« 竪破山(たつわれさん)と横根山  | トップページ | 猪鼻山(金時山) »

2019年2月 6日 (水)

伏見稲荷と大文字山 志明院と護王神社

 Pちゃんのお誕生山行 この時期だと、高いお山へ行けない。

さて、行きたいところは?
  Pちゃんは、京都が好き。
去年行きたいって言ってた、志明院へも行けるかな?
 ネットで、往復の新幹線とホテルがついた格安セットを、Pちゃん本人が見つけて、5人分取ってくれた。 交通費だけで26000円以上なのに、都ホテル宿泊がついて17000円くらい(ノ°ο°)ノ Pちゃん、ありがとう!  
 朝の新幹線で集合。
京都て前で伊吹山。2月なのに雪が少ない!
Img_6652
家を6時に出たら、京都へ、8時38分に着いちゃうんだよ。
早いね~、新幹線のぞみ。 大人の休日切符が使えないのぞみで、このお値段は、本当にありがたい!  
 今日は、皆さん小さめザック。
そして、お泊り荷物は、駅前のホテルのクロークへ預けて~(*^_^*)v  JRで稲荷駅へ。 まだ9時にもならないのに、朝からすごい人!    
Img_6655
ここね、私もお参りに来たことがあるんだけど・・・ 普通は、千本鳥居の伏見稲荷大社までくらいでしょ。
Img_6658
実は、その奥に、標高差150mほどのお山。 すべてが神域なんだよね~。
 あら、狐の絵馬(絵狐?)かわい~い! 
Img_6657
 四辻のベンチからは、京都盆地が一望。
Img_6662
このベンチで・・・
昨日、デパ地下で買った三色カステラで!  
Pちゃん、誕生日おめでとう~  
\(^o^)/ ~。☆ 。彡  
家から、熱々のお湯を持って来たよ。
Img_6661
お姉さま方にも、椎茸昆布茶と三色カステラ(^ー^* )  
そて、それじゃ、登りますか。
一峰から三峰まで巡ろうと左の路へ入ったら・・・
お稲荷様団地のてっぺんから、
Img_6664
静かな森へ
うーん (+_+) こっちじゃなかった?
[白滝3分⇒]って案内があったから、下りてみる。
地形図で見ると、阪神高速京都線の稲荷山トンネルの辺りに、滝行の行場のようなところ。
Img_6663
ここから、東福寺へ抜けられるようですね~。  
はい、戻りましょう(゜゜;)
階段を登って登って、なかなかのアップダウン。
あら、面白い竹を咥えたお狐様。
Img_6665
  清少納言が、伏見稲荷にお参りに来て、
「うらやましげなるもの」
として、中のみやしろ辺りを登ってて、ゼーハーしたらしい。 そりゃそうだよね。 宮中で、運動らしいことはしてないんだもの。
「いささか苦しげもなく」
登る民を
「いとうらやまし」
って言ってるの。  
 私たちを清少納言が見たら・・・
「いささか苦しげもなく歩む老婆、あなやとぞ思う」
って感じ~?
("⌒∇⌒") キャハハ    
 一の峰には、
Img_6669
山頂233m って山名板もありました。  
Img_6671
二の峰の台座は、富士山の溶岩なんだって。
Img_6673
 三の峰には、真新しくて真っ白なお狐様。  
 四辻の「にしむら亭」で、京いなりとしっぽくうどんを頂いて、本日のランチ。  
Img_6675
この辺り、アップダウンで面白い見どころがいっぱいなんだ。
貸衣装のお譲さん、シュールを地面に置く?(;-・。・-;)
Img_6677
 竹の鳥居は渋くて素敵
Img_6678狛犬ならぬ狛蛙もいました
Img_6679
 迷って、滝へ降りたりしたから、午前中だけで累計標高差は320m!  
 
 京都駅で、地下鉄に乗り換えて~
 
 ほんとは、山科から歩く予定だったんだよ。
でも、ちょっと前の情報だと、秋の台風の後、めっちゃくちゃな倒木群。で、通行止めだらけなんだって【><。】 跨いでくぐって、泥だらけになっても敗退 って記録があるの。  京都トレイルだけは、台風の後にいち早く整備されて、歩けるようになっているんですって。なので、蹴上駅から歩きます。  
 ねじりまんぽって言う、赤レンガのトンネルをくぐって南禅寺へ。
 Img_6683
   創建は、710年前ですって。
その奥に、琵琶湖疎水の分線があって、京都市街北部へ水を供給している水路閣が、美しい。  
Img_6684
 ここから・・・ 大文字山へ登れるらしいんだけど(?+_+)
全く道標がない【><。】
地元っぽい方に聞いても、知らないって~。  
コンパスで方向見て、登って行くけど・・・
なんで案内がないの~?
  とにかく、尾根まで出られれば~ と登って歩いていたら、やっと、京都一周トレイルの案内。  
Img_6688
 あ~ よかった(;-_-) =3 ふぅ~
歩き出しが午後だから、間違えて登り直していたら、下山後に銀閣寺へ、寄れなくなっちゃうところだった。  
 それにしても・・・
すごい倒木群だわ。
Img_6694
 斜面全部がなぎ倒されていたり、迂回路ができていたり、巨大倒木につっかいぼうがしてあったり。
Img_6695
 地元ボランティアさん、整備ごくろうさまです(/・0・)     
 お日様がそそいで、暑いくらいの陽気。
北東へ1時間半登ると、大文字山(465,3m) 山頂で、
Img_6699
 京都の町を眺めながらおやつ。  
 滑る登山道を、ちょっと下りると、大文字焼の火床。
(ノ°ο°)ノ オオオオ すごい高度感!  
Img_6701
 大文字の―画の長さは80m、二画は160m、三画は120mなんだって。 めっちゃ大きいよね~。そして思ったより急斜面!
 
Img_6704 山頂以上にいい眺め(*^_^*)v 比叡山も間近に見える。
Img_6705
菜の花や 月は東へ オスプレイは北へ~  
Img_6703
 法然院へ降りようと思ったら、倒木群で通行止め(/_;)
で、銀閣寺へ降りる。
 平日の、閉園間際にもかかわらず、たくさんの観光客がいました。
特に、海外の方が多かった。  上から見下ろす銀閣寺もいいね。
Img_6713
 ここで、お薄をごちそうして頂きました。
Img_6720
 お干菓子とお抹茶、大変美味しゅうございました。  
 定番銀閣寺
Img_6716
 法然院へお参りして、
Img_6722おしゃれな演出!
Img_6724
仏足は、大和のタケちゃんや本宮山の山姥の足より、ずっとずっと大きゅうございました。
Img_6725
 哲学の小路で戻って、銀閣寺入口から、バスで京都駅へ。
 貸衣装のペラペラ着物の男女がいっぱい歩いていて、なかなか面白かった。  
 翌日のタクシーの運転手さんによると! 中国からのツアーには、着物の貸し出しと着付けがセットのものが、多いんだそうです。
  化繊でペラペラの着物に半幅帯でも、着物を着たってことが楽しいのかな。  
 駅南口の新都ホテルが、今年4月から、都ホテル京都八条 ってお名前に変更するんですって。
  今回はこのホテルが新幹線とセットでした。 駅前でとっても便利。
 お夕食は、目の前の駅ビルの、いち藤さんへ。 京のおばんざい御膳 1300円 生麩に天ぷら、野菜のたいたん。
Img_6734
 はんなりと、美味しゅうございました(^ー^* )
十文字山は標高差430mで、伏見稲荷と合わせると750mでした。
あら、結構なハイキングじゃない!("⌒∇⌒")
   2月6日
昨日、コンビニで買った朝ごはんを頂いて、7時に出発。
地下鉄で、北大路へ。  
 行きたいお寺に行くには、一日2便しかない乗合ジャンボタクシーしかない。しかも、徒歩30分も手前の、坂の下までしか行かない(/_;)
それじゃ、帰りの新幹線に、間に合わないじゃん。
で、贅沢します。  
 志明院って知ってる?
Img_6743
 650年に、役の行者が草創って言われてるの。
そのあと、天皇の命を受けてお大師様が弘法大師が再興したって言う、ものすごく由緒あるお寺。    
 で、何が有名って・・・
『魑魅魍魎の最後の砦』って言われているの!
 司馬遼太郎も、妖怪について書いている。
ジブリのもののけ姫の構想にも繋がった、お寺でもあるんですって。  
Img_6739
 仁王門から先は、修験道の為、写真の撮影は禁止。  
雪が残って、雰囲気あります。
Img_6740
 奥の岩屋に、鴨川の源流があるんだよ。
そう言う重要ポイントだから、ここにお寺を建てたんでしょうね。  
 苔むして、とっても落ち着く、気持ちのいい場所でした。
魑魅魍魎の気配は、なかったよ~(*^_^*)  
 ただね、台風の影響て、飛竜の滝のお社や、桜天満宮の屋根が大々的に破損。
 ものすごい被害なのに、公共の支援は一切ないんですって【><。】
 ささやかながら復興の募金をしてきました。  
 待たせたタクシーで、護王神社へ。
Img_6761
 何を見たいかって言うとね・・・ かっこいい猪がたくさんいるのよ。
で、猪神社、とも言われているの。  
そしてここは、足腰守護のご利益があるんですって。腰のお守りがあるんです。
Img_6749
 清麻呂公が歩けなくなった時に、たくさんの猪が守ってくれて、足が治ったって謂れがあるの。腰が悪い友人にお守りを買って、向かいの京都御所へ。  
 はまぐり御門には、鉄砲の弾の後が残っているんだよ。
Img_6809
 京都は寒いかな~ って思ったけど、梅園の梅は、少しずつ咲きだしていました。
Img_6845
 寒い京都でも、春はすぐそこ。  
 超過密スケジュールだったけど、なんとか余裕持って、スケジュールがこなせた。
ふぅぅぅ~ ε= (*^o^*)   
 烏丸線って読める?
お姉さまが「カラスマルせんはどこ?」 って~("⌒∇⌒")  
 京都へ戻って、仕上げは、金沢まいもん寿司さんへ。
Img_6869
 お値段もよかったけど、お味は最高でした。  
 ゆっくりお土産を見て、13時の新幹線へ。  
すぐに北に見えた雪山は、比良山系の武奈ヶ岳辺りかな?
Img_6899
 新幹線とホテルがセットの、お買い得ツアーは、電車の時間が指定できないのが不便。  
 多分、一番人が少ない時間の列車を、割り振るんでしょうね。私にとっては、早めに帰れて、それはそれで嬉しいわ~(*^_^*)  
 
 お姉さま方、
せわしない観光&ハイキング、お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ  
 冬の京都は、予想に反して、とっても楽しめました。

« 竪破山(たつわれさん)と横根山  | トップページ | 猪鼻山(金時山) »

登山」カテゴリの記事

コメント

カメちゃん凄い!

楽しかった旅ありがとうございます。タクシーの件で心わずらわせごめんなさい(>_<)、病引き受けないでくださいませ!また、来年ヽ(^^)よろしくお願いいたします!

ななしさん
カメちゃんも今年80才のY姉様も、すごいですよ~。
この忙しいスケジュールをこなせるんだから!

チーねえさま
コメントありがとうございます。
ぜひまた、行きたいですね。
鞍馬山から貴船山!(^ー^* )

こんにちは!
京都へようこそいらっしゃいました。
おもてなしも出来なくて申し訳ございませんでした。
まさか、南禅寺から大文字山へ登られるとは思ってもいませんでした(>_<)
山ちゃんは銀閣寺から鹿ケ谷へ下る事が多いです。
登山道は沢山ありますから時間があれば大津や山科へも面白いですよ(^_-)-☆
護王神社の猪の御利益があるといいですね^^
因みに、京都愛宕神社の神使も猪で清麻呂公の謂れがあるんですよ。
「カラスマルせんはどこ?」よりも、烏丸丸太町を『カラス○○ふとまち』と呼んだ人がいますよ(@_@;)

山ちゃんさん
コメントありがとうございます。
南禅寺で探しても、大文字山への案内がなくて、めっちゃ不安でした。
それに、大文字山山頂にも、どこへ降りるかの案内が一つもなくて、京都の山って不親切~
って思っちゃいました。
倒木は、頑張ってよく片付けられていましたね。
>京都愛宕神社の神使も猪で清麻呂公の謂れがあるんですよ
そうなんですか。
そこって、一等三角点のお山?
カラスまるまるふとまち!
("⌒∇⌒") キャハハ
最高です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伏見稲荷と大文字山 志明院と護王神社:

« 竪破山(たつわれさん)と横根山  | トップページ | 猪鼻山(金時山) »