« 五湖山 | トップページ | 大川入山 »

2020年1月24日 (金)

奄美大島ネイチャーウォーキングと カヌーと ナイトツアーと 湯湾岳登山

夫から家庭内メールで
「4万で奄美大島へ行けます」って。
「はぁ?(。。?)奄美で何を?」
「去年のクルーズの時台風で行けなくなった函館の、カヌーのリベンジ」
だそうで、そう言えば、一昨年のクルーズの弟子屈でも、雨でカヌーができなかったっけ。
2回も振られちゃ、リベンジしたくなりますね~。
それならまぁ、ご一緒しましょうかね。

 4万で、航空券とレンタカー、カヌーと野生生物探索ウォーキングが付いているようです。
最近は、乗り物の空いて居る期間に、新幹線とホテルとか、飛行機とレンタカーとか、抱き合わせでお安いツアーが色々出てますね。

 早めに羽田空港ヘ行って~
夫と飛行機に乗る、一番のメリット。
夫は出張が多いので、プレミアム会員なの。
で、同行者1名まで、空港のラウンジに入れるの。各種ジュースに牛乳、コーヒー、ビールやウイスキーに、お菓子も置いてあるの。
ゆったりと、ラウンジで朝ご飯。
 夫が新聞を読んでいる間、私は趣味人のリコメ("⌒∇⌒") 昨日の五湖山からの富士山は、なかなかのものでした~。今日はどうかな。

 お山の翌日にお出かけだと、いつもは留守宅の食事の準備や片付けで、寝るのが遅くなっちゃうんだけど~ 夫と出かける場合は、そこは楽(´ー`) v

 12時20分発の、一日1便の飛行機
羽田は暗かったけど、富士山!

Img_0621

 南アルプスに

Img_0628_20200124220201

北アルプス!
Img_0623
 で、奄美の空港2時50分着 下泊まるホテルが見える

Img_0646_20200124220201

 意外に時間がかかるんだね。奄美大島って。
奄美大島は、佐渡の次に大きな、東京都23区が入っちゃうくらいの島。

 飛行機を下りたら(;´o`)ひぃ~ 
めっちゃ暑いやないけ~。22度!(^o^;
長袖の下に半袖を着ていたから、夫がレンタカーを借りている間に、長袖を脱いで半袖1枚になる。

 今日は、夫の付き合いで、田中一村記念館へ。奄美の自然を描いた、日本画家です。奄美の自然に魅せられたこの画家さん、緑がとってもきれいなんだよね~。
 
 夫は、美術館が好き。で、私はたまに誘われるんだけど・・・どうも、美術館のトロトロ歩きが苦手。虚弱体質なものだから~疲れちゃうんだよ~(;>_<;)

 いったん島北部のホテルへ入って、お着替えして夕食へ。
 せっかくだから、奄美の家庭料理が頂けるお店に入りました。奄美は、薄味で、材料がとっても大きいままの、ダイナミックなお料理なのね。それと、お刺身を酢味噌で頂く。これも美味しいです。

Img_0658_20200124220201
 ただ・・・夫と外食は、いつまでも飲んでいるので、待つのがちょっと退屈です~(;´o`)

 1月23日
今日は、忙しいんだよ。
午前・午後・夜と、集合場所が違うツアーに申し込んであるの。

 朝食バイキングに鶏飯セットもあって、それと、みき って言う、お米と芋と砂糖で作る発酵食品の飲み物が、甘くておいしいです。
 
 まず、田中一村終焉の家に寄ってから、金作原生林探勝ツアーこの時期でも、虫よけ必須です。夏場にお山へ持って行く、ハッカスプレーを持参。

 みなさん、ショルダーバックとかでご参加ですが・・・どれだけ短い時間でも、雨具と水と、レスキューセットなしでは歩けない、心配性な私(^。^;)
 腕と首にハッカスプレーをしていたら・・・
「あら、何の香り?いい匂いね」
って観光客が~
(ー_ー;)ごめんなさい。犯人は私です。 

 奄美の動植物を色々教わりました。
屋久島や石垣島で見た以来の草木が、多かったですね。
 
 私が、マルハチ!って言ったらは「それは小笠原の呼び名ね。これはヒカゲヘゴで、こちらが普通のヘゴ」って。マルハチとヒカゲヘゴは、イコールなのね。
Img_0708_20200124220201
 カクチョウランのつぼみ

Img_0692

カゴメラン

Img_0721_20200124220201

キジョランの種みたいなの

Img_0724

ガイドさんに「このキジョランの種みたいなのは何ですか?」

って聞いたら、メモしてました。嫌な客?(?+_+)

 

ツアーは12時半に解散
あかべえって言うラーメン店のしろべえを食べて、

Img_0731_20200124220601

13時半に別の場所でカヌーツーリング。

 数年前、羊蹄山に行った翌日、尻別川でダッキーって言う小さなゴムボートでの川下りをした。その時、ツアー会社が撮ってくれた写真を後で見て、びっくり。濁流とか、浅瀬とか、私が必死で漕いでるのに、夫は私の後で ほ~って顔で見てるんだよ。
漕いでなかったの?(;-・。・-;)

 なので今回は、ツアーの係の方に聞かれて
「一人ずつがいいです」
って、言っちゃった~("⌒∇⌒")
夫は一瞬「(・_・;)エ?」って顔して、でも何も言わなかったよ。ご自分で、漕いでみてくださいね~。

 オールの使い方などレクチャーされて、マングローブの林へ。私たち夫婦のほか、若いカップルと、若いお兄ちゃん二人。
 あらら、大丈夫かしら( ̄▽ ̄;)

 しばらく広い川を下って、たぶんメンバーの運動神経とかを見たんでしょう。
Img_0734
しばらく下ってから、細くて浅い川を遡る。これは流れが早くて、川幅が狭くて、下手するとマングローブの泥に、突っ込んじゃう(>_<)
人のカヌーにぶつかったり、みんなてんやわんや! 

オヒルギとメヒルギの違いや、花を撮ったり、

Img_0758_20200124220701

一番の浅瀬でお茶を飲んだり。
Img_0750_20200124220701
 また太い川へ出たり、マングローブのジャングル迷路を下ったり。遡ったり~

 気温はどんどん上がって、Tシャツに短パンでも暑いくらい。他の長袖の人たちが、暑い暑いってフウフウ言ってました。

 ガイドさんに「奥さんお上手ですね」って褒められちゃったよ(*^_^*)v
羊蹄山の尻別川仕込みです("⌒∇⌒") キャハハ

これは楽しかったです。
16時解散で、18時半から奄美の森ナイトツアー。

泊まるホテルは、車で1時間。なので、コンビニで軽く腹ごしらえ。
滝を見て、ドライブして集合場所へ。
Img_0778
 奄美の森を、ガイドさんのジープで回るんだけど、お目当てはアマミノクロウサギ。
 林道ダートに入ると、いきなり「これがアマミノクロウサギの糞です」って。鹿より細かい糞が道の真ん中に。縄張りを示しているんだって。

しばらくしたら、トゲネズミがシダの中に入っていく。

 次に、きれいな緑のアマミイシカワガエル!

Img_0796_20200124220701
蛙マニアさんが、ジープ貸しきりで、これだけを見に来るって言う、超レアな蛙だそうです。
密猟者が見つかると300万もしくは禁固何か月とか言ってました。植物の盗掘も、そのくらいして欲しいですね。
 
 蛇ににらまれた蛙、の言葉通り、ライトを当ててもジーっと動かないから、図鑑みたいな写真が撮れました!

ガイドさんが『面白いものが見れますよ』って! 何と、アマミアオガエルの背中にアマミノアカガエルが乗っているの!
『何を間違えたんでしょうね』って。
雄は雌の背中にのって、脇の下を抱き締めて、産卵を促すんだけど・・・この二種間では受精しないそうです~( ̄▽ ̄;) 
Img_0805
 「いた!そこ」
のんびり出てきたアマミノクロウサギ!

Img_0802
目が赤く光って、耳が小さくてかわいい。
何匹も見られました。

 道を横切るリュウキュウイノシシやヤンバルクイナも! ナイトツアーならではの生き物三昧で、シメはヒメハブ 一番人が死ぬやつだそうです。
Img_0814_20200124221001
 色んな夜行性の動物を見ていたら、星が!
ガタボコダートのどん詰まりまで行って、夜空を見上げる。
 天の川が白く流れのように見えて、どれがオリオンかも分からないほどの、満点の星!
 これは、流れ星を見た一昨年の北アルプスの夜より素晴らしいわ。

『この雨季の1月に、こんな星が見えることは、滅多りありません、これはすごいなぁ~』
って、ガイドさんが感動していました。

 日本で一番、降雨量が多いのが屋久島。
日本で一番、晴れの日が少ないのが奄美大島。なんですって。

 6時半から9時半まで、じっくり実りあるナイトツアーでした。

 今夜泊まるホテルまで、一時間。途中でお買い物をして、チェックインが11 時。こんなハードな旅、なかなかないですよね~( ̄▽ ̄;) 
 急いでシャワーして、さっと軽食を食べたら、もう12時半でしたよ。


 1月25日
せっかく、サンゴ礁の海に面した素敵なリゾートホテルなのに~ 夜中の11時に着いて、朝7時半に出るのは、もったいないなぁ。

Img_0832_20200124221101
 今日は、島の車道と林道を2時間ほど走って、登山口へ行く予定。
なかなかナビが大変(;-_-) =3 間違えて、夫が不機嫌にならないように、あらかじめ、登山口に一番近いキャンプ場の電話番号を、調べておいたの。そのあとの林道分岐点は4箇所。これも地形図でチェック済み。でも、ちゃんと案内が出ていました! 

途中の展望台からサンゴ礁がきれい

Img_0847

登山口

Img_0852

 落ちている木の枝を、叩きながら登山。なんでか~
 昨日のナイトツアーのイントラさんに、湯湾岳に登るなら、明日も暑いからハブに気を付けて って、この方法を教わりました。
 生き物大好きPちゃんなら、ハブにでも会いたいって言うのかな?

わぁお!
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
サクラツツジが咲いています!

Img_0876
さすが、奄美~。
 
 湯湾岳登山口から階段を登り始めると、前から杖の音と鈴の音。
お榊をかかえた、おばぁとおじい。

 私たちを見て、「お参りご苦労様」って言って、そのあと・・・なんて言ったか~ヒヤリングできない【><。】
まぁ、たぶん、先に行けって、譲って頂いた。

 そして、いかにも神様がおわします風情の広場へ出た。
石のお社もあります。

Img_0873_20200124222001

 そこから5分ほどで 途中、ちょっとぬかるんだところもあって、
奄美大島最高峰 湯湾岳(694,4m)

Img_0859_20200124221101
一等三角点 点名『湯湾岳』

Img_0861
タッチ \(^o^)/
山頂は、樹林の中の奥座敷って感じでした。

 神社に、さきほどのおじいとおばぁ
「どこから来ましたか」
「横浜です」
「あ~、それは、遠いところからよくお参りくださった」
ってな感じの会話。
・・・何だか後ろめたいような?
(=^^ゞ ポリポリ

Img_0868_20200124222101
 湯湾岳の神社広場に、昔は黄色いエビネがいっぱい咲いていたのに、めっきりなくなったこととか、色々話してくれた。
神社の中に入ってお祈りして、お榊をお供えしていました。
一緒に、しっかりお参りしてきました。

 帰りのナビも、なかなか難しく~
「やれやれ」とか
「疲れた」という夫に
運転してくれなきゃ、あなたといるメリットないっしょ。
という心の声は漏らさずに~
ねぎらいの言葉をかけ("⌒∇⌒")

 途中の名瀬の街で、鶏飯と鳥のお刺身を食べて、これは大変美味しゅうございました。

 で、奄美空港に2時半に着きました。
さてさて、お姉さま方に、何をお土産に買おう。前にお姉さまに貰った、インスタントの鶏飯は美味しかったな。

 こういうのを見ていると、時間ってあっという間よね~。

 15時45分の飛行機で羽田へ。
帰りの飛行機からは、夕焼けの富士山が見えました。
Img_0913
 火曜会の翌日出かけたから、
それに、スケジュールを盛りだくさんのぎっしりにしちゃったから、忙しなかったけど~
とっても2泊3日と思えないほど充実して、楽しかったわ~(*^_^*)

 前から行きたかった、湯湾岳にも登れて、最高でした\(●⌒∇⌒●)/

 長い日記を最後まで読んでくださって、ありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ

« 五湖山 | トップページ | 大川入山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五湖山 | トップページ | 大川入山 »