« 四阿屋山 長瀞 | トップページ | 小鹿野アルプス 城峰山 丸神の滝 »

2020年2月27日 (木)

仙台観光と松川温泉

 ダイヤモンドクルースを諦め・・・
台湾旅行を諦め・・・
では、どこへ行きましょう。

 ダイヤモンドクルーズでの、14日間隔離で思うこと。
夫は持病がある。痛風はまだいいとして・・・
もし、3日薬がないと・・・
ある朝、冷たくなっていたりするかも。
乗っていなくて、命拾いしましたねぇ。

 さて、そんな、いわゆる贅沢病な夫のご要望は、
「グランクラスに乗らないか?」でした(;´o`)
しかも、グランクラスに乗るのは長めで、酔っ払っても支障がない、帰路にグランクラスがいい。
だそうで、泊りは、どこでもいいんだって。

 ほんの数日前にもかかわらず、みどりの窓口へ行ったら、帰りの指定席券も取れちゃった。

 秘湯の宿で・・・
私が好きな、白濁の湯で・・・
色々調べていたら、岩手復興割り って言うのがあった。
台風19号の被害があった地域で、この復興割りで5000円安くなる。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
これにしよう。

 先日、マイフレさんが連れて行ってくれた小岩井農場から、岩手山が見えなかったから~
岩手山の眺めのリベンジ。

 岩手山の裾の秘湯の宿、松川温泉、峡雲荘
なんと!復興割りで、11000円のお部屋に6000円で泊まれるの。
復興割りは、あと6泊分だって!
そのうちの2人×2泊分を、使わせて頂きます。


 2月24日

 夫は、仙台の美術館に行きたいからと、行きは仙台で下車。
格安レンタカーを探して、まずは仙台美術館へ。
洲之内コレクションがいいんですって~。

 ここは震災1年後、復興支援で姑を連れて、来ましたっけ。
姑の車椅子を押して美術館を廻ると、人がどいてくれて、一番前で見られるので、ありがたいやら申し訳ないやらでした。

 絵画鑑賞は苦手だ・・・
特別展でアイヌ、美しき工芸展 をやっていて、これが素晴らしかった!
どうして、ここまで左右対称を追求したんだろう。
ボロボロになった、民族衣装は、朝顔プリントや菊のプリント生地をも細かくパッチワークして、
その模様の出方まで、左右対称に近くなるように、工夫している。
芸術家じゃない、アイヌのお母さんたちの、美的こだわりに、舌を巻きました!

Img_0990_20200227205101
 美術館の後、中尊寺へ。
観光地の名物に旨い物なし、って言うけど、義経割りこ蕎麦、結構いけました。

Img_0937

金色堂や覆堂、毛越庭園を見て、

Img_0992

松島で焼き牡蛎とずんだシェイク(^ー^* )

Img_0962_20200227205001
夫はレンタカーだから『飲めんなぁ~』と、残念そ。

Img_0972_20200227205101

 仙台へ戻って、夫がこだわった、飲み屋街の中のビジネスホテルにチェックイン。
繁華街をウロウロに付き合わされて、小一時間。
夫はこれが好きなんだよね(;-_-) =3
 やっと決まった、伊達藩長屋酒場、ってとこに入ったら、なかなか面白かった。

Img_0989

内装も古民家風で、シャベルで牡蛎の蒸し焼きとかも。
3時間近く飲んで、途中で飽きちゃったよ。

Img_0983

 私は早く帰って、のんびりお風呂に入りたよぉ~。


 2月25日
仙台から盛岡へ。

 今日のお宿へ行くバスまでに、3時間半。
昨日から『どうすんだ』とうるさい。
『何か行きたいところがあるなら、付き合いますよ』
って聞いたけど、特にないそうで・・・(;´o`)
天気がいいので、まず、駅ビル マリオン展望台へ。
岩手山や雫石、秋田駒など見て、盛岡城跡へ、徒歩15 分。
Img_1003_20200227205101
 途中、夫がお土産やさんにやけにひっかかる。
孫にどうだ って~( ̄▽ ̄;) 
自分の子供には、そんなにお土産って買わなかったのに、孫ってかわいいんだなあ。
頭から否定すると意地になるから
『かわいいですね~ あなたの荷物に入るならどうぞ』って言うと、買うのを止める。
こいつって…何でも私が持つと思っているんだな~( ̄▽ ̄;)

 広い城址公園に登って、ここからも岩手山がよく見えます。

Img_1006

公園の中にある、盛岡歴史文化館へ入ると、高山の山車みたいな巨大な山車が展示されていました。
北上川沿いをちょっと歩いて、啄木賢治青春館へ。

Img_1011
こちらは、古い建物事態も、とっても見応えがありました。

 駅へ戻りがてら、じゃじゃ麺でも食べようか、と思っていたら、
夫が、中華屋さんの前で足が止まる。
盛岡で・・・ラーメンですか?
冷麺とかじゃじゃ麺とかじゃなくて?
まぁ、私も嫌いじゃないので入ると、とにかくお腹が空いて居たんですって!
座るなり、ビールちょうだい。あとギョウーザとニラレバ。
へぇ~。飲みたいだけ?(;´o`)
野菜タンメン、美味しゅうございました。


 盛岡から、松川温泉へのバスは午後は2便のみ。
の、今回は遅い方で行きます。2時間近くかかります。さすが秘湯の宿!

 松川温泉は、このバスか、自家用車でしか行けない。
岩手山の北西の裾野にあります。
Img_1167
 台湾が中止になって、夫が「3泊はしようぜ」って言うので、
でも、日時が迫って、あれこれ調べる時間もないので、こちらに2泊にしたの。
お宿でスノーシューの貸し出しと、1200円でガイドもしてくれるって書いてあったから。

 滅多にない温泉に連泊。
お風呂は、緑がかった乳白色で、すっごく効き目がありそうです~♪~
しかも、バックは雪山。
ロケーションは最高です~。

Img_1124_20200227205601

でも、混浴も誰もいないの。なぜって・・・

Img_1129_20200227205601

裸足で雪の中を歩くのは初体験でした。

 お夕食は、岩魚とイトウ(幻の魚)のお刺身、鍋に山菜に煮物に茶碗蒸し。
東北にしちゃ、甘み控えめで美味しい味付けでした。
Img_1039

 2月26日
夫はクルーズの時、たくさん本を持って行く。
今回も、色々本を持って来たみたい。
私は・・・たくさんの毛糸を持って行く("⌒∇⌒")
窓の外の、雪景色を見ながらの編み物は、なかなか楽しいです。

 でも、体を動かしたくなって、お宿の前で、雪ダルマ制作。
(^、^*) エヘヘ 

サラサラで握れない雪で、スキーをしたら気持ちよさそうだな。

Img_1114

 一昨年、ブータンへ行こうとしていて、中止になったことがある。
その時、高峰温泉のスノーシューへ行ったら、夫が思いのほか楽しそうだった。
さて、こちらのお宿のスノーシューツアーはいかがかな?
 
 ガイドさんは同じくらいの年で、冬期閉鎖の八幡平への車道をスノーシューを履いて歩く。

Img_1047

アニマルトラッキングが色々~。

Img_1085
では、森に入ります。って、急斜面を登り出して、

Img_1064

こりゃなかなか大変。
沢の穴も開いていて、結構怖い。

Img_1070
『前に来たご夫婦の旦那さんがはしゃいで、私の足跡を歩いてって言うのに、沢に落ちたんですよ。引っ張り出すのが大変でしたよ』
なんて話すんだよ~。
夫は結構ビビってました("⌒∇⌒")

 ミズナラブナ、ウダイカンバ、オオカメノキ

Img_1052
よくご存じで、色々説明してくれる。
こう言う時に、私がしゃしゃり出ると、夫は不機嫌になるから、黙って聞いてます。
夫が『こいつは花が好きなんですよ』って言ったら、ガイドさんが
『私と歩くと、多いときは100 種類くらいの花をご案内できますよ』って、言ってました。
私も、尾瀬や秋田駒じゃ、100 種類くらいのお花を見つけるよ~。
って思ったけど、黙ってました("⌒∇⌒") キャハハ

 お宿へ戻って、イトウと紅鱒の漬け丼。

Img_1095_20200227205901
これで飲んで、夫はお昼寝~。
私は、露天風呂に入っては、一人でお散歩。
地熱発電所を見に行ったり、面白かった。

Img_1099_20200227205601

日本で最初の地熱発電所、だそうです。

Img_1101_20200227205601
 2月27日
ずっと降っていた雪が止んで、青空が出てきた。

Img_1141
お部屋から、裏山の樹氷がきれい!('◇'*)

Img_1152_20200227210001
長靴をお借りして、近くへお散歩~♪~

 さて、お宿から盛岡へのバスは、朝は1便 9時45分のみ。
タイヤチェーンをつけたバスって、久しぶりに乗りましたよ。
このバスを、途中で普通のタイヤのバスに乗り換えるの。
盛岡駅にお昼前に付いたから、今日こそじゃじゃ麺にしようかと思ったけど・・・
夫が海鮮丼に引っ張られた。
宮古海鮮丼、大変美味しゅうございました。

Img_1170

 新幹線ホームのキヨスクは無人 

Img_1172_20200227210001
自分でバーコードを読み取らせて、ガードで払う形式 
盛岡、進んでるぜ! 

 さて、今回のハイライト!
初めて乗ります、グランクラス。

Img_1175_20200227210101
フットレストもついて、ちょっと優雅な気分。
すぐにアテンダントさんが来て、おお飲み物は何になさいますか?
(ノ°ο°)ノ オオオオ

Img_1177
小さなお弁当とおつまみと、紅茶のケーキが付いてきます。
それに、スパークリングワインや日本酒、ビール、ウイスキー
コーヒーやジュースにハーブティなど飲み放題。
つい、コーヒー・ハーブティー・リンゴジュースと、色々頼んじゃいました。
車内はガラガラ。
Img_1181_20200227210001
 夫は、ガンガン飲んで寝ちゃった。
私は、景色を見ながら、せこせこ編みもの。

 コーヒーは、なかなか香りが高くて美味しかったです!

 フットレストを使って、リクライニングすると・・・
これなら、乗り物で不眠症な私でも、眠れるかも知れないなぁ。
乗り心地は最高です。
一人づつのライトもあって、もっと長く乗っていたかった~。
お値段の高さから考えると、恐らくもう、一生乗らないかな。

 まぁ、今回の旅行では、色々な体験ができました(^ー^* )

« 四阿屋山 長瀞 | トップページ | 小鹿野アルプス 城峰山 丸神の滝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四阿屋山 長瀞 | トップページ | 小鹿野アルプス 城峰山 丸神の滝 »