« 道志二十六夜山 | トップページ | 館山 »

2019年7月13日 (土)

杣添尾根で横岳

 先々週 横岳のウルップソウを見ようと思った。
八ヶ岳に近づいたら、黒い雨雲が付いていて、美しヶ原と鉢伏山に変更しちゃった。
今週なら、ぎりぎりでリベンジできるかな。
 
 中央高速から見た八ヶ岳・・・
稜線に白い綿帽子がかぶってる【><。】 
でも、黒い雲じゃないから、ガスってるだけかな。
景色は無くても、ウルップソウやコマクサやヤツガタケキスミレが見らればいいよね。
 
 登っている間だけでも、降らないでくれたら、ありがたい。
雨具を着ての長い登りは、とにかく暑いから。

 この杣添尾根コースは、登山者が少ない静かなルートなので、昔から好き。
ここ8年ほどでも、週末会や火曜会やらで、4回登っています。
ずっと、ほぼ樹林。

Img_0339_20190713180501
 別荘地を抜けて、シラビソと苔むす登山道は地味に急登。
コイワカガミとミツバオウレンに癒される。

Img_0347
今期お初の2400m越えで、酸素が足りないって身体が訴えてる~。

 上は相変わらず雲に覆われているから、見納めかな?
雲海の上の、金峰や富士山を撮る。

Img_0346_20190713180501
最後に支尾根から三叉峰へ上がるところは、ガスって真っ白!

Img_0354
 ハイマツ帯の岩登りで三叉峰(2825m)

キバナシャクナゲや

Img_0348

ツガザクラ


チョウノスケソウにイワヒゲにオヤマノのエンドウ

Img_0363_20190713180801

 でも、風が強くて、ウインドブレーカーを着てフードもかぶって手袋をして!
 
 ガスって真っ白だけど、お花はいっぱい。
ウルップソウの青が美しい!

Img_0368_20190713180801
これが見たかったのよ~(⌒^⌒)b うふっ
千島のウルップ島で発見されたから、この名があるの。
白馬とここと、礼文島にしか、自生していないんだよ。

 いやぁ、満足満足(*^_^*)v 

 ちょこっとだから、横岳、行っとく?
久しぶりの蟹のヨコバイ、鎖が冷たくて気持ちいい。

Img_0450

 横岳(2829m)3年振りかしら。

Img_0377_20190713180901
すぐ下の、台座の頭付近のコマクサも見たいから、下りていたら、

向こうから八ヶ岳レンジャーさん。
「これ、どうぞ~」って

Img_0420
やってはいけないことが書かれた、そして反対側に赤岳と阿弥陀岳が描かれたカードを頂いた。

 

「せっかくだからシロバナコマクサにご案内しましょう」

Img_0431_20190713181001
って連れて行って頂いて、ちょっと立ち話していたら!

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
みるみるガスが抜けていくではないですか!

Img_0417_20190713181101
そして、雲海の奥に!
またもや、槍穂~\(^o^)/ 

Img_0437
乗鞍と御嶽山と中央アルプスも。

もう、びっくりです~♪~

富士山が見えて、その横に三叉峰、そして横岳

Img_0432_20190713181401

 横岳まで戻って、この眺めをつまみにコーヒータイム。

レンジャーさんに頂いたカード

Img_0457_20190713181001
さっきは真っ白だった赤岳を撮って、あら、ちょうど反対側だね。

Img_0452_20190713181401

さてさて、三叉峰へと向かったら・・・
また、来た時と同じくらいのガスの中に。

Img_0467_20190713181501
 なんだったの?
この20分間は(ノ°ο°)ノ 
 
 お花と雲海と眺望を楽しんで、杣添尾根で下山。


途中で登ってきた若者に「ずっとこんなに急ですか?」
って聞かれたから、
「急だけど、もしかしたら槍ヶ岳が見られるかも知れないよ~。さっき見えたよ」
って、ニンジンぶら下げて、「頑張れ~」って送った。

 高速へ出る前に、甲斐大泉のパノラマの湯へ寄って、お着替え。
炭酸塩泉で、ぬるめだけどとっても気持ちがいいんだよ。

Img_0510_20190713181501
 高速は、下りの渋滞が続いていて・・・

登りは渋滞なし!(*^_^*)v ヤッタネ
3連休だから、ゆっくり出たら空いてるかな、って思った人が多かった?

 明日から雨予報だなぁ。
館山のお布団を干すつもりなんだけど・・・
晴れ間があるといいなぁ~。
 

 今日は、先々週のリベンジで、お花意外に思わぬ眺望が楽しめました。
 (*^_^*)v やったね~

« 道志二十六夜山 | トップページ | 館山 »

コメント

今晩は!
杣添尾根は一度は登ってみたいと思っていますが、毎年忘れているのが昨今です(^_-)-☆
車が二台あると通り抜け出来るのですが、中々思い切れません。
今年は、ミヤマアケボノソウをこちらで見たいのですが、
ミヤマモジヅルと一緒となれば南八つでしょうかね?

通り抜け・・・
この時期の美濃戸や涸沢鉱泉付近は、体が黒く見えるくらい、アブにまとわりつかれます(/_;)
なので、7月の八ヶ岳西側は、苦手です【><。】
ミヤマアケボノソウは、鉾立付近で見かけます。鎖と鎖の間。
ミヤマモジヅルって・・・私は八つで見たことはないですが・・・
あ、北沢にあったかな? ごめんなさい、覚えていません(;>_<;)
山ちゃんなら、別荘地から杣添尾根で登って、鉾立までいらしても、
ああ、赤岳までいらしても、余裕で戻れるんじゃないですか?("⌒∇⌒")

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道志二十六夜山 | トップページ | 館山 »