« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

鍬の峰

 先々週に行こうとして、冷たい雨予報で断念したお山 鍬ノ峰。
その日は美ヶ原と霧ケ峰のグライダー見物&ちょこっとハイキングだった。

 今日はそのリベンジ。
鍬の峰の登山口は、餓鬼岳へ行く登山口のちょっと奥。だから、アクセスに時間がかかる。
それでも、近くで白い北アルプスが見たかったんだよね。

 今日は晴天予報。
期待に胸を膨らませて、快晴の南アルプスや八ヶ岳に車の中から大騒ぎ。
Img_1053
 あれれ( ̄~ ̄;)
でも西に向かうと雲が~。

 国営アルプスあづみの公園を過ぎた辺りから、路面にも雪が。
そして見上げる山々は雪雲が・・・(^o^; ほえ~
白き たおやかな峰は、拝めないの~?

 餓鬼岳登山口には車が1台。
屋根に雪が乗っていないから、今朝出発したんだね。
餓鬼岳までマップタイムで7時間。
餓鬼岳小屋って、まだやってるの?
雪上でテン泊かな?

 鍬の峰の登山口には、5台くらい停められる駐車スペース。
一台もいない。

 鉄塔巡視路の階段は、雪が付いて滑る~。
でも、アイゼンをつけるほどじゃない。
登山道はバリエーションみたいに、ずっと一気登り。ほぼほぼ急斜面。

 途中、切れ落ちた尾根サイドをトラバースしたりする、スリリングなところもあって、でも、トラロープが何本もついていて、ありがたい。岩の上の雪は滑るから、慎重に。
Img_1067_20191130185401
 木の間から見える北アルプスは、雪雲の中で、時々 七倉岳かな?ドームみたいな形の山が見える。

左奥は船窪かな

Img_1100_20191130185501  
あ~あ(^。^;)
今日って、快晴じゃなかったの~
って言ってたら、山頂が見えてきて
Img_1073_20191130185501
 \(^o^)/ わーい
樹氷だぁ!

 一気に、足が速くなっちゃって~
もう、写真撮りまくり("⌒∇⌒") キャハハ
Img_1082_20191130185501
 こんな遠くまで来て、お昼前なのに、まだ融けずに残ってくれてありがとう。

 鍬ノ峰山頂(1623,2m)

Img_1097_20191130185401
360度の大展望!
なんだけど、あちこち雲が付いてます~。

Img_1104_20191130185501
風がないのが幸い、甘酒飲んでねばって、雲が動かないか待つ。

(ノ°ο°)ノ オオオオ
去年みんなで登った、針ノ木と蓮華が見えたよ。その隣のとんがった山はなに?

Img_1102

烏帽子にしちゃ、針ノ木から近すぎるから、北葛って、こっちから見ると、とんがってる?
たまに、風花が舞ってくる。

 雲、無くならないねぇ。
足が冷たくなってきた。
温泉に行こうか?

 下山でも、またキャァキャァ言って、樹氷撮りまくり~("⌒∇⌒")
Img_1111
 下りの岩のトラバースは要注意。
雪が乗った根っ子が、また滑ること!
でも、急こう配のお山は、下りは早い。

 ラドン温泉すずむしの湯に寄ったら、今日はイベント風呂で、露天がリンゴ風呂でした。
いい香り~(*^_^*)
Img_1118
 源泉のラドン温泉は25度で、これは、しっかり暖まってから、交互に入る感じ。
遠くからも関節痛の人とかが来るそうです。

 帰りの中央高速は、小仏渋滞もなくて、すんなり帰れたよ。
Img_1153
なんで? (。。?)
こんなにいいお天気なのに。
寒いから?

 クリアーな北アルプスは、見られなかったけど、代わりに、今期お初の雪山歩きができて、樹氷も見られて、よかったよ~( ´ ▽` )ノ

2019年11月27日 (水)

身延山から七面山

今年の忘年山行、どこにしましょうかねぇ。
Pちゃん未踏の山梨百名山にしようかな?
って、探していたら・・・
七面山なら、お姉さま方は敬信院まで、私とPちゃんは山頂まで歩くと、ちょうど同じくらいの時間に下山できるかも。
 
 あ、でも、歩行時間が9時間くらいな上に、標高が高いから、11月中に行きたいな。
ってことで、11月はお泊り2連荘になっちゃいました。

 なんでこんな長時間ルートなのに、11月にしたか。
以前週末会で登った時、ヒルに付かれたから(´ヘ`;)
流石に、11月下旬なら、大丈夫でしょ。

 日にちが近づいたら、まさかの両日とも雨予報【><。】
予報が外れますように~!
 
 一日目は身延山にしようと、身延駅集合。
私は新幹線で、静岡経由。
中央線方面の人は、あずさ利用で甲府回り。
身延線の真ん中で、微妙な位置なのよね~、身延って。

 駅からバスで、身延山久遠寺へ。
数年前の火曜会の新年会で、歩いて雪の身延山の山頂まで登った。
今回は、早川町のお宿まで歩いて行くので、行きはロープウェー利用。

 久遠寺の階段を登っていると、雨が~(/_;)

でも、紅葉は最盛期 フユザクラも咲いていました。

Img_0912

久遠寺まで、急な階段を登ります。初めは抜かしていた若者が、止まってゼーハーしながら

ゆっくりしっかり登るお姉さま方を「すげー!」って見上げています。

Img_0916
 

片道だけのケーブルカーで、奥の院へ。

 確か、奥の院の前に、休憩所があったはず。


身延山(1153m)
展望台からは、晴れていれば目の前に七面山が、そして白根安産や八ヶ岳も見えるんだけど~
残念ながら、真っ白です(;>_<;)

 雨が降っているから、休憩所でランチ。

Img_0921_20191127232801
信者の団体さんは、お茶の接待が受けられますが、一般はお湯の提供はありません。

 今日は、西側の、七面山登山口へ歩いて下りる予定。
車道は台風19号で崩壊して、車は通行止めだけど、徒歩なら大丈夫でしょう と、お宿の方から聞いていた。

 ところが・・・
身延山の方が、「人も通行止めですよ」
って言って、よく知ってる人がいるから、と、電話をかけてくれた。
その方は、行きのロープウェーで私たちの格好を見ていて、
「ほんとは人も通行止めですが、皆さんはしっかりした山支度だったので、大丈夫でしょう。
崩れてい入るところの3歩だけ、気を付けてください」って、教えてくださった。

 感井坊の分岐までくると、しっかりと通行止め。

Img_0923_20191127232801
そして、お寺の方がいる。

・・・行くなって止められるかな?
「崩壊地は気を付けて通過します。赤沢集落を抜けて、明日は七面山へ登ります」
と言い訳すると
「ご苦労様です。気をつけてください」
って言ってくださった。
ε= (*^o^*) ふぅ~ よかった。

 見事な紅葉の山を下りて、

Img_0938_20191127232801
3歩だけ気を付けて は、ここかしら?
って言う、木の根っこごと崩れたところを通過して降りると~


(;-・。・-;)あ! 

ここだわ。
確かに、ちょっと危うい崩壊地。

Img_0928

でも、その下の斜度がそれほどじゃないから、万一乗せた足もとが崩れても、すぐ止まるな って感じ。
で、全員難なく通過。

この林道は、紅葉がとっても見事!

Img_0940
 ところが!
 

 核心部は思わぬところに。

 赤沢集落へ出て、石畳を歩き出したら・・・
滑る!
めっちゃ滑る(;>_<;)

Img_0947
石のつなぎ目に足を置いても、スーッと横に滑るし、もう緊張し通し。
最後は、赤沢遊歩道の石畳を避けて、遠回りの車道を歩きました。
この辺りは、一般車道もあちこち崩壊して、修復工事中です。

 七面山北参道近くにある、ひのやさんが今夜のお宿。
こちらは、七面山へ登る人たちの宿坊のようなお宿なの。


お風呂も大きいし、とってもご親切なお宿です。
お夕飯は、天ぷらに鍋にお刺身に、結構豪華なのに、二食付きお弁当付きで8600円
Img_0952_20191127233001

 11月27日
七面山は、東側からの表参道が一般的。
でも今回は、表参道より標高差が150mほど大きい北参道を登ります。

 お宿の方が、朝食は早くてもいいですよ。
って言ってくださったので、5時半に朝食をお願いしました。

 食べ終わってすぐ出発。
陽が短い時期なので、まだ暗い。
お宿の裏の大鳥居が登山口。
うーん "( ' ' ;) 
鳥居・・・でいいの?
神仏集合?

 植林地の急斜面を、ジグザグに歩いているうちに、夜が明けて来た。
ずーっと・・・
急斜面をジグザグ。

 山頂まで行くとマップタイム8時間40分。
休憩入れると、日が暮れてしまう。

 で、事前にご了承頂いて、今回は、2班に分けます。
七面山を登ったことがあるお姉さま方は、敬信院まで。
未踏のお姉さまとマイフレさん方は、七面山山頂までお連れします。

 ってことで、ようやく足元が明るくなってきたし、迷う道でもないし・・・ 
お姉さま方に、歩いて欲しい予定時間と、私たちの予定時間を書いたものをお渡しして~
では、お先に失礼します(/・0・)

 ベテランのお姉さま方にお別れして、参道を南へどんどん登ります。
雨は降ったり止んだり。

日蓮さまの高弟がお手植えの大栃 樹齢800年ほど

Img_0956_20191127233001  

 様子を見て、今日一番調子が上がらないマイフレさんに、私の後ろに来て頂いて~
久しぶりだから、お話しましょ~(´ー`)
聞いたら、お山は2ヶ月振りだって(;-・。・-;)
それは、この標高差はきつかったでしょうね。
登山口が250m、七面山奥の院が1700m そして山頂は1982,4m
なかなかの標高差。

 姑は日蓮宗なので、こちらでお声をかけて、お守りを頂くと・・・
「どうぞ、お茶を飲んで行ってください」

と、休憩所で熱いお茶を頂く。
ありがたい接待です。
Img_0963
 ここから敬信院までは、ほぼ平坦。
サルオガセの森を歩いて、敬信院へ着くと、ご住職が出てらして
「どうぞお休みください」ってお声をかけて頂く。
登山靴だし~ って遠慮していたけど、ストーブがあるってことで、休ませて頂くことに。
100円のお味噌汁を頂いて、お宿で作ってもらったおにぎり弁当でゆっくりお昼。
別動隊のお姉さま方にお渡しした、私たちの行動時間に合わせて、ここからもゆっくり登る。
Img_0972_20191127233001
 さて、もうひと頑張り。
有名な崩壊地、ナナイタガレの縁を登って・・・

 霧雨から濃霧になって~


 (ノ°ο°)ノ オオオオ
またしても、神々しい光が!
Img_0983
 
七面山(1982,4m)
標高差1750m! 

なんと(ノ°ο°)ノ

 山頂は~


Img_0992_20191127233401

\(●⌒∇⌒●)/  青空だった。

Img_0994
今までの冷たい雨から一転、背中もぽっかぽか。
ゆっくりとおやつを食べて、別動隊へ渡した時間に合わせる。

 来た道を敬信院まで戻って、ここからは、行きと違って、コンクリの階段続き。
さて、どこで80代のお姉さま方と合流するかな。

 下山途中、白い鹿を見ました。

Img_1003_20191127233401

後で見守るのはお母さん?

Img_1008_20191127234301

 つい急ぐと、70代のお姉さまやマイフレさんと離れてしまう。
でも・・・
おかしい。
別動隊のお姉さま方に、「この辺りで合流します」
って、お話してあった所を過ぎても、お姿が見えない。
不安になって、他の方を置いて、一人でダッシュして汗だくになって下りても・・・

(^/□\^) おーい! って叫んでみても・・・

会えない(/_;)

 下から来た人に聞いたら、もうずっと下に居るって(;-・。・-;)

 

 そんなに早いなら・・・
ご一緒に登ればよかった(T.T)
もう、80代のお姉さま方、健脚過ぎ~。

標高差1000mくらいを越えたら、急に遅くなることが多かったので、今回もそうかと思っちゃいました【><。】 

 相変わらず、小雨が降ったり止んだりだけど、表参道は休憩所が、程よい距離に設けられているので、とってもありがたい。
やっと合流して、最後のお茶休憩。

反省です(;>_<;) 

寒い中、お待たせしてしまって、申し訳ありません(/_;)

 

紅葉の白糸の滝を見物して、お宿に置いたお泊り荷物を受け取って、身延駅へ。
Img_1015

  標高差登り1750m 下り1500m
みなさんお疲れ様でした。
タクシーが来たので、ストレッチは半端にしかできなかったの。
ご自宅でも、しっかりストレッチをしてくださいませ( ´ ▽` )ノ
 
 タクシー代は一律1万円ですって。
メーター計算よりかなりお安くて、タクシー内で、800円ずつご返金出来ました。

 早川町の方々、七面山のお寺の方々、皆さんとってもご親切で、暖かいおもてなしを頂きました。
ありがとうございます。

 三島でお弁当を買って、新幹線でお夕食。

Img_1024_20191127233401

 

2019年11月25日 (月)

大昔の写真なんで、スルーしてください

 先日の清津峡トンネルのポーズの後、

踊っている写真が見たい って、何人かに言われました。

 踊っている写真は、あまりなくて・・・

前にも趣味人にアップしたやつです


今から17~18年前の、発表会の写真です。

Dscn8091
Dscn8095
Dscn8082

2019年11月23日 (土)

坂戸山 清津峡

 前から、行って見たいな って思っていた 清津峡のトンネル。
インスタ映えするので人気急上昇。
うーん (+_+) 
混んでいるところは、好きじゃないなぁ。
って、敬遠しておりました。
 
 そこへ、情報。
湯処よーへりが、今月いっぱいで閉館ですって【><。】

 400円で、ちょっと硫黄臭の、気持ちのいい温泉なのに、閉館?('o'=)
で、近場の短いお山とセットで行こう!って思い立った。

 地図を見ていたら、数年前の3月に、カタクリやイワナシ、コバイモなどを見に行った坂戸山を思い出した。
雪が残っていたので、山頂の三角点が見つからなかったのよ。
それ、リベンジしたいなぁ~。

 山友たちに聞いたら、坂戸山は誰も行ったことがない。
「晴れていたら、八海山が目の前よ~」 
って誘っちゃいました("⌒∇⌒")

 八王子からだと、アクセスがちょっと遠い。
早朝に高速道路を走る。
予報では、坂戸山は午後まで曇り。
三国トンネルを抜けるまで、辺りは雲だらけ。

Img_0766
 トンネルを抜けると、そこは・・・

 \(●⌒∇⌒●)/ わーい
青空でした。

 八海山の下に、濃い雲海。

Img_0775_20191123215401
で、その雲海の中に突入。

Img_0782_20191123215401
もし人がいたら怖いくらいの、ホワイトアウト。

 神社の駐車場に車を停めて、登り始めると~

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
靄の中に光が透けて、ありがた~い雰囲気。

Img_0786_20191123215401

 急斜面をガンガン抜かして登ると、坂戸山(633,7m)

Img_0803_20191123215501
\(^o^)/ わーい
前回来た時は真っ白で何も見えなかったけど、素晴らしい眺望。
八海山や金城山、守門岳や

Img_0816_20191123215401

弥彦山に 妙高火打がいつも見る反対並び!

Img_0812
 Tシャツ1枚でも、ポッカポカの日だまりでランチ。
佐渡のおけさ柿をみんなにふるまって~
地元の方が、山頂から佐渡が見えるって!
そうなんだ~。
佐渡の友人に、会いたいなぁ。

 思いのほか、紅葉も楽しめました。

Img_0802
 サクッと下山して~
では、清津峡のトンネルへ参りましょう。

 黒部峡谷と、大杉谷と、ここが、日本三大峡谷って言われてるんだよ。
柱状節理が美しい渓谷なの。

 その奥に、清津峡トンネルがある。
長さは750メートル。

 第一見晴所から、柱状節理

Img_0845_20191123215701
 第二見晴所は、真ん中がドーム状で、なにこれ?

Img_0847_20191123215701
って言う銀色の建物は「トイレ」

Img_0849_20191123215701
個室がふたつ。ドーム壁はマジックミラーで、渓谷が見えます。
みんなで写真を撮るのに入りました("⌒∇⌒")
 

 第三見晴所は、球状の鏡が壁に配置されてて、オームの背中みたい。

Img_0852_20191123215701
 トンネルの一番奥は、インスタ映えで有名なパノラマステーション
そり立つ岩壁が、迫ってくるよう。

Img_0884_20191123215801
 その端に立つには、水面を歩かなきゃならないんだけど・・・
峡谷の水に足を浸すことによって “清津峡の風景を再体験する”って言う意味が込められているんだって~。
今日は風が強くて、水面が波立ってる(/_;)

 で、人影を撮りたいのに、だーれも向こうに立っていないんだよね。
私は登山靴だし~、じゃ、撮ってくれる?
山友にカメラを渡して。水面の端っこの浅いところを歩いて、トンネルの端へ。

Img_0870_20191123215701
 ほかに人がいないからか、手を上げてポーズを撮ったら、知らない人も、私のシルエットを撮ってたよ。


 このトンネルを掘っていて、42,6度の温泉が出たんだって。


それが、これから行く湯処よーへりに使われているの。

Img_0841_20191123215501
それと、ここの2階には足湯があるの。
冷えた足を温められて、上手くできてるね。

 お蕎麦を頂いてから、湯処よーへりへ向かいます。

Img_0894
最近、私より10才くらい若い山友たちが、いつでも温泉に入れるようになって、嬉しい。
(意味、分かるかな?)
女の子は、色々面倒なんだよ。
こう言う面倒さって、殿方は、分からないだろうなぁ。
現役女性は、温泉に入るにも、お山を縦走するにも、色々な面倒があるんですよ。
で、みんなでのんびり、渓谷の景色を見ながら温泉に入る。

Img_0896
 こんなにいい温泉が、今月いっぱいで閉館だなんて、悲しいなぁ。
24日から月末までは、ご愛顧感謝セールで無料だそうです。
よーへり って、湯へお入り って意味らしい。

 今日は、雲海と素晴らしい青空を堪能したけど、三国トンネルを抜けたら、また雨。
朝から一日、降っていたみたい。
館山は、大丈夫かな?

 ゆっくり楽しんじゃったから、渋滞を心配したけど、
落下物でちょっと渋滞した程度。

Img_0902_20191123215701
 素晴らしい雲海と眺望を楽しめて、清津峡も温泉も楽しめて
今日も盛りだくさんな一日になりました。
(*^_^*)v

2019年11月22日 (金)

お礼ハガキ

お泊り古民家民宿へ

送迎の回数が半端なくて・・・

まず駅へお迎え、
次に、登山口へ送って頂き、
下山口へ迎えに来て頂いて、
1台はマイフレさんの車が停めてある登山口へ送ってもらってから、民宿へ
もう1台は、あとから来るマイフレさんをお迎えに駅へ行ってもらってから民宿へ

翌日は、登山口へ送ってもらい、
迎えに来てもらってから、お風呂に入ってお昼を食べて、最後に駅へ乗せてもらう。

駅から民宿迄だけで3~40分 しかも2台。
タクシーを頼んだら、6~7万はかかちゃうところを、送迎して頂いた上に、夜はワインや焼酎やCCレモンをごちそうになっちゃいました。

お礼は、時間をあけずにしておかないと~
と、さっきハガキを書きました。

あの素晴らしい、美しい紅葉は描けないけど
きれいで嬉しかった って言う気持ちは、伝わるかな。

紅葉の谷を、上から描いたのと、下から見上げた時のを描いて見たけど~
下から見上げたのは、お姉さま方を描き入れたら、子供の絵に

なっちゃった。

Img_0765_20191122000901

2019年11月20日 (水)

四つ又鹿岳 三ツ岩岳 

 ずっと前に、火曜会お気に入りの古民家民宿かじか倶楽部へ、紅葉時期にお泊り ってことだけ、決めていた。

 日にちは、マイフレさんのご都合を加味して、11月3週目にしたら・・・
お泊りが、二週続きになっちゃいました(;´o`)

 日記のコメントか何かで、下仁田のお山へ行くって書いたら、別のマイフレさんが途中合流したいって。
あら、お久しぶりに会えますね~(*^_^*)v

 高崎で集合して、上信鉄道へ。
この路線は、未だに切符をハサミでチョキチョキしてくれるんだよ。

Img_0586_20191120214201
 紅葉がきれいなマメガタ峠は、もう落葉しちゃったかなぁ。
三ッ岩岳の谷の紅葉はどうかなぁ。
大勢お連れする泊りのお山は、紅葉が気になります。
上信鉄道内でお姉さま方と合流、宿泊費や食事代などを事前に集めて、下仁田駅へ。

 今夜泊まるお宿のオーナーさんに、お迎えに来て頂いて
「今回は、色々ご面倒をおかけいたします(/・0・) 」
まず、登山口まで送っていただきます。


 ここに、茨城のマイフレさんが待っていてくださって、合流。
お久しぶりです( ´ ▽` )ノ

 沢沿いの、落ち葉で滑る急斜面を登って、天狗峠へ出ます。
沢沿いの道は、台風で荒れていました。

 尾根の、岩混じりの急斜面を登ると、四ツ又山(899,6m)くっついて、ちいさいピークが4つあります。
だから、四ツ又山。

 ・・・('o'=)
あれ?
ピークが4つだったら、又は三つじゃないの~(・・?)

 山頂でランチ。
久しぶりの8人で、にぎやかなバイキング。
マイフレさんが、マーブルケーキを焼いて来てくださり~♪~
なんと生クリームまで! 
それに、手作りの羊羹と、お湯を沸かして紅茶も入れて頂いて、最高(=●^0^●=)v
大変、美味しゅうございました。

Img_0614_20191120214201

 ピーク4つだから~
トラロープの激下りと岩登りを、3回繰り返してから、マメガタ峠へ降りる。
Img_0621
 わぁお~!\(^o^)/
今年は紅葉が遅いから、もしかしてまだ見られるかなって期待したんだよ。
カエデ科の赤と、カバノキ科の黄色が見事。
Img_0640
 尾根を250mほど登ると、岩山の基部に出る。
基部をトラバースして、一ノ岳と二ノ岳の間に出るの。
二ノ岳は、握力がないお姉さま方だとちょっと怖いので、今日は一ノ岳のみ登って頂きます。
でも、なかなかの岩登りです。

 人数が多いので、トラロープ通過はちょっと時間がかかりますねぇ。
一ノ岳から見た二ノ岳、人を寄せ付けない感じに見えるよね。 

Img_0652

 私は、3年ほど前の秋にも来ています。
今日合流したマイフレさんも、以前に登っているので、二ノ岳は全員パスして、鞍部から下山。
根っ子が浮いた急降下の鎖場は、なかなか気が抜けません。
やっと普通の登山道になって、ほっ(´ー`)

 沢沿いを下って、鹿岳登山口へ。
こちらに、15時20分に迎えに来て ってお願いしていたの。
はい、20分ジャストに下山(*^_^*)v

 お手数かけますが、下仁田駅へ寄ってください。

 で、あとから参加のお1人を、駅でピックアップ。
久しぶり~
色々、大変だったねぇ(T.T)

 下仁田駅から30分ほどで、ちい姉さまお気に入りの、かじか倶楽部到着。
もしタクシー利用だったら、人数がタクシー2台分だから、今日だけでも3万はかかっちゃうな。

 こちらのオーナー夫妻、定年退職してこちらに別荘暮らしだったんですって。
地域のお年寄りから、『若いんだから働きなさい』って言われて、古民家を借りて民宿を始められたの。
それから、昔あった温泉も復活させて、地域活性に一役買っておられます。

とってもフレンドリーなオーナーさんご夫妻です。

 今年の4月にドカ雪が降って、登る予定の山に登れず、のんびり温泉に入りましたっけ。
去年秋に出来たての、星尾温泉 木の葉石の湯です。

 それは明日のお楽しみにして、今日はお部屋についている、展望露天風呂に入ります。

空気が冷たくてピリピリして、眺めのいい露天風呂、最高です。

 

お夕食は、これと猪肉のシチューに、煮ぼうとうに
Img_0675_20191120214501
ジンギスカン!


 ここが初めてのマイフレさんに、自分の自慢のように、お宿のあれこれを見せちゃいます。

もともとはムロだったところに作られた、酒蔵。

LPレコードを聴かせて頂いて、楽しく歓談。

かじか倶楽部さん、美味しいお酒と楽しい時間を、ありがとうございます。
Img_0684
 
 11月20日
美味しい朝食を頂いて、オーナーさんのお車で登山口へ。
 
 今年の4月に、ドカ雪が降って登れなかったのは、三ツ岩岳。
台風で、登山口が荒れているって情報です。
無理はしないで、危なかったら引き返しましょうね。

 大仁田ダムから歩き始め。
尾根をジグザグ登ると、
わぁ~ \(●⌒∇⌒●)/
紅葉、きれいじゃん!

Img_0702_20191120214601

 植林地の滑る急斜面をジグザグに登って、龍王の奥宮って言うほこら。
滑る急斜面で尾根へ出て、岩混じりの登山道になる。
小さなピークから、左側が切れ落ちた急降下で鞍部に下りて、ひと登りで三ツ岩岳(1032,1m)
Img_0711
 南西にお助けロープで激下り。

 Img_0666_20191120214301
尾根を歩いて、第二鞍部から第一鞍部へ。
この間の谷が、素晴らしいの!!!

Img_0722
今年最高の紅葉です。

Img_0727_20191120214601
谷だから、台風でもあまり枝を傷めつけられなかったのかな?
カエデ科の赤、ツツジ科の赤に、ブナとミズナラ系の黄色が、素晴らしかったです。
紅葉を堪能\(^o^)/
Img_0720
 林道に出て~
うーん "( ' ' ;)
登山道は・・・どこ?

 下りたいのは東方向なので、林道から東側を見たら・・・
これかな?
植林地の中の、落ち葉で隠れた薄い踏み跡を見つけた。
これは、迷いそうだね。

 沢筋は、今年の台風で、かなり荒れていました。

 

Img_0732
 一気に下りて、お迎えに来てくれたオーナーさんのお車で民宿へ戻って、温泉へ。

 (* ̄ー ̄*)ふぅ~
風が冷たかったから、気持ちがいいです。

泉質がすばらしいです。

星尾温泉 木の葉石の湯!
Img_0739
 湯上りに、地の物の御膳で、
カンパーイ(=^O^=)o□ プハァ 

サトイモや、こんにゃくの炒り煮が最高!

 

 お泊り荷物を置いてのお山は、すべて送迎付きのお陰です。
オーナー様の、ご親切に感謝です。

 温泉で柚子味噌を200円で買って、
下仁田で、原木ヒラタケを300円で買って

Img_0741_20191120214801
今夜は、こんにゃくとエシャロットの柚子味噌と、原木ヒラタケのお汁と、原木ヒラタケのソテー。
美味しかったです(´ー`)

Img_0761_20191120214801

2019年11月18日 (月)

4DX映画

 11月13日に、電車で5分の駅前に、巨大商業施設が再建された。
その中に映画館もあって、4DXシアターもできたの。
映画のシーンにシンクロして、椅子が動いたり風が吹いたり、臨場感があるアトラクションみたいな映画。

 子供が小さい頃、二子玉に、ナムコワンダーエッグって言う遊園地があった。
巨大スクリーンに映し出される、宇宙船の映像と、座っている席が連動して、右に左に。
そして、ガンガンガンと振動して急停車すると、宇宙に放り込まれた感覚が!
映画でそんな感覚が味わえたら、面白そうだな。

 数年前に娘と見た、マレフィセント。
テレビでの予告で、飛ぶ時の映像が素敵で見に行った。
今回、そのマレフィセントの2 を、4DXでやるって言うの!
で、時間を開けて見に行った。

南町田駅は、天井も高くて、階段が電飾で、ここはどこ、って感じからn

Kimg0737

 ストーリーは「眠れる森の美女」がもと。
オーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかけたマレフィセントと、隣の国の王子と結婚するオーロラ姫。
アンジェリーナ・ジョリー主演で実写化した「マレフィセント」の続編。
 
 でね、マレフィセントが飛ぶシーンが最高なのよ。
空をシュー っと風を切って飛んで、右旋回、左旋回 フワンと速度を緩めて
ってのが、椅子の動きで連動するの。
それから、滝のそばじゃ、水しぶきがかかるし、
足元で何かが跳ねて当るし、花の香りはしてくるし、
耳元に息はかかるし、炎で熱くなるし!

 4DXって、めっちゃ面白いよ~\(^o^)/

 そうそう、馬に乗って走るところの、ギャロップの感じとかも、よく伝わりました。

 それがね、映画館の座席みんなが同じ動きかって言うと、そうでもないの。
スクリーンは横にも写し出されるんだけど、画像が迫って来るところで、揺れたり当たったりするから、
スクリーンに近い方の座席から、順々に衝撃が来るって感じ。

 こう言うの、映像をコンピューター制御して、座席の位置も加味して動かすんでしょうね。

 土曜日に、グライダーの飛ぶのを見て、音もなく飛ぶのが気持ちよさそう って思ったけど・・・
かなり近い感じが味わえました。
グルグル回ると、そう言う感じに風が来るし~

 ストーリーは、これから見る人もいるでしょうからあまり言えないけど~
ちょっと意外な展開でした。
誰かさんだけ完全な悪者。
 
 おいおい、それじゃただの格ゲー?
って、ちょっと心配になったり~
まぁ、丸く収まりました。

 さすがは、おとぎ話("⌒∇⌒") キャハハ

 外へ出たら、平日でもまだまだすごい人ごみで、
モンベルの近くでは、大きなテントを張る実演中
その後ろに、きれいな丹沢!
大山北尾根がくっきり見えて、その奥に丹沢山から蛭ヶ岳

Kimg0734

 ちょっと孫の所に届け物をして帰宅。
峠の電柱に、無数のムクドリがいて

Kimg0753

渡る季節なのかな。
一斉に飛び立った瞬間の音がすごかった!

Kimg0754

2019年11月16日 (土)

物見石~牛伏山 車山 アルプス公園展望塔

 白い北アルプスが見たいね~。
って話で、アクセスが遠いお山へ行く予定だった。
でも、北アルプスは、午前中雪予報。
行くつもりの、前衛の山は、冷たい雨か霙?
(;>_<;) エー どうしよう。

 とりあえず、行くだけ行ってみようって、中央高速を松本方面へ。

朝の富士山がきれい

Img_0584
 南アルプスは少し雲が付いているけど、きれいな空で・・・
西へ行くほど雲が増えて、あ~、北アルプスは雪雲だぁ【><。】

 じゃ、美ヶ原に登る?
ビーナスラインは、来週なかばで冬季閉鎖。
ぎりぎり間に合うね。
ただし、武石峰方面は、台風19号の影響で通行止め。
ってことで、急遽、ビーナスラインで美しの森美術館へ向かう。
数年前に、お姉さま方と山本小屋に泊まって登ろうと思ったんだけど、雨で止めた山。
山友たちも未踏だって。

 美ヶ原美術館

Img_0437_20191116223801
 車を下りたら
(^o^; ほえ~
風が冷たくて、耳が痛い。
耳あて付きの帽子にしてきて、よかった。

 霜柱が、ザックザク~♪~(´ー`)

Img_0439_20191116223901
ひと登りで物見石(1984,9m)

Img_0449_20191116223801
八ヶ岳と西上州の山とImg_0469_20191116223901

浅間山から根子岳まで見えました。

Img_0454_20191116223801
北アルプスは雪雲の中で、かろうじて有明山が見えてます。

 いったん美術館方向へ降りて、牛臥山(1989m)にも登りましょ。

木道が霜で凍って、ちょっと緊張。

Img_0455
明治時代の山火事から、今のような草原になったって書かれています。

Img_0456  

 遠くに八ヶ岳、その手前に霧ケ峰のレーダードームが見えてます。
ついでだから、車山にも登ろうか?

 車で移動して、霧ケ峰を走っていたら、丘の上にグライダー。


これから飛ぶのかな?飛行機で引っ張る? 

車で引っ張る?

Img_0531_20191116224001

 話していたら、あっという間に飛び立ちました。


巨大なワイヤーで引っ張られて、そのワイヤーは、上がった所で切り離すと、パラシュートで落ちる仕組み。


Img_0511  
 そのワイヤーをトラックで運んで、次の飛行機に装着。

Img_0518_20191116224101

奥に富士山 左は編笠  

 上昇気流をつかまえたグライダーは、遠く八ヶ岳の方まで飛んでいく時もあるんですって。

今日は、旋回して、10分から15分くらいで下りて来る。

後は北横岳 樹氷みたいよ

Img_0528_20191116224001
下りたら、トラックに引っ張られて、運転していた人が羽根を支えて、発車位置までテクテク歩いて戻る。

Img_0525_20191116224401
何だか・・・のどかでいいなぁ。


 離着陸が面白いので、ついついゆっくり、1時間ほど見てしまった。

Img_0529_20191116224001

 じゃ、ちょこっと車山に登って来よう。
前回週末会で来た時は、八島湿原からゼブラ山を通ってぐるっと廻ったけど、今日は最短ルート。
でも、雪の八ヶ岳や

Img_0556_20191116224501

富士山が見えて、いい眺め。
甲斐駒の奥に白い北岳 

Img_0561_20191116224501

 ふと西側を見たら~('o'=)
北アルプスが、かすかに見えだした!
雪雲が消えかけてる。

Img_0539_20191116224501
 
 今から、予定のお山には登れないけど~
夕暮れ前に、念願の北アルプスを見に行く?
じゃ、ナビに松本アルプス公園って入れて。

 で、車で丘陵を登って、
松本アルプス公園、山と自然博物館へ。
ここ、博物館は有料だけど、展望台は無料なの。

Img_0420_20191116224601
入館時間は4時半まで。
晩秋は日が短くて、しかもお日様はアルプス方向に、もう沈みそう!
エレベーターで5階へ!

夕日に紅葉がきれい

Img_0427
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
今年の夏に行った針ノ木と蓮華! 鹿島槍と五竜の側面が、夕日に光ってる。

Img_0426_20191116224601
ぐるっと展望塔を一回りして、写真を撮っていたら、常念の左に陽が落ちちゃった。

Img_0430
まぁ( °o° )
まだ 4時20分なのに~。

 素敵な時間だったよ。

 さ、この時間から帰ると渋滞だな。
って思ったら、思ったより早めに帰れたよ。

 予定のお山には登れなかったけど~
珍しい、グライダーの発着をじっくり見られて、
物見石山と車山に登れて、北アルプスも見られて、
盛りだくさんな一日だったね~(* ̄∇ ̄*)

2019年11月13日 (水)

グランベリーパーク


  うちから近い南町田の巨大商業施設が、今日新装オープンなの。
 モンベルも入っていて、アウトレットもあって便利だったんだけど、改修工事で2年かかったの。

 最寄り駅の南町田も、今まで休日のみ急行が止まっていたのが、これからは平日も止まるんですって。ものすごい集客量だと踏んでるな。

 今日オープンだから混むね~


 南町田駅に下りると、駅の階段からして、キラキラのピカピカ~。

 12月14日には、スヌーピーミュージアムもオープンだって。ホームには、でっかいスヌーピーがいるよ。
Img_0382_20191113234001
 モールは、建物の床面積は前の5倍 店舗数は250軒くらいで以前の倍 駐車場は2000台停められるらしい。

 で、本日開店だから、めちゃくちゃ人がすごいです~。

 平日なのに、この混雑だったら、今週末はすごいだろうな。

 スヌーピーミュージアムは、ウッドストック好きな同級生を、連れてきてあげたいな。

その前の広場には、期間限定でスケートリンクができるらしいから、孫も連れてきてあげたいな。
Img_0390_20191113234001
 隣の鶴間公園へも行けて、子連れで一日遊べるね。

Img_0389_20191113234001

GAPとかフランフランとか、ラコステとか
どこも激混み。
 
 どこか入て休もうにも、スタバもマックもレモネード屋さんも、ましてタピオカティーなんて!
ディズニーランドのアトラクション並みの行列。

 で 、ちょっとモンベルのアウトレットをのぞいたら、超撥水のライトシェルジャケットが超割引!
で、買ってしまった~(^。^;)

 10スクリーンの東急シネマもチェックして~ ここがなくて、この2年、映画はちょっと不自由だったのよ。

これでまた、ちょこちょこ映画に行かれるな。


 人ごみのダラダラ歩きは、腰に来るわ~
(;-_-) =3 ふぅ~

 月末はクリスマスイルミの点灯
来月中旬はスヌーピーミュージアムの開館と、スケートリンクの開場
しばらくは混むだろうなぁ。

 そうそう、モンベルはクライミングポールや

Img_0383_20191113234001

カヌー用の池まであって、

Img_0385_20191113234001

めちゃくちゃ広かったです。

2019年11月12日 (火)

玄岳~氷池

 今日は、ムギチロへ行くつもりだったの。
毎年、年末の火曜会でお姉さま方に、
「来年行きたい日帰りの山は?」って、お聞きしています。
ちい姉さまは、火曜会で日帰りは無理 って言う毛勝山や白砂山とか、いくつかご提案。
唯一、日帰りできるのが、前道志のムギチロでした。
紅葉がきれいだから、11月上旬にお連れしよう、って思っていたの。
でも・・・
ちい姉さまは、しばらく火曜会をお休み(/_;)

 火曜会は、大姉さまに続いてちい姉さままでいらっしゃらないと、さびしい限りです。

 さて、じゃあ~近場でどこに行こう。
お天気が安定してきたから、最近歩いていない、近場の展望ルート。
出来れば、下山口に温泉があるといいな。

 丹沢や高尾、大菩薩などのエアリアマップを眺めていて・・・
台風19号の爪痕は大きい。
あちこちの林道や県道が、通行止め【><。】
まず、登山口へ行けないところが多くて、悩む~。
陣馬手前の和田峠も、台風による崩落で、通行止め。
戸倉三山から瀬音の湯も、無理なんだなぁ。
・・・うーん (+_+)

火曜会でここ6年ほど行っていない、玄岳にしようか。
で、熱海駅をゆっくりめの9時集合。
バスは、10分間隔で出ている。
玄岳登山口へバスで15分。
舗装路の、結構きつい坂道を登ると、やっと本当の登山口。

 ここは、結構お気に入りで、何度も来ています。
竹藪を抜けて、地味な登山道を登ると、いったん箱根新道を横切る。
笹原へ出て、一気登りで、気持ちのいい笹原の山頂(698,4m)に出られるの。

 (ノ°ο°)ノ オオオオ

Img_0328
荒川・赤石・聖が、少し白くなって、
そびえる富士山!

Img_0322_20191112222901
 眼下に、かわいく沼津アルプス。
そして、海が近い。

Img_0344
鋸山や富山(トミサン)も見えてます。
これって、爽快感アップで、ポイント高いよね~("⌒∇⌒")
笹原の広い山頂で、ランチ。

Img_0334_20191112223401
 ところどころにロープのついた急降下で、氷池へ出る。
弦岳へ来たら、いつも寄っていたんだけど・・・
(;>_<;) ひぇ~
なんじゃこりゃぁ、ってくらい、箱根笹が茂っちゃってます。
Img_0361_20191112223101
 ここは一時期、熱海高原ロープウェイって言うのがあったんですって。
その玄岳駅の残骸があります。
十国峠や熱海城の延長みたいな?
そう言えば、私が小さい頃は、熱城にロープウェーがあって、動物園もありましたっけ。
私が小学校の頃に、出来たての新幹線に乗って熱海に来た頃は、熱海は活気にあふれていた。
海岸通りは、射的やスマートボールのお店がいっぱいで、人がたくさん歩いていました。
若い頃は、会社の福利厚生費での社員旅行で熱海って、ものすごく多かったよね。
一時期、廃墟みたいだった熱海は、今は活気は出たけど、落ち着いた雰囲気ですね。

 いったん箱根新道へ出て、また箱根笹の藪道へ。
踏み跡はしっかりしているけど、頭の上までのものすごい笹とススキ!
今朝の雨で濡れたまま、乾いていないところは、上半身までびしょ濡れ~。
ここまで笹がはびこってると、もう元に戻らないかなぁ。

 昔々は、ここから氷を切り出していたって言う氷池
今は、スズタケと箱根笹がはびこって、なかなかの迷路状態。
ここへ寄るのは、これが最後かなぁ。

壮絶な藪漕ぎをした人だけが見られる眺め。

Img_0370_20191112223101

箱根新道(自動車専用道路)のJCみたいなところを、歩いて元の登山道へ復帰。

 マツムシソウや

Img_0375_20191112223201

ヤマラッキョウ 

Img_0358_20191112223101

オヤマリンドウや

Img_0359_20191112223201

リュウノウギク

Img_0374
結構色々なお花に会えました。

 ダラダラと下って、最後の車道が結構きつい。
バスに間に合わそうとちょっと足を速めて頂いて、バス停に着いたら、後ろからバスが!
(ノ°ο°)ノ オオオオ
急坂を、よく頑張りました( ´ ▽` )ノ
バスで熱海へ15分。

 熱海って、日帰り入浴が高いホテルが多いじゃない。
でも、駅前に、公衆浴場があるんだよ。

Img_0379
狭いけど、かけ流しだよ。
500円で、熱海で温泉は、お得感あるでしょ?(* ̄∇ ̄*)
Img_0380
んぁ~(* ̄ー ̄*)
いい気持ち。
お肌はすべすべ、体はポカポカ。

 お土産を買って、早めに帰宅出来ました。
最高の眺望で、気持ちがよかったです(*^_^*)v

2019年11月10日 (日)

青梅丘陵

 ママ友から
「時間がある時に、あんまりきつくない山へ連れてって」
って言われてた。

 時間・・・なかなか ないのよね。
そうだ、東屋の大きさや机の有無を確認したいところがある!
じゃ、下見に付き合ってもらおう。

 昨日はOG会だったから帰宅が遅くて、寝たのが1時半。
なので、長津田8時集合のゆっくり出発。

 私は実家が三鷹だったから、高校の頃から奥多摩に入り浸っていた。
その、一番の入り口 青梅。
今日はここから歩き出し。
火曜会のお姉さま方とも、何度かバリエーションを含めて歩いています。
何度も何度も歩いていても、東屋の大きさや椅子や机の形って・・・
意外に覚えていないものねぇ(;´o`)

 青梅駅からの青梅丘陵は、エアリアマップでは、東に線路を渡っていく道しか出ていないんだけど・・・
それだと車道歩きが長くなる。
で、裏道を通ろうと思ったら、うら道にすごい人。
なにこれ?政治がらみ?
市長選挙みたいです。
このあとずーっと、メガホンの選挙演説を聞きながらの歩きになりました。
西へ行って踏切を渡ると、青梅図書館、その裏手から山道に入れるの。
これが一番、車道が短くて、静かなんだよね。

 お寺の裏をつづら折れに登っていくと、最後に神社で行き止まり。
に見えるけど、細く道は続いていて、栗平へ出ます林道。
青梅丘陵は、青梅からしばらくは、車も走れそうな林道です。
多分、一般車通行止め。
なので、トレランさんが多いルートです。

ちょっとしたピークからはクリアーなスカイツリー

Img_0274_20191110224701

 犬のお散歩とか、ウォーキングとか、三々五々歩いていて、登山靴の人の方が少ない。

 各あずまやへ寄って、西へ向かう。
第四休憩所以外は、机はありませんでした。

 登り始めて1時間ちょいで、矢倉の東屋
ここが一番眺めはいい。
Img_0278_20191110224701 富士山もこの間の火曜日に登った、三室山の肩から、半分だけお顔を出している。

机は・・・ない。

 本日のミッション終了("⌒∇⌒")

 ここから、北に向きを変えて、ちょっと登る。
ママ友は、普段エアロビとかテニスとかしてるけど、使う筋肉が違うから、ちょっと足が重そう。
で、上の尾根に出て、西へ。
アップダウンで三方山(454,3m)
なぁんだ、そんな低山?
って、お山を歩く人は思うでしょ?
でも、普段登山をしていない人は、標高差100mくらいの登りでも、結構ふぅふぅ言うんだよね。
たまに、ママ友やご近所さんを連れて歩くと、火曜会の80代のお姉さま方が、いかに超人分かります。

今日も出会えたキッコウハグマ

Img_0280

センブリ

Img_0285_20191110224701
 ここでランチにしようかと思ったけど、植林地で暗い。
ちょっと先の伐採地の日向でランチ。

 高水三山から棒の嶺 左に川苔も見えてます。

Img_0299_20191110225001

大岳山も見えてます。
Img_0300_20191110225001
あ!('o'=)
まだ白くない男体山も、見えてます。
次に来るとき、雪の男体山が見られるといいなぁ。

Img_0294_20191110225001
 いくつかのピークを越えて、
今日は雷電山(484m)へは行かない。
そうすると車道歩きが長くなるから。

 なので、辛垣城址の手前から南に下ります。
城址って言っても、石垣も以降も残っていないんだ。

 台風の爪痕で、一部道がえぐれているところもある。
それと、朽ちた橋
これは、サイドの木はかろうじて保っています。

Img_0301_20191110225001
 
 沢沿いに下りると目の前が二俣尾。

Img_0305_20191110225001
なんか放送してるから、来るの?って急いで駅へ。
1時間に1本くらいしかない昼間の電車に、飛び乗るように乗車。
ラッキー!(*^_^*)v

 ママ友は「やっぱりハイキングはきついわ~、筋肉痛になるかも」
だって。
標高差380m、17500歩でした。

 暖かい、気持ちのいいお天気で何より。

2019年11月 9日 (土)

OG会

私は、私立の中高の部活は、生田流の筝曲部だった。
付属の大学へ行ったら、筝曲部は山田流だけで、生田がなかった。
お爪の形から、お琴に向かう角度、演奏方法まで違うから、今さら山田流に入れない。
で、高校の時の生田流有志で、生田流筝曲の同好会を立ち上げた。
だから、私たちに上級生はいない。
何万もするお琴を買うために、デパートでお琴の生演奏のバイトもした。
私は渉外係だったから、東大や早稲田や法政らの邦楽部で、合同コンパはどうかと持ち掛け、ついでに演奏会チケットも売った。
うーん "( ' ' ;)
今、考えるとこれって・・・
もしかして、色仕掛けの押し売り的~?(´ー`;)

 同好会は、すぐに部に昇格して、年の離れていない先生との合宿も、楽しかったな。
ただ、重いお琴を持って、お泊り荷物を持っての合宿は、移動が大変だったっけ。

 卒業しても、OG会で何度か演奏会に出た。これは40年近く前のもの。

Img_0243_20191109234501
 その筝曲部は、昨今人数が集まらず、数年前に廃部になりそうになった。
余談だけど、娘は同じ大学に通って、薙刀部だった。
その薙刀部は、創立から116年続いたのに、廃部になってしまった。
最近の女子大生には、邦楽や薙刀は魅力がないのかなぁ。
日本の婦女子の教養として、最適だと思うんだけど~(i-i)

 さて今日は久しぶりに、学校がある渋谷で降りた。
駅があちこち変わって、慣れ親しんだはずの人混みの迷宮は、迷子になりそう~(;´o`)

 11月1日にオープンした、渋谷スクランブルスクエア
ちょっと気になるので、OG会の前に歩いてみる。
B&出口を目指せば駅直結なんだけど(^o^; ほえ~
なんじゃ~ この人混み!
入口に入るのに、おしくらめんこ。
たくさんの誘導員が、登りエスカレーターはこちらです。
二列でお並びください!
って叫んでるし、エレベーターは申し訳ございませんが、少々お待ちになります。
って言ってるし~

 じゃ、階段で移動しますか。
なんか、デパ地下からして、値段設定がめっちゃ高い。
2階のお菓子売り場なんて、何でこんなにお高いのって言う洋菓子店が長蛇の列だし・・・

Img_0259_20191109234601

3階は「バレンティノ」に「ティファニー」に「ブルガリ」ですか。
私が好きなブランドは、ダイソーです。
このビルじゃ、お買い物はできませんなぁ(/_;)
桁が一桁も二桁も違います。
10階には「東急ハンズ」11階には「TSUTAYA BOOKSTORE」とその本屋の本が持ち込めるカフェ
それに、手作りアクセのお店(手作りって言っても、その場で自分で作る方)
それから、NHKのギャラリー「NHKプラスクロスSHIBUYA」とか。
レストラン街も、値段設定はお高め。
上はオフィス街だから、社員はランチが大変ね~

 46階には展望Rがあるけど、入場が2000円だって!
(^o^; ほえ~
高さ、たったの200mだよ。
高尾山の半分以下だよ。
そのうち、無料で登れる三茶のキャロットタワー辺りから、この渋谷スクランブルスクエアを見てみよう。

 ニュースになったビル探検を終わって、学校と反対側に、首都高をくぐって、セルリアンタワーへ。
セルリアンタワーから、スクランブルスクエア

Img_0263_20191109234601  

今日は、ここの陳先生のレストランで、大学生田流筝曲部のOG会です。

 今回は、創始者学年の私たちから、6学年下までと、先生。
 やっぱり、一緒に盛り上がれるのは、血豆が破れて、お琴の楽譜に血が飛んだ、合宿の話とか、
先生の布団にカツラを忍ばせて、いたずらした時の話とか~("⌒∇⌒")

 「OOちゃんたらねぇ~」って、60過ぎてちゃんずけの会話は、なかなか楽しかったです。

 北海道や島根からも駆けつけて来ていて、
「来年は島根で合宿しない?」
「(・_・;)エー お琴持って?」
「温泉と鳥取砂丘と出雲大社に行きたい~」
って、お約束ができちゃいました。

 生田流創立50周年記念は、北海道の友人の家の近くでやることに勝手に決定!
何年後?

 お料理は有名な陳先生の中華料理のお店だから、上海ガニとマーボ豆腐が最高でした。
Img_0265  昼間は暖かいけど、外に出たら、渋谷の夜は寒かったです。
楽しかったぁ。

2019年11月 7日 (木)

館山 見積もり

11月6日

 台風15号で罹災した館山
罹災調査を依頼したのが、9月26日。
1ヶ月以上経って、やっと やっと 罹災証明が届きました。
館山市、遅すぎ~。
で、うちは半壊だそうです。

Img_0240_20191107214401
住居だったら、介護保険費用やNHK受信料2ヶ月分を免除。

生活必需部分の補修、59万5千円が補助されるそうです。

ちは非住居(住民票がない)だから、なにも貰えないし、税金の控除もないらしい(/_;)

 そのあとの19号と、25日の豪雨で、初めは無事だった部分の床も、雨漏りでベロベロ。
とにかく早く、屋根を直したい。

 でも、千葉県の工務店さんは、まだ応急処置に駆けずり回っている状態。見積もりにも来てもらえない。
 それに、人が住んで、困っているところが優先だよね。
 それは当然だと思うから、無理は言えない。

 ご近所の話だと、地元の工務店さんだと、屋根の修理は2~3年先かも、なんて聞いている【><。】

 雨のたびに、また雨漏りしているか、カビが出ているか、ハラハラ、ドキドキ。

 で、何度かお世話になっている、横浜の工務店さんに、ご無理をお願いしてみた。

 台風15号・19号は、鎌倉辺りもだいぶ被災して、そちらの工事も請け負って、かなり時間がかかるって言うけど・・・

 でも、まず見積もりしてもらって、順番の列に入らないと、ますます先に延びてしまう。

 2年も3年も、雨漏りしたまま、待てないよ~(T.T)

 先月からお願いしていたけど、なかなかお忙しくて、今日やっと下見に来てくれるって。

 私は娘と、朝一のバスで館山へ。

 安房勝山辺りのブルーシートの家は、ブルーシートに木の板を当てて補強して、長期戦の構え。

 うちに着くと、もう職人さんが、屋根に上っていた。

 先に着けるかも って聞いてたので、車の停め方とか、詳しく話しておいたんだ。

 あちこち見て、室内も見て・・・

 火曜会のお姉さま方が、9月末からの義援金を、館山へ寄付してくださるって言ってくれてる。

 うちの玄関の天井布か、台所のテーブルを買ってくださるそうで、ありがたいです。
一度お山へ行くと 一人200円、平均月3~4000円 今まで福島などへ、累積40万以上の義援金を送って来た。

 まさか、自分が頂く身なろうとは!(´ー`;)

 細かく計って、メモしていったから・・・
さてさて、修理の見積額は、いかほどになるんでしょうねぇ。

 ギリギリの処置と、これなら長持ちするって言う、2パターンで見積もりを出して。
ってお願いした。

 そうすると、ここは安い方、ここはしっかりした方って、チョイスできるでしょう。

 横浜の工務店さんでも、これまでに受けている家を順番に回ったとして、もし雨が続いたりしたら、着工は5月を廻るかもって。 時期を確約はできない って。

 それでも、2年待ち、3年待ちだなんて聞いている千葉の工務店さんよりは、明らかに早い。

 平常時なら、合いみつ取って考えるところだけど、そんなこと言ってられる状況じゃない【><。】
 とにかく、早く直してくれるように頼んで、お見送り。

 さて、それから、娘と家中のお布団を縁側へ干して、押入れの底に、布団用乾燥剤を置く。

 雨漏りで、天井裏や壁の中に湿気を溜め込んだ家は、とにかくカビがすごいんだよね。家中を、乾燥材で埋め尽くしたい感じです。

 まだ夏仕様の応接間におこたつを出して、今年は寒くなってからも来よう。

 夕方、とってもきれいな夕日でした。

 塀が壊れて、最大のメリットは、うちから富士山が見えるようになったこと!

 集めたごみの向こうに、真っ赤な富士山
(*^_^*)
Kimg0709

 11月7日
今日も、いいお天気で嬉しい。
しっかりお布団を干して、カビ取りをした天井や壁に、もう一度エタノールスプレーをして、
時間が余ったから、ガラス拭き。
台風の後、気になってたんだよね。

 雨戸をしっかり締めて帰っているのに、ガラスの外側は、ドロドロの斑点。
そして内側には、黒っぽいカビ。
ガラスにも、カビが付くんだねぇ(;´o`)

 マスクしてのガラス拭きは、なかなか暑かったよ。
とっても、11月とは思えない気温だし。

 娘は、外の瓦礫の破片とかを小さくして、災害ごみの袋にまとめて入れて、片付けてくれていた。

 で、ひと段落して、ちょっと海へ出る。
うちの前の海は、いつもと変わらず穏やか~。
さすがに、もう台風は来ないよね。
来ないでね!

 堤防には、釣り師さんが二人。
何が釣れるんですか?って聞いたら、メッキアジだって。確かに、いっぱい泳いでいるのが見えました。

 帰りの金谷港で、奮発してアジフライ定食を
頂いて、満足~(*^_^*)v

 久里浜には、日本丸が停泊していました。マイフレさんの弟さんが、乗ったそうです。

Kimg0729-1
 年内に、もう一度くらい来なきゃかなぁ。
あちこち直すから、見積額が、ちょっと怖いです~(;´o`)

 でも、修理の依頼の列に、やっと並べたので、ちょっとホッとしています。

 横浜から高速で海を渡って4時間かけて、職人さんが行くから、人件費がお高いものになっちゃうなぁ【T_T】

 千葉はまだまだ、ブルーシートだらけなのに・・・
オリンピックだの 首里城再建だのって、それでなくても足りない職人さんと税金を持って行かれちゃう。
 住んでる人がいる罹災家屋の修理が、最重要なんじゃないのかなぁ。

2019年11月 5日 (火)

三室山~日の出山~御岳

 写真撮影スポットで人気の、御岳渓谷のつり橋が、台風19号で流されてしまったって!
青梅市観光協会が、毎年11月の紅葉時期に「御岳渓谷ライトアップ事業」で、観光客を集めている場所。
青春を、御岳・大岳で過ごした私にとっては、これは悲しい事態。
子供の頃、父に連れられてよく行った御岳渓谷は、私のお山人生の原点です。
先週は、神奈川県民として箱根のお見舞い。
では今週は、やはり奥多摩へ行きたい!

 奥多摩の登山道状況は、こんな感じ↓
https://www.ces-net.jp/mitakevc/trailinformation.html
通行止めだらけですね~。

 この中で・・・
お姉さま方と、危険なく歩けて~
知人にお見舞いできて~
御岳渓谷の現況を見られるルート。
って考えました。

 青梅線を日向和田で下りて、多摩川を渡って

まだ茶色い濁流!(≧◇≦)

Img_0163_20191105212901

 吉野梅林へ。
ここは、梅の木の病気で、2014年に1300本くらいの梅ノ木が、みんな切られちゃったの。

Img_0164_20191105212901
それまでは、関東地方で有数の梅林だったんだよ(/_;)
お姉さま方とも、梅の時期に散策した後、お山へ登ったりもしました。

 今回は、その旧梅園の奥の鳥居をくぐってお山へ入ります。
あら、キッコウハグマが咲いてる。
今年お初です。

Img_0167_20191105212901
植林地の登山道を300mほど登ると、琴平神社。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
スカイツリーや西武ドーム、横浜ランドマークタワーも見えてます。
Img_0176
 そこからひと登りで三室山(646,7m)
こちらは眺望はありません。 
重爆撃機 飛竜が墜落した場所に、看板がかかっていました。
Img_0199_20191105213001
 大きな鉄塔が出てきて、林道が横切ります。
ススキが茂って、ちょっと道が見えない場所も。
梅ノ木峠にはベンチが二つ。
ここでランチ。
Img_0204_20191105212901
 先週は九州へ、大連の小学校の同窓会でお留守だったお姉さま、
久しぶりのランチバイキングに舌鼓("⌒∇⌒")
84才で、飛行機に乗って同窓会に行けるって、それだけでもすごいなぁ。
お土産も色々~。ありがとうございます( ´ ▽` )ノ

 登山道の右の薄い踏み跡を登ると、高峰(755m)

Img_0205
そのままずっと尾根を歩くと、竜の髭(768m)

Img_0207_20191105213101
下りていくと、登山道に合流。
バリエーションでも、倒木は特になかったですね~。
きっと、降雨量だけがとてつもなく多かったんでしょうね。

 シラヤマギクやサラシナショウマ、ヤクシソウを眺めて、
最後の階段が意外にきつい。

 日の出山(982,0m)
こちらから登ったのは、ずいぶん久しぶりですねぇ。
丹沢がよく見えています。

Img_0215_20191105212901

鷹之巣の奥に飛竜 その右が雲取

Img_0217_20191105212901

懐かしい大岳山

Img_0218
 サクッと御岳へ登って、今日は神社はパス。
昔、大岳小屋へ行く時に、ボッカの荷物を受け取ったお店へ。
「こんにちは、お久しぶりです~( ´ ▽` )ノ 」
「台風はいかがでした?」
「御岳にある36件、どこも被害はなかったですよ」
「まぁ、それはなによりです」

 お茶とお菓子を頂きました。

Img_0230_20191105213201
ケーブルカーで下山。
ちょっと時間が早いので、駅前のラーメン店へ。
ここ、平麺の縮れ麺なの。
私が子供のころから変わっていなくて、懐かしい。

Img_0232_20191105213201

 川の遊歩道は、まだどこも通行止めでした。

Img_0233_20191105213201

遊歩道は、陥没して穴が空いたり~

Img_0235_20191105213201

御岳駅のホームから、崩壊地

Img_0236_20191105213301

 累計標高差910m 21000歩でした。
お姉さま方 お疲れ様~(/・0・) 

久しぶりの青空、気持ちよかったですね~
(´ー`) ノ

2019年11月 3日 (日)

鹿俣山 迦葉山

 週末会は、9月の三週目に飯豊へ行ったきり。
館山のお掃除や、姑と温泉、クルーズやらで、ずっとお休みしちゃってごめんなさい(。_。;)

「行きたいとこある?」って聞いたら、

「ブナの紅葉が見たいです~」
「湿原の草紅葉みたいなのが見たいなぁ」

 ってご要望で、鹿俣山へ
玉原(タンバラ)ラベンダーパークの上のお山よ。
冬なら、ここから武尊にも登れるの。
今年は、いつまでも暑くって、紅葉が読みにくい。
でも、時期的にはもう散ってるかも~
って言ったら「ブナの落ち葉を踏みせめて歩くのもいいですね」
だって。

 三連休中日で、渋滞が怖いから、早めに集合してきたけど、駐車場にはもう、そこそこ車がいる。人気だね。
ハウチワカエデやミネカエデがいい色。
あら、礼儀正しい熊さん

Img_0061
素敵な森を抜けて

 Img_0072

湿原近くから、キャンプ場を横切って尾根に出る。

 エアリアマップではここから1時間で山頂。
だけど、道標に1時間45分って・・・
違い過ぎでしょ(^o^; ほえ~
けど、1時間で鹿俣山(1,636,7m)
あらら、私たち、マップタイムだ!(゜o゜)
ここのエアリア、ちょっとタイトかも~。
 
 山頂からは、赤城や榛名が近い。 

Img_0092_20191103214901
玉原湖や沼田の街が見える。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
あれ、富士山?

Img_0114
なんか、白いの見えてる!
北岳だ! 

Img_0102_20191103215001
ちょっとあれは何ですか?御嶽山?
薄曇りなのに、素晴らしい眺望で、山座同定が楽しい。
Img_0105_20191103215101
 山頂三角点は笹薮の中で、タッチできませんでした(/_;)

 久しぶりに、山頂で甘酒飲んで、暖まる~
(* ̄ー ̄*)

 ちょっと下りたら、スキー場のゲレンデ。
辺りが開けて、気持ちい~い\(^o^)/

 樹林に入ると、ご要望のブナ林(*^_^*)v

Img_0130_20191103215101
あらら(;-・。・-;)
散ってはいないのに、葉が茶色い。
台風で枝を傷めつけられちゃったかな。

 でも、カサコソと踏みしめるブナの葉の音がいいねぇ~。

 笹の緑と、ハウチワカエデの黄色が、日に透けてキラキラときれいよ~。
銘木百選のシナノキもあります。

 長沢(1302,5m)
を通過して、玉原湿原へ。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
草紅葉がきれいだ~。

Img_0146_20191103215101
尾瀬とかと違って、誰もいなくて静かでいいね~。
Img_0155_20191103215101
 あら、登山道が歩きやすいから、サクサク歩いちゃって、まだお昼だわ~(・_・;)

 じゃ、迦葉山に行こうか。
すぐ近くだけど、ちょっと面白いお山なんだよね。

 車で移動して、弥勒寺へ。

Img_0003_20191103215201
まず、お寺の渡り廊下の下をくぐって、歩き出し。この辺りは岩が多くて、昔は修験者の行場だったところ。
 修験道って、山岳信仰と仏教が日本で混ざって、密教とかも混ざっちゃって進化した、日本独特の宗教なんだよね。
 深山幽谷に分け入って、厳しい修行をして、超能力を得て、衆生の救済をしようって言う考え。その妨げになる女は、行場には、入れなかった。 今でも、修験道の大本山 大峰山は女人禁制。

 衆生の救済をしようって言うなら、女人も救済しようよ。
 お山へ行きたい女人に、入っちゃダメだなんて、料簡が狭いよ、修験者さん。
 
 和尚台ってところは、修験の極みみたいなところ。 

Img_0040_20191103215301

御胎内めぐりのような感じの、狭い岩穴くぐりで、大岩の向こう側へ回る。
これ、ザック背負ってると、難易度高いよ~。

Thumbnail_image1
 足場の少ない岩の隙間をよじ登る、超難産!
岩の隙間を潜り抜けると・・・高度感のある、鎖のついた岩。
 見上げると、あら、紅葉がきれい\(^o^)/

Img_0018_20191103215301
 でも、ここの鎖、振られる~(;´o`)
根っ子を掴んでよじ登る。

 いくつか鎖を登ると、最後に、見上げた岩は・・・

Img_0020_20191103215301
うーん "( ' ' ;)

Img_0022_20191103215301
すごい高度感!

Img_0024_20191103215401
見上げる空が青い。
 
 ちょっと岩櫃の山頂に似ているけど、岩櫃より、でこぼこがない感じ【><。】 足がかりが乏しい。眺めはいいよ~。

 今 登ってきた岩を、下りて、くぐって、くぐって下りて、山頂へ向う分岐へ。
 紅葉・黄葉がきれいだね。
Img_0027_20191103215401
 面白いアトラクションだったね。最初に、あの岩の隙間に入ってみようと思った人、すごいね。

 めっちゃ急な岩登り続きで、御嶽山大神が祭られた、立派な碑がある尾根に出る。
その先のブナの尾根を登ると、迦葉山(1322,4m)
 あら、今日は3か所の三角点、全部三等だわ。 山頂からは、赤城と榛名がきれいです。
 Img_0033_20191103215501
 落ち葉が滑る道を戻って、弥勒寺へ。
天狗のお面がいっぱいあって、ちょっと異様な雰囲気のお寺さんです。
お面を持って帰って、お願い事をするんだそうです。お願い事が叶ったら、お面を買って、二つのお面を奉納するんだって!

ちょっと離れたところから、さっき登った和尚台

左から隙間を入って、右奥を登ったんだよ。

Img_0053_20191103215501
 お山で軽くランチしたけど、お腹が空いたね。って、道の駅 川場へ寄ったら(^o^; ほえ~ 三連休だから? ものすごく広くて、たくさんお店があるのに、どこも長蛇の列(^。^;)
 並んで食べるのは、止めようね~。
諦めて、沼田ICへ向かう途中で、すぐお蕎麦屋さんが。なんと、天ぷらそばが750円。
コシがあって、美味しいお蕎麦でした。
Img_0157_20191103215601
 その上!( ° ° ; )
おかみさんが、
「これ持ってく?これも~」
って、巨大な白菜と大根を、みんなに持たせてくれたの! 葉っぱは外っぱだけ、少し虫喰って、大根は小さなひびが入っている。
けど・・・いいお野菜よ。

Img_0159
「いいんですか? こんな立派なの頂いて!」
なんて素敵なお土産が、できちゃいました。

 心も温かく、ルンルンで、帰路につきました。

 東京に近ずくにつれて雲が厚く、最後はパラパラと雨も降り始めてしまった。

北関東は、お天気でよかったわぁ~
(*^_^*)v

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »