« 日留賀岳 | トップページ | 立山~畑尾山 小富士~幻の滝 »

2019年5月29日 (水)

後烏帽子岳

 一昨年、お姉さま方と泊めて頂いた、マイフレさんの別荘。
その時、烏帽子山へ行こうとしたら、林道ゲートが閉まっていて行けなかった【><。】 
お姉さま方も、ずっと、気になっていたと言うので、今回はそのリベンジ。

 仙台駅まで、マイフレさんに車でお迎え頂いて、
すみません。
お世話になります(/・0・) 

 お泊り荷物を置きに、別荘へ寄る。
出だしが遅いから、聖山平ヒュッテからの、最短ルート。
実はこのルート、、残雪量と渡渉が、気になっていました。

 林道がら降りると、ショウジョウバカマがお出迎え~(*^_^*)
Img_1072
 直ぐに、トラロープの付けられた渡渉。
そこそこ水量があるけど、ロープがあってありがたい。
南へ登っていくと、ミツバオーレンにムラサキヤシオ

Img_1096

エンレイソウも

Img_1089
次の沢へ降りるところに・・・

\(^o^)/ わーい 
サンカヨウ!

Img_1168

イワナシに

Img_1097

コヨウラクツツジも

Img_1074

 その次の沢は、簡易の板橋に、積まれた飛び石で、渡った先がすぐ残雪。

Img_1166

その次の渡渉は、真ん中が危ういので、念のため、お姉さま方に手を貸しました。
水量が多くなくてよかったわ~(;-_-) =3 ふぅ~

 笹の道を歩いていたら
きゃぁ~!!!
なんて初々しいシラネアオイ。

Img_1108
眼福 眼福~♪~

 股窪を過ぎると、湿原にミズバショウが咲いている。
すごいすごい!

Img_1105
これを、お姉さま方にお見せできただけでも、よかったわぁ(*^_^*)v 
白い、山椒魚の卵がいっぱい浮かんでいました。

Img_1103
今日は、時々霧雨が降ったり止んだりで、この時は傘をさして写真撮影。

 ミネザクラがいっぱい咲いている、ちょっと藪っぽい道。

何度か残雪。

Img_1113

ひと登りで ろうづめ平。

しばらく降っていた雨が、ここで止んだので、この隙にランチ!

Img_1119
 ここから北東へ向きを変えて、尾根を登る。

アカミノイヌツゲ

Img_1112

ツマトリソウ

Img_1124

ミヤマスミレの色がかわいい

Img_1129


数年前に登った、一等三角点峰 屏風岳が、まだまだ雪をたたえてかっこいいけど~
ここからは、木が低くなって、風が強い。

Img_1150

 蔵王の刈田岳や熊野岳もしっかり見えてきて、登山道はミネザクラが満開!
Img_1147
 

 後ろ烏帽子岳(1681m)

Img_1151

 景色が見えるか心配しちゃったけど、いい眺めです~。
でも、風がすごい。

 お姉さまの髪がメデューサ!

Img_1152  
 のんびりしたかったけど、屏風岳にガスがかかり始めた。

Img_1156  

 やばい!
この風当たりの強い尾根で、雨が降って来たら、傘はさせない(;>_<;) 
休憩もそこそこに、一気にろうづめ平へ降りる。


 途中、少し木のあるところで、振り返ってお姉さまを待って~

あら、開き始めのオオカメノキがかわいい。

ランチしたろうづめ平へ (;-_-) =3 ふぅ

 よかった、これでもう、傘がさせるね。
問題は、渡渉の水量が増えていないかだわ。
暖かい雨が降ると、残雪が溶けるからねぇ~。

 ミニスノーブリッジをまっすぐ歩いてくるお姉さま。

「右!もっと右に来て!」

Img_1161

 で、最後の渡渉は、行きより少し増えていた。
お姉さま方は、安全な平らな岩に足を乗せるので、水面下の岩を選んでました。
さすがです!
 Img_1172  
 

御田神湿原へ行ったけど~

Img_1175

廻りはまだこんな状態

Img_1191

 開きかけのヒナザクラ 

Img_1187  

ミネズオウ

Img_1181 

ハタザオ

Img_1193

お買い物して、マイフレさんの別荘に到着。
別荘に、温泉が引かれているのよ。

Img_1201
かけ流しの温泉に、お貸し切りで入るのは、もったいない気分。

 今夜は焼き鳥丼定食にしました。

Img_1200

外へお夕飯に出たら、あらら霧雨?

明日のお山、大丈夫かしら。

 
 5月29日
夜半から篠突く雨(/_;)
昨日買ったヨーグルトやパンで朝食。

 今日は、マイフレさんがよくご存じの、仙台富士(太白山)へ連れて頂く予定。
でも、急で岩っぽいお山だから、この雨じゃぁね。
で、お山は中止。

 のんびり朝風呂に入って、仙台へ。
今日は、大人の社会科見学。
地底の森ミュージアムに寄って頂きます。

Img_1202
 ここね、2万年前の樹木や古代人の焚き火の跡が、水に浸ったためにそのまま残されたとこなの。
古代人の焚き火の跡のそばに、石器の矢尻や、その矢尻を作ったらしい、石器の破片も見つかってる。
 で、再現映像を見せてくれるんだ。 
古代人が猟に出て、湿地のやや高台で火をおこしてビバークするの。
獲物があれば、裁くから、毛とか痕跡が残る。でも、焚火の近くに、そういう痕跡はないから、なにも捕れなかったんだろうって。
干し肉でも炙って飢えをしのいだんだろう、って。
遺跡だけから、そんなストーリーが分かっちゃうんだね。

 一昨年、大東岳へ登った帰りに、マイフレさんに連れて来て頂いたんだけど、とっても面白かった。
だから、お姉さま方にも、ぜひ見て頂きたかったんだ~。

 この展示のバックの絵にね、とんがった山が描かれてるの。
これ、登る予定だった太白山ですよ。

Img_1203
 青葉城へ連れて行って頂いて、北に栗駒山が見えました。

Img_1224
伊達武将隊の方と記念撮影(* ̄∇ ̄*)

Img_1222
仙台名物、牛タンの釜めし定食を頂いて~

Img_1225

 伊達政宗公の霊廟へ。
瑞鳳殿って言って、政宗公の廟の周りに、ド派手な九曜紋

Img_1229
さすがだてのお殿様。
殉死した20人の供養塔もあって、5月24日が命日。なんと
政宗公の子孫と、殉死した方々のご遺族の子孫から、お花が手向けられていました。

 最後に、朝一に午後一に連れて行ってもらって、お魚やお野菜が安い!

 そろそろ新幹線の時間だわ。
マイフレさん、色々ありがとうございました~( ´ ▽` )ノ 
かけ流しの温泉別荘も、お山も、観光も最高でした。
楽しかったです~。

帰りの新幹線から、蔵王と昨日登った後烏帽子が見えました。

Img_1233
 あれ、登ったよ~(=●^0^●=)v

« 日留賀岳 | トップページ | 立山~畑尾山 小富士~幻の滝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日留賀岳 | トップページ | 立山~畑尾山 小富士~幻の滝 »