« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月29日 (土)

館山 夏の海の家仕舞い

 去年の台風15号で半壊して、塀と屋根と、床と天井がボロボロになった館山。
横浜から大工さんと屋根屋さんに海を渡ってもらって、保険で何とか直した。
 
 新型コロナで、今年呼べるかどうか心配したお姉さま方も呼べた。
夏休みがたった2週間の孫たちは、館山に2週間ずっといて、夏を満喫。
リモートで館山で仕事をしていた息子が、50年物の冷蔵庫を新しくして、庭に物置も設置してくれたって。

 夏の終わりに、しっかり大掃除をしに娘と行くのが毎年の習わし。
横浜から高速バスに乗る。
相変わらずのガラガラ。
 

 ベイブリッジ側は青空なのに、

Img_0998

館山方向は雨柱が立ってます。 

Img_1005


 館山に付くと、何この暑さ?(^o^; ほえ~
お姉さま方と来た時より、孫と遊んだ時より暑い【><。】
これは・・・あんまり家の掃除、出来ないかも~(;´o`)

 玄関は、今まで自転車が2台置いてあって、狭かった。
けど、その自転車や梯子や、ロッキングチェアーなどを新しい物置にしまってくれて、すっきりした。

 雨戸をあけて掃除して、顎から汗がポタポタ。
こりゃたまらん!
お仕事がひと段落したら、七分丈のスパッツとフード付き長袖ラッシュガードを着て海へ。。
この時期の海、クラゲが多いんだよね。
特にこの時期は、触手の長いアンドンクラゲ。
でも、意外に海水はきれいで、クラゲの姿は見えない。
平日で誰もいないかと思ったら、男の子4人組と小さな子を連れた親子が二組。

 みんな無防備な水着で、土用過ぎたらクラゲが増えるって、知ってるのかな?
でもまぁ、私の長袖長ズボンでも、エイにやられたら、ひとたまりもないけどね。
長靴を履いていても突き通すんだから。

 海水温は驚くほど高くて、いくらでも入っていられる。
半時間ほど波にたゆたってのんびり。

 帰ったら娘が、これ以上帰って来なかったら見に行こうかと思ってたって。
ご心配かけまして~(=^^ゞ ポリポリ

 シャワーを浴びようと思ったら、湯沸かし器のカランがサビて動かない(^o^; ほえ~
これも雨漏りの影響? もし、そのまま栓がすっぽ抜けて、水がダダ洩れになったら怖いから、水道屋さんを頼まなきゃ(T-T) これは、宿題だわ。

 台風の雨漏りで、玄関の靴箱の上の板が上下ベロベロになって波打っていたの。剥がれて持ちあがっている板に、木工ボンドを縫って、クランプで挟む。

Img_1020
 台所の合板が濡れて開いちゃったのも、これで結構直せた。クランプ、さまさまです。

 百均で買った、リフォーム用のシールで汚れたところを隠して、お玄関がすっきりした~
(=●^0^●=)v

Img_1021
 そう言えば、去年は9月5日に娘と来て、天窓ガラスまで大掃除したんだよ。
 その4日後! 台風15号の強風で、屋根を飛ばされたんでした(T-T)

 夕方、徒歩20分くらいの中華屋さんにお散歩。奮発して、1200円の海鮮ラーメンってのを頼んだら、なかなか豪勢でした。
Img_1019

海に、ウミネコやウミウやトンビが群がっている あの下に魚の群れがあるんだろうな

Img_1033

今日の夕日

Img_1007

 8月28日
布団の繕いやシーツの洗濯などして、庭でのんびり。
でも、ジリジリ暑いから、ちょっと海へ出る。

 お昼は乾麺があったので、ぶっかけうどん

家の中は暑くて、外の方が風があってまだしも過ごしやすい。

Img_1040

自衛隊の館山駐屯所からの練習機、うちからこんな風に見えます。

操縦士まで見えそうよ。

Img_1024_20200829202101

 さて、午後に、どうしようか~。
温泉に行こうかな。
東京湾に向かう岬、洲ノ崎を廻った所に、所狭しと南国の植物が茂る、ジャングルパレスがある。久しぶりに行ってみようかと調べたら・・・
6月に廃業だって(^o^; ほえ~
新型コロナ自粛で、持ちこたえられなかったんだ。そう言う施設はいっぱいあるんでしょうね。

 で、また海で泳いじゃった。
なんか、最近で一番泳いでいるかも。今日は結構海水浴客がいるよ。

Img_1069

夕暮れに、富士山の頭だけ、雲の上から見えてました。

Img_1067


 8月29日
裏玄関や天袋まで、しっかりお掃除して、今年の夏の海はこれで終わりね~。
今年も、みんなを遊ばせてくれてありがとう。

 ほんとは、義援金を集めて持って来てくれた、ママ友たちも呼びたかったけど・・・
日頃会っているお姉さま方と違って、ママ友を何人も集めて泊まるのは、コロナ禍の今は控えないと~(/_;)

 子供が小学校の頃は、まるで子供会みたいに、毎年ここで集団生活をしたっけ。
最大宿泊人数は15人。
ちょっとした海の民宿?

 子供が小さい頃って、忙しくて自分の時間はほとんどなかったけど、仲のいいママ友たちがいて、本当に助かった。
ちょっとした悩みも集まって話すと、「みんなそんなものなのかぁ」って納得したものでした。
子供が小学校高学年になると、一升炊いても間に合わなくて、炊き直したりしたっけ。

 新型コロナが収束して、ママ友たちも呼べるようになるといいなぁ。

 いつもみたいに、帰る前にちょっと海へ出ようと思ったけど・・・
 昼過ぎで無茶苦茶暑いから、止めた(/_;)
土曜日だからか、結構バスもフェリーも人がいたよ。

バス停から、うちの前の海。

Img_1070

 まだ8月だもんね。
例年なら、まだ夏休みなんだし。

 金谷のフェリー乗り場で、エビ丼とアジフライを頂いて、大変美味しゅうございました
(=●^0^●=)v
Img_1072_20200829202701

久里浜港に、あかつきが留まっていました。

川崎近海汽船のオフショア支援船です。

Img_1080

 二泊も娘と、のんびりできました。
暑かったけど~。

 次に行く時は、雨漏りで茶色くなった障子を張り直そう。

 今回は、暑さにめげて、出来ませんでした。

 

フェリーで売っていたアオサと、サンガ(鯵つくね)揚げとイワシバーグと、茄子とゴーヤと卵のチャンプルーで

簡単にお夕飯でした。

Img_1081

館山より横浜の夜の方が涼しいわ~。

 

2020年8月25日 (火)

源氏山~大峠山

 一昨年、お泊りで、山梨百名山源氏山を歩こうと持っていた。
その時は雨予報で、竜ヶ岳と富士見山に変更。

 翌年の同時期に、源氏山をリベンジ。
ところが、道は傷んでいないのに台風の直後だから立ち入り禁止でした(T-T) グスッ

 今回、リリベンです。
前回リベンジ参加の方もお誘いしたい所だけど、大月からジャンボタクシーだから、定員9人。
お誘いできなくてごめんね~(。_。;)
先週の興奮さめやらない車内は、乗鞍と西穂高の話題で盛り上げっています(^ー^* )
声は小さめにね~。

 櫛形山登山道に近い林道を入ってもらいます。
この林道が、なかなか難しくて・・・
赤石鉱泉を右、その先を左って~(;´o`)

 林道ゲートに車を停めてもらって、運転手さんにクーラーバックで持って行ったお茶とサンドイッチを渡す。
これ食べてお昼寝しててね~( ´ ▽` )ノ

 丸山支林道から池の茶屋林道ゲート通過
ちょっとくらいは展望が欲しいもの。
で、丸山林道側の展望地へちょっと寄る。
階段登りがあって、でも道はしっかり草が茂っていて、ほとんど人が入っていない感じ。

Img_0963


(ノ°ο°)ノ オオオオ
美しい白根三山。

Img_0959


来てよかったね(=●^0^●=)v
反対側には富士山が見えるはずだけど、真っ白でした。

ミヤマモミズリ

Img_0948

イケマ

Img_0951

アズマレイジンソウ

Img_0952_20200825202001

クサボタン

Img_0955_20200825202001

足馴峠林道ゲートを通過。

Img_0964


林道のゲートだらけで、訳 分らなくなりそうよ!
舗装林道歩きの後に、今度は砂利道。

笹山の左に千枚岳と赤石岳かな?

Img_0965_20200825202201

 しばらくすると、源氏山登山道入り口。
やっと山道です。

 唐松林をゆるくアップダウンしながら登ると、一部今にも崩れそうなトラバース。
木で土を止めているんだけど、その木が腐って、土にも穴が開いている。

Img_0968


ありがたいことにトラロープがあるから、
「ロープにつかまるの3人以下にして」
って叫ぶ。
だって、ロープが結んである木が、今にも抜けそうなんだもん。
「ここ、そのうち通れなくなりそうね」って話しながら通過。
急な斜面だから、崩れたらトラバースがなかなか大変そうよ。
そのすぐ上が、大峠山への分岐。

「帰りにこっちへ寄りま~す」
しばらくすると、足下にジグザグに崩れそうな踏み跡。
それが、十谷温泉への分岐。

Img_0971_20200825202201


一昨年の時の計画では、ここを下りて十石温泉に泊まる予定だったんだよ。
谷筋に急降下の後、長い林道歩きになるよ。
こちらにしなくてよかったかな("⌒∇⌒")

 鞍部から、まっすぐ尾根を登る。

足元に、小さな秋が、落ちていました。

Img_0974_20200825202401
なかなかの急登で、山梨百名山の源氏山(1827m)

Img_0976


遠くから見るとポコンときれいな丸い形をしているんだけど、山頂の展望はありません。
ここで、久々のランチバイキング。

手を除菌して、マスクをしてランチを並べて、2~3m離れて頂きます。

 御岳で買った山胡桃粉でオクラと椎茸の胡桃和えを持って来たよ。
あと、夫の実家から伊賀乙女って言う大きな葡萄。これは甘いんだよ。
今日は9人だから、種類も量も多くて、食べでがありました。

Img_0977

 分岐まで戻って、大峠山へ
前はなかった案内板ができてます。
尾根を越えるところで崩壊地があって、崩壊の後に作られた踏み跡が上下に二本。

Img_0983_20200825202501


あれトラバースするのかな。
「ごめん、私が怖いなって思ったら、そこで止めるよ~」
って声をかけて崩壊地まで行ったら、トラバースじゃなくて、尾根に登って通過する踏み跡ができてました。
よかったぁ~ ε= (*^o^*)

 一部、ほとんど踏み跡が見えなくて、鹿糞ばかりが地面にびっしり。
「ここで転びたくな~い」
とか
「ここで転んだら顔がおはぎになっちゃう」
なんて馬鹿なこと言いながら、鹿糞斜面を登って~

 山頂(1908,3m)は、眺望はないけど、木が払われて明るい奥座敷風です。

Img_0984_20200825202501


林業さんが作業したらしい昔の跡もありました。

崩壊地を高巻く道を戻る。なかなかの急降下。

Img_0988

 やらしいトラバースも通過して砂利の林道へ下り立つ。
暑い~ って言う陽射し。

Img_0990


でも、標高1700mくらいだから、気温はかなり涼しいのよ。22度くらいかな。
舗装の林道になって、登りなんで、地味にきつい。

 

ソバナ

Img_0996_20200825202501

オトコエシ

Img_0994_20200825202501

ヤマハッカ

Img_0997

林道ゲートの駐車スペースに、運転手さんが待っていて
「退屈でした?」
って聞いたら、
「櫛形山の展望台に登ってきました」
ですって。
今回は、所長じゃなくて、2年前に塩山タクシーに入られた入ったばかりの方。
この標高1700mの所から、大月まで送っていただきます。

 途中、コンビニに寄ってもらって、のんべのお姉さま方は、缶ビールや氷結をお買い求め。
私は氷イチゴ("⌒∇⌒")
運転手さんに、
「アイス食べる?」
って聞いたら、
「いえ、仕事が終わってから食べるのが幸せです」
だって。
みんなから集めたお金で高速代を払った残りの780円を、
「アイス代ね~ 少なくてごめんなさい」
ってお渡し("⌒∇⌒")

 最後に、特急の時間を話したら、少し急いでくれて、15時57分のかいじの2分前に大月着。
特急券って車内で買うと200円以上高くなるんだけど、もう窓口で買ってる時間がないから~
帰宅を急ぐ、家族持ち5人が飛び乗りました。

 予定より早く帰れて、よかったぁ。
3回目に、やっと、源氏山にお連れできました。
火曜会じゃ滅多にない、8人のお姉さまのうち、7人までが初登頂でした(*^_^*)v

2020年8月22日 (土)

高見石~丸山~雨池~八柱山

 山友が、八ヶ岳で八柱山に行ったことがないって。

稲子岳や冷山や、峰の松目も登っているのに。


 じゃ、どこを廻りましょうかね。他のピークはみんな登っているし~。
 八柱山は、あまり眺めがないから、少しは眺望があるところにも登りたいな。
ってことで、ルートを決めました。

 麦草峠の無料駐車場に車を停めて、歩き出そうと思っていたの。
でも、9時前なのに満車!(/_;)
なので、白駒池の駐車場に車を停めて、歩き出し。

Img_0836_20200822203901
 まずは北八つチックな苔の森から、高見石(2249m)へ。

Img_0839_20200822203901
この岩の山頂からは、すぐ下に白駒池。

Img_0840
あいにくの曇り空で、遠くは見えないけど、白駒池はよく見えてます。
岩ピークでちょっとのんびり。
さすが2250m 涼しくて気持ちがいいです。

 丸山(2329,9m)へ登って、岩々の歩きにくい下りで麦草峠へ。

Img_0851_20200822203901

この辺はシッポゴケが美しい

Img_0855_20200822203901
お花畑はもう、オヤマリンドウや

Img_0883_20200822203901

ワレモコウが優位。

Img_0879_20200822203901

 これから、マップタイム4時間くらい歩きます。
麦草峠から、ほぼ北へ1時間。
濡れた滑る石と

Img_0886

折れたり朽ちたりした木道と

Img_0904

足元にかかる笹薮の なかなか歩きにくい道で雨池へ。

Img_0892_20200822204001

雨池を半周して、東にちょっと登ると八柱山(2114,6m)

Img_0898_20200822204001
宇宙観測所があって、木も伸びて、一方向しか見えないんだけど、富士山が見えるんだよ。

Img_0899


ここから八千穂高原にも抜けられる。

 ここでランチしてたら
(≧◇≦)!!!
ゴロゴロゴロ、バリバリ~。

 ザックカバーを付けて、雨具をすぐ出せるようにして、急いで鞍部まで下りる。
この辺で一番高い場所にいる、電気が流れやすい私たち(;>_<;)  
なんとか、降られないうちに戻れるかな。
でも、足元が歩きにくいでこぼこの岩や、朽ちた木道・・・

 を歩いているうちに、降り始めた【><。】

濡れた木道が滑る~。

Img_0906_20200822204201

麦草峠から、天狗の庭を歩いて白駒池へ戻るつもりだったけど、とにかく最短で車に戻ろう。
土砂降りの中を、道が川のように雨が流れる中を、急いで戻る。
途中、雨が少しだけ小降りになったら、路面に雨足が跳ねている向こうの空が、青空で入道雲が見えている。
なんだか不思議な景色。

Img_0907_20200822204201
 下着までびしょ濡れになっちゃったから、縄文の湯でさっぱりして、

Img_0916


こちらは熱を測る他、携帯番号を書いて箱に入れるシステムでした。

お風呂の後の味噌ラーメンが美味~♪~

Img_0914
 さて、高速の混雑はどうかな。
と思っていたら、甲府で目の前の雲が真っ黒に。
うわ、雨に突入?

Img_0922_20200822204201
稲光がバリバリと見える。

 そして前が見えない豪雨!
隣のトラックがあげる水しぶき。

Img_0935_20200822204201


今日の核心部はここだね。
路面にたまった水で、車が揺れる~(・_・;)

 そして、小仏渋滞が20分ほど。
例年のこの時期は、下手したら1時間オーバーもざらだから、これはいい方よね。
遠出した割には、まぁまぁ夕食前に帰れました。

 久々の山での雷は怖かったけど、稜線歩きじゃなくて助かりました。

2020年8月19日 (水)

大月からタクシーで乗鞍と西穂独標

 

 7月初めに調べたら、例年は、新穂高行きのバスがあるんだけど、今年は夜行しかない。
高速バスってかなり減便されていて、平野で路線バスに乗り換えしかないので、それを予約。
そのあと、地元タクシーに、色々交渉したんだけど・・・
岐阜は7月7日の豪雨で、あちこち通行止め。
「迂回して動くと、ジャンボの場合は一日貸し切りで5万になります」だって~。
(≧◇≦)エーーー! 高いよ!

 ( °o° ) あれ? 
貸し切りって事なら、塩山タクシーさんを使えない?

 あずさとバス利用や、高速バスとタクシー利用で時間を気にして動くよりお安くならないか、交渉して見よう。
で、高速代ガソリン代込み10万で、大月からタクシーっていう、超豪華ツアーになりました。

 そのあと急いで、予約してあった新宿~平野の高速バスをキャンセル!


塩山タクシーの所長ってば、
「あ、俺 行きて~な。水曜の仕事 誰かに頼むかな」だって~。
("⌒∇⌒") キャハハ
運転手さんの宿代1万円も、昼食代も、もちろん火曜会持ちよ。

 タクシーなら、乗鞍のマイカー規制のシャトルバス代 2800円もかからない。
ちい姉さまのお姉さんの孫のNちゃんが参加したいってことで、満席の9人になった。
豪華なのに、公共交通機関プラスタクシーより、5千円ほどお安く行けちゃいます(*^_^*)v

 Nちゃんは、今までのお山は運動靴だった。
今回は、足のサイズがたまたま私と同じなので、履かない登山靴と靴下を、持ってきたんだよ。
履いてみたら、ぴったりだって~(*^_^*)v
 
 乗鞍と穂高へ行くのに大月集合って、実は渋滞回避にはとっても有効。
あとは、4時間、寝てもよし、食べてもよし。

 岐阜側の乗鞍スカイラインは、7月7日の豪雨で通行止め。
7月23日に長野側のエコーラインの方が、通れるようになった。
でも、マイカは乗鞍高原より先は、全車両通行止め。
〈バス・タクシー・自転車、緊急車両・許可車両等を除く〉
なので、大月から来た火曜会は、そのまま畳平へ行けちゃうのよ。
とってもありがたい時間短縮(*^_^*)v
シャトルバスは1時間に1本で、しかもこの時期は結構並ぶんだよ。

「今日は、乗ってる時間が長いので、おしゃべりは、顔を見ないで前を見て、小声でね」
「何か食べる前は、必ずアルコール除菌してね」
って言ってたんだけど・・・

 乗鞍高原で雲一つない乗鞍を見て「きれいだよ~!」
って叫んじゃった、私(。_。;)

Img_0656_20200819202601

 乗鞍は人が多いから、9人でぞろぞろ歩くのはご迷惑。
なので、今日は各自自由散策にしたのよ。
歩行時間は、たったの2時間半だし。
でも、駐車場はかわいそうなくらいのガラガラ!

Img_0739_20200819202601

 それでも、集合時間を決めて、ばらけてもいいようにして歩き出す。

 林道からは熊が見えました。

Img_0688_20200819202701
乗鞍って、前にニュースにもなったよね。
遠かったけど、何とか写真も撮れたよ。

Img_0689_20200819202701

 久しぶりのお花が多いから、みんなで写真を撮りながら歩いて~

イワツメクサ

Img_0669_20200819202601

トウヤクリンドウ

Img_0682

シロバナイワギキョウ

Img_0667

ミヤマミミナグサ

Img_0661_20200819202601

モミジカラマツ

Img_0662_20200819202601

ミヤマダイコンソウ

Img_0673_20200819202601

ウサギギクとヨツバシオガマとウメバチソウ

Img_0676_20200819203101

イワギキョウ

Img_0715_20200819203401

イワアカバナ

Img_0723_20200819203401

コマクサ

Img_0725

タカネニガナ

Img_0729_20200819203401

アオノツガザクラ

Img_0713_20200819203401

登り初めいたら、Nちゃんが着いてくる。

(ノ°ο°)ノ オオオオ
お山は初心者でも、20代! 
うしろを振り向くとNちゃんがぴったり後ろに行って、やっぱり若い人はすごい~。
聞くと、大学時代 和太鼓をやってたんだって。
和太鼓って、体幹部がしっかりしていないとできないからね~。

 彼女と一緒に、サクッと剣が峰(3025,7m)

Img_0708_20200819202701
人生でお初の3000m級だね。
なかなかない、素晴らしいお天気よ~。
あちこち写真を撮って、嬉しそう(*^_^*)
上着を着て、お姉さま方を待つ。

槍が見えてます

Img_0695_20200819202701

一等三角点 点名『乗鞍岳』

Img_0702_20200819202701

 見る間にガスが増えて、回りの山が見えなくなっていく~。

ギリギリのタイミングだったな!
素晴らしい眺望を見せられて、よかったよかった。


 お姉さま方もマップタイムより早目に登ってきました。
ここは、観光客地タイムなんだね。
にしても、80代のお姉さま、早すぎ~!

振り返った山頂は

Img_0709_20200819202701

一瞬でこんなに

Img_0710_20200819203401

ウサギギクにクジャクチョウかな? 目玉模様が足りない?

Img_0720

 下山途中で、Nちゃん お山バッジを買ってたよ~(⌒‐⌒) 

お山大好きになってくれたら嬉しいなぁ。

 

 鶴ノ池を廻って戻る。こちらもコマクサが多いから。

これで分かる? 手前のコマクサ群生地

Img_0735_20200819203401

 

 マイカー規制の駐車場に、車が待っていてくれるって、すっごい気楽~。

これが、シャトルバスと路線バス利用だったら、みんなを遅れさせちゃいけない って気を使うんだよね~。ありがたいわぁ。

お土産を買ったりしてみんなを待って、お宿へ。

 

 新穂高のまほろばは、露天風呂が4つあります。

Img_0741_20200819204001
焼岳の湯 穂高の湯 笠の湯 錫杖の湯

全露天 制覇(*^_^*)v

蓮華温泉にご一緒したマイフレさんが、蓮華温泉で買った手拭いで、全員分のマスクを縫ってきてくれた!

Img_0744

これ、めっちゃ息が楽~

 

お夕食の飛騨牛が絶品です~。

Img_0747_20200819204001

 団体さんみたいでしょ。

間を開けてくれているので、すっごく長い列!


お姉さま方に、次々にビールをごちそうになって、
へべれけ~(=^O^=)o□ プハァ


 8月19日

朝ごはんも美味しい~

Img_0753_20200819204001
せっかくタクシーなんだから、第二ロープウェーまで車で行っちゃいましょう。
登山者用駐車場のお金を払って、待って居て頂こうと思ったら、
「下りたら電話して!どこかで待ってるから」
あら、ありがたいわ。

ロープウェーから槍ヶ岳

Img_0756_20200819204001

白山も見えてます

Img_0758_20200819204001

 今日は、最後にちょっとだけ岩があるから、お山初心者で今回初めての登山靴のNちゃんは自由行動にできない。
彼女と、岩があまりお好きでない若いマイフレさんの二人を、ケアマネの古い山友と私で、挟んで登ろうと思っていたの。
ベテランのお姉さま方は何度もいらしているし、岩も慣れてるし~、適当に楽しんで頂こうと思って。

 でも、マイフレさんに『一人でゆっくり行きます』って、断られて、二人で登ることに。

キヌガサソウ

Img_0760_20200819204501

クガイソウ

Img_0761_20200819204501

テングノコヅチ 実が小づちみたいなんだよ

Img_0763

トリカブト

Img_0773

Nちゃんたら、西穂山荘までのマップタイム1時間半を1時間で登っちゃった(゜ロ゜) 
私がもっと早く歩いていたら、もっと早かったのかなぁ~ びっくり!

笠ヶ岳から抜き戸岳がきれい!

笠新道で抜戸岳から笠を日帰りしたのは、もう8年くらい前かなぁ。

Img_0774_20200819204501

 丸山で絶景を楽しんで、

Img_0776

霞沢岳と上高地を俯瞰

Img_0782
Nちゃん、石ガラガラ道も、独標への岩登りも、サクサク登るじゃないの( ̄▽ ̄;) 

 Img_0777_20200819204601

この子・・・めっちゃバランスもいい!

おばさん、おばあさんと山を登っていたら勿体ないわ~。
どこか山岳会にでも入ればいいのに!

独標直下

Img_0785_20200819204901

独標で、Nちゃんのスマホで何枚も記念写真を撮ったのに・・・

私のカメラで撮るの忘れた~。 

独標からの富士山

Img_0783_20200819204901

 今日は、どっちを見ても素晴らしい眺め。
これはNちゃんのビギナーズラックのお裾分けかな。
素晴らしい眺望を堪能しました(=●^0^●=)v

 

 サクッと降りて、西穂山荘でラーメンを食べて

Img_0789

信州銘柄?のコーラ この花の柄はハクサンイチゲかな?

Img_0791_20200819204901

ハクサンフウロ

Img_0794_20200819204901

ハナチダケサシ

Img_0797_20200819204901

サラシナショウマとトリカブトとアザミ

Img_0787_20200819204901

オオバミゾホウヅキ

Img_0796

コイチヨウラン

Img_0805_20200819205101

シャクジョウソウ

Img_0810

ロープウェー駅の三等三角点

Img_0816_20200819205101

ビジターセンターの温泉 神宝乃湯に入って、お着換えしてさっぱり。

Img_0824

松本までは車が多かった。

道の駅風穴の里で、カットスイカ200円 美味しかった~(*^_^*)v 

Img_0826


大月に17時半帰着(*^_^*)v


 
 次の特急は、大月であずさと富士急直通『富士回廊』の連結。

Img_0828_20200819205501    
ここで、皆さんとバラバラになって指定席へ。

 

 1泊2日で乗鞍と西穂独標、効率よく回れて、7時帰宅。


お天気に恵まれて、楽しめました~(=●^0^●=)v
 

 

2020年8月15日 (土)

稲子湯~本沢温泉~天狗岳

 

 先々週、お姉さま方と蓮華温泉に行ったのに、二日続きの雨で、露天風呂に入れなかった~(T-T)
で、珍しく金・土で泊まれるって言うから「本沢温泉はどう?」
って水を向けた。
「東側からの八ヶ岳、いいですね~」
でも、お盆だし本沢温泉は空いてないだろうな。と思居つつ電話したら、1室開いていますって。

\(^0^\)(/^0^)/ ♪
今年はすべて個室扱いで、一人11000円。
山小屋としちゃ高いけど、例年の6割しか入れていないんですって。

 じゃ、どう歩こうかなあ。
集合が遅めだから、渋滞に引っ掛かると予測付かないなぁ~。

 案の定、金曜日の午前中、あちこち渋滞してました。
本沢温泉入口に車を停めると、2時間の林道歩きになるから・・・
稲子湯の先に車を停めて~

 10時に、手前の駐車スペースまで満車です!(/_;)

Img_0521


なんとか停めて、樹林の中の歩き出し。

 2017年の7月初めに、ちい姉さまのお誕生会で本沢温泉に泊まって、天狗からニュウを歩いた。
今回は車だから、稲子湯に戻らないとね。

 沢沿いの樹林で涼しいんだけど、日なたが暑い!
一部、道が沢になる場所もあって、この辺りは雨の後の下山は迷いやすいよ。
みどり池のキャンプ場は、結構たくさんのテントが張られていました。

Img_0538_20200815171001

今年はテントがすっごく売れたってね。

 中山峠への分岐で南へ向きを変えて

この辺りのクリンソウ群生地は素晴らしいよ。

7月初めはイチヨウランもたくさん見られます。

Img_0543_20200815171001

北八つチックなしらびその樹林で1時間。
本沢温泉に着いて、お泊り荷物を置いて~

 白砂新道で尾根へ。

ここ、最後に稜線に出る手前がざれていやらしいんだよね。

Img_0595_20200815171001

西天狗東天狗のいい眺め

Img_0555_20200815171101
ちょっと北へ行くと東天狗(2640m)

Img_0576_20200815171101
ここまでくると、さすがに風が涼しくて気持ちがいい。
チャチャッと西天狗を往復と思っていたんだけど・・・
東の空に、ちょっと危ない雲が立ち上げってる。
往復30分かぁ~。
西天狗は8回以上行ってるし、下山で降られたくないし~

 戻って早目に露天に入ろう!

南八つ

Img_0584

西天狗の右に諏訪湖

Img_0578_20200815171101
おしゃべりしながらゆっくり下山。
で、夏沢峠方向へ戻って日本最高所の露天風呂へ。

 あ~(≧◇≦)
おじさんとお兄ちゃんのヌード、撮っちゃったよ。
硫黄岳の下の方にね。

Img_0603_20200815171301  
これじゃ撮ってもじゃないけど入れないよ。
すごすごと戻って、内風呂へ。

Img_0601

 露天は白濁の湯だけど、内湯は茶色いんだよ。
かなり熱めででも、すっごく効くよ~。

 お夕飯は5時半。
食堂の席は、対面なしの一列ずつ。
本沢温泉のお夕飯は、松花堂弁当風で、お汁の代わりにだんご汁とか豚汁とかつくんだけど、
今回はおでんでした。

Img_0605

 ほかのグループの会話を聞いていると、お山初心者や年に一度は八ヶ岳かアルプスに。
なんていう話が聞こえる。
コマクサの写真を見て「カタクリ?」「なんか違うけど見たことある~」
とか話しているから「言っていい?コマ~」
「コマクサ!」
「すっごーい、よく知ってる~」
あ、コマクサで褒められちゃった(;´o`)

 急いで食べ終えて、一人だけもう一度露天風呂へ行ってみる。
(*^_^*)v  やったね! 
独り占め~。
 ここの難点は、蓮華温泉と同じで脱衣所がないのと、登山道から丸見え。
でも、入ってしまえば乳白色で全く見えない
 
 18時10分から25分の間に、夏沢峠登山道から見下ろした人、
入っていたのは私です("⌒∇⌒")

Img_0608_20200815171401

 露天風呂で至福の至福のひと時。
だんだんガスが下りてきて、硫黄だけが見えなくなってくる。
標高は2110mで、日本で一番高いところにある露天風呂だよ。
ちなみに日本で一番高いところにある温泉はみくりが池温泉。

 戻ったら、みんなは内風呂に入って、もう寝る支度してた。


 8月15日
今日は中山峠まで行こうかと思っていたんだけど・・・
数日前からニュースでしきりに、今年の上りの渋滞ピークは土曜でしょうね。
みたいなことを言っている。
そうだよね、お盆だもん。
いつもだったら私は、車で出るのを敬遠するくらい。
なので、早めに下りようって事になった。
 
 朝食後、朝風呂に入ってサクッと夏沢峠(2430m)へ出てみる。

Img_0615_20200815171501

ここから硫黄は、急できついんだよね。

御座山や、荒船山の艫岩がくっきり見えてます。

Img_0614_20200815171301
左の浅間山の下には雲海。遠く赤城も分かります。

Img_0613_20200815171401

 夏沢峠のやまびこ荘は、小屋番さんが変わっちゃって、ちょっと淋しいね。
ここのモモンガとヤマネはかわいいよ~。
そうだ、次の火曜日に一緒に歩けないPちゃんに、ヤマネのバンダナをお土産に買ってあげよう("⌒∇⌒")

 本沢温泉に戻って、美味しいお水を汲んで、下山。
みどり池でまだ9時半。

Img_0626
コーヒーとチーズケーキセット700円を頂いて、至福のひと時。

Img_0632_20200815171701

湖面に映る硫黄岳も美しい。

Img_0628_20200815171701

 標高が下がるとどんどん気温が上がって、日向が暑いこと(;´o`) 

 1500mでこの気温かぁ。
早く帰りたい気持ちもあったけど、稲子湯に寄って行こうか。

Img_0634_20200815171601
汗を流して、汗で重くなった服も着替えてさっぱり。
そしてみんなでコーラで乾杯(=^O^=)o□ プハァ

 いやぁ、暑い中を歩いた後って、なんでこんなに炭酸が美味しいんでしょう。
私はいつも、誰の車に乗っても助手席だから、運転手に悪くて飲めない。
寝ちゃうのも悪いしね。
タクシーも助手席で、たまには後部座席でうたた寝してみたいなぁ("⌒∇⌒") キャハハ
でも、後部座席に行ったところで、道が気になって、眠れはしないんだと思うけど。

 さてさて、お盆で渋滞はどうかな。
今年は飛行機や新幹線はガラガラらしいけど、車は移動手段として一番安心だから・・・

 あ~小仏渋滞が出ているわ。
どんどん増えて・・・
でも、いつものお盆の30キロとか40キロとかと比べて、8キロ20分はかわいいもんだわ。

 5時前に帰れました。

 高い場所の露天風呂って、気持ちがいいねぇ~(=●^0^●=)v

 これを、蓮華温泉でお姉さま方にも味わっていただきたかったなぁ~。
でも次の火曜日は温泉ですもんね。
のんびり温泉を楽しみましょう~( ´ ▽` )ノ

2020年8月13日 (木)

セミ 昨日の虹

 9月のお山の、乗り物のダイヤを調べていたら、いきなり耳元でセミが鳴いた! 

 (°∇°;) !!  び・びっくり!     

 すぐ後ろの出窓の網戸に止まっていたよ。  

Img_0514_20200813163801

小さな体で、ものすごい音量が出るもんだね。  

 

これから買い物に行こうと思っていたんだけど・・・

急に暗くなったと思ったら、雷がなり始めた。  

ありゃりゃ。 豪雨が来るのかな。  

雨雲レーダーを見たら、20分後に降りそう…

 

止んでから行くか、あるもので作るか~。

 

昨日は雨上がりに虹が出たけど、今日はどうかな。

Img_0506

 

2020年8月11日 (火)

日の出山~御岳レンゲショウマ

 お盆期間は、欠席のお姉さまが多くて、今日は4人?
じゃぁ、4人でタクシー利用の所にしましょうかねぇ・・・
そう言えば、都民の森は、平日のバスが無くなっちゃって、行きにくくなった。
ここ3年ほど行っていないから、都民の森でレンゲショウマとソバナでも見に行きましょうか。
地形図をコピーして、タクシーを予約・・・

 の前に、もう一度お姉さま方に確認のメールをすると~
「欠席って言ったけど参加させてください」
ってお姉さまが( °o°;)
予約しなくてよかった~ ε= (*^o^*)

 それじゃ、別口にしましょ。
レンゲショウマが見たい、と思っちゃったから、それじゃ御岳に行こう。
タクシー利用じゃないなら、他のマイフレさんもお誘いして、
先週面白かったらしくて、ちい姉さまのお姉さまのお孫さんも参加するって。
あら、嬉しい(*^_^*)v
で、結局7人になりました。

 多けりゃ多いで、気を使うんだけど、この山域なら大丈夫。
だって、16歳から歩いているお庭だもん("⌒∇⌒")

 最近御嶽駅におしゃれなテラスができたんですって。
ってお姉さま情報。
それは行ってみたいですね。
って話して調べたら、火曜日定休じゃないの(/_;)
(°∇°;) あ! もしかしてお盆時期だからやってるかもね。
滅多にないチャンス?
じゃぁ、帰りに御嶽駅で寄りたいから、行きは別ルートからアクセスしよう。

 武蔵五日市で集合したら

あれれ(・_・;)

都民の森行きのバスがある。

あ~お盆期間だから、休日ダイヤなんだ!なぁんだ、行き先変更しなくてもよかったじゃん(T-T)

じゃ、来年のお盆時期は都民の森ね~("⌒∇⌒") キャハハ

 で、バスで日の出つるつる温泉へ。
私が大岳小屋を手伝っていたころは、こんな温泉なかったよ。

 一つ手前のバス停で下りて、林道をテクテク30分。
木陰で案外涼しい。
ハグロソウや

Img_0414_20200811174101

ミズタマソウ

Img_0421_20200811174101

ヌスビトハギにナツズイセンも咲いて、それなりに楽しめる。

Img_0424_20200811174101

ボタンヅル

Img_0428_20200811174101

農家さんの先が、登山口~と思ったら、今は廃屋?【T_T】
昔、ここのおばぁさんにお茶を頂いたことがあるけど・・・
あの時のおばあさんって、もしかして今の私くらいだったのかも~。

Img_0431_20200811174101

 尾根をジグザグに登って~
今年の夏は、なにに気を使うって、熱中症。
普段から外へ出て、汗をかきやすい身体にしておくことと、
かいた汗に見合うだけの、水分とミネラルを、ちゃんと補給して歩かなきゃね。
それでも、平地と違って山を登っていると、体温がすっごく上がる。

 この猛暑期には、気温が高い山だと、一時間に500mLくらいは飲んで欲しい。
つまり、4時間歩くなら2L 欲しいんだよね。
なんで今年は要注意かって言うと~

 体内に熱がこもって、意識朦朧、高熱でハァハァ
って、言ったら・・・
 それって、新型コロナの症状と同じじゃん!
救急隊員も、ビビるよね。

 数少ない、救急隊員に、そんな危険な思いを、させたくない。
だから今年は、お山を歩く人は、いつもの年以上に、しっかりミネラルと水分を取って、
自分の体調を見ながら、ゆっくりお山を歩いてね。

 見晴らしのいいところに、ヤマトタケルの顎掛け岩がある。

Img_0434_20200811174101
あれれ、ヤマトのタケちゃん、女装できる華奢な人だったんじゃないの?
なんで大きくなっちゃったの?

 ここのベンチで、ポットに入れてきた氷を2個ずつ配る。
これで、ちょっとでも熱を冷ましてね。

Img_0436

 ひと登りで日の出山(902m)

Img_0439_20200811174301

三等三角点 点名『日ノ出山』ネイルはレンゲショウマのイメージ

Img_0441_20200811174301

丹沢がよく見えていて

Img_0448_20200811174301

檜洞に滝雲?

Img_0447_20200811174301

富士山は恥ずかしがり屋で、上高岩に半分隠れてる。

Img_0446_20200811174301
ここは、色んな人を連れて来て、たくさんの思い出がある。
東京の街並みの奥から日が出るので、ここの山小屋、東雲荘は大晦日はいつも、宿泊客がいっぱいになるんだよ。
そこからは、お散歩道みたいないい道で、御岳の宿坊群へ。

 今日は、ふと思い立って、持ち寄りランチは無しにしたの。
レンゲショウマの時期は、参道の駒鳥荘さんのお庭に、キレンゲショウマが咲くんだよ。
だから、ここでお昼を頂こうと思って。
新型コロナで、御岳の参道のお店も大打撃。
お客さんがなかなか戻らないって聞いていたから、少しでも力づけたいと思って。

 不定期でお休みだから、一週間前に一応電話して、今日やっているかどうか聞いておいた。
ついでにキレンゲショウマが咲いているかどうかも聞いたら、
「今日2輪咲きました」ですって。
じゃ、咲き始めだね。

 「こんにちは~」「先週電話したものです。キレンゲショウマの近くでお昼を頂きたいです」
って入って行ったら
「お電話ありがとうございます。お待ちしていました」
だって~("⌒∇⌒")
こちらの名物、とろろそばを頂いて、名水コーヒーをお姉さまにごちそうになっちゃいました。
久しぶりのとろろそば、頂きます。

Img_0457_20200811174701

キレンゲショウマ

Img_0451

 ちい姉さまのお姉さまのお孫さんが、御岳神社は来たことがないって言うので、じゃ、寄ってあげようかな?
「え~私たちはいいです。ここで待ってます」
そうよね、階段は暑いしね。
若いマイフレさんとお嬢さんと3人で神社までの階段を往復。

Img_0463_20200811174701

トリカブトがもう咲いてる

Img_0467_20200811174701

 さてさて、最後に本日のメインミッション。
富士峰園地から、さっき歩いた日の出山。この左から右へ歩いたんだよ。

Img_0468_20200811174701

モミジハグマ

Img_0473_20200811174701

レンゲショウマは~

Img_0490_20200811175001
長雨の影響で、開花がかなり遅れているようです。

Img_0478_20200811175001
それでも、ぼんぼりのような可愛い姿がチラホラ見えてます。
ぐるっと上から降りて鑑賞して・・・

ソバナも咲いてます

Img_0485_20200811175001

お嬢さんも撮ってる(*'‐'*) 

 

Img_0484_20200811175001

 最後にケーブル前の宝亭さんにご挨拶。
ここは、大岳小屋を手伝っていたころに、ボッカ荷物を受け取るお店でした。

「こんにちは~、今日は何かありますか?」
ってお店に入ると
「お米持ってって」とか ジャガイモやキャベツや、色々背負いましたっけ。
「ビール持って上がってくれる?」
って言われると、(;>_<;) ひぇ~ って・・・
「この間、OOちゃんは3ケース背負ってってくれたわよ」
なんて言われると
「じゃ、2ケース背負います」(;´o`)
まだ十代だからできたんだよね。
自分のお泊り荷物プラス、20キロくらい。
登りは、背中全体に重さがかかるからまだいいんだけど・・・
ちょっとした下りは、肩だけに重みがかかって辛いんだよね。

 そんな長い付き合いの宝亭さんに、お姉さま方を何回お連れしただろう。
優しいお姉さま方は、そのたびに何か買って下さった。

 私はよくここで、ヤマグルミの粉を買う。
胡麻和えの代わりに使ったり、お蕎麦に入れたりすると、すごく香ばしいの。
そこそこお客さんもいたので、さっとご挨拶をして、ケーブルへ。

ムササビもマスク~

Img_0495_20200811175001

 御岳駅で、お姉さま情報の御岳テラス ってのに行ってみた。
7月中旬にオープンした、こじゃれたカフェ、って感じ~。
中はガランと広くて、元のコンビニ店舗のままだ!

Img_0496_20200811175001
机と机の間もとっても広くて、テーブルの真ん中にアクリル板が付けてある。
これなら、向かいの席に飛沫が飛ばなくていいね。

写真だと、アクリル板が分からないね。
 
 思えば、下山後の打ち上げは、コロナ禍で5ヶ月自粛。
「飲みたい人は飲んでいいですよ~」
私は、ジンジャー・ビアなるものを飲んでみた。

Img_0497_20200811175001
生姜味のノンアルビールって感じの飲み物。
イギリスで飲まれてるんだって・・・ほんと?
黄色人種みたいに、アセトアルデヒド分解酵素が少ない人がいない白人種。
みんな水のようにアルコールを飲むと思ってるんだけど、思い込み?
それと、梅のジェラートと、唐揚げも食べちゃった。

Img_0498_20200811175001

 ちょっとのんびりしても、14時台の電車に乗れて、早目に帰れたよ。
今年のお盆、みなさんあんまり、外に出ていないのかと思ったけど、御岳はなかなかの観光客でした。

 お土産っで買った鮎の甘露煮と ヤマグルミでオクラの胡麻和えサラダと

きゅうりと紫蘇のもずく和え 麦とろご飯 イチジク

お昼のとろろそばのとろろが、思ったより少なかったから、もっと食べたくなって("⌒∇⌒") 

Img_0411_20200811201301

2020年8月10日 (月)

山の日 稲の花

 今日は山の日

私のPCは、点けると自然の景色がランダムに出てくるようになっている。

で、点けたらこの写真が~

Img_0410_20200810164901

 なんで? 土曜日に八方池に行ったのに、白馬三山が見えんかったのを、このPCは知ってるの?

慰めてくれたの? ありがとう( ´ ▽` )ノ 

 

 夕方、ちょっと涼しくなったので、久しぶりに田んぼを通ってお買い物に出た。

Img_0397_20200810164901

 今年は、新型コロナの影響か田植えが遅くて、ようやく開花していた。

Img_0389_20200810164901


稲の花を撮っていたら、足元で何か動いた。
背中に緑の筋のある蛙。トウキョウダルマガエル!

Img_0406_20200810164901
うちは、6月ごろ、二階の窓を開けると、ワーンと蛙の大合唱が聞こえるんだよ。
緑のアマガエルはよく見るけど、筋のある蛙は初めてかも~。
 
 田んぼの畦に、もう彼岸花が咲いてました。

Img_0395_20200810164901

 暑くなると、ドライカレーが食べたくなる。
タイムとターメリックで炊いたご飯に、
香辛料をバリバリに効かせて、炒めた挽肉と夏野菜。

 この形式のドライカレーって、お店でもあんまり見なくって、
無性に食べたくなると、自分で作るしかないんだよね。

Img_0407_20200810164901

 香辛料たっぷりのドライカレー、美味しかった。

2020年8月 8日 (土)

唐松岳

 今年は、休業の山小屋が多い。
6時間とか8時間とか歩いて、ようやくたどり着く山小屋で、万一クラスターが出たら・・・
って怖いですもんね。そして、営業している小屋も、シュラフかインナーシュラフ、使い捨て手袋、アルコール持参と

書かれているところがが多い。 

 私は、マップタイムよりだいぶ早くは歩けるけど、重いものは背負えない(/_;)
テントやシュラフを背負っては歩けないよぅ~。
今年は、日帰りで行けるお山だけにしよう。
それでも、この時期は高いところに登りたいよね~。

 じゃ、唐松岳にでも登りましょうか。
コースタイムは7時間ちょい。
若い頃2回登って、娘が中学の時にも一緒に登った。

 台風の影響で、数日前まで雨予報だったけど、台風は少し北寄りにそれてくれそう。
でも、どこかで降られるかもだな。

 アクセスに時間がかかるから、未明にピックアップしてもらって、黒菱平へ向かう。
車だから、ゴンドラに乗る必要はないからね~。
リフトに乗って、一昨年お姉さま方と泊まった八方池山荘へ。
あの時は、夜半に台風通過のタイミングでお泊り。
山小屋で、関空水浸し映像を見ましたっけ。

 20分歩くと八方山(1973,9m)
30分で八方池。

Img_0236_20200808225301


池面にうつる白馬三山が撮りたかったけど・・・
辺りは真っ白。でも、タカネマツムシソウやヤマブキショウマがたくさん

Img_0237_20200808225301
 
 ハクサンシャジン 

 

ウメバチソウ 

Img_0205

ハッポウタカネセンブリ

 


ハッポウウスユキソウ 

Img_0218_20200808225201

カライトソウ

Img_0196_20200808225301

ダイモンジソウ

Img_0216_20200808225301

アズマギク

Img_0219_20200808225201

タカネマツムシソウ 

Img_0353_20200808225901

クロトウヒレン

Img_0255_20200808230101


イワイチョウ 

Img_0234_20200808230201

イワショウブ 

Img_0243_20200808225301

タカネナデシコ 

Img_0230_20200808230101

キバナカワラマツバ

Img_0251_20200808225401


百花繚乱~\(●⌒∇⌒●)/

 第三ケルン辺りからちょっと岩っぽくなって、体温が上がる。
で、ちょこっと雪渓に寄ってお水休憩。

Img_0262_20200808225401


古い雪は、表面が黒っぽくなって、あまり美しくはないけど、最高に涼しい~♪~

 私は高度順応がよくないから、標高2400m越えると、急に足が重くなる。
この標高だと、マップタイムの8掛けくらいで上出来なのに・・・
あれれ? もうすぐ唐松山荘だ( °o° )
唐松岳、マップタイムがめっちゃ甘いね。

 最後にリフトに乗り遅れたら困るから、ここや五竜や栂池は、マップタイムが甘くなってるんだね。
登っていたら、どんどん辺りが白くなって、あ~雲の中に入ってしまった。
唐松山荘からはすごい風。
気温10度くらいで風速15mくらい。だから手袋をしても手が冷たい。
唐松岳(2695,9m)

Img_0300_20200808225901


ものの15秒で退散です。

コマクサ

Img_0315

チシマギキョウ

Img_0321_20200808225901

ウサギギクとエゾシオガマ

Img_0275_20200808225901

チングルマとエゾシオガマ

Img_0264_20200808225401

久しぶりにちゃんと撮れたタケシマラン

Img_0258_20200808225401

 6月20日の赤岳の2899mは軽い頭痛もあって、めっちゃきつかったけど、
そのあと燧や白馬大池とか行ったから、今回はだいぶ楽に登れた。
最も標高差は、こっちの方がだいぶ少ない960m

 下って行くと、下から人がどんどん人が上がって来る。
 大きなザックの人もいて、今夜はテン泊かな。
どこの山小屋も、定員を半分くらいにしているから、予約を取るのが難しい。

 下山途中でパラパラッと雨が降って来て、ザックカバーを付けたけど、直ぐ止んだ。

 行きに気がつかなかった花とか撮って、雪渓でランチ。
 八方池が見えるところまで下りたら・・・
八方池周辺は大賑わい。

Img_0361_20200808230001

ハッポウタカネセンブリ

Img_0363_20200808230001

ミヤマクワガタ

Img_0384_20200808230001

オオヒョウタンボク

Img_0332_20200808225901

ナナカマドとアオノツガザクラ

Img_0326_20200808225901
子連れ、ご家族ご友人、なかなかの人出でびっくり。帰りは八方池には寄らなくていい? 通過するよ~。
 リフト付近も混んでいたので、ソフトとか、お土産とかも全く寄らずに、一目散に下山。

 累計標高差960m マップタイム7時間半を、休憩込みで5時間半でした。

 そう言えば一昨年夫と丸山ケルンまで登った時も、マップタイムより早かった。
 やっぱ、かなりマップタイムが甘いんだね。

 帰りの小仏峠でちょっと渋滞。
土曜日の登りなのに?
今年は、渋滞が全く読めないね~。

 ものすごくお花の多い時期で、堪能しました。

2020年8月 4日 (火)

大峠~黒岳~大蔵高丸~湯の沢峠登山口

 真夏だから、登山口が1500m以上ある、涼しい近場ルート・・・
って考えて、久しぶりに大月へ塩山タクシーさんを呼びつけて、大峠へ。

 今日は、20歳の、ちい姉さまのお姉さんのお孫さんも参加。
「一人参加しても大丈夫ですか?姉の孫です」って言われて、人数的には大丈夫だけど・・・
12年くらい前にまだ小学校だった時に一緒に歩いているんだけど・・・
「お若い方は飲みに行ったり部活してないですか?」って聞いちゃった。
80代のお姉さま方に、万一があったら嫌じゃない。そうしたら、昔のままの真面目なお嬢さんですって。

 いつもなら、聞かかなくてもいいことでも
大喜びで どうぞって言いたい人でも、新型コロナのお陰で色々うるさくなっちゃうわぁ~(/_;)

 大峠からは
わぁお!
久しぶりの青空と富士山(*^_^*)v

Img_0061_20200804195001

 この峠からは、東へ、雁が腹摺山へ登る人が多い。でも今日は、西へ。
苔の多い樹林を標高差500m登る。咲いているのはカニコウモリとコウモリソウくらい。

Img_0071_20200804195001
 火曜会の真ん中に入ったお嬢さん、体力を持て余している感じ~。

 あ!(゜o゜)
アリドウシランが一つ。

Img_0077_20200804195001
 途中に、ものすごい倒木群があって、これは台風19号の被害かな。

Img_0072_20200804195001


大菩薩からの稜線に出て、黒岳(1987,5m)へ。

Img_0079_20200804195001

 山頂は、なんか、やけに虫が集まって来て鬱陶しい(/_;)
先へ行くね~。

バイケイソウの群生地

Img_0085_20200804195001
 
 白谷ヶ丸に出ると、コウリンカにアキノキリンソウにヤマハハコにウスユキソウ!

Img_0102_20200804195301


きれいで気持ちがいいけど・・・
青空はどこに行っちゃったの?(^。^;)
辺りは真っ白。

 お隣の、白谷小丸でランチ。
今日は、8人なので豪勢です。

Img_0111_20200804195301

コキンレイカ

Img_0122

ノギラン

Img_0103_20200804195301

ハナイカリ

Img_0118_20200804195301  
食べているうちに、少しだけ雁が原摺山方向が見えて来る。

 250mほど一気に降りて、湯の沢峠。

イケマ

Img_0124_20200804195001

ヒバカリ 小さな蛇

Img_0083_20200804195001

フシグロセンノウ

Img_0129_20200804195001
 ちょっと登るとお花畑(*^_^*)

 でもね、昔は一面にヤナギランやルリトラノオやいろんなフウロソウやら咲き乱れていたんだけど・・・

 鹿が増えて、お花が減りましたねぇ。

やった~(=●^0^●=)v
 今日はこの子に会いたかったの!
カイフウロにはちょうどいい時期でした。

Img_0142_20200804195501

 鹿柵を開けて、シモツケソウや

Img_0145_20200804195501

ハナチダケサシ

Img_0141_20200804195501

キリンソウ

Img_0172_20200804195101

ノコギリソウを撮りながらゆっくり進む。

Img_0140

キバナノヤマオダマキ

Img_0156_20200804195001

なんか…いやな雲だなぁ

Img_0139_20200804195501
 ゆるく登ると大蔵高丸(1781m)

Img_0171_20200804195101


以前、途中に咲いていたレンゲショウマは葉っぱもなくなってました(T-T)
食べられちゃったのかなぁ。

 山頂にいたら、急に陽が射してきて、暑い暑い。

Img_0165_20200804195001

今日はこんな陽射しじゃなくて返って助かったのかもね。なんて話しながら戻って・・・
湯の沢峠から、久しぶりに沢沿いの道を下りると(^o^; ほえ~

 これも、台風19号のせい?
道はどこ?ってくらい倒木や枝があったり、道が崩れて沢に落ちそうだったり、橋がなくて何度も徒渉して~

Img_0176_20200804195101

 登山靴の人はまだしも、お嬢さんは運動靴。
濡れたら大変(/_;) かなり飛ばないと濡れるところも、さすが若いと違うねぇ。
軽やかに飛んで、渡渉してました。

 湯の沢峠登山口からの沢沿いの道は、なかなかの難路になっていました。
びっくり。

 お陰で、タクシーをお願いした13時40分に、5分も遅れちゃった!

 でも、お姉さま方は「面白かったわぁ」
って言ってくれたよ。

 1600mから2000m辺りを歩いていたから、下界は蒸し暑い~(;´o`)

 今日は、お若いお嬢さんがいて、いつもと雰囲気が違って面白かったです(^ー^* )

2020年8月 2日 (日)

孫と館山

 今年は、小学校3年と6年の孫にとって、過酷な年。 何十年も生きてきた私たちと違って、新型コロナに遭遇した小学生たちは、ものすごい試練だと思う。

 何が何やら~(?+_+)なうちに、いきなり学校は休校。そのあとの春休みも、外に出ちゃいけない。小学校が新型コロナで休校の3月2日から、息子もずっとリモートで自宅で仕事。

 6年生の孫は、修学旅行も中止。
そして、小学校の夏休みは、週末のぞく11日間だけ。春休みも1歩も家を出ていないのに・・・

 ホストクラブやキャバクラやフィリピンパブや小劇場や飲み会へ出かけた大人。
その大人たちの、子供たちは最大の被害者だと思う! (`ヘ´)

 息子は小さいころから喘息で、そして上の孫は1600gで生まれて、肺に白い影があるままなの。生まれて2ヶ月入院した聖マリアンナに、今でも年に2回、検査に通ってる。この二人は、新型コロナには、ハイリスク群。なので、本当に本当に、厳格に自粛を守って来ていた。
 4月5月は、私が週一で頼まれたお買い物をして、荷物を息子んちの玄関に置いて
「アルコールスプレーしてから、台所に持って行ってね」って、宅配? も、してました。

 やっと来た、今年の短い夏休み・・・
感染者激増で、怖いじゃないの【><。】
で、夏休み中 館山にいることにしたんだって。 息子はリモートワークだから、自宅だろうが館山だろうが、仕事に支障はない。

 そう聞いて・・・
そしてこの雨続きの今年、出来ることはやってあげたいじゃないの。

 今年の休みは、8月1日の土曜日から始まる。なので、一日前の金曜日に行って、お掃除して布団を干して、冷蔵庫に冷たいカルピスとか作って、ビールや嫁ちゃん用の梅酒も冷やして(*^_^*)v

 今夜は1人の夜~。

 女性はよく、一人で山を歩くのが怖いとか、一人で泊まるのが怖いとか聞く。
けど、私は若いころから、あんまり怖いと感じたことはない。

 1人で避難小屋に泊まった時に、『女の子が一人で泊まるもんじゃない』って言われたことがある。
なんで~! なんで女の子だからって、行動が制限されなきゃいけないの?
って、そのご親切なおっさんに、歯向かいましたっけね。

 兄が少林寺を教えていて、相手の力を利用して、攻撃や拘束をかわして打撃するって言う基礎訓練をした。
色んな人と護身術の組手をやった。私は身体もでかいし、当時背筋力と肺活力は男性並みって言われてて~
いい気になってたし・・・("⌒∇⌒")
で、お山で怖い目に遭ったことは、一度もないです。

 館山で、唯一怖いと思ったのは、子供が5歳と3歳の時、グアムの地震で津波警報が出た時かな。
夜中も広報車が回って、海に出ないでくださいって放送してました。
1人で、二人を守らなきゃ、って思ったら、怖かった。

 
 今日は平日だから、隣近所も人の気配はない。
家の中まで波の音が ざざざー ざざざー って聞こえてくる。

防波堤に出たら、夕日の筋が光っていて

Img_0730_20200802200401

後には、お月さまがきれい。

Img_0735_20200802200401


('◇'*)あ! 
さっきまで雲が出ていたのに、星が見えて来た。
ハンモックを庭に出して、ゆらゆらしながら星を見ていたら・・・
蚊に刺された~( ⌒∇⌒;)

 ご近所さんが、イカが釣れたからいるかって。
喜んで、1パイだけ、頂いた。

 家にある残り野菜を持って来ていて、近所のセブンでお豆腐とモッツァレラチーズを買ったんだけど、
で、今夜はそれだけですますつもりだったけど~
頂いたイカを、お刺身とイカ焼きにして、豪勢な一人のお夕食になったよ。
Img_0729_20200802200401


 8月1日
さて、何時ごろに来るのかな?
お昼は用意した方がいいのかな。
孫が来たら何して遊ぼう(*'‐'*) ウフフフ♪

 嬉しいことに陽が射してきたので、縁側にお布団をいっぱい並べて~

 『ばぁば~ こんにちわ~』
朝8時半、もう来たよ(ノ°ο°)ノ

『子供たちがすごく早く起きて、まだかまだかって言うんですよ』って嫁ちゃん。
『母さん、横浜北西線に乗ったら早いね』って、3月にできた高速道路を初めて使った息子。
台風後の修復を見ていないので、白い壁紙や天井を喜んでくれたよ。

 孫二人が、海へ行くってうるさいから、まだ水温は冷たくて泳げないから、
じゃ、1時間だけ付き合うよ。ってバケツを持って海に出る。
ツブ貝やボラの幼魚を捕ったり。

Img_0011_20200802200401


 水温が上がってきたから深い方へ出て、波に乗ったり。

Img_0006_20200802200401


二人とも私や息子と同じで、足が立たないところへ行きたがる。
ちょっとした冒険気分?
 二人とも100mは泳げるけど、それはプールでの話。
海でもシャカリキに泳ごうとするから、楽な立ち泳ぎを教えたりして~
今年は晴れが少なくて水温が今一低め。

 でも、ぎらぎらと真夏の陽射し。

 今夜は午後から夫も来るから大人数になるので、バーベキューにしよう。
お姉さま方とのソーシャルディスタンスのために買った机でお昼におそうめん

Img_0003_20200802200401

 このテーブル、孫たちになかなか好評でした。

 夕方まで海で遊んでいるうちに、息子と嫁ちゃんが買い物してきて、
今夜は海鮮バーベキュー。鮑にホタテにハマグリに巨大マシュマロ

Img_0016_20200802200401

お刺身も~。

Img_0017_20200802200401
 炭がおこったちょうどいいところで夫が来て、直ぐ飲み始める。
お肉を食べ始めたところで孫たちが「蟹釣りしよう!」って言いだした。
竹竿の先の糸に、サキイカをぶら下げて、蟹を釣るんだよ。
日没直前の楽しい時間。

Img_0032_20200802200401

 戻って、カルビにタンに焼椎茸の美味しいこと!
(^ー^* )

Img_0040_20200802200401

 9時過ぎ、こーちゃんが「ばぁば、本読んで~」
って。もうかなり長い本でも読めるのに、読んで欲しいんだね。
なんか嬉しいね(*^_^*)
 うちの子が小さい頃にも読んだ絵本を読んであげて、10秒くらいで寝る。
海で泳ぐと疲れるもんね。
なんと、たー君と息子と夫も続けて寝て・・・
まぁ、男二人は酔いつぶれた感じ?("⌒∇⌒")

 片付けして、嫁ちゃんとおしゃべりしてたら、夜中になっちゃった。


 8月2日
5時過ぎ、孫二人がパタパタ起きて、「ばぁば 起きてる? なんかして遊ぼ」
それじゃ、朝ご飯用にお米を研いで炊飯してからね。
で、何して遊ぶ?
「トランプ」
3人で神経衰弱してたら、ママが起きてきて、ババ抜きに。
こーちゃんは、負けると毎回、一瞬 不貞腐れる。
( °o° ) へエー
うちの子たちは、こう言う負けず嫌いなところはなかったな。

 ご飯が炊ける頃に、男二人が起きて来たので朝ご飯。

 食べ終わるか終わらないうちに、もう孫は水着に着替えてる。
「あなたたち、2週間居るんだから、そんなに急いで泳がなくてもいいでしょ?」
って言ったら、「だってばぁばは今日帰っちゃうんでしょ?」
嬉しいことを・・・(*'‐'*) ウフフフ♪

 それじゃ、お付き合いしましょうかね。
気温がどんどん上がって、家で台風被害でベロベロになった電話台を直していた息子も
「暑いから泳ぐ~」って来て、しばらく遊ぶ。

Img_0045_20200802200501


 10時過ぎたら、次々と海岸に車が入って来る(・_・;)

 うちの前は、駐車場的なものも特にないし、シャワーやトイレもない、狭い砂浜なんだけど・・・

 ようやく夏休みになった、日曜日。
でも、近くの海水浴場は軒並み、立ち入り禁止か、遊泳禁止。
きっと、行こうと思っていた海水浴場が立ち入り禁止で、ネットで探したのか、
とにかく、かつて見たことがないほどびっくりするような混雑になってきたから、あわてて家に戻る。

 じゃ、お昼ご飯お食べに行こうか?
嫁ちゃんがビビるから、広くて空いてるところを知ってるよ。ってご案内。
民宿などへの仕出しが多くて、お店にあまりお客が入らない地魚の美味しいお店。
鯵御膳は、サンガ焼(鯵のたたきを紫蘇で挟んで焼いたもの)もついて、大変美味しゅうございました。

Img_0050_20200802200401

 午後、名残惜しいけど、夫の車で、バイバ~イ( ´ ▽` )ノ
孫たちがいる間に、もう1回くらい行けるかなぁ。

 帰りに大黒ICが通行止めで、何でもポルシェが猛スピードで走って衝突事故ですって。
川崎大師へ回り道しても、館山から2時間で戻れたよ。

 お昼に食べた鯵の骨をお持ち帰りしたから、今夜はあら汁と椎茸さんがです(^ー^* )
孫と海は、お姉さま方と山より、格段に疲れます。
なんだか・・・もう眠い~(#´ο`#)

 でも、楽しかったな。
ようやく泳げる気温とお天気になって、よかったです~。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »