« 帳付山と諏訪山 | トップページ | 鳴神山のカッコソウ »

2019年5月 5日 (日)

まっくろくろすけに会いに

 山友が、まっくろくろすけに会いに行きたいって。

 昔登った、青梅の赤ぼっこが、眺めがよくなっていて、まっくろくろすけがいるらしい。
("⌒∇⌒") 

 電車の人は青梅から宮ノ平への周回が多いけど、それだと街中に車を置けない。
峠は、きっと道が残ってるから、二ッ塚峠からの周回にしようか?

 ってことで、5月5日の子供の日、
孫とのお節句は、嫁ちゃんのご両親にお任せしましょ。

 下道で、五日市の裏へ。
二ッ塚峠は、道路で寸断されて以前の道はない。
 でも、道路の両サイドに、ちゃんと踏み跡があります。
 赤テープとか、案内は全くないのね~。

Img_0245_1
 土の急斜面で尾根へ出る。

ササバギンラン

Img_0246_1

ヤブデマリ

Img_0243

と、意外にも静かな歩きやすい道が続いている。

Img_0247
 左手に、巨大ごみ処理場が見えてくる。
東京の西側の、あらかたの市町村から集められたごみがここへ来るらしい。
広大な広さです。


 そして、辻の道標が、この処理場のフェンス方向に向かっても、案内が出てる。
昔は、道があったのに、立ち入り禁止になっちゃったんだね~。巨大な作業車や収集車が走るところに、人が通ったら危ないものね。

Img_0252
 しばらく登ると馬引峠。
先日の帳付山も、馬道 って言うのがあった。
昔は、荷駄での流通が、普通だったんだものね。

 ここは、五日市と青梅の流通のかなめだったんじゃないかな。ずっと、日の出町と青梅市の境を歩く。

 尾根を右へ上ると、今日の最高地点、赤ぼっこ(409,6m) 赤土が抜き出しの場所 って意味らしい。

 \(^o^)/ わー
いい眺め。

Img_0256
最近伐採して、眺めがよくなったらしい。

Img_0266_1
御岳・大岳・三頭山に、

Img_0259

高水三山の奥に、棒の嶺も近い。

Img_0260
奥武蔵の山の後ろに、かすかに日光方面も見える。

 ここ、冬の晴れた日に、お姉さま方をお連れしたいなぁ。

 この山頂に・・・
まっくろくろすけがいるの。

Img_0268
どなたが置いてくださったのか、なかなかかわいいです("⌒∇⌒") 

 子供の日なので、アイスコーヒーと鯉のぼりの和菓子を頂きます。

Img_0270
 ちょっと西へ行って、北へ張り出した岩が天狗岩。

Img_0276

大岳が目の前で、こちらも高水三山や棒の嶺が間近によく見える。

 要害山は、展望がないらしいので、四等三角点峰394,4mで尾根を降りる予定。

 ところが、地形図にルートがあるのに、あまり歩かれていないらしく、道が藪々な上に、足元がグズグズで危うい。

Img_0287
 うーん "( ' ' ;)
どうしよっか。

 南側に、林業さんの?林道が見えていて・・・

Img_0288_1
あれで戻ろうか?
きっとどこかで、尾根に上がれるよ。

 ほとんど水平移動を30分。
地形図を見ると、林道は、いきなりぷっつりと、無くなっています。
 そう言うところには、たいがい誰かの踏み跡があるから~

 おしゃべりしながら、ほぼ水平移動。

ツルカノコソウ

Img_0283_1

ウマノアシガタ

Img_0291

途中、林道三叉路に登山道2本のある、広い場所もある。これで降りると…車からだいぶ離れちゃうから、まだ先まで歩くと、地図通り林道はぷっつり無くなっていました。

Img_0290
 その先に、鉄塔巡視路がありました。
やった(*^_^*)v 
これで、難なく尾根に戻れる。

 で、馬引峠へ戻って、途中の案内にもまっくろくろすけ

Img_0292

車を置いたところへ下山。ちょっとドキドキしたけど、無難に戻れたね~。

 GWのお天気の日に、登山者は2人にしか会わない、静かな尾根でした。
MBには、会ったよ。

 Img_0296
確かに、邪魔な登山者がいない、MBにいい尾根かも~。

五日市駅前には、日の出つるつる温泉へ行くバスに乗る人の列

今日は、入場制限があるかも知れないね。」

Img_0300

« 帳付山と諏訪山 | トップページ | 鳴神山のカッコソウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帳付山と諏訪山 | トップページ | 鳴神山のカッコソウ »