« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月24日 (日)

上田城と菅平と湯ノ丸山

 夫が急に、
『おい、雪見風呂はどうだ?』
って。
 
 どうだ、って
( ̄~ ̄;)ウーン・・・
『行きたい温泉が、あるんですか?』
『ちょっと雪山を歩いてもいいぞ』
〃`_´〃
 歩いてもいいぞ って何?
 今まで、不機嫌になるのが怖くて、おだてて、先回りして、お付き合いしてきた。
子供や母の前で、長期間不機嫌でいられるのが、とても辛かった。
もう・・・止めよう。
 
 で、素直にお返事。
『私は、雪見風呂も、雪山も行ったとこ。歩きたいならお付き合いしてもいいですよ』
 こんないい方をしたら、今までだったら、急に不機嫌になるところ。
でも、
『短い時間なら、歩きたい』
ですって!
( °o° ) へエー
 変わって来たもんだなぁ。連れてってくれ って事。
(¬¬)ふぅ~ん
歩きたい ってことは、
じゃ、連れてってやりますかね。
 さて、お目当ての温泉は、特にないらしいから~
 車で3時間くらいで、雪見風呂に入れて、
近くに、夫でも歩けそうな、トレースのありそうな雪山がある温泉・・・
 角間温泉では、いかがですか?
すぐ東側が、湯の丸山。
 で、お宿に予約を入れてから、かなり気温が高い日があった。
あれれ~(^。^;)、雪見風呂じゃなくなっちゃう?
 土曜日の午前中は雪予報で、早く行っても登山もできないみたい。
でも、夫はとっても早起き。 
いつも、お夕飯の時に飲んで、飲んで、早い時間に寝てしまう。
 なので、早い時間に出発したがるんだけど~(^。^;)
お宿のチェックインは、15時。
さてさて、どこで時間をつぶしましょう。
 そう言えば、高速を降りた近くに上田城がある。
去年の暮、個人が、上田城の櫓を復元して欲しいって、個人で10億寄付したって ニュースでやってたな。
個人で10億の寄付って・・・あるところにはあるんだねぇ。
 上田城は、真田丸辺りから人気になって、お城廻りに色々お店もあります。
Img_7406
上田はお蕎麦が有名なので、お昼はお蕎麦を頂きましょうか。
コシがあって美味しいお蕎麦でした。
 Img_7405
 R4号から、ちょっと東に入ると角間温泉。
でも、まだ1時。
 空が明るくなって、お天気快方に向かってる。
じゃ、お泊りの旅館を通り越して~
 
 夫と車で行く時は、ナビにめっちゃ気を使う。
だって、うちのナビは、圏央道も渋滞情報も入らない旧式。
最新ナビを買って欲しいけど、新しい機器は嫌いらしい(/_;)
 
 菅平へ着くころ、雪が舞ってきた。
あれれ~、お天気好転するんじゃないの~(+_+)
 
 ま、ちょっとお散歩しましょうか。
積雪は4~50センチくらいで、でも、スノーシューハイキングのトレースがしっかりついてます。
 牧場から、展望台まで、雪道を30分。
ザラメの上に新雪で、アイゼンは要らない。
でも、時々ずぼっと踏み浮いて、夫が「わぁ」とか「おぉ」とか、楽しそうじゃん(^v^)フフフ
Img_7414
 時々強い風が吹いて、めっちゃ寒いけど、樹氷が見えて来た!
Img_7415
 こんな時間に、樹氷が見られるとは思わなかった。
雪、時々晴れの雪原ハイキング。
 氷の花もきれい~
Img_7417
 程よく汗をかいて、そろそろお宿へ入れる時間だね。
 
 岩屋館は、角間温泉で1件だけの秘湯の宿。
 鉄分を含んだ茶褐色の炭酸泉と、透明な温泉の二つがある。
内風呂は、猿飛佐助が修行したって言う、角間渓谷の岩壁が迫って、なかなかの迫力。
Img_7423
 そう言えば!
一昨年、大姉さまとK姉様のお誕生日に、角間山へ登った。
そして、猿飛佐助、修行の地って言う案内板がありました。
あの時は、登山道に牛が何頭もいて、通過に困りましたっけ!
 
 ここの温泉は、飲めるんだよ。
昔 真田家が、茶の湯として使うために汲みに来た って言う伝承が残ってるんだって。
で、夫のご要望の
『雪見風呂はどうだ?』
はい、ちゃんと雪見風呂でした(*^_^*)v
Img_7425
 お料理も、なかなか豪勢でした。
Img_7428
このあと、鮎の塩焼きとお刺身が出て、お蕎麦の後、野沢菜ご飯
Img_7430
 夫はご機嫌さんで、色んな日本酒を飲んで、さっさと寝てしまった。
私は、炭酸泉が気に入って、何度も入っちゃいました。
 滅多にない、のんびりした時間。
まぁ、たまにはこんな夜もいいかな。
 
 2月24日
朝ごはんも おしゃれ~
Img_7431
湯豆腐の昆布が六文銭
Img_7432
 夏なら、お宿のすぐ裏から烏帽子へ登れる場所だけど~
車でコの字に回りこんで、湯の丸高原スキー場に車を停める。
 一昨年は、お姉さま方と角間山から湯ノ丸へ登っている。
2015年に週末会でも、雪の湯ノ丸へ来てますね。
 さすが人気の山で、しっかりトレースがあるからありがたい。
Img_7436
 今日は暑いくらいのいいお天気。
踏み抜くと下手したら腿
Img_7438
 ゲレンデ脇から、急斜面を登って、すれ違う人から「北アルプスオールスターズですよ」 って言割れたから、最後は夫を置いて・・・
Img_7446
 湯の丸山(2101m)
Img_7447
 山頂はいつも風が強いから、この時期でも岩がむき出し。
わぁ~! これはすごい!
Img_7467
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
Img_7468
北アルプスが端から端まで!
Img_7469
八ヶ岳に、
Img_7463
中央アルプスに
Img_7462
御嶽に乗鞍
Img_7461
頚城山塊に
Img_7455
日光男体山!
Img_7475
忘れちゃいけない富士山
Img_7464
(ノ°ο°)ノ オオオオ
四阿山の横に日本海まで見えてるよ!
Img_7457_2
 山頂の乾いた岩で、お汁粉とおせんべを出す。
でも、どんどん冷えるね。
ちょっとアップも撮るね。槍と子槍 
Img_7473
五竜 鹿島槍 爺
Img_7470
 夫はこの時期に、この標高は、初めてかも。
ネックウォーマーも耳あても、二つずつ持って来てよかったよ。
結構重ね着してるんだけど
「風が冷たいな~」って。
「2100mありますからね」
 
 下山は、雪が緩んできたからか、滑ってる。
夫に私のチェーンアイゼンを貸して、私は6本アイゼン。
 
樹氷を堪能して、白窪湿原を廻って下山。
Img_7480 夫は、この積雪は、久しぶりだから、それなりに楽しんだご様子。
 一人で、行き先を探して・・・
勝手に出かけてくれるようにならないかなぁ(;-_-) =3
 道の駅で、蕎麦すいとん膳 
ご飯が多くて、半分残しちゃいました(/_;)
Img_7481
 
 渋滞に引っ掛かって、また不機嫌になっても嫌だから、早めに帰路につきました。
 
 帰りの道から浅間山  雪、少ない!
Img_7484
 
 自宅から車で出られて、のんびり温泉に浸かれるので・・・
 まぁ、年に数回なら、お付き合いしてあげてもいいですかね(`ー´)
 
 湯の丸山、ツツジの時期もいいけど、冬もいいよね(* ̄∇ ̄*)
 

2019年2月16日 (土)

福地山

 山友の一人が、「展望のいい山があるから行きたい」
って言ってきた。

 どの辺?
(・_・;)エー 高山市の山?
アクセスにどのくらいかかるの?
滅多に行きたい山を言わない山友だから、協力したいけど・・・
それで、行動時間が長かったら、日帰りは無理よね。

 行きたいのは、福地山、標高差は800mくらい。
でも、土曜日でマイナーな山だと、トレースはないかも。
マップタイムが4時間ちょいってことは、積雪状態によっては、6時間とかかかっちゃうかも?

「それ、今の時期に行きたいの? 無雪期じゃなくて?(^。^;) 」
うーん "( ' ' ;)
「山頂まで行けなくても、タイムリミットになったら戻るんでいい?」
この時期、中央高速が渋滞しないことが救いかな。

 登山口までは、渋滞なしで3時間ちょい。
今年は、どこのお山も積雪が少ないみたいで、松本付近も全然雪はなかったよ。
でも、福地温泉に近ずくと、本降りの雪。
Img_7189
 あ~、雪中行軍かぁ(^。^;)
 
 登山口は、積雪20センチくらいかな。これなら、時間切れにならずに、山頂まで行けるね。 エアリアマップの時間は、4時間10分になってる。この雪だから・・・私たちだと4時間くらいかな。

 ジグザグの登山道は、雪だと分かりにくいけど、数日前に数人が歩いたようなくぼみがある。雪は、サラサラで軽い。

 登るにつれて積雪が増えて・・・

東屋で甘酒を飲んで、行動食。
Img_7193
東屋には氷柱 そして、降る雪の勢いも変わらず。
Img_7196
憮然平は、石像が寒そう
Img_7199
途中、尾根コースを選んだら、なかなかの急登。でも、新雪だから、アイゼン無しで大丈夫。何とか、第三展望台にたどり着いた。

 槍や笠ヶ岳が見えるところなんだけど・・・
【T_T】
Img_7210
真っ白で何にも見えない。
Img_7211
小枝に結晶が伸びて、とってもきれい
Img_7219
(ノ°ο°)ノ オオオオ
雪が小降りになってきた。

 その先に、トレースっぽいくぼみがなくて、あれれ? 10mほど下に道があって、急斜面を下りる。

 標高1600mくらいから樹氷!
Img_7230
そして!
\(^o^)/ わーい
薄日が差してきたよ。
Img_7232
 福地山(1671,7m)
Img_7247
遠くまで来た甲斐があって、
雪と青空と樹氷 
Img_7245
三種の神器が楽しめたよ!
笠ヶ岳や槍は見えなかったけど、これで充分(*^_^*)v
Img_7249
積雪は50センチくらいかな。
Img_7248
 紫陽花の花柄にの結晶が
Img_7239
道幅が広い所は、雪を蹴散らしてガシガシ降りる。気持ちい~い(=●^0^●=)
Img_7252
 憮然平の石像は、お坊様かと思ったら…背広姿?
どなたかな?
Img_7255
土曜日なのに、途中で2人にすれ違っただけの、静かな雪山でした。

 下山後、登山口のすぐ裏にある、青ダルを見に寄る。
Img_7273
 青ダルって、福地温泉上流の、福地壁の氷柱群の事だって。絶壁の岩から、滴り落ちた水が、青い水の帯のように見えるんで、青ダルって呼ばれるらしい。

 で、それを真似て、温泉地が沢の水を利用して、観光客のために氷柱を作っているらしい。
Img_7261
だから、芦ヶ久保の氷柱とかに似てる。こっちの方が気温が低い分、青みがきれいかも~。

 せっかく福地温泉に来たから、温泉に入っていかない? で、近くの、奥飛騨ガーデンホテル焼岳へお立ちより(*'‐'*)

 露天風呂が7つもあって、エメラルド色の源泉は、混浴。でも、湯あみ着があるの。普通 湯あみ着って、女性だけじゃない? でも、ここは、ちゃんと殿方用の湯あみ着もあるの。殿方だって、その方がリラックスできるよね~。
Img_7185
 ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉で、メタケイ酸が通常の温泉の5倍だって。メタケイ酸って、肌の代謝を促進して、セラミドを整えてくれるんだって。湯上りに、顔にパシャパシャしちゃったよ。他だと、万座が、メタケイ酸が多いらしいよ。

 雪山で、行動食だけだったから、お腹がすいちゃった。海老のかき揚げ蕎麦を頂いて、帰路に。
Img_7278
 帰路の富士山
Img_7295
 週末だけど、小仏渋滞もなくて、お夕飯に間に合うように、帰宅できたよ。

 飛騨の雪山、樹氷もきれいで楽しかったです(=●^0^●=)

2019年2月10日 (日)

猪鼻山(金時山)

 今日は、みんなの集合時間が遅くなるって。
厳冬期のこの時期だから・・・
近場で氷瀑がいいかな?
で、考えたのが、西丹沢の本棚の滝から畦ヶ丸。

 ところが、運転してくれる山友の集合できる時間が、7遅くなって~
その上・・・
雪予報?(・_・;)
畦ヶ丸は、積雪が多いと、ちょっといやらしい桟道とか梯子とかあるなぁ~

 じゃ、今年一度も実行できていない、干支のつく名前の山に変更にしようか。
方向もそうずれないし。

 で、金時山、別名猪鼻山にした。

 矢倉岳の南、足柄峠の先に林道が伸びている。
林道ゲート手前で車を降りると、地面が白い程度の雪。

Img_6992
でも、松の枝も樹氷できれい~♪~
Img_6991
 白く輝く枝の写真を撮りながら登る。
だって、晴れてるから、山頂に着くころには樹氷が落ちちゃうかもしれないもん。
落ちてくると、痛いんだよね。
氷の塊だから。

 林道をしばらく歩くと、猪鼻砦跡。
Img_6994
ここからは、きれいな富士山が見られるんだけど・・・
あれ~(^。^;)
雲がかかっちゃってる。
でも、樹氷はきれい(*^_^*)v
Img_7004
見上げる金時、急げばあの樹氷が下から見られる?
Img_7000
 ここは、足柄城の南の守りだった砦ですって。
戦国時代って、日本中の山に、山城か砦かのろし場があったみたいね。
富士山と御殿場を眺められる、ちょっと広い場所です。
この辺まで、ほぼ平らだよ。
その先の鳥居から、金時への登りが始まる。
Img_7005
 金時山って、とんがってるじゃん。
だから、どの方向から登っても、最後は急なんだよね。
こちら側は、最後はず~っと階段です。

 樹氷がきれいだぁ~(*^_^*)v
隙間から大山
Img_7008
 山頂直下で、金時山に5000回くらい登っているっておじいさまにあった。
「5000回登ってても、滅多にないくらいきれいだよ」
って言われて、急いで登る。

\(●⌒∇⌒●)/ わ~
越後駒以来の、美しい樹氷だわ~。左は愛鷹。
Img_7014
白い尾根と、噴煙の大涌谷と芦ノ湖
Img_7018
それに、伊豆半島の山も白い!
海老の尻尾もきれいよ~
Img_7030
山頂で、京都土産のお食べを食べながら、
至福の時間。
富士山の右裾に、北岳から甲斐駒まで見えてるよ。
Img_7013
 雲がかかっていた富士山が頭を出したら、みんなで一斉に撮影タイム!
Img_7040
 そうそう、猪鼻山の看板も撮ろう。
近づいたら・・・
(ノ°ο°)ノ オオオオ
Img_7056
 なんてかわいい猫看板!

 樹氷と猫なんてめったに撮れないよ!
Img_7053
春になれば、いろんなお花が咲くけど、こんな景色は最高!
丹沢主峰も樹氷がきれい。
Img_7062最後にもう一度!
日が当たって輝く樹氷
Img_7067
 あら、そう言えば・・・
茨城の堅破山で、パラパラと雪に降られて、
先週は、西上州の岩山で雪に阻まれ、
今日も雪。
週末会、雪ずいてますね~。

 こりゃ、来週も雪中登山かな?("⌒∇⌒")

 サクっと登っちゃったから、
下山後、少しは氷柱とかあるかな、と、夕日の滝に寄ったけど、全く凍ってなかった。
Img_7074
 一昨日の木曜日は、桜の咲くころの陽気だったし、月曜日は4月下旬の気温って言ってたもんなぁ。凍っていても溶けちゃうよね。

 地蔵堂の、万葉うどんさんの手打ちうどんを頂く。
矢倉岳が、すぐ後ろに見えてます。
Img_7084
 目の前で打って、切って、茹でて、出てくるの。腰があって美味しいよ~。
Img_7083
 猪鼻山に登ったから、シメは猪汁 お肉は柔らかくて。具だくさんで、こちらもとっても美味しい。
Img_7080

 金時山の樹氷、眼福でございました~(=●^0^●=)v

2019年2月 6日 (水)

伏見稲荷と大文字山 志明院と護王神社

 Pちゃんのお誕生山行 この時期だと、高いお山へ行けない。

さて、行きたいところは?
  Pちゃんは、京都が好き。
去年行きたいって言ってた、志明院へも行けるかな?
 ネットで、往復の新幹線とホテルがついた格安セットを、Pちゃん本人が見つけて、5人分取ってくれた。 交通費だけで26000円以上なのに、都ホテル宿泊がついて17000円くらい(ノ°ο°)ノ Pちゃん、ありがとう!  
 朝の新幹線で集合。
京都て前で伊吹山。2月なのに雪が少ない!
Img_6652
家を6時に出たら、京都へ、8時38分に着いちゃうんだよ。
早いね~、新幹線のぞみ。 大人の休日切符が使えないのぞみで、このお値段は、本当にありがたい!  
 今日は、皆さん小さめザック。
そして、お泊り荷物は、駅前のホテルのクロークへ預けて~(*^_^*)v  JRで稲荷駅へ。 まだ9時にもならないのに、朝からすごい人!    
Img_6655
ここね、私もお参りに来たことがあるんだけど・・・ 普通は、千本鳥居の伏見稲荷大社までくらいでしょ。
Img_6658
実は、その奥に、標高差150mほどのお山。 すべてが神域なんだよね~。
 あら、狐の絵馬(絵狐?)かわい~い! 
Img_6657
 四辻のベンチからは、京都盆地が一望。
Img_6662
このベンチで・・・
昨日、デパ地下で買った三色カステラで!  
Pちゃん、誕生日おめでとう~  
\(^o^)/ ~。☆ 。彡  
家から、熱々のお湯を持って来たよ。
Img_6661
お姉さま方にも、椎茸昆布茶と三色カステラ(^ー^* )  
そて、それじゃ、登りますか。
一峰から三峰まで巡ろうと左の路へ入ったら・・・
お稲荷様団地のてっぺんから、
Img_6664
静かな森へ
うーん (+_+) こっちじゃなかった?
[白滝3分⇒]って案内があったから、下りてみる。
地形図で見ると、阪神高速京都線の稲荷山トンネルの辺りに、滝行の行場のようなところ。
Img_6663
ここから、東福寺へ抜けられるようですね~。  
はい、戻りましょう(゜゜;)
階段を登って登って、なかなかのアップダウン。
あら、面白い竹を咥えたお狐様。
Img_6665
  清少納言が、伏見稲荷にお参りに来て、
「うらやましげなるもの」
として、中のみやしろ辺りを登ってて、ゼーハーしたらしい。 そりゃそうだよね。 宮中で、運動らしいことはしてないんだもの。
「いささか苦しげもなく」
登る民を
「いとうらやまし」
って言ってるの。  
 私たちを清少納言が見たら・・・
「いささか苦しげもなく歩む老婆、あなやとぞ思う」
って感じ~?
("⌒∇⌒") キャハハ    
 一の峰には、
Img_6669
山頂233m って山名板もありました。  
Img_6671
二の峰の台座は、富士山の溶岩なんだって。
Img_6673
 三の峰には、真新しくて真っ白なお狐様。  
 四辻の「にしむら亭」で、京いなりとしっぽくうどんを頂いて、本日のランチ。  
Img_6675
この辺り、アップダウンで面白い見どころがいっぱいなんだ。
貸衣装のお譲さん、シュールを地面に置く?(;-・。・-;)
Img_6677
 竹の鳥居は渋くて素敵
Img_6678狛犬ならぬ狛蛙もいました
Img_6679
 迷って、滝へ降りたりしたから、午前中だけで累計標高差は320m!  
 
 京都駅で、地下鉄に乗り換えて~
 
 ほんとは、山科から歩く予定だったんだよ。
でも、ちょっと前の情報だと、秋の台風の後、めっちゃくちゃな倒木群。で、通行止めだらけなんだって【><。】 跨いでくぐって、泥だらけになっても敗退 って記録があるの。  京都トレイルだけは、台風の後にいち早く整備されて、歩けるようになっているんですって。なので、蹴上駅から歩きます。  
 ねじりまんぽって言う、赤レンガのトンネルをくぐって南禅寺へ。
 Img_6683
   創建は、710年前ですって。
その奥に、琵琶湖疎水の分線があって、京都市街北部へ水を供給している水路閣が、美しい。  
Img_6684
 ここから・・・ 大文字山へ登れるらしいんだけど(?+_+)
全く道標がない【><。】
地元っぽい方に聞いても、知らないって~。  
コンパスで方向見て、登って行くけど・・・
なんで案内がないの~?
  とにかく、尾根まで出られれば~ と登って歩いていたら、やっと、京都一周トレイルの案内。  
Img_6688
 あ~ よかった(;-_-) =3 ふぅ~
歩き出しが午後だから、間違えて登り直していたら、下山後に銀閣寺へ、寄れなくなっちゃうところだった。  
 それにしても・・・
すごい倒木群だわ。
Img_6694
 斜面全部がなぎ倒されていたり、迂回路ができていたり、巨大倒木につっかいぼうがしてあったり。
Img_6695
 地元ボランティアさん、整備ごくろうさまです(/・0・)     
 お日様がそそいで、暑いくらいの陽気。
北東へ1時間半登ると、大文字山(465,3m) 山頂で、
Img_6699
 京都の町を眺めながらおやつ。  
 滑る登山道を、ちょっと下りると、大文字焼の火床。
(ノ°ο°)ノ オオオオ すごい高度感!  
Img_6701
 大文字の―画の長さは80m、二画は160m、三画は120mなんだって。 めっちゃ大きいよね~。そして思ったより急斜面!
 
Img_6704 山頂以上にいい眺め(*^_^*)v 比叡山も間近に見える。
Img_6705
菜の花や 月は東へ オスプレイは北へ~  
Img_6703
 法然院へ降りようと思ったら、倒木群で通行止め(/_;)
で、銀閣寺へ降りる。
 平日の、閉園間際にもかかわらず、たくさんの観光客がいました。
特に、海外の方が多かった。  上から見下ろす銀閣寺もいいね。
Img_6713
 ここで、お薄をごちそうして頂きました。
Img_6720
 お干菓子とお抹茶、大変美味しゅうございました。  
 定番銀閣寺
Img_6716
 法然院へお参りして、
Img_6722おしゃれな演出!
Img_6724
仏足は、大和のタケちゃんや本宮山の山姥の足より、ずっとずっと大きゅうございました。
Img_6725
 哲学の小路で戻って、銀閣寺入口から、バスで京都駅へ。
 貸衣装のペラペラ着物の男女がいっぱい歩いていて、なかなか面白かった。  
 翌日のタクシーの運転手さんによると! 中国からのツアーには、着物の貸し出しと着付けがセットのものが、多いんだそうです。
  化繊でペラペラの着物に半幅帯でも、着物を着たってことが楽しいのかな。  
 駅南口の新都ホテルが、今年4月から、都ホテル京都八条 ってお名前に変更するんですって。
  今回はこのホテルが新幹線とセットでした。 駅前でとっても便利。
 お夕食は、目の前の駅ビルの、いち藤さんへ。 京のおばんざい御膳 1300円 生麩に天ぷら、野菜のたいたん。
Img_6734
 はんなりと、美味しゅうございました(^ー^* )
十文字山は標高差430mで、伏見稲荷と合わせると750mでした。
あら、結構なハイキングじゃない!("⌒∇⌒")
   2月6日
昨日、コンビニで買った朝ごはんを頂いて、7時に出発。
地下鉄で、北大路へ。  
 行きたいお寺に行くには、一日2便しかない乗合ジャンボタクシーしかない。しかも、徒歩30分も手前の、坂の下までしか行かない(/_;)
それじゃ、帰りの新幹線に、間に合わないじゃん。
で、贅沢します。  
 志明院って知ってる?
Img_6743
 650年に、役の行者が草創って言われてるの。
そのあと、天皇の命を受けてお大師様が弘法大師が再興したって言う、ものすごく由緒あるお寺。    
 で、何が有名って・・・
『魑魅魍魎の最後の砦』って言われているの!
 司馬遼太郎も、妖怪について書いている。
ジブリのもののけ姫の構想にも繋がった、お寺でもあるんですって。  
Img_6739
 仁王門から先は、修験道の為、写真の撮影は禁止。  
雪が残って、雰囲気あります。
Img_6740
 奥の岩屋に、鴨川の源流があるんだよ。
そう言う重要ポイントだから、ここにお寺を建てたんでしょうね。  
 苔むして、とっても落ち着く、気持ちのいい場所でした。
魑魅魍魎の気配は、なかったよ~(*^_^*)  
 ただね、台風の影響て、飛竜の滝のお社や、桜天満宮の屋根が大々的に破損。
 ものすごい被害なのに、公共の支援は一切ないんですって【><。】
 ささやかながら復興の募金をしてきました。  
 待たせたタクシーで、護王神社へ。
Img_6761
 何を見たいかって言うとね・・・ かっこいい猪がたくさんいるのよ。
で、猪神社、とも言われているの。  
そしてここは、足腰守護のご利益があるんですって。腰のお守りがあるんです。
Img_6749
 清麻呂公が歩けなくなった時に、たくさんの猪が守ってくれて、足が治ったって謂れがあるの。腰が悪い友人にお守りを買って、向かいの京都御所へ。  
 はまぐり御門には、鉄砲の弾の後が残っているんだよ。
Img_6809
 京都は寒いかな~ って思ったけど、梅園の梅は、少しずつ咲きだしていました。
Img_6845
 寒い京都でも、春はすぐそこ。  
 超過密スケジュールだったけど、なんとか余裕持って、スケジュールがこなせた。
ふぅぅぅ~ ε= (*^o^*)   
 烏丸線って読める?
お姉さまが「カラスマルせんはどこ?」 って~("⌒∇⌒")  
 京都へ戻って、仕上げは、金沢まいもん寿司さんへ。
Img_6869
 お値段もよかったけど、お味は最高でした。  
 ゆっくりお土産を見て、13時の新幹線へ。  
すぐに北に見えた雪山は、比良山系の武奈ヶ岳辺りかな?
Img_6899
 新幹線とホテルがセットの、お買い得ツアーは、電車の時間が指定できないのが不便。  
 多分、一番人が少ない時間の列車を、割り振るんでしょうね。私にとっては、早めに帰れて、それはそれで嬉しいわ~(*^_^*)  
 
 お姉さま方、
せわしない観光&ハイキング、お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ  
 冬の京都は、予想に反して、とっても楽しめました。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »