« 子檀嶺岳と ねずみ  | トップページ | 奄美大島ネイチャーウォーキングと カヌーと ナイトツアーと 湯湾岳登山 »

2020年1月21日 (火)

五湖山

お姉さま方が「去年は、火曜会で一度もアイゼンを使わなかったわねぇ」
って、残念そうに言っていた。
ので、アイゼンを使えるお山にしたいな って考えてた。
とは言え、80代のお姉さま方に、ラッセルを交代して頂くわけにもいかない。
それなりに負荷がかかるから、アイゼンを付けて歩く時間も1~2時間くらいがいいな。
だから、積雪少なめの、距離は短め。

 毎年年末に、お姉さま方に、翌年行きたい日帰りの山をお聞きする。
未踏の日帰りの山で、五湖山へ行きたい とのご要望があった。
('o'=) あ!
1月中旬の五湖山なら、積雪があるかも。

 金曜日から土曜日に雪予報が出た。
箱根や丹沢は、白くなったよ。
さて、火曜日まで、雪は残っているかなぁ。

 河口湖駅で、バスへ乗り換え時間10分。 
相変わらず、海外からの観光客で一杯。
乗り場には、日本語中国語英語がペラペラな、有能なコンシェルジュがいて、ご案内しています。
暖房きき過ぎのバスで精進まで40分。
歩き出しは10時回っちゃいます。

 旧中道往還って、甲府への流通の道をたどります。
昔は、どこへ行くにも歩いて峠を越えたんだものねぇ。
精進湖を背中に、車道を20分ほど歩く。
やっと山道に入った辺りで、チェーンアイゼンをぶら下げた女性が下りて来る。
(・_・;)エ? まだ10時半。
「お早いですね~」
って言ったけど、無言でペコリ。
なんだろう?どこまで行ってきたんだろう?
今日お山で会ったのは、この女性一人だけでした。

 ジグザグに登ると、雪が乗って滑りそうな木橋が数回。

Img_0542_20200121183901  
ちょっと緊張。
雪が増えてきて、日当たり具合で、雪面と土斜面が交互。
で女坂峠へ。
Img_0544_20200121183901
 昔 妊婦さんが道中で出産しちゃったんだって。
産後、母子ともに亡くなって、この峠に埋葬されたそうな。
供養のために、子を抱いた女の石地蔵を建てた。
それからここが、女坂峠と呼ばれるようになったんだって。

 昔は出産で、感染症で無くなる例が、多かったからね~。
それに、前置胎盤や逆子、胞衣巻き(へその緒が首に巻きつくこと)での死亡例も多かった。
今は、超音波診断で予め分かって、対処するから、出産での死亡率がとっても減りました。
いったいどんな事情で、臨月のお腹でこの峠を越ようとしたんでしょう。
峠の石仏に・・・合掌。

 ここから北へ降りると、甲府へ抜けられるの。
今は、車だと、精進ブルーラインってトンネルで、チャチャっと甲府へ行けちゃうのよ。

 峠から、西へ行くと三方分山。
こちらは火曜会で歩いています。
今回は、東の王岳方向へ。

 の前に~
向かう尾根は、しっかり雪が見えてるから、ここでランチにしちゃいましょう。
しっかり積もった雪なら、踏み固めてランチできるけど、薄い雪は座ると溶けて厄介だもの。

 とは言え、峠は北側から吹きすさぶ冷たい風が当たる。
女坂峠から20mほど戻った日だまりでランチ。

Img_0547_20200121183901
往時は流通でにぎわったんでしょうけど、通る人はいません。

 さて、スパッツとアイゼンを付けて、王岳方向へ登っていくと・・・
一気に雪が増えて~
Img_0549_20200121183901
 ( ° ° ; ) あ!
さっきの女性は、ここまで来たんだ。
アイゼンの跡が雪原にあって、峠から10mほどで戻ってました。1人だから、この雪で不安になったんでしょう。雪って、道が見えないから、何度か来ていたとしても不安よね~。
 そこから先は、人間の足跡はありません。

 時々来る、なかなかの急斜面は、お姉さま方が歩きやすいように、土をどかし気味にけり込んで登る。
 その先の、岩っぽい小さなピークは・・・

 うわぁお~ 
\(●⌒∇⌒●)/
富士の樹海と、精進湖と、遮るものがない真っ白な富士山!
よかったぁ。お姉さまにこれが見てもらえて。

Img_0573
富士の右裾の向こうに、駿河の海も見えてます。
Img_0572
 この岩ピークからの下りは、アイゼンを付けているからなかなか難儀してましたね~。
数回岩ピークを登って、そのたびに眺望を堪能。
三方分山の陰から、少しずつ白根三山が見えてくるのも、なかなか感動的!(*^_^*)v
Img_0565_20200121184001
 「山頂は樹林で、眺めがないからね~
ここでしっかり、見て行きましょうね」

八ヶ岳も金峰も雲取も見えてました。

Img_0567_20200121184001
 
 最初の大きなピークが、五湖山(1339,8m)
途中までご一緒だったカモシカさんと鹿さんの足跡もなくなって、全くのバージンロード。
「ここが初めての人~?」
って聞いたら、珍しく全員でした。
ので、私はよけて、まっさらの雪面の上を、おねえさまがたに足跡を付けてもらいました。
Img_0562_20200121183901
 ここから、昔は富士五湖が見えたようです。
それで、このお名前。
今は、木が伸びちゃって、何にも見えまへ~ん。

 さて、ではゆっくりと戻りましょう。
下りの急降下は、なかなか気を使う。
特に片側切れ落ちて、岩っぽいところは、チェーンアイゼンの人は、アイゼン団子を落として通過してもらいます。

Img_0568_20200121184001

チェーンアイゼンって、気温が高いと、すぐにアイゼン団子ができちゃうから、やっかいよね。

 峠のちょっと下でアイゼンを外す。

 バスの20分前に下山!
せっかくなので、精進の大杉を見て、神社もなかなか立派です。

Img_0580

 バスに乗って河口湖へ。
河口湖駅で、間に合わないと思っていた15時5分発の富士回廊に、飛び乗れた!
JR乗り入れの特急で、大月でかいじと連結するの。
この15分あとの電車だと、帰宅が1時間以上違うんだよ。

それだとちょうど今頃帰宅な感じ。
お夕飯の支度、ぎりぎりになっちゃうし・・・
明日もお出かけだから、帰宅が遅いと辛いのよね~

 河口湖駅は、相変わらず海外からの観光客でごった返しています。
高速バス組は、切符を買う長い列に並んでいました。
冬でもこんな賑わいで・・・
オリンピック期間中は、御坂のお山は、ちょっと敬遠した方がよさそうですね~。

 今日は、お姉さま方のご要望の、アイゼンで雪山歩きができました(*^_^*)v

 雪が融けずに残っていてくれて、お天気に感謝です。

« 子檀嶺岳と ねずみ  | トップページ | 奄美大島ネイチャーウォーキングと カヌーと ナイトツアーと 湯湾岳登山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 子檀嶺岳と ねずみ  | トップページ | 奄美大島ネイチャーウォーキングと カヌーと ナイトツアーと 湯湾岳登山 »