« 奥又白池 | トップページ | 館山 »

2019年9月11日 (水)

編笠~西岳~権現岳

 Pちゃんを連れて行きたい山、第二段
("⌒∇⌒") 権現岳!
週末会や八ヶ岳のハイジちゃんと、日帰りで登ったけど・・・火曜会ペースでは、日帰りだと、編笠は行けるけど、権現は行けない。
で、今回は、泊まったことがない、遠くの飲み屋に宿泊しての、のんびり権現岳です。

 ただ・・・
登山道の、台風の爪痕が心配。
それと、館山が、塀が倒壊して、瓦が飛んで、すごいことになっているって~(/_;)
ご近所さんから連絡を頂いたんで、すぐに工務店さんに連絡したんだけど・・・
台風の影響で、工務店さんの電話がまだ不通なの【><。】  それに、停電に断水!
館山は台風直撃で、あちこちひどいみたい。
うちの近くの瞬間最大風速が60mで、一時間の雨量が60ミリですって!(≧◇≦)

 あずさ1号で、小淵沢まで。
途中、何度か席を立って、工務店さんに電話してみたけど、繋がらなかった。雨でも降ったら、雨漏りで大変?【><。】 エーン
どうにもならないので、
気持ちを切り替えて~(;-_-) =3  ふぅ~

 タクシーで観音平へ登ってもらって、火曜会では二度目の編笠。
以前は、茅野のビジホに前泊して、西岳から編笠へ登って、ここへ降りてきましたっけ。

 もう遅い時間だから、雲海見晴らしからは、雲海は見えず~
でも、雲の中に、かろうじて富士山は見えたよ。

Img_0453

ミヤマモジズリ

Img_0465_20190911212901

ハナイカリ

Img_0469

ツリガネニンジン

Img_0450_20190911212901


 傾斜がきつくなって、梯子が出てきて、もうすぐだね。
森林限界を超えると、岩々の山頂へ飛び出す。
編笠山(2524m) 
このところ、天気予報がころころ変わって心配したけど~

(*^_^*)お日様が痛いくらい。
権現の奥に、西天狗東天狗がくっきり。
南アルプスも、雲が多いながら見えてます。
ここでランチ。

Img_0494_20190911212901
 

下りる途中から、左の登山道でのろし場とギボシ 中央に権現小屋で右に権現「

Img_0496_20190911213301

岩ゴロゴロを飛んで、青年小屋へ。


 今日は、お世話になります( ´ ▽` )ノ
お部屋を教えて頂き、お泊り荷物を置いて、西岳へ往復しましょ。
山頂は、マツムシソウが咲いてると思うよ。

 山小屋に早く着きすぎちゃうと、のんべのちい姉さまに怒られるんだもの。
「こんなに早く小屋に着いたら飲み代がかさむ~」って("⌒∇⌒")

 山頂直下以外、ゆるいアップダウンです。
美味しい水場の谷は、去年の台風の時に、下のゴルフ場まで土石流が流れたそうで、崩落地は倒木だらけ。
苔の樹林は北八つチックで気持ちがいいです。

 西岳山頂で、マツムシソウや

Img_0527_20190911213301

イブキジャコウソウを見て

Img_0549_20190911213501

編み笠から権現岳を眺めてのんびりしていたら!

(矢印が青年小屋)

Img_0525
ゴロゴロゴロ~!
(^o^; ほえ~
「戻ります!」

 まだ、降らないでね~。
うしろから、雷の音が追いかけて来る。

 小屋のテン場へ着いた頃、ポツリポツリ。
間に合ったぁ~(;-_-) =3  ふぅ

 そのあといったん止んで、遠い飲み屋の前にはブランコがあります

Img_0537_20190911213301  
 青年小屋のお夕飯は、アジフライに豚汁の
とっても美味しいご飯。
Img_0540_20190911213601
 常連さんが、チェンバロのCDをかけたので
「チェンバロですか? 渋いですね~」
って言ったら
「チェンバロ お好きですか?」
って聞かれた~。
「弦の長い楽器が好きです。お琴とかシタールとか」と、お返事。

 なんと、青年小屋は、年に一度チェンバロの演奏会をするそうで、チェンバロが食堂に置いてあるの!

 で、そのCDをかけた方は、バイオリニストで、演奏会の主催者なんですって(ノ°ο°)ノ
少しなら弾ける、ってことで、チェンバロの生演奏をして頂きました!

\(^o^)/ わーい
すばらしい響き。
Img_0542_20190911213601
 食事の後は、遠くの飲み屋だけあって、宿泊者のほぼ全員が談話室に集まっての飲み会。
10人+火曜会。

 お姉さま方のご年齢に、
「尊敬します~」 
「憧れます~」
 って("⌒∇⌒")

 ここが、普通の山小屋と違うのは、消灯時間がないこと。今夜の人数だと、全員のお顔が覚えられて、和気あいあいで、楽しかったよ~!

夜は稲光がすごかった!

 9月4日
今日は、お昼頃からお天気が崩れる予報。
なので、朝食は、お弁当にして頂いた。
小屋で、5時半に半分食べて出発。

 辺りはガスって真っ白。 
のろし場(2530m)は、信玄公の時代にのろしを上げたとか。昔のわらじで、ここまで登るのは、大変だったでしょうねぇ。足場ザラザラのジグザグ道は、湿っていて、返って滑らないで助かる。

 ギボシを目指して、ぐいぐい上る。
この辺りから、高度順応が苦手なお姉さまが、遅れるかと、時間計算を多めにしたんだけど・・・
お好きな岩場、鎖場だから?("⌒∇⌒")

Img_0556  
しっかりマップタイムで登ってくださいました。すごくない?

イワギキョウ

Img_0561_20190911213801
 権現小屋の横を通って、権現岳(2715m)

Img_0563_20190911213801
すごい風で、相変わらずの真っ白。
ちょっと下に、山梨百名山の標柱があるんだけど・・・
「山頂へ登るんですか?」
「うん、登るよ!」
って言ったら、皆さんついて来てくれました。
すみません(。_。;)
全員に、てっぺんの岩の山名板にタッチして頂きたかったの。

頂上直下の、ちょっといやらしい鎖場

Img_0568_20190911213901
 三つ頭へ下る途中、霧雨が降って来て、雨具を着る。でも、風も強いから暑くない。

前三つ辺りで、ほんの少しガスが取れて来た

Img_0572

ヒメシャジン

Img_0583

ダイモンジソウ

Img_0589
[ここが一番きつい もう少しで前三ッが見える]の看板を通過。
「ここを登りたくないわねぇ」
って、お姉さま方の。感想ガンガン下るからねぇ。こちらから登る時は、確かにこの辺りが、眺望がなくて、きついです。

 時々ほんの少しガスが取れて、薄日が射したり、また真っ白になったり。
でも、本降りにならなくてよかった。

ススキとワレモコウ 秋ですね

Img_0595_20190911214001

 最後は、露のついた笹で足元をびしょ濡れにしながら、ちょっと飽きた頃 天女山へ。

 お迎えのタクシーを少し早めて頂いて、天女山の三角点へ寄ります。

 帰りのあずさの時間に余裕があるので、大泉の温泉へ寄り道。広い露天風呂でのんびりして、甲斐大泉から、小淵沢へ。

Img_0599

モデルはちい姉さま 広い露天でしょ!

Img_0600
 昨夜青年小屋に泊まった女性二人と、小淵沢駅で会って、そのお二人は
「西岳経由で降りたんですよ~」
って言ってました。

 
 累計標高差は登り1600m 下り1650mでした。お姉さま方、お疲れの表情もなく、さすがです。

 遠くの飲み屋も、チェンバロ生演奏も、
ちょい岩場も、広い露天風呂も~
楽しかったですね~( ´ ▽` )ノ

« 奥又白池 | トップページ | 館山 »

コメント

しゃらさん!皆さん!こんにちわ
小淵沢駅から観音平まで乗っていただきましたタクシーの運転手でございます(^ ^)

助手席に乗られたしゃらさんのエネルギーはカッコよくて惚れました^ ^
ブログも楽しく拝見させていただきました
皆さんスゴイ!!
是非またお会いしたいです
北杜市の方面に来られる時には是非お声かけ下さいませ!

出会いに感謝
(有)大泉タクシー 小平

行きのドライバーさんのコンセントうれしい((o(^-^)o))です!つながるとうれしい(*⌒▽⌒*)です!千葉県館山はいかがですか?

千秋さん
今頃ごめんなさい(。_。;)
わざわざコメント、とっても嬉しいです。
ありがとうございます。

この週の月曜日の、台風15号で、館山の家の屋根が飛んで、床がびしょぬれ、家中カビだらけで、
ブルーシートを張りましたが、風が強い、ハラハラドキドキです。

次回、小淵沢方面へ行く時は、ぜひ千秋さんに乗せて頂きたく、今後もよろしくお願いいたします。

ちーねえさま
今頃ごめんなさい(゜゜;)
あの時の運転手さんが、ブログを見てくださっていたんですね。
こう言うコメントは、嬉しいですね~(*^_^*)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奥又白池 | トップページ | 館山 »