« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

小鹿野アルプス 城峰山 丸神の滝

 2月8日 長瀞アルプスと皆野アルプスへ行った。
じゃ、久しぶりに、小鹿野アルプスに行きましょうか。
22日に、夫と四阿屋山と長瀞へ来たし、なんだか最近、この辺りが多いな。

 集合場所までの電車は、マスクと手袋着用で、細心の注意。
車に乗ったら、それぞれアルコール除菌。
(;-_-) =3  ふぅ~

 前回は、法性寺から歩いたから、今日は民宿長若山荘前に車を停めて・・・
「車を停めさせて頂いていいでしょうか?料金は?」
って聞いたら、「いいですよ~行ってらっしゃい」ですって。ありがたいわ。

Img_1203_20200229220101

ご満足いただけないって・・・こんなこととか?

Img_1206_20200229220201

それは、満足とは関係ない。

充分面白くて満足できましたよ。

これが一峰

Img_1207
 釜の沢5峰は、岩々でなかなか面白い。
踏み跡が縦横無尽で、どれが本ルートか判断しにくいところもある。

三峰からの下り

Img_1212

5つのアップダウンを繰り返して、法性寺から尾根直登バリルートとの出会いへ。
その崎が布沢峠。

 中ノ沢分岐までも、いくつもアップダウンがあって、
モミの巨木が素敵!
Img_1230
 竜神山(538,6m)
で、軽めのランチ。
Img_1231
 いくつかの小ピークを越えて、兎岩へ。
ここへ来たのは、もう10年位前になるけど、全員、ここだけは覚えていた。
ツルンとした岩の片側が切れ落ちていて、その岩尾根に、両側に鎖の手すりが付いているの。
これがないと、かなり怖い場所です。

Img_1243

 キャンプ場へ降りて、林道をテクテク車に戻る。
土曜日なのに、みんな自粛しているのか、誰にも会わなかった。

 車で北へ移動して、十峯さんキャンプ場へ。

カエデ科の木に、白いポリタンクが吊るされている。

何を作るのかな?

Img_1250

 

城峰神社から城峰山(1037,7m)一等角点峰です。

Img_1258
こちらは、山頂に。何組かのグループがいる。

 そして展望台からは、武甲山、雲取、和名倉、両神の奥の方には八ヶ岳! 御荷鉾山の後ろに浅間山 皇海山までうっすら見えて、すごい眺めです!

Img_1269

 下山しても、まだやっとお昼過ぎ。

 埼玉で唯一、日本の滝百選に選ばれた、丸神の滝に行ったことがないので、また車で移動。
武甲山の登山口へ行く時にあるような、すっごいセメント工場がありました。
Img_1202_20200229221401
 その奥に、落差76m 3段になった、丸神の滝があります。
看板に、車道から徒歩20分って書いてある。
私たちなら15分? 
昔の分校跡が、キャンプ場の宿舎のようになっていました。
 そしてそこも、もう廃墟な感じ(;´o`)

 で、標高差150mほど登ると、滝つぼ付近へ到着。
 観漠場所って感じのベンチのある広場からは、一番下の長い滝しか見えない。

 振り向いた後ろの斜面に、ジグザグに道が付いていて、どなたかお二人登っている。
 じゃ、上まで登ってみようか~。
滝の向かいの尾根に登ると、三段の滝の全貌が見ました。

Img_1195

 日本の滝百選だし、迫力のある滝なのに・・・
 あんまり人が来そうもないね。あまりに遠いから? 両神山の有料の登山道、白井差ルートの手前にあります。

 ランチが早かったから、お腹が空いたね~。

 道の駅みなので、うどんとミニ天丼のセットを頂いて、そこそこ人がいて、何となく安心しました。
Img_1293
 まるで人が動かなくなったら・・・
お店やさん、みんな倒産しちゃいますね。

 これから、小学校低学年の子供を持つ、働くママ・パパは、どうするんだろう?

 れーちゃんは、子守に駆り出されて、来週のお誕生会はお流れです~【T_T】

2020年2月27日 (木)

仙台観光と松川温泉

 ダイヤモンドクルースを諦め・・・
台湾旅行を諦め・・・
では、どこへ行きましょう。

 ダイヤモンドクルーズでの、14日間隔離で思うこと。
夫は持病がある。痛風はまだいいとして・・・
もし、3日薬がないと・・・
ある朝、冷たくなっていたりするかも。
乗っていなくて、命拾いしましたねぇ。

 さて、そんな、いわゆる贅沢病な夫のご要望は、
「グランクラスに乗らないか?」でした(;´o`)
しかも、グランクラスに乗るのは長めで、酔っ払っても支障がない、帰路にグランクラスがいい。
だそうで、泊りは、どこでもいいんだって。

 ほんの数日前にもかかわらず、みどりの窓口へ行ったら、帰りの指定席券も取れちゃった。

 秘湯の宿で・・・
私が好きな、白濁の湯で・・・
色々調べていたら、岩手復興割り って言うのがあった。
台風19号の被害があった地域で、この復興割りで5000円安くなる。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
これにしよう。

 先日、マイフレさんが連れて行ってくれた小岩井農場から、岩手山が見えなかったから~
岩手山の眺めのリベンジ。

 岩手山の裾の秘湯の宿、松川温泉、峡雲荘
なんと!復興割りで、11000円のお部屋に6000円で泊まれるの。
復興割りは、あと6泊分だって!
そのうちの2人×2泊分を、使わせて頂きます。


 2月24日

 夫は、仙台の美術館に行きたいからと、行きは仙台で下車。
格安レンタカーを探して、まずは仙台美術館へ。
洲之内コレクションがいいんですって~。

 ここは震災1年後、復興支援で姑を連れて、来ましたっけ。
姑の車椅子を押して美術館を廻ると、人がどいてくれて、一番前で見られるので、ありがたいやら申し訳ないやらでした。

 絵画鑑賞は苦手だ・・・
特別展でアイヌ、美しき工芸展 をやっていて、これが素晴らしかった!
どうして、ここまで左右対称を追求したんだろう。
ボロボロになった、民族衣装は、朝顔プリントや菊のプリント生地をも細かくパッチワークして、
その模様の出方まで、左右対称に近くなるように、工夫している。
芸術家じゃない、アイヌのお母さんたちの、美的こだわりに、舌を巻きました!

Img_0990_20200227205101
 美術館の後、中尊寺へ。
観光地の名物に旨い物なし、って言うけど、義経割りこ蕎麦、結構いけました。

Img_0937

金色堂や覆堂、毛越庭園を見て、

Img_0992

松島で焼き牡蛎とずんだシェイク(^ー^* )

Img_0962_20200227205001
夫はレンタカーだから『飲めんなぁ~』と、残念そ。

Img_0972_20200227205101

 仙台へ戻って、夫がこだわった、飲み屋街の中のビジネスホテルにチェックイン。
繁華街をウロウロに付き合わされて、小一時間。
夫はこれが好きなんだよね(;-_-) =3
 やっと決まった、伊達藩長屋酒場、ってとこに入ったら、なかなか面白かった。

Img_0989

内装も古民家風で、シャベルで牡蛎の蒸し焼きとかも。
3時間近く飲んで、途中で飽きちゃったよ。

Img_0983

 私は早く帰って、のんびりお風呂に入りたよぉ~。


 2月25日
仙台から盛岡へ。

 今日のお宿へ行くバスまでに、3時間半。
昨日から『どうすんだ』とうるさい。
『何か行きたいところがあるなら、付き合いますよ』
って聞いたけど、特にないそうで・・・(;´o`)
天気がいいので、まず、駅ビル マリオン展望台へ。
岩手山や雫石、秋田駒など見て、盛岡城跡へ、徒歩15 分。
Img_1003_20200227205101
 途中、夫がお土産やさんにやけにひっかかる。
孫にどうだ って~( ̄▽ ̄;) 
自分の子供には、そんなにお土産って買わなかったのに、孫ってかわいいんだなあ。
頭から否定すると意地になるから
『かわいいですね~ あなたの荷物に入るならどうぞ』って言うと、買うのを止める。
こいつって…何でも私が持つと思っているんだな~( ̄▽ ̄;)

 広い城址公園に登って、ここからも岩手山がよく見えます。

Img_1006

公園の中にある、盛岡歴史文化館へ入ると、高山の山車みたいな巨大な山車が展示されていました。
北上川沿いをちょっと歩いて、啄木賢治青春館へ。

Img_1011
こちらは、古い建物事態も、とっても見応えがありました。

 駅へ戻りがてら、じゃじゃ麺でも食べようか、と思っていたら、
夫が、中華屋さんの前で足が止まる。
盛岡で・・・ラーメンですか?
冷麺とかじゃじゃ麺とかじゃなくて?
まぁ、私も嫌いじゃないので入ると、とにかくお腹が空いて居たんですって!
座るなり、ビールちょうだい。あとギョウーザとニラレバ。
へぇ~。飲みたいだけ?(;´o`)
野菜タンメン、美味しゅうございました。


 盛岡から、松川温泉へのバスは午後は2便のみ。
の、今回は遅い方で行きます。2時間近くかかります。さすが秘湯の宿!

 松川温泉は、このバスか、自家用車でしか行けない。
岩手山の北西の裾野にあります。
Img_1167
 台湾が中止になって、夫が「3泊はしようぜ」って言うので、
でも、日時が迫って、あれこれ調べる時間もないので、こちらに2泊にしたの。
お宿でスノーシューの貸し出しと、1200円でガイドもしてくれるって書いてあったから。

 滅多にない温泉に連泊。
お風呂は、緑がかった乳白色で、すっごく効き目がありそうです~♪~
しかも、バックは雪山。
ロケーションは最高です~。

Img_1124_20200227205601

でも、混浴も誰もいないの。なぜって・・・

Img_1129_20200227205601

裸足で雪の中を歩くのは初体験でした。

 お夕食は、岩魚とイトウ(幻の魚)のお刺身、鍋に山菜に煮物に茶碗蒸し。
東北にしちゃ、甘み控えめで美味しい味付けでした。
Img_1039

 2月26日
夫はクルーズの時、たくさん本を持って行く。
今回も、色々本を持って来たみたい。
私は・・・たくさんの毛糸を持って行く("⌒∇⌒")
窓の外の、雪景色を見ながらの編み物は、なかなか楽しいです。

 でも、体を動かしたくなって、お宿の前で、雪ダルマ制作。
(^、^*) エヘヘ 

サラサラで握れない雪で、スキーをしたら気持ちよさそうだな。

Img_1114

 一昨年、ブータンへ行こうとしていて、中止になったことがある。
その時、高峰温泉のスノーシューへ行ったら、夫が思いのほか楽しそうだった。
さて、こちらのお宿のスノーシューツアーはいかがかな?
 
 ガイドさんは同じくらいの年で、冬期閉鎖の八幡平への車道をスノーシューを履いて歩く。

Img_1047

アニマルトラッキングが色々~。

Img_1085
では、森に入ります。って、急斜面を登り出して、

Img_1064

こりゃなかなか大変。
沢の穴も開いていて、結構怖い。

Img_1070
『前に来たご夫婦の旦那さんがはしゃいで、私の足跡を歩いてって言うのに、沢に落ちたんですよ。引っ張り出すのが大変でしたよ』
なんて話すんだよ~。
夫は結構ビビってました("⌒∇⌒")

 ミズナラブナ、ウダイカンバ、オオカメノキ

Img_1052
よくご存じで、色々説明してくれる。
こう言う時に、私がしゃしゃり出ると、夫は不機嫌になるから、黙って聞いてます。
夫が『こいつは花が好きなんですよ』って言ったら、ガイドさんが
『私と歩くと、多いときは100 種類くらいの花をご案内できますよ』って、言ってました。
私も、尾瀬や秋田駒じゃ、100 種類くらいのお花を見つけるよ~。
って思ったけど、黙ってました("⌒∇⌒") キャハハ

 お宿へ戻って、イトウと紅鱒の漬け丼。

Img_1095_20200227205901
これで飲んで、夫はお昼寝~。
私は、露天風呂に入っては、一人でお散歩。
地熱発電所を見に行ったり、面白かった。

Img_1099_20200227205601

日本で最初の地熱発電所、だそうです。

Img_1101_20200227205601
 2月27日
ずっと降っていた雪が止んで、青空が出てきた。

Img_1141
お部屋から、裏山の樹氷がきれい!('◇'*)

Img_1152_20200227210001
長靴をお借りして、近くへお散歩~♪~

 さて、お宿から盛岡へのバスは、朝は1便 9時45分のみ。
タイヤチェーンをつけたバスって、久しぶりに乗りましたよ。
このバスを、途中で普通のタイヤのバスに乗り換えるの。
盛岡駅にお昼前に付いたから、今日こそじゃじゃ麺にしようかと思ったけど・・・
夫が海鮮丼に引っ張られた。
宮古海鮮丼、大変美味しゅうございました。

Img_1170

 新幹線ホームのキヨスクは無人 

Img_1172_20200227210001
自分でバーコードを読み取らせて、ガードで払う形式 
盛岡、進んでるぜ! 

 さて、今回のハイライト!
初めて乗ります、グランクラス。

Img_1175_20200227210101
フットレストもついて、ちょっと優雅な気分。
すぐにアテンダントさんが来て、おお飲み物は何になさいますか?
(ノ°ο°)ノ オオオオ

Img_1177
小さなお弁当とおつまみと、紅茶のケーキが付いてきます。
それに、スパークリングワインや日本酒、ビール、ウイスキー
コーヒーやジュースにハーブティなど飲み放題。
つい、コーヒー・ハーブティー・リンゴジュースと、色々頼んじゃいました。
車内はガラガラ。
Img_1181_20200227210001
 夫は、ガンガン飲んで寝ちゃった。
私は、景色を見ながら、せこせこ編みもの。

 コーヒーは、なかなか香りが高くて美味しかったです!

 フットレストを使って、リクライニングすると・・・
これなら、乗り物で不眠症な私でも、眠れるかも知れないなぁ。
乗り心地は最高です。
一人づつのライトもあって、もっと長く乗っていたかった~。
お値段の高さから考えると、恐らくもう、一生乗らないかな。

 まぁ、今回の旅行では、色々な体験ができました(^ー^* )

2020年2月23日 (日)

四阿屋山 長瀞

 今日は、神戸でダイヤモンドプリンセスを下りて、須磨アルプスを歩いていたはずなのよ~。
コロナさえ来なけりゃ!

 今年は、春のお花がめちゃくちゃ早くて・・・
来週、週末会で見る予定だったセツブンソウが、もたないかも(;>_<;)

 なので、予定を早めて見に行きます。
2月8日の宝登山では、まだつぼみだった福寿草。
たくさん咲いていました~\(^o^)/

Img_0872_20200223154001
 黄色の福寿草は、そこから熱を発しているかのように、暖かく感じられます。
ちなみに、ここの駐車場は、そこそこ車が入っていました。

 直ぐ上に東屋があって、そこから山道になります。
少し登ると、両神神社。

 2017年、火曜会でのお泊りの時、ここでマイフレさんと、ばったりお会いしましたっけ("⌒∇⌒")

 神社から先は、急に険しくなるんだよ。
鎖場も出てくるの。

Img_0881
例年なら、アイスバーンもある時期なのに、雪も氷もありません。

 ちょっと登れば、四阿屋山(771,6m)
山頂は狭いけど、両神山が目の前です。

Img_0883

 下山して、ちょっと移動。
スプリングエフェメラル、セツブンソウを見に~。

Img_0898_20200223154001
週末会で2016年、火曜会で2017年に、見に来ましたっけ。
でも、やっぱり見たいのよね~。
これほどの群生地は、他にないから!

Img_0887
蕊の青が、吸い込まれそうなのよ。

Img_0891
最盛期に来れました。
眼福 眼福~♪~

秩父紅の鉢物が売っていました。
 Img_0908

 ここまで来たついでに、長瀞に寄りましょう。
私の小学校4年くらいの理科の教科書に、ここと、秋芳洞が出ていたの。
で、いつか行ってみたいと思って、両方、大学の時に来ました。
その後も、秋芳洞は子供を連れて行って、こちらはお姉さま方とも歩いています。

 さて、川へ降りて、長瀞散策。

Img_0919
ライン下りが有名だけど、ゆったり流れるだけだからつまんないよね。

Img_0918_20200223154101

 皆野アルプスの満願の湯へ寄って、

Img_0924
こちら、三連休とあって、お泊りの方もいてにぎわってました。

 5分で行けるから、ついでに、皆野アルプスの帰りに寄った華厳の滝へも寄って、ここはほんとに滝壺がきれい!
Img_0927
 花園ICから帰路に。
2時過ぎてるのにまだ下りの方が混んでいて、練馬まで渋滞なし。

 お陰で早めに帰れました(=●^0^●=)v

2020年2月18日 (火)

八人山~夢見山

 毎年忘年山行でお姉さま方に、来年行きたい日帰りの山 をお聞きする。
Y姉様が、甲府の夢見山へ行ってみたいって。
名前も素敵だしね。

 それじゃ2~30分で登れちゃう低山だから、そのあとどこへ行きましょうかねぇ。
あ、逆に、夢見山へ下りてくるルートにすれば、色々ルートが考えられるな。

 酒折駅を下りて、ここは火曜会で5~6回は歩いているんだけど・・・
「誰か、トップやんない?」
「シーン・・・」
(・_・;)エー 誰も覚えてないの?(;>_<;)

 不老園って言う梅園の間の、細い通路を通る。
例年、お雛さまの頃が最盛期の梅園が、もうきれいなの。
びっくり!

Img_0826_20200218230201
途中から、鳳凰三山

Img_0829  

少し登ると、日露戦争碑

Img_0830_20200218230301
しっかりした道は、ここで終わる。
あとは、高い方へ登るだけ~だったんだけど・・・
うるさいほど、ピンクテープがついてるの。
ここを歩きたいくらいの人は、RFを楽しむんだから、そんなにテープ、つけないでよ~!

笹薮も踏み跡はあります

Img_0831
 石がゴロゴロする急斜面は、なかなか歩きにくいです。
で、いきなり冷たい風が強くなって、寒い!
ひと登りで八人山(572m)

 ここは、12年ほど前に私がプラ板の山名を付けた。
 それが落ちたのを、どなたかが木の板に付けてくれて、私の山名板の出世頭なの。
 でも、それも朽ちてきて・・・字が薄い。

Img_0835
一度書き直したことがあったけど、今回は、別の木にきれいな山名板がついてました。
(*^_^*)v

Img_0834_20200218230301

 後に転がりそうな、南向きの急斜面をガンガン上る

Img_0839_20200218230301

と、大蔵経寺からの尾根に出る。
 ここで、ランチにします。

Img_0848_20200218230301

とにかく冷たい風が強いので、尾根からちょっと下りた風下で~

 西に向きを変えてピークを二つ越えると、バラバラになった道標があって、

 ほんとはね、踏み跡はないけど30mほど登ると、鹿穴(989,9m)の三角点があります。
 でも、時間が押しているから、今日は行かない。

 ここからは、国土地理院の破線と、実際の道が、違うんだよね。
 ジグザグにいったん尾根を下りて、この辺りは落ち葉が積もると、全く踏み跡が見えないよ。で、ジグザグの曲がるところを気が付かなかった人の、迷い踏み跡が何ヶ所かあります。

 200mほど下りると尾根に出て、その上が、大岩園地。12年ほど前まで、東屋がありましたが、最後に見た時はだいぶ歪んでいたから、つぶれたんでしょうね。

 ここはすっごく眺めがいいです。
南アルプスが一望。残念ながら、本日は2000mくらいから上は雪雲です。
Img_0852_20200218230301
 北西に90度向きを変えて登ると、すぐに東山(885m)ここからは、火曜会で去年も歩いていますね~。Img_0853_20200218230501  
 南西に急降下して大日影山(734m)ここから南東へ向きを変えて、防火帯をガンガンと300mほど下りると、茶道峠

 実はここから、夢見山への道があるかどうかわからない("⌒∇⌒")

 長い車道歩きは嫌だから、どこかから尾根につりつけるのかなぁ。って思ってた。

 土の林道へ出て、ちょっと悩んで左へ降りて車道へ出て・・・
Img_0856_20200218230601
 目の前に!踏み跡見っけ(*^_^*)v

Img_0857

 これで南へ登ります。
なかなかの急登で一つ目のピークを越え、
二つ目のピークが大笠山

 と思ったら、石ゴロゴロのピークに何もない。

 

Img_0859_20200218230501 20mほど下りた、眺めのいい場所に、
大笠山(548m)の山名板。
変なの~!

Img_0860_20200218230501
 ここから下は、愛宕山こどもの国 として整備されています。

 さて、ここからが難しい。山道と、歩道と、広い車道と、狭い車道があるの~(?+_+)

 悩みながら、西へ歩くと・・・
ここかな? ちょっと岩々を登ると
した。Img_0866_20200218230801  

 南へ降りて、科学館にタクシーを読んじゃいました。
Img_0868_20200218230801
 標高差950m 25000歩
なかなかのロングでしたね~。

 お疲れ様でした。寝る前に、しっかりストレッチしてくださいね~   ( ´ ▽` )ノ



 夢見山のいわれ。
昔は夢山と呼ばれていたんだって。
今川勢が南方から侵入して、火曜会でよくお茶休憩するつつじが崎の東屋辺りまで攻めて来たんだって。
信虎は2ヶ月くらいの攻防の末に、この夢山で敵の動向を見ていたんだって。
緊張の糸が切れたのか、ふ~っと、急に眠くなって、山頂の岩を枕にうたたね。

 夢の中に男が現われて
「そなたに今、男子は生まれた。勇猛にして賢くなるぞ」
と告げられたんだって。
信虎がㇵッと目を開けると、
「殿!若君ご誕生にござる、おめでとうございまする」
って知らせが届いたんだって。
信虎は喜んで、戦勝にちなんで、その若君を勝千代と命名したんだって。
勢いを得て、今側軍に勝利して、一安心。

 そして ひと時代経て・・・
今度は武田信玄が、夢山の山頂にある大石に腰を下ろし眠ったら、夢の中に、三味線を1曲奏でてくれるという美女が現れた。
けど、弾き始める前に目が覚めちゃって、気がついたら信玄の体中に蜘蛛の糸が巻かれてたんだって。
それ以来蜘蛛は、いつも信玄の枕元に現れて、戦の吉凶を占ってくれたそうです。
この石は夢見石と言われて、石の上で寝ると、誰でもよい夢を見ると伝えられているそうです。

 が・・・
痛いので、眠れないと思います。
("⌒∇⌒") キャハハ

2020年2月16日 (日)

森吉

マイフレさんの奥様から
「今年は、蔵王の樹氷を見に来ないの?」
ってお電話を、頂いた。

 一昨年は一人で、昨年はこのマイフレさんと奥様と一緒に、蔵王の樹氷を見に行った。
しばらく、蔵王の樹氷はいいかな・・・
と思っていたら~
「森吉の樹氷もいいわよ。ロープウェーで行けるし」って。

 そう言えば、以前蔵王のモンスターの日記に、『森吉の樹氷もいいですよ』って、お山の大ベテランマイフレAさんに、コメント頂きましたっけ。

 森吉は、お姉さま方に前から
「あなたは花好きだから、一度は行ってみるといいわよ」って言われていて・・・
数年前に、バス乗り継ぎで、一人で行きました。でも、その日は強風で、ロープウェーが止まっていて(/_;)
 下から登って、お花が強風でフルフル~。
山頂も強風に雨で、滞在15秒(;>_<;)

 で、去年のクルーズの秋田寄港の時、夫とロープウェー利用でリベンジ。 紅葉には早かったけど、スイスかどこかみたいな、メルヘンチックな紅葉を楽しめました。

 青空の下で、森吉のモンスターが見られたら嬉しいなぁ。

・・・ところが(´ヘ`;)
直前に、めちゃくちゃ暖かい日が~
モンスターは、暖かい雨で落ちちゃったかも知れないなぁ~。でも、スノーシューは楽しみ~♪~(*^_^*)v

 朝一の電車で、羽田へ向かう。
この時期に、飛行機に乗ると、お山がクリアーに見えることが多くて嬉しい。
 往復とも、左側の後ろ窓際にチケットを取ったので、

富士山に南アルプス

Img_0667

浅間山や男体山の奥に、北アルプスも見えたよ。

Img_0684

 秋田に近づいたら、アナウンスが!
「ただいま、秋田空港付近は濃い霧に覆われています。申し訳ありませんが、しばらく様子を見ます」秋田の風力発電を見ながら、上空をグルグル回る【><。】  ところどころ下が見えているのに・・・霧なの?
30分遅れで、着陸。

 でね、あとで、マイフレさんと奥様がから聞いたんだけど・・・私が乗った機より10分前に、成田からの飛行機が到着予定だったんだって。でも、辺りは濃霧で、「これは、秋田北空港とか別の空港に回されるかも」って話していたんだって。そうしたら、10分前に到着予定の成田発の機より先に、至着のアナウンスがあったんだって。 

 きっと、上空をグルグル回っていて、霧が晴れたタイミングで、私が乗った機の方が、空港に近い位置に居たんでしょうね。
 不幸中のラッキー?("⌒∇⌒") キャハハ

 秋田空港に、マイフレさんご夫妻がお出迎え。遅くなってすみません。
お久しぶりで~す( ´ ▽` )ノ

 奥さまが、駈け寄ってハグ~ 
嬉しいですねぇ(* ̄ー ̄*)えへへ

 今日か明日の、お天気がいい方で森吉、
ってお話だった。
他は、お任せ~(´ー`)
『小岩井農場は行ったことある?』
『ありません』 
『岩手山が見えればいいんだけど~』

 おしゃべりのあとで着いた、小岩井農場は、ものすごく広くて、岩手山が目の前。
 でも、残念ながら、上の方は雲の中でした。

 雪の上を歩くと、かまくらレストラン!

Img_0702
(ノ°ο°)ノ まあ、珍しい。
中にこたつもあります。
『ここで食べる?』

Img_0705
 う~( ̄▽ ̄;)
かまくらの中で、靴を脱いで・・・
こたつに入るんですか~ 
もしかしたら、私が喜ぶかも知れないと、かまくらレストランをチョイスしてくださった
 ・・・(・・;) かも。

 一瞬、色んな回答が、頭の中を駆け巡る。
ここは、喜んでお受けするのがいい?
でも・・・
 登山靴を脱いで、正座で炬燵で焼き肉は~
苦痛だよ~ (;・_・; ・・・・

 写真を撮らせてもらって~、
『できれば靴を脱がないで、椅子に座れる席の方がありがたいんですが~』
って言っちゃった。 
『あら、よかった。私も正座は苦手なの』
奥さまは・・・合わせてくれたのかな。
せっかくのご提案に、すみません(。_。;)  

 
 で、レストランで、柔らかくて美味しいジンギスカンと、サラダ、スープバーの、ランチ。
久しぶりのジンギスカンは最高でした\(^o^)/

Img_0709_20200216101301
 ここで、牛の気持 って言うホルスタイン柄のカステラを、孫にお土産。明日は息子んちに行くから、持って行こう!(^ー^* )

 食後、またお車に乗せて頂いて~
去年の秋の白神山以来なので、奥様と、積もる話で盛り上がりました。
 
 前に秋田駒へ登った時にも入った、秘湯を守る会の、鶴の湯に寄る。

 ここは、昔の本陣跡をそのまま宿泊棟にしているの。とっても雰囲気がいいし、露天風呂が広いの。ここを予約しようと思ったら、来月末までいっぱいだったんですって!

 白濁の湯で、女性は階段を降りて、体が見えないところから、混浴に合流なので、男女が気にしないで一緒に入れる、珍しいお湯なの。
作り方がうまいのよね。
Img_0713
 海外からの観光客もいました。中国語!って、思わず離れちゃいました。ごめんなさい。早く下火にならないかしら~(/_;)
 
 今夜のお宿は、同じ乳頭温泉郷の休暇村。
こちらの露天風呂も最高!

Img_0725_20200216101301
ブナ林の中の、白濁の湯と、茶色の内湯と透明なのとあります。

 お夕飯は、バイキング。
とは言っても、郷土色豊かな、しょっつるや、きりたんぼや、もだしって言う茸や、姫竹や、珍しいものがいっぱいで!
とっても美味しかった~(⌒‐⌒)ノ

Img_0727_20200216101301

 夕食後も、結構飲める奥さまと、クイクイ飲めるマイフレさんとおしゃべりして、また温泉に入って~(*^_^*)

 
 2月15日
朝食バイキングも、郷土色豊かなメニューで、ジュンサイにとんぶり、稲庭うどんもありました。

Img_0729
 2月とは思えないくらい、雪が少ない道を走って、阿仁へ。

 森吉の駐車場に着くと、スキーの人が大勢。
さすがここまで来ると、雪が多いんだな~
って思ったら~(^。^;)

Img_0758_20200216101501

 やっぱり、一昨日、めちゃめちゃ暖かい雨で、モンスターはかなり落ちちゃったって~( ̄▽ ̄;)
異様な暖かさだったものね!
Img_0779
 ロープウェーを登ると、少しは樹氷の木が見えて~ 
Img_0785
 あらら(>_<) 
上は、ガスってるのか~(;>_<;)

 ロープウェーの係の人が、
「今日は暖かいよ~。マイナス3度くらいあるよ」だって!
なるほど、マイナス3度で暖かいのか~(#´ο`#)

 ここね、樹氷原コースへ回る人は、無料でスノーシューを貸してくれるの。
Img_0762
 で、3人でスノーシューを履いて
(奥さまは初体験で、きゃぁきゃぁ叫んでました。歩きにくいって~)
 でも、長靴の人が踏み抜いた、深い深い穴もあって、スノーシューを借りてよかったですね。

 エビの尻尾はあるけど・・・

 モンスターは、雪がどさっと落ちちゃった跡が~(;´o`)
Img_0771
 周回路の上に
『ここからは登山届が必要です』って看板。
そのちょっと奥が、いい感じ。
で、かわいいお化けがいました(*^_^*)v

Img_0769_20200216101501

 青空じゃないのが残念だけど、スノーシューを楽しめました~(=●^0^●=)v

 道の駅、コアニチドリで、馬肉そばを頂いたら、お肉がめっちゃ柔らかかったです。

Img_0790
 この時ねぇ、マイフレさんがお店の方に
「これ、美味しいの?」って聞いたの。
そうしたらお店の方が
「それは、好き々ですからねぇ~、私は好きですよ」だって。
 それを聞いていた奥さま
「またへんなこと聞いて!余計なこと言わないでよ」
って、マイフレさん、怒られちゃってました(^。^;)
怒らなくてもいいのにね。

 空港まで送って頂いて・・・
送迎付きで、お世話になりました。
(゜゜)(。。)ペコリ

 館山が直ったら、ぜひご夫妻で泊りにいらしてください。

 ありがとうございます( ´ ▽` )ノ

 帰りの飛行機から、蔵王がよ~く見えました。お釜や屏風岳もはっきり。
冬の飛行機、楽しいですね~。

Img_0807

 さてさて、クルーズ船でのコロナ感染者に大騒ぎをしているうちに・・・

 いろんなお医者さんが、今まで、コロナ検査をしたいって言ってたんですってね。

 でも、ずっと政府は、湖北省や武漢渡航者や、その人と接触した人にしか検査はしないって言ってた。
 検査自体時間がかかるし、帰国者とクルーズ船の患者で手いっぱい って事だったんでしょうけど・・・

ここにきて、一気に来ちゃいましたね~
(;>_<;)

 空港でも、休暇村の食堂でも、何かする前にアルコール除菌でした。フライトアテンダントさんは、マスク着用の上に、お飲み物サービスの時には、使い捨て手袋をしていました。
そして、手が触れあわないように注意して、テーブルにカップを置くようにしてました。

 これからもずーっと、
この習慣を続けなきゃね~(^。^;)

早く、収束してくれると嬉しいんだけど・・・

2020年2月13日 (木)

映画 パラサイト半地下の家族

前から気になっていた『パラサイト半地下の家族』がアカデミー賞を受賞した。

 マイフレさんと久々にお会いしてランチ、の予定だったけど~
急にご無理お願いして、映画鑑賞の集いにしちゃいました。

 ららぽーと横浜って言う、鶴見川沿いの大きな商業施設があるの。
ここは、円をつぶしたような不思議な作りで、ここへ来ると、いっつも方向感覚が惑わされる。
太陽の位置での確認もできないし~(;´o`)
ので、今日はコンパス持参です!

 コンパスって、当然お山でも大事だけど・・・
地下商店街や、こういう総合商業施設でも役立つのよね。

 イートインで、梅蘭のあんかけ焼きそばを頂く。
これ、本店は中華街で、焼きそばがお好み焼き状態にくっついて焼かれているものなの。
香ばしくって、大好き~(*^_^*)v
マイフレさんにゴディバのチョコ、頂いちゃいました。

Kimg0784
 可愛い和小物とか、Pちゃんが喜びそうな動物柄とか、ついつい目が行っちゃう~。

 で、『パラサイト半地下の家族』
の公式に出て来るあらすじ。
 Kimg0786
 キム家の4人は、狭く薄汚れた半地下のアパートに住んでいる。
全員失業中で、近隣のパスワードの掛かっていないWi-Fiを使ったり、近所のピザ屋のピザの箱を組み立てる低賃金の内職をしたりしてなんとか生活している。
 ある日友人が、岡の上のお金持ちパク家の女子高生ダヘの英語の家庭教師をやらないかと、キム家の長男に提案する。
高い報酬のことも、あり家庭教師の仕事を受けることを決意した。

 家族が順に、お金持ちの家に潜り込んで・・・


 この映画は、ネタバレ厳禁なんだって~。


 まぁ、そうだよね。
で、映画にのめり込んでの2時間半が、ジェットコースターみたいよ。
お笑いなのか、ホラーなのか、サスペンスなのか・・・

 ( ° ° ; ) エエッ
そこまでやっちゃう?
ヒェ~(≧◇≦)

 この、ぐいぐい引っ張られる面白さは、
さすが、アカデミー賞だけのことはあるわ~。
後味は、重くはならないよ。

 
 朝は雨模様だったけど、外へ出るともう夕暮れなのに、生暖かくて・・・
変な陽気です。
 
 鶴見川に夕日が落ちて、
大山の隣に大きな富士山!
なかなかきれいでした。

Kimg0796

 マイフレさん、急遽お付き合い、ありがとうございます( ´ ▽` )ノ

2020年2月11日 (火)

熊倉~生藤~茅丸~和田

 年末に、とっても尊敬するマイフレさんが、お正月の三浦ウォーキングに付き合って下さるって言ってきた。
あら、火曜会にご参加、光栄だわ。
って、思っていたんだけど・・・
お風邪をひいてしまったそうで~
うーん (+_+)残念。

 で、ひと月経ちましたが、よかったらご参加いただけましょうか?

 行き先は、火曜会の準レギュラーSちゃんが未踏の、生藤。
軍刀利神社からの正規ルートは、お姉さま方は何度も歩いているから・・・
最近はエアリアマップにも点線が出ている、熊倉直登で行きましょう。
これも、火曜会で歩いているけどね。

 上野原に8時30分のバスで集合。
上野原駅で、富士急バスで有名なお山の案内人、長田さんに会う。
お久しぶり~( ´ ▽` )ノ
「おう、今日はどこ行くの?」
「長泉寺から、熊倉へ登るんです」
「台風のあとで倒木はどうかな?」
「わかんね。すごかったら今度教えてな」だって~("⌒∇⌒")
上野原には、長田さん手書きの地図がたくさんあります。
こう言う、お山愛にあふれる案内人さん、ありがたいですよね~。

 上野原発の富士急バスは、この長田さんや、駅長さんなど、たくさんの方のご努力で、人気のハイキングコ-スが増えました。
この努力って、すごいと思います。
今じゃ、20年前には無名の坪山が、イワウチワの時期には、バスに長蛇の列です。

 井戸って言うバス停で下りて~

(ノ°ο°)ノ オオオオ 朝一のクリアーな富士山

Img_0607
普通は、そこからまっすぐ北へ谷を登れば、生藤山へ行けるの。
山桜がきれいなお山だからその時期にもまた来ましょうかねぇ。

 今回は、ちょっと西の長泉寺から登るんだけど・・・

あら、今日も会えたわ、フクジュソウ

Img_0604

農家さんの紅梅が薫ります

Img_0608_20200211201301

ここ、3~4年前に、曲がり角とお寺の横に、案内が付きました。
でも、歩く人が少ないから、落葉の季節は踏み跡が見えにくいです。

 登り初めは、なかなかの急斜面。
体力ある男性マイフレさんには、ゆっくり過ぎると思うけど・・・
いつもの、お姉さまのペースで登ります。

 先日、イーディ83才、初めての登山 って言う映画で、
一般の人から見たら、80代の登山って、無謀とか言われちゃうのかな。
って思いましたけど・・・

 お姉さま方は、ずっとお山を継続していて、弱音を聞いたこともなく、淡々と歩く。
こういう女性が、本当の大和なでしこ って言うのよね。
って、いつも感心・感動をしています。

 たまにお山で
「俺ね、もう75才なんだよ」
とか
「いくつだと思う? 80才」
って、お年を自慢する方がいるけど・・・
お姉さま方は、たぶん歩いている時、ご自分の年齢を忘れている?
こういう生き方がしたいな。って、思います。

 で、額に汗しての急登がひと段落。
尾根に出ると、ちょっと斜度が緩んで、おしゃべりしながら登ります。

 お山のパーティーでは、歩くのが遅い人や、心配な人を間に挟んで歩くのが基本。
でも、最年長のお姉さまは、ご自分の後ろに誰かがいて、待ってもらっているのが分かると嫌なんだ。
その気持ち、すっごくよく分かる~。
頭脳明晰で、一度登ったお山の登山口とか、アクセスとか、よく覚えているお姉さま。
誰かに、後ろで待たれるって、気持ちが焦るよね。
特に、写真とか撮っていると、遅くなるじゃない。
そんな時、もし誰かがじっと、その写真を撮っているところを待っていたら・・・
もう写真はあきらめようか? って思っちゃうでしょ。

 なので私、この自立したお姉さまに敬意を表して、いつもしんがりを歩いて頂いています。
「もし前の人が見えないくらい離れたら、呼んでくださいね」
とお願いして。

 自分が彼女の立場だったら、と思うと・・・
いわゆるお山のパーティーの基本は、押し付けられないよ【><。】

 で、今回も、健脚マイフレさんには、真ん中あたりを歩いて頂いて~
最後に尾根直登りで、ここで、お茶タイム(´ー`)
もうすぐバレンタインだから、ハートの紅茶クッキーを持って来たの。

 すぐ先の熊倉(966m)には先客。
枝が伸びて、富士山や南アルプスが見えているのに撮れません(/_;)

 アップダウンのあと、三国山で、きれいな富士山と、荒川赤石聖が撮れた。

Img_0620

金峰や雲取飛竜、男体山女峰山も見えてたよ。

 岩っぽい登りで生藤山(990,3m)

Img_0624_20200211201301
ちょっと早いけど、お腹が空いた って言う人がいるから、今回はここで、ランチタイム。
なんと!健脚マイフレさんが、9人分の甘酒を背負って来てくれた~( °o° )
重かったでしょう!ありがとうございます。
熱々の甘酒は、大変美味しゅうございました。
Img_0627
 ランチの途中で、猟犬がきて・・・
よだれをダラダラ流しながら、ランチブッフェに首を突っ込もうとする!!!
( ° ° ; ) エエッ 止めて~。
「コラッ!」「ストップ!」「ノー!」
色々言っても、ランチに顔を~
近くに居るはずの猟師さんに気が付いてもらいたくて「おーい!」って叫んでたら、たぶん犬笛でも吹かれたのか、急に体を翻して犬が消えた。
(;-_-) =3  ふぅ~ よかった。
あ~ びっくりした。

 生藤山はそこそこ有名だけど、実はこの先の茅丸が、この界隈では一番高いんだよ。標高1019m。
「巻き道もあるけど、今日は登ります」
って言ったら、『じゃぁ、向こうの合流地点で待ってます』って・・・
そう言う冗談を言うのは、誰?
("⌒∇⌒") キャハハ
Img_0635_20200211201301
 この先の連行峰は、奥多摩へ抜けられる道で、ベンチもある。
この辺り、ずーっと男性3人組グループと一緒で・・・それがまた、ペースが同じくらいで、お花摘み休憩が取れなくて・・・(;´o`)鬱陶しかったよ。

 次のピーク 山の神から、尾根をちょっと下りたとたん、急に暖かくなった。
 北風を遮ると、これだけ体感温度が違うんだね~。

Img_0638_20200211201601

 和田のバス停へ降りて、バスまで時間があるから、おやつや身づくろい。

 さすが祝日だけあって、バスは臨時まで出る盛況さ。ほとんどは陣馬から下りた人たちかな。で、藤野へ。

 お疲れ様でした。
じゃ、高尾のいつものお店に行きましょうか?
今日は9人の大所帯な上に、祝日。
なので、昨夜、予約しておきました。

 10年来のお付き合いの、いつものお店で、
お腹いっぱい食べて飲んで、一人1500円でした。楽しい打ち上げでした( ´ ▽` )ノ
Img_0645_20200211201601
 マイフレさん、甘酒やカステラをありがとうございます。

 いつもと雰囲気が違って、とっても楽しかったです。

2020年2月 9日 (日)

映画

前から見たかった映画が、ようやく神奈川に来た。

 イーディ83才 初めての登山

Kimg0781

 公式にも出てくるあらすじ
30年、夫の介護で明け暮れたイーディ。
夫が亡くなって1人暮らしになって、娘から介護ホームに入るように勧められる。

 旦那さんが亡くなって、イーディはやっと自由の身。
町のフィッシュアンドチップスのお店で、
「まだ追加オーダーができる?」
って尋ねたら
「何ごとも遅すぎることはないさ」
と店員サンが応えたの。
その言葉に閃いたイーディは、昔、父親と登る約束をしていたスコットランドのスイルベン山に登ろう、って決めた。
これまで、子供と夫のために生きてきたイーディが、初めて自分のために踏み出した一歩が、お山。

 夜行列車でスコットランドへ向かったイーディ。
偶然入った山用品のお店のお兄さんをトレーナーに雇って、訓練を始めた。

 頑固なイーディは、スポーツ店のお兄さんと喧嘩したりして・・・
でも、指導してもらって、登山グッズの使い方を覚えたり、
山頂までのルートを覚えたり、

 イーディはついに憧れのスイルベン山へ…。

 
 伊勢佐木町に近い黄金町の映画館へ行くと、
あ~らびっくり!(゜o゜)
すごい人じゃないの。
神奈川で上映館がここだけ、って言うこともあるんだろうけど、朝一の映画に、ほぼ満席って、初めて。


 でね、これはネットで予告を見て、お姉さま方にも勝手に宣伝してたんだけど・・・
突っ込みどころ満載~( ⌒ _ ⌒;)

 ここからはネタバレだから、見たい人は読まないでね。


 まず、イーディの夫はわがままで、自由のない結婚生活で、
父親から、不思議な形のスコットランドの山へ登ろうってハガキがきて、
行こうとして、夫と言い争っていた時に、夫は脳血栓で車いす生活になったらしい。
そんな環境なら、娘は味方するかと思いきや!
突然家に来て、イーディが作っていた料理を、健康に悪いからって捨てちゃうの。
そして、老人ホームに入るように勧める。
家を片付けていて、イーディの日記を見つける。
イーディの昔の日記を見つけて、なんで話してくれなかったのって怒って、雨の中、出て行ってしまう。

 この辺、山登りの動機付けとして、ちょっと無理矢理な感じ。

 一人で寝台列車でスコットランドへ行って、登山の準備を始めるんだけど、
監督が撮りたかった映像はこれかな。って言う、フィヨルドみたいなやせた土地と湖の景色が素敵。

 いざ、登山になると~
もう、突っ込みどころだらけでねぇ・・・
しかも、山頂にたどり着いて感動的な終わり。

 うーん "( ' ' ;)
そこで終わりですか?
山は下山が難しいんだよ。
テロップの後に、後日談みたいな映像があるのかな?
と思ったけどないし~。

 自分が見てもいないうちに、お姉さま方に勧めたけど・・・
内容は、それほどでもなかったわ。
ただ、景色が素敵だから、これで人気が出て、あちこちの映画館でやったりしたら、
そのうち、クラツーさんのお山のツアーあたりで
『あのイーディが登った、イングランドのスイルベン山に登ろう』
的な旅行が、出るかも。
標高は731mだから、お姉さま方なら楽勝だわ。

 監督は、何かをやるのに、『年だからもう遅い』ってことはない。
って言いたかったんだろうけど、それなら、1人で登って一人で降りてこなくっちゃね~。


 この女優さんは、ほんとに83才なんですって。
長年お山を歩いているお姉さま方と違って、いきなり過酷な登山の映画。
ものすごく大変だったと思う。
でも、ちょっと偏屈な老婦人の役が、とってもチャーミングだったよ。
目がきれい!

 くだらない感想
そんな場所ならスパッツ履きましょうよ。
登山靴をその履き方だと、小石や小枝が入っちゃうよ。
何があっても、雨具と水だけは持って登りましょう。

 それから・・・
ロンドンからインバネス迄の夜行列車、すてきだった。乗ってみたいな。

 映画のあと、黄金町から伊勢佐木長者町を通り過ぎて、関内まで歩きました。
川沿いに、風上に顔を向けて、一列に並ぶ
カモメの水兵さんが、かわいかったよ。
Kimg0777

 帰宅後、高2の時、工芸の授業で自分で作った木目込み人形のお雛様や、マイフレさん手作りの、貝の豆雛などを飾りました。

Img_0599
 そうそう!
 館山市から、台風19号に罹災した人の減税処置ってのが届いた。
 罹災証明書のコピーと身分証明書コピーを提出すると、固定資産税を減税してくれるんだって。半壊で、40%の減税

 館山の土地は、ただみたいなものだから、固定資産税は、横浜の自宅の1/10だけど・・・
でも、減税してくれるなら、出さなきゃ。
 明日、罹災証明書を、コピーしてこよう。

2020年2月 8日 (土)

長瀞アルプス 皆野アルプス

 

野上~宝登山 破風山~猿岩~ノッキンポウ~大前山


 12月から、樹氷狙いで何座も登って・・・
聖山で、やっと樹氷に巡りあえた(*^_^*)v

 じゃ、来週はお花狙いにしましょうか。
週末会で行っていない、お花の山・・・うーん "( ' ' ;)

 じゃ、ロウバイ園にでも行きましょうか?
車を、宝登山ロープウェーの駐車場へ置いて。
ドンドコ下りて、長瀞駅に停まっている電車に駆け込・・・
駆け込もうと思ったら、あれ?( °o° ;)
パスモが使えない【><。】
切符切符! 秩父鉄道170円。

 野上駅で降りて、長瀞アルプスを歩きます。

 長瀞アルプスは、週末会には物足りない、アルプスとは名ばかりの、起伏少なめの里のアルプスです。
このルートは、火曜会でも8年くらい前に歩いています。
最後にちょっとバリルートで、リス園近くの柵につかまって、たどり着きましたっけε= (*^o^*)

 野上駅から、萬福寺に歩いて、裏の尾根から登り始めます。
ここも、沢沿いは、台風で少しやられているようです。
気温は低いけど、風がない。
日だまりハイキングって感じ~。

Img_0485_20200208201501

 この辺りは私有地なので、前はなかった料金箱が!
通過に100円払います。
ゴミを落としたり、色々あるんでしょうね。

 林道へ出たら、今回もやっぱり尾根直登にしますか。
林道合流点からほんの10mほど先に、尾根直との踏み跡があります。
途中は急だけど、かなりの近道。
で、リス園の脇のフェンスに出ます。

 朝のまだ静かな宝登山(497,1m)

Img_0500_20200208201501
ロウバイの最盛期。

Img_0511
\(●⌒∇⌒●)/ わ~
いい香り!
ロウバイを写していたら、真ん中に雪を付けた両神山。

Img_0513_20200208201501

マンサクも咲いてます

Img_0521

梅と武甲山

Img_0517_20200208201601

これから行く破風山 矢印から矢印をピストンします

Img_0528_20200208201501  

 

今にも開きそうな福寿草にもお会いできて、よかった~(*^_^*)v

Img_0523_20200208201601

 じゃ、車も通れそうな広いジグザグ道を、ショットカット道で一気に下りましょう。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
途中から、日光男体山や赤城山、子持山に榛名山も見えてます。

Img_0531_20200208201801

ショートカットルートは結構しっかりついてます。
サクッと歩いたら、1時間半。
これだけじゃ、物足りないよね~。
このあと、いくつか考えたんだけど・・・
お名前が面白いから、ノッキンボウへ行くことに決定。

 車に戻って、20分ほど移動。
さっき宝登山から、目の前に見えていた破風山(ハップサン)
の登山口へ。
ジグザグに登ると、大きな東屋が見えて来る。

Img_0535_20200208201801
ここから、40mほど下ると、猿岩が見えてきます。

Img_0537_20200208201801
登れなさそうだけど、回り込むとロープがあって、てっぺんまで登れるの。

 きっと、みんなが好きそうだから、こっちを先にしたんだけど、やっぱり("⌒∇⌒")
みんな生き生きして、岩を登ってる~。
私はビビりだから、先端の岩には立てないよ~(^。^;)

Img_0546_20200208201801

下りも、慎重に~。

 さっきの東屋まで戻って、破風山(626,5m)

Img_0551_20200208201801
めっちゃ眺めがいいです。
両神山の左に、御座山が見えてます。

Img_0556_20200208202001

 西側に下りて。少し登ると、ノッキンボウ。

Img_0565_20200208201901
如金峰って書くみたい。

Img_0569
疣取りの岩で、今でもお礼に、お神酒が進ぜてあったりするらしいです。
その先の大前山(653m)まで登って、戻りました。

Img_0576_20200208201901

岩とか 痩せ尾根とか 鎖場とか

なかなか楽しめます。

 

 すぐ下の、秩父華厳の滝まで車で行って、ほんの少しだけ、脇が凍っていました。
今年は氷瀑はどこも無理でしょうね。

Img_0586_20200208202101

 道の駅皆野でお野菜を買って、
田舎うどんを頂いて、これはなかなか腰が強い、吉田うどんに似た食感でした。

 急に行き先を増やしたけど、面白かったってみんな喜んでくれてよかったよ~(*^_^*)v

2020年2月 6日 (木)

江の島 大船観音とフラワーセンター

 マイフレさんの、リハビリウォーキング第二段("⌒∇⌒")
まだ、お医者様からハイキングのお許しは出ないから、ハイキングじゃなくてお散歩ね~(´ー`)

 片瀬江ノ島駅に10時集合。
火曜会全員参加です("⌒∇⌒")v
のんびり観光気分。
弁天大橋を渡って、江の島エスカは使わずに、ぐるっと登ります。

Img_0306
今日は時間があるから、いつもはあまり入らない、サムエル・コッキング苑へ入りましょう。
入園料は200円。展望台にも登ると500円。
この植物園は、明治15年に開園って言う、めっちゃ由緒ある植物園なの。

Img_0320_20200206204501

バレンタイン前のイルミの準備をしてました

Img_0342_20200206204501

アイルランド出身の貿易商 サムエル・コッキングさんが作ったんですって。
2月8日から1週間だけ、キラキライルミネーションだって~準備中でした。
バレンタインデート?( ´ ▽` )

 苑を出て、稚児が淵へ降ります。

あら!

Img_0348_20200206204501
もう、河津桜が満開!('o'=)
Img_0354_20200206204501

奥津宮の八方にらみの亀

Img_0366_20200206204701

お宮の屋根にトンビ

Img_0369_20200206204501  

そうだ、人数が多いから、眺めのいい窓際に座れるように、お昼の予約をしておきましょう(*^_^*)v

 この時期、風が強い稚児が淵へ、ガンガン降ります。

Img_0373_20200206204501
足元、気を付けてね。
この下の、江の島洞窟は、去年の台風15号から、ずっと閉館中です。
ん?(・_・;)と思ったら、工事中だけどやってるみたい。

Img_0374

館山の家が半壊した台風、三浦の倒木もすごかったけど、江の島への威力も相当なものだったようです。
稚児が淵の磯で、しばらく遊んで~。

Img_0379_20200206204901

ウミウが羽を乾かしてます

Img_0385_20200206204901

では、ランチ会場へ登りましょう。
冷たい風だけど、登れば一気に体温アップ。

 今回、マイフレさんは卵がお好きなんで、江の島にしたの。
江の島丼って、知ってる?
サザエを卵でとじた、親子丼風のものなの。

Img_0389_20200206204901
貝が大好きな、うちの娘の大好物なんです。
稚児が淵と海が見下ろせるお店で、のんびり江の島丼を頂きます。

 ガラス窓はサンルーム状態で、背中がポカポカ~。


「さて、みなさんにお聞きします」
「このあと、2案考えて来たの。
あの川に沿ってちょっと上ると、Kちゃんが見たことがないって言う電子基準点があるのよ」
「それか、乗り鉄だから、湘南モノレールに乗ったことがないなら、それで大船フラワーセンターは?」
もう、全員、フラワーセンター押しでした。

 江ノ電の江の島駅を通って、おしゃれなビルのような、湘南モノレール江の島駅へ。

Img_0396_20200206205001

車内はガラガラで、あっという間に大船。

Img_0398_20200206205001

 いつも遠くから見るだけの大船観音によったら、

Img_0402_20200206205001

台湾リスが2匹!

Img_0423_20200206205001
間近で見られました。


 大船フラワーセンターでは、もうキバナセツブンソウや

Img_0434

ミスミソウが見られたよ!

Img_0438_20200206205201
まだ2月上旬なのに、びっくり。

大木の台湾椿が花盛り

Img_0445_20200206205201

あら、梅に鶯じゃなくて、黄梅にメジロ

Img_0451

温室も色々回って、キンカチャや

Img_0468_20200206205401

ウナズキヒメフヨウ

Img_0460_20200206205401

雌蕊がかわいいドンベヤ ティリアケア

Img_0464_20200206205401

カカオの実など見て

Img_0475_20200206205401

最後に大船駅でおやつ。
のつもりが、美味しそうなグラタンを食べちゃいました。

Img_0481_20200206205401

ちい姉さまはカキでワイン

Img_0479_20200206205601
 標高差は300mだけど、2万歩 歩いてました。


風は冷たかったけど、気楽にお散歩、楽しかったです~(*^_^*)v

2020年2月 4日 (火)

三浦アルプス 二子山~椿尾根~畠山

 古い付き合いのケアマネの山友が、椿尾根に行きたいって。
なるほど、初めてだと取りつきが、なかなか難解な椿尾根。
じゃ、彼女にトップで、行ってもらいましょうかね。

 分岐で通り過ぎたら、後ろから教えてあげよう。
その方が、緊張して歩けるでしょ?("⌒∇⌒")

 いつもの逗子のマック集合。
朝マックして、南郷中学行きのバスに乗る。
このところ、歩き出しはここが多いですね。
ここは、バス停前の斜面から取りつくから、車道歩きがないので好きなの。

Img_0226_20200204182001
案内のない藪っぽい踏み跡から、いきなり、滑る急斜面よ~。

 サイハイランの葉っぱを見ながら、下二子から上二子山へ
上二子(207,8m)は、私が一番何度も来ている、一等三角点かしらね~。
低いけど眺めはいいです。

Img_0240_20200204182001
房総のお山も、しっかり見えてます。
あ!('◇'*)
日光男体山が見えてる!

Img_0246_20200204182001
筑波山とスカイツリーも見えてる。

Img_0251_20200204182001
横浜港沖に停泊しているのは・・・
何度も乗ったダイヤモンドプリンセスではなかろうか。

Img_0241_20200204182001
コロナの保菌者が出て、停泊中ってニュースで言ってたもんな。

 私・・・再来週乗る予定なんだけど~(;´o`)

 さて、では沢へ降りて、お目当ての椿尾根へ行きましょうか。
「Nさん、トップ交代!」

 東逗子からの道に合わさって、南の沢へ激下り。
これ「が、低山でも舐められないのよ~。
滑るし急だし、沢へ落ちそうだし("⌒∇⌒")
で、台風15号で台増やられたって聞いてたけど、すごい倒木群です。
みんなで「京都みたい」って話してました。

Img_0252_20200204182001

 Nさん、ちゃんと沢を振り返って、この尾根?
って分かったよ。 
普通は、目の前の小さな橋に続く踏み跡を追っちゃうんだけどね。
「(ノ°ο°)ノ オオオオ 素晴らしい、よく分かったね~」
それでも、どこから取りつくのかちょっと躊躇してたら、前に何度か登ったお姉さまが
「そこでいいんじゃない?」って。

 まず沢へ降りて、振り返ると、そこに小さな沢の出会いがあって、。
その間に小さな尾根があるの。
これが椿尾根。

Img_0258
かなり急で藪で、でも、藪だからつかまる木があって、助かる。
あとは、尾根を登るだけなんだけど、ちょい先の右からも踏み跡が上がってました。
今回、椿の最盛期だったようで、なかなか椿を楽しめました。
さすが椿尾根("⌒∇⌒")

Img_0263_20200204182201
こちらもすごい荒れよう

Img_0267_20200204182201

椿の絨毯

Img_0266_20200204182201
 三浦アルプス東尾根に出て、この尾根は、一部所有者の立ち入り禁止区域があります。
乳頭山でランチにしようと思っていたら
「そこは暗いから軽い所にしようよ」ってNさん。
で、ちょっと時間は早いけど、東尾根の鉄塔でランチ。
9人だから迷い橋しちゃうわ~。
Img_0270_20200204182501
 ちょっと岩っぽいところとかあって、乳頭山(211m)
眼下に横須賀基地が見えます。
Img_0280
 今回、最近火曜会で歩いていないのはどこかな~、って考えて、今日は按針塚に決めた。
この尾根は、椿尾根より椿が多いです。

途中にキジョランの種が

Img_0288_20200204182501
畠山(205,2m)まで登って、山頂には水仙が少し咲いてました。
Img_0286_20200204182501
 ちょっと戻って、東側へ激下り。
三浦は、標高はないのに、この急登、急降下があるから、侮れないのよね~。
横浜横須賀道路の下をくぐって、塚山公園へ階段で登る。
ここは、桜や水仙がきれいな、眺めのいい公園です。
住宅地へ降りて、按針塚駅へ
Img_0290_20200204182601
 房総の山が一層近くなった。
三浦半島を横断したんだもんね。

Img_0293_20200204182601
展望台でおやつを食べて、京急按針塚に下山。

 駅前に1件だけあるイタリアンのお店が…
混んでるわ(^。^;)
と思ったら、4人組マダムが「私たち、もう帰ります」
「追い出すようでごめんなさい」
何とか4人席と5人席を確保。
のんべ組と飲まない組にしよう!
私たちはコーヒーとピザとケーキ。

Img_0300_20200204182601
奥の5人組はボトルワインを取って、盛り上がってます~("⌒∇⌒")

追加でケーキも美味しゅうございました。

Img_0302_20200204182601

これから、こういう席の取り方もいいかも!

 今日は、予報より雲が多くて寒かった。
こんな日は、三浦アルプス探検遊びも、楽しいね~(*^_^*)v

2020年2月 2日 (日)

麻績三山聖山 青木三山十観山 上田の弘法山

 先々週、子檀嶺岳へ登った。
その時、青木三山は、子檀嶺岳と夫神山と、十観山だって知った。
あれ・・・
この辺の冠着山や聖岳は登っていたけど、十観山は登っていないね。
じゃ、青木三山制覇で、また青木村へ行きましょうか。
でも、十観山だけじゃ、物足りないね~。
って話してた。

もしお天気だったら、前に行った時ガスって眺望がなかった聖山へ、リベンジしない?
って言ってたら、久々の晴れ予報。
(*^_^*)v ヤッタネ

 
 麻績の別荘地を、抜けて~
\(●⌒∇⌒●)/ わぁ~
登山口から樹氷だよ!

Img_0121_20200202174601

 融けないうちに山頂へ!
って、気持ちが焦る~ε= (*^o^*)

Img_0123_20200202174601
お日様が高くなってきて、
カシャン! 
カシャカシャン!
って、きれいな音を響かせて、樹氷が落ちて来る~。

Img_0128
積雪は、深いところでも10センチ程度。
もう、今期最高の眺めです~♪~

 聖山(1447,2m)

Img_0132_20200202174601
(ノ°ο°)ノ オオオオ
なんと、北アルプスが近いこと!

Img_0164_20200202174601
そして、何と空気がクリアーなこと!

 みんな無言で、写真撮りまくり~。
中でも、鹿島槍さまと

Img_0169_20200202174601

蓮華さまが!!!

Img_0186_20200202174601
たいそうお美しゅうございます。

あれに見えるは、槍が岳さま

Img_0168_20200202174601

 妙高火打や浅間、八ヶ岳も美ヶ原も、中央アルプスも見えてます。

遠くのお山も近くの樹氷も、息をのむほど美しい!

Img_0153_20200202174901

山頂でしょうが甘酒を飲んで、あら、岩に着いた氷の結手も素晴らしい。

Img_0161

じゃ、サクッと下山して十観山へ行きましょうか。
 

道の駅でもえぎうどんセットを頂いて

Img_0204_20200202175101

 

Img_0206_20200202175101
 峠越えをして、昆虫資料館ってとこから、十観山遊歩道があります。

Img_0029_20200202175101

あら、先行者はタヌキにヤマドリにイノシシですか?
雪の上に、樹氷が落ちた後が、ガラスの針のようにキラキラしています。

Img_0039_20200202175101

ゆるくジグザグ登ると、あれれ?
山頂に登山者が一人
反対側から登って来られたようです。
十観山(1284,5m)

Img_0043_20200202175101
眼下に青木村が、そして、浅間や八ヶ岳が見えてます。

Img_0049_20200202175101
北側は樹林で、十観見えたのは、昔のことかな。


 青木村を見下ろしていたら、山友が、
上田の「弘法山へ行ってみたいんですよね」って言ってきた。
三十三観音をめぐる、行場みたいな山なんだ。
下山しても、まだお昼前だし・・・
行ってみる?
前もって調べてないから、迷うかもよ。
きっと、城址公園か前山寺に、地図があるんじゃない?
スマホで、過去の記録を見ると、みなさん2時間ほどで周回している。

 以前行った独鈷山の北の裾に、塩田城址がある。
その奥に、鹿野アルプスみたいな、修行のお山、弘法山があるの。
登山口の前山寺には、重要文化財の五重塔。

Img_0055_20200202175201
お寺の本堂は藁葺屋根で、重厚な作りです。

Img_0054

 地図は・・・これですか? 

Img_0059
塩田城址の奥に、ただ、弘法山と・・・
赤テとか案内とかあるかな?

 とりあえずこの川を渡ろう。
うーん "( ' ' ;)
通行止めコーンがあって、橋が壊れてました。
適当に登って、方向から見てこの道?
お城の遺構の、古井戸やあれこれ、案内が立っているけど、弘法山への案内はない。
テープ類もない~。
とりあえず、あの尾根に取りつけばいいんじゃない?
踏み跡を、高い方へ高い方へ登って行ったら尾根に出て、
初めて[弘法山→]の案内。

Img_0061
その先は・・・これ?

Img_0062_20200202175401
さっきネットで見たヤセ尾根。
岩を登るか、松の木にまたがるか、悩ましいところ。
足元が危うい場所もあるけど、ちゃんとトラロープがついてます。
「観音様はぁ?」
登っても登っても、観音様に出会えない。
で、そろそろ山頂の標高に近づいて来ちゃった。

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
なるほどこれは修業と信仰のお山だわ。

Img_0065_20200202175401
トラロープを使って石の階段状の崖を登って、岩をくぐる。

Img_0068_20200202175401

ザックを背負ったままだと潜れないよ。
少し登ると風穴。

 この辺りね、養蚕が盛んだったんだって。
春蚕から採った卵を冷たい風の吹く穴で貯蔵して、すぐ近くにある、温風が出てくる穴で孵化させたんですって!
お蚕さん、温風で『春になったなぁ~』 って孵るんだね。
明治の絹糸産業は、外貨獲得の筆頭だったから、これは貴重な場所だったでしょうね。

 岩をロープで登ると、トンネルが出て来る。

Img_0083_20200202175501
お胎内めぐりみたいだ!

Img_0084_20200202175501

ザックを背負ったままだと通れないじゃん(/_;)

Img_0080_20200202175501

チシャ猫みたいなオブジェ

Img_0086_20200202175501

に、登ってみる

Img_0078

その先に、弘法山(842m)

Img_0073_20200202175401
登山道に変化があって、面白かったねぇ。

Img_0081
でも、お山が小さいから、短時間で回れて、アトラクションみたいだね。

 でね、東へジグザグ下りる道があって、こちらが参拝路でした。
観音様ごめんなさい。

最後に、一番観音様にお会い出来ました。

Img_0100_20200202180001

車道へ出たら\( °ο°)/

 弘法山はこっちって言う、立派な看板があるじゃないですか~!

Img_0103_20200202175801

なぁんだ、こちらからお参りするのが本当だったのね~。
でも、下山がしっかりした道で、不安じゃなく下りられました。

 下りたら、青木三山がよく見えました。

Img_0107_20200202175901
 

 今日のお山の標高差は、聖が280m 十観山が250m 弘法山が280m
三座合わせても820m(^ー^;

 でも、それぞれ全くタイプが違ってて~
すっごく面白い一日でした。

 何より、樹氷と北アルプス、最高でした。
 \(●⌒∇⌒●)/

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »