« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月28日 (日)

アヤメ平から尾瀬ヶ原

 やっと、遠くのお山へ行けるねぇ。
さて、次はどこへ行きましょう。
「尾瀬のアヤメ平は行ったことある?」
「あるけど、この時期はありません」
じゃ、アヤメ平から尾瀬ヶ原周回にしようか。
 
 移動距離が長いので、またまた早朝出発になりました。

 ところが、朝からの雨は、道中バケツをひっくり返したようになって、高速道路は50キロ規制。
前が見えないよ~(^o^; ほえ~
予定より時間がかかって、7時50分のバスに間に合うか?(;-・。・-;)

 尾瀬戸倉の駐車場は、8時前でもガラガラ。雨だからかな。
尾瀬はまだ、ほとんどの施設が閉鎖されてる。
遭難救助は困難だから、自己管理しろってあちこちに書かれている。

それって・・・
 どこの山でも、いつでも同じよね。
ずっと前、山へ連れてってください、って言われて、初めてのマイフレさんとお会いしたら!
いきなり「今日 調子が悪いんです、歩くの遅いかも~」って言われたことがある。
そう言う時は、丁寧に謝って休みましょう!(-_-x)
歩きたい気持ちは分かるけど、メンバー全員に迷惑がかかっちゃうんだよ。

 マイカー規制だから、バスに乗り換えて、4人グループ2組に子連れ2人だから、マイクロバスで鳩待峠へ。
お土産屋さんは昨日から開店ですって。

 雨の支度をして、出発。
今日は、山荘の裏を登ります。

Img_1014_20200628231201


車に乗っていた時の、バケツをひっくり返したような雨で、登山道は沢状態。

 木道が、滑る滑る。
ほかの3人は、木道で滑らないためのゴムの滑り止めを登山靴に装着。
私、持ってないよ~(/_;)
濡れた木道が少し斜めってると、怖い怖い。
マイズヅルソウやギンリョウソウ、タニギキョウにコミヤマカタバミ、
雨だから、開いてないよ。

 霧雨っぽくなってきて、横田代はヒメシャクナゲや

Img_1049_20200628231201

チングルマ

Img_1059

コイワカガミも咲いてるよ。

Img_1046
('◇'*)わぁお!
オノエランもたくさん咲いてます。

Img_1071_20200628231201


雨は止まないけど、振り向くと至仏と笠、ずっと奥に巻機?

Img_1055

 
南側は雲海。
このアヤメ平辺りからの景色が好きなのよ~。

 燧や平ヶ岳も見えてます。

Img_1081
富士見小屋のどこかの軒先でランチ、と思っていたら、どんどん小降りになって・・・
止んだ。何ていいタイミングなの?
ゆっくりランチできました。

 じゃ、尾瀬ヶ原へ降りましょう。
「道が悪いから覚悟してね」
ちょっと朽ちた木の階段は滑るし要注意。
おまけに、あちこち池のようになっていて、歩きにくいことこの上ない。
でも、雨は上がって薄日まで射してきた。

 降り切ると、竜宮小屋近くの尾瀬ヶ原へ出る。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
燧方向を見ても、誰もいない。

Img_1130
至仏方向を見ても、誰もいない! 山友が持って来たチーズケーキ

Img_1131
こんな尾瀬、見たことがないわ~。
遠くでカッコウが鳴いて、静かで、水の流れる音がする。

 竜宮現象って知ってる?
尾瀬の伏流水のことなんだけど、竜宮小屋のすぐ先に[竜宮現象→]って書かれた木道があるの。
行き止まりの池には、三方向から水が流れているのに、どこへも流れ出ていないんだよ。

Img_1146


つまり、そこから地面の下の方に、お水が潜ってるの。
吸い込まれるところを見つめていると、魂を持っていかれそうになります~(;-・。・-;)
入口で、渦を巻きながら水を吸い込んでいるから、竜の口みたいで、竜宮って呼ばれるようになった 
って、言い伝えられています。

 で、その3分くらい先には、その潜ったお水が、地面から湧き出て、2方向に滾々と流れています。
こう言う水脈がいくつも存在しているんだね。尾瀬って。

 例年ならこの時間、お泊りの人がこちらに大勢歩いてくる時間。
尾瀬ヶ原、静かです~♪~ ここで数年前、ちい姉さまのお誕生会をしました。

至仏山とカキツバタ

Img_1166_20200628231301

トキソウ

Img_1183_20200628231301

バイケイソウに

Img_1058

カキツバタとレンゲツツジも見られて

Img_1187_20200628231901


陽が射して来たら、タテヤマリンドウが開きだした\(^o^)/


 一昨年、鬼怒沼湿原へ行って、広い湿原に誰もいないことに感動したけど・・・
広い広い尾瀬ヶ原に、人がいないのも、感動!
尾瀬ヶ原、お貸し切り~♪~

 木道を、山の鼻に向かって歩きます。

ウラジロヨウラク

Img_1140 

ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)

Img_1201_20200628231301


最後のリュウキンカや

Img_1194

タカネザクラがかわいい。

Img_1195_20200628231301

山の鼻では、たくさんのヤマサギソウと

Img_1203_20200628231301

ノビネチドリが見られました。

Img_1206_20200628231301

 最後に鳩待峠へ向かって登っていると、ヤグルマソウや

Img_1229_20200628231401

モミジカラマツが咲き出していました。

Img_1234

オオレイジンソウ

Img_1222_20200628232101

 山の鼻でタクシーを予約して、鳩待山荘で姫筍をお土産に買って、戸倉へ。

 マップタイム7時間、38000歩でした。


 今日はお夕飯に間に合わないから、カレーとサラダを作って置いてきたの。
なので、久しぶりに、時間を気にしないで帰れました。

 なんと、帰路の車中でも雨が。
してみると、歩いている間に小降りになって止んだのは、超ラッキーでしたね~。

 

発掘 2015年、ちい姉さまのお誕生山行 

アヤメ平から山の鼻へ周回して、翌日は至仏って・・・

当時79才と77才のお姉さま、タフだなぁ!

D63hosenb5i94ipc6jpse73h8ka5210

2020年6月26日 (金)

マスクカバー 山ズボンのリメイク

お山でランチの時、毎回
「手を除菌して、マスクしてから、ランチを出してね」
って言ってます。 
すると、毎回誰かが、
「マスク・マスク、どこに行ったのかしら」
って探している。

 マスクの外側は触ったら危険で、ザックの中で行方不明になったら、ザックの中全部がレッドゾーンじゃないの(/_;)

 私は、マスクを外したら、アルコールをスプレーして、毎回表面が同じ方向にくっつくようにジップロックに入れて、ザックのサイドポケットに入れている。
 マスク表面に触らずに、ジップロックに入れるのに気を使っている。そこまではできないかも知れないから・・・
 今日、カラーのクリアファイルを買ってきた。切って、端をセロテープで止めて、お飾りのマスキングテープを貼って・・・

 これに、マスクを挟んで、サイドポケットに入れてもらったらどうかな。

 マスクの種類によって、正方形に近いものもあるから、形の違うマスクケースも作った。
さて、使ってくれるかな?
Img_1004


 軽くて速乾の七分丈ズボンが売っていた。裾のサイドを、リボンで絞って履くデザイン。
 真夏の山用ショートパンツが、1枚しかないから、この七分ズボンの裾を切ったら、ちょうどいいかも。

Img_1008_20200626212801

 切った裾の片足分は、もう一つ腰にポケットを付けて、もう片足分は、紐部分をそのままの巾着袋にした。
 中ぽっけも付けて、スマホとカメラとメガネが入れられるようにした。
 ポケットに、シールを貼ってみたら面白くて・・・いっぱい貼っちゃった("⌒∇⌒")

Img_1013_20200626212801
 これからの夏、山小屋は泊まれなくても、山の下の温泉とかでお泊りしたいけど・・・
 
 東京の感染者数が増えてきて怖い(T.T) 
これ以上感染者が増えないことを、祈っています。

 外で大勢で飲むのは止めて、お料理はお持ち帰りしようよ~【><。】

2020年6月23日 (火)

