« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

古峰ヶ原 横根山

 山のお花も半端だし・・・行き先がなかなか決まらなかったので~
じゃ、関東百名山でいい?
ってお願いして~(´ー`)

 ちょっと遠いけど、鹿沼の古峰ヶ原へ。
日光の、中禅寺湖の東側ね。

 日光開山の祖「勝道上人」が、修行したところなんですって。
珍しい傾斜湿原で、でも、猪とか増えて、きれいな湿原じゃなくなってきてる。
全国的に、よくある問題だよね。

Img_8666

 幅の広いハイキング道で、ツツジの時期がお勧めらしい。
あれ?
今朝、雪が降ったの?
地面が白い。

Img_8674
大きな石が散乱している「天狗の庭」の先に、赤テープがあって、バリルートみたいな感じで三角点へ。
古峰ヶ原(1377,9m)

Img_8678
展望はありません。

\(^o^)/ わーい

雪道 雪道~♪~

Img_8682     

 

その先に、大きな岩を積み重ねた「三枚石」があって、

Img_8686

こちらは、立派なお社があります。

 その先くらいから、牧場が広がっていて、車で来れるみたい。
とにかくヤマツツジが素晴らしいみたいだから、お近くの方はいかがですか?
5月中旬くらいが最盛期かな。

 湿原に戻って、とろろ昆布うどんをみんなに配ったよ(*^_^*)
寒い時は、暖かいおうどんは美味しいでしょう?
お湯も、おうどんも、車に置いてったから、楽~("⌒∇⌒")

 Img_8690

 車で、前日光ハイランドホテルまで移動。

Img_8691
前日光ハイランドホテルは、冬季閉鎖。
牧場の売店で、チーズを買おうと思っていたんだけど・・・
うーん "( ' ' ;) 残念。
 
 ここから、牧場を見ながら、もう一座ハイキング。
あれれ~、雪が降ってきた(;>_<;)

 横根山(1372,9m)は、全く展望がない。
でも、二等三角点峰なの。

 

Img_8694
昔は眺めがいい場所だったのかな。
東屋があるんで、雨宿り(雪宿り?)しながら、甘酒タイム(*^_^*)v

 Img_8699

 

今日、雪に降られるとは思わなかった。
週末会、先週の畦が丸に続いて、雪山歩きです。

 車に戻ったとたん、雪が激しくなって!
うっわ、いいタイミング。

Img_8709
お荷物放り込んで、あわてて車の中へ。

 標高が下がると、あれれ(?+_+)
いいお天気じゃない。
古峰神社へお参りして・・・

Img_8717
本殿が茅葺屋根で、彫り物も素晴らしい、とっても見応えのある神社でした。 

 下山して、道の駅でチーズやお野菜を購入。

 途中、けあらし みたいな~
降った雨が、急激な気温上昇で、田んぼから真っ白な湯気が立ち上がる
とっても不思議な光景を見ました。

Img_8736
 今日は、こんなお天気だったから?
高速も、あまり渋滞しないで、帰宅できました。

 帰宅したら、近所の桜並木が最高

Img_8738

2019年3月19日 (火)

高ドッキョウ

 1月に、山梨百名山の貫ヶ岳へ登った。
雨の中を歩いたのに、展望所へ着いたら富士山に付いていた雲がどいて、感動的な眺めでしたっけ。
この辺りはヒルがいるから、寒いうちに行っておきたい。
 今日は、静岡集合で、貫ヶ岳のすぐお隣の、高ドッキョウに登ります。
徳間峠から歩こうと思っていたら、数年前 道が崩壊したんだって。
歩く人が少なくなって、川にかかった橋も腐って、通行困難らしい(;´o`)
尾根も崩れて、超痩せ尾根ですって。
その上、最近歩いた人の記録だと、斜面が倒木群だらけで、登山道が無くなって、高巻いたり冷や汗ものだって。
ありゃりゃ。
徳間峠ルートは中止だ。
 静岡のマイフレさんにおねだりして、レンタカーを借りておいて頂いた。
 で、貫ヶ岳の時と同じ、車で樽峠登山口へ。
300mほど登ったら、樽峠。
 沢を渡る時、\(^o^)/ わー
ハナネコノメ!

