« 奄美大島ネイチャーウォーキングと カヌーと ナイトツアーと 湯湾岳登山 | トップページ | 貴船山と下鴨神社 比叡山から花園橋 »

2020年1月26日 (日)

大川入山

 白い羊に会いたくて、ちょっと遠いお山へ。
でも・・・
晴れて暖かくても、雪が降っていても。羊さんには、会えないのよね~。

 始発電車で集合場所へ。
アクセスが遠いので、いつものように、行きの車で朝食食べて編み物。
高速は、時々雪が舞ってる。
でも、凍結するような気温じゃない。

 飯田を過ぎて、夜空がきれいなので有名な、下伊那郡阿智村の治部坂スキー場から歩き出し。
しっかり雪が降っているから、オーバーズボンとスパッツ付けて。

 少し車道を登って登山口へ。

Img_0938
石ゴロゴロの歩きにくい道のあと、根っ子が浮いた歩きにくい道へ。
Img_0941
 途中、薄く積もった新雪の下に、透き通ったアイスバーンが見えるツルツルの急斜面。
アイゼンをつけるかどうか迷う。
でも、登りはできれば登っちゃいたい。
でないと、早く登って早く帰れないもの~。
で、木につかまって、笹の中を踏んで登ると、横岳(1574m)
眺めのない樹林の山頂です。

 (^o^; あれ? 林に熊棚がある。
奥多摩の熊さんは冬眠しないけど・・・
この辺りの熊さんは、どうなんでしょうね。
お腹が空いて出て来ても、何も上げないよ~。

 でも、熊注意看板はなかったね。
雪の上には、たくさんのホンドリスの足跡。

Img_0940_20200126192101
リスって・・・群れて歩くの?

それとも、ここがリス銀座?("⌒∇⌒") キャハハ

 小さなアップダウンを、何度も繰り返す。
途中にあるはずの四等三角点 もみじ平は、白杭もないし、探っても全く見つかりませんでした【><。】 

 グーッと下って、また下るところもあって、ここは、帰りの登り返しが大変かもね。

 羊さんに会いたかったけど、辺りはガスって真っ白で、望むべくもない。
でも、雪予報だったけど、雪はすぐに止んで、風もないから暑くも寒くもない、ベストコンディション。
阻止て、降りたての雪は気持ちがいいね(* ̄∇ ̄*)

 笹っぱらが見えて来たけど、相変わらず辺りは白い。

Img_0954_20200126192101
白い羊さんは、あの辺かなぁ、って話しながら登っているうちに、山頂に着いちった('o'=) 

 白い羊さんってね、誰が言い出したのか、緑の笹に樹氷の木々が、羊の放牧に見えるんですよね~。
でも、条件が難しい。
前の日に雨か雪、気温がそこそこ低い日。
でも、全体に積雪だと、ただの白銀の世界。
そして今日みたいに辺りが真っ白で見えない時も、もちろんお会いできません。
気になったら、『大川入山、白い羊』で検索してみて~(´ー`)ノ 

 山頂には山座同定板があって、白根三山に塩見、荒川・赤石・聖・光って書いてある。
遠州灘や中央アルプスや奥三河の山も見えるらしいよ。

Img_0959

 大川入山1908.3m。

Img_0955
二等三角点 点名『大川入』タッチ

Img_0957
風がないのが幸い、山頂でパンをかじって甘酒飲んで。
アイゼン付けて、下山します。

 朝のうち、雪が降っていたから、今日は人が来ない静かな山かと思ったら・・・
下山途中、次々結構人が登って来る。
雪が止んでから、登り始めてのかな?

 気温が上がって来て、木に積もった雪がぼたぼたと冷たい(/_;)
ので、私は登りで脱いだ雨具を来たけど・・・
山友たちは面倒なのか、そのまま駆け下りて、キャッとか、冷たい!とか言ってました。

しっかり5時間、標高差1000mの雪山を、堪能しました(=●^0^●=)v

駐車場の前のお店で、十割そば

Img_0990
 飯田近くの湯元久米川温泉に寄ったら、PH10,1のぬるっとしたとってもいいお湯でした。
スキー客など、日帰り客で繁盛していました。

 帰りの中央高速から、行きには見られなかった木曽駒 千畳敷ヒュッテが見えてます

Img_1023

南アルプス、八ヶ岳や御坂の山を堪能。

火曜日に行った五湖山も見えてました。

Img_1053_20200126192401

 明日から明後日未明にかけて雪予報?(^o^; ほえ~
火曜会はお泊りよ。
交通網が乱れませんように!!!

« 奄美大島ネイチャーウォーキングと カヌーと ナイトツアーと 湯湾岳登山 | トップページ | 貴船山と下鴨神社 比叡山から花園橋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奄美大島ネイチャーウォーキングと カヌーと ナイトツアーと 湯湾岳登山 | トップページ | 貴船山と下鴨神社 比叡山から花園橋 »