« 後烏帽子岳 | トップページ | 鈴ヶ尾山~大桑山~高畑山~倉岳山 »

2019年6月 1日 (土)

立山~畑尾山 小富士~幻の滝

 今日見たいものは、午後しか見られないらしい。

 ので、とりあえず、籠坂峠から立山(1308,6m)へ
急激に暑い日があったので、春のお花はもうお終いで、夏の花はまだって言う狭間。
この辺りの標高だと、サンショウバラもまだです。
でも、展望台からのきれいな富士山を眺めたいと思って。

スコリアが掘れた道

Img_0006_1

 あれれ~
今日って晴れ予報じゃなかったの~(/_;)
辺りには暗い雲が。
富士山は全く見えません(;>_<;)

 あちこちの藪をのぞいてみるも・・・
お目当ての花は見つからず~(;´o`)

アズキナシ

Img_0024

タニウツギ

Img_0022_1

ヤマハコベ

Img_0010_1

立山(1308,6m)三角点はウマノアシガタとシロバナヘビイチゴに埋もれそう

Img_0018

スッポンタケが

Img_0027_2

あっちにもこっちにも

Img_0028

ヤマボウシが咲き始め

Img_0038_1

アザミ平まで2時間ほどの周回をして、下山。

 さて、車で移動して・・・
「まぼろしの滝」って、富士山の標高2,000m付近に見られる滝なの。
年によって、現れる場所や様相が変わるし、一年の内のたった1ヶ月くらいしか見られないんだよ。
だから「まぼろしの滝」

 富士山の地面って、赤黒い軽石みたいな火山噴出物(スコリア)で覆われてる。
だから、雨水や雪解け水は、地面を流れないで、すぐ地下に染み込んじゃうの。
富士山は他の山と違って、川がありません。
で、100年以上たってから、富士山周辺の地表に湧き水として出てくるの。
富士の湧水池って言って、あちこちにきれいな流れの湧き水があります。

 でね~
須走口五合目からすぐのとこだけは、スコリアじゃなくて、表面が岩盤状になっているの。
だから、富士山を流れる滝が見られるんだよ。

 さて、まだマイカー規制のない、須走口五合目。
登るにつれて、辺りは真っ白~(;´o`)

Img_0042_2
 ありゃりゃ~、滝と富士山の写真は、ちょっと無理そうだぁ【T_T】
ま、せめて、滝に水が流れていて欲しいな。
時間が遅いほど、水が多いって聞いていたから、まずはお気に入りの場所、小富士へ往復。
ここは以前、お姉さま方とも何度も来たし、
夫の仕事関係のお客様も、お連れした。
ドイツやシンガポールの方を連れてきたら、とっても喜んで頂けました。
富士山の中で、富士山が、富士山的に見える、唯一の場所。 
だと思います。
苔とコメツガの樹林歩きも素敵。
北八つを歩いている時の匂いよ。

 でも、ガスってて、富士山はちょっと拝めなさそう~。
小富士は霧の流れが早くて寒い。
標高は1980mほど。
しばらく粘っていたら、一瞬だけかすかに、山頂が見えた。

Img_0052

 ヤマハンノキの雄花

Img_0053

ミネヤナギの雄花

Img_0056

ミネザクラ

Img_0060_1

カニコウモリソウの葉が、出たてでツヤツヤ

Img_0064

五合目の菊屋さんの、キノコスパゲッティーを頂いて~

Img_0069_2
ここは、富士登山の時は、宿泊施設にもなるの。
夏の富士山は、最近ものすごい人ごみで、どこの山小屋も寝られたもんじゃない。
だから、もし、富士山に登りたいなら、そしてご来光狙いじゃなければ、
この須走五合目で泊まって登るのが、お勧めです。
かなり上まで時々樹林があって、涼めるし。

 今日は、第三駐車場の南奥から、歩き出し。

 小鳥の声に迎えられて、芽吹きのカラマツの林に入る。
カラマツの林の奥も、わが通る道はありけり~。

 ダケカンバ林を抜けると

Img_0070 

当たりは真っ白です(;>_<;)

Img_0102_1
ちょっと登って、あとは平行移動って感じで、岩場にぶつかります。
そこを、富士の雪解け水が流れています。

Img_0073_1

 相変わらずガスって真っ白。
今日はお日さまが出てくれなかったから、滝って言うにはちょっと細い~。
でも、とりあえず水は流れていてくれて、よかった!

Img_0090

 菊屋さんのおかみさんが言うには、今朝10時半に来た人は、全く水が流れていなかったって。
しばらく、記録的な猛暑だったし、そろそろ終盤だから、心配していたの。
晴れていたら、見上げると、滝と富士山が一緒に見られるらしいんだけど~
富士山どころか、10m上は真っ白よ~。

Img_0091

どうせ辺りは真っ白だし、この川の水源まで行こう!
って、どんどん登る。
雪で削られて、溶岩の岩は結構ツルツル。

Img_0095
段差のある岩の上だから、あちこちで滝になって流れ落ちて、癒される音がする~。
歩きにくいスコリアと、ツルツル溶岩、交互に歩く感じ。
辺りは森林限界に近くて、高さ1mほどのミネヤナギやヤマハンノキがあるくらい。
あとは、イタドリとオンタデが出てきたとこ。

 あ~ \(^o^)/
雪原下部のスノーブリッジから

Img_0086

ツーツーと水が滴ってる。

Img_0088_1
標高は・・・
2,230m( °o° )
あ~、これで富士山が見えたらねぇ。

 行きはガスって真っ白だった三段の滝で、少しガスが切れるのを待って、写真を撮って、下山。
ちょっと、富士登山の面白さがあったよ。

Img_0096_1

フジハタザオのつぼみかな

Img_0098  

道の駅須走で、富士山ソフトって言う、下が青、上が白のソフトを頂く。
青い部分は、ちょっとソーダっぽいさわやかな味。

Img_0103

 さて、この時間だと、まだ東名の大和トンネル渋滞はないかな?

 よかったぁ ε= (*^o^*)
結構早く帰れたよ~。

« 後烏帽子岳 | トップページ | 鈴ヶ尾山~大桑山~高畑山~倉岳山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 後烏帽子岳 | トップページ | 鈴ヶ尾山~大桑山~高畑山~倉岳山 »