« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月29日 (日)

姑と孫と温泉

 姑は、5年前に大腿骨骨折をして車いす生活。孫も、大きくなるとなかなか出かけにくくなるし、合同温泉企画("⌒∇⌒")

 館山の飛ばされた屋根のブルーシートを、頑張ってくれた息子一家。
ちょうど館山へ行ってくれている間に、息子一家の新幹線指定席をゲット。
土曜日だけど、ボックス席、取れたよ!

 車椅子のおばあちゃんと、二日間ずっと一緒じゃ、孫たちがちょっとなぁ・・・
って考えて、今回一日目は、別行動にしてもらおう。
息子一家は、名古屋からシャトルバスで、長島温泉へ。
そこで、温水プールと温泉三昧。
長島温泉って、サマーランドみたいに、回るプールや波のプルとか、色々遊べるの。
スリーコインズ(300円均一のお店)で、大き目のウキワを2つ買って持たせた。
孫たちは、うちに来た時に浮き輪を買って持ってるけど~
流れるプールで浮き輪で流されるのって、大人でも気持ちがいいじゃない。
息子と嫁も使うかも~ って思って。

 館山のカビ取りとブルーシート掛けじゃ、本当に二日間よく働いてくれたから。
で、ホテルのフロントで落ち合う手はず。

 私と夫は、暗いうちに家を出て、姑をお迎え。
10時ごろにショートステイのホームへ行くと、よそ行きを着て、ちょこんと椅子に座っているんだよねえ。
スタッフさんが「ほら、お嫁さん来ましたよ~」
「朝からずっと、そわそわしてらしたんですよ~」って("⌒∇⌒")

 夫が、伊勢の斎宮博物館に寄ろうって。
人の気持ちや好き嫌いが、あまり分からない人だから・・・
おばあちゃんは、そう言うのはあんまり興味がないんだけどな。
おばあちゃんは、キラキラしたもの、かわいいものが好きなの。
神事や斎宮が好きなのは、私と娘( ⌒ _ ⌒;)
Img_1114
 まぁ、そんなことを言うと面倒なので、黙ってついて行く。
車で1時間半 お伊勢さんに近い宇治山田に博物館があります。


斎王群行の旅を再現した映画(18分)が、なかなか面白かった("⌒∇⌒")
姑は、どちらかと言うと、お庭を眺めていたわ。

 ランチの後、春にも来たなばなの里へ。
広い敷地がコスモス祭りで、一面のコスモス畑。

Img_1116
これは見事です。砂利道の車椅子押しは、ちょっと腹筋使います。

 秋のバラ園も、大輪のバラがいい香りで、他にも変わった花が色々見応えがあって
「はれ、きれいやなぁ~! ほれ、見てみい」
って、喜んでました。

 長島温泉ホテルに着くと、息子一家がちょうどお部屋に着いていて、
「ばぁば~」
「プール楽しかったよ~」
ですって。

じいじは、孫にビンタされても「痛いよぉ~」って言いながら、出れでr~

Img_1122
 予約したバリアフリーのお風呂に、嫁と孫と入って、姑は、孫の動きに目を細めて~
いい親孝行ができました。
私がちょっと姑から離れる時「筋力ないから、浮いて溺れそうになるの。見ててくれる?」
って言ったら、嫁と孫でよく面倒を見ること!
なんだか・・・感動(j o j) ウルルル
幸せな時間でした~。

 お夕食へ行く時は、孫が交互に車椅子を押して、姑に
「曾孫さんが押してるよ~」

Img_1131
って言ったら、たー君とこーちゃんに、
「ありがとう ありがとう ええ思いさしてもろたわ」って、喜んでくれた(*'‐'*) うふ
 
 お夕飯は、美味しいお刺身やカニ、松坂牛のステーキに、揚げたての天ぷら等々
なかなか豪勢でした。
Img_1130
 窓から見える海に、夕焼雲が・・・

Img_1128
あれ? 明日は雨じゃないの?

 夜、長島温泉『湯あみの島』へ。
巨石を使って、人工の滝やせせらぎを再現した、露天風呂が緑の中に10個くらい点在するの。これは孫たちが喜んだよ。


 9月29日
土曜日まで、今日の天気予報は雨だった。
でも、朝日が射してるよ( ・◇・)?

Img_1133
孫たちに、ムーミンパークへ連れて行った時に買った、スリーコインズのポンチョを持って来たんだ。
でも・・・いらなさそう。

 朝、姑をもう一度、介護用の風呂に連れて入って、ゆっくりチェックアウトイン。
Img_1135
 この長島温泉に泊まると、ホテルからの特別ゲートで、一般は9時半の遊園地に9時20分に入れるの。
Img_1139  

そして、遊園地の呼び物の木製のジェットコースターは、今年の3月リニューアル。
その名も白鯨。知る人ぞ知る絶叫系ジェットコースターで、身長130センチ以上しか乗れない。これに、たー君が乗りたがるから、朝一でダッシュ。
 一般が入れない時間に、乗り場へダッシュしたから、運転開始の9時半に、一番に乗れたよ。
Img_1141  

85度の直滑降に、ダブルスクリュー なかなかのGで、面白かった。

 たー君は、下りたら、フラフラする~! 
って("⌒∇⌒")

 その間、こーちゃんは、ママとコーヒーカップとか。

 息子は子供の頃、絶叫系が大好きで、ラスベガスの巨大ホテルの遊園地にまで連れて行ったくらいなのに・・・
 今は、見ただけで身持ちが悪いって~。
嫁ちゃんは、もともと絶叫系は苦手。
「お義母さんがいてくれて助かります。絶叫系はお任せします」
って~("⌒∇⌒") キャハハ

 孫と私はフリーパスなので、そして、昨日まで雨予報だったせいか、日曜日の割に案外並ばなくて済むので~ 次から次に、色んなジェットコースターに乗って、一日でこんなにいろんな種類のジェットコースターやマッドマウスに乗ったのは初めてよ。

 ジェットコースターで、一番の急降下の所で待ち構えている、カメラを構えた息子に
「パパ あそこだよ~ イェ~イ!」ってやったら、下りたら「母さんが一番楽しそうだね」
って、言われちゃったよ(=^^ゞ ポリポリ

 かなりの絶叫系コースターが、9才から54才まで って言う放送をしているの('o'=)
でも、子供に「何歳?」とは聞いても「お客様
54才過ぎていませんか?」とは・・・なかなか聞けないね("⌒∇⌒") キャハハ
ってことで、年齢詐称? ってか、無視。一応警告したよ、脳梗塞とか腰が痛いとか言っても知らないよ、って事でしょうかね。 

観覧車から、孫の頭越しに白鯨 ちょうど急降下のところ

Img_1152_20190929223001

観覧車の一番上からは、白鯨の全貌

Img_1155
 

ホテルの前で、姑を家まで送る夫の車と別れて、

Img_1136

息子一家とバスで名古屋へ。
新幹線の車窓から、夕暮れのきれいな富士山と珍しい彩雲が見られました。

Img_1161_20190929223001
 姑孝行もできて、孫と遊べて、

温泉に入れて、ジェットコースター三昧。

今日は、楽しかったわ~(*^_^*)v

2019年9月26日 (木)

罹災証明依頼書

台風15号で罹災した館山の別荘。
台風17号の強風で、張ったブルーシートが飛んだ映像を、ニュースで何度も見た。

 どうなったかの心配と、やっと始まった館山市の罹災証明書申請に行くことに。

 何よりも、家に風を入れたい。
それには、湿度が低くて一日晴れの今日は、最適。

 朝一の横浜発のバスで行って、海は彼岸花が咲いていました。

Img_1079_20190926230601

窓をすべて開けて、まずはエタノール噴霧。

 それから、またカビが出ているところは、完全防備でカビキラー。

 ほんとは、板や布には使っちゃいけないの。
お風呂の目地専用のが、一番効くんだよね。
板や壁紙は傷めちゃうんだって。どのみち壁紙は取り換え、床板も張り替え。
でも、屋根が付くまで、すべてそのままだから、とにかくカビを退治したい。

 ゴーグルとマスクが、暑い~【><。】

 お昼休憩入れて、カビ退治掃除の後、瓦礫を駐車場へまとめて

Img_1084

 帰りの支度をして、市役所へ。

 罹災証明のための調査の依頼書を出すんだけど、写真がいるの。
 瓦が飛んだ屋根の写真と、飛んだ玄関屋根と瓦礫の駐車場と、雨漏りでベコベコになった床の写真 3枚を貼って提出。

 でね、税務課の一角で、来た人を整理する人が2人いて、受付職員が8人いるんだけど・・・
 電話は鳴りっぱなしだし、とにかく罹災した人が多いものだから、パニック状態。

 で、1時間待ってやっと呼ばれて受付。
『追って電話で、日にちを指定して調査に行きます』
って言われたので、
「依頼書を出した控えのようなものは、頂けないんですか?」
って聞いたら
『特にありません』(/_;)

