« 鎌倉ハイキング | トップページ | 鬼が岳 »

2019年12月 5日 (木)

青梅丘陵鍋山行

 以前あった女子だけのコミュの、同窓会的なイベント
忘年鍋山行の行き先を、あまり歩かないで行ける、東屋の大きいところで決めた。
 今年は参加の人数が少なくて6名。
でも、私はお鍋やバーナーを持ってお山へ行かないから、お鍋山行って年に一度だけの楽しみ~♪~

 青梅駅集合で、ここでやらかしました【><。】 友人とおしゃべりしながら青梅駅(と思い込んだ駅)で下りて、トイレへ行って、待ってもみんなが来ない。
ふと青梅丘陵を見たら・・・遠い?
え?ここどこ?
なんとひとつ前の東青梅で下りてました(;>_<;)
で、10分遅刻で集合。
ご、ごめんなさい(。_。;)

 青梅駅なんて何度も来ているのに、何で何も感じなかったんだろう(;-_-) =3
ボケ?【T_T】

 で、先月ママ友と下見した青梅丘陵へご案内。
車道から、あっという間にいい感じの山道へ(^ー^* )

秋葉神社の紅葉がなかなか~

Img_0093

 1時間でランチ場所に着いちゃうから、林道を歩かず、アップダウンの尾根歩き。
こちらは、人が歩いていなくって、快適~(´ー`)

 第二、第三休憩所を通過して、途中のピークからスカイツリーがきれいに見えます。

Img_0101_20191205181901  
少し先が、今日の目的地、第四休憩所。
ここの東屋のみ、机があります。

Img_0102_20191205181901

 管理人さんが考えてくれたのは、ソップ炊きちゃんこ
なにそれ? って思うでしょ!
鶏肉のスープで具を煮る、ちゃんこなんだって~。

Img_0104
   管理人さんが、鶏出汁を取って、ペトボに入れて背負って来てくれたの。

 具材を、皮を剥いたり、切ったり、ちぎったり
超ベテラン主婦がそろっているから、テキパキと職人芸ですよ~("⌒∇⌒")

 お野菜をいっぱい入れて、つみれや鶏肉を入れて~
これに、塩もみしたニラを薬味代わりにして頂きます。

 紅葉の山と青空 眼下に多摩川

Img_0110

 \(●⌒∇⌒●)/ わ~
おいひぃ~
ふぅふぅして頂く、冬のお山のお鍋、最高です。
シメに卵おじやで全部頂いて、

Img_0111_20191205181901
あ~、お腹が苦しい~("⌒∇⌒")

 重たいお腹で、矢倉の東屋まで行って、
ここが、今日一番の展望所かも。
富士山が、10月の火曜日で登った三室山の肩から、山頂だけお顔を出しています。
眺めはいいけど、机がないんだよね~。
ここで、コーヒータイム。
管理人さんが、炊飯器ケーキを配ってくれて、これはお腹に入らないのでお土産。

Img_0118_20191205181901

今、入力しながら頂いています。
お芋が入って美味しいです。
 里山の雑木林の紅葉がハラハラと散って来てきれい~

Img_0119
 西の尾根に出て、今日唯一の三角点峰三方山(454,3m)へ寄ります。
その先の伐採地は、なかなかの見晴らしで、開放感があります。

 残念、男体山方向は雲が・・・
高水三山・棒の嶺・川苔に、南西に大岳山も見えてます。

Img_0123_20191205182201
 
 前回歩いた、辛垣城址の手前から下山のルートは、一か所朽ちた橋があって、人さまをお連れするのはちょっと嫌。
なので、今回は、少し手前から下山します。

 谷筋を下りていくと、集落から線路へ出て、少しだけ東へ行くと二俣尾駅。
青梅から先の電車は、2時台は1時間に1本くらいしかないので、途中からちょっと急いじゃいました。
後の二人は「きっと電車の時間があるのよ」って話していたそうです(;´o`)
はい、電車の4分前にホーム到着。

Img_0127_20191205182301
急いでごめんなさい。
お疲れ様えした(/・0・) 

 今日、早めに帰宅したいって言うマイフレさんをお見送りして~
また来年、会いましょうね~( ´ ▽` )ノ

 残りは河辺で下りて、駅前の温泉へ。

Img_0130_20191205182201
これが、駅前だってことを忘れるくらい広くて、いくつもの露天風呂がある温泉なの。
岩風呂、檜風呂、寝湯、井桁湯とか~
アルカリのぬるっとしたお風呂です。

 いやぁ~お風呂好きな私にとって、火曜日の銭湯に続いての露天風呂は、至福です~。
駅前には、夕日に浮かぶ富士山のシルエット

Img_0131_20191205182201

 管理人さん、大きなお鍋やお出汁やお漬物、それにケーキなど重たいものを
いっぱい背負ってくださって、ありがとうございます。

 何に一度のお鍋山行、楽しかったです。
ありがとうございます( ´ ▽` )ノ

« 鎌倉ハイキング | トップページ | 鬼が岳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉ハイキング | トップページ | 鬼が岳 »