« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月29日 (水)

蓮華の森自然歩道 白馬大池 

 今年は山小屋は、寝袋とアルコールとマスク持参で、しかも予約が取りにくい。
でも、高山植物は見たいですよね~。

 で、去年は行けなかった風吹大池へ行きましょうか?って話しになって・・・
でも、自粛でみんな、歩き込んでいないから、お泊り荷物を背負って7時間ルートは・・・
きついですよね。
 じゃ、まっすぐ宿へ行って、お泊り荷物を置いて、軽い荷物で歩ける別のルートへ行きましょうか。

 ところが、梅雨が来週には明ける、来週には明けるって、どんどん伸びて・・・
今回、二日間とも雨予報【><。】
・・・どうしましょ。

 新幹線内でおしゃべりしないように、みんなバラバラに席を取ってもらいました。

 朝の東京駅までの上りの電車は早めに混むから、いつもの5時台の電車で出て、東京駅で1時間ほど暇をつぶす。
 糸魚川まで、2時間ちょっとで行ってしまうんだから、すごいね。

 到着時間からバスの発車時間まで、9分しかない。『下車後にトイレとか寄らないで、バス乗り場へまっすぐ来て』ってメールしておいた。

 蓮華温泉まで、バスで1時間半。
なかなか乗り出があります。

 蓮華温泉のお部屋は個室料金がかかるけど、2部屋にしてもらいました。
予約の時に宿の方が、
「基本は寝袋です。ただ布団はあるので、インナーシーツのようなものをご持参頂ければ、それでもいいです」
って言ってくれた。
稜線上の小屋と違って、車が入れる場所だから、多少は甘いのね。ありがたいわ。

 お泊り荷物を置いて、銘々でお昼を食べて~、
シトシトと雨の降る中を蓮華の森自然歩道へ。
まずは朝日岳へ行く道を西へ。

Img_0532_20200729212701
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
アリドウシランがいっぱい!

Img_0547_20200729212701
タマガワホトトギスや

Img_0713_20200729213001

ソバナにも会えた。

Img_0571_20200729213101
でも・・・雨足が強くなってきた【><。】
これは、湿原がどうなるかなぁ~。
木道は滑るし、ぬかるむし、これが遊歩道?

Img_0578_20200729213101  

 坑道ルートに入ってトラバース。
そのまま南西に登ると白馬へ登れるんだけど、北に分かれて瀧見尾根からシャクナゲ尾根へ。
濡れた根っ子の急登、急降下で、なかなか難易度が高い。

Img_0577_20200729212701

 ますます強い雨に、木道は怒涛の流れ。

Img_0579
ちょっとした木の橋も、ツルッツルに滑るからめっちゃ緊張。
 平馬の平の湿原へ出て、シモツケソウやナメリギボウシがきれい。

 お花の後ろにお姉さま方を入れて撮ったけど・・・
 みんな真剣に、怒涛の流れの木道を歩いているから、お顔が見えないね。でも、さすが、どなたもお怪我もせず、ご自分でルートを考えて無事に通過。

Img_0582_20200729212701


 いやはや、こんなに難易度の高い木道、遊歩道は初めてでした(;´o`)
 
 2時間15分の散策の予定が、3時間近いアドベンチャーになりました。

 みなさんはお宿へ入って頂いて、私は蓮華温泉が初めてのマイフレさんお二人を、露天風呂を見にお連れする。横殴りの雨と風。

一番下の三国一の湯で湯温を確認するマイフレさん

 

Img_0589

一番奥の露天までは標高差30mくらいあって、15分はかかるんだよ。これは上から二番目の仙気の湯

Img_0591

 もう5~6年前の雨の日に来た時には、傘をさして入りましたっけ。でも、あの時はシトシトの雨。

今日は暴風雨。入るのは・・・残念だけど無理ですねぇ(T-T)

 数年前に、一番上にある薬師の湯が、女性優先になったんだよ。そして、目の前には朝日・雪倉。でも、今日は真っ白で何も見えない(/_;)そして湯温はぬるい。だって、あれだけザンザン降ったからねぇ。

 びしょ濡れの雨具や靴を乾燥室に持って行って、内湯に入る。

 うぁ~(* ̄ー ̄*)
いい気持ち。
 Faf8c4a498ec481b8477a6b03b0a4e0e


 お夕食まで、お部屋でマスクしておしゃべり。私が行った時、1mより近づいておしゃんべりしていたお姉さま二人に「そこ、密です!」

って、注意しちゃった(´ヘ`;)

 お夕食はオオヨモギとカボチャの天ぷらに、トンカツのフキ味噌のせ 茄子とキュウリの胡麻和え、お野菜の煮物にキムチの和え物。

Img_0594_20200729212701

 お部屋は、布団を少しずらして、顔の位置を互い違いにして寝ます。顔の位置が離れるようにね。



7月29日
あ~、今日も朝から雨かぁ【><。】

 今日は火曜会は2班に分かれます。
私のグループは、朝食をおにぎり弁当にしてもらった。おにぎりを1個食べて6時出発。

 若いマイフレさんたちと一緒に、普段よりちょっとだけ早めに歩く。
 お姉さま方には、ゆっくりお宿で朝食を食べてもらって、標高差600mほどの天狗の庭まで、往復して頂く。

 私たちは、天狗の庭を通過して、白馬大池までの標高差1000mくらい。

 雨は降ったり止んだり。樹林帯の中にイチヤクソウの群生がきれい(´ー`)
樹林帯にイチヤクソウがたくさん

Img_0712_20200729213801
 天狗の庭は、イブキジャコウソウや

Img_0645_20200729212801

ミヤマムラサキや

Img_0643

ミヤマシャジン 

Img_0651

ハクサンサイコに

Img_0650_20200729212801

タカネアオヤギソウに

Img_0652_20200729212801

ミヤマコゴメグサ

Img_0635_20200729212801

イワイチョウ

Img_0668
 滅多にお会いできない子たちに会えました。
(*^_^*)v

 空が明るくなって・・・
雨雲を抜けた? 雪倉に虹が!

Img_0621_20200729212801

小蓮華

Img_0681_20200729212801

 岩交じりの急登になって、2380mの白馬大池へ。 

 

チングルマや

Img_0705_20200729212901

コイワカガミ

Img_0708_20200729212901

タテヤマリンドウやエゾシオガマがたくさん(*^_^*)v

Img_0703_20200729212901


テガタチドリや

Img_0702_20200729213501

ウサギギク

Img_0683_20200729213601

ハクサンチドリも咲いていました。

Img_0678_20200729213601

 池の直ぐ向こうには白馬乗鞍。

Img_0698_20200730004601


 3年前、お姉さま方と、栂池から白馬乗鞍へ来ましたっけ。標高差80mくらいです。

 時間が押しているので、下山はちょっと急いで。濡れてぬかるんだ登山道だけど、ぴったりついて来てくれました。

 蓮華温泉12時35分のバスに乗れないと、次は3時間後。そうすると、帰宅は22時くらいになっちゃう。
 なので、やむなく2班に分けたんだよね(/_;)
お姉さま方、ごめんなさい。

 下山後さっと温泉に入って、濡れた服をお着換え。こう言うことができるのって、すっごくありがたい。

 1人が、帰りに引き取ろうと、乾燥室に靴下を置いて出かけたんだって。
 そうしたら、お客さんの忘れ物かと思って、洗濯しておいてくれたって(。_。;)

 蓮華温泉は、濡れたものを拭く用のタオルを貸してくださったり、とってもご親切でした。


 ずっと天気予報を気にしていたんだけど、2日続きで1日中雨の予報で~
どうなることかと思ったけど、歩いてしまえば楽しかったですね~("⌒∇⌒")

 薄日が差したお花がいっぱいの白馬大池もよかったです。
お足元が悪い中、お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ

バスから、怒涛の姫川 白馬や雨飾からの雨水が集まるから、そりゃ増水するよね

Img_0718_20200729212901  

糸魚川駅ホームからの、今年初めての日本海にコンテナ船が

Img_0721_20200729212901

2020年7月26日 (日)

燧が岳 三条の滝

 山友が、燧が未踏なんだって。
珍しく連休が連休だから、泊りで出られるって。じゃ、三条の滝と周回しようか?
って思ったけど・・・(;´o`)
 今年は山小屋は、収容人数をいつもの1/2くらいに抑えている。しかも夏の4連休。

 尾瀬の山小屋は、問い合わせたら、すべて満室。で、登山口の御池ロッジはどうかな?

(≧◇≦)エーーー!
新型コロナの影響で、今年は営業しないんですって。

 それではと、桧枝岐の民宿組合に聞いたけど、こちらもすべて満室。
 ご高齢のオーナーさんの宿泊施設などは、今年は休業 って言うところも多いんだって。
 そりゃ、病院が遠い桧枝岐で、もし東京圏から来た陽性者に、ウィルスをうつらせたら、って、二の足を踏むわね。開いている民宿が限られている上に連休だもん。そりゃ、満室にもなるわ。

 桧枝岐から少し離れて、それでも近いところから電話してみて~ これは、那須塩原温泉まで戻らないと、泊まれない?
 って思っていたころ、御池ロッジから30キロほどの所の民宿に空きがあった。

 「お客様方が入る前に、出来る限り除菌掃除していますけど・・・トイレなどは共用で、使用時には銘々で除菌して頂く形になりますが、それでもいいですか?」
って言われました。
「もちろんそれで結構です。私たちも、繁華街や飲み屋には行っていませんし、除菌して、マスクして入ります」
 トレッキングプランで朝食をおにぎりに変えてもらって、1泊2食付き7400円

 大変な時代だけど、銘々が気を付けられることを、最大限気を付けて、出かけたいですね。
 経済は止めたくないけど、医療が薄いところにご迷惑をかける訳には行かない。

 さて、渋滞状況が分からないから、早めに家を出て・・・連休二日目の下り、ちょっと混んでも渋滞って程じゃなくて助かった。

 燧の天気予報は15時から雨。でも、上りで降られないといいね、って話しながら御池へ。

 8年ほど前の山開きの時、土曜日に会津駒、日曜日に燧に登って、記念バッジを貰った。6月上旬で、雪解けと雨続きで、登山道はほぼ沢だったっけ。本当にここが道?(--;)
って不安になるような。

 今回も、このところずっと雨続きだったから、どうかな、って心配したけど~
よかった(;-_-) =3  
水たまりの多い、どろっどろの登山道レベルだ("⌒∇⌒")

 広沢田代で、キンコウカがいっぱい咲いていて

Img_0336_20200726002701

サワランもあちこちにたくさん!

Img_0337_20200726002701

熊沢田代では、ワタスゲがきれい~(=●^0^●=)v

Img_0339_20200726002401

トキソウもたくさん

Img_0416_20200726002501

あ! 平が岳が見えてる。

Img_0354_20200726002401

 歩きにくい岩っぽい道になって、斜度も上がって、息も上がる~(;´o`)
残雪がまだ少しだけ残っていて

 Img_0374_20200726002401

雪解けの脇にまだ白いモミジカラマツの芽が出ていました。

Img_0372_20200726002401
 \(●⌒∇⌒●)/ わーい
あえると思っていなかったサンカヨウ!

Img_0370_20200726002401
きっと、最後まで雪が残っている場所なんでしょう。

Img_0367_20200726002701

ゴロゴロで歩きにくい急登りで~

タテヤマリンドウの群生がすごい!

Img_0393_20200726002501

 俎嵓(マナイタグラ)2346mに出た~。

私は3回目です。
 と、途端に霧雨が!

 あらら(;-・。・-;)
眼下に尾瀬ヶ原が・・・。

Img_0386_20200726002401
先月は、あの辺を歩いていたなぁ。
と思ったら・・・一瞬にして真っ白く 見えなくなっちゃった。

 三角点の写真だけ撮って、急いで岩を下りて

Img_0391_20200726002501

20分で柴安嵓(2356m)
ここが、東北最高峰。

Img_0394_20200726002501  
 山頂はハクサンシャクナゲが最盛期。

Img_0398_20200726002501
でも、雨が本格的になってきたので、ゆっくりせずに戻る。
帰りにはもう、今いた山頂が見えない。

Img_0402_20200726002501
 しっかり、予報通りだね~(;´o`)
でも、上りで雨具を着ないで済んで、ラッキーだったよ。

 雨は降ったり止んだり。
累計標高差は980mでした。 

 ・・・( °o° ) あれ?
先々週の日光の、半月山から社山の方が、累積標高差があるんだね。
ちょっと意外~。
でも、燧の方が、めちゃくちゃ疲れますよ。


 今夜のお宿、ももたろうさんまで30分。
お夕飯は、巨大メンチカツ2個に馬刺しに和え物やサラダ

Img_0426_20200726002501

野菜丸ごとシチュー、に、トウモロコシ1本に

Img_0428_20200726002501

シメはお蕎麦。

Img_0429_20200726002501
 最後にトウモロコシやお蕎麦が出るって知らなかったから、ご飯をよそっちゃって~
食べきれないよ~(;>_<;)
ごめんなさい、ご飯残しました(。_。;)

 久しぶりの民宿お泊り。でも昨夜4時間しか寝ていないので、9時過ぎに爆睡。


 7月25日
早起きして、御池へ。

 今日は御池から三条の滝へ。

オタカラコウが群生

Img_0433_20200726002501


このルートは、小さな静かな湿原がたくさんあるから好きなんだけど、人が少ないからお手入れもあまりされていない。

Img_0450_20200726003101


朽ちた木道は、ひどいところは土にかえる一歩手前で、どろどろで難路。

Img_0479_20200726003101


 伸びた木の枝が木道に出っ張ったり、ちょい藪っぽかったり~。

 通過する湿原は・・・御池田代 姫田代 
上田代 ノメリ田代 横田代 西田代 天神田代 そして、すっごくかわいい兎田代。
 久しぶりで、ここへ来れただけでも嬉しい(=●^0^●=)v
秘密のお貸し切り湿原、って感じなんだよ~。

 ここから、根っ子の急降下。

Img_0457_20200726002501
尾瀬ヶ原からの道と合流して、沢沿いに下りると、最後に鎖付きの階段みたいな梯子。

Img_0466_20200726002501


雨だけど、ここだけは傘を閉じました。

 そして、過去に見たことがない、すごい迫力の三条の滝。

Img_0464_20200726002501



 実は、手前ですれ違った人が
「すごいですよ、黒四ダムより迫力」
って言ってたの。上手い表現だと思う。
お腹に響く轟音はでした。

Img_0463_20200726003201


 燧が初めての山友が、尾瀬ヶ原から燧が見たい って言うから温泉小屋方向へ行ってみる。

マルバダケブキと温泉小屋

Img_0477_20200726002501

雨が降っているし・・・見えるかなぁ~

 あの林を抜けたら見晴しって言う、赤田代の真ん中から、燧が見えました(*^_^*)v

Img_0476_20200726003201

 帰りの段吉新道は、私も初めて。
どこまでもどこまでも・・・
眺めのない滑る木道~(´ヘ`;)
作るのは大変だったでしょうねぇ。いい加減飽きたころに、裏燧道へ合流する。

 雨は降っているけど、そこそこ眺めもあって、帰りの湿原も楽しんで、御池へ戻る。


 標高差は560mでも、33000歩でした。


 朝から雨だし、標高1500mほどの所をアップダウンで汗をかいたし、帰りに燧の湯によると・・・
 一度に入れる人数を半数以下に制限

Img_0519_20200726002601

靴箱も半分にして

Img_0518_20200726002601

アルコール除菌して、熱を測ってから入るシステム。

お店の方も大変だわ。湯上りの休憩所も、お土産屋さんも、なしになってました。

 お腹が空いたから、お店が三密でなかったら、裁ち蕎麦を食べて帰ろうか。

Img_0520_20200726002601


 裁ち蕎麦ってね、檜枝岐村の郷土料理なの。
つなぎを全然使わない生そばを2ミリくらいに厚さに伸ばして、 何枚か重ねて、手を定規のようにあてて、布を裁つように切るから、そう言うお名前がついたらしい。これが、お蕎麦の香りがいいんだよ。
 娘にお土産に、はっとう(そば粉ともち米粉を練ったものに、えごまをまぶしたおやつ)を買って~

 羽生あたりで少し渋滞。
でも、例年の連休なら、こんなもんじゃないね。
 
 帰宅して、どろどろのスパッツやら洗って、やっと一息付けました。

 
 感染者は日本全国に広がってしまって(T-T)
今になって、夜の街関連の営業自粛も考えているって? 夜の街が、って言い出した、東京都の感染者が40人とかって時に、素早く営業自粛にしなきゃ、ここまで広がっちゃ意味ないじゃん(T-T)  

 国際便が増えて、アメリカからの飛行機も何便も来ていますが、空港検疫感は増員されていません。別の空港からの応援程度で。

 感染リスクの高い、新型コロナ受け入れの病院の、お医者さんや看護師さんはボーナスなし、賃金1割カットとか(;>_<;)

 gotoキャンペーンどころじゃないでしょ!
他に、優先的にお金を回すところがあるでしょ! って、叫びたいです【><。】

 これから、どうなって行くのか・・・
先が見えない今年の夏です(/_;)

 
 二日とも雨予報だったけど、思ったほどの本降りに遭わなくて助かりました~( ´ ▽` )ノ

2020年7月22日 (水)

館山

 去年の夏の館山は、寒くて雨続きで、ちっとも泳げなかった。
今年の梅雨は、短めに終わるかも、って言われて、あ~よかった!って思ったんだけど・・・
長引いているじゃない【><。】

 去年の台風15号で、半壊して、塀と屋根と、床と天井がボロボロになったうちは、
現地の大工さんに頼むとまだ2年ほど待たされる。
で、春に横浜から大工さんと屋根屋さんに海を渡ってもらったの。

 娘は、室内を直してから見ていないので、楽しみにしている。
なんて言うかな~

 お姉さま方が来る前に、お布団を干したりお掃除したいけど、このところの天気予報はコロコロ変わる。
余裕をもって、土曜日の午後から娘と行くと・・・
雨じゃん(/_;)
お布団が干せないよ~。

 でも、娘が、白いクロスを喜んでくれた。
よかった~。

 窓を開け放って、布団乾燥機で今夜寝るお布団だけなんとか、乾燥。


7月19日
さあ、しっかり布団を干そう!

と思ったら今にも降りそうな曇り~(/_;)

台風被害をちょこちょこ修理したりして、・・・
午後、薄日が出たので、やっと少し、布団干し。

 台風被害で汚れた靴箱のサイド

Img_0218_20200722224201

 ダイソーの壁紙テープを貼って直して、剥がれた板は木工用ボンドを縫って、クランプで挟んで

Img_0221_20200722224201

 館山は、個人商店がどんどんつぶれて、魚屋さんもあちこち閉店。
特に、アクアラインができてから、日帰りでもゆっくり遊べるから、わざわざ泊まる人が減った。
そうすると民宿がバタバタつぶれて、その民宿へお魚を下ろしていた魚屋さんもつぶれた。
一昨年には駅前の八百屋さんもなくなって、ほんと困る~。

 明後日はお姉さま方が来るから、バスでスーパーへ。
お野菜と、サンガ焼とか買って~
ほんとは、美味しいお刺身を食べてもらいたいんだけどねぇ~【T_T】


7月20日
予報は曇りだけど、薄日が差した。
これなら何とかお布団が干せそう。

縁側いっぱいにお布団シーツを干して

Img_0246_20200722224301 Img_0246_20200722224301

庭にテーブルやいすを置いて毛布やタオルケットも干して、シーツやバスタオルも干して

Img_0247_20200722224301

 水着を着て、娘と海に出てみる。
日照時間が少ない海は、水温が結構低い。どのくらいかなぁ、26~7度くらいか・・・

 今年は、神奈川の海も千葉の海も遊泳禁止って言うけど・・・
うちの前はもともと、ライフセーバーもいないし、海の家もない。
密になるほど人も来ない。
私は、足の付かないところで、フワフワとたゆたうのが好き~。
女性って、100%の人が、力を抜くと浮くんだよ。
ほんのちょっと、手で揚力を付けると、波が来ても埋もれない。
遠くの山が、高くなったり低くなったり、癒される~。

 ボーっとしていたら眠くなってきた。
あらら、上がりましょ~。

 久しぶりに長い時間、冷たい海にいたから、身体がだる~い(;・_・; ・・・・
お夕飯、コンビニ弁当にしようか。
普段できない手抜き~("⌒∇⌒")

 近所のセブンでチンしてもらって、防波堤で頂きます。

 厚い雲と、水平線辺りだけ雲がない不思議な景色

Img_0233_20200722224301

 館山に置いてあるマンガとか読んで、久しぶりにのんびりした夜。
 

 7月21日
ありゃりゃ、今にも降りそうな曇り空だ~
(/_;)
お姉さま方が来る頃には、晴れて欲しいなぁ。

 ソーシャルディスタンスが取れるように、今年は、8畳に2人ずつの部屋割り予定。
なので、お布団をそのように運んで・・・
ダイニングの外側に、テーブルと椅子もセット。

 ご近所の台風被害のお宅に工事車両が入っている。ダメもとでうちの崩れた塀の石を、一緒に撤去して貰えないかってお願いして見た。
産業廃棄物引き取り費用として、市に33000円払うから、5万でどうだって。急遽お願いした。ずっと前、別の業者に見積もりしたら、すべての崩れた塀撤去で100万近い金額だったんで、諦めたんだよ。建物は保険が効くけど、塀って、保険が効かないんだよね。
 産廃のは行き場所までは車で30分近い。手数料17000円ならありがたいと思っていたら、あとでお偉いさんが来て、貰い過ぎだからって1万返してくれた。ご近所の塀の廃棄のついでだったから、向こうもお小遣いが入って、こちらもとっても助かっちゃいました。

Img_0249_20200722224301
 11時前に、お姉さま方が来る。
予め、3部屋に2人ずつ離してお布団を敷いて~
お昼のぶっかけうどんは、小葱とミョウガと紫蘇と卵を切って、準備万端。

Img_0252_20200722224301


 「こんにちは~」
お姉さま方が、2台のタクシーで来てくれた。

 外に出したテーブルでお茶して頂いて、お一人ずつ準に家に上がって、しっかり手洗いして頂く。
あいにくの曇り空で、気温も低め。


 部屋割りして、おしゃべりしてランチ。
それから、「海に入るなら今のうちですよ~」
って、1時半ごろに海へ送る。

Img_0253_20200722224301

 私は、お夕飯の下準備をして、すれ違いで帰宅する娘を送ってから海へ。
わが家は、息子一家も娘も、全く外へ出ない、無菌状態。
お姉さま方がいらっしゃっての、大勢の空間はパスですって。

 お姉さま方は海岸で離れておしゃべりしたり、読書したり、泳いだり。
 
 お夕飯は、お刺身がないので寂しい。
そして、お食事はひと席ずつ空けたいから、4人に外で召し上がって頂く。
そのために、テーブルを買っておいたんだよ。
外なら、密閉じゃないし、のんびりしてもらえる。
3人は、ダイニングの椅子に、一つおきに座って頂きます。

 お食事しながらしゃべるな、って言うのはなかなか難しい~
だから火曜会ランチは、だいたい2~3mほど離れて食べながら、会話している。
今回も、そんな感じにできた。

 そして、悩んだのが、盛り付け。
いつもは大皿に盛って、取って頂いてたけれど、コロナ禍では、そうはいかない。
3分割ランチプレートを、7枚買ってきたの。

 お刺身が買えないから、アサリの炊き込みご飯と、サンガ焼とサバのパン粉焼きとカマボコ
しらすとキュウリの和え物と、コンニャクと椎茸と葉唐辛子の炒め物 冷ややっこ それに揚げとわかめのお味噌汁
海の家としちゃ粗食ですけど、お酒はいっぱい買っといたから("⌒∇⌒")ノ

Img_0267_20200722224601

 食後に恒例の堰堤散歩。
この、夕暮れの時間が好き~。
Img_0270_20200722224301


 7月22日
昨夜のアサリご飯のおにぎりと、サラダとゆで卵の簡単な朝食。

Img_0279_20200722224601

泳ぐ人、海でのんびりする人、うちでのんびりする人
銘々楽しんで頂いて~(*^_^*)
上がったら、ジャガイモと玉ねぎのスープと、一口そうめんの軽いお昼。

 戸締りして外へ。

Img_0281_20200722224701
お土産を買って、外房線にちょこっと乗って、
フェリー乗り場でアジフライ&お刺身ランチ(=●^0^●=)v

Img_0290_20200722224301

 2月に乗る予定だったダイヤモンドプリンセスから、バタバタと新型コロナ患者が出て、
3月には志村けんや岡江久美子さんが亡くなって・・・
過去に経験したことがないステイホーム。
その最中にやっと、台風被害にあった館山の屋根や天井を直しはじめて・・・
見に行きたくても、県外移動禁止。
何より自粛警察が怖い【><。】

 そのころ、今年の夏はお姉さま方に、館山へ来て頂けないのかも?って、思ってました。
10月からずっと頂いてきた、毎回200円の義援金は、総額46000円。
ちょうど、お玄関の天井のクロス代です。
見て頂きたかった。
これが、お姉さま方や火曜会にご参加の方の義援金で直った、クロスです。
今回、これが見て頂けて、私は満足です。

 
 そしてこれからも新型コロナに負けないで、しっかり自己防御して、歩いて行きましょう(*^_^*)v

 
 火曜会の今後の義援金は、新穂高ロープウェーに近い場所なので、岐阜県7月豪雨災害へ送ろうと思います。

2020年7月16日 (木)

入笠山

 今日は、久しぶりのマイフレさんが参加してくれるって言うから、
「行きたいところはある?」
って聞いたりして、会うのを楽しみにしていたんだけど~

 東京都の感染者数激増で、お仕事柄、遠くへ出かけられないって・・・
【T_T】あらら~ 
ご苦労様です。医療関係者や老人施設関係者は、まだまだずっと、感染予防して緊張して生活していかないとならないですね。

 いつもと同じ早朝の中央本線で、富士見駅まで。いつもだったら、あずさ1号に乗るところだけど、その時間帯は八王子駅が混むからね。
各停だから、めっちゃ時間がかかる。
趣味人のアラートを見たりして~

 富士見駅からのバスは、10時だけだから、前日にタクシーを2台予約。
でも・・・1台でピストンするかも知れません。って。 今、客がいないから、稼働タクシーは1~2台に絞っているんですって。休日が多くて大変だって~。

 去年の8月に、孫と来た時のチケットで、
一人300円引き×8人。
お陰で2400円もお得~♩~

 駅前で雨が小降りだったから、このままだといいなぁ、って思っていたんだけど・・・
ロープウェーを下りたら(°∇°;)
暴風雨(≧◇≦)ヒエーーー!
これじゃ、傘はさせない~(T-T)
雨具を着て、飛ばされそうなフードを手で押さえて・・・

 風が抜ける林道から、急いで樹林へ。
「ごめん!もしかしたら、予定の大阿原湿原へは行かないで戻るかも~」って話す。
 山頂から向こうへ行けないかも~、って思うくらいの風でした。

 湿原へ降りる木道の階段では、アヤメとキバナノヤマオダマキとキリンソウ

Dscn7939

 上のお花畑には、ハクサンフウロやクガイソウ(*^_^*)

Dscn7938

 あら、空が明るくなって、雨は止んだ。

ツマグロヒョウモン

Dscn7999

 岩コースを登って、

Dscn7963

山頂のちょい手前で、
「ここから先、お水も飲めないかも知れないから、ここでお水休憩」って止まる。

 晴れていれば360度の大展望で、八ヶ岳や北アルプス、南アルプス、中央アルプスが見える山頂は、風がよく抜けるんだもの~

 真っ白な入笠山(1955,1m)

Dscn7971


去年の夏に、孫と来ましたっけ。
「直ぐ降りるよ~」

 今日は、大阿原湿原へ降りて、木道テラスでランチのつもり。
100mほど下りると林道へ出て、首切り清水。
とってもきれいな清水なんだけど・・・高遠藩のお役人が、藩のお金を持って移動中、ここでお水を飲んだら、後をつけてきた強盗が、後ろから首を切って、お金を奪って行ったんだって~【><。】

 ここから、ぬかるみの道。
雨続きだから、なかなかの難路だけど、そこはベテランぞろいだから、皆さん上手いこと歩いてくれる。

 大阿原湿原のテラスは、残念ながら水たまりができていて・・・
風が来ない、ちょっと林の奥でランチ。

Dscn7983
 手をアルコール消毒してマスクして、皆さんのおかずを取る。8人だからすごい量で!
盛り方がぐちゃぐちゃ~("⌒∇⌒")
どれも美味しい。
Kちゃん、いつも美味しいケーキを人数分ありがとう( ´ ▽` )ノ

 少し湿原を歩いて

Dscn7986

木道で林道へ出ようと思ったんだけど・・・(;´o`)
薄くコケがついて濡れた木道は、めちゃくちゃ滑る!(;>_<;)
 これよりは、ぬかるみの方がましだね。

 来た、ぬかるみ道で戻って、

林の奥のイワガラミが最盛期

Dscn7979

ミヤママタタビのピンクの葉がかわいい。

Dscn7996

バイカウツギ

Dscn8006
ロープウェー近くのお花畑に寄る。

 カマナシアツモリソウは、干からびた花がついているものと、あとは、種を取るのか白い紙が巻かれていた。

エゾノカワラナデシコや

Dscn8033

目に鮮やかな緋色のエンビセンノウ

Dscn8020

ノハナショウブが美しい(=●^0^●=)v

Dscn8025

あら、編み笠の稜線が見えてます。

まだ中身がおいでのセミ 今夜脱皮するのかな

Dscn8018


 下りて、ここで有名なリュバーブソフトを頂きます。
酸味があって美味しいです(´ー`)

 ゼンテイカとマツムシソウ

Dscn8036

ガクアジサイの小路に、私が好きなベニガク

Dscn8039

たぶんフラサバソウ?が咲いていて・・・
すっごく久しぶりでした。

Dscn8045

ハナチダケサシ

Dscn8046

ヤナギラン

Dscn8049_20200716203301

ホタルガ

Dscn8042
 タクシーを呼んだら、今1台は遠くへ行っているので、1台で2往復ですって。
どこのタクシーもシフトが激減して大変そう。

 
 ちょっと雨、ものすごい風 
でも、たくさんのお花に会えました( ´ ▽` )ノ

2020年7月12日 (日)

半月山~中禅寺山~社山

 今日は、別のちょっと大変なお山へ行く予定だったんだ。
でも、強風豪雨の予報【><。】
雨具を着て、ロングコースは無理だ~(;´o`)

 で、山友たちが未踏だって言うから、日光の半月山へ。
ここなら、雨でも傘をさして歩けて、短くもできる。

 道中、雲が多くて雨もパラついて・・・
「展望台から中禅寺湖は見たいね。男体山の上は雲かな」
なんて話しながら、中禅寺湖畔の、フランス・イギリス・イタリアの大使館別荘がある横を通って駐車場へ。

 \(^o^)/ わーい
晴れてるじゃん。

 雨続きで登山道はぬかるみ?と思ったけど、案外歩きやすい。
吸水力がいい土質なんだね。

白樺の向こうのお山と雲がいい感じ~

Img_0170_20200712210301

 チャチャっと20分で半月山(1743,1m)

Img_0173_20200712210301
ちょっと戻った展望台からは、男体山と中禅寺湖。

Img_0179_20200712210301
皇海山や庚申山に真ん中に社山、あそこまで行くのよ~。

Img_0183_20200712210301
(ノ°ο°)ノ オオオオ
富士山、見えてるじゃん!

Img_0180_20200712210301

アップ

Img_0166_20200712210301

 わぁお!
久しぶりの青空が気持ちがいいね。

Img_0211_20200712210401
そして、トンボがたくさん。

 半月峠から、急坂を150mほど下りて、ちょっと登ると中禅寺山(1655m)

Img_0185_20200712210301
地味なお手製の山名板がついています。
山頂は樹林の中。

 もったいないほど下りて、やせ尾根になりつつある?崩壊地を通過して、

Img_0186_20200712210301

阿世潟峠は1410m
あら、これは、累積の標高差は思ったよりあるかも。

 笹の気持のいい尾根道を登ると、あらら(;-・。・-;)
日光白根方向が、降ってる?

あらら、太郎山も降り始めた。

Img_0194_20200712210301


と思う間もなく、パラパラと雨が。
ザックカバーして、雨休憩

Img_0193_20200712210301

どんどん斜度が急になる斜面を登ると~
雨は降ったりやんだりして・・・

 阿世潟峠からの標高差、400mほど登って社山(1826,6m)

Img_0197_20200712210301

コメツガと苔の匂いが北八つチック~(*^_^*)
でも、雨が降ってます。

 ちょっと戻った樹林の中で、ランチ。


松木渓谷、かなり降ってるね。

Img_0200_20200712210401
太郎山は雨が上がったみたい。
なんて、ポイントでにわか雨を眺めるのは、なかなか面白い。

 明るくなった尾根道を戻る。駐車場は遠い。

Img_0196_20200712210301
こっちにしてよかったね~。
でもね、行きにどんどん降りた二つの峠、帰りはどんどん登らなくっちゃならないんだよね。
これが、結構きつい。

 暑いし、しんどいし~と思いながら中禅寺山へ登る急斜面で、山友の一人が足が攣りそうって~。

コメツツジ

Img_0208

 ゆっくり歩いて駐車場へ。

Img_0214

 マップタイム5時間半 標高差1000m
週末会としちゃ、大したことはないんだけど・・・
自粛で歩かない期間が長かったから、まだ足が戻っていないんだね。
お疲れ様。

 お土産に湯葉を買って帰宅。

積乱雲がきれいで、梅雨が明けたの?って思ったけど・・・
【T_T】まだまだなのね。

 明後日の火曜日も晴れて欲しいなぁ~(;´o`)

 

今夜は味付け巻き湯葉と湯葉と野菜のおすまし しらすと明太子のお粥 赤穂台の味噌漬け 

レタスとスライスオニオンサラダ 卵豆腐 メロン

Img_0216_20200712210401

2020年7月10日 (金)

お誕生会ドタキャンで、今日は10時間くらいお裁縫

 3月の私のお誕生日前に、中高の同級生と、うちでお誕生会の予定だった。
でも、新型コロナで学校一斉休校で、れーちゃんからキャンセルメール【T_T】

 あれから4ヶ月。
県をまたいでの移動が解禁された時、みんなのお誕生会をまとめてしようか。ってことで~、今日は、お誕生会の予定でした【T_T】

 でも、感染者増大で来れないって。
そんなぁ~(/_;)
 神奈川県民は、多くの人が通勤で東京に行っている。しっかりマスクして気を付けて来て、うちでしっかり手洗いすればいいんじゃないの?って言ったけど・・・
感染しないと断言は、できない【><。】

 ステイホーム中の話しも聞きたかったけど・・・
うーん "( ' ' ;) 残念。

 仕方なく、お二人へ用意したお誕生日プレゼントを、宅急便で郵送。頼んでおいた、お名前入りのお誕生日ケーキもキャンセル。ご近所の小さいケーキ屋さんなので、お詫びに息子んちにクッキーとか買って・・・

 作ろうと思っていたお料理のための、色んな食材も、さて、どう使いましょう状態【T_T】

 昔 母が『客は家をきれいにするって言うのよ』ってよく言っていた。
久々の来客で、洗面所やガス台もきれいにしたのに・・・
そうかぁ~
来ないのかぁ~
3月に続いての、前々日にドタキャンは痛い【><。】

 でも、悪いのは、新型コロナよ。そりゃ、いきなり感染者が240人って、過去最高って、そりゃ都内を動くのが怖いのは、分かるわ。

 つまんないから、用意したチーズとバジルとジャムで、娘と二人で、ちょっと優雅なおやつなんか食べたよ(´ー`)

Img_0151_20200710222601


 急に予定が空いた一日、何か有効に使えないか?

 で、最近、作ろうかなって思ったものがある。

 小さめエコバッグ。

 今までのエコバッグって、色々お買い物した時に入れる、ちょい大き目の物だったでしょ。
コンビニや駅の売店での、小さいビニール袋も有料になって・・・
 ペトボとサンドイッチ みたいな、ちょいお買い物のバッグ、欲しくない?

 火曜日の朝に八王子で、レタスサンドと野菜ジュースを買った。
いつもザックに入れている、自分で縫ったエコバッグを出したけど・・・
でかすぎ~(;´o`)
 
 って言う必要に迫られて、縫おうと思って端切れを探した。

 はい~(;´o`)
私は・・・端切れが多過ぎです。

 頼まれてよく縫う、キャミソールやホームウェア。
ちょっと余った布が・・・
出て来る、出て来る。

 火曜会のお姉さまが
「いつも色々作ってくれるから」
って、どこかのお土産でくれた、藍染めの絞り染めの端切れとかもあるし~
一日空いた今日、縫っちゃおうか。
 
 朝からミシンにいそしんで・・・
お昼に、おやつに、夕食の支度も挟んで、こま切れになって・・・
(°∇°;) !!
もう9時過ぎちゃった。
数えたら、ミニエコバック15枚。

 写真を撮ったから・・・


少しでも私と会う可能性がある、お山仲間のみなさん!

 これが欲しい、って言う柄があったら、早めにコメントして("⌒∇⌒")
お取り置き、可能だから~。

 ちなみに娘と私は白い小さな兎さんの(右から二番目の下の)にしました。

Img_0154_20200710222601

 260mlの珈琲缶を置いて、こんな大きさです。

Img_0155_20200710222601

 

2020年7月 7日 (火)

雨と風の大菩薩

 そろそろ暑くなってくる時期だし・・・
さて、どこへ行こうかな。
そう言えば、しばらく大菩薩に行ってないですね~。

 塩山から塩山タクシーで登山口へ、って思って電話したら、
「裂石から上日川峠は通行止めだよ」だって

(・_・;)エ~
去年の台風19号以降、通行止めのままらしいです。
「じゃ、小屋平から歩くわ。帰りも上日川峠から、甲斐大和へ送って!」
って予約。
塩山辺りの林道も、台風19号の影響、ひどかったんだね。

 さて、今日の大菩薩、雨で風速15mの予報。
短くするか、そのまま歩くか悩みつつ・・・

 甲斐大和駅へお迎えの塩山タクシーさんで、運転手さん、お久しぶり~( ´ ▽` )ノ
空が明るいから、これなら一時降られるだけかも?

 予定通り、小屋平で下ろしてもらう。
私は、人が多い福ちゃん荘からの道より、小屋平から石丸峠へのルートが好きなの。
開放感があって、昔はお花畑だったんだよ。
20年くらい前から鹿が増えて、最近はコウリンカとトリカブトくらいしか咲かなくなっちゃいました。
梅雨時だから、雨だったら介山荘でランチね、ってお話してた。

 歩き出しから笹が濡れていて、先頭の私はあっという間にズボンの裾がびしょぬれ~。

Img_0114_20200707194601
標高が上がると、雨がパラパラ降り始めた。


 1時間ほど登って、樹林を抜ける前に、雨具を着て~ 真っ白な石丸峠へ。

Img_0119_20200707194701

 うっわ!( °o°; )
予報通りのすごい風。
まだ雨具を着ていないお姉さまがいて、吹きっ晒しで雨具を着る。風で服がはためいて、着にくそう~(;´o`)

 ニョホウチドリが咲いているけど、風でグワングワン揺れて、撮れません【><。】
 熊沢山のすぐ脇を通って、この辺の 北八つチックな苔の森が好き。

Img_0120_20200707194701


80mほど下ると大菩薩峠。

Img_0125_20200707194601

 今日は介山荘は開いていません。
でも、ここは壁のしっかりした休憩所があるから、今日はここで早めのランチ。

Img_0122

 こんな強風・雨なのに、5人ほど登山者が来る。
「こんな日に登ってきたの~?」
って言ったら、笑われた(=^^ゞ ポリポリ


 ランチを食べ終わるころに止むといいな、と思ったけど・・・一瞬明るくなったけど、雨足はますます強く、風もなかなか強く~
後の方で「今日は修業ですね」
って話し声が聞こえてくる。

 賽の河原の避難小屋で、
「ここでお水を飲んでおかないと、このあと、山頂までお水は飲めないよ」
 って話して、休憩。
「じゃぁ、行くよ~("⌒∇⌒") 」

 途中、風の陰にニョホウチドリがあったので何とか写す。

Img_0128_20200707194901

 この辺昔は、ニョホウチドリやヤナギランやグンナイフウロなどのお花畑だったんだけど・・・
 鹿が増えて、ほとんどなくなっちゃいましたね~【T_T】

 ベニサラサドウダンも、風にグワングワン揺れながら咲いています。

Img_0131_20200707194901

 あとは、ウマノアシガタとシロバナノヘビイチゴくらい。

 ちょっと岩っぽくなって雷岩。

Img_0135_20200707194901
火曜会で前回来た時には、おねだり狐がいましたっけ。

 晴れていたら、大菩薩湖の向こうに富士山が眺められるロケーション最高の場所なんだけど~
今日は真っ白です。

 樹林に入って、ぬかるみと水たまりの中の道で、大菩薩嶺(2056,9mm)

Img_0134_20200707194801


やっぱ樹林に入ると、風が全然違います。

 雷岩まで戻って、「風を正面から受けるから、フードの紐とか締められる人は締めといてね~」
 この下りは、結構ガラガラして足元がよくないのよね。
 でも、標高差でほんの4~50m下りると、急速に風が弱くなる。
 
 途端に、お姉さま方の会話がかしましくなる。よかった~、楽しんでもらえて(^ー^* )

 福ちゃん荘で、久しぶりにホットコーヒーを頼むと、プラムをサービスに出してくれて、甘かった~(=●^0^●=)v

Img_0139_20200707194801
 雨が上がった林道を、のんびり上日川峠へ歩いて、

あれ?今頃ツクバキンモンソウ?

Img_0144_20200707195001

雨が上がって、小倉山や高柴山方向が見えて来た。 

Img_0146_20200707195001

濡れた服を着替えて、タクシーに。

 大菩薩は、ほぼ毎年来ているけど、今日の風は、なかなかでしたねぇ~。

 でも、ニョホウチドリやベニサラサドウダンも見られたし、私は楽しかったですよ(´ー`)


 この時間でも、横浜は雲が多くて・・・

 織姫さまと彦星様は、
今日は逢えないのかな?

2020年7月 6日 (月)

姑と温泉

 今年96才になる姑、毎年春と秋に温泉に連れて行っている。
数年前大腿骨骨折で、車椅子になった。
そうしたら、うち以外、誰もどこへも連れて行かなくなっちゃったの。
姑は大柄で、義姉は二人とも小柄だし、介護経験がないので、怖いのは分かるけどね。

 夫の実家は、姉夫婦が継いでいる。
舅の遺産相続の時、自分と息子以外の全員に、遺産相続を放棄させた義姉。
小さな造り酒屋だから、そうしないと成り立たない、って言うのは分かる。
姑も遺産放棄させられたので、姑は財産がない。
でも・・・
 文無しの母を自分だけが面倒を見ている と、繰り返し言う義姉。
それって・・・
ちょっと違うんじゃないの?

 戦地に7年いて、軍人恩給があった舅、
その寡婦年金は、ちょっと驚くほど高額。
それも、姉がすべて管理している。
じゃ、文無しじゃないでしょ?
そして、月の2/3は近所の介護施設にいて、家ではお風呂には入れない。

 年に二回、温泉に連れて行くと、おそらく姑が喜んで義姉に話すんでしょう。
毎回義姉から
「遊び半分で、いいとこどりで旅行に連れて行くのは止めて、主体的に介護してください」
って言う趣旨の、お手紙が来るんだよ。

 今回の新型コロナが流行って要る4月、夫は、例年通り春の温泉に連れて行こうとした。
「いいやんもう。96才だぜ」

・・・( ̄o ̄;) どういう意味?

 外に連れて行って、感染して亡くなっても、もう96才だから構わないって?
(・_・;)
「すみませんが、私は県外へは行きません」
って言ったら、黙ってた。
第一自粛だし、こちらは感染者の多い神奈川だし・・・
自分じゃ、要介護の人をお風呂に入れたことなんて、ないくせに!

 県外移動が解禁になったら
「これでやっと温泉に連れて行けるな」
って言って、自分が都合のいい週末をいくつか言ってきた。
8月2日は? って・・・
96才の姑を、8月に物見遊山に連れ出す?
何 考えてるの?(・_・;)

「万難排してお付き合いしますから、連れて行くなら真夏は止めましょう」
ってことで、お宿は夫に任せることにした。

 全室離れの露天付きの個室の温泉を見つけたって意気揚々と報告。
でも、土曜日の夜が空いていなくて、やむなく日・月になった。
夫は「しゃぁない、月曜日に仕事休むわ」
ってため息ついてるけど・・・

 そうすると私は~
翌日が、火曜会なんですけどね(;´o`)
今までと違って、空いた電車に乗るために、5時台の電車に乗るんだけどね~(´ヘ`;)

 新型コロナ感染は怖いけど、温泉でのんびりしたい。って言う人が、全室離れ、部屋に露天風呂付、を選ぶのは、よく分かるわ。
 
 しばらくして、夫が予約したホテルの部屋をチェックしたら!(・_・;)
(≧◇≦)エーーー!
ベッドが、畳にマットを置いた感じでめっちゃ低い。そして部屋についている露天風呂が、こじゃれた陶器で、縁が薄い。
「このベッドだと、おばあちゃんが車椅子から移動できないんじゃないですか?」
「この浴そうじゃ、縁に座らせて、回転してお風呂に入れられないです」
って私が言ったら
「なんで初めから、できないって否定するんだ!」
って、夫がムッとした。

 あなたがお風呂に入れるなら、私は黙ってついて行きますよ。でも、あなたは宿に着いたら、やれやれ、って感じでビールを飲んで、あとはお任せじゃないの!(-_-x)

 「あなたがお風呂に入れてくださるんなら、私もサポートします」
って言ったら、黙り込んだ。

 で、そのあと夫は、ホテルに電話して、普通の高さのベッドルームに変更したいこと。
大風呂がバリアフリーかを聞いた。宿の方が、
大風呂の中に、車椅子を置いてくれるって。
やれやれ(;-_-) =3

 ってことで、夫と出かける時って、つい前置きが長くなっちゃうわ~(;´o`)


 火曜会と同じ5時台の電車で、新幹線で名古屋へ。
 
 今回、切符買っといて、って言われて、このくらいは趣味を入れてもいいよね("⌒∇⌒")
近鉄線は、ひのとり にしました。

Img_0037_20200706202201
 3月15日に走り始めて直ぐ自粛の、不運な新型車両特急。
 ちょい高めだけど新幹線から見たらお安いよ。ロッカールームもあって、ロッカー前にはベンチもあるの。全席指定です。座り心地抜群。

Img_0041_20200706202201
 で、姑のいるケアホームへ迎えに行く。
耳が遠い姑は
「補聴器は、耳がワヤワヤして いやや」
って、付けてくれない。
 耳元に、口を寄せて話すしかなくて、それも短い単語でないと、なかなか聞き取れない。距離は近くなるし、疲れるし、それでもうまく聞こえないしで・・・
 今回、糸電話を作ってみた。
さて、伝わるでしょうか。

Img_0100

 この糸電話! 
案外、使い勝手がいいです。
「はれ、よう聞こえるわ、うれしなぁ~」
って(*^_^*)v
でね、自分も糸電話で答えようとするの("⌒∇⌒")
「おばあちゃんは普通にしゃべっていいのよ~、私は聞こえるから」
なんか、かわいい~(^ー^* )

 しばらく走って、松坂ベルファームへ。

Img_0043_20200706202201
ここは、お庭が広くって、いろんな花が見られるの。そろそろ終盤のバラがたくさん。

Img_0044_20200706202301
「ええ香りや~」
「はれ、きれいやなぁ~」
って喜んでくれた。

 松坂牛の牛丼のお昼を食べて~

Img_0047_20200706202301
96才の姑は、普段お昼はあまり食べないようで、でも、ここのは美味しいって("⌒∇⌒")

 イングリッシュガーデンも散策して・・・

ここまで、雨がもってよかったわぁ。

 車椅子トイレへ連れて行って、つかまってどのくらい立てるのかの観察。手の力はまだ結構あるから、よかった。これなら、お風呂も手すりがあれば、なんとかなるわ。

 車で2時間半で、熊野俱楽部
ここは小高い山の上に、全室離れのスイートで露天風呂付なの。
 標高差30mくらいの山の斜面に、建物が散らばっている。

Img_0080_20200706202301
 車椅子の私たちは特別に、建物のすぐそばの駐車場にして頂けた。
Img_0071_20200706202301
 お部屋からお風呂は、結構離れていて、電話すると車いす対応の車がお迎えに来てくれる。
「どこ行くん?」
「お風呂よ」
「はれ?車で?」

Img_0072_20200706202301

 大風呂の棟に行くと、まだ時間が早いせいかガランとしていて、脱衣所まで車いすで入ると・・・
 お風呂の中に、ちゃんと折りたたんで、車椅子が置いてあった。これはありがたい。

 湯舟まで車いすで移動して、縁に座らせて、私が背中側に回って~
 寄りかけるようにして身体を反転させて、お風呂に入れるんだよ。
 私の母は小柄だったから、抱きかかえるようにしても入れられたけど、姑は昔の女性にしては大女。
 身長158センチで、女学校時代はバレーボールの選手だったんですって。だから、この、縁に腰かけさせて反転する方法でしか、一人じゃ入れられない。

「ええなぁ~ 気持ちええなぁ~」
って、外の景色が見える大風呂を堪能。

 姑は、5年前の骨折以来、筋力がなくなって、肩まで沈むと、浮いて溺れそうになるの。
腹筋がないから?
沈んでいる間、姑の足か肩を、上から押さえておかないといけないの。

 しばらく、思い出話をしていたけど、唐突に
「もう出るわ」って。
バスタオルを敷いた自分の車椅子で着替えさせて~
パパッと自分も浴衣を着る。

 夫は、一人でビールを飲んで寝てるし~(`ヘ´)
人の苦労を知らないでしょ!

 火曜会のお姉さま方から
「旦那にお風呂に入れさせなさいよ」
って言われたことがあるけど・・・
姑が嫌がるのが、目に見えているからねぇ~(T-T)

 姑も疲れたらしくて、お茶を入れたら、ぐびぐび飲んでお昼寝しちゃった。
夫と姑が寝てしまったので・・・
私は斜面を駆け下りて、もう一度大風呂へ行ってのんびりした。
 姑を抱えていると、自分の身体も洗えないし、入った気がしないもの。

 こう言う時、体力があるってありがたいなぁ、って思います。だって、おそらく普通の体力だったら、姑をお風呂に入れただけで、ぐったりしちゃうんじゃない?

 いつもホームでは、椅子が釣り上がって上からお湯に浸かれる機械で、お風呂に入るんだって。

 お夕食は、色々凝った造りで、次々来るから全部は写真を撮れなかったよ。

Img_0081

姑は、
「お腹いっぱい、もうごっそうさんや」って言いながら
目の楽しい和食に
「はれ、かいらしいな。これは、なん?」
って、驚くほど色々食べた。



 喜んでくれてよかったぁ("⌒∇⌒")

夜中に、雨の中を傘をさしてお風呂に。

誰もいない広い湯舟を堪能。

Img_0093_20200706202401


 7月6日
昨夜、9時前に寝てしまった姑、
夜明けとともに起き出した。

 お食事は8時だから、まだ3時間以上ある。
ありがたいことに、今朝は雨が上がっているから、お庭のあちこちを車椅子で散歩。
そう言えば、こうやって母を車椅子で散歩に連れて行ってた頃、私は今よりも、お山で早く歩けたな。
 きっと、でこぼこ道で車椅子を押すって、体感が鍛えられるんだろうな。
 母が車椅子の頃は、夫がDVがひどかった時期だし、母をどこへも連れて行かなかったのが悔やまれる。
 夫は、その辺は考えたことがあるんだろうか・・・

 朝ご飯に出た烏骨鶏の卵は黄色くて、びっくり。脂ののった秋刀魚の干物が絶品でした。

Img_0096_20200706202401

 ホテルのすぐ近くの花の窟へ連れて行く。


イザナミノミコトがご神体で、裏に高さ45mの磐座があるの。

Img_0057_20200706202301
 日本で一番古い神社 って言われています。
大きな岩から大綱が張られているの。

Img_0061_20200706202301
ちょっと不思議な空間です。

 雨が降り出して、しかも土砂降り(/_;)
お土産が買いたそうだったけど・・・
雨具は、お山の上下の2組持って行ったけど・・・
 車椅子を出して座らせる間だけでも、お座布団がびしょぬれになるレベル。

 どこにも寄れないから、丸山の棚田を車窓から見て~

Img_0110_20200706202401
 仕方なく、松坂まで戻って、かやくうどんが有名なお店でお昼。
「もう、はいらへんわ」
って言いながら、よく食べました。

Img_0113_20200706202601
昨日のお昼から、このお昼まで、おばあちゃん、ほんとによく食べましたねぇ。

 車の窓から、あちこちの景色を見てもらって、夫の実家近くの老人施設に姑を送って、
姑のホームの部屋を出る時
「ありがとな、また連れてったってな、また来てな」
って、涙ぐんでたよ~(j o j)
後ろ髪、引かれます~。

 新型コロナの影響で、外部との面会は短時間 っていう老人施設も多いけど・・・
東京から離れている場所柄か、規制がうるさくなくて、よかったわ。

 次は、秋に・・・

 連れ出せる状態だと、いいなぁ。

 どうか、新型コロナの感染者数が、これ以上増えませんように!
 みんなしっかり、こまめな手洗いやソーシャルディスタンスを守って、夜の街で接触したり、しゃべらったりしないで、生活してくれますように!

2020年7月 3日 (金)

生地に貼るシール

 アイロンを使わなくても、こすると付くって言うシールを見つけて、先日、小さな袋に貼った。

7fdd5fd28df74649bd013cf0bad1015d

 今日は、夏向きのミニポーチを縫って、中ポケットもいくつも付けて、外ポケットにシールを貼ってみた。

Img_0026_20200703205901

ダイソーで、3本百円のファスナーと、2本百円の持ち手を買って、ちょっと縫ってみたよ。
 Img_0028_20200703205901


 そこそこかわいいから、もうちょっといい布で、嫁ちゃんと孫に縫おうかな。


 さっきお隣さんから、紫蘇をたくさん頂いたので、鶏挽を挟んで、サンガ焼風に作ってみたら、なかなか美味しかったよ。
 ただ、中にも紫蘇を入れたから、紫蘇の葉っぱを60枚くらい使ったから、よほどたくさん頂いた時しか作れないね~。
 
Img_1235
 東京都の感染者数が124人ですって(/_;)
夜の街、夜の街、って言っている間に、市中感染になって来ちゃったじゃないの。

 百合子姉ちゃんは、なんで騒がないの?
検査風が増えたからであって、みたいに楽観的なことを言っているのは、選挙を控えているから?

 選挙より、コロナ対策の方が大事だよ~!
東京都の感染者が急に増えたら、神奈川も増えちゃうよ~(/_;)

2020年7月 1日 (水)

大平山~石割山 切通峠~鉄砲木の頭

 自粛が解除された最初から、お姉さま方から「泊りに行きたいわね」
って言われていた。

 お泊りは・・・感染が怖いから、小さなお宿がいいな、って考えていたら・・・
 準レギュラーマイフレさんが、石割山に行ったことがないんだって。

 去年は、別のマイフレさんが、やっぱり石割山未踏ってことで、大平山方向へ歩いてる。
ハコネバラが見られましたっけ。
って事は、同じ6月ですね。
同じルートはつまらないから、杓子から縦走しましょうか。

 ってことで、 下吉田から不動湯のゲートへタクシーを予定していた。
でも、9時ごろから強風で雨の予報(/_;)


「運転手さん、行き先変えます。ホテルマウント富士まで行ってください」
タクシーで、そこそこお山の上まで行っちゃいます。
強い雨になる前に、何とか登りを終えてしまいたいから。

 下吉田で降っていた雨は、車を降りる頃には止んでいた。
オーバーズボンを履いて歩き出したけど、暑い(;´o`)
裾をめくって、歩く。
黒い雲はあるけど、たまに薄日も射すじゃないの。
これはラッキー(*^_^*)v

Img_1247

 飯盛山を通過して、大平山(1295,4m)の東屋でランチ。

Img_1262
もし強風だったら、ここの東屋は役に立たない。
風が抜ける場所だから。だから前日
「雨かもなので、お弁当は各自、ぱっと食べられるものをお願いします」
ってメールしておいた。

 でも、降ってないし~( ̄▽ ̄)
山中湖の向こうの愛鷹まで見えてる。

Img_1252
東屋のベンチで、向き合わないようにゆっくりランチ。
 
 急な下りは階段に草が茂って、非常に歩きにくい。人がしばらく歩かないと、こうなっちゃうんだね~。

Img_1268

 最後に、雨裂が深くて滑る、急登りで、石割山(1412,3m) 誰もいない。

雨でなきゃ、ずっと奥の杓子だけから歩く予定でした。

Img_1291
でも、さっきまで見えていた富士山は、もう真っ白なベールの中。

Img_1295

 「ああ・・・もうすぐ降るよ」

 急で根っこの浮いた、歩きにくい下りで、雨が降り始めた。

Img_1298

「もうちょっとで、傘がさせる道になるからね、気を付けてね」

 雨の音がするけど、まだ木の葉っぱが雨を防いでくれている。急いで下りて、石割神社へ。

Img_1302

 ここはね、狭い岩の隙間を時計回りに3回 回ると、願い事が叶うんだよ。
隙間は細くて、よこしまな心の人は通れないの。

新型コロナの早い終息を願って、三周!

Img_1303_20200701202101

 富士見平の東屋へ降りて、ここで30分ほど休憩します。
小さなアップルパイを持って来たの。
ロウソクを立てて・・・
ちい姉さま、72才のお誕生日、おめでとうございます。

Img_1308

 休んでいたら、男の子5人組が上がって来た。
ここは、立派な鳥居から、長い長い階段(440段だっけ?)で登れるんだ。
みんなフウフウ言って、
「もう神社へ行ってきたんですか?」
って言うから
「ホテルマウント富士から、3時間歩いて下りて来たんだよ」
って言ったら
「奥さま、50歳くらいですか?ベテランって感じっすね~」

なんだこの子? 
お口がお上手("⌒∇⌒") キャハハ

つい、20代の男の子に
「この人はいくつに見える?」「84才!」
って自慢してしまった。
「すごいっすねー」
って感心しきり。

楽しい時間を過ごして、
「じゃ、行ってらっしゃい。時計回りに3回
回るんだよ~」って言って分かれる。

 私たちは、今日は、左の林道で下りましょう。林道の下に、石割の湯があります。
PH10,2の強アルカリの、いいお湯なんだけど・・・

 4月16日から、新型コロナのためにずっと休業で、7月4日に再開ですって【><。】

 この辺りから、土砂降りになって・・・
道は川状態。

 そのまま下りると、今夜のお宿 つかささん。スポーツ民宿で、1泊2食7000円。
12時50分、到着。

 今日は、火曜会お貸し切りの4人
「雨だったら、かなり早めに着くけど、入れてもらえますか」
って、あらかじめ聞いてあった。
「雨だから早いと思ったけど、ここまで早いとは思いませんでした」
って言われちゃった(=^^ゞ ポリポリ

 お部屋は、窓の前に4畳くらいの空間と、10畳のお部屋。ここに2人。

Img_1314 

 フロントに、コーヒー・紅茶・お茶など用意してくれて、飲み放題。

 でも、まず着替えて、目の前のコンビニへ、お飲み物と明日のランチを買いに行く。
お部屋の四方の端っこに寄りかかって、おしゃべり。

 風呂も、のんびり一人づつ入る。

 お夕飯は、席一つ分開けて、互い違いにセットしてくれていました。
ありがたいです。これとほうとうが付きます。

Img_1316

 「今までお客さんが来なくて、大変だったでしょう?」
ってお聞きしたら、今年の夏の合宿も、すべてキャンセルの連絡が入って、全く予定がないんだって(T.T) 大変だぁ。

 確かに、学生の合宿みたいなものは、三密になって、今年の夏はできないんでしょうね。

 学生も可愛そうだけど、こう言う民宿は死活問題だわ。

 おかみさんが
「誰が悪いわけじゃないんですけど、困りましたよ」
って・・・

 税込み7000円とは思えない、美味しいお夕食でした。

 夜半、台風のように、家が揺れるほどの風。窓にたたきつける雨音。1時間に、12ミリ以上だったようです。


 7月1日
今日は、民宿から富士岬平へ出て、鉄砲木の頭まで登る予定でいたの。
眺めのいい、気持ちのいい場所よ。
私の好きなルートで、火曜会では2回歩いています。

 でもね、朝から風がものすごくて~
黒い雲があって、
予報では、1時間に7㎜の雨 風速15m
・・・(T.T)
さて、どうしましょ。

 宿にタクシーを呼んで、平野から東の奥へまっすぐ入ってもらう。
 舗装がなくなって、ジャリになって、スコリアになって・・・

 あっれー、案内がないよ~(;´o`)
でも、位置からして、これでいいんだろうな。

「運転手さん、ここで切り返しできます?ここで下ります」
私も初めての道で、でも、道が掘れて、昔から人が歩いた形跡があり、そこへ、たくさんの枝やスコリアが流れた後があり、まぁ、間違いないね。雨は降っているけど、風は防げて、緑がきれい。のんびり歩いて切通峠へ登る。
後で、お姉さま方に「鼻歌歌ってたでしょ、沙羅さん、こんな道でも楽しいんだって思ったわよ」 って言われちゃった(=^^ゞ ポリポリ
雨音が大きいから、聞こえないかと思った。

 尾根に出たら、やっと案内がありました。
エアリアマップ赤実線なんだから、登山口に案内が欲しいな。

 樹林の尾根は、昨日の強風で折れたと思われる枝がそこここに落ちていて、風の強さを物語っている。

Img_0001_20200701202301

キヨスミウツボの出たて

Img_0004_20200701202301

30分ほど登ると、バイケイソウの海。

Img_0012_20200701202301
この中に、山芍薬が咲くんだよ。

バイケイソウ アップ

Img_0009_20200701202301

 みんな、蒸し暑いから、雨具のファスナーを開けて歩いていたから、
「そろそろファスナーを上まで閉めて! 
もうすぐ ドーン!って風が来るから」
って話して、鉄砲木の頭(1290,8m)へ。

Img_0014_20200701202301

 眼下の山中湖も、もちろん富士山も見えない。全くなにも見えない真っ白い山頂。

 でも、傘をさして三角点を撮っていたら
モンベルの丈夫な傘の骨が、パキ! って折れた(^ー^;

 もともと、「山頂へ出たら傘はさせないよ」って言ってはあったんだけど、油断した(T.T)
 
 スコリアがえぐれて、めっちゃ歩きにくい道を、一気に下りて、車で来れる、有名なビュースポットのパノラマ台へ。

Img_0015_20200701202301

 ここへ、タクシーを予約しておきました。

(;-_-) =3 ふぅぅぅ~
お疲れ様でした(/・0・) 

 タクシーに乗るのに、雨具のズボンが濡れているから、持っていたタオルを敷いて座りました。

 久々の暴風雨でしたね~("⌒∇⌒")

 これが、石割山みたいな滑る土だったら怖いけど、スコリアは、かかとが止まるから助かる。

 御殿場駅で、濡れた服を着替えて、電車の時間を調べたら、30分待ち(;´o`)
ホームは雨が吹き込んで寒いし・・・
改札前のベンチで、昨日コンビニで買ったサンドイッチを食べて~

 ガラガラの御殿場線で、濁流になった川を眺めながら帰宅。

 久々の火曜会お泊りは、二日とも雨になっちゃいましたけど、それなりに楽しめましたね。

 と、思うのは・・・私だけ?
("⌒∇⌒") キャハハ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »