« 大川入山 | トップページ | 中高の同級生と新年会 »

2020年1月29日 (水)

貴船山と下鴨神社 比叡山から花園橋


Pちゃんのお誕生日、どこがいい?
Pちゃんは以前『誕生日が、なんで2月なんだろう』って、ぼやいてたっけ。
だって、2月って、高いお山は行けないじゃない。

 去年の京都が楽しかったって、ちい姉さまがとってもお悦び。
「今年も京都にしましょう~」だって。
ちい姉さまのお誕生山行じゃ、ないですよ~("⌒∇⌒")
ネットで、新幹線とお宿がセットで、往復の新幹線代よりお安いのがあるの。
それをPちゃんが取ってくれた。

 ホテルは去年と同じ、駅前の都ホテル。
じゃ、お泊り荷物を預かってもらえるね~。

 去年は、伏見稲荷の3峰と、大文字山、それに北山のお寺へ行った。
一昨年の台風の影響で、京都の山々は、木々が将棋倒しで、すごいことになっていましたっけ。

 今年はまず、出がけに雪予報で、交通網が乱れないかと心配。
新幹線の指定席で、皆さんが乗っているところへ、私が新横浜から合流。
2時間で京都へ行けちゃうって、すごいよね~。
朝の8時過ぎには、ホテルへお泊り荷物を預けて、出発。

 今年は、まず東福寺で乗り換えて、出町柳で叡山鉄道鞍馬線へ。
これ、初めて乗ります。
勝手の分からない街の、細かい電車の乗り換えは、めっちゃ緊張します(;>_<;)
二ノ瀬で下りて、小雨の中を夜泣き峠へ。

 ここを通ると、夜な夜な赤子の鳴き声が・・・
的なお話が、あるのかと思って調べたんだ("⌒∇⌒")

 この峠、平安時代の文徳天皇の皇子惟喬(これたか)親王に由来するの。
第一皇子なんだけど、時の権力者の娘の産んだ腹違いの弟がいるの。
親王は、幼い頃にこの峠を通った時、ここで夜泣きしたんですって。
傍にいた乳母が、峠のお地蔵さまに、御子の夜泣きがおさまりますように。ってお願いした。
そこに生えていた松の木の樹皮をとって親王の枕の下に入れると、ぴたりと夜泣きがおさまったんだって。
京都では、赤ん坊の夜泣きに困っていると聞くと「松の木の樹皮を枕の下に入れるといい」
って、今でもお年寄りが言うそうです。

 結局、腹違いの弟が天皇になって、洛北の里山を転々と生活することになった悲運の皇子です。
まぁ、有能だと、謀反の疑いとかでっち上げて殺される なんてことがザラにあった時代だからね。
生き延びられてよかったですね~。

 ( °o°;)あ~、話しが長くなっちゃった。

 夜泣き峠までは結構な急登りだけど、峠からは尾根歩き。
ゆるゆると登ります。
風が強くて、風上の空が真っ暗!
二ノ瀬ユリとの分岐で、早いけどお昼にしちゃいます。
女の子の名前みたいでしょ。
ユリ、って、巻き道のことなんだって。

 今日は各自お弁当なんだけど、奄美のお土産を持って来た。
それと、ささやかなハッピバースデイ!
Pちゃん、おめでとう( ´ ▽` )ノ

 ここから林道みたいに広い道を行くと・・・
倒木がたくさん! 潜ったり登ったり。

Img_1087

 地図で見ていて、貴船山三角点へは、一度尾根を乗り換えるから、分かりにくいのかな?
って心配していたけど、ちゃんと案内がありました。
でも、樋ノ水峠が分からない(/_;)
峠っぽい地形に倒木がわんさか!
そのままお山を下りたら、去年行った幽霊寺の志明院の方へ抜けられるんだよ。
今日は、峠から東へほんの5分。
標高差20mほどで 貴船山(699,4m)
二等三角点 点名『二ノ瀬』

Img_1078

 お名前は知ってたけど・・・
眺望のない、地味な山頂でしたね~。

Img_1079_20200129194701
普通は貴船山って言うと、貴船神社の方をさしますよね。

 帰りは、分岐から、二ノ瀬ユリで戻ります。
なかなか幅の広い、いい道で・・・飽きました。

出町柳までの叡山鉄道は、展望列車でおしゃれでした。

  Img_1095
ここから歩いて、下鴨神社へ寄る。

 神武天皇の御代に比叡山西麓の御蔭山に賀茂建角身命が降臨したのが起源だそうで~
社伝に書かれているんだって。
それに、紀元前90年(崇神天皇7年)に瑞垣の修造の記録があるって言うから、どれだけ古いんだ~(;-・。・-;)
でも、それって・・・
卑弥呼より昔よね。
文字・・・あったのかな。
後世のでっち上げ?

 葵公園から、まっすぐ15分。

あら、ラグビー神社?

Img_1105_20200129194801
境内の奥にある東本殿は国宝です。
舞殿は、かつて御所が被災した際、臨時の内侍所・賢所に使われたこともあるんですって。

Img_1109

細殿・橋殿・大炊殿とか、重文だらけです。

Img_1119_20200129194801

 アーケードへ出て、粟餅を買って、鴨川でおやつ。

Img_1126
80才と83才のお姉さまも、軽快に飛び石を飛んで、

Img_1138

出町柳駅前から、バスで京都へ。
ホテルに5時前に帰着。

 今夜のお部屋は、ツインとトリプルがドアでつながってるの!
これは、とっても便利でした。

 こざっぱりして、ホテル向いの飲食店街へ。
お夕食は、京のおばんざい いち藤さんへ。
生麩に天ぷら、野菜のたいたん。

Img_1139
はんなりと、美味しゅうございました(^ー^* )

 雨予報だったのに、ほとんど雨に降られずに歩けて、なんてラッキー!(*^_^*)v


 1月29日
今日はね、ホテルの前にタクシーを呼んじゃいました。
比叡山へ行くんだけど、電車を乗り換えて、ロープウェーとケーブルカーを乗り継いでいくと、結構な交通費。
それくらいなら、5人乗りタクシーなら、返ってお安い!。
比叡山山頂の、大駐車場で下ろしてもらうと、1人2千円くらい。

 一昨年の秋に、姑を温泉に連れて行った時、ここへ来ました。
姑に眺望を楽しんでもらっているうちに、急いで山頂へ駆けあがりました。

 今回は、霧雨の中を、雨具を着て歩きだす。

Img_1143
はい、一等三角点(848,1m)タッチ。

Img_1144
今日は、登山じゃなくて、下山です("⌒∇⌒")

 まず、電波中継所から砂利道をガンガン下ると、延暦寺の一番上の東塔!
辺りはガスって真っ白。

Img_1153_20200129195201
でも、由緒あるお堂を上から見るのも、おつなものですね~(⌒‐⌒)
阿弥陀堂に大講堂、鐘楼など見て、あちこちお参りして、
根本中道は2016 年まで、修理中です。
比叡山会館で、梵字抹茶ラテを頂いて・・・

Img_1164_20200129195201
いるうちに、晴れて来た!\(^o^)/
琵琶湖大橋が光ってる~♪~

Img_1161_20200129195201

 よかった~。
お誕生日のPちゃん、琵琶湖はお初だそうです。

 旧スキー場?を通って、ケーブルカー駅を通って、

こちらも倒木だらけで、下りたら通行止めロープだったり

Img_1175_20200129195401

修学院へ出ると車道歩きが長いから、どこかで右に別れたい。
地元の方にすれ違ったら、もう下りるところだから って、みやけはちまん近くの花園橋バス停まで、案内してくださいました。
 こういう土地勘のないところは、お山を下りてからが分かりにくい。特に、曲がりくねってあまり人が歩いていない、静かな住宅地は迷うので、とっても助かりました。ありがとうございます。

私と同じ年のお兄さんにお礼を言って、チョコを渡して、

花園橋で、バスに飛び乗る。

 

 都ホテルでお泊りの荷物を受け取って~
一気にザックが重くなる。
預かってもらえるって、ありがたいですよね~。

 遅めのランチは~
去年美味しかったお寿司を食べたいけど~
時間が微妙~。迷ってうろついたら、お買い物の時間が少なくなっちゃう。
で、海鮮おばんざい膳とに

Img_1180

にしん蕎麦と蒸し寿司セット

Img_1181_20200129195601
火曜会のランチにしちゃとっても遅い1時半だったから、お腹ペコペコで~
がっついて頂きました。

 阿闍梨餅とかちりめん山椒とか、お土産を色々買って・・・

 天気予報に反して、ほとんど雨に降られずに、お山をしっかり歩けました。

楽しかったね~("⌒∇⌒")

静雄か辺りからの富士山きれいでした( ´ ▽` )ノ 

Img_1188

« 大川入山 | トップページ | 中高の同級生と新年会 »

コメント

今晩は!
ようこそお越し(^_-)-☆
新幹線が乱れる事なく到着されて、首尾よく貴船山の三角点へ登られましたね。
樋ノ水峠へは、二ノ瀬ユリから来られた道をそのまま真っ直ぐに、西へ2~3分下った所でした。
樋ノ水峠からそのまま西へ進めば牛若丸が歩いた判官坂への尾根だったのですが・・・
また、南東方向に下れば二ノ瀬ユリにも合流出来たんですよ。

山ちゃんさん
コメントありがとうございます。
>樋ノ水峠からそのまま西へ進めば牛若丸が歩いた判官坂への尾根だったのですが・・・
そうなんですね~。
雨が降りそうでしたので、急いで戻りました。
>また、南東方向に下れば二ノ瀬ユリにも合流出来たんですよ
多分、これで二ノ瀬ユリへ出たと思うんですが…違うのかな?
お聞きします。
六甲ロックガーデンのA懸垂へのゲートロックは通行止めと地図にあるんですが・・・
今でも通行止めのままでしょうか?

今晩は!
芦屋ロックガーデンの件ですが・・・
山ちゃんはロッククライミングはやりませんが、ロックガーデンは一昨年も一般道を登っています。
ゲートロックへは土砂崩れセンサーのロープが張ってあるだけで、潜っていけば登れる筈だと思います。

そうなんですか~('o'=)
情報、ありがとうございます(/・0・) 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大川入山 | トップページ | 中高の同級生と新年会 »