« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月29日 (月)

三陸鉄道 五葉山 遠野 万寿山

 GW最初の3日、夫が九州へ行くって。
\(^o^)/ わ~
じゃ、ご飯の心配しないで、遠くへ行けるじゃん。

 週末会の山友たちは、中央高速を使ってのお山に行きたいそうで・・・
(≧◇≦)ヒエーーー!
渋滞、すごいだろうな。
「ごめんなさい。月末のお山、抜けてもいい?」

 前から、行きたいお山があるの。
岩手県の五葉山。
東北のマイフレさんに、連れて行ってもらえないかって聞いたこともあるけど、遠いって(T-T)
じゃ、一人で行くしかないね。

 地図を見ていたら、すぐ近くに三陸鉄道。
しかも、震後、ずっと運休で、3月25日に開通したばかり。

 わぁ~('◇'*)
乗りたい!

 で、色々、乗り換えとか検索して・・・
もしお天気が良くなければ、一日目と二日目を入れ替えられるように考えた。
こう言うことは、一人の時じゃないと、難しいね。
お宿は、ビジホと民宿にした。

 東京から、新花巻までの新幹線切符は、3月27日の9時半に行って、長蛇の列でしたよ。
でも、車で渋滞するよりは、予測がつくからありがたい。

 色々工程を考えていた時、マイフレのふぉれすとさんが、東北旅行へ行った日記をアップ。
山猫軒で、ご飯を食べたみたい。
宮沢賢治村だ!それ、絶対行きたい。

 朝食食べて、のんびり車窓の雪山を眺めようと思ったのに・・・。
朝から雨で、眺めがないよ~(/_;)

 新花巻に10時前に着いて、めっちゃ冷たい雨(;>_<;)

 今日は、お山は雪予報(・_・;)
じゃ、のんびり観光しますか。

 お山のオーバーズボンを履いて、ザックカバー付けて、新花巻駅から15分。

 童話村に入ると、宮沢賢治の世界にどっぷりつかれる。
宮沢賢治記念館は、しばし、物語の中へ~
注文の多い料理店と、セロ弾きのゴーシュのいろんなシーンのドールハウス的なものがあるの。
浸っていたら、ハッと我に返る。

 そうだ!GWだっけ。
混む前に、山猫軒へ行こう!

Img_0071
子供たちが小さいころ、寝る前の本の読み聞かせで
「な、なまねこ なまねこ」
ってフレーズが気に入って、我が家の定番フレーズになってたんだ。

 イーハトーブ定食にするか、山猫雑炊にするか・・・
( ̄~ ̄;)ウーン・・・
あ、山猫すいとん定食~("⌒∇⌒") キャハハ

Img_0083

 階段を下りて下りて、
銀河ステーションを入ると、ミズバショウが咲いて、ミツバツツジとレンギョウが美しい。

Img_0085

だんだんのっぽになるゲート

Img_0087

横から見ると、こんな

Img_0096

、不思議な階段とか・・・
色んな自然が学べるログハウス。

ミツバツツジとレンギョウが花盛り

Img_0092

 さて、新花巻へ戻って、釜石へ。
今夜泊まるビジホに、お山のザックを置いて~
ここから、三陸鉄道に乗るの。

 ゆっくりだし本数少ないし、どこまで乗るか、迷ったんだ。
盛岡まで周回も考えたけど、そうすると、もう一日必要。
で、浪板海岸まで乗ると、20分で戻りの電車に乗れる。
ずっと、微力ながら東北支援をしてきたけど、やっぱり、来て、見て、お金を落とさなきゃね~。
一人じゃ、大した力にならないけど、気持ちだけは伝わるといいな。

 震災から7年、やっと復活した三陸鉄道。
GWで、観光客でいっぱいかと思いきや・・・
凍り付くような冷たい雨で、ホームはガラガラ。
雨は一向に、止む気配なし。。

Img_0102

 でも、特別仕様の2両編成らしい。
駅員さんに、浪板海岸まで行って、ここへ戻って来るには、どう切符を買えばいいですか?
って聞いたら、浪板海岸を2枚買ってください。

Img_0112
ですって。
あれ? 無人駅なの?

 山と斜面を抜けると、真新しい家。
そして、仮設住宅?
新築の学校も建ってました。
建築中の防潮堤もあり。

 今日は寒いから、なるべく待ち時間が少ないようにと、浪板海岸で降りる。
次の釜石行きまで20分。
駅前からはずーっと向こうの下の方に海が見えて、でも、駅前まで津波が来たと書いてあった。
リアス式って、いったん津波が来ると、こんなところまで波が来るの?(≧◇≦)
改めで、津波の恐ろしさを実感。

Img_0130

 ここは、寄せる波はあっても返す波のない世界でも珍しい「片寄せ波」で有名だったんだって。
遠浅で、寄せた波が粗い砂の間に吸われてしまうんですって。
白い砂浜と透き通った青い海・・・
が、震災で、砂浜が無くなっちゃって~(;>_<;)
砂浜再生の活動をしている人が、たくさんいます。
早く、以前のような生活に戻れることを祈っています。
そこで、冷たい海で、サーファー7人が頑張ってました。

 Img_0124

 海まで傘さして下りて、サーファーを撮ってもどる。
お土産でも買いたいと思ったけど、お店がないんだよ!

 さて、釜石へって・・・
お夕飯は、やっぱり魚介よね。
美味しい海鮮系を頂いて、ビジホで早めに寝ます。
明日は、早めにタクシーを予約したから。


 4月28日(日) 
五葉山の登山口、赤坂峠まで、タクシー。
途中・・・

 えぇ~ \( ° ° ; ) /

 お山が真っ白なの。
4本アイゼンしか持ってないよ。
と、ちょっとビビる。

 登山口から、なんとまぁ・・・
目の覚めるような樹氷!