 だいたいでいいので、調査までどのくらいですか?
『分からないんです。ごめんなさい』
「一週間後か3ヶ月後かも?」
『申し訳ありません。応援がくれば、早く行けると思うんですが、見当もつきません』
って言うお返事~【><。】
まぁ・・・
罹災者が多過ぎて、しょうがないのかな。

なにも貰えないって聞いて、写真を撮ってきたよ。

Img_1088

 無料の災害ごみの袋を配っていると聞いて、60枚貰って来た。
 この袋に入れておけば、申し込めば引き取りに回って来てくれるって言う。
それは助かる~。

「だいたいいつ頃?」
って聞いたら
『分かりません』
しかも、2tトラックが入れる道路に面した家のみ。
無理だぁ~。

 罹災後、まだ一度も館山へ行っていない、何の協力もしていない夫。災害ごみくらい、捨てに行ってもらいたいな。

 次回は、駐車場にまとめたごみを、貰って来た袋に詰めよう。

 重いごみ袋60枚、車なら、一度別荘に戻って、置いて帰宅したいところだけど・・・
高速バスに遅れちゃうから、カートに詰めて、ガラガラ引いて、横浜へ帰宅しました。

 今週末は、姑を温泉に連れて行く予定。
来週の火曜会はお泊り。
来週末は、週末会の日帰りのお山は、私が抜けても大丈夫。

 なので、お山をキャンセルして、瓦礫撤去とお掃除に行きましょう。

 市役所職員さんも、パニクっているのは分かるけど・・・
 罹災証明調査依頼書に、写真を添付して預けて、こちらは受付番号も、控えも貰えない。
いつ電話が来るかもわからない。
館山市の対応、1時間も待たされて、なんだかなぁ~。
な感じでした。

 受付番号くらい欲しいわ!

 そうそう、先週館山へ行った時は、台風から9日目。
でも、まだ手が回っていなかったと見えて、今回の方がブルーシートの家が増えてました。
農業被害も凄まじいようで・・・

頑張れ、千葉県!

2019年9月24日 (火)

林道閉鎖で源氏山予定が急遽 蛾ヶ岳

 去年の忘年山行の時に行こうと思っていたのに、予定より、林道の冬期が早まって、行けなかった源氏山。
その時お誘いしたメンバーさんにお声をかけて~
お近くのマイフレさんにもお声をかけて~
塩山タクシーさんを、大月まで呼び出して貸し切りです!
1ヶ月も前に予約したので、飯豊へ行った翌日、電話してタクシーを確認。
だって、前回 鳳凰三山の時、5人乗りって頼んだのにジャンボできて、料金が面倒だったんだもの。

 お久しぶりのマイフレさん方にご挨拶して、高速に乗ります。
大月から増穂ICまで。
運転手さんは、南アルプスICから先は、初めてだって。
出来て、1年ちょいかな?
出口はパーキング脇で、ちょっと分かりずらい。

 先週、マイフレさんに乗せて頂いた、池の茶屋林道終点付近の、標高1750mまで、車で登ります。
途中の登り窯の電話番号を調べて行って、ナビに入れてもらったので、ここまで間違いなくたどりつけました。

 最後の家が無くなった所に!!!


[台風通過予報のため閉鎖]
と書かれて簡単に置かれたゲート

すぐ後ろに、工事のクルマ。

 通過予報のためって、もう台風は行ったよ。
林道の安全確認なら朝一でやってくれなきゃ!
運転手さんがコーン2個つながりの通行止めバーをどけようとしたら、
その人たちが、どこかへ電話で問い合わせていて・・・
自分たちは工事の関係で通るけど、一般車は安全確認をしていないからダメだって。

(≧◇≦)エーーー!

タクシーを一日借り切って、大勢呼んで、やっと二年越しの源氏山へ行けると思ったのに(/_;)
すったもんだで、時間はもう10時近い(;>_<;)

 この辺で今から移動して、歩き始めて山頂でランチできる山って・・・
蛾ヶ岳くらいしかないな。
それでいい?

 四尾連湖まで移動25分。

 まぁ、久しぶりっちゃ、久しぶりだけど~
甲府から大月まで来てもらったマイフレさんには、地元の山で申し訳ない【T_T】

 運転手さんに駐車料金を払って頂いて、登り始める。

Img_1038_20190924211001
南アルプスも、富士山も雲の中

アキノギンリョウソウ(ギンリョウソウモドキ)

Img_1046_20190924211001

巨大舞茸 ちょっと遅いね

Img_1045

オクトリカブト

Img_1044

シモバシラ

Img_1042

西肩峠からがちょっと急

Img_1049_20190924211001

 蛾ヶ岳(1279m)

Img_1050_20190924211001
11時45分 さぁ、ランチだランチだ!

Img_1054_20190924211201
手間のかかったフルーツサンドが美味しいこと(*'‐'*)
みんなお腹が空いていて、バクバクと無心に食べる。
人心地ついて、お料理のレシピを聞いたりして、ゲストさんが多いと、メニューが普段と違って楽しい~♪~

 戻りは、隣の山へ寄って四尾連湖へ降りようとしたら、パラパラパラっと雨が降り始めた。
ザックカバー付けて、傘をさして、大畠山(1117,6m)へ。

Img_1058

雨だから、湖に抜けずに来た道を戻った方が木の下で濡れないので、来た道で下山。

 ここがお初のゲストさんがいたので、四尾連湖を眺めによって、車へ戻る。
Img_1062_20190924211201

銀扇草

Img_1063_20190924211201

この薄い丸いのに種が入っているの。


 当初の予定、源氏山と大峠山へ行くよりかなり早い下山だから、みたまの湯へ寄ってもらう。ここは、八ヶ岳や奥秩父の山、それに南アルプスの眺めがいいんだけど、さっき雨が降っていたくらいで、雲が多い。
Img_1065
 雲があっても、気持ちのいい眺め("⌒∇⌒")

 直売場でお野菜を買って、長い長いお茄子がお安い。

Img_1066_20190924211201

また大月まで高速を飛ばしてもらう。

 16:13の特別快速に、あと2分!
( °o° ) 乗るよ!

 甲府のマイフレさんに、あんまりご挨拶できなくってごめんなさい(゜゜;)
いつも、美味しいジャムをありがとう( ´ ▽` )ノ
次に源氏山へ行く時は、必ずお声をかけますから~(´ー`)

 ってことで、予定のお山へ行けなかったの【><。】
皆様、がっかりだったと思う。
ごめんね~
また企画するからね~(´ー`)ノ

 もしかしたら・・・
お怪我で来れなくなっちゃったマイフレさんが、来れる時にしなさい 
って、神様が言ってるのかな。

 行き先は違っちゃったけど、大勢で楽しかったです~("⌒∇⌒")

2019年9月22日 (日)

飯豊山

 初めに、館山で色々ご心配頂き、ありがとうございます。
ブルーシートは土嚢も少ないし、止め方が甘いので、いずれ直しに行きます。
懇意にしている工務店さんの地域はまだ停電のまま!(≧◇≦)
人んちどころじゃないですね。

 もう、物流は動いているらしい。
ねぇ、こういう時、お見舞いに送るなら、何がいいと思う?


 さて、飯豊の話。
ずっと、日帰りで行きたいと思っていたお山が、いくつかある。
でも、年を取ってペースが落ちてきて、聖や飯豊に日帰りは、もう無理だなぁ。
山友たちが、泊まれる日はないかな。
と思っていたら、来月末なら泊まれるって。
みんなも前から、飯豊は歩いてみたいって言っていた。

 1泊2日だと、アクセスを考えると、アップダウンがきつくても最短コースしか無理だね。
で、秡川駐車場から登ることに。

 最初は、秡川山荘ルートのつもりだったけど、地形図を見てなんだか微妙なトラバースが多いな。
こう言う道って、時々崩れていやらしいところがあるんだよね。
と思って調べたら、崩壊地があるって!
やっぱり~(/_;)

 日にちが近づいたら、土日が雨予報(/_;)
 
「ありゃりゃ。どうする?」
「雨でも行きます」
頼もしいお言葉~("⌒∇⌒")

 で、未明出発で上ノ越ルートへ。

Img_0819_20190922201401
最初の標高差4~500mが、奥又白に匹敵する急こう配。
鏡山からの尾根に出ると、勾配は幾分楽になる。

 薪岩山を登って下りて疣岩山(1653,6m)
眺めがよさそうだけど・・・真っ白~(/_;)

(ノ°ο°)ノ オオオオ

アケボノシュスラン?

Img_0828
 
 こんなに下りちゃうの~?
って程急降下して、また登る。
[もうちょっとで三国岳避難小屋です]
の案内板に癒される~。

Img_0856_20190922201401

 避難小屋の前でおやつを食べていたら、小屋番さんが出てきて
「今から降りるの?」どっちに?
「いえ、登ります」
って言ったら、そう、気を付けてね。
感じのいい方でした。

 三国岳は、お名前から福島・山形・新潟の県境かな。
と思っていたら、なんか違う~。
飯豊山神社が福島県の管轄なんですって。
なので、この三国岳から飯豊本山を経て御西小屋まで、福島県の領域が細~く伸びているみたい。

 途中、4段の梯子が3個ついているところが微妙な感じ。
むしろ梯子を使わない方が登りやすいかな?
 

Img_0866_20190922201701
 大日杉との分岐を越えて~
時々いやらしいザレたトラバースがある(T.T)
トラバース、嫌い!
でも、ウメバチソウや

Img_0845_20190922201401

ミヤマクルマバナや

Img_0859_20190922201401

フジバカマや

Img_0852

エゾリンドウ

Img_0846_20190922201401

 

アカモノ

Img_0853_20190922201401

色が濃いマツムシソウ

Img_0883

センジュガンピが咲いていて、癒される~(´ー`)

Img_0863_20190922201401

 やっと、切合小屋に到着。

Img_0885
宿泊手続きをして
「明日は雨みたいだから、今から山頂へ行きたいんですが、お泊り荷物を置いて行ってもいいですか?」
って言ったら
「どこを何時に出たの?」
って聞かれた。で、
「早いね、じゃ大丈夫だよ。行ってらっしゃい」
ですって。
ここの管理人さんも感じがいいですねぇ。

 普段持たない寝袋とマットとお泊りのお着替えが重かった~(;-_-) =3 ふぅ~

 じゃ、行って来ま~す( ´ ▽` )ノ
草履塚は、ちょっとした広場なので、お水休憩。
飯豊本山が見たいけど、相変わらず真っ白~(;>_<;)

 石組みで囲まれた姥権現さん、こんにちは(^∇^)ノ

Img_0901_20190922201801
昔は、女人禁制だった飯豊山。
自分の息子を探しにきた母親が、神の怒りに触れて石にされちゃったったって伝説があるの。
それって…ひどくない?
日本のほとんどのお山の女人禁制は、女が来ると、男が修行に集中できないからでしょ。
修行って、そんなものじゃないと思うんだけどね。
女がいても集中できるって事が、修業じゃないの?

 まぁ・・・
そんなことを、山友たちに話しながら、また休憩。
ちょっと休憩が多いかな(;´o`)

 このすぐ先が、御秘所。

Img_0905_20190922201801
両側が切れ落ちた鎖場だけど・・・

Img_0903_20190922201801
奥穂の取りつきとかから比べたらめっちゃ短いし、奥又白への道は、延々こんな傾斜だったな。
でも、お泊り荷物を置いて来て、よかったぁ~(*^_^*)

 うーん "( ' ' ;)

これはイイデリンドウじゃないね。ミヤマリンドウだね

Img_0893

 ( °o° ) エー 今頃ハクサンイチゲ!

Img_0899

ウサギギクとイブキボウフウ

Img_0960_20190922202101

稜線が時々フワッと見える。
で、目の前に本山小屋が湧いて来て、飯豊山神社参拝。
ここから、気持のいい稜線を15分くらいで飯豊山(2105,2m)

 Img_0944

 今まで真っ白だったのに、北の大嵓尾根や北股岳の方が見える\(^o^)/ わーい
ここで、おやつ。

山友が、かわいいお花のお麩が入ったミニラーメンを持って来てくれた。

Img_0938_20190922202101  

大嵓尾根とナナカマド

Img_0935

ここから大日岳が、高原漫歩の素晴らしいルートだって聞いていたけど・・・
ここまでも気持ちのいい稜線でした。
紅葉がきれいよ~(*^_^*)v

Img_0933_20190922202401

 切合い小屋へ戻るのがあまり遅くなると、ご心配をかけちゃいます。
ので、頑張って戻って、ちょっとしたら雨が!(゜o゜)
いいタイミングだった。

 3連休だから、お天気なら激混みだったんでしょうけど・・・
ネットで各山の天気予報が見られる今は、台風と雨でキャンセルが増えて?
お陰さまで、宿泊者は10名。
エアマットを敷いて、滅多に使わないシュラフを開いて~
標高1750mの切合小屋は、二階は暑いくらいでした。

 ここって避難小屋なのに、お夕飯にカレーライスが出るの。
それが、結構美味しいの!
お替りしちゃいました。

Img_0968

 今日の累積標高差が、登り2110m下り200m
そりゃ、お腹がすくわぁ。
マップタイムは10時間半でした。

 9月22日
夕方から降った雨は、夜半に止んだらしい。
夜中に起きた時、会津の明かりがきれいでした。

 朝食は5時で、お味噌汁と卵かけご飯とお漬物。
これで充分です。美味しゅうございました。

 今日は、来た道を戻るだけ。
でも、下山って言っても、登りも結構あるよ。

 \(●⌒∇⌒●)/ わ~
雲の裂け目が真っ赤になって、磐梯山が見えてるよ。

Img_0978_20190922202301
雲海も美しい!

Img_0984

 ピーカンもいいけど、こう言う眺めもいいね。
左に西吾妻、奥に安達太良、右に磐梯山も見えて、下山も楽しい。

Img_1013

 あら、こんなに急斜面を登ったんだ!
って、驚きながら降りて、行きに気が付かなかったイワショウブ

Img_1005_20190922202301

累計標高差、2350mでした。

 久々、なかなかハードなお山でしたけど、涼しくて、お花が多くて、
飯豊、大好きになりそうです( ´ ▽` )ノ
 

2019年9月19日 (木)

台風15号

 鳳凰三山へ行く時から、ずーっと頭にのしかかっていた館山。
台風15号で、屋根瓦が飛ばされて、落ちて粉々。
家の中が水浸しで、塀も道に崩れて壊れてしまったって。

 まだ、かなりの地域が停電が続いていて、今の電話って、停電だと通じないのね。
損保保険の仲介もしてくれている公務店さんは、相変わらず連絡が取れないまま・・・
二日続いて予定が空いていないと、見に行けないんだよね。
で、水・木でやっと行ける~。

 先週末に息子が行って、なんとかブルーシートで覆ってくれた。
瓦運びなどで、孫二人(小2と小5)も屋根に乗って、作業したって!
ニュースで、屋根から落ちて亡くなった方が何人もいるとのこと。
無事でよかったよぉ(T.T)

 色々、細かい状況や必要なものは、息子から連絡が来ていた。
とにかくカビがすごいから、ビニール手袋、マスク、ゴーグルが必須。
娘が調べて、マスクに希釈したハッカスプレーをすると、肺に吸い込んだ時に、除菌効果があるそうだって。
真菌は、量が多いと結構怖い。
火曜日の昼に、先に娘が行っていてくれて、なんとかお天気の日に、家中開け放っての換気ができました。
助かった!

 台風や集中豪雨で家屋が浸水すると、実は、泥をよけて掃除た、そのあとが大変なんだって!
ニュースとかでは聞いたことがなかったけど、今回初めて分かったよ。
がれき撤去とか、汚泥の掻き出しって、ボランティアさんでもできるけど・・・
気温が高い時期だと、そのあとに、一気にカビや細菌が繁殖するんだ。

 でも、水曜日は雨~。

息子が頑張ったブルーシート

Kimg0623
玄関前の落ちた瓦とか、撤去していたけど、雨が本降りになって(/_;)
家の中へ。

ご近所さんも、軒並み被害ね

Thumbnail_kimg0625

 玄関の天上の壁紙は、雨漏りで剥がれていたのを、はさみで切って落としてあった。
その、天上紙の上のあちこちに、黒カビ(/_;)

 台所は、一番雨漏り被害が大きくて、床がはがれてべこべこで、天上に青カビ
それに、床下収納庫は雨漏りの水が入って、どぶの臭いの水に、ビールやウィスキーの瓶が浮いている状態。
だったって。
これは、火曜日に行ってくれた娘が発見して、ぺとぼを半分に切って、汲みだしてくれた。
ちょっと水が残っていたのを、新聞紙吸い取って、エタノール噴霧。

 絨毯の部屋は、絨毯の下に白カビがあったのを、嫁ちゃんが拭いてくれたらしい。
天上の壁紙ははがれて、あちこちに黒カビ。

 微妙に、カビの種類が違うんだね~。

 カビキラーは、板には使っちゃいけないんだって。
で、まずは絨毯に噴霧して、30分後に濡れ雑巾で拭いてから、空拭き。

こんな感じのいでたち。ほんとは長袖がいいんでしょうけど、ゴーグルとマスクだけで暑くってからn

 Kimg0611

ね、天上の壁紙が、切れてるでしょ。

 

 その間に、和室の畳を上げて、畳の裏にエタノールを噴霧して、空拭き。

 天井のカビ取りは、背伸びして、カビキラーが顔にかかりそうで、なかなか難しい。

 夕方放送で
[第三中学は 明日から 授業を再開します 給食は ありません]
(゜o゜)ああ、台風からずっと、休校だったんだ!
 ほかに[どことか公民館でブリーシート配布] 
って言うのも。
でも、そこまで行けない、車がない人は、救援が受けられないままなんだね。

 雨だと換気できないから、全部の部屋でカビ取りできないの~。
で、夜はご近所に挨拶に行ったり、お夕飯をセブンに買いに行ったり。
セブンは、品ぞろえがちょっといつもと違う~('o'=) 。
カップ麺が、やけに多い。
お弁当は、数えるほどしかない。
作れるお店がないのかな?

 明日の晴れ祈って、早めに寝よう!
と布団に入ったら、くしゃみと咳(/_;)
カビのアレルギーだ~【><。】
床から近いから濃度が高いんだろうな。


 9月19日
 雲が多いながら、雨は降っていないので、庭の粉々の瓦を撤去。
あちこちに散らばった、割れた瓦は、また息子一家が来た時、孫が転びでもしたら危ない。
ので、娘とリレーで駐車場へ。

 この瓦礫・・・
平常時なら、業者に頼んですぐに片付けてもらえるけど・・・
どうなるのかな(/_;)

 ふと見たら、富士山が見えてるじゃん!
ちょっと、海に行って見る?

Thumbnail_kimg0631
うちのお風呂が無理だったら行こうかと思った、近所の人魚の湯。
今年の夏にお姉さま方と入ったんだけど(・_・;)
屋根が半分飛んで、ブルーシートも架けない廃屋状態。

Kimg0621
トレーラーハウスやオートキャンプもにぎわって、お風呂もそこそこ人が入っていたのに~
もしかしたら・・・完全建て替えのつもりなのかな?

お姉さま方と休憩に使った海の家もこんなありさま

Kimg0622

 瓦礫撤去とお掃除と布団干しして~
風を通したから、そして、カビキラーとエタノールで拭いたから、
だいぶ、家の中の変なにおいが無くなった。
台所の床は、完全張替えだし、屋根はブルーシート。
ずれるか剥がれるかしたら、また浸水だわ。

 いったいいつ、頃業者さんに来てもらえるんだか・・・

でも、今は考えないでおこう。

 息子よ 嫁よ 孫よ 娘よ!
よく働いてくれた!
そのことだけでも、私は充分、感動して、そして満足です(T.T)

 そうこうしているうちに、お日様が出て来た。
早く縁側が乾いて欲しいな。
家中開け放って、これで、しっかりカビキラーが使える。
マスクとゴーグルをして動くと、めちゃくちゃ暑い。

 台所のテーブルの端が、花が咲いたように開いている。
合板って、薄い板を何枚も重ねているから、濡れるとこんなことになるんだ~(ノ°ο°)ノ
息子の連絡で、テーブルは廃棄かな、と思っていたけど、何とか使えるかも~。
隙間にカビキラー入れて、乾いたら木工ボンド入れて、万力みたいなので挟んだらどう?

 気が付いたらお昼。
家の中は、畳部屋はエタノール 洋間は塩素のにおい。
奥又白池の帰りにお土産で買った、蕎麦がゆの素にお湯をさして、小腹を満たして・・・
 
 帰りのフェリー乗り場で、お疲れ様に美味しいお昼を食べようと思っていたら(^o^;
この辺りはまだ停電!
金谷港の有名なお土産店、ザフィッシュは屋根が飛んで荒れ果てていて、
その駐車場に、自衛隊の出張お風呂が!
この辺りの停電のお宅の方々が、集まり始めていました。

 フェリー乗り場のお土産屋さんは当然休業。
停電だから・・・冷凍冷蔵物のたくさんのお土産が、ダメになっちゃってますね(/_;)

 で、フェリーの中の売店で、焼そばのお昼になっちゃいました。

 普段のお山と違う動きで、腰と肩がバリバリ~。
でも、安房勝山辺りの、軒並み全壊状態や、金谷港の停電を見ると、贅沢言っていられないですね。
茨城や新潟から、電力供給車が来ていました。

 災害派遣と書かれた自衛隊の車もたくさんすれ違いました。
ご自宅を災害された方々、火曜会の次の支援は館山台風被害に送りますから、頑張ってくださいね~
( ´ ▽` )ノ


 
 

2019年9月17日 (火)

櫛形山

 櫛形山山頂の木が切られて、眺望がよくなったって、山友さんに聞いた。
サルオガセの森が?

 で、気になって、甲府のマイフレさんにお願いして、乗せて頂くことに。
お忙しいのにご無理言ってごめんなさい
(。_。;)

 竜王駅までお迎えに来て頂いて、今日はよろしくお願いします(゜゜)(。。)ペコリ
今日はPちゃんは欠席なので、火曜会は4人。

 ウネウネ林道をずんずん車で登ってくださって~来週も来る、池の茶屋林道の終点は、標高が1780m 涼し~い(*^_^*)

 今日はマイフレさんリーダーで、まずは櫛形山の山頂へ

 この辺りのトリカブトは色が薄くて、白に近いんだね。
Img_0737
 防火帯のジグザグ登りの途中で、ご自宅で作られた干し柿を頂きます。

 これがまた、美味しいの!(^ー^* )
いつもありがとうございます。

 少し登って、サルオガセの森へ。

 櫛形山(2052,2m)


新しく木を切った跡は・・・ないなぁ。

 この辺りは道がたくさんあって、でもこの山がお庭みたいによくご存じのマイフレさんに連れられて、あとからついて行く気楽なお山です。

 途中マスタケ(きのこ)の大きな株を発見!

Img_0783

 お花畑へ寄って~ シカの食害で、一時壊滅状態で、今はネットをしっかり張っています。
ノコンギクにマツムシソウ

Img_0772

タムラソウにオヤマボクチ

Img_0775

、ハンゴンソウにイブキボウフウ(´ー`)

Img_0781_20190917223101

 裸山(2002,6m)で、ランチ。
残念(;>_<;)
白根三山も富士山も、雲の中。

Img_0779_20190917223101

 お花畑をぐるっと巡って戻って、次の目的地は、お姉さま方が行ったことがないほこら小屋。キャンプ地の横で、伏流水が豊富に湧いていて、ここで泊まってみたいですね~。
Img_0785
 少し戻ってから、私も初めての、管理歩道 っていう道を歩く。

 最初、ゆるい登りだけど、あとはほぼほぼ水平移動。とってもいい道なのに、最近人が歩いた形跡がない。

 去年の台風で倒れた倒木群を

Img_0792_20190917223201

くぐる・またぐ・くぐる・またぐ~("⌒∇⌒")
Img_0796_20190917223201
 キノコ街道で、色々なキノコを鑑賞して~
最後は、サラシナショウマの大群生地。
Img_0814_20190917223201
 面白い周回でした。
マイフレさん、ありがとうございます
 (/・0・) 

 お花は、もう終わりかなと思っていたけど、思いのほか色々見られました。

 甲府まで送って頂いたら、次のあずさまで5分!('o'=)

 みんな座席未指定指定席券 って言うのを持っていたから、
(これ、変だよね~、指定席料金を取っておいて、席が確保できないかも知れないんだよ)
それで指定を取って・・・
もたもたしていたら間に合わない~(;´o`)
ので、ご親切な駅員さんが、ちゃちゃっと近い席を取ってくれました。

 お陰で、予想より早い時間に帰宅出来ました。

 今日は累積標高差400m でも、20800歩
水平移動が多かったからね~。

 娘は今日、館山へ行っていって、私も明日
合流します。ゴム手袋・マスク・ゴーグル・新聞紙・ロープ カビ取り用に、エタノールとハッカ油を持った。

 明日、晴れて欲しいなぁ。

2019年9月15日 (日)

岩木山 白神岳

 去年、マイフレAさんと奥様と、十二湖の近くのキャビンに泊まった。
その時、キャビン敷地の展望台から、間近に白神岳が見えた。
Aさんに
「白神岳! 登りたいんです」って言ったら、奥様が
「私は、下で待ってるわ」っておっしゃったの(´ー`;)

 7月に、奥様からお電話を頂いた。
「あなた、留守が多いのね~、白神岳へはいつ来るの?」
あら、覚えていてくださったんだ~。
とっても嬉しい反面、この奥さまは、電話が長いので・・・
ちょっと困る~ ε= (*^o^*)

 そのあと、Aさんからミニメ。
「白神岳からその日のうちに帰宅するなら、時間が短いので、私も下で待っています。
沙羅さんのペースでサッと登って来てください。下へお迎えに行きます」
って~(゜゜;)

 確かに、朝食の後で、移動して・・・
マップタイム8時間を、8時間かかって歩くと、帰りの飛行機に危うい。
 送って、お迎えに来てくださるんだから、ありがたいわ。
と思って、単独山行のつもりでいたら~
最近Aさんが、ダブルストックを買われたって。

 もしかして・・・
白神岳へ登るため?
そりゃ、一人より、二人が心強い。
秋田県の熊は怖いし~(;´o`)

 羽田から秋田行は、空港の端っこの端っこ。セキュリティーチェックを受けてから、歩くこと歩くこと。子連れとかお年寄りだったら、大変よね~。

 磐梯山や飯豊山、それに鳥海山がくっきり見えて、素晴らしいフライトでした。

Img_0613_20190915214101
 息子よ嫁よ、ごめん(。_。;)
キャンセルしても、チケット代が戻って来ないのと・・・楽しみにして、色々お手配して、準備してくださっているAさんと奥様にも申し訳なく、行きたい気持ちも強くて、大変な館山を任せちゃった。

 秋田空港で、Aさんの奥様が・・・ハグ!(ノ°ο°)ノ
そんなに喜んでくださって、嬉しいなぁ\(^o^)/
6月には、火曜会で別荘におじゃましたけど、奥さまはいらっしゃらなかった。
ので、久し振りのご挨拶。

 Aさんのお車に乗せて頂いて、奥様が用意してくれたお茶やお菓子をふるまって頂きました。
ありがたいやら、申し訳ないやら~(゜゜;)

 今日は、一路 岩木山へ。
なんと、青森県まで行っちゃいます。
青森りんごの畑を通って~岩木山8合目駐車場へ。

Img_0624_20190915214101
リフトがあるから、奥さまは真っ直ぐリフト乗り場。私とA さんは、駐車場から歩きだし。
岩ゴロゴロの登山道になったら、奥さまに追い付いた(⌒‐⌒) 

「こんなに怖かったかしら~(+_+)」だって。
普段お山を歩いていない人には、斜度がすごいし、高度感も怖いかも~( ̄▽ ̄;) 
Img_0641_20190915214101
 ここは、子供たちが中学と高校の頃に来たけど、ガスって真っ白で、景色は何も見えなかった。だから、景色も見えて、リベンジできてよかったわぁ!(*^_^*)

 奥さまが、山頂の鐘をカランカランか鳴らして楽しんでる~(⌒‐⌒)
よかった、お付き合いって感じじゃなくって。

Img_0646_20190915214101
一等三角点

Img_0645_20190915214601
 避難小屋で、Aさんがお湯を沸かして、ミニカップ麺を作ってくれた。
その、美味しいこと~(^ー^* )

 また、リフトと登山道組に別れて下山。
海沿いを南下して、去年も泊まった、十二湖のキャビンへ。
Img_0660
 ここのキャビンは広くて、リビングの周りにお部屋が3室。で、去年と同じに、3人別々のお部屋。これは、とっても楽で、ありがたいです~♪~ 火曜日の青年小屋のお布団が、湿って汚くて不快だったので【><。】 なおさら快適さが嬉しいです。

 敷地内のレストランで、地元養殖のイトウを使ったお料理などなど。
たいへん美味しゅうございました(* ̄∇ ̄*)
Img_0664
 食後、デザートがわりに、ささやかな八ヶ岳土産をお渡ししました。

 翌朝、朝食バイキングを頂いて、3人で登山口まで移動。海に近い林道の奥に駐車場があって、立派なトイレと避難小屋がある。
 奥様は、そのまま車で、十二湖観光へいらっしゃるようです。

 Aさんは、私に付き合って登ってくださるそうで~(*^_^*) 感謝です!

 登山口からすぐのところに

Img_0672

どっしりとしたブナの巨木。

Img_0674

その先に、二股コースとの分岐があるけど、右ルートは刈払いもしていなくて、かなり危うい情報。なので、今日はピストン。

 タニジャコウソウ

Img_0680
 オオカニコウモリは私の背丈より高い

Img_0678

 水場の水はよく出ていて、冷たくて美味しい。これぞ、白神山地の天然水! ブナの木は、登るにつれて大木が増えてきて、これだけでも登る価値があるよ。

 ジグザグで急な斜面を登って、蝗山(マテヤマ)手前まで行く。エアリアに、急坂、落石注意、って書いてあるけど、先週土曜日に登った奥又白よりは、うんと楽~。

 その先からの尾根は、とっても気持ちがいい。ブナ並木が美しい~。十二湖から登る道と合わさる、大峰分岐からは、海と白神山地、遠くの山々を眺めながらの素晴らしい道。

 そして、山頂避難小屋が見えて来る。
山頂避難小屋は、9月10日から10月10日まで解体工事により使用不能だそうです。
たくさんの工事の方がいて、テントで泊まるようです。
Img_0708_20190915214401

矢印は岩木山 アップ

Img_0709_20190915214401
 
 白神岳(1235m)

Img_0714
世界遺産の白神山地が、見渡せる~(*^_^*)
山また山の、深~い緑が印象的。
そして、一等三角点、二日続きでタッチ!
Img_0706_20190915214501
 昨日登った岩木山や、遠くには八甲田も見えてます。

昨夜泊まったアオーネ白神の広い敷地も見えてます

Img_0691_20190915214701

 山頂にいた方たちが
『ハタハタ館のお風呂と海鮮丼はいいよ~』
って盛り上がっていて、('o'=) へぇ~ そうなんだ!帰りに寄ってみます?("⌒∇⌒")

 下山が早いマイフレさんは、ガンガン下って、追いつけないくらいよ。

 途中、蝗山分岐から、徒歩5分ほどの蝗山へ登る。道標は出ていなくて、あまり行く人はいないみたい。三等三角点があります。
Img_0721_20190915214701
 Aさんは標高差1100mを、行きはマップタイムの8掛け 下りは7掛け近いスピードで歩いてくださいました。お付き合い、ありがとうございます( ´ ▽` )ノ

 お1人で、車でドライブへいらした奥さま。
私たちが、朝伝えておいた下山時間の、40分も前に駐車場へ下山したら! ちょうど向こうから、車で入って来た。すばらしいタイミング~(*^_^*)v

 では、地元の方お勧めの、ハタハタ館で、お風呂に入りましょう。 日帰り入浴は500円で、露天風呂の目の前は海で、去年連れていってもらった、男鹿半島の一等三角点峰 本山も見える素晴らしい眺め! 

 さっぱりしてから、白神岳山頂の皆さんお薦めの、海鮮丼を頂きます。

 いや~('◇'*)
これは、大変美味しゅうございました。
酢でシメたハタハタは、滅多に食べれれないし、とにかくネタが新鮮。
Img_0728
 時間に余裕が出来たお陰で、重ねていい思いができました。

 空港まで送って頂いて、またまた奥さまとハグ~(´ー`)
「来年も来てね、待ってるわよ」
って、嬉しいお言葉。
色々、お世話になりました。
ありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ

 今回は、かなり早めにチケットを取ったから、行きは右側、帰りは左窓際を指定できた。
でも、7時過ぎはもう、なんにも見えないなあ、と思っていたけど~
窓からは、煌々とまん丸お月様。
その光が時々、通過する川に写って('◇'*)、なんとも美しい眺めでした。

 館山の台風被害に、色々お見舞い頂いたのに、実は遊んでいて、ごめんなさい(。_。;)

 Aさん、奥様!
お世話になりました。
色々お手配、ありがとうございます。

館山

色々ご心配頂きました館山について。

 4(水)・5(木)で館山のお掃除に行った時・・・
まさか3日後に、屋根が飛ぶなんて、考えてもみなかったわ。
娘と、頑張って雑巾がけしたのに~(T-T)

 懇意にしていた工務店さんには、相変わらず連絡が取れず、
私が行ったところで、屋根にも登れないし~
困っていたら、昨日 息子一家が行ってくれました。

 石の塀は、崩れて道路に散乱。
玄関から台所の屋根は飛んで、瓦も散乱。
家の中は水浸しで、カビだらけだそうで(;>_<;)

 息子から電話で
「でもさ、周り中そんな家だらけだから、工務店も人が住んでる家を優先でしょ。当分手が回らないと思うよ」
うん、なるほど。そうだよねぇ【><。】

 崩れた塀を片付け、覆えるだけブルーシートで覆って、ロープでぐるぐる巻きにするって。
端の部屋だけ無傷なので、今夜はそこへ家族全員で寝るそうな。
「台所の床はきっと、全とっかえだよ。建て替えかも知れない。その辺は任せる」だって。
 家の建て替えとなったら、おいそれとはできないよ~(;´o`)
ご近所に、ウェットティッシュとラップと水と、インスタント味噌汁を届けてもらいました。

 この三連休に、息子のスケジュールが空いていて、助かりました。

 連絡が付かない館山の工務店さんにハガキで、お見舞いと
『応急処置できないか、無理なら、できそうな知り合いはいないか』
って、さっき書いて、投函してきました。

 災害早々に、工務店詐欺が横行しているそうです。

 台風被害に遭われた方、お気を付け下さい。

 ご心配、ありがとうございました。
(゜゜)(。。)ペコリ

2019年9月11日 (水)

編笠~西岳~権現岳

 Pちゃんを連れて行きたい山、第二段
("⌒∇⌒") 権現岳!
週末会や八ヶ岳のハイジちゃんと、日帰りで登ったけど・・・火曜会ペースでは、日帰りだと、編笠は行けるけど、権現は行けない。
で、今回は、泊まったことがない、遠くの飲み屋に宿泊しての、のんびり権現岳です。

 ただ・・・
登山道の、台風の爪痕が心配。
それと、館山が、塀が倒壊して、瓦が飛んで、すごいことになっているって~(/_;)
ご近所さんから連絡を頂いたんで、すぐに工務店さんに連絡したんだけど・・・
台風の影響で、工務店さんの電話がまだ不通なの【><。】  それに、停電に断水!
館山は台風直撃で、あちこちひどいみたい。
うちの近くの瞬間最大風速が60mで、一時間の雨量が60ミリですって!(≧◇≦)

 あずさ1号で、小淵沢まで。
途中、何度か席を立って、工務店さんに電話してみたけど、繋がらなかった。雨でも降ったら、雨漏りで大変?【><。】 エーン
どうにもならないので、
気持ちを切り替えて~(;-_-) =3  ふぅ~

 タクシーで観音平へ登ってもらって、火曜会では二度目の編笠。
以前は、茅野のビジホに前泊して、西岳から編笠へ登って、ここへ降りてきましたっけ。

 もう遅い時間だから、雲海見晴らしからは、雲海は見えず~
でも、雲の中に、かろうじて富士山は見えたよ。

Img_0453

ミヤマモジズリ

Img_0465_20190911212901

ハナイカリ

Img_0469

ツリガネニンジン

Img_0450_20190911212901


 傾斜がきつくなって、梯子が出てきて、もうすぐだね。
森林限界を超えると、岩々の山頂へ飛び出す。
編笠山(2524m) 
このところ、天気予報がころころ変わって心配したけど~

(*^_^*)お日様が痛いくらい。
権現の奥に、西天狗東天狗がくっきり。
南アルプスも、雲が多いながら見えてます。
ここでランチ。

Img_0494_20190911212901
 

下りる途中から、左の登山道でのろし場とギボシ 中央に権現小屋で右に権現「

Img_0496_20190911213301

岩ゴロゴロを飛んで、青年小屋へ。


 今日は、お世話になります( ´ ▽` )ノ
お部屋を教えて頂き、お泊り荷物を置いて、西岳へ往復しましょ。
山頂は、マツムシソウが咲いてると思うよ。

 山小屋に早く着きすぎちゃうと、のんべのちい姉さまに怒られるんだもの。
「こんなに早く小屋に着いたら飲み代がかさむ~」って("⌒∇⌒")

 山頂直下以外、ゆるいアップダウンです。
美味しい水場の谷は、去年の台風の時に、下のゴルフ場まで土石流が流れたそうで、崩落地は倒木だらけ。
苔の樹林は北八つチックで気持ちがいいです。

 西岳山頂で、マツムシソウや

Img_0527_20190911213301

イブキジャコウソウを見て

Img_0549_20190911213501

編み笠から権現岳を眺めてのんびりしていたら!

(矢印が青年小屋)

Img_0525
ゴロゴロゴロ~!
(^o^; ほえ~
「戻ります!」

 まだ、降らないでね~。
うしろから、雷の音が追いかけて来る。

 小屋のテン場へ着いた頃、ポツリポツリ。
間に合ったぁ~(;-_-) =3  ふぅ

 そのあといったん止んで、遠い飲み屋の前にはブランコがあります

Img_0537_20190911213301  
 青年小屋のお夕飯は、アジフライに豚汁の
とっても美味しいご飯。
Img_0540_20190911213601
 常連さんが、チェンバロのCDをかけたので
「チェンバロですか? 渋いですね~」
って言ったら
「チェンバロ お好きですか?」
って聞かれた~。
「弦の長い楽器が好きです。お琴とかシタールとか」と、お返事。

 なんと、青年小屋は、年に一度チェンバロの演奏会をするそうで、チェンバロが食堂に置いてあるの!

 で、そのCDをかけた方は、バイオリニストで、演奏会の主催者なんですって(ノ°ο°)ノ
少しなら弾ける、ってことで、チェンバロの生演奏をして頂きました!

\(^o^)/ わーい
すばらしい響き。
Img_0542_20190911213601
 食事の後は、遠くの飲み屋だけあって、宿泊者のほぼ全員が談話室に集まっての飲み会。
10人+火曜会。

 お姉さま方のご年齢に、
「尊敬します~」 
「憧れます~」
 って("⌒∇⌒")

 ここが、普通の山小屋と違うのは、消灯時間がないこと。今夜の人数だと、全員のお顔が覚えられて、和気あいあいで、楽しかったよ~!

夜は稲光がすごかった!

 9月4日
今日は、お昼頃からお天気が崩れる予報。
なので、朝食は、お弁当にして頂いた。
小屋で、5時半に半分食べて出発。

 辺りはガスって真っ白。 
のろし場(2530m)は、信玄公の時代にのろしを上げたとか。昔のわらじで、ここまで登るのは、大変だったでしょうねぇ。足場ザラザラのジグザグ道は、湿っていて、返って滑らないで助かる。

 ギボシを目指して、ぐいぐい上る。
この辺りから、高度順応が苦手なお姉さまが、遅れるかと、時間計算を多めにしたんだけど・・・
お好きな岩場、鎖場だから?("⌒∇⌒")

Img_0556  
しっかりマップタイムで登ってくださいました。すごくない?

イワギキョウ

Img_0561_20190911213801
 権現小屋の横を通って、権現岳(2715m)

Img_0563_20190911213801
すごい風で、相変わらずの真っ白。
ちょっと下に、山梨百名山の標柱があるんだけど・・・
「山頂へ登るんですか?」
「うん、登るよ!」
って言ったら、皆さんついて来てくれました。
すみません(。_。;)
全員に、てっぺんの岩の山名板にタッチして頂きたかったの。

頂上直下の、ちょっといやらしい鎖場

Img_0568_20190911213901
 三つ頭へ下る途中、霧雨が降って来て、雨具を着る。でも、風も強いから暑くない。

前三つ辺りで、ほんの少しガスが取れて来た

Img_0572

ヒメシャジン

Img_0583

ダイモンジソウ

Img_0589
[ここが一番きつい もう少しで前三ッが見える]の看板を通過。
「ここを登りたくないわねぇ」
って、お姉さま方の。感想ガンガン下るからねぇ。こちらから登る時は、確かにこの辺りが、眺望がなくて、きついです。

 時々ほんの少しガスが取れて、薄日が射したり、また真っ白になったり。
でも、本降りにならなくてよかった。

ススキとワレモコウ 秋ですね

Img_0595_20190911214001

 最後は、露のついた笹で足元をびしょ濡れにしながら、ちょっと飽きた頃 天女山へ。

 お迎えのタクシーを少し早めて頂いて、天女山の三角点へ寄ります。

 帰りのあずさの時間に余裕があるので、大泉の温泉へ寄り道。広い露天風呂でのんびりして、甲斐大泉から、小淵沢へ。

Img_0599

モデルはちい姉さま 広い露天でしょ!

Img_0600
 昨夜青年小屋に泊まった女性二人と、小淵沢駅で会って、そのお二人は
「西岳経由で降りたんですよ~」
って言ってました。

 
 累計標高差は登り1600m 下り1650mでした。お姉さま方、お疲れの表情もなく、さすがです。

 遠くの飲み屋も、チェンバロ生演奏も、
ちょい岩場も、広い露天風呂も~
楽しかったですね~( ´ ▽` )ノ

2019年9月 8日 (日)

奥又白池

 ずっと、行って見たい池がある。
でもそこまで行くには・・・
私の嫌いな、長くて飽きる砂利道歩き【><。】
なので今まで、踏ん切りがつかなかった。
山友たちに聞いたら、行って見たいって!
(*^_^*)v ヤッタネ

 館山の翌日の金曜日、家に山友の一人を泊める。
未明に、車で拾ってもらうため。
沢渡で車を置いて、8時のバスで上高地へ。

 ちょっと、明日の台風が心配~。
もう秋だけど、まだまだ、観光客がいっぱいだねぇ。

サラシナショウマの群生がきれい

Img_0345_20190908101501

 さて、気合を入れて、砂利道歩きスタート。
道に広がって、おしゃべりしながら歩いているおばちゃん方が、ちょっと邪魔~("⌒∇⌒")
速足だと、この時期でほぼ平らでも、汗だく~(^。^;)
でも、この辺で時間を縮めておきたい。
明神抜けて、徳澤抜けて、新村橋からパノラマコースへ
ここまでは、ほぼほぼ平坦。で、飽きる(/_;)

 岩に[カラサワ→]って書いてあるところが、中畠新道の入り口。

Img_0407_20190908101801

踏み跡は、ちょっと草が生えているけど分かる。
左のルンゼの方が登りやすそうに見えるけど、落石とかあって危険なんだって~。
で、無理矢理な感じに尾根に取りつくんだけど・・・
ちょっとだけ藪が切れた岩ガラガラを登って行きます。

Img_0354_20190908101601

 こちらに張り出した尾根端の岩のの中段に、遭難碑がある。
[君よ永遠に雄々しかれ]

Img_0355
谷川岳にも一の倉沢にも、こう言う慰霊碑がいっぱいあるよね。
雄々しくても、若死にしては親が悲しむよ~(/_;)
その慰霊碑の先が、藪道。

 根っこや笹を掴んで体を引き上げるような、エグイ急登が続きます。
それは地形図見て分かっていた。
えぐい急登は、週末会は得意~("⌒∇⌒")

と思っていたけど、ここで異変が!
ずっと狭い藪道の、そこだけ1mほど藪から抜けた場所を通り過ぎて登っていたら・・・
「沙羅さん!ここにいらない荷物デポしていい?」
普段高度順応もいい、俊足Aちゃんが呼び止めた。
あら、そんなにきついんだ。
確かに、真夏以上のうだるような暑さ。
標高2000mを、越えているとは思えない。
両側から張り出した笹や木の藪で、風も通らない。
このルートは地形図で見ると、めっちゃ等高線がつんで、岩マークだらけで黒っぽく見えるほど!

 急になってまだ100m
この先400m近く、ずっとこんな急登。

Img_0359
じゃ、ここでいらない荷物をデポして、休憩しよう。
持っていたブドウを出して、ちょいお休み。
みんな、顔や首の汗をぬぐう。

 じゃ、もうちょっとゆっくり行くよ~。
何ヶ所かの岩に、ロープが付いているけど、
ここはロープは無しですかい。ここの方が危ないよ~
ってとこもある。
ずっと痩せ尾根、ずっと藪、素っと急登。
これ、踏み跡はそこそこしっかりして、難しくはないけど・・・
若い人はともかく中高年には厳しい~【><。】

 だいぶ登ったなぁ って振り返ったら、横尾山荘が眼下に見えた。
(ノ°ο°)ノ オオオオ 
前穂北尾根の岩々が、目の前。
常念から蝶の稜線が見えて来た。

Img_0358

 草を踏みつけた狭いトラバースを過ぎると、ざれた急登。

\(^o^)/ わーい
奥又白池だ~

Img_0371_20190908101601

 緑のテントが一つ。
人の気配はない。どこかクライミングにお出かけ?

 静かな湖面の向こうに、富士山と南アルプス!

Img_0376_20190908101601

振り返ると、前穂4峰と5峰が湖面に写ってる。

Img_0390_20190908102401
お山の中の、静かな池って、癒される~。

Img_0386

ここでランチ。

 常念と蝶槍と蝶ヶ岳が見える。蝶のヒュッテが窓まで分かるんだよ!

Img_0402

次に蝶へ行ったら、奥又白はあの辺かな?って見てみたい。な
来て、よかったぁ~(*^_^*)

 奥又白池は、最高(=●^0^●=)v

 凍らせて持って行った豆乳ドリンクがシャーベット状になっていて、
お山でかき氷、これも最高(=●^0^●=)v

 せっかくだから、池をぐるっと回ってみよう。
廻ると、見える景色が動いて!
大天井から燕岳まで見えるよ。
すばらしい眺めよ~。

Img_0396_20190908102001

 でも、急登続きだったから、帰りは崖下り~。
ガンガン下って、下って・・・
分岐まで戻って、パノラマコースへ出た。
ガラガラで歩きにくい道、って思った登山道が、
ああ、なんて歩きやすいんだろう、って思える。

 私の嫌いな林道2時間。
 徳澤園で、ソフトを食べようか迷ったけど~
帰りのバスが気になるから、とにかくどんどん下る。
土曜日だし、お天気だし、きっと観光客もいっぱいいる。
上高地泊りの人もたくさんいるでしょうね。
ソフトは、バス待ち時間に食べよう!

 河童橋では、結婚式の前撮り?の人もいたよ。

Img_0419_20190908102501
今日はお山がきれいだから、最高の写真になったんじゃない?

 Img_0422

夕方のバスは長蛇の列で、まぁ、何というタイミング。

Img_0423_20190908102501
私たち4人で、このバスはお終い。
残りは最終バスを待ってくださいって(・_・;)
途中で抜いてきた人たちが、ずらっと後ろに並んでた(^。^;)

 あまりの汗だくに、沢渡温泉に入ってさっぱりして、

Img_0426_20190908102501
遅くなりついでに向いのお蕎麦屋さんで、鴨葱蕎麦でお夕飯。

Img_0425_20190908102501

「今回は、私の趣味にお付き合いありがとう」
って言ったら
「いえいえ、最高の眺望の奥又白池よかったですね~」
って言ってくれた。

松本から振り返って

Img_0435

 いつもは、私の夕飯に間に合うように帰ることが多いけど、さすがに北アルプスはそうはいかない。
遅くなるのを覚悟で予定を立てたけど・・・
まず諏訪SA付近で渋滞 あちこちでトロトロで~
夕方からの帰宅って、こんなに余計に時間がかかっちゃうんだね(;-_-) =3

 今年の北アルプスは、これで終わりかなぁ。
(^/□\^) おぉ~い 槍・穂~!
また来年、会いに来るからね~(´ー`)ノ

結構ハードな、奥又白池でした。

2019年9月 5日 (木)

娘と館山

 毎年夏、みんなが使った後の館山。
何か、仕舞い忘れや閉め忘れがないかの確認と、しっかりお掃除をしに娘と行く。

 去年は、この時にエイに刺されたんだよ。
今年は9月に入って、少し涼しくなってからにしよう。

 7月に掃除に来た時は、長雨の影響で、駐車場が池になって、藻が発生してびっくりだった。
お姉さま方と来た時は、二日続きの雨降りで、悲しいかな、全く泳げなかった。
孫と遊んだ日は、ジリジリと猛暑で、ずっと海に入っていたっけ。

 私が15歳の頃から、子育て中も、夏の海って言えば思い出はここ館山。
そして、夏の最後に、娘とお掃除に来る時が、最ものんびりする。
だって、このあとの予定で、こたつやお布団の移動やら、何も考えなくていいもの(´ー`)
簡単に掃除して、水着を着て海へ。

Img_0314

 秋 誰もいない海~
土用過ぎて泳ぐんかい? 
って・・・怒られそうだね(゜゜;)
今年はアンドンクラゲがいないし、内海の内海で波はないし~
それに、エイが怖いから、河口にはいかない。
海水温は、まだ25度くらいはあるかな。

 いったん家に帰って、娘が、子供の頃によく行った、近所の神社に行って見たいって。 
お散歩に出ると、この垣根、こんなに低かったっけ とか、色々思い出すみたい。
この子が2歳の頃から、夏の館山には2~3週間いた。
途中で2泊、ママ友と近所の子供たち 最大15人くらいを、館山へ招待。
その子たちが帰る時に、バスで送って、帰りにこの道を通って帰ったっけ。
毎年毎年、上の子供たちが5年生まで、大勢で泊まった。
だから、今でも孫の家に行く時、ご近所の子たちに会うと、おばちゃ~ん!って寄って来てくれる。
夏の楽しい思い出は、館山だった って。
娘も、あの頃を懐かしく思い出しているのかな?

由緒ある新明神社 

Img_0304  

 ぐるっと1時間お散歩して、セブンでお弁当を買って、

さっき獲った皿貝を入れたお味噌汁が、美味しい。


 9月5日

今日は青空。

海へお散歩に出てから、朝ご飯。

洲崎の灯台もくっきり

Img_0306_20190905194001

館山港沖に帆船

Img_0310

 希少種のオナモミ! 

と思ったら、外来種のオオオナモミだね

Img_0316_20190905194001

 もう一回掃除機をかけて、しっかり雑巾がけして~
たぶん今年の館山は、これでお終い。

 私と同じ年で、ボロボロの家だけど、来年もまた、遊ばせてね。
来年お姉さま方を呼ぶ時は、晴れて欲しいなぁ。

 バスと電車で、浜金谷へ。
館山駅に、bbbase(房総バイシクルベース かな)って言う、見たたことがない電車が止まってました。

Img_0320_20190905194001

なんと3列シート。自転車を畳まずに乗れる電車みたい。確かに、房総は自転車で走るのは気持ちがいいかもね。

Img_0321  

金谷港ノ回転寿司で、漁港に上がった地魚盛りを頼んで、美味し~い(*^_^*)v

Img_0322

帰りは、フェリー乗り場で、茄子としし唐辛子と椎茸、イワシバーグとなめろう揚げを買って今夜のおかずに。

 久里浜で、京急線に乗ろうとしたら!(・_・;)

トラックとの接触事故で、現在上大岡から先は復旧の見通しがたっていないって(>_<) 
 仕方ないから、上大岡から横浜市営地下鉄経由で帰宅。

 帰宅後にニュースを見たら 京急電車はトラックと接触、脱線、重軽傷者34 人!
トラック運転手は、お亡くなりだそうです(>_<) 

合掌。

 

 お夕飯は、千葉産野菜とイワシバーグとサなめろう揚げ 
朝採れ野菜は、大変美味しゅうございました。

Img_0338_20190905194001

2019年9月 3日 (火)

精進湖口3合目からお中道

9月の初めは、まだまだ暑いし、どこへ行きましょう。

 涼しい所、ってことで、富士山精進湖ルートの3合目から五合目にしました。
今日は、久々のマイフレさんがご参加。
いつもの、高尾発7時43分の中央線で集合。
この中央本線は、富士急線に乗り入れ。
富士山駅で降りて、急ぐよ!
乗り換え3分で、バスで3合目へ。
(;-_-) =3 ふぅ~
よかった、間に合って。
間に合わなかったら、30分あとのバス。
そうすると、帰りのバスが1時間遅れになっちゃうところ~(;´o`)

 河口湖で乗っても同じ料金なんだけど、座れないと困るから、と思って富士山駅にしたんだ。
そうしたら、案の定、河口湖はものすごい人!!!
並んでいた半分も乗れずに出発~(;´o`)
富士山人気はすごいですねぇ。

Img_0077_20190903195701

 精進湖口三合目は、標高1600mほど。涼し~い!
ここで降りる時って、いっつもバスの乗客に・・・
「( ゜.゜) この人たちどこ行くの?」
って目線で、見送られます("⌒∇⌒")
火曜会、定番ルート。

Img_0080_20190903195801

 バス停からすぐのところが広場になっていて、奥庭とスバルライン五合目の分岐です。
今回は、久々に奥庭方向へ。
私は今日は、一番後ろを歩かせてもらいます。
キノコの写真を、撮ってみようかと("⌒∇⌒")

ホウキタケ

Img_0084_20190903195801

ドクベニタケ

Img_0122

ナギナタタケ

Img_0139_20190903195901  

ここは、富士の樹海の一部 って感じです。
またまた、ヒメミヤマウズラに会えました。 

Img_0131_20190903195901
この小さなラン、かなりの地域で準絶滅危惧種なんですよ。
それと、コフタバランも!

倒木をよじ登って、くぐって、跨いで

Img_0118_20190903195801

 

Img_0169_20190903200201

また登って乗り越えて

Img_0155_20190903200201

 シラビソとダケカンバの林を抜けて、御庭山荘へ。

ギンリョウソウの種 私の親指より大きい

Img_0151

シャクジョウソウの種

Img_0161

去年の秋にここで、松茸蕎麦を食べましたっけ。

 いったん車道を横切り、奥庭山荘方面へ。
ここは、火曜会で3回通りましたね。
大沢崩れへ2回、お中道へ1回。
今日は、お中道で五合目へ。
こちらは、よく整備されています。

 12時回って、木陰でランチ。

Img_0217 
らきーなことに山頂の雲が取れて来た。
よかったぁ(=●^0^●=)v

Img_0219_20190903200401

 青空が気持ちいい

Img_0233_20190903200401

 東屋のある寄生火山に登ってみる。

Img_0235_20190903200501
ちょっとの位置でも風が違う。
ここから簡単に山頂へ登れそうに思えちゃうね。

Img_0240

 富士山の中腹で、新しく噴火してできた小さな火山を、寄生火山って言うの。
富士山には、こう言う寄生火山が100個くらいあるんだよ。
代表的なのが、宝永火山ね。
宝永火口も、火曜会で何度も行きましたね。
富士山は、山頂を目指すより、五合目付近が面白い!

樹海と大室山 奥に蛾ヶ岳

Img_0245_20190903200601

入道雲に薄い笠雲

Img_0244  

 ここからは、サンダルでも何とかなるかなって言う整備された道で、ルンルン♪
ここ以外ではなかなか会えない、ムラサキモメンヅルや

Img_0249_20190903200601

タカネヒゴタイやミヤマオトコヨモギにも会えました(*^_^*)v

 Img_0271

ベニバナイチヤクソウの群生地もあります

Img_0253

なんと、今頃シャクナゲが!

Img_0262_20190903200601

さて、本日の一番の危惧は、帰りのバス。
まだ、富士登山時期なので、バスに乗れるかどうか心配でした。
マイフレさんが、新宿行きのバスを電話予約してくれて、お姉さま方大喜び。

 路線バス組の二人は、予定のバスの30分前に座って乗れました。
でも、すごい人の列で、乗りきらないんだよ!

 お姉さま1人と河口湖で分かれ、ふと見たら、富士回廊って特急が、あと1分で出る!
600円はらって飛び乗りました。

Img_0278_20190903200801

 大月で、かいじと連結するんで停車するんだけど・・・

Img_0279
(ノ°ο°)ノ オオオオ
仲良しマイフレさんが、お1人で歩いているじゃないの。
『今大月 1号車にいる』ってメール("⌒∇⌒")

楽しくおしゃべりして帰りました。

富士山はお天気だったのに、うちの近くは雷と雨。
富士山でこんなお天気じゃなくて、助かりました。」

 今日は、気持ちがよかったですね~(* ̄∇ ̄*)

寄生火山へ登ってくるお姉さまImg_0239

2019年9月 1日 (日)

日光白根

 この時期に、そう暑くないお山、どこがいいかな って話してた。
週末会の山友2人が、日光白根に行ったことがないって。
('o'=) ウソ!? 
そうなの?
月末の日曜日は、日光白根に決定!
関東地方最高峰だもの、涼しいよね。

 丸沼からのロープウェーは、日曜日は7時半から動いているらしい。
「到着時間が遅いから、それにする?」
「それとも、菅沼登山口か、金精峠から登る?」
「お勧めはどこですかね?」

 うーん "( ' ' ;)
「やっぱ、五色沼はきれいよ~」
「じゃ、そこ通りたいな」
ってことで、菅沼登山口からの、一部周回ルートにしました。

 金精峠のちょっと手前、車道の奥に2ヶ所駐車場があります。
駐車料金は1000円。
ここ、ちょっと北八つチックで好きです。
苔とシラビソのにおいが~("⌒∇⌒") 
あら、水曜日の鳳凰の薬師岳からの下りも、苔とシラビソだったっけ。
激登り具合も、よく似ています。
Img_0004_20190901180001
 急斜面をジグザグに登ると、弥陀が池。

Img_0008
ここで標高2250m
ヒメシャジンやハンゴンソウが咲いています。
Img_0013
 池の横を通ってから、白根山へ。
ここから、急に風が強くなる。
そして、辺りは真っ白。
300mほど一気登り。暑くない~。

日光白根(2578m)

Img_0024_20190901180101
山頂の気温は10度は切っていて、風速10m以上の風。
体感温度は氷点下!
手袋して、長そでを重ねて、ウインドブレーカーを着て、
でも、ここでランチは食べられないね。

 ああ、残念。
ここからの日光ファミリーや6月に登った鬼怒沼山とか、眺めたかったな。
でも、久しぶりに、トウヤクリンドウに会えました(*^_^*)v 
Img_0020_20190901180001
 ここは、ご近所のマイフレさんと11月に歩いて、髪が霧氷になりましたっけ。
その時と同じ、下山は五色沼避難小屋経由で、五色沼へ。

ハナイカリ

Img_0041

ハクサンフウロ

Img_0048_20190901180201
少し下ったところで、ガスが晴れて来た。

一瞬五色沼が見えたので、ここでランチにしたら・・・

Img_0036_20190901180201

 
雲はあるけど、中禅寺湖や男体山も見えて来た。

Img_0040_20190901180201

一つの谷がカニコウモリソウで埋め尽くされてる。

Img_0055_20190901180501

お花が意外にかわいいのであっぷ!

Img_0069_20190901180501

ハンゴンソウと避難小屋

Img_0049

 避難小屋に寄ると、お布団がいっぱい干してあって、鍋鎌も置いてある。
手ぶらで来て泊まれるねぇ。

Img_0051_20190901180201
 
 五色沼は、チャプンチャプンと、小波の音が癒される~!
「きれい~、ここでテン泊したいですね~」って山友たち。
こちら回りにしてよかった(=●^0^●=)v
Img_0058_20190901180501
 弥陀が池に回って、往路を戻る。

 下山途中、パラパラっと雨が来たけど、キルトヤームの法則!
雨具を着て傘をさしたら・・・止んだ。
雨具を着て歩かずに済んで、助かったぁ~
(*^_^*)v 

駐車場に着いたら晴れてるじゃん。午後から降るんじゃなかったの~

Img_0073_20190901180501

 標高差950m マップタイム6時間のハイキングでした。

 登りでに、5組くらい抜いたけど、あとはほとんど人に会わない、静かな日光白根でした。

 山友たち、行ってない山、行きたい山があったら、どんどん言ってね!





« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »