビ塔が林立した山頂が、近づいてきた。
その鉄塔のそばに、本宮山(789.2m) 
Img_6120_2
\(^o^)/ わーい
今年最初の、一等三角点、タッチ。
Img_6122_2
天測点も撮って、
Img_6126_2
 西に白い山がいくつか。
これは・・・セブンマウンテン?
Img_6128_2
東に白い山がいくつか。
多分中央アルプス。
Img_6136_2
 そして白山と、
Img_6131_2 もっと近い白い山はどこ?
御嶽山?
Img_6134_2
 山頂の日向で甘酒を頂く。
ぽかぽかと気持ちいいね。
Img_6116_2
 西にちょっと下りて、国見岩と岩戸神社に寄る。
Img_6139_2
岩のてっぺん
Img_6140_2
この右の階段でガンガン降りると、狭い岩の隙間に、お社があります。
Img_6141_2
 この奥に、めっちゃ細い隙間
Img_6145入ると中にお社
Img_6142フラッシュを使うとこんな感じ
Img_6143
バリっぽいトラバースで砥鹿神社奥社へ戻る。
途中、凍結標柱が
Img_6146
 登りでは、100人くらい抜かしたけど、下山でも200人以上とすれ違う。
ほんとに人気なんだね~。
 さて、愛知まで来たから、
何か美味しいものを食べて帰ろう。
 と、言っても、私はウナギが苦手~【><。】
 長篠設楽原PAで、家康鯛天丼を頂きます。
Img_6174
 家康殿も、こんなところでお名前を使われるようになるとは・・・
みじんも思わなかったことでしょう。
 PAのランチって、そんなにおいしくないかも?
って思うでしょ。
この、家康鯛天丼は、なかなか美味しゅうございました。
 帰路の東名大和トンネル渋滞は、週末は必須(/_;)
お夕飯ギリギリに、何とか帰れました。
 週末会で歩くと、みんな速いから、全身、汗だく~。
 ちょっと間が空いて、早歩きの筋肉が、なまっているかも。
 筋肉って、年々落ちるのが早くなる~(;´o`)
 今年も、頑張ろう(⌒^⌒)b
 
 

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »