« 長瀞アルプス 皆野アルプス | トップページ | 熊倉~生藤~茅丸~和田 »

2020年2月 9日 (日)

映画

前から見たかった映画が、ようやく神奈川に来た。

 イーディ83才 初めての登山

Kimg0781

 公式にも出てくるあらすじ
30年、夫の介護で明け暮れたイーディ。
夫が亡くなって1人暮らしになって、娘から介護ホームに入るように勧められる。

 旦那さんが亡くなって、イーディはやっと自由の身。
町のフィッシュアンドチップスのお店で、
「まだ追加オーダーができる?」
って尋ねたら
「何ごとも遅すぎることはないさ」
と店員サンが応えたの。
その言葉に閃いたイーディは、昔、父親と登る約束をしていたスコットランドのスイルベン山に登ろう、って決めた。
これまで、子供と夫のために生きてきたイーディが、初めて自分のために踏み出した一歩が、お山。

 夜行列車でスコットランドへ向かったイーディ。
偶然入った山用品のお店のお兄さんをトレーナーに雇って、訓練を始めた。

 頑固なイーディは、スポーツ店のお兄さんと喧嘩したりして・・・
でも、指導してもらって、登山グッズの使い方を覚えたり、
山頂までのルートを覚えたり、

 イーディはついに憧れのスイルベン山へ…。

 
 伊勢佐木町に近い黄金町の映画館へ行くと、
あ~らびっくり!(゜o゜)
すごい人じゃないの。
神奈川で上映館がここだけ、って言うこともあるんだろうけど、朝一の映画に、ほぼ満席って、初めて。


 でね、これはネットで予告を見て、お姉さま方にも勝手に宣伝してたんだけど・・・
突っ込みどころ満載~( ⌒ _ ⌒;)

 ここからはネタバレだから、見たい人は読まないでね。


 まず、イーディの夫はわがままで、自由のない結婚生活で、
父親から、不思議な形のスコットランドの山へ登ろうってハガキがきて、
行こうとして、夫と言い争っていた時に、夫は脳血栓で車いす生活になったらしい。
そんな環境なら、娘は味方するかと思いきや!
突然家に来て、イーディが作っていた料理を、健康に悪いからって捨てちゃうの。
そして、老人ホームに入るように勧める。
家を片付けていて、イーディの日記を見つける。
イーディの昔の日記を見つけて、なんで話してくれなかったのって怒って、雨の中、出て行ってしまう。

 この辺、山登りの動機付けとして、ちょっと無理矢理な感じ。

 一人で寝台列車でスコットランドへ行って、登山の準備を始めるんだけど、
監督が撮りたかった映像はこれかな。って言う、フィヨルドみたいなやせた土地と湖の景色が素敵。

 いざ、登山になると~
もう、突っ込みどころだらけでねぇ・・・
しかも、山頂にたどり着いて感動的な終わり。

 うーん "( ' ' ;)
そこで終わりですか?
山は下山が難しいんだよ。
テロップの後に、後日談みたいな映像があるのかな?
と思ったけどないし~。

 自分が見てもいないうちに、お姉さま方に勧めたけど・・・
内容は、それほどでもなかったわ。
ただ、景色が素敵だから、これで人気が出て、あちこちの映画館でやったりしたら、
そのうち、クラツーさんのお山のツアーあたりで
『あのイーディが登った、イングランドのスイルベン山に登ろう』
的な旅行が、出るかも。
標高は731mだから、お姉さま方なら楽勝だわ。

 監督は、何かをやるのに、『年だからもう遅い』ってことはない。
って言いたかったんだろうけど、それなら、1人で登って一人で降りてこなくっちゃね~。


 この女優さんは、ほんとに83才なんですって。
長年お山を歩いているお姉さま方と違って、いきなり過酷な登山の映画。
ものすごく大変だったと思う。
でも、ちょっと偏屈な老婦人の役が、とってもチャーミングだったよ。
目がきれい!

 くだらない感想
そんな場所ならスパッツ履きましょうよ。
登山靴をその履き方だと、小石や小枝が入っちゃうよ。
何があっても、雨具と水だけは持って登りましょう。

 それから・・・
ロンドンからインバネス迄の夜行列車、すてきだった。乗ってみたいな。

 映画のあと、黄金町から伊勢佐木長者町を通り過ぎて、関内まで歩きました。
川沿いに、風上に顔を向けて、一列に並ぶ
カモメの水兵さんが、かわいかったよ。
Kimg0777

 帰宅後、高2の時、工芸の授業で自分で作った木目込み人形のお雛様や、マイフレさん手作りの、貝の豆雛などを飾りました。

Img_0599
 そうそう!
 館山市から、台風19号に罹災した人の減税処置ってのが届いた。
 罹災証明書のコピーと身分証明書コピーを提出すると、固定資産税を減税してくれるんだって。半壊で、40%の減税

 館山の土地は、ただみたいなものだから、固定資産税は、横浜の自宅の1/10だけど・・・
でも、減税してくれるなら、出さなきゃ。
 明日、罹災証明書を、コピーしてこよう。

« 長瀞アルプス 皆野アルプス | トップページ | 熊倉~生藤~茅丸~和田 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長瀞アルプス 皆野アルプス | トップページ | 熊倉~生藤~茅丸~和田 »