« 針ノ木岳~蓮華岳 | トップページ | 新道峠~節刀ヶ岳~大石峠 »

2019年8月 8日 (木)

みくりヶ池温泉~大日小屋~称名滝

 今年の火曜会のハイライト かな?
久々の3000mクラスへ、80代のお姉さま方と登山です。

 東京発のかがやきは、なかなかの賑わいでした。富山まで2時間。
のんびり朝ご飯を食べて、おしゃべりして~

 電鉄富山で乗り換えて、立山からはケーブルカー。電鉄富山駅で、時間指定の切符を買ったので、ロスなく乗り継げます(*^_^*)v

 よかった! 思ったほど並んでいない。
室堂へ行くには、アクセスがなかなか面倒なんですよね~。団体さんが重なったりすると、えらく待たされちゃう。乗り換えが面倒だから、こう言う計画が苦手な人は、楽なツアー任せにしちゃうんでしょうね。

 バスに乗り換えて、室堂へ12時半着

ミヤマリンドウ

Img_0257

タテヤマリンドウ

Img_0255

タテヤマチングルマ

Img_0263
ここから、今夜泊まる今夜泊まる、みくりが池山荘までは、15分。
 どうしようかと思ったけど、チェックインして、お泊り荷物をすべて置いて、散策にでます。お姉さま方と、浄土山横の展望台へ。

 ところが、ちょっと歩いたところで雷が【><。】 
まだ1時過ぎだよ~。
お姉さま方は「ここで帰るから、あなたは行ってらっしゃい」って。
 で、登ったけど、途中から黒い雲がどんどん来て、バリバリバリ~!
龍王岳は登らず、展望台で引き返しました(;>_<;) 

Img_0270_20190808212001
五色ヶ原方面は真っ暗な雲でした(;´o`)

 雨の匂いがしてきたから、ダッシュでお宿へ向かっていたけど、ぽつり・ぽつり・・・
ザーっと来てから雨具を出したら遅いから、雨具を出して、着ずにかぶって、何とかみくりヶ池温泉の建物の中へ。直後に、ザーザー来ました。よかった。間に合って(#´ο`#) はぁ~

 お部屋で、では('ー ' *) ・・・
先日のお誕生会に飲んだ、ブルーティーを凍らせて持って来てたの。ちゃんと、ポッカレモンも持って来たよ。お姉さま方の前で実演。
ほら、青緑が紫に代わるでしょう?(´ー`) 
冷たくて美味しいと、喜んで頂きました。

 それから、お風呂。お山を歩いた後、温泉に入れるのって、ありがたい~。海外の方が多い女風呂でした。

 お部屋は涼しくて、しかも、窓からは、明日登る奥大日と大日岳が、ドドーン!
5人で個室、一人10500円です。
夕立の後のクリアーな立山三山

Img_0285
 お夕食は、ちょっとした旅館みたいよ。
なかなか堪能しました。

Img_0287_20190808212201
 8月7日

4時40分の朝焼け

Img_0294_20190808212201
朝食はバイキング。
なかなか お味も美味しいです。
しっかり食べて、キャンプ場を通って、奥大日へ。

キスゲが見事
Img_0329_20190808212301
 標高が高くて空気が遅いから、いつもよりゆっくりペースにします。
こういう時は、前の靴に次の靴をつけるくらい歩幅を小さくするの。
そうすると、高度順応がよくないお姉さまでも、歩ける(*^_^*)v 

 尾根に出て、西へなだらかに登って降りると室堂乗越。

残雪とモミジカラマツと劒

Img_0336

弥陀ヶ原の奥に薬師

Img_0349_20190808212601

薬師の左に笠

Img_0352

槍も見えました

Img_0348_20190808212601
何度かの急登があって、奥大日(2605,9m)

Img_0367

タテヤマトリカブト

Img_0372_20190808212701

キヌガサソウ

Img_0375_20190808212701

オオバタケシマラン

Img_0378_20190808212701
このあとの急登で、気温がすっごく上がった。

雲の動きが早い。

Img_0401

Y姉様がきつそうだから、ここで休憩にしよう。

で、スナックタイムにしたんだけど・・・
「ゆっくり行くから、先に行って」って~
このルートは、ちい姉さまとK姉様も登っているし、まだ12時。

じゃ、ゆっくり来てください( ´ ▽` )ノ 

ちょうどいいペースにできなくて、ごめんなさい(。_。;) 


 私とPちゃんがいると、ついつい頑張ってしまうんでしょうね。

 このあとは、お茶を飲んだりして、ゆっくり楽しく歩けたようでした。

  私とPちゃんは一足お先に、七福園って言う岩々公園みたいなところを過ぎて、大日小屋でお泊り手続きとお部屋の確保。
 小屋前で、ラーメンとコーラを頂いていたら、お姉さま方がお元気に下りてきた。
Img_0408_20190808212901
 山小屋で食べるラーメンって、何でこんなに美味しいんでしょう(=●^0^●=)v

 宿泊荷物を置いて、軽くなったザックで、大日岳(2501m)へ
Img_0452_20190808213001
 この時、ガスって真っ白で・・・
\(●⌒∇⌒●)/ 
山頂に6羽! 婚姻色のオス2羽、と雌2羽と大きな雛が砂浴びをしていた!
写真、撮り放題~("⌒∇⌒") 
Img_0444_20190808212901

他のオスとメスと雛も

Img_0445_20190809013401

 

アカモノ

Img_0412_20190808212901

イワショウブ

Img_0407_20190808212901

イワヒゲ

Img_0415
 雷鳥観察でのんびりして、降りる途中でも、ママと雛3羽!なんて遭遇率でしょう。
Img_0465
 戻ったら、小屋前に虹が!

Img_0471_20190808213201

 すばらしい!

早月尾根に小屋が見える。その上に小窓尾根、その上に白馬

Img_0480

早月小屋をアップ

Img_0481_20190808213201
しばらくしたら、今度は室堂方向にまた虹が出て、これはかなり長い間、見えていました。
すばらしいひと時でした。
Img_0492

劒の上にも

Img_0494

夢のような時間~♪~


 大日小屋は、オーナーさんがギターを作っているそうで、壁にいっぱいかかっています。
お夕飯は、カラッと上がったお魚のフライなどなかなか美味しい。

 夕食後に、オーナーさんのギター演奏。
これも、すばらしい時間でした。
Img_0500_20190808213401

 8月8日

劒の肩から朝日

Img_0515_20190808213501
今日は、ここから1500mの一気下り。
お膝に気を付けて、つんのめらないように降りましょうね~。

雲海の上に白山

Img_0519_20190808213501
 岩々の激下りがやっと収まったころ、木道になって

Img_0534

大日山荘辺りから、まだ8時前なのに、ジリジリと暑くなってくる。

モウセンゴケの花

Img_0540_20190808213601

ツルアリドウシとアカモノの実

Img_0541_20190808213601
 このあとの牛首付近の急降下からが、暑さできつかったぁ~(#´ο`#) はぁ~
Img_0544_20190808213601  

このルートは、最初と最後がめちゃくちゃ急斜面ですね~。
Img_0545

アクシバ

Img_0547_20190808213801
 やっと下りきって、称名滝へ。
 Img_0560_20190808220501
 途中で(ノ°ο°)ノ 
マイフレさんグループと遭遇!
大日平小屋へ1泊だったそうです。
Img_0558
 称名滝は、落差日本一の350m迫力の滝です。でも、雪解けのこの時期、すぐ右に細い滝が出るの。期間限定で、それが日本一の落差の滝ですって。こちらは、下山途中で見られました(*^_^*)v 

 称名橋からの眺めは最高。
ミストが涼しい~。

 バス時刻まで25分!レストハウスで、かき氷 頂きます( ´ ▽` )ノ 

 行く前に、グーグルマップで調べて電話しておいた、立山駅前の千寿館。昼間だけ、600円で、日帰り入浴をやっているの。最後にここで、汗を流してお着替え。さっぱりして、気持ちがよかった~(=●^0^●=)v

 駅で、白エビそばを頂いて~

Img_0566
新幹線かがやきへ。

 お姉さま方、昨日と今日、よく歩きましたねぇ。累系標高差は登り900m 下り2100m

 80代になっても、これだけ歩けるってお姿を見ると、未来に希望が持てます。
ほんとうに、お疲れ様でした。

 指定席は、ほぼほぼ満席状態。
夏休みの富山だからと、帰りも早めに指定席を取っておいて、よかったですね~。

 東京駅で降りた時の・・・
べたつく暑さったら!(´ヘ`;)

 あ~(j o j) 
3000m級に帰りたい~!

« 針ノ木岳~蓮華岳 | トップページ | 新道峠~節刀ヶ岳~大石峠 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 針ノ木岳~蓮華岳 | トップページ | 新道峠~節刀ヶ岳~大石峠 »