Img_0171

 一人で、うわぁ~!(*^_^*)
きゃぁ~♪~('◇'*)

Img_0166

って、騒ぎっぱなし。

Img_0182

 これは想像もしなかったわ。

Img_0179

 標高1000mを越えると、積雪があって、時々4~50センチの踏み抜き跡。
危ない、危ない!でも、気持ちいい~。

Img_0188

 ふかふかの新雪は、今期最後かも~。
って、あちこち足跡つけまくり~("⌒∇⌒") キャハハ

 振り返ると・・・
(ノ°ο°)ノ オオオオ
海が見える。大船渡辺りかな?

Img_0186
避難小屋を横目に登ると、鳥居。
日枝神社の鳥居から氷柱。

Img_0197

 ここから、横殴りの冷たい風で、耳あて迄出しての完全防備。
今年の春は、これが今期最後の雪、と繰り返し思って、また雪遊びができました~。
 
 一等三角点百名山の五葉山(1340,4m)
三角点、タッチ(*^_^*)v ヤッタネ

Img_0204

 避難小屋は、明日の山開きに備えて、常連さんが何人もお手伝いに来ていました。

Img_0192

そして、カモメの卵の春バージョンを、私にまでお裾分け。

Img_0233

何度も通っているみなさんも口々に
「きれいだね~、GWとは思えんね~」って言ってました。

 Img_0246

下りるのがもったいないほどの、青空と樹氷と海!

Img_0249

もう、今日登れた幸せをかみしめて、下山。

Img_0238

 往路下山でも、海にめがけての下りは、なかなか気持ちがよかったです。

Img_0251

ただ、溶けだした樹氷が降っていて、雨具をかぶって駆け抜けましたけど~("⌒∇⌒") キャハハ

 釜石へ戻って、釜石線で途中下車、遠野へ。

Img_0266
前に子供と来た時に、とっても雰囲気が素敵だった、カッパ淵へ。
子供が小学生の頃、遠野の夏祭りに来たんだよ。
こんな都から遠く離れた地で、盆踊りはとっても品があって雅なんで、感動しましたよ。

お寺さんを通って 

Img_0269

カッパ淵へ

Img_0274

遠野伝承館にも寄って

Img_0288

おしら様

Img_0278

繭繰り体験

Img_0283

繭がクルクル いつまでも細い糸がつながって来る

Img_0282

 一人だと、地元のボランティアのおばあちゃんが、色々話しかけてくれて~
こういう交流が楽しい(* ̄∇ ̄*)

 ここでなんと!(゜o゜)
車で花巻へ乗せてくださる って言う方がいて、お言葉に甘えました。
電車の本数が少ないので、ありがたいです。
電車で新花巻へ向かって、バスで台温泉へ。

 二食付き5200円の湯治場。
ビジホの素泊まりよりお安い!
でも、御夕食は結構美味しかったです。

Img_0299
 4月29日

 

朝も温泉に入って、お宿に近い、万寿山へImg_0303

 登山口は調べて行ったのに、分かりにくいからって、お宿の方がとっても丁寧に説明してくれた。
女性の一人だから、心配したのかな。
こういう親身な対応、嬉しいですね~(^ー^* )
バス停向かいの、家と家の間の私道みたいな細い砂利道、ここからの登りだし。
 
 結構な急斜面をジグザグに登る。
セリバオウレンの種に、カタクリ、ショウジョウバカマ

Img_0312 
行けども行けどもショウジョウバカマ!

Img_0334
イワウチワも咲いて

Img_0320

ミスミソウも咲いて、

Img_0331

ムシカリ 

Img_0351

タムシバ

Img_0346

マキノスミレ

Img_0342

万寿山 4409,6m

Img_0339

キクザキイチゲ

Img_0382

トキワマンサク

Img_0369

シュンラン

Img_0345

わぁお~ \(^o^)/
シラネアオイ!

Img_0368
眼福・眼福~♪~

途中の鉄塔から、早池峰山が見えます。

Img_0338

 ほんの里山なのに、このお花の多さ!さすが東北です。
一人だと会話もないから、登り初めから熊鈴を鳴らして、時々歌を歌って歩きました。

 徒歩15分の釜淵の滝も眺めて、

Img_0389

これはちょっと不思議な形の滝でした。

Img_0399
すぐそばの神社脇に、おしゃれな倉のカフェがあって、バス時間待ちに、シュークリームセット(*^_^*)うふ

Img_0408

 帰りの新幹線切符も、先月買ってあった。
娘と館山へお掃除に行った時に、帰りの館山駅で買ったのがお昼過ぎだったから、もう窓ぎわは取れなかった。

 お土産も買いたいから、早めに新花巻へ。

 駅近くに、何やらカメラを構えた人たち。
( ・◇・)?
「何が通るんですか?」

「SLですよ」

「銀河、銀河!」

 今さら何を、って感じに口々に教えてくれた。
で、図らずも、SL銀河、撮り鉄しちゃいました。

Img_0421
あの、汽笛の音がなんとも言えませんねぇ~。

Img_0426
早めに戻ってよかったよぉ(*^_^*)v

岩手山

Img_0417

 蟹弁当を買って、車窓からお山を眺めて帰りました。

 Img_0432

車窓から焼石

Img_0438

栗駒

Img_0446

蔵王と後ろ烏帽子

Img_0449

あ~♪~・・・・

楽しかったなぁ~(=●^0^●=)v

一人でのんびり、気ままにお山。
 
 余韻に浸って、日記アップ。

 

 さ、明日は火曜会だけど、雨予報だから~

今から東屋ルートに変更 考えなくっちゃ!

2019年4月23日 (火)

棒の嶺でお誕生会

 今年80才のお姉さまが、棒の嶺へ行きたいって。
お山を始めたころ、登ったような気がするけど、定かじゃないんですって。
では、出来れば、山頂の山桜に合わせたい。

 バス便の本数が少なくて、ちょうどいいのがない~(/_;)
で、私は始発電車で 
と言っても、飯能7:45発のバス。

 名栗湖を眺めながら、有馬ダムを渡って

Img_9824

白谷橋から登り出し

Img_9825

 行きはゴルジュの美しい、沢ルート。

Img_9849
ゲストさんお二人がご参加で、7人でワイワイ。

Img_9828

 滝の近くで探すと・・・
咲いてた 咲いてた、イワウチワ(*^_^*)v

Img_9856
これが、今年最後だね。

頑張って撮る山友

Img_9858

 トウゴクサバノオがたくさん 右はイワボタンかな

Img_9879

2~3週間すると、クワガタソウが咲くね

Img_9875

フタバアオイの花がたくさん

Img_9889

白孔雀の滝の左岸はコチャルメルソウの大群生

Img_9850

コチャルメルソウは・・・ピントが合わないなぁ(/_;)

Img_9843

あっちにもこっちにもびっしり。
ハナネコは、まだ残っているけど、赤い葯は落ちちゃってます。

 Img_9859

花が少し開いたトウゴクサバノオ 種が鯖の尻尾みたいだってのがお名前の由来

Img_9890

カテンソウの花芽

Img_9894

ニリンソウ

Img_9892

ミツバコンロンソウ

Img_9898

カタクリ

Img_9905

新緑と山桜がきれいな道を、おしゃべり三昧で登る。

Img_9896

高岩三山から続く尾根に出て、あとちょっとですよ
新緑で、~。心も体もきれいになりそう~。
桜吹雪が舞っていて・・・

Img_9904
あれれ、山頂の桜は大丈夫かな?

 棒の嶺(969m)

Img_9915
私が若い頃は、棒の折山 って呼んでたな。
ここは、山頂に大きな山桜があるのよ。
 
 \(●⌒∇⌒●)/ わーい
西側の桜は散り始めだけど、真ん中の大きな山桜は満開~
(*^_^*)v ヤッタネ

 この桜の木の下で~

Img_9912
今日は、Y姉様 80才のお誕生会!
ちょっと重いけど、厚切りバームクーヘンとミックスジュースを背負ってきたよ。
ロウソクを立てて、ジュースで、乾杯(=^O^=)o□

Img_9910

お誕生日、おめでとうございます!
いつまでも、お元気で、お山を歩けますように!

 鍬柄山の、ナイフリッジでの勇姿のお写真を、
手作りの写真立てに入れて、ささやかなプレゼント。

私も、80才でこんなお山を登れるように、頑張ろうっと!
和やかにランチバイキング。

 今日は霞がかかって、榛名や日光は見えない。

大持・武甲・伊豆ヶ岳の手前に蕨山 蕨山って、ずっと林道が横切ってるんだね

Img_9917


 下山は、滝の平尾根で、さわらびの湯へダイレクト!

ミツバツツジ

Img_9928

1本だけアカヤシオ

Img_9930

フイリフモトスミレ

Img_9941

セリバヒエンソウとクサノオウ

Img_9942

久しぶりだから、温泉に入って帰りましょう。

Img_9948

 バス時間まで、思い思いにのんびり過ごしましょ。
無料の休憩室も、広いです。モナ王を山友と半分こ

Img_9947

 帰路は、飯能から、Fライナーって言うので、なんとまっすぐ渋谷へ行けちゃう。
これは、私にとっては大変助かります。

Img_9949
行きは2時間かかったけど、 帰りは1時間半で、乗り換え1回で帰宅できました(´ー`)ノ
飯能~渋谷のFライナー もっと増えるといいな。

 帰りに、さわらびの湯で買った、蕨とのらぼう菜を買って帰って、
今夜はワラビのナムルとのらぼう菜のお味噌汁(´ー`)

 お泊り山行じゃなかったけど、こう言うお誕生会もいいでしょ?(* ̄∇ ̄*)v
 

2019年4月20日 (土)

天狗山~男山

今日は、久しぶりのご近所山友とのお山。

いつものように、
「行きたいところはありますか?」
って聞いたら、
「超ロングコースや、林道ゲートが開く前のお山が多くて・・・」
消去法で、行き先を決めそうになった時、男山へ行きたいって。
「いいけど・・・アクセスが遠いよ~」

 で、最寄り駅に朝5時 ピックアップをお願いした。

 家を出たら
\('o'=) / わ~!
なんてきれいなまんまるお月さま。

Img_9689
私の安物コンデジでも、お月様の模様が撮れました!

 まだ空いている中央高速から、馬越峠へ。
ピッタリ3時間。

Img_9698

 目の前に、コブコブの岩山。落ち葉の急登のあと、すぐにトラロープのついた岩登り。

Img_9706

 (・_・;)エー
凍り付いた雪の下に埋まっている、トラロープもあり~。アイスバーンにちょっと緊張~。

Img_9707
 足元に青い看板
[アルバムに楽しい1ページ]
・・・( ・◇・)?(・◇・ )
どういう意味でしょう?
もしかして、まだフォルムのカメラだったころの、カメラかフィルムの宣伝?

 割にすぐ、天狗山(1882m)
Img_9715
(ノ°ο°)ノ オオオオ
北アルプスと

Img_9711

南アルプス。

Img_9717


目の前は御座山で、これから行く男山の上に、ドーンと八ヶ岳! 

Img_9716

そして、浅間山の右奥に・・・
真っ白い、アルプスみたいな峰々。

岩菅とか、白砂山とか、もっと後ろに苗場とか?

 川上村のレタス畑が、雪みたいに白い。

 山頂を降りると、北斜面に・・・
(;>_<;) エーン
大っ嫌いな、アイスバーンのトラバース。

 Img_9737
慎重に慎重に、シャクナゲや根っこにつかまって~。(;-_-) =3 ふぅぅぅ~


 稜線は岩だけど、雪がない。
時々、とってもいい眺め(* ̄∇ ̄*)

Img_9727
で、200mほど下りちゃいます。

 この辺のトラロープには、みんなコブが作ってあってありがたい。これだけ降りるんだから、戻りは登りだ~(;´▽`A`` ~

 普通の山みたいな、なだらかな尾根になって、ちょっと登ると垣越山(1797m)
樹林で眺望はないよ。

Img_9719

 またちょっと岩っぽくなって、嫌いなアイスバーン ツルツルの岩場もあり~(´ー`;) 

Img_9777

あら、この辺り、シャクナゲが多いね。
初夏はきれいだろうな。

 最後もなかなかの急登で、男山(1851,4m)

山友が「山男 って感じのポーズして」だって!

Img_9767
目の前には、遮るものがない、ドーンとした八ヶ岳\(●⌒∇⌒●)/ 

Img_9760

アップで撮ると、赤岳展望荘もしっかり!

Img_9751

富士山も見えて、ここの眺望は最高!

Img_9722

南相木ダムも、はっきり見えてます。
あの向こうは、先日お姉さま方と泊まって、翌日雪だっ

右はさっきいた天狗山

Img_9764
 ここでランチタイム。
今日は二人だから、迷い箸にはならない。

 ジャーマンポテトと担々卵、それに夏みかんを剥いて持って来たよ。最高の眺めで、標高は高くても、背中はぽかぽか~。

Img_9747
三角点もいい眺め 

Img_9772

いっぱいアップダウンがあったから、戻りもアップダウンの岩三昧(*^_^*)

 天狗山の登りで、私はきつくてペースダウン。私より一回り以上若い山友に、先に行ってもらう。

Img_9776
 5分遅れくらいで、ふぅふぅ登って行ったら、冷たいゼリーを出してくれた。ここまで、ずーっと背負っててくれたの?(゜o゜)
重いのに~。

 天狗山で、12時のチャイムを聞く。

最後まで緊張の下り

Img_9782

 峠へ降りると、マップタイム7時間ルートだけど、5時間ちょい!(゜o゜)
 ランチや休憩抜かしたら、4時間20分くらい? どうりで、足が重たかった訳だわ(;>_<;) 
 マップタイムの6掛けかぁ~。
アイスバーンのトラバースなんて、めっちゃビビって足引っ張ったから・・・

 山友1人だったら、マップタイムの半分くらいで歩いちゃうのかしら?
付き合えませんわ~ ┐( ̄ヘ ̄)┌ 

 腿が張ってる感じがするし、予定よりうんと早いから~
「温泉に寄らない?」ってご提案。

 増冨ラジウム温泉に向かったら!
(≧◇≦)エーーー!
臨時休業だって。
GW前のメンテナンス? 
週末なのに?

 で、すぐ近くの やまなし妙松苑の源泉かけ流しへ。550円。

Img_9796

ここ、2食付き6800円で泊れるらしい。
次に夫にせがまれたら、ここに泊まって瑞牆なんて、いいかも~("⌒∇⌒") 

千曲川に鯉のぼり 奥は八ヶ岳

Img_9793
 小仏渋滞は3キロで、可愛いもんだね。
って話していたら・・・

 ('o'=) ウソ!
なにこれ?
まさかの東名横浜町田 出口渋滞。
しかも、見たことがないほど大渋滞。

Img_9799
 「ごめん!一つ先まで行って~」
今日は、朝も帰りもアッシー君状態でごめんなさい(。_。;) 
送迎 ありがとうございました(/・0・) 

 一日、素晴らしい白い山々に囲まれて、気持ちがよかったね~(*^_^*)v 

 明日もお山だって言う山友
気を付けて頑張ってね~( ´ ▽` )

2019年4月16日 (火)

カイイワカガミとヒカゲツツジの山

 去年、甲府の山を歩いた時、カイイワカガミの群生地を見つけたの。
そこに、お花が咲く時に、行ってみたい!

 で、今日は、甲府のマイフレさんのコミュと、コラボです(´ー`) 
ずーっと前から、楽しみにしていました。

 あずさ1号で集合。
あずさは、4月から全席指定になったのよ。
今までみたいに、指定席と自由席を行ったり来たりして、地図をお配りしたりお金を集めたりしなくて済みます。
ただ・・・自由席で座れる新宿からのお姉さま方にとっては、実質800円の値上げです!【><。】 
これからの、遠出の予定などお話ししながら乗って~

 甲府駅で!
地元のマイフレさんが、お車に乗せてくださるって。
火曜会は人数が多いので、3台に別れて、お世話になります(/・0・) 

 とっても久しぶりのみなさまとご挨拶して、武田神社から躑躅ヶ崎園地へ。
新緑がきれい。
ここで、リーダーから自作の干し柿を頂きました。
これが、大きくて美味しいんだ~(*^_^*)

Img_9452

甲斐駒が美しい

Img_9454  

 今日は、火曜会はゲストさん入れて8人、甲府のコミュの方たちが6人。
14人で、かしましく歩きます(´ー`)
ホタルカズラ

Img_9446

ジュウニヒトエ

Img_9449

カラスアゲハ

Img_9462
 白いアルプスの景色を堪能しつつ、武田の杜遊歩道へ。

 標高が変わらない、トラバース道を北上。

カタクリ

Img_9494

カイスミレ

Img_9492
右の土手を見ていると~

 \(●⌒∇⌒●)/ わーい
咲いてる 咲いてる!
カイイワカガミ~♪~
Img_9484
 ああ、よかった。
咲いている時期に来れて。

撮影大会("⌒∇⌒") キャハハ
Img_9487
 深草園地で角度を南へ変えて、沢沿いのバリエーションルートを登る。
国土地理院地形図に破線があったので、歩けますか?
って聞いたら、マイフレさんが、下見に歩いてくださったの。
ありがたいです。

巨大砂防ダム

Img_9503
で、途中から全く道はなくて。

Img_9508

地形を見て登ると、尾根に出る。
ヒトリシズカに

Img_9517

ハルリンドウに

 

ユリワサビに

Img_9513 

春の花が色々~♪~

 尾根に出て西へ。
8年ほど前、斜めになった東屋があった、大岩園地。
ここはとっても眺めがいいの。

Img_9527
ここで、ランチバイキングです。

 14人だから、遠くのおかずが届かない状態よ~。

Img_9529
移動して、食べたいものを取るのは、まさにランチヴッフェ("⌒∇⌒")
貯めていてペトボカバーと這い子人形を、皆さんに押し付けちゃいました。

Img_9531
 ちょっと登ると、今日の最高峰 東山(885m)

Img_9533
ここから、南西の尾根で、結構な急降下です。

(ノ°ο°)ノ オオオオ

春だというのに、北アルプスが見えてるよ!

ボケボケでごめん(/_;)

Img_9543
 大日影山(734m)を過ぎて・・・
心配していた、帰りの指定を取ったあずさへの時間には、だいぶ余裕があるのが分かった。

 私の知らないルートに、甲府のマイフレさんが案内してくださるって。
(*^_^*)v ヤッタネ
普段、知らないルートは、こっちかな、あっちかな って、結構ドキドキしながら歩いている。
でも、マイフレさんのご案内に着いて行くのは、気楽でいいですねぇ~♪~

今日の富士山 

Img_9545

ハルリンドウ

Img_9560

アオダモ

Img_9561

ツクバネウツギ

Img_9572

山桜のトンネル

Img_9567

  西防火帯下から、護国神社経由で下山。

タイハクザクラ

Img_9581
予想より遅いけど、でも指定列車の時間には、1時間ちょいある。

 山梨のコミュのリーダーが、数日前にヒカゲツツジとカイイワカガミの群生地を見つけたって。
( °o° ) それ、見たい!
「そこへ、連れて行って頂けないでしょうか?」
な~んて、虫のいいお願い(゜゜;)

 快くOKして下さって~(*^_^*)v 

 おまけのお花見です。
車で15分の移動。
車道から5分ほど登ると!

 うわぁ~♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
今年まだ見ていない、ヒカゲツツジ。

Img_9600
そこにも、ここにも!

Img_9598
それに、カイイワカガミも、たくさん咲いてました。

朽ち木に生えているカイイワカガミ
Img_9603
 連れてきてくだっさって、ありがとうございます。
山梨のコミュの方々に、感謝、感謝です!
(シ_ _)シ  ハハァーー
感動で、写真、撮りまくり!

ミツバツツジ

Img_9592

 その上、駅まで送って頂いちゃいました。
今日は一日、送迎やご案内、お世話になりました。
ありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリペコリペコリ

 甲府の方々、お世話になりました。
お陰で、眼福、眼福でございました。
 
標高差は600mだけど、21000歩 歩いたみたい。甲府のお姉さま方は、かなりお疲れの様子で、うちの83才のお姉さまに
「足、痛くないの?」
って聞いたそうです。

おまけ

今日の収穫

Img_9612

2019年4月14日 (日)

根本山~熊鷹山

 アカヤシオの時期に登りたい、と、ずっと思っていた、関東百名山の根本山。

 4月20日前後がいいかな、と思っていた。
でも、来週は、車を運転する山友の都合が付かない。まだ、ちょっと早いかもだけど、一週前倒しにしたら・・・

 記録的に寒いじゃないの(;>_<;) 
これじゃ、アカヤシオは見られないなぁ。でもまぁ、山ヒルの心配は、皆無だわ。

 じゃ、アカヤシオの代わりに、ミツマタのお花畑に寄りましょう(*^_^*)v 

 駐車場は、この時期でもそこそこ満杯。
('o'=) あれ?でも、釣り師さんかも? 
イワナ釣りで、入っている人も多いみたいよ。

 下登山口をちょっと通り過ぎた先で、
(ノ°ο°)ノ オオオオ
これは見事!

 丹沢の屏風岩山南尾根に匹敵する、大群生地~♪~

Img_9322
つい浮かれて、記念写真("⌒∇⌒") 

Img_9320
 桐生和紙って有名なんだっけ?
昔は、このミツマタとコウゾで、和紙を作ったのかな?
 
 林道ゲートまで戻って、不死熊橋までは5~6分?

 林道の左の崖が、沢ルートの登山口。

Img_9327
左岸を、高巻くように歩き出す。
やらしい落ち葉のトラバースや

Img_9333

苔の岩のトラバースもあるけど・・・

Img_9346

 ハイキングコースって書いてあるんだよね。

あら、赤い葯が落ちたハナネコノメ

Img_9336

まだつぼみのニリンソウ

Img_9337

ツルネコノメ 

Img_9339
 そう言えば、荒船山も、めっちゃ切り立った岩崖の危ういルートに、ハイキングコースって付いてたな。

 群馬や栃木の方のハイキングレベルって、
超ハイレベルなのね~(・_・;)

 沢へ降りて、右岸左岸右岸。なかなかの橋

Img_9340

 うっそ(ノ°ο°)ノ 
先行者が滝の上にいる。

Img_9349


滝を登るの?

 と思ったら、岩にアンカーボルトが打ってあって

ありがたや~(シ_ _)シ  ハハァーー

 

Img_9350


 ガラガラの沢を歩いていたら、雪が出てきて、石碑がある

 

お籠堂の先が、沢の出会い。

 

Img_9354
 男坂の鉄梯子(下の矢印)は、天保十二年のものなんですって!さすがにそれは、使えません。

Img_9353
 江戸時代に、どんな人が、どんな装束で、ここを登ったんでしょう(・_・;)
今は、男坂は、崩落して通れないようです。

Img_9355
  江戸時代の人が、背負って運んだの?
3~40キロは有りそうな石よ。

 その上が、釣鐘堂と根本神社でした。

Img_9357
 ここで、先行の人に道を譲ってもらう。
鎖の途中じゃ、追い越せないからありがたい。

 岩場を登ると、次々に鎖が出てきて、でも、難しいところはない。

Img_9358
 ずっとずっと鎖が続く

Img_9365

 天狗岩って書いてある岩に、祠が祭られている。ので、登ってみた。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
日光白根と男体山が見えました。

Img_9363
 今日は曇り予報だったけど、展望があってよかったよ~(* ̄∇ ̄*)
 
 痩せた岩尾根を登った先が、行者山。真後ろに男体山

Img_9368
根っこの崖の下りも、時代物の鎖が付いてる。
江戸時代の物らしい。

Img_9369
 その頃は、これが表参道だったって言うから・・・登山は信心の表れだったのね~。
登ること自体が修業だったのね。

 私も、いっぱい修業してるなぁ~("⌒∇⌒")

 尾根の先が、ちょっとした展望地。
男体山や白根山も見えます。

 中尾根コースと合流して、ちょっと登ると根本山(1199m)
Img_9374
 山頂は、眺めのない樹林です。
でも、ツツジの木がいっぱい。
アカヤシオやシロヤシオや山ツツジが、これからどんどん咲くんだろうな。

 この辺りで、多いところは積雪15センチくらい。でも、道がいいから気にならないよ。

Img_9373
 このところ毎週末、今期最後の雪かも~
って言いながら、歩いているねぇ(* ̄∇ ̄*)

 十二山(1143m)の手前に、石の祠と斧が置いてある。
・・・ご神体?

Img_9377
斧は、めっちゃ重かったよ。
何か、建物が建っていた形跡。
社務所とか、山寺とか、あったのかしら?
 
 尾根が広くなって、雪の積もった公園の中を歩いているみたい。大したアップダウンもなく、サクッと 熊鷹山(1169m)
木で作った、砦みたいな展望台がある。
Img_9379
 揺れる展望台に上がると、男体山や真っ白な日光白根、赤城も見えてます。

Img_9383
 日光白根、アップ

Img_9385

 ここで、まったりとランチとコーヒー。
風もなくて穏やかで、背中にお日さまぽっかぽか。薄手の山シャツ一枚なのに、全然寒くない。目の前には、まだ固い、ツツジのつぼみがいっぱい!

 去年は、4月下旬が見頃だったらしいけど、今年はGW辺りが、見頃かしらね。

 ちょっと急な尾根道で、木でできた、斜めになって今にも倒れそうな鳥居をくぐると

 ( °o° ) エー もう林道?

 

Img_9391
ちょっと長いマップタイム(1時間10分)の林道歩き。でも、この時期だと楽しめる。

 キブシやフサザクラ、スミレがいっぱい!
こちらの沢にも、ハナネコノメやツルネコノメ。

\(^o^)/ わー!
諦めていたアカヤシオが、チラホラ咲いてました(* ̄∇ ̄*)

Img_9408
 今年お初の山友たちは、狂喜乱舞でした。
見てもらえて、よかったよぉ。
そうか、まだ標高600m辺りでしか、開花していないのね。

 帰りに、梅の里って言う、道の駅みたいな施設で、花ワサビと柚子粉を買って~

Img_9418

梅田湖の桜を眺めて、高速へ。

 積雪が分からなくて心配したけど、鎖場が濡れて、ちょっと滑ったくらい。

 変化に富んだ沢ルートは、とっても面白かったよ。

 ミツマタの大群生も素晴らしかったよ~
\(●⌒∇⌒●)/

2019年4月10日 (水)

鍬柄山 兄倉山 星尾温泉

 去年の3月末に、富岡アルプスと荒船山へ行った。
その時泊まった、古民家民宿が、とっても気持ちがよかったの。
また泊まりたいわ~って。

 じゃ、いつ、どのお山へ登りましょうかね。
駅から歩けるところって、難しいよね。

 高崎で集合して、上信電鉄に乗る。
この路線ね~、子供の頃駅員さんがやっていたみたいに、固い切符をハサミでパチンって切ってくれるの。
このために来る人も、いるんですって!("⌒∇⌒") 

Img_9123
 

南蛇井駅で、車窓からオキナグサ

Img_9129

 

千平(センダイラ)駅で降りて、

Img_9132

('◇'*)わぁお!
春爛漫とはこのことか。桜に、コブシ。レンギョウに、キケマンに、桃。
踏切を渡って、関東ふれあいの道へ。

 週末会で、去年の11月に行った鍬柄山。
岩山だけど、しっかり鎖が付いていて、最後のナイフリッジ以外、お姉さま方なら問題ない。
なので、春の山里をのんびり歩く。

 駐車場からの鍬柄山。

矢印が山頂で、右のピークに登って、岩尾根を左へ渡るんだよ
 

Img_9135

 

植林地の山道に入って、神社を越えて、広場へ。
ミツバツツジがいい色。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
カモシカ!
2頭いたって言うけど、1頭しか見つけられなかった。

センボンヤリ

Img_9144
 さて、岩場にかかる。

Img_9146
「ご自分で、怖いなと思ったら、無理に行かないで待っててね。」
「スリングとカラビナで、セルフビレーもできますよ」
って言ったけど・・・

Img_9153

難なく登って、ナイフリッジを渡って~
さすがです。
この岩場が登れる80代女性って、他に知らない!

 \(●⌒∇⌒●)/ わーい

Img_9154
アカヤシオが咲いてます~♪~
よかったよぉ。
これを見せられて。

微妙なトラバース

Img_9156
こんな感じの尾根

Img_9158
 鍬柄山(598m)

左から八風山 荒船山 鹿岳 四又山

Img_9161

 去年歩いた、富岡アルプスが近くて、桜の木がチラホラ見えてます。
気持ちのいい眺めを堪能して、下山も要注意ね~。

Img_9165  

すぐ下の広場でランチして、のんびり春を満喫しながら、千平駅へ。

Img_9170 
 一駅だけ電車に乗って、下仁田へ。

アケビの雌花

Img_9175

 駅から、住宅街を10分で青岩公園 

Img_9177

20分歩くと、ほたる山公園。
立派な公園です。

 その奥が登山道らしいけど・・・
何の案内もない。
でも・・・
これ?

 もしかして、この奥に登山道があって、ここはバリエーションかな?
と思いつつ登る。
でも、どうもこれ見たい。
エアリアマップの実線だけど、標識もないしあんまり歩かれていないお山なんだねぇ。

 急登り続きで、落ち葉で滑る~。

Img_9184
でも、三つ葉ツツジがきれい。

Img_9187
廻りこんで尾根に出て、気持ちのいい尾根で、
兄倉山(御岳山) 576m
Img_9192
 浅間山や榛名山、雪雲が付いた赤城も見えました。
山頂の祠には、猪の置物。
あら、猪年に、縁起がいいわ~。
ここで塩せんべいを配って休憩。

 ここから、鍬柄山を見せたかったのよね。
すごい形でしょ。

Img_9200  
さっき、あそこ登ったんですよ~(^ー^* ) 

浅間山

Img_9195
 下山して、お迎えの車を待っていると、キクザキイチゲ

Img_9210

エンゴサク

Img_9205

 南相木村の古民家民宿、かじか倶楽部さんにお迎えに来て頂いて・・・
去年のことを、覚えていてくださいました。

 ちい姉さまお気に入りの、古民家民宿へ到着。

贅をつくした組子の障子 

埃が付かないように、両側にガラスが張ってあります!

Img_9220

地下には、手作りのバー

Img_9222

 オーナーや友人で、すぐ近くに温泉を作ったんですって。
昭和25年まで、集落の共同浴場だった温泉を、復活。
800円だけど、宿泊者は600円。
とっても泉質がよくて、特に関節に効くらしいです。
Img_9215
 

 民宿は、お料理も素晴らしいです!
鮎の塩焼きに、フキノトウの天ぷら、ネギ焼、ネギぬた。
胡麻和えに、こんにゃくのお刺身。
鹿肉のシチューに、地物のジャガイモのコロッケ。
そして、ジンギスカン!

Img_9226
ご飯は、全く食べられませんでした。

もう、
もう、
入りません!

奥さまお手製のカクテル ミチコスペシャル

Img_9229
ごちそうになりました。


 4月10日
出がけのチェックでは、今日は雨か雪予報。
4月に? 
低山で?
三ッ岩岳って言う、岩山を歩く予定(;´o`)

 もし雨だったら、去年も歩いた富岡アルプスでも歩こうか。
と、思っていたけど・・・
未明からの雪(;-・。・-;)
しかも、しっかり降ってます。
窓の外の岳に雪が積もって、しなってる~。

 ゆっくり朝食を食べて、
近くの温泉に行こうとお宿を出ると・・・

(ノ°ο°)ノ オオオオ

樹氷だ~

Img_9237

のんびり浸かって~。

 お風呂の窓からの、雪景色が最高!

Img_9244
みんなで、長湯しちゃいました。

 4月10日に、里で樹氷が見られるとは、
思いませんでした!(*^_^*)
 

お部屋の窓からの景色

Img_9257
夏には、この小滝で子供たちが遊ぶんですって。 

下仁田に送って頂く間も、ものすごい降り方の雪で・・・桜や桃の花が寒そう~。
Img_9262
 オーナーが、今年一番の雪だって、驚いてました。
桃や桜の花も寒そう~。

 南蛇井駅で、オキナグサも凍えてる~

Img_9274

お山には登れなかったけど、
今年、火曜会で見られなかった雪景色と、
温泉を堪能できて、

 これはこれで、のんびりいい一日でした
(=●^0^●=)v

2019年4月 6日 (土)

上州三峰

またまた関東百名山。
今回は、上州三峰。
多分、今年最後の雪の山になるかな、って、一応アイゼンも入れて行く。

 関越道を走っていると、とても気になる山がある。
西に子持山の獅子岩が見える頃、北東側に、目立つ台形の山がある。
それが、上州三峰。

 谷川連峰の前に見える、左の台形は吾妻耶山と大峰、左の台形が三峰山

Img_8999
追母峰(おいばほう)、吹返峰(ふきかえしほう)、後閑峰(ごかんほう)
の3つの、なだらかな峰のお名前。

 河内神社の駐車場に車を停めて、参道を歩きます。

Img_9004

 石仏が並んで、立派な鳥居をくぐって、長い階段を上る。
目の前は子持山で、赤城や皇海山が見えてます。
しっかり手入れのされた、歩きやすい道。

 すぐ左に分岐があって、登ってみる。
西が開けていて、子持山が見えている。
ここが、パラグライダーの離陸場。

Img_9011

正面に子持山の獅子岩が見えます。


そこから、登山道へ復帰する道が付いてます。
 
 標高が上がると、春霞の中に武尊岳が、浮かんで見えて来る。
木が邪魔~。日光方面も見えてるよ。
 
 三峰沼への分岐を過ぎて、松林が雑木林に変わった辺りから、時々雪が残ってる。
標高1000mくらいかな。

Img_9018
もう4月だけど、この地域だから、こんなものかな。
踏み抜くような積雪じゃなくて、よかったよ。
4月2日に、北茨城で降られたけど、もしかしたら、あの時の雪雲かな?
緩斜面で雪で、踏み跡がないから、ちょっと道が分かりずらい場所も。

 雪が溶けた落ち葉の間からは、カタクリの葉っぱがチラチラ。
咲くのには・・・
まだひと月くらいかかるかな。

Img_9019  

 ここから、あんまりアップダウンのない、快適な道になる。
なんか・・・
武蔵野の雑木林を、歩いているみたいよ。
Img_9020
 最後にちょっと急な登りで、
三峰山(1122,5m)

Img_9023
木立がうるさいけど、谷川岳や

Img_9025

武尊岳、皇海山まで見えてます。
 Img_9027
 ここでランチ。
茨城のマイフレさんに頂いた栗羊羹を、お裾分け~。

Img_9032

山頂には、先客が一人。
その直後、下からどんどん登ってきた。

トマの耳、オキの耳をアップで!

Img_9029

 帰路は、三峰沼に降りてみる。

Img_9043

 こちらは、緩斜面で気持ちのいい森の中の池って感じ。
コゲラ・ヤマガラ・ゴジュウカラの鳴き声がする。
あちこちから、水芭蕉が芽吹いていました(* ̄∇ ̄*)
頑張って咲くんだよ!

 行きの道に復帰して、河内神社に下山。

 下山後 三峰トンネルを通って、

Img_9050


JR後閑駅の裏の月夜野温泉 三峰の湯に寄る。
工事現場みたいな、プレハブ造りの建物なんだけど、湧出量が多くて、
ふんだんにかけ流しの、いいお湯です。

Img_9051


露天も眺めがよくて、これで360円はありがたいわ~。
地元の方は260円です。

  積雪量が気になっていたけど、歩きにくいほどでもなく、
程よい雪山歩きが楽しめました。

 道の駅 矢瀬親水公園で、天ぷらうどんを頼んだら・・・
800円で、かき揚げ天に 舞茸天に 芋天に ブロッコリー天!(゜o゜)
すっごいボリュームでした。

Img_9057
 菜の花と、蕗の塔と、おやきを買って、
今夜はフキ味噌かな(*'‐'*) ウフフフ♪

 これで、関東百名山、95座。
山友たちに、
「お付き合い、ありがとう!」
って言ったら
「私も登ったことがない山だから、面白いですよ」
「初めての山で、嬉しいです」
と、好意的なお返事(^ー^* ) 
ありがとう( ´ ▽` )ノ

 この時期の中央高速だと、小仏渋滞がひどいけど、関越道は、案外空いてて助かりました。

2019年4月 2日 (火)

横根山

 去年、茨城の花貫渓谷に近い横根山で、イワウチワの大群生を見た。
都室山までの縦走で、帰宅は、夜7時過ぎちゃった。

 1月の終わりに、堅破山(たつわれさん)のあと、横根山へ下見に寄ってもらった。
去年、間違えて下りそうになったルート、使えるなら、ルートが短くなるな。って。
で、下見で、短縮ルートが使えることが分かった。

 今回、茨城のマイフレさんが、レンタカーを借りてくださった。
お忙しい中、ありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ

 高萩駅で降りると、マイフレさんが改札まで、迎えに来てくださってました。
車の中で、マイフレさん手作りの豆大福を頂く。
餡子が最高に美味しいの(*^_^*)v

 花貫渓谷手前の桜公園へ。
Img_8771

 1月に来たばかりだから、よく分かります。
フェンスの隙間から、まずは沢沿いを歩いて~

 \(^o^)/ わーい
ハナネコノメとキクザキイチゲに会えました。

Img_8780

 急傾斜の尾根を登り始めると、

Img_8788
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
咲いてる咲いてる!
イワウチワ。

Img_8822

 去年この辺りで、写真を撮っていたら、
「まだ撮らなくていいですよ。上の方がすごいから」
って、マイフレさんのお友達に言われたけど~
今年は、私が言います("⌒∇⌒")
「もっときれいなのがあるから、ここで取るのは早いよ~!」

 ほら。

Img_8830
斜面のずーっと下まで、イワウチワ。
登山道の隙間にまで、ずーっとイワウチワ。

Img_8831  
よかった~。
最盛期にお連れできて(*^_^*)v

 登っても登っても、イワウチワ。
このお山は本当に素晴らしいわぁ。

Img_8833

 皆さん、キャァキャァ言って、写真を撮ってて嬉しいな。

ミヤマシキミ

Img_8844

シキミの花と 葉っぱに虫こぶ シキミハコブムシかな

Img_8840

なかなかの急登りで尾根に出て、まずは横根山(388,8m)

Img_8846

大きな反射板があって、フェンスの隙間から、海が見えてます。

Img_8857

ここで、ランチ。

Img_8852 

 マイフレさんが、7人分のお湯と抹茶ラテを背負ってきてくださって、重かったでしょう!
と思っていたら、ザックから、桜の練り菓子と栗羊羹も人数分!(゜o゜)
それじゃ、ザックが、ほんとに重かったでしょう。
車の運転をして頂いた上に、こんなに色々と、ありがとうございます。

 ランチの間に薄日が差して、思ったほど寒くなかった。

カタクリがひっそりと咲いている。

Img_8854  

少し戻って、沼尻湿原へ。
いい感じに、ミズバショウが咲いています。

Img_8864
静かで、素敵な湿原です。

 さっき登った尾根へ戻って、急な尾根を下山。

Img_8867
 地形図で見ると、ものすごく等高線がつんでいるんだけど~
怖いような崖は無くて、上手いこと道が作られています。

 

Img_8874

と言うことは、雪の日に、週末会で下見済み~(*^_^*)v

 Img_8870

 こちらも、登りの尾根に負けず劣らず、イワウチワが咲いています(* ̄∇ ̄*)
素晴らしいです!

Img_8876

 サクッと、3時間弱で周回。

花貫ダム

Img_8881

ヤマネコノメはもう種になってる

Img_8884

 今日は、レンタカーを借りて頂いているので、わがまま お願いしちゃおうかな。

 去年いなかったお姉さまと、今日ご参加のマイフレさんのために~
「花貫渓谷に連れて行ってくれる?」

Img_8887

 紅葉時期は、車の乗り入れ禁止になるという道を走って、吊り橋で下ろしてもらう。
私たちは10分ほど歩いて、キクザキイチゲを楽しんでいたら、

Img_8898

ヤマエンゴサク

Img_8899

駐車場に車を回したマイフレさんがお迎えに来てくれた。

 ここで、日曜日と同じシチュエーションに!
車まですぐのところで、いきなり雪が降って来て、それも、ぶわぁ~!っと。
なんじゃこりゃぁ~(ノ°ο°)ノ

Img_8901

 今年、あまり行きに会えなかったお姉さま方へ、最高のプレゼントかも~♪~

 テレビの「ひよっこ」の舞台になった、奥茨城の村に連れて行ってもらって、
バス停で記念写真\(^o^)/

Img_8908_1

ここが、ロケ地 奥茨木村 そんな地名はありませんが~

Img_8912  

 

それから、海沿いを走ってくれて、

Img_8920

常陸多賀のお風呂『湯楽の里』に寄って頂きました。

Img_8932

なんと、スーパー銭湯なのに、海ぎわで、眺望が最高なの!
人が多くて写せないのが残念【><。】
サーファーを眺め下ろしての、露天風呂は最高!
絹湯や炭酸泉やジャグジーや海の見えるサウナもあって、お風呂好きのちい姉さまが大喜び。
「Yさんに、よーくお礼を言っておいてね」
ですって。

 マイフレさんに、日立駅まで送って頂いて・・・

Img_8934

今日は一日、ありがとうございます。

 手作りのお菓子も、美味しかったですし~
とっても楽しかったです( ´ ▽` )ノ

 特急ひたちで、品川まで1時間半 楽ちんです。

車窓から筑波

Img_8936
寒い日が続いて、開花状況がとっても不安だったけど~
今日は、お花の時期がぴたりと合って、よかったです。

 マイフレさん、レンタカーを借りての運転、ありがとうございました。
(/・0・) 


 

 

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »