« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月30日 (木)

中高の同級生と新年会

 暮れに、中高の同級生から、新年会をしたいってメールが来たんだけど・・・
Rちゃんがなかなか忙しくて~
(って、人のせいにするけど)
要するに、私の空いている日が少ない(T.T)

 で、月末になっちゃった。
しかも、奄美から帰ってすぐの、火曜会お泊りの、翌日~。
前もって、何にも準備ができないじゃん。

 娘にお掃除を頼んで・・・
お料理の買い物や下準備ができない。

 朝起きたらご飯を炊いて、京都 雲月のちらし寿司の素にトビ子と錦糸卵を乗せて~
京都で買って来た生麩と、すり下ろしジャガイモに鯛を乗せて蒸して

 長野のお土産の野沢菜を盛り付けて。

 まぁ、勝手知ったる50年来の友人。
奄美と京都で買って来た、お土産など渡して、
いつもの、お土産交換会("⌒∇⌒")

お茶うけに、京都の阿闍梨餅を出して~

Img_1190

 その間に、蒸し器で茶碗蒸し
この茶わん蒸しは、私が娘に伝授して、最近じゃほとんど娘が作ってくれます。
出かけて遅くなった時などは、とっても助かってます。

3日前のお買い物でできたお献立。

Img_1192

 たわいもないおしゃべりに、娘もしっかり付き合って、
おやつは、持って来てくれたピスタチオの大福とか、レーズンサンドとか。

 れーちゃんが最近出た同窓会で、私がガイドで、軽いハイキングへ行くって言う予定を、勝手に決めて来たようです(´ー`;)
脚力がまちまちな、おばさんグループって・・・
『もっと歩きたい』って人と『こんなつらい思いさせて』って人といるから、難しいのよね~
うーん "( ' ' ;)どうしましょうね。 
60過ぎると、歩いている人と、そうでない人の差が、歴然と別れてきますねぇ。

 朝11時から夜まで、エンドレスおしゃべり。
エンドレスおしゃべりは、殿方にはできない芸当でしょ?
脳の構造が違うから、男性は無意味な会話はストレスで、女性はストレス解消になるらしいのよね。

 駅まで送って、スーパーの半額品をゲットして帰宅。
さてさて~
このところの連日のお出かけで、先のお山の計画がちっとも進まない(/_;)
コース時間を調べたり、お宿や切符の手配とかしないと・・・
あっという間に、ひと月前になっちゃうよ~(^。^;)
指定席は、ひと月前に売り出しだから、急がなきゃ!

 明日、出来るかな。

2020年1月29日 (水)

貴船山と下鴨神社 比叡山から花園橋


Pちゃんのお誕生日、どこがいい?
Pちゃんは以前『誕生日が、なんで2月なんだろう』って、ぼやいてたっけ。
だって、2月って、高いお山は行けないじゃない。

 去年の京都が楽しかったって、ちい姉さまがとってもお悦び。
「今年も京都にしましょう~」だって。
ちい姉さまのお誕生山行じゃ、ないですよ~("⌒∇⌒")
ネットで、新幹線とお宿がセットで、往復の新幹線代よりお安いのがあるの。
それをPちゃんが取ってくれた。

 ホテルは去年と同じ、駅前の都ホテル。
じゃ、お泊り荷物を預かってもらえるね~。

 去年は、伏見稲荷の3峰と、大文字山、それに北山のお寺へ行った。
一昨年の台風の影響で、京都の山々は、木々が将棋倒しで、すごいことになっていましたっけ。

 今年はまず、出がけに雪予報で、交通網が乱れないかと心配。
新幹線の指定席で、皆さんが乗っているところへ、私が新横浜から合流。
2時間で京都へ行けちゃうって、すごいよね~。
朝の8時過ぎには、ホテルへお泊り荷物を預けて、出発。

 今年は、まず東福寺で乗り換えて、出町柳で叡山鉄道鞍馬線へ。
これ、初めて乗ります。
勝手の分からない街の、細かい電車の乗り換えは、めっちゃ緊張します(;>_<;)
二ノ瀬で下りて、小雨の中を夜泣き峠へ。

 ここを通ると、夜な夜な赤子の鳴き声が・・・
的なお話が、あるのかと思って調べたんだ("⌒∇⌒")

 この峠、平安時代の文徳天皇の皇子惟喬(これたか)親王に由来するの。
第一皇子なんだけど、時の権力者の娘の産んだ腹違いの弟がいるの。
親王は、幼い頃にこの峠を通った時、ここで夜泣きしたんですって。
傍にいた乳母が、峠のお地蔵さまに、御子の夜泣きがおさまりますように。ってお願いした。
そこに生えていた松の木の樹皮をとって親王の枕の下に入れると、ぴたりと夜泣きがおさまったんだって。
京都では、赤ん坊の夜泣きに困っていると聞くと「松の木の樹皮を枕の下に入れるといい」
って、今でもお年寄りが言うそうです。

 結局、腹違いの弟が天皇になって、洛北の里山を転々と生活することになった悲運の皇子です。
まぁ、有能だと、謀反の疑いとかでっち上げて殺される なんてことがザラにあった時代だからね。
生き延びられてよかったですね~。

 ( °o°;)あ~、話しが長くなっちゃった。

 夜泣き峠までは結構な急登りだけど、峠からは尾根歩き。
ゆるゆると登ります。
風が強くて、風上の空が真っ暗!
二ノ瀬ユリとの分岐で、早いけどお昼にしちゃいます。
女の子の名前みたいでしょ。
ユリ、って、巻き道のことなんだって。

 今日は各自お弁当なんだけど、奄美のお土産を持って来た。
それと、ささやかなハッピバースデイ!
Pちゃん、おめでとう( ´ ▽` )ノ

 ここから林道みたいに広い道を行くと・・・
倒木がたくさん! 潜ったり登ったり。

Img_1087

 地図で見ていて、貴船山三角点へは、一度尾根を乗り換えるから、分かりにくいのかな?
って心配していたけど、ちゃんと案内がありました。
でも、樋ノ水峠が分からない(/_;)
峠っぽい地形に倒木がわんさか!
そのままお山を下りたら、去年行った幽霊寺の志明院の方へ抜けられるんだよ。
今日は、峠から東へほんの5分。
標高差20mほどで 貴船山(699,4m)
二等三角点 点名『二ノ瀬』

Img_1078

 お名前は知ってたけど・・・
眺望のない、地味な山頂でしたね~。

Img_1079_20200129194701
普通は貴船山って言うと、貴船神社の方をさしますよね。

 帰りは、分岐から、二ノ瀬ユリで戻ります。
なかなか幅の広い、いい道で・・・飽きました。

出町柳までの叡山鉄道は、展望列車でおしゃれでした。

  Img_1095
ここから歩いて、下鴨神社へ寄る。

 神武天皇の御代に比叡山西麓の御蔭山に賀茂建角身命が降臨したのが起源だそうで~
社伝に書かれているんだって。
それに、紀元前90年(崇神天皇7年)に瑞垣の修造の記録があるって言うから、どれだけ古いんだ~(;-・。・-;)
でも、それって・・・
卑弥呼より昔よね。
文字・・・あったのかな。
後世のでっち上げ?

 葵公園から、まっすぐ15分。

あら、ラグビー神社?

Img_1105_20200129194801
境内の奥にある東本殿は国宝です。
舞殿は、かつて御所が被災した際、臨時の内侍所・賢所に使われたこともあるんですって。

Img_1109

細殿・橋殿・大炊殿とか、重文だらけです。

Img_1119_20200129194801

 アーケードへ出て、粟餅を買って、鴨川でおやつ。

Img_1126
80才と83才のお姉さまも、軽快に飛び石を飛んで、

Img_1138

出町柳駅前から、バスで京都へ。
ホテルに5時前に帰着。

 今夜のお部屋は、ツインとトリプルがドアでつながってるの!
これは、とっても便利でした。

 こざっぱりして、ホテル向いの飲食店街へ。
お夕食は、京のおばんざい いち藤さんへ。
生麩に天ぷら、野菜のたいたん。

Img_1139
はんなりと、美味しゅうございました(^ー^* )

 雨予報だったのに、ほとんど雨に降られずに歩けて、なんてラッキー!(*^_^*)v


 1月29日
今日はね、ホテルの前にタクシーを呼んじゃいました。
比叡山へ行くんだけど、電車を乗り換えて、ロープウェーとケーブルカーを乗り継いでいくと、結構な交通費。
それくらいなら、5人乗りタクシーなら、返ってお安い!。
比叡山山頂の、大駐車場で下ろしてもらうと、1人2千円くらい。

 一昨年の秋に、姑を温泉に連れて行った時、ここへ来ました。
姑に眺望を楽しんでもらっているうちに、急いで山頂へ駆けあがりました。

 今回は、霧雨の中を、雨具を着て歩きだす。

Img_1143
はい、一等三角点(848,1m)タッチ。

Img_1144
今日は、登山じゃなくて、下山です("⌒∇⌒")

 まず、電波中継所から砂利道をガンガン下ると、延暦寺の一番上の東塔!
辺りはガスって真っ白。

Img_1153_20200129195201
でも、由緒あるお堂を上から見るのも、おつなものですね~(⌒‐⌒)
阿弥陀堂に大講堂、鐘楼など見て、あちこちお参りして、
根本中道は2016 年まで、修理中です。
比叡山会館で、梵字抹茶ラテを頂いて・・・

Img_1164_20200129195201
いるうちに、晴れて来た!\(^o^)/
琵琶湖大橋が光ってる~♪~

Img_1161_20200129195201

 よかった~。
お誕生日のPちゃん、琵琶湖はお初だそうです。

 旧スキー場?を通って、ケーブルカー駅を通って、

こちらも倒木だらけで、下りたら通行止めロープだったり

Img_1175_20200129195401

修学院へ出ると車道歩きが長いから、どこかで右に別れたい。
地元の方にすれ違ったら、もう下りるところだから って、みやけはちまん近くの花園橋バス停まで、案内してくださいました。
 こういう土地勘のないところは、お山を下りてからが分かりにくい。特に、曲がりくねってあまり人が歩いていない、静かな住宅地は迷うので、とっても助かりました。ありがとうございます。

私と同じ年のお兄さんにお礼を言って、チョコを渡して、

花園橋で、バスに飛び乗る。

 

 都ホテルでお泊りの荷物を受け取って~
一気にザックが重くなる。
預かってもらえるって、ありがたいですよね~。

 遅めのランチは~
去年美味しかったお寿司を食べたいけど~
時間が微妙~。迷ってうろついたら、お買い物の時間が少なくなっちゃう。
で、海鮮おばんざい膳とに

Img_1180

にしん蕎麦と蒸し寿司セット

Img_1181_20200129195601
火曜会のランチにしちゃとっても遅い1時半だったから、お腹ペコペコで~
がっついて頂きました。

 阿闍梨餅とかちりめん山椒とか、お土産を色々買って・・・

 天気予報に反して、ほとんど雨に降られずに、お山をしっかり歩けました。

楽しかったね~("⌒∇⌒")

静雄か辺りからの富士山きれいでした( ´ ▽` )ノ 

Img_1188

2020年1月26日 (日)

大川入山

 白い羊に会いたくて、ちょっと遠いお山へ。
でも・・・
晴れて暖かくても、雪が降っていても。羊さんには、会えないのよね~。

 始発電車で集合場所へ。
アクセスが遠いので、いつものように、行きの車で朝食食べて編み物。
高速は、時々雪が舞ってる。
でも、凍結するような気温じゃない。

 飯田を過ぎて、夜空がきれいなので有名な、下伊那郡阿智村の治部坂スキー場から歩き出し。
しっかり雪が降っているから、オーバーズボンとスパッツ付けて。

 少し車道を登って登山口へ。

Img_0938
石ゴロゴロの歩きにくい道のあと、根っ子が浮いた歩きにくい道へ。
Img_0941
 途中、薄く積もった新雪の下に、透き通ったアイスバーンが見えるツルツルの急斜面。
アイゼンをつけるかどうか迷う。
でも、登りはできれば登っちゃいたい。
でないと、早く登って早く帰れないもの~。
で、木につかまって、笹の中を踏んで登ると、横岳(1574m)
眺めのない樹林の山頂です。

 (^o^; あれ? 林に熊棚がある。
奥多摩の熊さんは冬眠しないけど・・・
この辺りの熊さんは、どうなんでしょうね。
お腹が空いて出て来ても、何も上げないよ~。

 でも、熊注意看板はなかったね。
雪の上には、たくさんのホンドリスの足跡。

Img_0940_20200126192101
リスって・・・群れて歩くの?

それとも、ここがリス銀座?("⌒∇⌒") キャハハ

 小さなアップダウンを、何度も繰り返す。
途中にあるはずの四等三角点 もみじ平は、白杭もないし、探っても全く見つかりませんでした【><。】 

 グーッと下って、また下るところもあって、ここは、帰りの登り返しが大変かもね。

 羊さんに会いたかったけど、辺りはガスって真っ白で、望むべくもない。
でも、雪予報だったけど、雪はすぐに止んで、風もないから暑くも寒くもない、ベストコンディション。
阻止て、降りたての雪は気持ちがいいね(* ̄∇ ̄*)

 笹っぱらが見えて来たけど、相変わらず辺りは白い。

Img_0954_20200126192101
白い羊さんは、あの辺かなぁ、って話しながら登っているうちに、山頂に着いちった('o'=) 

 白い羊さんってね、誰が言い出したのか、緑の笹に樹氷の木々が、羊の放牧に見えるんですよね~。
でも、条件が難しい。
前の日に雨か雪、気温がそこそこ低い日。
でも、全体に積雪だと、ただの白銀の世界。
そして今日みたいに辺りが真っ白で見えない時も、もちろんお会いできません。
気になったら、『大川入山、白い羊』で検索してみて~(´ー`)ノ 

 山頂には山座同定板があって、白根三山に塩見、荒川・赤石・聖・光って書いてある。
遠州灘や中央アルプスや奥三河の山も見えるらしいよ。

Img_0959

 大川入山1908.3m。

Img_0955
二等三角点 点名『大川入』タッチ

Img_0957
風がないのが幸い、山頂でパンをかじって甘酒飲んで。
アイゼン付けて、下山します。

 朝のうち、雪が降っていたから、今日は人が来ない静かな山かと思ったら・・・
下山途中、次々結構人が登って来る。
雪が止んでから、登り始めてのかな?

 気温が上がって来て、木に積もった雪がぼたぼたと冷たい(/_;)
ので、私は登りで脱いだ雨具を来たけど・・・
山友たちは面倒なのか、そのまま駆け下りて、キャッとか、冷たい!とか言ってました。

しっかり5時間、標高差1000mの雪山を、堪能しました(=●^0^●=)v

駐車場の前のお店で、十割そば

Img_0990
 飯田近くの湯元久米川温泉に寄ったら、PH10,1のぬるっとしたとってもいいお湯でした。
スキー客など、日帰り客で繁盛していました。

 帰りの中央高速から、行きには見られなかった木曽駒 千畳敷ヒュッテが見えてます

Img_1023

南アルプス、八ヶ岳や御坂の山を堪能。

火曜日に行った五湖山も見えてました。

Img_1053_20200126192401

 明日から明後日未明にかけて雪予報?(^o^; ほえ~
火曜会はお泊りよ。
交通網が乱れませんように!!!

2020年1月24日 (金)

奄美大島ネイチャーウォーキングと カヌーと ナイトツアーと 湯湾岳登山

夫から家庭内メールで
「4万で奄美大島へ行けます」って。
「はぁ?(。。?)奄美で何を?」
「去年のクルーズの時台風で行けなくなった函館の、カヌーのリベンジ」
だそうで、そう言えば、一昨年のクルーズの弟子屈でも、雨でカヌーができなかったっけ。
2回も振られちゃ、リベンジしたくなりますね~。
それならまぁ、ご一緒しましょうかね。

 4万で、航空券とレンタカー、カヌーと野生生物探索ウォーキングが付いているようです。
最近は、乗り物の空いて居る期間に、新幹線とホテルとか、飛行機とレンタカーとか、抱き合わせでお安いツアーが色々出てますね。

 早めに羽田空港ヘ行って~
夫と飛行機に乗る、一番のメリット。
夫は出張が多いので、プレミアム会員なの。
で、同行者1名まで、空港のラウンジに入れるの。各種ジュースに牛乳、コーヒー、ビールやウイスキーに、お菓子も置いてあるの。
ゆったりと、ラウンジで朝ご飯。
 夫が新聞を読んでいる間、私は趣味人のリコメ("⌒∇⌒") 昨日の五湖山からの富士山は、なかなかのものでした~。今日はどうかな。

 お山の翌日にお出かけだと、いつもは留守宅の食事の準備や片付けで、寝るのが遅くなっちゃうんだけど~ 夫と出かける場合は、そこは楽(´ー`) v

 12時20分発の、一日1便の飛行機
羽田は暗かったけど、富士山!

Img_0621

 南アルプスに

Img_0628_20200124220201

北アルプス!
Img_0623
 で、奄美の空港2時50分着 下泊まるホテルが見える

Img_0646_20200124220201

 意外に時間がかかるんだね。奄美大島って。
奄美大島は、佐渡の次に大きな、東京都23区が入っちゃうくらいの島。

 飛行機を下りたら(;´o`)ひぃ~ 
めっちゃ暑いやないけ~。22度!(^o^;
長袖の下に半袖を着ていたから、夫がレンタカーを借りている間に、長袖を脱いで半袖1枚になる。

 今日は、夫の付き合いで、田中一村記念館へ。奄美の自然を描いた、日本画家です。奄美の自然に魅せられたこの画家さん、緑がとってもきれいなんだよね~。
 
 夫は、美術館が好き。で、私はたまに誘われるんだけど・・・どうも、美術館のトロトロ歩きが苦手。虚弱体質なものだから~疲れちゃうんだよ~(;>_<;)

 いったん島北部のホテルへ入って、お着替えして夕食へ。
 せっかくだから、奄美の家庭料理が頂けるお店に入りました。奄美は、薄味で、材料がとっても大きいままの、ダイナミックなお料理なのね。それと、お刺身を酢味噌で頂く。これも美味しいです。

Img_0658_20200124220201
 ただ・・・夫と外食は、いつまでも飲んでいるので、待つのがちょっと退屈です~(;´o`)

 1月23日
今日は、忙しいんだよ。
午前・午後・夜と、集合場所が違うツアーに申し込んであるの。

 朝食バイキングに鶏飯セットもあって、それと、みき って言う、お米と芋と砂糖で作る発酵食品の飲み物が、甘くておいしいです。
 
 まず、田中一村終焉の家に寄ってから、金作原生林探勝ツアーこの時期でも、虫よけ必須です。夏場にお山へ持って行く、ハッカスプレーを持参。

 みなさん、ショルダーバックとかでご参加ですが・・・どれだけ短い時間でも、雨具と水と、レスキューセットなしでは歩けない、心配性な私(^。^;)
 腕と首にハッカスプレーをしていたら・・・
「あら、何の香り?いい匂いね」
って観光客が~
(ー_ー;)ごめんなさい。犯人は私です。 

 奄美の動植物を色々教わりました。
屋久島や石垣島で見た以来の草木が、多かったですね。
 
 私が、マルハチ!って言ったらは「それは小笠原の呼び名ね。これはヒカゲヘゴで、こちらが普通のヘゴ」って。マルハチとヒカゲヘゴは、イコールなのね。
Img_0708_20200124220201
 カクチョウランのつぼみ

Img_0692

カゴメラン

Img_0721_20200124220201

キジョランの種みたいなの

Img_0724

ガイドさんに「このキジョランの種みたいなのは何ですか?」

って聞いたら、メモしてました。嫌な客?(?+_+)

 

ツアーは12時半に解散
あかべえって言うラーメン店のしろべえを食べて、

Img_0731_20200124220601

13時半に別の場所でカヌーツーリング。

 数年前、羊蹄山に行った翌日、尻別川でダッキーって言う小さなゴムボートでの川下りをした。その時、ツアー会社が撮ってくれた写真を後で見て、びっくり。濁流とか、浅瀬とか、私が必死で漕いでるのに、夫は私の後で ほ~って顔で見てるんだよ。
漕いでなかったの?(;-・。・-;)

 なので今回は、ツアーの係の方に聞かれて
「一人ずつがいいです」
って、言っちゃった~("⌒∇⌒")
夫は一瞬「(・_・;)エ?」って顔して、でも何も言わなかったよ。ご自分で、漕いでみてくださいね~。

 オールの使い方などレクチャーされて、マングローブの林へ。私たち夫婦のほか、若いカップルと、若いお兄ちゃん二人。
 あらら、大丈夫かしら( ̄▽ ̄;)

 しばらく広い川を下って、たぶんメンバーの運動神経とかを見たんでしょう。
Img_0734
しばらく下ってから、細くて浅い川を遡る。これは流れが早くて、川幅が狭くて、下手するとマングローブの泥に、突っ込んじゃう(>_<)
人のカヌーにぶつかったり、みんなてんやわんや! 

オヒルギとメヒルギの違いや、花を撮ったり、

Img_0758_20200124220701

一番の浅瀬でお茶を飲んだり。
Img_0750_20200124220701
 また太い川へ出たり、マングローブのジャングル迷路を下ったり。遡ったり~

 気温はどんどん上がって、Tシャツに短パンでも暑いくらい。他の長袖の人たちが、暑い暑いってフウフウ言ってました。

 ガイドさんに「奥さんお上手ですね」って褒められちゃったよ(*^_^*)v
羊蹄山の尻別川仕込みです("⌒∇⌒") キャハハ

これは楽しかったです。
16時解散で、18時半から奄美の森ナイトツアー。

泊まるホテルは、車で1時間。なので、コンビニで軽く腹ごしらえ。
滝を見て、ドライブして集合場所へ。
Img_0778
 奄美の森を、ガイドさんのジープで回るんだけど、お目当てはアマミノクロウサギ。
 林道ダートに入ると、いきなり「これがアマミノクロウサギの糞です」って。鹿より細かい糞が道の真ん中に。縄張りを示しているんだって。

しばらくしたら、トゲネズミがシダの中に入っていく。

 次に、きれいな緑のアマミイシカワガエル!

Img_0796_20200124220701
蛙マニアさんが、ジープ貸しきりで、これだけを見に来るって言う、超レアな蛙だそうです。
密猟者が見つかると300万もしくは禁固何か月とか言ってました。植物の盗掘も、そのくらいして欲しいですね。
 
 蛇ににらまれた蛙、の言葉通り、ライトを当ててもジーっと動かないから、図鑑みたいな写真が撮れました!

ガイドさんが『面白いものが見れますよ』って! 何と、アマミアオガエルの背中にアマミノアカガエルが乗っているの!
『何を間違えたんでしょうね』って。
雄は雌の背中にのって、脇の下を抱き締めて、産卵を促すんだけど・・・この二種間では受精しないそうです~( ̄▽ ̄;) 
Img_0805
 「いた!そこ」
のんびり出てきたアマミノクロウサギ!

Img_0802
目が赤く光って、耳が小さくてかわいい。
何匹も見られました。

 道を横切るリュウキュウイノシシやヤンバルクイナも! ナイトツアーならではの生き物三昧で、シメはヒメハブ 一番人が死ぬやつだそうです。
Img_0814_20200124221001
 色んな夜行性の動物を見ていたら、星が!
ガタボコダートのどん詰まりまで行って、夜空を見上げる。
 天の川が白く流れのように見えて、どれがオリオンかも分からないほどの、満点の星!
 これは、流れ星を見た一昨年の北アルプスの夜より素晴らしいわ。

『この雨季の1月に、こんな星が見えることは、滅多りありません、これはすごいなぁ~』
って、ガイドさんが感動していました。

 日本で一番、降雨量が多いのが屋久島。
日本で一番、晴れの日が少ないのが奄美大島。なんですって。

 6時半から9時半まで、じっくり実りあるナイトツアーでした。

 今夜泊まるホテルまで、一時間。途中でお買い物をして、チェックインが11 時。こんなハードな旅、なかなかないですよね~( ̄▽ ̄;) 
 急いでシャワーして、さっと軽食を食べたら、もう12時半でしたよ。


 1月25日
せっかく、サンゴ礁の海に面した素敵なリゾートホテルなのに~ 夜中の11時に着いて、朝7時半に出るのは、もったいないなぁ。

Img_0832_20200124221101
 今日は、島の車道と林道を2時間ほど走って、登山口へ行く予定。
なかなかナビが大変(;-_-) =3 間違えて、夫が不機嫌にならないように、あらかじめ、登山口に一番近いキャンプ場の電話番号を、調べておいたの。そのあとの林道分岐点は4箇所。これも地形図でチェック済み。でも、ちゃんと案内が出ていました! 

途中の展望台からサンゴ礁がきれい

Img_0847

登山口

Img_0852

 落ちている木の枝を、叩きながら登山。なんでか~
 昨日のナイトツアーのイントラさんに、湯湾岳に登るなら、明日も暑いからハブに気を付けて って、この方法を教わりました。
 生き物大好きPちゃんなら、ハブにでも会いたいって言うのかな?

わぁお!
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
サクラツツジが咲いています!

Img_0876
さすが、奄美~。
 
 湯湾岳登山口から階段を登り始めると、前から杖の音と鈴の音。
お榊をかかえた、おばぁとおじい。

 私たちを見て、「お参りご苦労様」って言って、そのあと・・・なんて言ったか~ヒヤリングできない【><。】
まぁ、たぶん、先に行けって、譲って頂いた。

 そして、いかにも神様がおわします風情の広場へ出た。
石のお社もあります。

Img_0873_20200124222001

 そこから5分ほどで 途中、ちょっとぬかるんだところもあって、
奄美大島最高峰 湯湾岳(694,4m)

Img_0859_20200124221101
一等三角点 点名『湯湾岳』

Img_0861
タッチ \(^o^)/
山頂は、樹林の中の奥座敷って感じでした。

 神社に、さきほどのおじいとおばぁ
「どこから来ましたか」
「横浜です」
「あ~、それは、遠いところからよくお参りくださった」
ってな感じの会話。
・・・何だか後ろめたいような?
(=^^ゞ ポリポリ

Img_0868_20200124222101
 湯湾岳の神社広場に、昔は黄色いエビネがいっぱい咲いていたのに、めっきりなくなったこととか、色々話してくれた。
神社の中に入ってお祈りして、お榊をお供えしていました。
一緒に、しっかりお参りしてきました。

 帰りのナビも、なかなか難しく~
「やれやれ」とか
「疲れた」という夫に
運転してくれなきゃ、あなたといるメリットないっしょ。
という心の声は漏らさずに~
ねぎらいの言葉をかけ("⌒∇⌒")

 途中の名瀬の街で、鶏飯と鳥のお刺身を食べて、これは大変美味しゅうございました。

 で、奄美空港に2時半に着きました。
さてさて、お姉さま方に、何をお土産に買おう。前にお姉さまに貰った、インスタントの鶏飯は美味しかったな。

 こういうのを見ていると、時間ってあっという間よね~。

 15時45分の飛行機で羽田へ。
帰りの飛行機からは、夕焼けの富士山が見えました。
Img_0913
 火曜会の翌日出かけたから、
それに、スケジュールを盛りだくさんのぎっしりにしちゃったから、忙しなかったけど~
とっても2泊3日と思えないほど充実して、楽しかったわ~(*^_^*)

 前から行きたかった、湯湾岳にも登れて、最高でした\(●⌒∇⌒●)/

 長い日記を最後まで読んでくださって、ありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ

2020年1月21日 (火)

五湖山

お姉さま方が「去年は、火曜会で一度もアイゼンを使わなかったわねぇ」
って、残念そうに言っていた。
ので、アイゼンを使えるお山にしたいな って考えてた。
とは言え、80代のお姉さま方に、ラッセルを交代して頂くわけにもいかない。
それなりに負荷がかかるから、アイゼンを付けて歩く時間も1~2時間くらいがいいな。
だから、積雪少なめの、距離は短め。

 毎年年末に、お姉さま方に、翌年行きたい日帰りの山をお聞きする。
未踏の日帰りの山で、五湖山へ行きたい とのご要望があった。
('o'=) あ!
1月中旬の五湖山なら、積雪があるかも。

 金曜日から土曜日に雪予報が出た。
箱根や丹沢は、白くなったよ。
さて、火曜日まで、雪は残っているかなぁ。

 河口湖駅で、バスへ乗り換え時間10分。 
相変わらず、海外からの観光客で一杯。
乗り場には、日本語中国語英語がペラペラな、有能なコンシェルジュがいて、ご案内しています。
暖房きき過ぎのバスで精進まで40分。
歩き出しは10時回っちゃいます。

 旧中道往還って、甲府への流通の道をたどります。
昔は、どこへ行くにも歩いて峠を越えたんだものねぇ。
精進湖を背中に、車道を20分ほど歩く。
やっと山道に入った辺りで、チェーンアイゼンをぶら下げた女性が下りて来る。
(・_・;)エ? まだ10時半。
「お早いですね~」
って言ったけど、無言でペコリ。
なんだろう?どこまで行ってきたんだろう?
今日お山で会ったのは、この女性一人だけでした。

 ジグザグに登ると、雪が乗って滑りそうな木橋が数回。

Img_0542_20200121183901  
ちょっと緊張。
雪が増えてきて、日当たり具合で、雪面と土斜面が交互。
で女坂峠へ。
Img_0544_20200121183901
 昔 妊婦さんが道中で出産しちゃったんだって。
産後、母子ともに亡くなって、この峠に埋葬されたそうな。
供養のために、子を抱いた女の石地蔵を建てた。
それからここが、女坂峠と呼ばれるようになったんだって。

 昔は出産で、感染症で無くなる例が、多かったからね~。
それに、前置胎盤や逆子、胞衣巻き(へその緒が首に巻きつくこと)での死亡例も多かった。
今は、超音波診断で予め分かって、対処するから、出産での死亡率がとっても減りました。
いったいどんな事情で、臨月のお腹でこの峠を越ようとしたんでしょう。
峠の石仏に・・・合掌。

 ここから北へ降りると、甲府へ抜けられるの。
今は、車だと、精進ブルーラインってトンネルで、チャチャっと甲府へ行けちゃうのよ。

 峠から、西へ行くと三方分山。
こちらは火曜会で歩いています。
今回は、東の王岳方向へ。

 の前に~
向かう尾根は、しっかり雪が見えてるから、ここでランチにしちゃいましょう。
しっかり積もった雪なら、踏み固めてランチできるけど、薄い雪は座ると溶けて厄介だもの。

 とは言え、峠は北側から吹きすさぶ冷たい風が当たる。
女坂峠から20mほど戻った日だまりでランチ。

Img_0547_20200121183901
往時は流通でにぎわったんでしょうけど、通る人はいません。

 さて、スパッツとアイゼンを付けて、王岳方向へ登っていくと・・・
一気に雪が増えて~
Img_0549_20200121183901
 ( ° ° ; ) あ!
さっきの女性は、ここまで来たんだ。
アイゼンの跡が雪原にあって、峠から10mほどで戻ってました。1人だから、この雪で不安になったんでしょう。雪って、道が見えないから、何度か来ていたとしても不安よね~。
 そこから先は、人間の足跡はありません。

 時々来る、なかなかの急斜面は、お姉さま方が歩きやすいように、土をどかし気味にけり込んで登る。
 その先の、岩っぽい小さなピークは・・・

 うわぁお~ 
\(●⌒∇⌒●)/
富士の樹海と、精進湖と、遮るものがない真っ白な富士山!
よかったぁ。お姉さまにこれが見てもらえて。

Img_0573
富士の右裾の向こうに、駿河の海も見えてます。
Img_0572
 この岩ピークからの下りは、アイゼンを付けているからなかなか難儀してましたね~。
数回岩ピークを登って、そのたびに眺望を堪能。
三方分山の陰から、少しずつ白根三山が見えてくるのも、なかなか感動的!(*^_^*)v
Img_0565_20200121184001
 「山頂は樹林で、眺めがないからね~
ここでしっかり、見て行きましょうね」

八ヶ岳も金峰も雲取も見えてました。

Img_0567_20200121184001
 
 最初の大きなピークが、五湖山(1339,8m)
途中までご一緒だったカモシカさんと鹿さんの足跡もなくなって、全くのバージンロード。
「ここが初めての人~?」
って聞いたら、珍しく全員でした。
ので、私はよけて、まっさらの雪面の上を、おねえさまがたに足跡を付けてもらいました。
Img_0562_20200121183901
 ここから、昔は富士五湖が見えたようです。
それで、このお名前。
今は、木が伸びちゃって、何にも見えまへ~ん。

 さて、ではゆっくりと戻りましょう。
下りの急降下は、なかなか気を使う。
特に片側切れ落ちて、岩っぽいところは、チェーンアイゼンの人は、アイゼン団子を落として通過してもらいます。

Img_0568_20200121184001

チェーンアイゼンって、気温が高いと、すぐにアイゼン団子ができちゃうから、やっかいよね。

 峠のちょっと下でアイゼンを外す。

 バスの20分前に下山!
せっかくなので、精進の大杉を見て、神社もなかなか立派です。

Img_0580

 バスに乗って河口湖へ。
河口湖駅で、間に合わないと思っていた15時5分発の富士回廊に、飛び乗れた!
JR乗り入れの特急で、大月でかいじと連結するの。
この15分あとの電車だと、帰宅が1時間以上違うんだよ。

それだとちょうど今頃帰宅な感じ。
お夕飯の支度、ぎりぎりになっちゃうし・・・
明日もお出かけだから、帰宅が遅いと辛いのよね~

 河口湖駅は、相変わらず海外からの観光客でごった返しています。
高速バス組は、切符を買う長い列に並んでいました。
冬でもこんな賑わいで・・・
オリンピック期間中は、御坂のお山は、ちょっと敬遠した方がよさそうですね~。

 今日は、お姉さま方のご要望の、アイゼンで雪山歩きができました(*^_^*)v

 雪が融けずに残っていてくれて、お天気に感謝です。

2020年1月19日 (日)

子檀嶺岳と ねずみ 

 ちょっとアクセスが遠いけど、行きたいところがあるの。
昨日は雪が降って、丹沢や高尾で雪遊びができるけど・・・
でも、どうしても早めに行きたいところがあるのよね。

 中央高速で、まずキャァキャァ大騒ぎ。
高尾辺りの樹氷がきれいだこと。

Img_0406
7時回ってようやく朝陽が射して来たら、赤富士ならぬ赤岩殿山!

Img_0410
そして、笹子トンネルを抜けたら、真っ白い南アルプスが!

Img_0426_20200119204801
面白いことに、ずーっと裾野の下だけ茶色いの。
きっぱりと、標高が300mくらいから上だけが、白くなってます。

 八ヶ岳も

Img_0435

常念も

Img_0448

鹿島槍もきれい!

Img_0461_20200119204801
登山口に着くまでに、めっちゃ写真を撮っちゃいました("⌒∇⌒") キャハハ

 で、今年の週末会お初の山は、信州子檀嶺岳 
読めるかな?
子檀嶺岳で、コマユミダケって読むんだよ~。
お名前の由来を色々調べたけど、分からなかった(/_;)

 以前来た、女神山夫神山や独鈷山に近い、信州上田のお山。
ちょっと目立つ、プリンみたいな形をしています。

Img_0485_20200119205001

 山頂西の林道から、歩きはじめ。
横浜は昨日雪だったけど、こちらは全く降った形跡なし。
林道を登るのにはありがたい。
駐車場に車を停めて、ゲートの左側を抜けて、林道歩き。
ジグザグに林道を登るのがちょっと面倒で・・・
「行っていい?」って、枝のうるさい藪漕ぎを、何度かショートカット。
尾根に出ると、あ、ここ、止め山なんだ。
尾根の南側はスズランテープでびっしり立ち入り禁止になってます。松茸がたくさん採れるのかな。

 登るにつれて雪が出てきてたけど、尾根は全く雪はない。
上は青空だけど、どこかから風花が舞ってくる。

 子檀嶺岳(1223,2m)

Img_0476_20200119204801
山頂からは、浅間山や美ヶ原が近い!

Img_0482_20200119204901
けど、浅間山には雲が。
山頂でのんびりお汁粉タイム。
この時期は、お汁粉か甘酒が暖まりますね~(*'‐'*)

 さて、帰りに寄りたいところがあるから、サクッと降りよう。
帰りも、300度くらいに狙いを定めて、ジグザグ林道をショートカット。

 来たたかったのは、坂城町の「ねずみ」

Img_0514_20200119205201
上田宿と坂木宿の間の宿場だった場所です。

 まず、ねずみ橋で千曲川を渡って。

Img_0504_20200119205201
信号、ねずみ。

Img_0513

 ねずみの由来
坂城宿には昔、関所なみに厳しい口留番所があったそうな。
で、「寝ずに見張っていた」ことから「不寝見(ねずみ)」と呼んだとか。

 もう一つ
この辺りは昔、一面の湖だったんだって。
で、西側の田畑を鼠があらしたために、遠い国から大きな唐猫さまを 連れて来たんですって。
唐猫さまに追われて逃げ場を失ったねずみは、岩山を食い破って、湖の水は千曲川となって流れ出して、湖は陸地になったとさ。 
っていう、壮大なお話もあります。

 この、食い破った所が、半過の岩鼻って呼ばれているらしい。
千曲市の荒砥城跡から見ると、連なった山が一部だけ狭まって見えるんだよ。
ここは、なかなかの眺めです。

 道の駅で、おそ昼におしぼりうどん。
この辺りで採れる、ねずみ大根のしぼり汁に信州みそを入れて、釜揚げうどんをつけて食べるの。
これが、辛いんだよ~。

Img_0499_20200119205101
美味しいから、2本で150円のねずみ大根と、1キロ310円の信州みそと、上田うどんをお買い上げ~。
お土産値段じゃないでしょ。良心的よね。

Img_0533_20200119205201
 なんでねずみ大根かは、写真を撮ったからね("⌒∇⌒")

 以上が、今年の干支、ネズミ関連の数少ない場所探訪でした。

2020年1月16日 (木)

吾妻山

今日は、仲良しマイフレさんのリハビリハイキング。

 前々から、どこへお連れしようかと、考えていたの。
そうだ、この時期は、菜の花がきれいだから、吾妻山がいいわ。
不安定な足で、山道だと危ないけど、吾妻山ならしっかりした階段で登れる。
バランスを崩しても、横から支えられる。

 K姉さまのご自宅が近いから、お誘いしてみた。
そうしたら、ちい姉さまもPちゃんも、来てくれるって。
みんな心配してるんだね~(´ー`)

 ('◇'*)わぁお。
それなら、前後左右で、姫をお守りできるじゃない("⌒∇⌒")

 遅めの集合で、ゆっくりゆっくり登るつもりが・・・

 (ノ°ο°)ノ
姫さま、ことのほか速く、御拾い遊ばされます。

 水仙をめで、香りを楽しみ、眺望を楽しみ、
あっという間に吾妻山(135,9m)
Img_0343_20200116231701
 あれ?何かやってる?
日テレの『バゲット』って番組で、ラルフ鈴木 って人がリポーター。
スタッフに、「いつやるんですか?」って聞いたら、20分後だって!
見れないじゃん。

Img_0341
あちこち回って、私たちの後ろで「みなさん思い思いに楽しんでます」なんて話してました。
 
 残念ながら、富士山は雲の中。
あ~(;´o`) ここからの富士山を、姫に見せたかったわ。
でも、一面の菜の花畑の向こうに、キラキラの湘南の海。
北側には丹沢の峰。
そして一昨日歩いた金時から明星までの尾根。矢印から矢印まで。

Img_0345_20200116231601
ここにしてよかったぁ~(*^_^*)v

 今日は、人数分のお湯とカップを持って来たのよ。
シートを出して、お汁粉パーティー("⌒∇⌒")
マイフレさんは、手作りケーキを持って来てくれた。
Img_0353
 今日まで、さぞ長く感じたことでしょう。
でも、人生の中の、ほんの数か月。
貴重な体験でしたね。
色んな経験が増えると、人の痛みの分かる、素晴らしい人間になれますね。

 お若いマイフレさん、私の年まで20年。
K姉さまのお年までなら40年近い。
この経験が、これからのお山人生の、大きなプラスになることでしょう。

 さて、案外しっかり歩けていたので、下山は少し長くても大丈夫かしら?
北の、ゆるい山道を、歩いてもらいました。

 そして、デニーズへ向かう途中、お安いブロッコリーなんか買っちゃって~
みんなで楽しく、デニーズランチ。
Img_0379
 K姉様御用達の八百屋さんでおみかんも買って、パンも買って、
湘南クッキーの自販機ってのがあって、しかもアウトレットで詰め合わせ300円。
やだもう!

Img_0382_20200116231701
行きよりずっと重くなっちゃったじゃない。

 とっても楽しいハイキングでした。
\(^o^)/

2020年1月14日 (火)

明神が岳~明星が岳

 去年の秋からほとんど参加している、純レギュラーのマイフレさんが、箱根の明神明星に行ったことがないんだって。
じゃ、雪が深くならないうちに、行く?
箱根って、案外雪が多いんだよね。
で、この辺りは雪が降ると、箱根笹が登山道に枝垂れかかって、跨ぐに跨げず、くぐるに潜れず って状態になるの。
だから、積雪が多いと、お姉さま方と歩くのは厳しい。

 とりあえず仙石へ行って、万一の場合は金時に変更しようかな って思って企画。
金時なら、金時娘の茶屋があるから、何とかランチもできる。

 箱根湯本集合にして、私は、朝ご飯を食べるために、町田からロマンスカーに乗る。

最近新幹線や特急の車内販売がどんどんなくなるけど、ロマンスカーは色々あります。

Img_0288_20200114202001
小田急線急行って、下りでもなかなかのラッシュ。
ちょっと、朝食を食べるのは、はばかられる通勤電車なんだよね~。

 湯本からバスで仙石へ。
途中、登山鉄道は大工事をしていたり、車道の崩壊地に土嚢が積んであったり。
まだまだ台風19号の傷跡は多いです。
Img_0292_20200114202001
 バス停から5分ほど歩いたところが、登山口。
えぐれた急斜面を登ると、矢倉沢峠に着きます。
数年前に売店ができたけど、平日はあまり開いてませんねぇ。
ここから西へ行くと金時。
今日は東へ。

 金時から離れていくと、富士山が金時と背競べを始めます。

Img_0293_20200114202001
(*^_^*)よかったぁ。
きれいな富士山が見てもらえて。

 お日様が勢力を増して、シモバシラが溶け始めた。
足元がぬかるむ稜線を、どんどこ東へ。
竹藪の中に火打石山(988,5m)の三角点があるけど、・・・
竹が濡れているから、今日は突っ込まない。

 最近の火曜会じゃ3回続けて、今日とは違う最乗寺奥の院からの尾根で、明神へ登ってる。
その、尾根への合流点に出た。
ここからは、何度も歩いていますね~。

 明神ヶ岳(1169,1m)

Img_0313_20200114202001
大涌谷の噴煙がいっぱい。
着るものを全部着て、山頂のベンチでランチ。

Img_0309
足元はめっちゃぬかるんでいます。
でも、いい眺め。

Img_0311
お日様の威力で、標高はそこそこあるし、風通しもいいのに寒くない。

 ここから明星までの尾根は、箱根笹の小路。
よかった、雪が積もって笹が倒れてなくて。
今年は、どこも雪が少ないですね。

 霜の時期はぐちゃぐちゃだし、雪が重いと箱根笹が倒れるしだけど、今日は日影のみうっすら霜。
この程度が、一番歩きやすい。

 小さなアップダウンで明星ヶ岳(923,9m)まで行って

Img_0316_20200114202001

箱根笹の藪の中の三角点、タッチ。
久しぶりに見つかった。

Img_0314
ずっと竹やぶに埋もれていたせいか、標石が苔むして湿ってました

 大文字焼の横をジグザグに下りて、宮城野へ。

Img_0323_20200114202301
すぐバスが来て、割に空いた道で箱根湯本へ。

 よかった。アクセスがスムーズで、道も渋滞してなくて(´ー`)
箱根は、雨でも冬でも混むんですよ~。
海外からの観光客が多くて。

 今日は、累計標高差下り970m 登り750m 
久々に、歩きましたね~(´ー`)
下山後にちゃんとストレッチしなかったから、寝る前に、よーくストレッチしてくださいな。

帰りのロマンスカーは1号車

フロントは運転手さんがいない。

おそらく、この天井から梯子が下りて、上の運転席へ座るんでしょうね。

Img_0328_20200114202401


 青空の下の日だまりハイク、気持ちよかったですね~("⌒∇⌒")

2020年1月12日 (日)

思親山 白鳥山

 今週は週末会のメンバーは、それぞれお泊りの山。
で、泊れない私は、ご近所の俊足マイフレさんにご予定を聞いたら、スケジュールが空いてるって。
じゃ、行きたいお山はありますか?

 最寄り駅でピックアップしてもらって、東名へ。
他にもう一人連れて行ってもいいですか?
ってうかがっていたんだけど、駅でお会いした方は、趣味人で知っている方でした!
びっくり(ノ°ο°)ノ

 マイフレさんとは、とってもお久しぶり~
東名に乗ったら、きれいな富士山\(^o^)/

 新東名高速の新清水インターチェンジを下りて、国道52号線の甲府・身延方面へ。
 
 マイフレさんの事前林道情報で、私が行ったことがない林道を、悩みながら登る。
今日の核心部はこれですかね~。山間部の林道は、狭いけど全線舗装されている。

 佐野峠へ着いた。
ここ、駐車場は広いし、トイレも大きくてきれい。
あ~、富士山はちょっと残念なことに。
朝の高速で、きれいな富士山が見えたから、まぁいいね(^ー^* )
俊足マイフレさんと俊足なお友達、先行のカップルを追い抜いて、あっという間に思親山山頂(1030,9m)

 ここで、生クリームのフルーツケーキと焼きリンゴのおやつ。

Img_0257

マイフレさんは、山名版にお人形を乗せて、いろいろ工夫。

 じゃ、サクッと降りて、次に行きましょう。

 車へ戻って、川を渡ってちょっと移動。
山梨百名山で最も低い、白鳥山へ登ります。
ここ、反対側のゴルフ場からだと、15分くらいで登れちゃうの。
でも、それじゃ登ったって言えないよね~。

登山口の本成寺ってお寺から少し登ると、七面宮神社。
神社への階段を登ろうとしたら、一瞬「え~、登るんですか?」的な雰囲気が。
だって、お参りするなら行きがけでしょ("⌒∇⌒")
 
 山道らしくなって、なかなかの急こう配。
途中、台風19号の影響かなって言う倒木群もあって、

Img_0267_20200112224501
「もうちょっとだよ~」
白鳥山(568m)

Img_0268_20200112224501
ずっとお天気を心配していたけど・・・
よかった。降られずに登れて。
下山は降られても暑くならないし。

 山頂からは、さっき登った思親山や篠井山は見えているけど・・・
七面山や白根三山は、残念ながら雲の中。
そして、大きな富士山が・・・裾だけ見えてます(^。^;)

 ここで、マイフレさんが、ウインナを焼いてくれて、ラーメンを分けてくれて、食後にコーヒーまで!
ありがとうございます\(●⌒∇⌒●)/

Img_0274_20200112224501
熱々、美味しいです。

 以前あった、砦のような展望台は、老朽化で壊されてました。

 下山して、佐野川温泉へ。

Img_0281
源泉かけ流しの、いいお湯です。
ただし、源泉は30度くらい。
露天だと、それが外気温で冷えるから、25度くらい?

 よーく暖まってから、源泉かけ流しに入ると、エンドレスで ずーっと浸かっていられる~("⌒∇⌒")
今年お初の温泉、気持ちがよかったです。

 東名は、ちょっと渋滞して、でも、5時半に帰宅。
SAで買った巨大ナメコと極小小松菜で、今夜はなめこ汁です(^ー^* )
Img_0282_20200112224501
 お二人様、色々お土産ありがとうございます。
お疲れさまでした( ´ ▽` )ノ

Img_0284_20200112224501

2020年1月11日 (土)

どんど焼き

 1月11日は鏡開き
私はこう言う、季節の行事が好き。
母の家に越すまでは、11日は、ママ友親子を呼んで、お汁粉パーティーでした。
今日は、甘味少なめのお汁粉がお昼。

 なんで、お3時じゃないのか。
1時から、河原でどんど焼きがあるの。

 松飾りを、お焚き上げしてもらうのよ。

 私が住んでいるところは、渋谷や横浜や高尾へ40分ほどで行ける、割に便利なところなんだけど・・・
駅前は田んぼなの。そして、その横を川が流れてるの。
母が倒れて、ここへ住むようになって、初めて田んぼの四季を味わってます。

田んぼへ行く途中のお庭にロウバイが咲き始めていました。

Img_0228

冬枯れの田んぼで、どんど焼き。
年神様が天に帰るための火祭り。

Img_0239_20200111150101

 この火でお餅をあぶって食べると一年健康だって言われる。
で、自治会の役員さんで、お餅のお団子を用意してくれていて、どんど焼きの火であぶって、熱々を頂きました。
地元の87才のおばあちゃんが持ってきてくださった、お宅で撮れた白菜と柚子のお漬物が、これまた美味しかった。

 どんど焼きの火にあたると若返るって言うから、しっかり当ってきましたよ~("⌒∇⌒")
すぐ近くを、こどもの国線の牛電車が通って、なごみます~。

Img_0241

 帰宅途中の竹林の中に、気の早い紅梅が咲いてました。
松をバックに、竹と梅 こりゃめでたいわぁ(* ̄∇ ̄*)

Img_0243_20200111150101

 今年も一年、健康でたくさんお山を歩けますように!

2020年1月 9日 (木)

ママ友新年会

お正月リースを編んだ後、新年会で久しぶりに会うママ友に、グラデーションの毛糸でスヌードを編んでいました。

 ママ友たちは、台風15号で館山が罹災したニュースを見て、直後にお見舞金を集めてくれて
「大変だろうけど、交通費の足しにして」
って、持って来てくれた。
「子供が小さい頃の夏の思い出は、館山だったから」って。
嬉しいですね~(j o j) ウルルル~

 うちの下の子が2歳の夏から、ご近所ママ友とその子供、一番多い時で15人で、夏の館山で過ごした。
「いくら言っても宿題をしないのに、ここに来るとちゃんと勉強するから嬉しい」って言われた。
毎年、夏の館山では、お玄関には、上のこと下の子のタイムスケジュールを張った。
静かな遊び 朝ごはん お家のお手伝い 宿題 海 
って感じに、スケジュール通りに過ごしてもらった。
子供会、のようなノリだったかな。
そして、子供たちを寝かして、トランプの大貧民を夜更けまでしましたっけ。

 下の子が2才3才って、上の子もまだ幼いし、母親は自分の時間ってものがほとんど取れない。
それが、館山で泊まって解放されたって。
単なるママ友より、同じ釜の飯を食べた仲間 って感じになってるのよね~。

 今年の新年会は、メールした時2人が、ほかの用があるから行けない って返事だったんだけど・・・
数日後、二人共から「用事を変更しましました。行きます」って。
わぁ、嬉しいな(*^_^*)
うちの新年会が、最優先事項なんだ。

 でも、前日に一人が風邪で熱があって、インフルかも知れないって。
来ないでね~(;´o`)
インフル、流行ってるね。お大事に。
彼女には、一番近所のママ友に、帰りに、編んだスヌードとお菓子を、持って行ってもらったよ。

 Img_0862

 集合時間は、朝9時以降なら、何時でも。
ただし、お昼前に集まること。
だって、持ち寄りだから、遅れるとお昼が遅くなっちゃうでしょ。

 昨日、お座敷の片付けとかして、今朝、煮物とおすましを作って準備。

 ほかの人が来ないうちに、一番仲良しのママ友が来た。
なんと、一日家にいて家事も何もしない旦那が、浮気をしてるって!
それだけならまだしも、その女に一度会うたび10万も渡しているって。
なにそれ~。

 2人目が来たので、お抹茶点てて振る舞います。

Img_0220_20200109184201
そして、4人目が来て、お座敷に移動。
なんでって、うちの居間は掘りごたつ。
掘りごたつで5人目って、足の置き場がないのよね。

 お座敷の、古い紫檀の机に、持ち寄りのお料理で、本日のランチです。
思えば、この新年会が、火曜会ランチの原点かも?

Img_0227_20200109184201

 そうそう、話しは ずれるけど・・・
お姉さま方も、1山行200円の義援金を「館山の家に使って」と言ってくださって、
もう15000円くらい溜まっています。
お姉さま方からの義援金は、お玄関の天井の壁紙代にしたいと思っています。
これはまだ、見積もりしてもらっていませんが、お姉さま方が夏に来る前に、直せるといいな。

 ママ友5人のかしましいランチ。
濁り酒に缶酎ハイに、ワイン。
コーヒー淹れたり、おやつを出したり。

 いつもは、8時ごろまでおしゃべりしているんだけど~
今年は、一人が帰るって言ったら、さっき、みんないっぺんに帰って行った。

 今日の夕飯は、多めに持って来てくれた中華粽とサラダとカツでいいわ。
お菓子も色々~("⌒∇⌒")
一人で食べたら太っちゃうから、日曜日と火曜日に、お山に持って行こうかな。

 子供たちの動向とか聞いて、同窓会みたいな楽しい時間でした(=●^0^●=)v

2020年1月 7日 (火)

三浦と城ヶ島 岩礁歩き

 新春のお山は、干支がらみの名前のお山か、干支関係の神社に初詣。
と、だいぶ前から決めている。
そうそう! それに、出来れば新春は、海を歩きたい。

行きたい神社が先に決まった!では、その前にどこへ行こう。
 三浦アルプスは何度も歩いているけど、三浦半島突端は、火曜会じゃ歩いていない。
じゃ、新年は山行じゃなくウォーキングになるけど、それと初詣にしようかな。

 三浦海岸駅で集合。
マイフレ様3人ご参加で、総勢8人よ!
でも、今日はランチバイキングはなし。

 バスで松輪まで行って、まずは剣埼の灯台へ向かう。
(;´o`)う~ 寒い!
大根畑を、腕をグルグル回して、体を温めながら歩く。

房総が近い。富山や伊予が岳が目の前 手前は三浦大根

Img_0171_20200107203001

 ここ、小学校の遠足で来たよ。
 三浦半島の南端、相模湾に突き出てて「かながわの景勝50選」に指定されているようです。
岩礁ででこぼこの岬の先っぽに剱埼灯台があります。

Img_0173_20200107203001
目の前に大島と、房総の突端が見えます。
一昨日は、あの辺りに居たなぁ~("⌒∇⌒")

 知ってる?
灯台の表記では、山遍の「崎」じゃなく、土遍の「埼」が使われてるんだ。
「埼」は、陸地が水部へ突出した場所を表すものなんだって~。
海図で、一般的に使用されてるそうです。

 ここで、今年初めてのおめざ。
野点にしようか と思ってたんだけど・・・
お天気が良くないみたいで、野点は寒そう(;>_<;)
で、館山のお土産の鯛せんべいで、ポットに8人分 ココアを持って来たの。
そうしたら、かわいいお菓子が皆様から出るわ出るわ!

Img_0176
\(^o^)/ わーい
お土産がいっぱい。

 岩畳の道は、濡れているとめっちゃ滑る。
いったん車道へ戻って、また海岸線へ。

Img_0183
洞窟とか、盗人狩りとか、見どころが色々~

Img_0194_20200107203101

柔らかそうなヒジキを干してます

Img_0188_20200107203101

ちょこちょこアップダウンもあって、目の前に城ヶ島。

矢印が城ヶ島大橋。まだまだ遠い。

Img_0195

 でも、ここへ渡るには、江の島と一緒で、ぐるっと回って大橋を渡らないといけないの。
そろそろお腹が空いた。と思ったところに暖簾がかかったお店。
11時56分。
「城ヶ島でおそ昼の予定だったけど、ここに入りましょうか?」
漬け丼セットを頼む。

直後に、どんどん人が入って・・・(;-・。・-;)
人気のお店だったみたい。

 なんと、外で待っている人も何組もいて、いいタイミングで入りましたね。
マグロ丼、美味しかったわぁ~(*^_^*)v

Img_0197_20200107203401
 ここから、車道歩き。
あ~(;´o`) 雨が降って来ちゃった。
磯歩きで降られなくてよかったですねぇ。

 城ヶ島大橋を渡って、大きなトンビが

Img_0199_20200107203401

飛んだ!

Img_0200_20200107203401
('o'=) わぁ~ 
もう水仙がいっぱい咲いてる。
Img_0202

もう河津桜が咲いてます。

Img_0204_20200107203401
 北原白秋の詩は、しってるでしょ。
雨は降る降る 城ヶ島の雨は・・・
城ヶ島大橋の端に、詩の石碑があります。
でも、今日は、真ん中のお山に登って、水仙ロードを歩く。
昔は眺めがよかったのに、竹が茂っちゃいましたね。
馬の背洞門を見て、

Img_0210_20200107203401

岩畳を歩いて、城ケ島灯台へ。
竣工は明治3年。結構由緒ある灯台です。
現在の灯台は大正14年に再建だって。
Img_0212_20200107203401
 雨が降ってきたから、空が暗い。
じゃ、この先でバスに乗っちゃいましょう。

バスと電車を乗り継いで、京急戸部駅へ。
徒歩10分の、杉山神社へ行きます。
ここね、普通神社にある狛犬が、ネズミなの。

Img_0216
コマネズミ
私の初詣に、ぴったりだと思わない?("⌒∇⌒") キャハハ

 でね、身かって右に雄のネズミ、左にメスのネズミ。
女性は、この左のネズミを反時計回りに一回転させると、願い事が叶うんですって。
今年も一年間、お姉さま方と無事にお山を歩けますように!
Img_0215_20200107203601
 この神社は、大己貴命(大国主命の幼少名)を祭ってるの。
命を狙われて、素戔嗚の国へ身を寄せた時、娘のすせり姫に一目ぼれしちゃうの。
かくまってくれた宗主の娘に手をつけちゃいけないでしょ。
で、危機をネズミに救われたんですって。

 今年の歩き初めが、 何とか小雨程度で歩けて良かったわぁ。

お夕飯は、マグロの卵と温玉丼 簡単に炒り卵とサラダ

Img_0218

 

2020年1月 5日 (日)

春の海

 皆様にご心配頂きました、罹災した館山の修理。屋根と天井板分の650万ほどは、保険が下りました。
( * ⌒ ◯ ⌒ ) わぁい~ 
ホッとしたよぉ。

 東京湾を渡って神奈川の工務店さんにお願いしたので、お値段はかなり割高です。
残りの雨樋と内装は、あとから追加請求ができるとのことで、地元の工務店さんに、お願いしたいけど・・・
3年後くらいかも って言われました(^。^;)

 それまで、ドアや壁が、ケバケバにはがれているままなのも気になる。
で、娘と新春の館山です。

 気分的には、お琴を持って行きたい感じ~。
テン♪ トトトトトトテン♪
テン♪ トトトトトトテン♪
シャシャテン シャシャテン シャシャテントン
これで分かったら、邦楽やってる人だ("⌒∇⌒")
春の海
ひねもす のたり のたりかな~
Img_0097_20200105204301
 でも、私の春は・・・ 
ひねもす コマネズミ~
かな? ("⌒∇⌒") キャハハ

 掃除して布団干して、じゃ、始めよう。

 瓦が飛んで、雨漏りで、下の方だけ剥がれて反り返った壁板とドア板。
取っ手の下で切れ目を入れて、ギザギザにはがれている上の板を、スクレーパーを横から入れて、はがしていきます。
かなりの面積、微妙な姿勢で作業をするから、時々立ち上がって別のことをしないと、腰に来そう。

 引き戸とドアの両面とをすっきり全部剥いで、一休み。

Img_0112_20200105204301

ちょっと海へ出る。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
蜃気楼だわ。
城ヶ島が浮いてる~!

Img_0102_20200105204201
さすがお正月だから、結構釣り人や観光客が来ていました。

 続いて、うわ板を剥いだ戸とドアに、ビニール製の壁紙を張る。
うーん "( ' ' ;)
どのくらい持つのかな? こう言うの。
上の際が、なんとなくしまらなくて・・・

Img_0155_20200105204301

 次に来る時、こげ茶の1センチくらいの飾り線を入貼ろうかな。


 道に細かく砕いて落ちている、塀の粉々の破片とか、色々かたずけて、

道まではみ出したうちの芝生を鎚ごとはがして、今日はそこでお終い。

 ご近所では、唯一やっているお魚料理のお店で、今年初めての豪勢な外食。
アジ定食。鮮度のいいお魚は美味しいねぇ。
スズキの卵も美味しかったです。
Img_0121
 新春に館山へ泊ったことはないから、どうかなって心配だったけど・・・
暖房器具がおこたつしかなかった。
だから、娘と私のお布団を、こたつの両側に敷いて寝たよ。


 1月5日
今朝もいいお天気。
でも寒い。


 近くの浅間神社へ初詣に行ったら・・・
(≧◇≦)エーーー!
お社はブルーシート 

Img_0153_20200105204301

奥社は倒れてこっぱ微塵でした(/_;)

Img_0154
神様、何もできなくてごめんなさい。

 せめても、お賽銭を奮発しました。
どうか、お神社さん、復興できますように!

 今日は風が強いせいか、富士山がくっきりで、右に北岳と間ノ岳も見えてました。
Img_0147_20200105204301
 今年は、災害のない、いい年になりますように!

2020年1月 3日 (金)

元旦

 明けまして おめでとうございます(゜゜)(。。)ペコリ

 今年の横浜からの初日の出は、雲が多くて、お日様が見えたのは、日が高くなってからでした。
 起きた順にお雑煮を食べて、初詣へ。

こーちゃんが、かんざしを
「横から見えるように挿して」とのご要望。
じゃ、後ろ一つじゃ、横から見えるようには挿せないから、上でサイド二つに結ってから、後ろでアップにする?
 
 七五三の着物は、昨日忙しい中、腰上げと肩上げをほどいて、だいぶ上げを少なくした。

D76357ac338e4fddae1dab454b9741e5
 嫁ちゃんの髪は、先日 娘が結んでレジンで固めた、組紐の髪飾りをつける。 
 忘れずに、ちゃんと持って来てくれて、ありがとう。
347958a9b8f441c682f2333be40ab965
 みんなで、徒歩10分ほどの氏神様へ初詣。

二人とも、私が着付けたよ~って自己満足(*'‐'*) ウフフフ♪

Efbf31872358486389d849deb85015b0

本社は初詣客で神社の外周をぐるっと回る大行列。孫たちにとっては氏神様じゃないから、裏から入る。明日、娘とちゃんとお参りしますから、許してね。
 
 境内には、浅間神社もあって、富士塚へお参り。木の隙間からは、頭に雲をまとった富士山が、葉っぱの隙間から見える。丹沢は、大山から三ノ塔辺りはきれいで、あとは稜線に雲が。

 出店で、じゃがバターを食べたいって! 
じゃがバター~(・_・;
 絹のお着物を着ているからねぇ(^。^;)
首からハンカチで、着物につかないようにガードして、介添えが大変!でもまぁ、リンゴ飴よりはいいかな。

 お守りを頂いて、おみくじ引いて、ご満悦。

 帰宅したら

ばぁばが持ってる長いの やる」
って言うの。
・・・うーん "( ' ' ;) 何のことだろう。
「ポロンポロンならす 長いやつだよ~」

 (゜o゜)あ!お琴かぁ。
「僕もやる!」
で、急遽袋から出して、お柱(オジ)を立てて、調弦した。

 二人で、しばらく遊んでたよ。

 パパが参戦して、昔、私が演奏会で引いた曲をポロンポロンと弾いた。門前の小僧って言うけど、私が繰り返し練習した曲は、耳で覚えちゃうんでしょうね。
Img_0027_20200103200001
 大喜利とか見て、簡単なお鍋を食べて、さっき帰って行った。

 二人とも大きくなって、以前のように、べったり張り付いて何もできない って事もなく、楽になって・・・
 あと数年で、忙しくて遊びに来なくなっちゃうのかな?

 新春早々 至福の時間を、ありがとう
(=●^0^●=)v

 

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »