« 越前岳~呼子岳~蓬莱山 | トップページ | 川苔山 »

2019年6月11日 (火)

杓子西尾根

そろそろ梅雨に入るこの時期は、行き先を考えるのが難しい。

今回、お山の予報が雨~曇り~雨と ころころ変わるので~
雨の日用と、2つのお山の地図を用意して、出かけました。

 この時期のお花は~
今年まだ見ていない、サンショウバラが、もしかしてまだ見られる?

 ってことで、お姉さま方がまだ歩いていない、杓子山西尾根の端っこから登ります。
富士山方向の雲が低くて暗い。
今日の杓子は、12時から雨予報。
うーん "( ' ' ;) 
行きの中央本線で、雨の日ルートにしようか迷う~。
でも・・・行って見ましょう。

 富士山駅からタクシーで、藤原藤房卿のお墓へ。
って言っても、運転手さんは分からなかった(/_;)
昨日、グーグルマップで調べた、登山口近くのペンションの電話番号を、ナビに入れてもらう。
グーグルマップ、ありがたいね。

 藤原藤房ってね、後醍醐天皇の側近。
倒幕計画を察知して、天皇を守って逃げたの。
2年後に上洛して復権、でも、権力の絶頂期に出家したんだよ。
人生絶頂期に出家って、何で?って思うけど、足利尊氏なんかもそうでしょ。
で、京都な亡くなったらしいけど・・・
秋田にもお墓があるし、ここにも~。
結構人気の人なんだね。
義経ジンギスハン説みたいなものかな?
富士吉田の観光課が?整備したお墓への階段は、藪々で、もはや廃道(;>_<;)

Img_0074_3

で、回り込んだら~
あら? 最近トレランがあったみたい。 
それなら、藪じゃないかも~(*^_^*)

 お墓にお参りして・・・

Img_0079_1
最初が急斜面。
(・_・;)エー 藪じゃん!(;´o`)

Img_0083_1
ここ、トレランさんが走るの~?
確かに赤テープは頻発であります。
倒木多数(;>_<;)

 で、300mほど標高を稼ぐと、あとはゆるくアップダウンしながらどんどん東へ。

 (・_・;)エー
標高1000m付近で、サンショウバラが散ってる~。
木の上に少し残っている程度。

Img_0094
もっと上に、咲いてると思いますよ。

 バリ特有の、急斜面波状攻撃で、なかなかの汗だく~。
ギンランがいっぱいで、今日はギンラン祭り。

 暗い霧の中に入って、ありゃりゃ、と思っていたら、標高1433mの展望地で薄日が射してきた。
頂上はもっと真っ白で暗いだろうし・・・
「ここでランチにします」
先週は3人だったから、さびしかった。
やっぱ4人いると楽しいね~(* ̄∇ ̄*)

Img_0118_1

 そして、以前サンショウバラを見たのはこの辺・・・
のサンショウバラ、何本もあるのに、全く花芽もついていませんでした(T-T) グスッ
この辺りの木は、今年は裏年?

キイロスッポンタケがいっぱい

Img_0120_1

時々ガスが抜けて日が射す 

Img_0140

もうひと登りで、山梨百名山の杓子山(1598m)

Img_0147_1
河口湖の左に、富士山がドーン!と・・・
見える時は見える(´ヘ`;)
真っ白な雲の中にレンゲツツジ越しに、うっすらと河口湖が見えた。

 Img_0141_1

南へ降りて~
地面が濡れてツルツルで、めっちゃ緊張。
高座山経由で下山予定だったけど、お迎えを頼んだタクシーに連絡。
お迎え場所、替えます。
不動湯へ来てください。

 高座山からの下りは急な土斜面、今日は止めましょう。
この辺は、春に山焼きをするのよね。
だから、草原が気持ちがいいんだけど、土がぬかるむと、つかまる木がないんだよ。
昨日は、結構雨が降ったんでしょうね~。

クサタチバナ

Img_0124_1

 大権首峠から、不動湯へ降りる。
下りたところに、向こうからタクシー!
絶妙なタイミング(*^_^*)v
 
 月江寺駅からの富士急行 リサとガスパール柄。
フランスと提携したの?

Img_0180
富士急さん、相変わらず車両にばかり凝りますね。
遅いんだから、料金安くしてよ~。
相変わらず、外国人旅行者がたくさん乗ってました。

 今日は、きれいなサンショウバラには会えなかったけど、雨に降られずに歩けて、よかったです~(´ー`)

 朴の葉を一枚、頂いて来ました。

今夜は、ワラビのピーナツ粉和え 

卵豆腐杓子の山椒乗せ 蕨のお澄まし 

子芋の炒り煮 サラダ 鶏肉の紫蘇フライ 

ちい姉さまに貰ったイチゴゼリー 

Img_0182_1

« 越前岳~呼子岳~蓬莱山 | トップページ | 川苔山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 越前岳~呼子岳~蓬莱山 | トップページ | 川苔山 »