« 青梅丘陵鍋山行 | トップページ | 陣馬山~市道山~臼杵山~瀬音の湯 »

2019年12月 8日 (日)

鬼が岳

 来週はどこに行きましょう?
うーん "( ' ' ;)
この時期だから・・・シモバシラが見たいなぁ。

 で、数年前に、初アイゼンのマイフレさんをお連れした 鬼が岳にしたの。
さてさて、見られるでしょうか。

 西湖の根場集落へ車を停めて。
登山口は、集落を東へ抜けて、ガンダムチックな堰堤の右を登って行く。
雪は、まだ無いね(^ー^* )
11月29日は、この辺りは雪で白くなっていたけど、そのあとの雨で融けちゃったかな。

 樹林の中を、標高差600mくらいの一気登りすると・・・

 やったぁ!
見たかったものが見られた。

Img_0163_20191208183401
氷の芸術 シモバシラ。

Img_0160
シモバシラって言う植物の茎は、刈れて縦に裂ける。
地面の中の水分が、毛細管現象で吸い上げられて、地上へ出て凍る。
裂けめの形、気温、色んな状況で、千差万別な形になるの。
Img_0164_20191208183401
 先週に引き続き、きゃぁきゃぁ~と大騒ぎで、写真撮りまくり("⌒∇⌒")
いやぁ、見られてよかったわぁ。
ものすごいシモバシラ団地が斜面のずっと上まで続いてて、見事でした。

Img_0175_20191208183401

霜柱と富士山のコラボ写真なんかも、頑張って撮ってみたりして~("⌒∇⌒")
 日の当たるところは、もう薄く溶けかかってました。急いで登ってよかったねぇ~。

Img_0171_20191208183401
 さて、まだまだ登ります。
標高が1600m越えて来たら、うっすら雪が。
ちょっとトラロープなんかもあって、周りが開けると、夏ならお花畑になる展望地、雪頭ヶ岳。
この辺り、お花の種類がとっても多いんだよ。

 振り向くと
\(●⌒∇⌒●)/ わーい
ドーン!と視野いっぱいに広がる富士山。
眼下が河口湖と西湖と富士の樹海。

Img_0179_20191208183401
 雪が滑る登山道をちょっとだけ下りて、ぐるっと回ると梯子が出てくる。
わぁお('◇'*) 
空へ登るハシゴだぁ~!
気持ちいいね。

 登ると鬼ヶ岳(1738m)

Img_0191_20191208183401
山頂はそんなに広くなくて、真ん中に鬼の角があるんだよ。

Img_0206_20191208183601
 \(●⌒∇⌒●)/ わぁお! 
すごい眺めだ~。
北アルプスが、常念まで見えてるの!

Img_0188_20191208183401
先週、餓鬼岳の真下まで行ったのに、雲であんまり見えなかったのに。

南アルプスが甲斐駒から聖・光・大無限まで見えてます。

Img_0193_20191208183401
反対側に、大岳~雲取から奥秩父、金峰まで見えてます。

八ヶ岳もクリアー。

Img_0190
遠く、駿河の海まで見えてるよ~(^v^)

Img_0223

水平線が見えるかな?


 山頂で山友が、丸いおふの玉を出してきたの。
何これ? お湯を注いだら、おお汁粉~(* ̄ー ̄*)
暖まるぅ~。

 ここから、数日前と昨日降った雪で、表面うっすら白くなった、急な下り坂。
一応アイゼン持って来たけど、要らないね~。
ザクザクしたシモバシラで、一番滑りにくい状態。これが解けてぬかるんだら大変だね。早く下りよ。

 途中、こんな岩、あったっけ?
って言うトラロープの上り下りもあって、鍵掛峠へ。


ず いぶん以前にここを通った時、前にはあった山名板が無くなっていて、プラ板をつけました。
何度かヤマレコとかに出ていたけど、数年前になくなって~
今は立派な公共の案内板が付いています。

 今日は、ここから根場に下ります。
ジグザグに一気下り。
落ち葉を踏みしだいて根場(ねんば)へ

 公共機関利用の時は、バスと電車の時間が気になって、素通りしてしまういやしの里根場。
今日は寄ってみようね。

 ここね、昭和41年の土石流で村ごと埋まってしまって、人口235名のうち死者・行方不明者63名!
今でも行方不明者が10人いるの。

Img_0240
以前来た時お話を聞くと、この辺のタクシーの運転手さんたちは、同級生が亡くなった方とか、
ご親戚が無くなったとか方とか・・・
その後集落は、西湖の向かい側に移住。
もとの集落の場所には、昔の雰囲気の藁ぶき屋根を建てて、観光地にしている。

 藁ぶき屋根の古民家が20軒。

Img_0236_20191208183701
囲炉裏が使われて、いぶされると40年くらい持つという藁ぶき屋根が、いぶされていないので、。傷みが早いんですって。で、根場の里基金って言うのを募っています。藁ぶき屋根って、葺き替えに1千万くらいかかるんだよね。
維持が大変でしょうね。

 今日は、古民家を見て、ここで遅いお昼を頂きます。

Img_0237_20191208183601
ほうとう膳、身体が暖まって、大変美味しゅうございました。

Img_0239
 これがね、1年ほど前から、インドネシアからの観光客が急に増えたんですって!
だから、売店には、ハラールのお肉やカップ麺、飲み物が売ってます。売店のおばさんに、「そのカップ麺、美味しいの?」って聞いたら「美味しくないのよ。でも、このマークがないと食べられないらしいの」って言う、ハラール認証マークを見せてくれて、「うちじゃお祈りの場所も作ったのよ」ですって。

 何で急に、インドネシアからの観光が増えたんでしょうねぇ。たくさんのスカーフをかぶった方たちが、着物や鎧を着て、歩いていました。

 のんびりしたので、帰りの高速がちょっと混んで、でも、夏のような大渋滞にはならずに帰宅出来ました。
今日は、目的のシモバシラがいっぱい見られたし、鬼が岳から360度の最高の眺望で、よかったよ~(^。^*)

« 青梅丘陵鍋山行 | トップページ | 陣馬山~市道山~臼杵山~瀬音の湯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青梅丘陵鍋山行 | トップページ | 陣馬山~市道山~臼杵山~瀬音の湯 »