« 大昔の写真なんで、スルーしてください | トップページ | 鍬の峰 »

2019年11月27日 (水)

身延山から七面山

今年の忘年山行、どこにしましょうかねぇ。
Pちゃん未踏の山梨百名山にしようかな?
って、探していたら・・・
七面山なら、お姉さま方は敬信院まで、私とPちゃんは山頂まで歩くと、ちょうど同じくらいの時間に下山できるかも。
 
 あ、でも、歩行時間が9時間くらいな上に、標高が高いから、11月中に行きたいな。
ってことで、11月はお泊り2連荘になっちゃいました。

 なんでこんな長時間ルートなのに、11月にしたか。
以前週末会で登った時、ヒルに付かれたから(´ヘ`;)
流石に、11月下旬なら、大丈夫でしょ。

 日にちが近づいたら、まさかの両日とも雨予報【><。】
予報が外れますように~!
 
 一日目は身延山にしようと、身延駅集合。
私は新幹線で、静岡経由。
中央線方面の人は、あずさ利用で甲府回り。
身延線の真ん中で、微妙な位置なのよね~、身延って。

 駅からバスで、身延山久遠寺へ。
数年前の火曜会の新年会で、歩いて雪の身延山の山頂まで登った。
今回は、早川町のお宿まで歩いて行くので、行きはロープウェー利用。

 久遠寺の階段を登っていると、雨が~(/_;)

でも、紅葉は最盛期 フユザクラも咲いていました。

Img_0912

久遠寺まで、急な階段を登ります。初めは抜かしていた若者が、止まってゼーハーしながら

ゆっくりしっかり登るお姉さま方を「すげー!」って見上げています。

Img_0916
 

片道だけのケーブルカーで、奥の院へ。

 確か、奥の院の前に、休憩所があったはず。


身延山(1153m)
展望台からは、晴れていれば目の前に七面山が、そして白根安産や八ヶ岳も見えるんだけど~
残念ながら、真っ白です(;>_<;)

 雨が降っているから、休憩所でランチ。

Img_0921_20191127232801
信者の団体さんは、お茶の接待が受けられますが、一般はお湯の提供はありません。

 今日は、西側の、七面山登山口へ歩いて下りる予定。
車道は台風19号で崩壊して、車は通行止めだけど、徒歩なら大丈夫でしょう と、お宿の方から聞いていた。

 ところが・・・
身延山の方が、「人も通行止めですよ」
って言って、よく知ってる人がいるから、と、電話をかけてくれた。
その方は、行きのロープウェーで私たちの格好を見ていて、
「ほんとは人も通行止めですが、皆さんはしっかりした山支度だったので、大丈夫でしょう。
崩れてい入るところの3歩だけ、気を付けてください」って、教えてくださった。

 感井坊の分岐までくると、しっかりと通行止め。

Img_0923_20191127232801
そして、お寺の方がいる。

・・・行くなって止められるかな?
「崩壊地は気を付けて通過します。赤沢集落を抜けて、明日は七面山へ登ります」
と言い訳すると
「ご苦労様です。気をつけてください」
って言ってくださった。
ε= (*^o^*) ふぅ~ よかった。

 見事な紅葉の山を下りて、

Img_0938_20191127232801
3歩だけ気を付けて は、ここかしら?
って言う、木の根っこごと崩れたところを通過して降りると~


(;-・。・-;)あ! 

ここだわ。
確かに、ちょっと危うい崩壊地。

Img_0928

でも、その下の斜度がそれほどじゃないから、万一乗せた足もとが崩れても、すぐ止まるな って感じ。
で、全員難なく通過。

この林道は、紅葉がとっても見事!

Img_0940
 ところが!
 

 核心部は思わぬところに。

 赤沢集落へ出て、石畳を歩き出したら・・・
滑る!
めっちゃ滑る(;>_<;)

Img_0947
石のつなぎ目に足を置いても、スーッと横に滑るし、もう緊張し通し。
最後は、赤沢遊歩道の石畳を避けて、遠回りの車道を歩きました。
この辺りは、一般車道もあちこち崩壊して、修復工事中です。

 七面山北参道近くにある、ひのやさんが今夜のお宿。
こちらは、七面山へ登る人たちの宿坊のようなお宿なの。


お風呂も大きいし、とってもご親切なお宿です。
お夕飯は、天ぷらに鍋にお刺身に、結構豪華なのに、二食付きお弁当付きで8600円
Img_0952_20191127233001

 11月27日
七面山は、東側からの表参道が一般的。
でも今回は、表参道より標高差が150mほど大きい北参道を登ります。

 お宿の方が、朝食は早くてもいいですよ。
って言ってくださったので、5時半に朝食をお願いしました。

 食べ終わってすぐ出発。
陽が短い時期なので、まだ暗い。
お宿の裏の大鳥居が登山口。
うーん "( ' ' ;) 
鳥居・・・でいいの?
神仏集合?

 植林地の急斜面を、ジグザグに歩いているうちに、夜が明けて来た。
ずーっと・・・
急斜面をジグザグ。

 山頂まで行くとマップタイム8時間40分。
休憩入れると、日が暮れてしまう。

 で、事前にご了承頂いて、今回は、2班に分けます。
七面山を登ったことがあるお姉さま方は、敬信院まで。
未踏のお姉さまとマイフレさん方は、七面山山頂までお連れします。

 ってことで、ようやく足元が明るくなってきたし、迷う道でもないし・・・ 
お姉さま方に、歩いて欲しい予定時間と、私たちの予定時間を書いたものをお渡しして~
では、お先に失礼します(/・0・)

 ベテランのお姉さま方にお別れして、参道を南へどんどん登ります。
雨は降ったり止んだり。

日蓮さまの高弟がお手植えの大栃 樹齢800年ほど

Img_0956_20191127233001  

 様子を見て、今日一番調子が上がらないマイフレさんに、私の後ろに来て頂いて~
久しぶりだから、お話しましょ~(´ー`)
聞いたら、お山は2ヶ月振りだって(;-・。・-;)
それは、この標高差はきつかったでしょうね。
登山口が250m、七面山奥の院が1700m そして山頂は1982,4m
なかなかの標高差。

 姑は日蓮宗なので、こちらでお声をかけて、お守りを頂くと・・・
「どうぞ、お茶を飲んで行ってください」

と、休憩所で熱いお茶を頂く。
ありがたい接待です。
Img_0963
 ここから敬信院までは、ほぼ平坦。
サルオガセの森を歩いて、敬信院へ着くと、ご住職が出てらして
「どうぞお休みください」ってお声をかけて頂く。
登山靴だし~ って遠慮していたけど、ストーブがあるってことで、休ませて頂くことに。
100円のお味噌汁を頂いて、お宿で作ってもらったおにぎり弁当でゆっくりお昼。
別動隊のお姉さま方にお渡しした、私たちの行動時間に合わせて、ここからもゆっくり登る。
Img_0972_20191127233001
 さて、もうひと頑張り。
有名な崩壊地、ナナイタガレの縁を登って・・・

 霧雨から濃霧になって~


 (ノ°ο°)ノ オオオオ
またしても、神々しい光が!
Img_0983
 
七面山(1982,4m)
標高差1750m! 

なんと(ノ°ο°)ノ

 山頂は~


Img_0992_20191127233401

\(●⌒∇⌒●)/  青空だった。

Img_0994
今までの冷たい雨から一転、背中もぽっかぽか。
ゆっくりとおやつを食べて、別動隊へ渡した時間に合わせる。

 来た道を敬信院まで戻って、ここからは、行きと違って、コンクリの階段続き。
さて、どこで80代のお姉さま方と合流するかな。

 下山途中、白い鹿を見ました。

Img_1003_20191127233401

後で見守るのはお母さん?

Img_1008_20191127234301

 つい急ぐと、70代のお姉さまやマイフレさんと離れてしまう。
でも・・・
おかしい。
別動隊のお姉さま方に、「この辺りで合流します」
って、お話してあった所を過ぎても、お姿が見えない。
不安になって、他の方を置いて、一人でダッシュして汗だくになって下りても・・・

(^/□\^) おーい! って叫んでみても・・・

会えない(/_;)

 下から来た人に聞いたら、もうずっと下に居るって(;-・。・-;)

 

 そんなに早いなら・・・
ご一緒に登ればよかった(T.T)
もう、80代のお姉さま方、健脚過ぎ~。

標高差1000mくらいを越えたら、急に遅くなることが多かったので、今回もそうかと思っちゃいました【><。】 

 相変わらず、小雨が降ったり止んだりだけど、表参道は休憩所が、程よい距離に設けられているので、とってもありがたい。
やっと合流して、最後のお茶休憩。

反省です(;>_<;) 

寒い中、お待たせしてしまって、申し訳ありません(/_;)

 

紅葉の白糸の滝を見物して、お宿に置いたお泊り荷物を受け取って、身延駅へ。
Img_1015

  標高差登り1750m 下り1500m
みなさんお疲れ様でした。
タクシーが来たので、ストレッチは半端にしかできなかったの。
ご自宅でも、しっかりストレッチをしてくださいませ( ´ ▽` )ノ
 
 タクシー代は一律1万円ですって。
メーター計算よりかなりお安くて、タクシー内で、800円ずつご返金出来ました。

 早川町の方々、七面山のお寺の方々、皆さんとってもご親切で、暖かいおもてなしを頂きました。
ありがとうございます。

 三島でお弁当を買って、新幹線でお夕食。

Img_1024_20191127233401

 

« 大昔の写真なんで、スルーしてください | トップページ | 鍬の峰 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大昔の写真なんで、スルーしてください | トップページ | 鍬の峰 »