まだつぼみの子がいっぱい。
ハシリドコロも咲いて、春ですね~。
 峠から、1月は東の貫ヶ岳へ行きました。
今回は、西へ。
地味なアップダウンを繰り返して、標高978mピーク。
今日は結構気温が高くて、姉さま方、お顔に汗をかいているので、塩タブレットを配ってお水休憩。
 
 おや、こんなとこ、あったっけ?
めっちゃ痩せ尾根が何度かあった。
Img_8217
ゆっくりでいいから、気を付けてね~(;´o`)ノ
 登山道から、ちょっとだけ左にそれると、明るい展望所。
清水港が見えてます。

今日は、ここでランチ・・・
っと、思ていたけど、満腹で山頂直下の急登100mは、きついかも。
 あと40分くらいだから、頑張ってね~。
根っこにつかまるような、急斜面が何度か。
 もう一度ニセピークを越えると、
最後にジグザグの急登りで、高ドッキョウ(1133,2m)
Pちゃんお初の、山梨百名山です。
これで・・・80座くらいかな?(´ー`)
 今日は、富士山の頭に、ずっと笠雲が付いているんだけど、笠が少し薄くなってきた。
毛無山には、まだ雪が。
 富士山を見ながら、無風でポカポカの山頂でランチ(* ̄∇ ̄*)
 さて、下山。

と言っても、結構登りがありますねぇ。
 今回、蛭対策として、登山靴と山ズボンの間に、ストッキングをかぶせて歩いた。
もし蛭が居たら、塩水かハッカ油をスプレーするんだけど・・・
今日は気温が低めだったから、気配もなかったよ。
よかった(;-_-) =3 ふぅ~
 行きにつぼみだったハナネコのつぼみが(*^_^*)v
可愛く開いてました。
 群生してましたよ~
眼福眼福~
(=●^0^●=)v
 道の駅に寄って、鮎の塩焼きと菜花をお買い求め~。
 静岡でレンタカーを返して、。
ちょっと時間が遅いけど・・・
今日は、お夕飯を作ってあるので(*^_^*)v
駅ビル アスティーのお寿司屋さんへ。
 マイフレ様、運転お疲れ様でした。
乾杯(=^O^=)o□ プハァ
 
 鮮度のいい美味しいお寿司を頂きました。
Img_8286
 ん~(=●^0^●=)v
おいひい~♪~
 お姉さま方、ごちそうさまでした(/・0・) 
 で、18時55分帰宅。
新幹線は、早いからありがたいわぁ。
 道の駅で買った鮎の塩焼きと菜花の胡麻和え
美味しかったです

2019年3月16日 (土)

伊豆ヶ岳~武川岳 ザゼンソウ群落地 浅見茶屋

 次、どこに行きたい?
って話してたら、二人が伊豆が岳に行ったことがないんですって!
え~( °o° ) そうなの~?
 あら、時期的に、ザゼンソウが見られるんじゃないの?
じゃ、元気プラザに車を停めよう。
 近場のお山は、アクセスが楽~。
八王子から、車だと1時間で行けちゃうんだね。
でも・・・
土曜日は、雪予報(;>_<;)
日曜日は用があるから、仕方ない。
 まずは、元気プラザから、山友二人が未踏の伊豆が岳へ。
何人も落ちて怪我して、一時はバリバリにロープが張ってあった男坂。
今は、トラロープと警告文。
Img_8098
 この辺の岩、チャートでできてるんですって
Img_8099
 雪が降っていたら、女坂で登ろうと思っていたんだけど、予報に反して日が出てるじゃない\(^o^)/
 じゃ、久々に楽しい鎖場ね~(´ー`)
 
 鎖は2段になっていて
Img_8102
 乾徳の最後の鎖の倍くらいかしら。
楽しそうに登る山友たち
Img_8104
 最初が登りにくいのは、乾徳と同じかも~。
踊り場の上も同じような岩。
Img_8105
 変な位置に鎖があるな。
って思ったら、鎖を付けた木が倒れてる。
Img_8109
 
 ツツジの時期は、なかなかきれいなのよね。ここ。
振り返ると、堂平や秩父七峰辺りが見えている。
白いのは奥多摩の長沢背稜辺りかな。
Img_8114  
 斜度が緩んで、根っこの急登があって、岩壁があって、ここは、左に巻くと怖いんで、真ん中を登ります。
Img_8111
 こんな風に
Img_8112
 
 登山道に出るところにも、注意喚起がある。
落石で怪我することが多いから、女坂で降りなさいって。
登って来ちゃったから、ロープは跨いで~
Img_8116
 そこからすぐに、伊豆ヶ岳山頂(850,9m)
Img_8118
 火曜会では、お気に入りの東尾根から、続けて2度登りましたね~。
東尾根は、ほんの少しだけどイワウチワが咲くよ。
 さて、じゃ、西に降りましょう。
 倒木群もあり、これは秋の台風のせいかな
Img_8119
 山伏峠へ降りて、西に登り返して
Img_8121
こちらは、前岳川まで、地味にきついね。
振り向くと、さっきいた伊豆ヶ岳、矢印は鎖場辺りかな。
Img_8124
 武川岳(1052m)
Img_8129
ますます木が伸びて、眺望が少なくなっちゃってますね。
 下山路は、林道に出てから、林道が増殖していてちょっと分かりにくい。
Img_8132
車道へ出たところから、車まで3分。
2座登っても、累計標高差800mでした。
 
 さて、松枝のザゼンソウ群生地は、ちょっと分かりにくい。
表通りから1本車で入って・・・
Img_8134
あれれ? 咲いてない~(/_;)
Img_8135
 ザゼンソウは、お坊さんが袈裟を着て座禅を組んだ形に似ているところからつけられたお名前。
Img_8151
だけど、ミズバショウの黒バージョンって感じで、サトイモ科だから、猪の大好物。
猪が増えると、あちこち絶滅の危機(;´o`)
 松枝の集落の近くと、初花の車道沿いに、それぞれ案内が出ています。
Img_8152梅が満開
Img_8153
横瀬川の近くに、ぽつんぽつんとお顔を出していました。
猪と・・・人間避け? の柵があります。
Img_8143
 久々に、福寿草とザゼンソウを見ましたね~。
Img_8147 農家さんのお庭で福寿草も見られて
Img_8138
満足満足(*^_^*)v
 さて、今日は雨か雪の予報だったから、お山でお昼が食べられないと思てた。。
で、浅見茶屋でおうどんの予定。
そうしたら、一昨日だったか、マイフレさんがハイキングで浅見茶屋へ来ていて、びっくりでした。
 
 橋を渡ったら、梅並木がきれい!
Img_8155
土曜日なのでそこそこ人が入っていて、
Img_8157
 あら、お雛様がきれいよ。
Img_8159_2
 寒いこんな日は、肉汁釜揚げうどんが、美味しいよね。
Img_8159
 芯から暖まって、早い時間に八王子へ。
来月の指定席を取って、早めの帰宅。
 
 来月から、あずさが全席指定になるんだよ。
GWや週末は、指定席通路にも、ギュウギュウに人が立つほど混むあずさ。
全席指定って・・・実質すごい値上げ。
指定席料金を払って、座れないって、ちょっとおかしくない?
しかも、その指定席料金は、510円から750円になるみたい。
 座席未指定指定席特急券って言うのもあるらしいけど・・・
それだと、指定を取った人が後から乗り込んでくると、席を譲らなきゃならないらしい。
しかも、値段は同じ!
 お山の帰りって、時間が多少ずれるから、あらかじめ指定を取っちゃうのってリスキーだし・・・
かと言って、座っていても、指定席を取った人が来たら、譲らなきゃいけないシステムって(;>_<;)
どうすりゃいいのよ、って感じ~。
 JRさん、値上げなら値上げで仕方ないから、自由席は残してよ!
(-_-x)
 久々の奥武蔵の山でした( ´ ▽` )ノ

2019年3月10日 (日)

妻籠宿 南木曾岳

 今年は、日帰り圏は雪が少なくて、なかなか雪遊びができない。
うーん "( ' ' ;)
どこ行こうか?
 
 母の田舎のお山だから、風越山は何度か登っている。
子供の頃に、母と登った、唯一のお山。
 そして、去年の夏の終わり、エイに刺された後に、糸瀬山に登った。
帰りに急に、足が腫れてきて、びっくりしたっけ。
 あの時、おっとっとみたいに腫れた右足は、今でも、たまにビリビリっと痛い。その思い出の糸瀬山。
 木曽三山は、風越山と糸瀬山と、南木曾岳。
南木曾岳は、登っていませんねぇ~。
 
 ってことで(*^_^*)v
4人一致で、
南木曾岳へ行こう!
ってことになった。
 いつもの集合時間より早い、始発で集合ってことに。
 うーん "( ' ' ;)
 妻籠宿だと、泊まってみたい宿があるんだ。
直前なのでダメもとでお宿へ聞いたら、空いてるって!(*^_^*)v
南木曽駅から、タクシーなら10分。
 『私は、前日に行っててもいい?日曜日にピックアップしてくれたら、頭割りの  往復の高速代とガソリン代を出すから』
 
 やったぁ~(*^_^*)v  
新幹線で名古屋に出て、ワイドビュー信濃で、1時間。
泊まってみたかったのは、古民家民宿つたむらや
 
 昭和63年に、秋篠宮文仁親王と川島紀子様が
お泊りになったお宿なんですって。
秋篠宮様が、ご結婚される前の学生時代に、大勢の学友と一緒に宿泊された宿らしい。
 まぁ、それで泊まりたかったわけじゃないんだ。
 
 田舎の家 ではなく 昔の家に、お泊りください。
って言う、ネットのフレーズが気になっていたの。
 信州サーモン・ヤマメ・岩魚・紅鱒を養殖してて
妻籠・大妻籠の宿から、お魚を注文に応じて出荷しているんですって。
 
 さて、ワイドビュー信濃を南木曽で下りて、妻籠宿へ。
うん! すてき~♪~(* ̄∇ ̄*)
 時代劇に出てくる宿場のような、雰囲気のあるお家だわ。
Img_7848
 
 お部屋に入ったら、時代物の衣桁もある。
お兄さんが
「ここは卯建(うだつ)の出入り口です。頭に注意してください」
って。
うだつが上がる って言う言葉の語源のうだつ 中はこうなってるんだ!
 「うだつ」って防火壁のこと。
お隣さんとの境に造ったんだけど、結構費用が掛かるみたい。
裕福でないと造ることが出来なかったから、うだつを作れる家は、うだつが上がる って言われて、
お大臣な家 って思われたみたい。
この古民家は、そこを抜いて、増築しているから、ウダツ部分がかがまないと通れないの。
 
 囲炉裏には薪がくべられて、ぱちぱち音を立てて燃えてて・・・
先週末の、マイフレさんの別荘も薪ストーブだったけど、大きな炎って、本当に癒される~。
 
 時間が早いし、馬籠宿へ行く途中の峠まで、往復1時間くらいって聞いて、行ってみた。
途中の男滝女滝を見学。
Img_7833
 旧中山道は、以前写真をアップした時にマイフレさんが
ニュースでアナウンサーが 一日中山道(いちにちじゅうやまみち)って読んだって、コメントしてくれた。
確かに、読めないことはない("⌒∇⌒") キャハハ
Img_7851
 その、一日中山道(山頭火の『分け入っても分け入っても山』みたいだね)
ちょっと歩いてみたいじゃない。
 箱根旧街道は、石畳がめっちゃ滑るけど~
ここは新しくなっていて、石畳じゃないところも幅が広くて歩きやすい。
 
 ひとっきりゆるく登ると、馬籠峠(801m)
Img_7842
 峠に、時代劇に使えそうな峠の茶屋がある。
Img_7838
お茶と五平餅2本にお漬物もついて400円。
Img_7841
 頂いていたら、海外のグループ20人くらいと、同じく海外のご夫婦?が通る。おかみさんに聞いたら、8割がたが、海外からの観光客ですって!(ノ°ο°)ノ
 ゴー ヘイ! 餅 ( ・◇・)???
Img_7839
 
 戻って、お宿を通り過ぎて、妻籠宿へ。
 お天気の土曜日なのに、人が少ない。
Img_7853
 あとで聞いたら、3月下旬くらいから、ぼちぼち観光客が増えるそうです。
 本陣、脇本陣や、観光協会へ寄って、
ここで、SABOカードを頂く。
Img_7856
 マンホールカードやダムカードは知っていたけど、SABOカードは初めて。梨沢第二砂防堰堤の写真と説明付きです。
 お雛様の展示が面白い
Img_7861
 
 下の方のお雛様を見ると、三人官女が百人一首をしていたり 
Img_7864
 
 右大臣が官女に・・・・セクハラ?(ノ°ο°)ノ  
Img_7863
 
 誰が考えたのかしら?
とっても面白かったよ。
 
 さて、お宿へ帰って、檜のお風呂へ入って~
 
 こういうお宿で、一人でいるのも好きなんだけど・・・
 今日は、私の他に、お1人様の男女、一名ずつしかいないんですって。
「御夕食は、ご一緒にいろりでお召し上がりで、いいですか?」
って言ってくださった。
 
 袖触れ合うも、多生の縁(´ー`)
で、その方々と、いろり端で同席。
一人の時は、こう言うふれあいも、楽しいね。
 
 天子(アマゴ)の塩焼き、山菜のてんぷら、信州サーモンのお刺身。
白和えに煮物 それに、お蕎麦と信州サーモンのアラ汁。
ヘルシーで美味しい。
 どぶろくがついていて、これ、甘酒みたいで飲みやす~い(*^_^*)v
Img_7869
 お食事のあとも、古民家好き、温泉好きな女性と、いろりでお話が盛り上がっちゃいました。
 好きだなぁ、古民家。
この匂いが、落ち着くのよね。
 これは・・・
高校から大学まで手伝った、大岳小屋の影響かも知れない。
 
 
 3月10日
 ゆっくり朝食を頂いて、山友にピックアップしてもらって~。
登山口は、妻籠宿から15分。
Img_7872
 登山道は急で狭くて、木でできたハシゴが数十もある。
Img_7889
 この登山道の整備は、地元の方が毎週ボランティアでなさってるんですって。頭が下がります(゜゜)(。。)
 途中から雪が出てきて、でも、梯子に雪が7乗っていないのでありがたい。
Img_7893
 
 高野槙の森が素敵
Img_7886
 
 南木曽岳の山頂(1676,9m)は、林の中で展望はないの。
二等三角点、点名『南木曾』
Img_7907
 頂上らしくない場所。
 でも、この辺り、急に積雪が増えて、雪山気分を楽しめました。
 Img_7916
 
 途中、トイレのある立派な避難小屋があった。
Img_7921
 ここで山友が!
 お誕生ケーキを出してくれた。
Img_7871
 
 こんなの持ってくるの、大変だったでしょう(j o j)
ありがとう。
 
 笹の原の展望台からは、残念ながら、御嶽も乗鞍も、北アルプスも、中央アルプスもみんな裾だけが分かります。
 南アルプス最南部の、安平路山と、摺古木山が、すぐ近くでいい感じ。
Img_7931
 急斜度の登り下りのあと、雪のついたハシゴもあって~
Img_7946
 で、ちょっと寄り道で、摩利支天。
 ここは、気持ちのいい展望台。
雄大な御嶽山が、見えるらしいけど・・・
残念ながら、頭にちょこんと雲を付けた恵那山が見えるだけ。
Img_7944
あの向こうは、名古屋かな。
 
 ここまで、気持の良い稜線歩きで、ちょっと大菩薩とも感じが似てる。
Img_7935
 一方通行の周回路なので、ここから急勾配の下りになる。
 長い木のハシゴがいくつも、いくつも、いくつも・・・
Img_7950
 あって、楽しめます(*^_^*)v
Img_7951
 しかも、たくさんあるハシゴがすべて木製。
味があるねぇ。
整備の方々に感謝です。
 帰路に協賛金入れに、お手紙も入れてきました。
Img_7963_2
 
 お天気がもって、雪が少ないベストコンデジションだったので、早めに下山できました。
 
 木曽路と言えばお蕎麦。
足利で十割蕎麦が美味しかったから、今日も十割蕎麦を、おやつに頂きました。
Img_7968
 中央高速は、まぁまぁ空いてたけど・・・
 
 行きは、自宅から3時間だったけど、帰りは4時間半。
でも、高速+ガソリン代の均等割りで、料金は行きの、新幹線+特急の1/4でした。
 
 ちなみに、木曽三山は、風越山・糸瀬山・南木曾岳
木曽三岳は、木曽駒・御嶽山と、この南木曾岳 
この南木曾岳だけが、三山と三岳、ダブル登場です。
 
 近かったらまた来たい、楽しいお山でした( ´ ▽` )ノ
 帰宅して、ザックを投げ出して、お夕飯の支度。
お土産に買って来たアマゴの甘露煮と、芥子菜と野沢菜のサラダ 
チヂミほうれん草の胡麻和えの簡単なお夕食。
頂きました。
 
 マイフレさんが、お誕生祝に送ってくれたトマトと、トマトサラダ用味噌ドレッシング、大変美味しゅうございました。
Img_8003

2019年3月 6日 (水)

 大平山~晃石山 行道山~織姫神社

 ひと月ほど前、

「今年の沙羅さんの、お誕生山行はいつですか? 水曜日に予定を入れたいので、早めに教えて欲しいの」
って、お姉さまから聞かれた~。

 3月12日は、お姉さまお二人が、ツアーで小笠原へ行く予定。
じゃ、月初めにしましょうか。

 さて~
毎年悩む、私が行きたい山。

 うーん "( ' ' ;)

 そうだ!('o'=)
関東百名山で、まだ登っていなくて、公共機関でアクセスできるところ。
で、足利行道山に決めた。
泊るところを調べたら、足利はゲストハウスがありました。

 では、一日目のお山は・・・

 北千住発の東武線特急『きぬ』で、栃木まで行く。
駅前で全員集合。みなさんはJRでいらしたみたい。
土地勘のない集合場所は、ハードル高いですよね。
みんなの家の場所が、神奈川・東京都・埼玉とバラバラだから、手前で集合できないのよね~(´。`;)

 栃木駅からバスに乗って、国学院前で降りる。
私が、中学から大学まで通った渋谷の学校は、斜め前が国学院だった。
栃木にも、あるのね~。

 マンサクが咲いている

Img_7683
 大学の先から、階段続きで大平山神社へ。

Img_7686
桜の時期は、めちゃ混みになります。
階段は約900段。
神社の脇には、有名な卵焼き!
放し飼いの鶏の卵だそうです。
ちょっと甘い目の卵焼きに大根おろしを乗せて頂きます。

Img_7689
眺望のいい場所なんだけど、今日は霞んでるね~。

 神社からは、標高差70mほどで、大平山(341m)

 鉄塔ピークとミニピークを通過して、
あら、大勢が何かやってる?
見に行くと、パラグライダーの離陸場でした。

Img_7691
これから上昇気流をつかまえて、古賀志山まで行くんですって('o'=)
ものすごく遠いんですけど!

 晃石山(419,1m)
ここは、一等三角点ハンターには、人気の場所なんだよ。

 普通 三角標石の頭には、+って彫ってあるでしょ。
それがOなのは千葉の房の大山、そして×になっているのが南アルプスの南端の黒法師。
で、晃石は、なんで有名かって言うと・・・

 三角点標石って、サイズが決まっているの。
四等は12㎝、三等、2等は15㎝ そして一等は18㎝。
でも、明治13年に測量された、この晃石山の一等三角点は、一辺が21㎝。

Img_7694
そんなサイズは、ここだけ~。

 なんででしょうね~。
石工屋さんが間違えた?
発注を間違えた?
今じゃ、誰も分からない。

 ここで、ランチ。
21センチの三角点標石は、座り心地のいい、小さめ椅子サイズです("⌒∇⌒")

 先週、お姉さま方から
「沙羅さんの誕生日に、ケーキをって思うんだけど、本人に頼むのも…あれなんで…」
って言う、なぞかけ。
「あれなんで」って・・・ ε= (*^o^*)

「いいですよ~。私が持って行きましょうか?」
「そうしてくれる?ごめんなさいね~」って~。
ケーキって、背負うのにすっごく気を使うし、重いしねぇ。
Img_7696
 でも、自分のお誕生ケーキだから・・・
お安い軽いやつで、楽しちゃいましょ("⌒∇⌒") キャハハ
ランチのデザートは、ミスドのクリスプショコラ。
ケーキっぽいでしょ?
自分で、ロウソクもライターも、背負って行きましたよ!
自作自演ってか~("⌒∇⌒") キャハハ

 はい、沙羅ちゃん、お誕生日おめでとう(*^_^*)

 ふと空を見上げたら
(ノ°ο°)ノ オオオオ
たくさんのパラグライダー!
どんどん上がってる。
「ヤッホー!」
って叫んだら
「おーい!」
ってお返事が返ってきた。
さっき話をしたおばさんたちだな って分かったんじゃないかしら。
青空に、トンビがくるりと輪を描いて・・・
いる近くを、パラグライダーが輪を描いている。
などかな眺め~。

Img_7703
でも、寒そうよね。
さ、そろそろ行きましょうか!

 霞んでいるけど、白い皇海山や女峰山がかすかに見えたよ。

Img_7705

 尾根をアップダウンして、馬不入山(345m)

Img_7713
うまいらず って読みます。
漢詩みたいな名前ですね。

 東北大震災前までは、ここから岩舟山まで縦走できたんだけど・・・
震災の数日後、採石で薄くなっていた尾根が、ドドーンと崩れて、尾根がなくなっちゃったの。

Img_7720
きっかけは地震だけど、両側から砕石して、ぺらっぺらな尾根になってたから、人災よね。

 で、馬不入山から南に降りて、車道を歩いて、

岩舟石の資料館へ。

Img_7723

 富士山浅間神社の鳥居は、ここの石でできているんですって。

Img_7722

岩舟駅へ。
ここ、カタクリで有名な、三毳山の近くです。

 電車で足利へ移動。

 駅から徒歩10分ほどで、ゲストハウス松香庵。
国登録有形文化財の松村記念館の、敷地の端っこにあるんだよ。
古民家風で、新しい二段ベッドのお部屋です。

 隣は足利学校

Img_7729

 うらは鑁阿寺って言う立地。

Img_7731

 素泊り2500円は、お安いですね~(*^_^*)v

リビングルームに二段ベッドルーム、キッチンにバスルーム
なかなか広くてゆったりしてて、火曜会だけのお貸し切り~

(*^_^*)v

Img_7747
 明るいうちに、1196年建立の鑁阿寺を見て、樹齢550年の大イチョウも見て、

Img_7733
つぶれてしまった映画館とかを見て・・・

Img_7735
味わいのある銭湯、花の湯へ。

Img_7736

350円だよ~。
レトロでいい感じ。

Img_7738
でも、めっちゃ熱湯。
薪で焚いているんですって。

 いったん戻って、釜飯やさんでお夕飯。

お刺身に 焼き鳥に サラダ

Img_7740
九州産新筍の釜めしと、五目釜飯を4人で分けて、

Img_7742
おこげが!何とも言えず、大変美味しゅうございました。
お姉さま方、ごちそうさまでした(/・0・) 


 3月6日
昨日コンビニで買った朝食を頂いて、
7時半に、予約のタクシーに乗って、浄因寺へ。

 ここから奥の院までは、階段続きで標高差100m!

Img_7753
約500段。なかなか、登りごたえがあります。
関東の高野山って言われているんですって。
713年建立って言うから、鑁阿寺よりずっと古いんだ( °o° )

 階段の登り初めから、たくさんの石仏がお出迎え。
3万3千体って言われてる。
でもね、今は管理する方がいらっしゃらないお寺なの(/_;)
そのうち、荒れ果ててしまうのかな【T_T】

 あと、有名なのが、巨石の上の建物へ渡るための空中橋『天高橋』
葛飾北斎が『足利行道山雲のかけ橋』って、描いてるんですって。
Img_7754
 西向きに寝ている、寝釈迦さまもおわします。

Img_7762
 ちょっと岩々で、お姉さま方の歩く姿がかっこいい!

Img_7767

 結構な急坂で尾根に出て、ちょっと南へ登ると、

Img_7770

足利行道山(441,1m)

Img_7768
 今日も曇りで、景色はちょっと残念。
でも、気持ちのいい尾根歩きです。

 尾根伝いに南へ歩くと、大岩の下に、毘沙門天があります。
平安時代に作られてんですって!

Img_7773
 日本三大毘沙門天で、大勢で大声で悪口(あくたい)をつく アクタイ祭りが有名ですって。
ニュースで見たことがあるわ。
アクタイを付くことで悪を退散させるんですって。

 車道とぶつかっては横断したり、しばらく車道を歩いたり、分岐は多い。

 北関東自動車道の大岩トンネル

Img_7780

 いくつもアップダウンして、両崖山(251m)まで下りると、足利城址って書いてあった。

Img_7784
 ここでおやつタイム

Img_7786

 ちょっと岩々で面白い登山道

Img_7790

尾根の右に、大きな梅園が見えてきて、香りが、尾根の上まで届いてくる。

Img_7789

もう、すぐ横に住宅街が迫って来る。

 南へ南へ 尾根続きに歩くと、いつの間にか織姫公園へ。
織姫山(118,2m)の山頂には機神古墳がある。
古墳だから立ち入り禁止で、三角点は撮れなかった(;>_<;)

 ここのレストランのお蕎麦が評判。
ちい姉さまは、お蕎麦がお好きだし、今日のランチはここにしよう。って決めてたの。

 食べ比べって言う、二八蕎麦と十割蕎麦の食べ比べセットと、
胡麻豆乳豆腐と卵焼きと天ぷら・コーヒー付きのレディースセットを分けっこ。
器がいいのと、安納芋の天ぷらが、デザートに最高!

Img_7794
こちらのお蕎麦、感動的に美味しいです。
そして、足利市街を見下ろす展望も最高。

 昨日入った銭湯、花の湯の前を通って、お宿へ。
ゲストハウスの方に、今日は1時ごろ下山 って言ったら、
「それまで鍵を持ってていいよ」って!
だから、お山に不必要なお泊り荷物とかは、みんな置いていけたの。
これはありがたいですね~。
そして、お着替えて荷作りして、お茶を飲んでから、鍵を返したの。
なんてありがたいお宿かしら。
しかも、1泊2500円!
お礼を一筆、書いてきました。

 JRは足利で、東武線は足利駅 って言うのね。
行きは東武線だったけど、お姉さま方がJRなので、私も帰りはJRにしました。大宮で乗り換えの時、
噂に聞くMue-trainが! 

ドクターイエローよりレアな、在来線の研究開発試験車に遭えました\('o'=) /  

 お姉さま方、宿泊費や交通費、飲食代など、本当にありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ

2019年3月 2日 (土)

蔵王 青麻山~あけら山

 去年の1月末に、蔵王のモンスターを見に行ったんだけど・・・ 
 行きの、山形行き新幹線が、東京駅では途中で乗り継げるって放送していたのに、積雪のため欠便。
仙台から仙山線を乗り継いで、ものすごく遅くなっちゃって~
吹雪の中を少し歩いて、時間切れで下山した。
それなのに、間に合うはずだった新幹線も出なくて【T_T】
駅前ビジホで、泊まるはめになっちゃったの。
 その話をしたら、山形のマイフレさんの奥様が、
「来年は、家でゆっくり泊まって、蔵王にご一緒しましょうよ」
って、言ってくださって・・・
去年から、いつ頃来るのかって~("⌒∇⌒")
 前もって、日にちを決めてお願いすると、お天気が分からない。
新幹線の指定とか取っちゃって・・・
あとは、去年の二の舞にならないように、祈るだけ~。
ただ、一日目に無理なら、お泊りだから二日目も行ける(*^_^*)v
 改札に、奥様が待っていてくれて、駅前のマイフレさんの車へ。仙台はお天気だけど、蔵王の上に雲が付いていて、ちょっと心配(;´o`)
 蔵王大権現の大鳥居をくぐって
Img_7550
 すみかわスノーパークから、雪上車に乗り換える。
Img_7553
 今年は、どこも雪が少ない。
モンスターが見られるか心配して、雪上車に乗る前に受け付けで聞いた。そうしたら、先週2回も雨が降ったですって!【><。】 2月に雨なんて、初めてだって! 
 標高1100mから、雪上車でどんどん登って~車の中は暖かくて、すっごく快適(*^_^*)v
この揺れ・・・
眠気を誘います("⌒∇⌒") キャハハ
 
 で、雪上車で1時間
本来モンスター地帯のところが・・・
ない(;>_<;)  
標高1600mくらいの樹氷原のモンスター、みんな雨で、雪が落ちちゃったらしい。
 で、蔵王刈田岳の頂上直下まで、雪上車で登る。
 そうよね。
宮城蔵王の樹氷めぐり ってうたっているのに、樹氷が見せられないと、不評でしょうからね。
 
 でも、雪上車を下りたら、地吹雪で、20mくらい先が真っ黒。近くのモンスターを撮る。
Img_7573
モンスター 中身はアオモリトドマツなの。
Img_7603
加冷却水が木について、まずエビの尻尾みたいなのができるでしょ。
その隙間に雪が積もって、少しずつ大きくなって、モンスターが出来上がるんだよ。
蔵王とか、森吉とか、モンスターが見られるお山って、結構限られるんだよね。
マイフレさんは、月末に、八甲田山で素晴らしい青空と樹氷を見てらした。ちょっとうらやましいなぁ。
 去年に続いて、何にも見えないのかぁ~。
と思っていたら、少し雲が動いて明るくなって、刈田岳の神社が見えて来た。
Img_7605
烏帽子岳や、数年前お姉さま方と登った屏風岳もかすかに。
Img_7595ちょっと日が当たって来たし~
Img_7607
 うん、これで良しとしよう。(*^_^*)v
 フリータイムの後、また雪上車で下山。
左は蔵王が噴火した時の溶岩だって。
Img_7610
 お天気なら、樹氷原から歩いて下山しようか、と思っていたから・・・
 時間が余っちゃった。
で、ご近所の狐牧場へ連れて行って頂きました。
Img_7618
 受付で
「後ろからキツネがついて来ても、逃げてはいけません」とか、
「顔の前に手を出してはいけません。噛まれます」って、色々説明受けて、
事故があっても一切責任は取りません。
って~( °o°; )
Img_7626
でも、最近ここ、人気らしい。
エキノコックスは心配ないって。
Img_7625
手作り感 満載の狐牧場でした。
Img_7638
 そして、マイフレさんの別荘へ。
 大きな暖炉があって、なんと、温泉付きの別荘ですよ~。
お姉さま方とも、お邪魔したことがあります。
Img_7639
 今回は、奥様もご一緒だから、奥様の手料理かな。お手伝いしなきゃ~。
と思っていたら、奥様は座ってしゃべりしっぱなし。
で、マイフレさんが、色々用意してくださった('o'=)
 
 こんなマメな、旦那さん うらやましいなぁ。と思いつつ、色々 愚痴を聞く。時々うちの夫の話も交える。
「信じられないわ よっぐ 我慢でぎるなぁ」
って~("⌒∇⌒")
 世の中の夫婦。
力関係が平等 って言うのは、滅多にないみたいですね。だいたいは、どちらかが大人で、達観して折れている感じ?
 大人な皆様、私たちは仲間よ、同志よ!
こうやって、夫婦は長年連れ添うのね。
 暖炉の炎で、奥様の愚痴が続く~(´ー`;)
 3月2日
今日は、本来予備日。
昨日、樹氷をしっかり見られたから、今日はのんびり、温泉を楽しませて頂く。
 奥さまに、別荘の片付けをおまかせして、近くの里山へ。標高差は700m。
Img_7641
 青麻山と書いて、アオソ って読みます。
マイフレさんは、子供さんを自然の中で遊ばせる会のボランティアをなさっている。で、毎年このお山へ来るんですって。結構な急坂を、ジグザグ登って、青麻山(799,9m)
Img_7645
 蔵王の遥拝山だそうだから、展望を期待したけど、木が伸びて、ほとんど見えない~。
 屏風岳
Img_7647
刈田岳付近
Img_7660
  マイフレさんは、ここまでしか、いらしたことがないって。
すぐ西の、あけら山まで、70m下って、100m登る。
途中、アイスバーンで、結構ビビる~(^。^;)
Img_7651 あけら山(820m)石碑にあけら山 って書いてあります
Img_7654眺望は無し
Img_7652急斜度を青麻山へ登り返して 山頂の3本の杉と檜が近づいて来た
Img_7655
  汗だくになったけど、楽しかったね(*^_^*)v
 
  仙台まで送って頂いて、
途中からの青麻山と右があけら山
Img_7672
 はやぶさに乗りました。
お昼の時間がなかったから、3時ごろ新幹線でお弁当。
おかずの種類が多くて楽しめました!
Img_7676
 マイフレさん、奥さま、色々お世話になりました。
ありがとうございます( ´ ▽` )ノ
 ちょこっと青空と、ちびモンスターが見られて、よかったぁ~。
(=●^0^●=)v

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »