« 猪鼻山(金時山) | トップページ | 上田城と菅平と湯ノ丸山 »

2019年2月16日 (土)

福地山

 山友の一人が、「展望のいい山があるから行きたい」
って言ってきた。

 どの辺?
(・_・;)エー 高山市の山?
アクセスにどのくらいかかるの?
滅多に行きたい山を言わない山友だから、協力したいけど・・・
それで、行動時間が長かったら、日帰りは無理よね。

 行きたいのは、福地山、標高差は800mくらい。
でも、土曜日でマイナーな山だと、トレースはないかも。
マップタイムが4時間ちょいってことは、積雪状態によっては、6時間とかかかっちゃうかも?

「それ、今の時期に行きたいの? 無雪期じゃなくて?(^。^;) 」
うーん "( ' ' ;)
「山頂まで行けなくても、タイムリミットになったら戻るんでいい?」
この時期、中央高速が渋滞しないことが救いかな。

 登山口までは、渋滞なしで3時間ちょい。
今年は、どこのお山も積雪が少ないみたいで、松本付近も全然雪はなかったよ。
でも、福地温泉に近ずくと、本降りの雪。
Img_7189
 あ~、雪中行軍かぁ(^。^;)
 
 登山口は、積雪20センチくらいかな。これなら、時間切れにならずに、山頂まで行けるね。 エアリアマップの時間は、4時間10分になってる。この雪だから・・・私たちだと4時間くらいかな。

 ジグザグの登山道は、雪だと分かりにくいけど、数日前に数人が歩いたようなくぼみがある。雪は、サラサラで軽い。

 登るにつれて積雪が増えて・・・

東屋で甘酒を飲んで、行動食。
Img_7193
東屋には氷柱 そして、降る雪の勢いも変わらず。
Img_7196
憮然平は、石像が寒そう
Img_7199
途中、尾根コースを選んだら、なかなかの急登。でも、新雪だから、アイゼン無しで大丈夫。何とか、第三展望台にたどり着いた。

 槍や笠ヶ岳が見えるところなんだけど・・・
【T_T】
Img_7210
真っ白で何にも見えない。
Img_7211
小枝に結晶が伸びて、とってもきれい
Img_7219
(ノ°ο°)ノ オオオオ
雪が小降りになってきた。

 その先に、トレースっぽいくぼみがなくて、あれれ? 10mほど下に道があって、急斜面を下りる。

 標高1600mくらいから樹氷!
Img_7230
そして!
\(^o^)/ わーい
薄日が差してきたよ。
Img_7232
 福地山(1671,7m)
Img_7247
遠くまで来た甲斐があって、
雪と青空と樹氷 
Img_7245
三種の神器が楽しめたよ!
笠ヶ岳や槍は見えなかったけど、これで充分(*^_^*)v
Img_7249
積雪は50センチくらいかな。
Img_7248
 紫陽花の花柄にの結晶が
Img_7239
道幅が広い所は、雪を蹴散らしてガシガシ降りる。気持ちい~い(=●^0^●=)
Img_7252
 憮然平の石像は、お坊様かと思ったら…背広姿?
どなたかな?
Img_7255
土曜日なのに、途中で2人にすれ違っただけの、静かな雪山でした。

 下山後、登山口のすぐ裏にある、青ダルを見に寄る。
Img_7273
 青ダルって、福地温泉上流の、福地壁の氷柱群の事だって。絶壁の岩から、滴り落ちた水が、青い水の帯のように見えるんで、青ダルって呼ばれるらしい。

 で、それを真似て、温泉地が沢の水を利用して、観光客のために氷柱を作っているらしい。
Img_7261
だから、芦ヶ久保の氷柱とかに似てる。こっちの方が気温が低い分、青みがきれいかも~。

 せっかく福地温泉に来たから、温泉に入っていかない? で、近くの、奥飛騨ガーデンホテル焼岳へお立ちより(*'‐'*)

 露天風呂が7つもあって、エメラルド色の源泉は、混浴。でも、湯あみ着があるの。普通 湯あみ着って、女性だけじゃない? でも、ここは、ちゃんと殿方用の湯あみ着もあるの。殿方だって、その方がリラックスできるよね~。
Img_7185
 ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉で、メタケイ酸が通常の温泉の5倍だって。メタケイ酸って、肌の代謝を促進して、セラミドを整えてくれるんだって。湯上りに、顔にパシャパシャしちゃったよ。他だと、万座が、メタケイ酸が多いらしいよ。

 雪山で、行動食だけだったから、お腹がすいちゃった。海老のかき揚げ蕎麦を頂いて、帰路に。
Img_7278
 帰路の富士山
Img_7295
 週末だけど、小仏渋滞もなくて、お夕飯に間に合うように、帰宅できたよ。

 飛騨の雪山、樹氷もきれいで楽しかったです(=●^0^●=)

« 猪鼻山(金時山) | トップページ | 上田城と菅平と湯ノ丸山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福地山:

« 猪鼻山(金時山) | トップページ | 上田城と菅平と湯ノ丸山 »