関八州から顔振峠

 自粛になって、ずっと歩いていないお姉さまがいるの。
 なので、そのお姉さまの県で、標高差があまりないところを考える。

どこからでもエスケープできるルートは~( ̄-  ̄ )

 そうだ!
最近、準レギュラーになっているマイフレさんが、関八州見晴台に行ったことがないって、言ってたっけ。

 そう決めたら、ご自宅からほとんど外へ出ないで、きっちりステイホームしたマイフレさんも、ご参加してくれるって。
 人数が多くなるので、しっかりと距離をあけて歩きましょうね。
 
 以前は、お山の集合は、高尾とか飯能とか、なるべく手前で集まってました。
でもね、そうすると、電車の中でしゃべっちゃうじゃない。 
ってことで、西吾野駅で集合。 

 駅に近づくと、雨が降って来ちゃった(/_;)
お久しぶりの挨拶をして、傘をさしての歩き出し。

Img_0937
 傘をさすと、ソーシャルディスタンスが自然に取れていいかも~。

 登山口へ着いたら、あれれ、登山道に両側から草がかぶってる(T.T)
 自粛中に人があまり歩かないと、お山って、すぐに自然に帰っちゃうのね。
 今日は、あらかじめオーバーズボンを履いてきた人が3人。

「ごめ~ん!オーバーズボン隊、先行してくれない?」
 傘をさしただけの私は、お姉さま3人に、露払いをお願いしちゃいました(。_。;) すみません。

クモキリソウ

Img_0944_20200623174301
 細い道を登って、途中からは植林地の幅広い道になる。標高差300mほど登ると高山不動尊。

Img_0948
 千葉の成田不動、東京の高幡不動と並んで、関東三大不動の一つで、山伏の修験道場だったんだって~。樹齢800年くらいの大銀杏があって、散り敷く金色の絨毯は見事よ~。
今は若葉がきれい。

 本殿脇の東屋はとっても広くって、雨はしっかり降ってるし・・・
 時間は早いけど、今日はここでランチにしましょう。

 今日、久しぶりの人がいるから~
「ザックを触る前に、手をアルコール除菌してね」
「マスクしてから、おかずを出してね~」
って、ちょっとうるさく言っちゃいました。
すごい品数のランチバイキング!\(^o^)/

Img_0953_20200623174301
お皿に取って、距離を離れて、頂きます(´ー`)
朝早くから動いているから、美味しいね~。
色々食べられて楽しいし。
 

 ツルアリドウシ

Img_0961_20200623174301
 途中車道も通って、30分ほどで、関八州見晴台(771,1m)

Img_0959
 ここは、広めの東屋があるの。
そして、筑波山から富士山まで眺めがいいの。
関八州(相模・武蔵・安房・下総・上総・常陸・上野・下野)が見えるんだもん、いい眺めのはずよね~。
でも、あいにく辺りは真っ白(/_;)
 
 [顔振峠→]に従って歩き始めたのに、
真北にあるバリエーションルートの分岐・・・?(?+_+)
 ここ、激下りの後ナイフリッジがあって、なかなかのスリルなんだよ。
でも、何でこの分岐に出るの?
東に行くつもりが、車道に出ちゃった。

 あらら、リングワンデリング?【><。】
登り返したくないからしょうがない、高山不動手前から車道を歩く。

 奥武蔵のハイキングコースの難点は、尾根に車道が走っていること。これはちょっと、興冷め~。でも、どれだけ歩けるか分からない人がいる場合には、心強いのよね。 どこでだって、タクシーが呼べるもの(^v^)v

 時々山道、時々車道を歩いて、顔振峠へ。
いつの間にか雨は止んだ。

今日は、クモキリソウをあちこちで見かける。

Img_0967_20200623174601

キハギ

Img_0990

ムラサキシキブ

Img_0988

奥多摩方向はまだ雨が降ってますね~

Img_0983_20200623174601

伊豆ヶ岳が見える

Img_0994_20200623174801
 顔振峠は、峠のお茶屋さんが2軒あるの。

Img_0993 Img_0993
義経が都落ちで、奥州へ逃げる時に、ここのあまりの絶景に、何度も振り向いた ってのがお名前の由来。
他にも諸説あるけどね。

アカショウマ

Img_0995

 ゆっくり下山して、吾野駅へ2時前に着。

 吾野駅ホームには、火曜会以外誰もいません。電車では、みんな離れて座って・・・

Img_1001_20200623174801
累積標高差は登り600m 下り650m 26000歩
 ありゃ(°∇°;) !!
リハビリ第一弾にしちゃ、きつすぎたかな。
ごめんなさい(゜゜;)
でも、これを、3ヶ月振りなのに歩けちゃう82才って、すっごいです。きっと、おうちで色々、ご努力なさったんでしょう!
 
 でも、明日は筋肉痛かも~
今夜は、しっかりストレッチなさってください(/・0・)

 復帰、おめでとうございます\(^o^)/

2020年6月21日 (日)

孫とお庭ランチ

 息子んちへ、毎月恒例のこどもちゃれんじをお届けに行く。

 自粛も解けて、県外移動もよくなって、さすがにもう、公園でランチするかな、って思ったのに・・・嫁ちゃんが「じゃ、庭で」 だって。

 息子んちは本当に、インドア派だなぁ。

 で、せっかくたくさん握ったおにぎりを、お庭で食べて、またビワを採ってもらって、孫と遊んで帰ってきた。

Img_0930_20200621233701
 しばらくして夫が
「おーい!おーい!」
って部屋から大声で呼ぶ。
そんなことは滅多にないので、ゴキでも出たのかと、ティッシュの箱片手に行って見たら・・・

 何のことはない、背広を着ようと思ったら、前から少しほつれていたところに手が引っかかって、ビーっと縫い目が切れちゃっただけだった。

Img_0934

それって・・・人を呼びつけること? 

「これって、もうダメか?直せる?」
「布が切れたわけじゃないから直せますよ」
「じゃ、急がないから」
・・・

 急がないから、と言う文がつくだけ、マシになったって事か。
一瞬 冗談めかして
「お願いしますは?」
って言おうかと思ったけど、機嫌が悪くなったら と思うと、やっぱり言えない~【><。】
 
 よく見たら、あちこち手縫いで、襟にハ刺しの高級品。こう言うのを買っているから、高島屋からハガキが来たりするんだな。そんな余裕があるなら、家計費入れろ~!

 息子んちから貰って来たビワが甘くておいしくて、夕方いくつも食べちゃって~。
 なのでお夕飯は、またお粥にしました。
ミツバと塩昆布のお粥、美味しいです。

Img_0935_20200621233701

2020年6月20日 (土)

赤岳~横岳~硫黄岳

 ホテイランとツクモグサに会いたくて・・・
会いたくても、長野へ行けない日々が続き~【T_T】
やっと、神奈川から長野の移動が解禁された。

 八ヶ岳へ行ける!
そもそも長野県は、新型コロナの感染者数が少ない県で、他県からの入県に厳しかった。
そして八つは、私が歩くお山の中ではメジャールートだから、人に会っちゃうのよね。
で、今日まで耐え忍んで参りました。

 でも、もうホテイランもツクモグサも、終わっちゃってるね~(;>_<;)
じゃ、久しぶりに、ついでに赤岳、寄っちゃう?

 最近は、杣添え尾根や地蔵尾根で登って、ツクモグサに会いに行っていた。
今回は久しぶりに、根性階段の文三郎に、チャレンジしてみましょうか。
老体に鞭打って~("⌒∇⌒")


 自粛期間なんてものがあると、お山愛が増長して・・・
歯止めが、利かなくなっちゃいそうですよ。
マップタイムは、久々の9時間越え。

 みんな、待ちに待った県境越えだから、朝7時前の駐車場はほぼ満車。
まずは行者小屋まで、標高差の少ない道だから、ちょっととばす。
ホテイランは片鱗もなく・・・って、ヤマレコとかで書いてあったけど、
一輪だけ、まだピンクでうなだれた子がいました。

Img_0737_20200620223601

 わぁ、まだミネザクラが咲いてます。

Img_0748

 行者小屋は、やってません。
そして、いつも美味しいお水が飲めた水道が!
ありません【><。】
(≧◇≦)エーーー!
ここで汲もうと思っていたのに。
標高差1500mほどのロングルートを、お水1Lで足りるかな?
最悪、硫黄山荘が営業しているから、500円で買うかぁ~。

 久々の文三郎に入ると・・・
やっぱ、きっついわ【><。】このマムート階段(;´o`)

Img_0757
もう、心臓バクバクで・・・

 って事は~(°∇°;) !!
「ごめん! もうちょいスピード落とすわ」
って、山友たちに言ったら
「助かった~」って。
なんだ、きついなら言ってよ! 
足を引っ張らないようにって、必死で頑張っちゃったじゃん。

 私は、標高2400mくらいから、飛ばすと指先がチリチリするの。
それでも頑張ると、次に頭が痛くなる。
それでも頑張ると、吐き気がしてくる。

 はい、これを、高度障害と言います。

 標高の高いお山で、頑張っちゃいけません!
まだ、指先の酸素不足のチリチリはないけど、ペースを落として登る。

 梯子も出てきて、ちょっと気がまぎれる。
そして、目の前に立ちはだかる岩の塊。

Img_0796_20200620223701
 赤岳(2899,2m)
久々の、高いお山の一等三角点!

Img_0814_20200620223701

 山頂からは!
(ノ°ο°)ノ オオオオ
雲海の上に、御嶽に乗鞍、槍や穂高!

Img_0775_20200620223701


気持のいい眺め~。

 ここで、サクランボ休憩。

Img_0820
頂上山荘は、今年は営業していないんだね!
のんびりお茶飲んでtら、フワッとガスって一気に真っ白!

 今日はこのあと、ガスったり晴れたり、暑かったり冷たい風が吹きつけたり・・・
目まぐるしいお天気でした。

 ザレた鎖場を下りて、お姉さま方のお誕生山行でも泊まった赤岳展望荘の前を通って、
こちらは営業しています。
今年は、個室のみで、1泊12500円だったかな。
今までのバイキングも止めて、寝具は使い捨てシーツだって!
今年の山小屋経営は、本当に大変だわ(;´o`)

 ここから、お花が楽しいのよね~♪~
阿弥陀をバックにキバナシャクナゲ

Img_0772_20200620223601

チョウノスケソウ

Img_0802_20200620223901

ツガザクラ

Img_0817_20200620223701

オヤマノエンドウとコイワカガミとチョウノスケソウ

Img_0859_20200620223901 

チシマノアマナ

Img_0837_20200620224001
 \(^o^)/ わ~
久々のイワウメ お会いしたかったわ~
今日のネイルは、イワウメにしたのよ~。

Img_0790_20200620224001  
 ツクモグサは、もう残っていないかと思ったの。
でも、案外たくさん見られました。
このひよこみたいな産毛がかわいいのよね~。

Img_0856_20200620223701

 ウルップソウも伸びて

Img_0866_20200620224101

 コマクサのつぼみも!

Img_0872_20200620224101
 鎖でトラバースして、横岳へ。

Img_0880_20200620224101
毎年のように通ってるから、この岩を回り込んだらムシトリスミレ
とかって、お花の場所を覚えてるよ。
でも、ムシトリスミレは咲いてませんでした。

 さて、硫黄山荘からのコマクサは、まだちょっと早くて・・・
そして、毎度ながらここが一番きつい。
硫黄岳へのガラガラな急な登り。
標高差はさほどないのに、いい加減長時間、空気が薄い稜線を歩いた後なので、足が重いの~。

 いつも風の強い硫黄岳(2760m)

Img_0889_20200620224101


今日は比較的穏やかで、でも、歩いてきた赤岳からの稜線を見たかったけど、雲がついちゃってました(/_;)

 風の当たるガラガラの斜面を下って、
赤岩の頭で、赤岳当たりの雲が切れるかと粘ったけど、無理だった。


 北沢はコミヤマカタバミとオサバグサが多いのね。

Img_0908_20200620223701
お花を楽しみつつ赤岳鉱泉へ。
ほとんど人に会わない静かな時間でした。

 お水が出ていたので、梯子や鎖に触ったから、しっかり手洗い。
これからも、お山でも接触感染を防ぐために、お水があれば手洗い、ですね(*^_^*)v

 たらふく飲んで~
冷たいお水が美味しいこと!

 あと10日もすれば、アブだらけになるかもな、堰堤広場を通って、
アブやブヨにも刺されずに、美濃戸山荘の駐車場へ戻れた。

 車は満車で、じゃ、この人たちはどこへ行ったの?
行者小屋や、赤岳展望荘かな?
きっとみんな、待ち望んでの小屋泊りなんでしょうねぇ。

 なんと!
車を開けたらアブが来て(/_;)
ハッカスプレーで追い出したけど・・・
これからは、フェイスネットと、タイガーバームとハッカ油必須でしょうかね。

 少しだけど、小仏渋滞もあって、八王子に5時半着
なんとかお夕飯の支度に間に合いました。

 久しぶりの、標高差1460m 38000歩でした。
腿が張ってる~、後でもう一度、しっかりストレッチしておきます。

2020年6月18日 (木)

目標は突然に達成

自粛中に、何か目的がないと~と考えて、やろうと思ったことは

 お琴をおさらいして、手を戻すこと。
筋トレと速足歩行。
そして、ダイエット。

 お座敷にお琴を2面 出しっぱにして、娘と数回弾いて、何度か練習したけど・・・
 お散歩の里山で、キンランのつぼみを見つけてからは、キンラン・ギンラン・エビネ、それに鴨の親子の観察に忙しく、なんだかあっという間に、自粛が終わった。

 たった2キロのダイエットなのに、達成できないままにお山が始まった。

 山を歩いた日は、お腹が空いて、夕食はしっかり食べちゃう。これは、体が求めているんだから、食べた方がいいと思ってる。

 で、あと少しがちっとも減らない~。

 って思っていたら、今朝、昨日より700gも少ない体重に(°∇°;) !! なんで?
 唐突に、目標体重。

Img_0284_20200618194301

 あ~、すっきりした。
(=●^0^●=)

 年だから、縮んだかもしれないけど~
一応 身長は163,5㎝です。このくらいの体重でないと、私は歩く頻度が多いから、膝を傷めちゃうんだよ。

 急に食べて、リバウンドしないようにしなくっちゃね~。

 昨日の夜は、砂肝と野菜炒め、山芋の塩昆布和え、もずくキュウリと、キムチ卵粥です。

Img_0732

 

 

2020年6月16日 (火)

浅間峠~浅間嶺

 火曜会の梅雨時期の定番、浅間峠から浅間嶺
ここ数年行っていない。
そろそろ少し長めのルートを歩いておきたいので、久しぶりに行きましょう。

 なんで梅雨時期の定番かって言うと、笹尾根の浅間峠と、浅間嶺の両方に東屋があるの。
でも、今日は大丈夫そうね。
混んだ電車は怖いから、相変わらず5時台の電車で集合。
そうすると、バス便がないのよね。
なので、タクシー利用なんだけど、今日は5人。
最近のタクシーって、5人乗りがないのよ~(/_;)
ソーシャルデジスタンスで、ゆったり1台に、2人と3人。

 運転手さんに浅間峠の登山口へ、って言っても分からない。
バス停から北へ入って、大きいヘヤピンカーブにある分岐で、奥の集落に入ってください。
って、お願いしました。
そして、林道がカーブするところで降りる。
ここ、エアリアマップの赤実線ルートなのに、何の案内もないんだよ。
ほとんど廃道。
草ぼうぼうな上に

Img_0650_20200616180201

以前あった橋が流れて、渡渉しなくちゃならない。

Img_0652_20200616180201


 とにかく沢沿いを歩けば、最後はジグザグになって峠へ。

あら、ホシザキイナモリソウ!

Img_0657_20200616180201

ウリノキ

Img_0663
昔からの、中央線沿線から奥多摩への道だったのに、今は、ハイカーにはあまり人気がないのね。
浅間峠でお水休憩。

Img_0658_20200616180201

これはガクウツギで

Img_0675_20200616180201

これはヤマアジサイ

Img_0684_20200616180201

テイカカズラ

Img_0685_20200616180301

シソバタツナミソウ

Img_0683_20200616180301

マタタビの花

Img_0679_20200616180301


 そして峠を越えて、上川乗へ降りる。
じゃぁ、最初から上川乗までバスで来ればいいじゃん。って思うかもね~。
でも、今日は再来週のために、お姉さま方に、ちょっとロングコースを歩いてもらいたかったの。

 いったん車道へ出てから、浅間嶺へ登り返し。

Img_0689_20200616180601
ウリノキの花がかわいい。

Img_0663
 登っていくと~( ・◇・)
ホシザキイナモリソウ?

Img_0657_20200616180201
でも、6弁なんだよ。

 浅間嶺でランチ。
お腹空いた~。
朝から3時間半も歩いているもの。

Img_0699
目の前に御前山、右手に大岳山。

Img_0704_20200616185301
気持がいいねぇ。
ツツドリと鶯が鳴いています。
遠くでコゲラ(キツツキ)のドラミングも。

 しばらく東へ歩いて下り始めると、
「沙羅さん、沙羅さんの好きそうな花がありますよ」
( °o° ) エー
どれどれ?

Img_0712
私が気が付かなかったクモキリソウを、マイフレさんが見つけてくれました。
実は、先週飛竜の滝へ行く時、会えるかと思ってたのよね。
以前なん株も見かけたから。
やっと会えたわ。

ギンバイソウ

Img_0707_20200616185301
 民家の裏から時坂集落へ。
ここは、春に来ると、桃源郷なんだよ。
桜に連翹、花桃に枝垂れ桃。
今は・・・
ウツボグサにダイミョウセセリ!

Img_0722_20200616185401
 ちょっと長めの車道歩きで、間に合わないかと思った予定のバスまで、あと6分!
前半遅れた分を、ちゃんと取り戻して、きっちりマップタイムで歩いてくれました。

 累積標高差、上りが950m 下りが1000m 28000歩でした。
久々の標高差、お疲れ様でした(/・0・) 

 ( °o° ) あ! 時間がなくてストレッチしていない。
大腿四頭筋、よく伸ばしておいてくださいませ( ´ ▽` )ノ

2020年6月15日 (月)

鴨の赤ちゃん再び

 趣味人で最近知り合った、超ご近所の方が、
小さい鴨の赤ちゃんがいるよって。

( °o° ) エー
もうみんな、ずいぶん大きくなっているのに、今から子育ての親子がいるの?

 うちの近くの恩田川は、ごく短い距離に、何組ものカルガモ親子が子育てしてる。で、先週だったかに志村動物園で、そこの鴨を追ったドラマを放映していました。

 娘と夕方のお散歩で、子育て区域へ行って見た。自粛中とは違って、歩いている人、走っている人は少ない。

 子育てがモノ赤ちゃんは、もう、ママと変わらないくらいの大きさに育っていて・・・

Img_0309_20200615201301

 あ!(゜o゜)
ちっちゃい!
動きがかわい~い(*^_^*)
お聞きした通り、ちびちびの9羽の赤ちゃん鴨が、ママの後ろをついていました。

Img_0638_20200615201301

 こんなに、子育て時期がずれることがあるの?それともこのママは、自粛してたの?

こんなに大きさが違うヒナが、すぐ隣で泳いでいるのを見るのは、すっごく不思議な感じ~。

 空はきれいに夕焼けしてきて、スーパーに入ってお買い物して出ると、カエルの合唱で、田んぼの夜景がきれいでした。

Img_0515_20200615201301

 明日は一日いいお天気かな?(^ー^* )

2020年6月14日 (日)

雨の中、お花を探して

  箱根湿生花園で、たくさんのお花を見た。

  植物園とかでいろんなお花を見られるのは、それはそれで嬉しいんだけど~

 でも、見ると、自然にお山なのかで咲いている子に、会いたくなるのよね~。

 

 梅雨の雨の中なら、人に会う危惧もない。

 でも、暗いと写真がブレちゃうし、風が強いと撮れないし・・・

まぁ、行って見よう。

 っとことで、今回は行き先は、書かないよ。
標高2000mくらいのお山です。

 ツバメオモト

Img_0532_20200614200501

 レンゲツツジと、奥にムラサキヤシオ

Img_0556_20200614200501

グンナイフウロ

Img_0610

マイヅルソウ

Img_0543_20200614200501

ミツバオウレン

Img_0526_20200614200501

ツマトリソウ

Img_0574

ヒメイズイ

Img_0593_20200614200601

(ノ°ο°)ノ オオオオ一面のコイワカガミ

Img_0572_20200614200601

コヨウラクツツジ

Img_0547_20200614200501

一瞬雨が上がった、でもまたすぐ降り始めちゃいました

Img_0546_20200614200501

ハクサンシャクナゲ

Img_0558_20200614200501

タケシマラン

Img_0536_20200614200501

コマクサ

Img_0596_20200614201301

ゴゼンタチバナ

Img_0607_20200614201301

ミヤマハタザオ

Img_0605

シロバナコマクサ

Img_0599_20200614201301

ミヤマニガイチゴ

Img_0586_20200614201301

二ホンスズラン

Img_0590_20200614201301

ハクサンチドリ

Img_0583

一面のコイワカガミ

Img_0572_20200614200601

誰にも会わない、雨のお山でした。

 

2020年6月11日 (木)

箱根湿生花園 幕山 湯河原温泉 岡田美術館

先月末の自粛解除の時に夫が、
「6月末で無効になるホテルポイントがある」
って言いだした。
夫は今まで、海外出張が多くて、泊まったホテルでポイントが溜まる。
「どこか遠くへ行こうや」
って言い出した。

・・・うーん "( ' ' ;)
夫は、電車やスーパー以外、マスクをしない。
マスクなしの夫と長時間、車に座りたくない。
それに、19日まで、県をまたがないで、って要請されてるじゃない。

「神奈川のお宿なら、木・金なら行けますよ」
って、返事をした。
それなら、車に乗っている時間は1時間程度。

 でも、金曜日は抜けられない仕事だから、水・木だな、って。
火曜会は、早めに帰れる箱根ルートだから、まぁ、いっか。
あ・・・(;-・。・-;)
私!(ノ°ο°)ノ
日・火・水・木と、箱根だわ。
ずっと泊まっていればよかった?("⌒∇⌒") キャハハ

 天気予報は、木曜日は雨。
では、夫が行きたいって言う岡田美術館は、雨でもいいですよね。

 ってことで、湿生花園は9時からだから、8時に家を出る。ところが…東名で『1キロ先渋滞10分』って掲示の後、トロトロになって、10分じゃきかなさそうだな、と思っていたら、後ろから、JAFが来て、パトカーが来て・・・
「(≧◇≦)え~、今から駆けつけるのかぁ」

Img_0383_20200611173501
結果30分の渋滞で、何と5台の玉突き。でも、どれも軽い感じで、救急車は来なかった。

Img_0384_20200611173501
ま、この程度でよかったです。

 小田厚からの富士山。右は矢倉岳です。

Img_0397_20200611173501


 日曜日に来た、金時の登山口に近い、湿生花園に着いたら、おでこにピッ。これからは、どこでも入場には検温とマスクが必要になってます。夫は、屋内以外はマスクは無意味だとか、ブツブツ言ってました。が、私が作った山用の涼しいマスクを、スゴスゴとつけてました。

 今年は、見られなかったお花が色々ある。
ここで、見られるといいなって思って
「飽きたら、入口脇でコーヒーでも飲んで、お待ちくださいな」って頼んだ。
 
 一緒に歩くと、あれこれぶつくさ言って楽しくないし、第一足手まといなんだよ!(` ´)
・・・とは、言わない。

 入り口にはコマクサ

Img_0420_20200611173601

シコタンハコベ

Img_0424_20200611173601

湿地にはサワラン

Img_0458_20200611173801

チョウジソウ('◇'*)

Img_0434_20200611173601

ヒメサユリも咲いてます。

Img_0451

クリンソウ

Img_0429_20200611173601

トキソウ

Img_0459_20200611173801

カキツバタとカンゾウ

Img_0438_20200611173801 

ニッコウキスゲ

Img_0444_20200611173801

クサタチバナ

Img_0426_20200611173501

ムシャリンドウ

Img_0443_20200611173801
 湿原復元地域では、仙石原のススキの原が見えて、気持ちがい~い\(^o^)/
 自分にお土産で、サンショウバラの一筆箋を買っちゃいました。
 
 大観山から湯河原へ抜けて、幕山へ登山。

Img_0413
山頂からの伊豆大島や利島、伊豆半島は、意外にクリア~。

Img_0414_20200611173601
 今夜のお宿 栞へ。
ここは、去年の台風で通行止めになったオレンジラインの端っこ。お宿を調べた時、人が少ないところがいいなって思ったの。で、8室しかないこじんまりしたお宿にした。

平日なので、今日は2組だけでした。

で!(ノ°ο°)ノ  お部屋は姫沙羅

Img_0490_20200611174001

お部屋からの眺め、右奥は箱根で雨が降っている感じです

Img_0494_20200611174001

 お風呂は、何度入っても誰にも会いません。それでも、脱衣所での接触感染の可能性はゼロじゃないから、着替え終わった最後にも手洗い。

Img_0492_20200611174001
 お夕飯は、鮮度のいいお刺身や、チーズ入りの茶わん蒸しとか、小田原豚のしゃぶしゃぶとか・・・

Img_0493_20200611174001
 あと200gのダイエットが、遠のいていく~("⌒∇⌒") キャハハ
ま、いっか。
美味しいから~♪~

 夫は、ビール→日本酒→焼酎ときこしめし
部屋に戻ったら大いびき。

 私は、奥湯河原の夜景を堪能しつつ、また温泉に入って~


 6月11日 
今日から梅雨入り?
朝から、なかなかの本降り。
夫が行きたがっていた、岡本美術館へ。

途中、大観山付近では、車が横滑りするほどの強風と豪雨で、前が見えなくてトロトロ走って~

これは昨日通った時の大観山

Img_0484_20200611174001


 岡本美術館は
『本日は豪雨のために足湯はお休みです』だって~。
 葛飾北斎の、版画じゃなくて肉筆画が出されていました。
 10月からはまた、伊藤若冲特集ですって。

Img_0510_20200611174001

 娘が黒卵が大好物なので。で、豪雨の中を、大涌谷へ車で登ったら・・・駐車場は550円なんだけど、黒卵を売っているお土産屋さんの脇に、車3台が路駐。傘はさせない風。

Img_0497_20200611174001
 雨具のフードをかぶって、決死の覚悟で黒卵を買って("⌒∇⌒")
お店を出たところで、突風。私はたたらを踏んで、2~3歩よろけたど、私の横にいた3人連れのお嬢さんの一人が、きゃぁ~ って転んだ。
両側の友達に助けられて、建物に戻ってました。まぁ、そのくらいの強風。

 大涌谷特有の硫黄の匂いも、全くしません。
雨と強風で、臭いも飛んじゃうのかな。

 火曜会でも、ここから神山~駒ケ岳根何度か歩きましたね。火山性ガスで、もう5年ほど立ち入り禁止。早く歩きたいですねぇ。

 時々、前が見えないような豪雨なので、途中どこにも寄らずに帰宅。
黒卵1個頂きます。前と違って、手が真っ白になります。

Img_0503_20200611174001


 横浜は、蒸し暑くて、雨は時折パラパラ程度でした。


 私は今まで、しょっちゅう出かけていたじゃない。自粛で、ものすご~く久しぶりの温泉、気持ちよかったですよ~(*^_^*)ノ


 湿生花園も、旅館も、岡田美術館も、入り口で検温。アルコールスプレーで除菌して、飲食以外マスク着用、となっていました。

 私は それプラス、トイレやお風呂の前に手洗い
(これは、万一自分がキャリアだった場合、人にうつさないため)
そしてもちろん、トイレやお風呂に入った後に、手洗い。
これは、自分が接触感染しないため。
マスクより、むしろこちらの方が大事だと思います。

 きちんと行動して、観光業にもお金を回して行かないとね~(´ー`) ノ

 そうそう。
先週までは、あちこちの高速道路や自動車専用道路で
『県をまたぐ移動は自粛』の看板が
『県をまたぐ移動は慎重に』
に変わっていました。

2020年6月 9日 (火)

飛竜の滝~浅間山~千条の滝

 去年の秋クルーズに出て、台風19号に遭った。大和堆に逃げて、台風をよけている間、北朝鮮の密漁船を何艘もを見ましたっけ。

 その次の週の火曜日は、箱根の山の予定だったのよ。
 でも、台風19号は、箱根に過去最高の記録的な豪雨を降らせた。
 あちこちの登山道はズタズタで、とっても箱根に行ける状態ではなかった。
 
 ので、船から、困った時の能岳に変更しましょうって、メールしました。

 その時行けなかったルートに行きたいな。
台風後、ずっと通行止めだったから、観光課へ電話。
「すみません、飛竜の滝から浅間山への登山道は、歩けますか」
「はい、台風後2ヶ月ほど通行止めでしたが、歩けますよ」
よかったぁ~ ε= (*^o^*)

 今朝も、5時台の電車に乗って箱根湯本へ。
寄木細工で有名な、畑宿から、ゆるゆると登る 飛竜の滝。途中、さぞ濁流が流れたんだろうなって感じに登山道がえぐれていて、

ウリノキ

Img_0319

Img_0323_20200609193501

滝の前の橋は、半分でぽっきり折れて

Img_0329_20200609193501

対岸へは、行けません。なので、一番上までは見えないし、滝も荒れてます。

Img_0330

横の流れの方がきれいな滝に見えます。

Img_0331_20200609193501

 湯坂道分岐からは、気持ちのいい尾根歩きで、鷹巣山(834m)

Img_0335
ここは、戦国時代のお城なんだよ。

 ガーッと下ってちょっと登ると浅間山(801,6m) 

Img_0336_20200609193601

ここは紅葉の時期にも、アジサイの時期にも何度も来ています。

(ノ°ο°)ノ オオオオ
またまた蕨がたくさん!

おみそ汁の具にしようかな~。

 北側に下りると、富士屋ホテルのチャップリンの小路に出られます。
今日は西へ、千条の滝へ。

Img_0339_20200609193801

 滝の前の涼しい木陰でランチ。
今日って、蒸し暑くなるのかと思ったら、風がとっても気持ちがいいよ~(*^_^*)v

Img_0342_20200609193901

ヤマトウバナ

Img_0345_20200609193901
 小涌谷のバス停に出たら、30分待ち。
バス路線が合流する富士屋ホテルの前まで歩いて

ここが、登山鉄道で流された鉄橋かぁ( °o° ) 

Img_0366_20200609193901

トリアシショウマ

Img_0362_20200609193901

イワタバコ

Img_0373_20200609194001

バスに乗る。
火曜会以外、客はお1人。

 湯本駅について、空いているから駅横カフェに入る。他にお客は二人。

 噴火で客足が絶えて、台風19号で痛めつけられて、自粛でまた客足が絶えて・・・
大変だよね~(;´o`)

 私のダイエットも、あと200gくらいなので、久々にご褒美ソフト~
(/^0^)/ ♪
おいひ~い~♩~

Img_0375_20200609194101

 町田まで、ロマンスカーで帰ってきたけど、4号車に私一人でした。

Img_0376_20200609194101
 3時に帰れると、あとのお片付けや夕飯の支度が楽ですね~(^ー^* )

 

今夜は、破竹と蕨と油揚げの煮物、鱈のバジルソース焼きズッキーニサラダ、紫蘇椎茸パスタ

Img_0381_20200609194101

 

 

2020年6月 7日 (日)

金時~明神~明星~塔の峰

 今日は、お久しぶりのご近所マイフレのKさんと、コラボ。
「どこへ行きましょうか? 不老山と鉄砲木の頭へ、サンショウバラを見に行きませんか?」
って提案したら、もう歩いているんですって。
そして、明神・明星が未踏なんですって(ノ°ο°)ノ

 あら、じゃ、金時でサンショウバラが見られるかな?

 このマイフレさんはお若くて、今、私が知っている誰よりも俊足。
『じゃ、金時から箱根湯本まで、歩きましょうか?』
って書いてから~
このルートは過去4回、健脚なマイフレさんをご案内して歩いているけど・・・
(--;)ちょっと待て!( ̄~ ̄;)
自粛あけで、私のお山筋肉が落ちている。
そんな距離は、歩けないかも~(;´o`)

 って、急に弱気になっちゃった。

「私の調子が悪い場合、明星で宮城野へ降りるかもです。ごめんんさい」
って注釈?を入れた。

 なんか・・・
天気予報も思わしくない。
雨具を着てのロングコースは、蒸れて暑いし膝が重たいし、無理だ~。

 ピックアップして頂いて、金時登山口へ。
金時神社の駐車場は、なんか・・・大変身。
停まれる台数は減って、真ん中にきれいなトイレ。朝7時半で、ほぼ満車でした。

Img_0170_20200607210301
 急な登りを550mくらいで、金時山(1,212,5m)
\(^o^)/ わーい

Img_0180_20200607210301
サンショウバラ~♪~

Img_0206_20200607210401

 3日前のマイフレさん情報で、まだつぼみだって聞いてた。でも、この3日暑かったから、一気に咲いたのね~。
ふっくりとかわいい、大きなお花を堪能。

 金時山からは、薄いながら大涌谷や芦ノ湖、愛鷹連山も見えてます。
残念な柄、富士山はお隠れ~。
Img_0198_20200607210301
 来た道を戻って、いったん300mほど下る。
Kさんたら
「こんなに下りちゃうの~?」って。
小ピークをいくつか登り返すごとに、金時山が遠くなる。
「明神岳って、あれですか?あの急そうな山の後ろ?遠い!」
そうなんですよ~。
今日のルートはめっちゃ長いです。

正面が燧石山、左奥の遠いのが明神岳

 Img_0220_20200607210401

 988,5mの火打石山は、山名板があるところから、藪漕ぎでピークへ行かないと、三角点は拝めません。
でも、笹薮が前よりすごくなっていて、境界杭?しか見つけられなかった(/_;)

 またアップダウンしつつ縦走して、明神岳(1169m)
ここは眺めがいいし、夏にはマツムシソウが咲いて、お姉さま方とも何度も来ているお気に入りのお山です。
ここが眺めがいいので、ちょっと早いけどここでランチにしましょう。
 Img_0236_20200607210401

ヤマボウシ

Img_0240_20200607210401

ハンショウヅル

Img_0242_20200607210401

タニギキョウ

Img_0229
 ゆるゆると降りて登り返すと明星岳(923,8m)

ゼロカロリーの寒天の水羊羹を頂きます。

Img_0247_20200607210601
ここの三角点は、何年か前から、箱根笹の密藪で、見られなくなっています。

 小ピークを3つほどアップダウンして、急降下すると林道に出る。
きれいな舗装路で、たまに車が飛ばして来る。
ウツギやノイバラがたくさん咲いてます。

 しばらく東に行くと林道は北へ。
登山道が東についていて、
あ~しばらく平らなところを歩いたら、ほんのちょっとの登りがきつい。
もう、7時間分くらい歩いているからね~(;´o`)
間もなく塔ノ峰(566,3m)

Img_0259_20200607210701
 今日はなんと!三等三角点が経路に5つ!
このルートが、結構距離があるのが分かるでしょ。

 ここで登りはお終い。
山頂は樹林で、眺望はありません。

 藪っぽいジグザグ急降下で、由緒ある阿弥陀寺へ出る。
公女和宮さまの菩提寺で、紫陽花寺としても有名。
四季を通して、お花が多いです。

Img_0270_20200607210701
アジサイが先始め。
雪の最多が満開。

 ここでしっかり手と顔を洗って、今日は汗をかきました。

タクシーを呼んで、金時神社まで、って言ったら
「金時から歩いたの~?」
って驚かれちゃいましたよ~("⌒∇⌒") キャハハ

 「どうですか?少しはお客さん、戻ってきました?」
って聞いたら
「全然だめです。5日休んで1日働くくらいです。休業手当は、少しは出ますけどね」
ですって(;-_-) =3
観光業は、辛いですね。
ことに箱根は、中国からの観光客が多かったからねぇ。

台風19号で土砂崩れになって、2ヶ月以上主要路は通行止めでした。

Img_0277_20200607210701

 駐車場に3時過ぎに戻って、帰路は、大和トンネル渋滞(ノ°ο°)ノ オオオオ
だいぶ車が戻ってきたのね。

 中井のパーキングでは、バスの駐車場にずらっとトラックが並ぶ不思議な光景が・・・
日曜日なのに、なんで?
Img_0281_20200607210801
 久しぶりのロングコースだったけど、先週檜洞を歩いておいたので、何とか歩けました。

 マップタイム8時間。
累計標高差下りが1700m 登りは1300m 
33000歩でした。
お膝が痛まなくて助かった(;^^) =3

 途中で取ってきた山椒で、冷ややっこがいい香り("⌒∇⌒") キャハハ

Img_0283_20200607210701

2020年6月 6日 (土)

孫 ビワ 

 孫が、来週から本格的登校。
布マスクが暑いって言うから、昨日見つけた子供用マスクを持って行った。

 息子んちは、私の母が倒れて、介護で引っ越すまで住んで、子育てをした家。
 子供たちが小さい頃に、ビワの苗を買って、前の公園に植えたの。
 その頃お隣さんは、お庭のツツジを公園で増やしてたわ。公園の愛護会活動もしていたから、この公園で子連れでお掃除をした後で、皆でお餅つきをしたり、バーベキューをしたり、色々楽しませてもらいます。

 でね、そのビワが、結構な大木になってる。

 今日も庭で、少し離れてお弁当を食べて、帰ろうとしたら
「かあさん、ビワ持って行く?」って。

「要る要る。採って~」
高枝ばさみで切ると、上手くキャッチしないと、路面に衝突して ベチャ!(;>_<;)
袋を広げて、ふんわりと受けるのがコツ。

Img_0165_20200606215001

こんなに持って帰りました。

Img_0166_20200606215001


 上の孫は6年生。
修学旅行は6月の予定だったんだけど、今年は全面的に中止だって(T.T)
「日光、行きたかったよ~」
そうだよね。学校行事で行くのは、色んな意義もあるのに、残念だったね。
じゃぁ、そのうち日光に行こうね。

 今年は夏休みが10日ほどしか、ないかもって。猛暑のなか、8月に登校って…大変そうだ~(/_;)
 
 新型コロナは、子供たちの生活も、めちゃめちゃにして・・・
 こんな機会でないと、9月始まりに変革できない、って思って、9月始まりに期待していたのに・・・それも無理なのね。

 
 昨日のプールのせいか、今朝は、体重が減っていた。
 よし、来週には終われるかな。
もう、ゲーム感覚です("⌒∇⌒") キャハハ

 今夜は、おうどん半玉で、お野菜たっぷりの冷しゃぶと、煮物と、ニラ卵で450kcalした。
Img_0169_20200606215001

今、テレビの志村動物園で、恩田川の私が定点観察した鴨親子が写ってる! これ、うちから5分の恩田川です!

2020年6月 5日 (金)

きぼうが見えないよ~

 今日の7時過ぎ 北北西で仰角44度に、きぼうが見えるって教えてもらったんだけど・・・
結構雲が出てるなぁ。

 無理かとは思ったけど、一応隣の公園に行った。東のお月さまも雲がかかって、そこにいるのが分かるだけ~。

 きぼうは見えませんでした~。
夜景がきれいで、風は気持ちがよかったよ。

  Img_0163_20200605212801
 戻って、今夜はアスパラとパプリカと玉ねぎのリゾットと、白身魚のムニエル風素焼きとポテサラ。
Img_0142_20200605212801
 
 そうそう、今日、2ヶ月振りに、おそるおそるジムに行って見たの。
 エレベーターを下りたら、アルコール除菌液があって、カウンターで熱を測られて、ロッカーは一つおきにしか使えなくって、プールの入り口にもアルコールスプレーがあって(これは要らないと思う) アクアビクスは当分無し。ウォーキングプールとサウナは、2m離れておしゃべり禁止。

 係の人は、フェイスマスク仕様で見回ってました。

 外のお風呂(これがよくて、このジムができた時に、別のジムからここに移った)は、ビルの4回の屋上で、緑があって、なかなか気持ちがいい。 今日は、誰もいない貸し切り。

 プールは、1レーンに1~2人 空いてる。
貸し切りみたいで1キロ泳いで、気持ちよかったよ~。

 お風呂もガラガラで、高温タワーサウナは使用禁止。なぜって、いつもここは、サロンみたいだったからね。高温多湿が苦手なウィルスでも、直接飛沫を浴びたら、うつっちゃうよね。

 そして、パウダールームは、各ドライヤーの横に、ハンドタオルとアルコール除菌スプレーが置いてあって『机やドライヤーなどにお使い下さ』って。

 なかなかの気の使いようだけど・・・
でもね!
ロッカーで、マスクをしないでおしゃべりしている人がいた!

 通りすがりに
『距離を取るか、マスクね~』
って言ったら、ハッと離れた!

 ジム側がこれだけ気を配ってるのに、緊張感 持とうよ! って言いたい~。
 
 そこでクラスター出たら、ジム廃業に追い込んじゃうよ。

 2ヶ月振りのプールは、めっちゃ気持ちがよかったけど・・・今日はだるいです~。

2020年6月 4日 (木)

ブログのコメント 山友訪問 今日の夕焼け

 私はバックアップのつもりでブログをアップしている。
でも、こちらは、お姉さま以外ほとんど見る人もいないし、大丈夫だろうと思っていたら・・・

 昨日、柳沢峠の日記にコメントが二つ。

 一つは、県をまたいでの移動は禁止のお叱りのコメントで、
山梨県の首都圏から来ないでくださいのURLと、
神奈川の、県外へ行かないでくださいのURLを貼ったもの。
これは、おっしゃる通りで、ただごめんなさい、なんですが・・・

 もう一つのコメントは、
『若者が夜の街で・・・』と非難するけれど、
大迷惑をこうむっているのは、若者の方だ。
65歳以上の高齢者は、家から出るな。
医療従事者に申し訳ないとは思わないのか。
ばばぁ、家にいろ!

 というものだった。


 県をまたいでの移動はしないでください。と言う法的根拠のない要請。
3県にまたがったメンバーで集まる自体が、要請の枠を外れてしまう。
では、あと1週間 2週間と山を歩かなくて、ご高齢のお姉さま方が、はたして山に復帰できるのか?
また、自粛解除2週間後に感染者数が跳ねあがったら、また危険で出られなくなる可能性もある。
ので、この2週間はどうしても歩いておきたかった。

 空いた一番電車に乗って、お山で誰にも会わず歩くのと、
夜の街で飲み歩く、どっちが危険なの?
と、言いたいけど・・・
どちらも、コメントをくれた人のアドレスは書かれていない。

 65歳以上の人は社会の迷惑だから家にいろ って~
若くて遊びに行きたい人は、そう言う気持ちの人が多いのかな。

 確かに、65歳以上は高齢者。
でも、私もお姉さま方も、あなた方より心肺機能はいいかもよ~。
なんて・・・
知らない相手だけど、思ってます。

 解除になって、自粛警察も下火になったかと思ったけど・・・
まだまだいるんですね(;-_-) =3


 ばばぁ 家にいろ!
って言うなら、
若僧、ガールズバーでムダ金使って濃厚接触するんじゃねいよ!
って、言いたいですねぇ。

 

 今日は、仲のいいマイフレさんが来る。
とは言っても、数年前に一度お会いしただけの方。
ユキノシタが欲しいって言うから、うちにいっぱいあって、取って捨ててるから、取りに来ない?って。

 コーヒーを持って、隣の公園でおしゃべりしようと思っていたけど、居間の窓を4方向開け放って、お招きした。
手作りの小物を色々頂いて、おしゃべりしているうちに、あっという間に5時間!( °o° )

Img_0141_20200604210401

 お昼もお出ししないで、ごめんなさい(。_。;)
すっごく楽しかったです(^ー^* )

 山の話をしていると、時間が経つのが早いねぇ。
今年はテントと寝袋背負って、縦走するかなって言ってた。
すごいなぁ~。
私は重い荷物は背負えないから、今年は日帰りだけかな(´ヘ`;)


 今日の東京都の感染者は28人。
以前より早く、PCR検査をしているから、そろそろ感染者数が跳ね上がってもおかしくないけど・・・
もしかしたら、こんな数値でアップダウンして推移するんだろうか。
だったらいいな。


 夕飯の支度をしていたら、空がパーっと赤くなってきたから、カメラつかんでチャリで田んぼへ1分。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
きれいなピンクの夕焼雲(*^_^*)v

Img_0152_20200604210401
暗くなってきて、さ、戻ろう。
と振り向いたら、駅の上にまんまるお月さん。
そして、田んぼに月の影が映っていました。

Img_0159

 帰宅して、急いでお夕飯。
 今夜は、チキンアヒージョとエビサラダ 500kcal

Img_0139_20200604210301
お山再開で、ちょっとダイエットが中断していて、あと500gが減らないでいます~。

 もういいかな。
とも思うけど・・・
身長マイナス110の 53,5キロにしたい。
2日続けて53,5キロになったら、終われるのに~(;>_<;)
頑張れ、私!("⌒∇⌒") キャハハ

2020年6月 2日 (火)

三窪高原で蕨採り

 火曜会復活第二段
せっかちな私は、もしかしたら25日に解除かも?
って聞いた時に、もう塩山タクシーさんに電話してました("⌒∇⌒")
だって、登山者でもっていたタクシー会社は、自粛中につぶれていないか、心配だったんだもの。
電話したら「おー、久しぶり、行動開始? 一番客ですよ。いつでも空いてます」
やっぱりね~( ⌒ _ ⌒;)
大変でしたね。

 実は、自粛解除って聞いた時、またすぐ感染者が増えたら、動けるのは2回だけかも。
って思っていました。火曜会は、高齢のお姉さま軍団だから。
なので、二回目は、Pちゃんご要望の春ゼミを聞きたいなって思ったの。
春ゼミとツツドリの声が聞けて、今年採ってない蕨が摘めて、塩山タクシーさんを利用できるところ。
そして、アップダウンが少なめなところ。
じゃぁ、三窪高原しかないじゃない(´ー`)

 先週と同じ早朝の電車で集合。

 実はね、先週の帰りに、バラバラに席を離れて座ったんだけど・・・
お姉さま方がそこで話し始めて、席が離れているから大声になっちゃうんだよ。
意味ないじゃん!(T.T)
周りの方にもご迷惑だし。

 で、うるさがられるな、とは思いながら、こんなメールをしました。
『乗り物では原則、おしゃべり禁止。
でも、話す場合は、遠くからではなく並んで小声で、顔を見ないで、正面を向いて話してください』

 人の目を見て話しなさい。
って言われて育って来たのに、申し訳ないけど・・・
『目を見る時は無言で、会話はあらぬ方を見て』
これが、新型コロナ下での、新しい生活習慣です!

 って、テレビとかで言ってくれないかな。

 それにつけても、ガールズバーとか飲み屋は、いくら斜め前に座っても、感染リスクが高いと思うんだよねぇ。
テイクアウトして家飲みじゃ、ダメなんだろうか(T.T)
昨日の東京都の感染者は、半分以上がホストと客と飲み屋の店員だって。


 はい。
話がそれました(;-_-) =3

  駅で、塩山タクシーさんに、ご無沙汰のご挨拶。
そして手土産とお手紙を渡す。
『色々大変でしたね、ずっと応援をしています。一緒に乗り切りましょう』って。
ちょっとしたお菓子だけだけど、気持ちは伝わると思って。
きっと、経営は厳しいと思う。

 標高1200mくらいになったら 雲の中に入っちゃった~

Img_0009_20200602210901
 タクシーで、深静峡まで行ってもらうつもりだった。
大菩薩のエアリアマップでは、板橋峠 って書かれています。
ここはバブルの頃、一大別荘地として宅地開発したの。
縦横無尽の舗装路もできていたんだけど、今ではそこが、巨大ソーラーパネル施設になっています。

 ところが!
ゲートが締まってるじゃん(;>_<;) エー
で、ルートを逆にして、最後を林道歩きにすると、ちょっと歩行時間が長くなる。
お姉さま方に先に歩いて頂いて、柳沢峠でルートの時間計算(^。^;)あせる~!

 辺りは霧で真っ白。
でも新緑がきれい。

 柳沢の頭(1671,2m)は、まだヤマツツジがつぼみ。

Img_0027_20200602211101

下りて登った所から!

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
フワッと雲がどいて、富士山が!

Img_0045_20200602211001
白い南アルプスが! 金峰の五丈岩が!

Img_0048_20200602211001

赤石・聖・上河内・笊ヶ岳

Img_0044_20200602211001

\(●⌒∇⌒●)/ わーい

 (^/□\^) あ~り~が~と~う~!
最高だよ~♪~

 青空が広がって、ズミも満開で

Img_0039_20200602211001

ツツドリが鳴いて、春ゼミの声もにぎやか。

 

 下りた東屋付近で早めのランチ。

Img_0053_20200602211001
皆さんお持ちのアルコールスプレーで、手をスリスリして、マスクをして、おかずを出してくれています。
よかった~ 習慣になってくれてますね (*^o^*)

 朝、5時過ぎに家を出ているから、10時前でも十分にお腹が空いて美味しい~。
ここは、15年くらいまで、一面のレンゲツツジが見事だったんだけど・・・
虫と鹿?で、激減しちゃって、今ではネットの中で細々と残っています。

Img_0037

この辺りは、東屋が二つあるので、万一雨の場合にも過ごせます。

 急斜面を下ると、タクシーでここまで来ようと思っていた板橋峠。
ものすごいソーラーパネル群だ~。

Img_0067_20200602211301
以前週末会で、この斜面でヒップそりをしたことがあるよ("⌒∇⌒")

あ、お姉さま方とちょっと離れちゃった。気を付けて下りて来てください!

Img_0069_20200602211301  
 さて、、ここからが最後のミッション
防火帯の尾根を北へ、アップダウンしながらゆるく登っていく。
防火帯なので、蕨畑なのよ~。

Img_0073_20200602211301
本日の目的は、蕨摘み。

 (*^_^*)うふふ~♪~
お姉さま方も、夢中で採ってるよ。
私は歩きながら採っているうちに、握れないくらいになって・・・
でも、歩きながらだから、後ろから「沙羅さんは採らなくていいんですか?」
って言われちゃって~
すっごい自慢げに、ほら!
って差し出しちゃった。
結局、片手でつかめるかどうかの束で2束 って感じ。

 さっとゆでて、半分は冷凍しよう。
さつま揚げや油揚げときんぴらにするのも美味しいし~。

 カッコウも鳴いて、最高に気持ちのいい一日でした。

 ワチガイソウや

Img_0098_20200602211401

フイリフモトスミレとか見ながら林道でゆっくり下りる。

Img_0105_20200602211401

ヤマツツジ

Img_0114_20200602211601

ニワトコ

Img_0089_20200602211401

ルリミノウシコロシ

Img_0116_20200602211601

柳沢峠にやけに早く着いちゃっ~、タクシーを頼んだ時間まで、のんびりお仕度。

 そうそう、塩山タクシーさんが
「沙羅さんに謝らなきゃならないんですが!」
って言うから何かと思ったら、ジャンボを動かすのがすっごく久しぶりなんですって。
それで、レシートの日付けが2006年1月1日

Img_0130_20200602211601
そんなの全然かまいませんよ~。
経費で下りるわけじゃないし("⌒∇⌒")
 
 塩山でかいじに乗ったら、15時過ぎに帰宅。
朝早いと睡眠不足になるけど、帰りが早くていいね。

 お夕飯は、蕨としらすのかき揚げと、蕨のオカカ和え、蕨とカマボコの卵とじ
蕨とキュウリのモズク和え、あと、ワラビとお豆腐のお味噌汁にしようかな。
蕨はほうれん草と同じでシュウ酸があるから、オカカやしらすやカマボコとか、カルシウムと一緒に摂るといいよ。
年を取ると、結石とか、怖いからね~。

Img_0137_20200602211601

今日お山でしていたマスク、日曜日の檜洞丸で撮った写真でしていたマスク。

山のシャツの肩がザックで痛んじゃった物を切って、上だけ三つ折りにしたの

サイズはこんな感じ。私のTシャツで6枚作れます。

Img_0133_20200602211601

2020年6月 1日 (月)

檜洞丸

 自粛解除で丹沢も登山禁止のロープが取れるらしい。

 \(^o^)/ やった~!
 ぎりぎりシロヤシオに間に合うかも~(*^_^*)

 でも、考えることは同じで、一気に人が集まるだろうなぁ。
先頭切って歩けば、静かに歩けるけど・・・2ヶ月お山を歩かなかったから、はたして、マップタイムの7掛け8掛けで歩けるのかな、私。

 西丹沢自然教室、久しぶりです。
火曜会のお姉さま方ともこの時期に歩きましたっけ。

あの頃は大姉さまもお元気だったなぁ~。

 駐車場のロープは取れていたけど、もう満車?(;-・。・-;)
まだ7時前だよ。びっくり!

Img_1353
 車はいっぱいだけど、人はいない。

 ヤマツツジとウツギが咲いていて

Img_1369

 ガクウツギに

Img_1357

 ヤブデマリもかわいい。

Img_1362
 4人家族とペアの2組を抜いたら、ずーっと誰にも会わない静かな山。
なんで?(。。?) 天気予報がよくないから?
確かに、山の上はガスってるけど~
緑の空気は気持ちがいいよ~♪~

 ゴーラ沢の出会いで休憩のおじ様群に、遠くからご挨拶。

 家でいくら筋トレしたって、たかが30分。 
マップタイム7時間、いつものペースで歩けるのかなぁ。

 足が重い! と思ったら、シロヤシオが出て来た。

Img_1397
\(●⌒∇⌒●)/ わーい
間に合ったよ~。
シロヤシオとミツバツツジに会えた。

Img_1422
マイヅルソウ

Img_1383
 山頂直下の急登を頑張って、
檜洞丸(1601m)

Img_1403
ベンチに2組~
静かで、緑の山頂で早めのランチ。
よかった、7掛けくらいで登ったよ。

 今日は、ピストンしないで、大笄方向を廻るつもりだった。
でも、12時から雨予報。
 お天気なら、犬越路方向は、階段から南アルプスの素晴らしい眺めがあるんだよ。
でも、辺りはガスって真っ白だし、山友が歩いていない石棚周回にしよう。

 12時くらいに下山できる、石棚方向の周回にしよう。
 一昨日ここへ来たもんさんが、マップタイムがしょっぱいって言ってた。
私も以前歩いて、ツツジ新道と比べて、マップタイムがタイトだな って思ったよ。
 途中、気持ちのいい道もあったけど、ガラガラの岩の下りとか、ざれた急斜面とか、細いトラバースとか、なかなか気が抜けない。
Img_1443

 で、檜洞への登りは7掛けで登れたけど、箒沢公園橋までの下りは、8掛けより遅いくらいになったよ。やっぱ、このルート、マップタイムがタイトだわ。

 マウントブリッジを歩いて渡るのは、はじめてかな。最後の車道歩きが、ちょっとかったるかった。

Img_1449
 うんと手前の道にも、車が縦列駐車してる。
そうだよね。7時に来てギリギリ端っこに停めたんだから。

 でも、みんなどこに行っちゃったんだろう。お山は静かでした。東京と神奈川のナンバーがほとんどだったよ。群馬と静岡の車が1台ずつ。日本人って、みんな真面目だねぇ。

 青ヶ岳山荘に泊った人もいるみたい。
山小屋、開いてるんだね(・_・;)

 お風呂にも入らずまっすぐ帰ったら、2時前。
 私ったら、昨日のアルバムにはリコメしていて、一昨日のアルバムにリコメをし忘れているらしい(ー_ー;) 
 今日のアルバムをアップしてから、リコメするね~( ´ ▽` )ノ

 久々のマップタイム7時間に、腿が張ってる~。
標高差1300m 25000歩の久々の登山でした。
気持ちよかったよ~(=●^0^●=)v

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »