« 思親山 白鳥山 | トップページ | 吾妻山 »

2020年1月14日 (火)

明神が岳~明星が岳

 去年の秋からほとんど参加している、純レギュラーのマイフレさんが、箱根の明神明星に行ったことがないんだって。
じゃ、雪が深くならないうちに、行く?
箱根って、案外雪が多いんだよね。
で、この辺りは雪が降ると、箱根笹が登山道に枝垂れかかって、跨ぐに跨げず、くぐるに潜れず って状態になるの。
だから、積雪が多いと、お姉さま方と歩くのは厳しい。

 とりあえず仙石へ行って、万一の場合は金時に変更しようかな って思って企画。
金時なら、金時娘の茶屋があるから、何とかランチもできる。

 箱根湯本集合にして、私は、朝ご飯を食べるために、町田からロマンスカーに乗る。

最近新幹線や特急の車内販売がどんどんなくなるけど、ロマンスカーは色々あります。

Img_0288_20200114202001
小田急線急行って、下りでもなかなかのラッシュ。
ちょっと、朝食を食べるのは、はばかられる通勤電車なんだよね~。

 湯本からバスで仙石へ。
途中、登山鉄道は大工事をしていたり、車道の崩壊地に土嚢が積んであったり。
まだまだ台風19号の傷跡は多いです。
Img_0292_20200114202001
 バス停から5分ほど歩いたところが、登山口。
えぐれた急斜面を登ると、矢倉沢峠に着きます。
数年前に売店ができたけど、平日はあまり開いてませんねぇ。
ここから西へ行くと金時。
今日は東へ。

 金時から離れていくと、富士山が金時と背競べを始めます。

Img_0293_20200114202001
(*^_^*)よかったぁ。
きれいな富士山が見てもらえて。

 お日様が勢力を増して、シモバシラが溶け始めた。
足元がぬかるむ稜線を、どんどこ東へ。
竹藪の中に火打石山(988,5m)の三角点があるけど、・・・
竹が濡れているから、今日は突っ込まない。

 最近の火曜会じゃ3回続けて、今日とは違う最乗寺奥の院からの尾根で、明神へ登ってる。
その、尾根への合流点に出た。
ここからは、何度も歩いていますね~。

 明神ヶ岳(1169,1m)

Img_0313_20200114202001
大涌谷の噴煙がいっぱい。
着るものを全部着て、山頂のベンチでランチ。

Img_0309
足元はめっちゃぬかるんでいます。
でも、いい眺め。

Img_0311
お日様の威力で、標高はそこそこあるし、風通しもいいのに寒くない。

 ここから明星までの尾根は、箱根笹の小路。
よかった、雪が積もって笹が倒れてなくて。
今年は、どこも雪が少ないですね。

 霜の時期はぐちゃぐちゃだし、雪が重いと箱根笹が倒れるしだけど、今日は日影のみうっすら霜。
この程度が、一番歩きやすい。

 小さなアップダウンで明星ヶ岳(923,9m)まで行って

Img_0316_20200114202001

箱根笹の藪の中の三角点、タッチ。
久しぶりに見つかった。

Img_0314
ずっと竹やぶに埋もれていたせいか、標石が苔むして湿ってました

 大文字焼の横をジグザグに下りて、宮城野へ。

Img_0323_20200114202301
すぐバスが来て、割に空いた道で箱根湯本へ。

 よかった。アクセスがスムーズで、道も渋滞してなくて(´ー`)
箱根は、雨でも冬でも混むんですよ~。
海外からの観光客が多くて。

 今日は、累計標高差下り970m 登り750m 
久々に、歩きましたね~(´ー`)
下山後にちゃんとストレッチしなかったから、寝る前に、よーくストレッチしてくださいな。

帰りのロマンスカーは1号車

フロントは運転手さんがいない。

おそらく、この天井から梯子が下りて、上の運転席へ座るんでしょうね。

Img_0328_20200114202401


 青空の下の日だまりハイク、気持ちよかったですね~("⌒∇⌒")

« 思親山 白鳥山 | トップページ | 吾妻山 »

コメント

今晩は!
明神ケ岳は勝手知ったる山でしょうね(^_-)-☆
昨年は、金時山でコイワザクラを見つけて、本場のオトメスミレに逢えて満足していましたが、お目当てのハコネシロカネソウが見つかりませんでした(>_<)
明神ケ岳には咲く所があるようですから、今年は訪れてみるつもりです(ワクワク)

富士山が綺麗に見えてよかったですね

山ちゃんさん
>昨年は、金時山でコイワザクラを見つけて、本場のオトメスミレに逢えて
遠路はるばる、ありがとうございます。
ハコネシロカネソウは、なかなか見られませんねぇ。
数年前に、不老山へ行く途中で見かけました。

まっちゃんさん
はい、この日は、なかなかクリアーな富士山に会えました。
コメントありがとうございます7( ´ ▽` )ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思親山 白鳥山 | トップページ | 吾妻山 »