« 吾妻山 | トップページ | 五湖山 »

2020年1月19日 (日)

子檀嶺岳と ねずみ 

 ちょっとアクセスが遠いけど、行きたいところがあるの。
昨日は雪が降って、丹沢や高尾で雪遊びができるけど・・・
でも、どうしても早めに行きたいところがあるのよね。

 中央高速で、まずキャァキャァ大騒ぎ。
高尾辺りの樹氷がきれいだこと。

Img_0406
7時回ってようやく朝陽が射して来たら、赤富士ならぬ赤岩殿山!

Img_0410
そして、笹子トンネルを抜けたら、真っ白い南アルプスが!

Img_0426_20200119204801
面白いことに、ずーっと裾野の下だけ茶色いの。
きっぱりと、標高が300mくらいから上だけが、白くなってます。

 八ヶ岳も

Img_0435

常念も

Img_0448

鹿島槍もきれい!

Img_0461_20200119204801
登山口に着くまでに、めっちゃ写真を撮っちゃいました("⌒∇⌒") キャハハ

 で、今年の週末会お初の山は、信州子檀嶺岳 
読めるかな?
子檀嶺岳で、コマユミダケって読むんだよ~。
お名前の由来を色々調べたけど、分からなかった(/_;)

 以前来た、女神山夫神山や独鈷山に近い、信州上田のお山。
ちょっと目立つ、プリンみたいな形をしています。

Img_0485_20200119205001

 山頂西の林道から、歩きはじめ。
横浜は昨日雪だったけど、こちらは全く降った形跡なし。
林道を登るのにはありがたい。
駐車場に車を停めて、ゲートの左側を抜けて、林道歩き。
ジグザグに林道を登るのがちょっと面倒で・・・
「行っていい?」って、枝のうるさい藪漕ぎを、何度かショートカット。
尾根に出ると、あ、ここ、止め山なんだ。
尾根の南側はスズランテープでびっしり立ち入り禁止になってます。松茸がたくさん採れるのかな。

 登るにつれて雪が出てきてたけど、尾根は全く雪はない。
上は青空だけど、どこかから風花が舞ってくる。

 子檀嶺岳(1223,2m)

Img_0476_20200119204801
山頂からは、浅間山や美ヶ原が近い!

Img_0482_20200119204901
けど、浅間山には雲が。
山頂でのんびりお汁粉タイム。
この時期は、お汁粉か甘酒が暖まりますね~(*'‐'*)

 さて、帰りに寄りたいところがあるから、サクッと降りよう。
帰りも、300度くらいに狙いを定めて、ジグザグ林道をショートカット。

 来たたかったのは、坂城町の「ねずみ」

Img_0514_20200119205201
上田宿と坂木宿の間の宿場だった場所です。

 まず、ねずみ橋で千曲川を渡って。

Img_0504_20200119205201
信号、ねずみ。

Img_0513

 ねずみの由来
坂城宿には昔、関所なみに厳しい口留番所があったそうな。
で、「寝ずに見張っていた」ことから「不寝見(ねずみ)」と呼んだとか。

 もう一つ
この辺りは昔、一面の湖だったんだって。
で、西側の田畑を鼠があらしたために、遠い国から大きな唐猫さまを 連れて来たんですって。
唐猫さまに追われて逃げ場を失ったねずみは、岩山を食い破って、湖の水は千曲川となって流れ出して、湖は陸地になったとさ。 
っていう、壮大なお話もあります。

 この、食い破った所が、半過の岩鼻って呼ばれているらしい。
千曲市の荒砥城跡から見ると、連なった山が一部だけ狭まって見えるんだよ。
ここは、なかなかの眺めです。

 道の駅で、おそ昼におしぼりうどん。
この辺りで採れる、ねずみ大根のしぼり汁に信州みそを入れて、釜揚げうどんをつけて食べるの。
これが、辛いんだよ~。

Img_0499_20200119205101
美味しいから、2本で150円のねずみ大根と、1キロ310円の信州みそと、上田うどんをお買い上げ~。
お土産値段じゃないでしょ。良心的よね。

Img_0533_20200119205201
 なんでねずみ大根かは、写真を撮ったからね("⌒∇⌒")

 以上が、今年の干支、ネズミ関連の数少ない場所探訪でした。

« 吾妻山 | トップページ | 五湖山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吾妻山 | トップページ | 五湖山 »