« やけに豪華なお夕食 | トップページ | 雲が多くてきぼうが見えない 7日間ブックカバーチャレンジ »

2020年5月17日 (日)

朝ご飯をお外で 7日間ブックカバーチャレンジ

 いつも、週に2回か3回は、お山で御飯を食べていた。なので、お外ご飯が食べたくなって・・・ でも、遠くへは行けない。近くの公園でランチはちょっと恥ずかしい。

うーん "( ' ' ;)

 で、夫と早朝にお散歩して、近所の公園で7時半に朝ご飯。

Img_0706_20200517232601

川沿いの遊歩道は人が多いけど、田んぼや竹林の近くとか、全然人が歩いていないのよね。行ったことがない竹藪に!('◇'*)わぁお!
咲きたての瑞々しいエビネ。

Img_0719_20200517233302  
超おくての子なのね。

 1時間も歩くと、夫が帰りたそうなそぶり。
私も、ゆっくり歩きでかったるいし、ひと先ず帰って、家のことをあれこれ。

 動き足りないから、夕方サイクリングに出る。

川沿いじゃなくても、畑にもユスリカの蚊柱が。撮ってみたけど分かるかなぁ。
 ようやく、あちこちの田んぼに水が入れられ始めて、

Img_0744

空が写ってきれいだな、って思って写真を撮って、7時前にスーパーに入る。チャチャっと買い物して出たら!

 \(^o^)/ わ~
さっきよりきれいじゃん!

Img_0776
たくさんのコウモリが飛んでいて、ああ、ユスリカの雄は、次々とコウモリに食べられちゃうんだろうな。
 
 ユスリカの雄 なかなか辛いね。

 
7日間ブックカバーチャレンジ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ◎BookCoverChallenge=7日間ブックカバーチャレンジは読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ

ルールは2つ。
①好きな本を1日1冊、本の説明は特に付けずに表紙の画像を7日間日記に投稿(公開設定を「会員全体」にして貰えると更にありがたい)する。著者や年代、背景等は補助資料として添付

②日記をアップする時に、毎回「おきにいり」の友達に、このチャレンジへの参加をお願いするバトン(伝言板に伝える)を渡す。ただしバトンを貰った人は余りこだわらず、スルーものんびりも可のゆるゆるでOK。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Book Cover Challenge6冊目
『アダルトチルドレン』
学陽書房 1998年4月20日発行

Img_0777_20200517232701

 夫はずっと、突然怒り出したり不機嫌になることがあって、そうなると数日から数か月、感情が切り替えられない。
無理矢理心療内科に連れて行った時もあるけど、あとで、お前に精神病に仕立て上げられた、って怒鳴られた。
 そんな環境で、子供たちはいつも、夫の顔色を見て行動していた。

 幼稚園でも、小学校でも、いつも先生に、いい子だ、助かる って褒めて頂いて・・・
これって、もしかしてうちの子たちは、アダルトチルドレンなのか?
って、悩んだ。
 子供が思春期になる前に、こどものために、夫と別れた方がいいのかと。この本は、その頃に買ったのかな。

 息子が大学入試の直前の秋に、9.11
その日夫は、居間で暴れていて、息子はその頃いつも、ヘッドホンをして勉強していた。
その日、私が片付け物をしていたら、夫から見えないように、息子が手招きする。
そして、娘と私は、狭い息子の部屋の小さなテレビで、9・11の二台目の機がビルに突入の瞬間を見ていた。
 夫は一人、居間でテレビのボリュウムを最大にして、何か大声で叫んでいた。

 ニュースも衝撃だったけど・・・
こうやって息を潜めて、娘と共に息子の部屋にいること事態が異様だと感じて、
惨事のテレビ映像を見ながら、
「あなたたちが手のかからないいい子なのって、もしかしたらアダルトチルドレンじゃないかって心配なんだよ」
って話したら、息子が
「え・ぼくたちはアダルトチルドレンだよ!」

【+_+】 ほえ~
「不甲斐ない母で申し訳ない。あなたたちが望むなら、内緒で急いで引っ越すよ」
って言ったら、日ごろ温厚な息子に、
「それを子供に判断させるのはおかしいだろ!」
って怒られた。
ごもっともです。
 実は、一番問題なのは私で、私が共依存なのか。繰り返し悩んで、結構何度も読んだ本です。


 あれ、これってちっとも読書感想じゃないわ。

 次のバトンを、杉松さんにお願いしてもいいでしょうか?

« やけに豪華なお夕食 | トップページ | 雲が多くてきぼうが見えない 7日間ブックカバーチャレンジ »

コメント

お疲れ様です。
やっぱり、こちらに書く方が落ち着きます。

お辛い時期が有ったのですね。

親に誉められる事を喜びとして良い子になったのでは無く、親に心配を掛けまいとして、お子さん達なりに考えていたのですから、ご立派な人格が形成されたのだと思います。

あなた様が一生懸命お育てになられたのですから、間違いは無いはずです。

お二人のお子さんにとって、この世で一番の理解者なのですから。

お疲れ様です。
やっぱり、こちらに書く方が落ち着きます。

お辛い時期が有ったのですね。

親に誉められる事を喜びとして良い子になったのでは無く、親に心配を掛けまいとして、お子さん達なりに考えていたのですから、ご立派な人格が形成されたのだと思います。

あなた様が一生懸命お育てになられたのですから、間違いは無いはずです。

お二人のお子さんにとって、この世で一番の理解者なのですから。

ごめんなさい。
反応が遅くて、2回押したらダブってしまいました。

きれいな夕日に心が洗われました。

ありがとうございました。

鈍足さん
コメントありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ
そして、暖かいお言葉、心にしみます(j o j) ウルルル
私は大人になってからの試練でしたから、今は、割に平気ですが、
思春期に一番ひどかった娘にとっては、過酷だったようです。かわいそうな日々を送らせてしまいました。
今、時間が許す限り、毎日娘とお散歩しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やけに豪華なお夕食 | トップページ | 雲が多くてきぼうが見えない 7日間ブックカバーチャレンジ »