« 越後湯沢の飯士山 | トップページ | お中道~奥庭遊歩道 »

2020年9月30日 (水)

西吾妻

今年85才のお姉さまのお誕生日山行
「行きたいところはありますか?」
ってお聞きしたら
「御嶽山の五ノ池山荘に行ってみたいわ」
ですって。
御嶽山は、以前火曜会で頂上山荘に泊まって登りました。
その翌年の秋に、あの噴火、大惨事になったんでした。

 お姉さまがテレビを見ていたら、五ノ池山荘が出ていて、薪ストーブカフェで、ピザが食べられるとか。
それは素敵ですね~。
ロープウェーは水・木がお休みだから、下山はタクシーを呼ぶしかないかな。
まずはお宿の予約かな。
って、お宿のホームページを見たら、今年は寝袋持参ですって(/_;)
高度順応が得意でないお姉さまもいるから、標高3000mのお山を、寝袋背負っては登れないわ~。
電車の乗り換えとかも調べたのに、残念(/_;)

 さてさて、ではどうしましょう。
9月末だから、紅葉が見られそうなところで~
公共機関でのアクセスが難しくないところで~
・・・うーん "( ' ' ;)
西吾妻はどうだろう。

 私は、3年ほど前に南側のパノラマゴンドラで登ったから、北側の天元台方向から行こうかな。
でも・・・
天元台に泊まって西吾妻に登るとして、翌日はどうしよう。
市内観光でもするか~
って、地図を見ていたら、大平温泉滝見旅館 って言うのを見つけた。
地形図には破線がついている。これ、いいかも。
行った時、お泊りのホテルに聞いてみよう。

 最寄り駅を始発電車に乗って、東京駅の新幹線乗り場は、結構人がいる。
旅行客が戻ってきているんだね。
新幹線つばさで米沢へ。
白布温泉ロープウェーへのバスはあるんだけど、午前中は2時間に1本。
時間が合わない。
こう言う時9人だと、ジャンボがお安く上がるのよね~。
で、予約したタクシーとロープウェーで、今夜泊まるアルブ天元台へ。

 「こんにちは~、9人で予約した沙羅です。
これから西吾妻へ登るんですが、荷物を預かって頂けます?」
で、お着換えとか化粧品とかプレゼントとか、登山に必要のないものを置いて出発。

 ここから、長いリフトを3本、乗り継ぐんだよ。
今から45年前に、リフトに乗ったのと、

Img_0950

上の湿原でローインクロス(ギリシャの服)で撮った写真があるよ。

Img_0952_20200930222401

標高1900m付近
 Img_0965_20200930222401
今年は紅葉が遅れているから見られないかと思ったら
\(●⌒∇⌒●)/ わーい
きれいじゃん!

Img_0968_20200930222401

 石ごろ道を登って、カモシカ展望台へ、

Img_0970
湿原から天狗岩へ出て、ここでランチ。

Img_0985_20200930222401
磐梯山も見えて気持ちのいい眺め。

Img_0988_20200930222601
激下りして、岩ごろを登ると
 西吾妻山(2035m)

Img_1003_20200930222701
ここが山頂? って感じの狭い場所よ。

 避難小屋を廻って、ちょっとぬかるみの道を通過。
人形岩を廻って、リフトへ3時15分着。

Img_1020_20200930222801

下山路の紅葉

Img_1022_20200930222801
 ここ、何と15時40分が最終なんだって。

Img_1024_20200930222801
間に合わない場合はゲレンデを歩いて降りて頂きます。って看板に書いてある(´ヘ`;)
途中、頭の中で、何度も何度も時間を計算したよ~。

 帰りのリフトはガスっちゃって寒かった。

Img_1031

 ホテルにチェックインして、
お部屋で~
 
 K姉様、85才のお誕生日、おめでとうございます。
背負って来た9個のカップにお飲み物をそそいで、
ロウソクを消して、乾杯(=^O^=)o□

 私は今回、クリアファイルの表紙に穴をあけて、おリボンで止めて、この1年の抜粋写真を一言添えてアルバムにしたの。
このお年まで歩けるのは、年だからって諦めないで、ずっと努力して来た賜物だと思うわ。

 それに、今日ご参加のマイフレさんが、ケーキを焼いてきてくださった。
重いのに背負わせてごめんなさい。
若いNちゃんもクッキーにお祝いの言葉と絵を描いてプレゼント!
Img_1039_20200930222801
 広いお風呂に入って、お夕飯もソーシャルディスタンス
お夕飯は1人鍋しゃぶしゃぶでした。
Img_1062_20200930222801

 9月30日
https://smcb.jp/albums/3834153

 ゆっくり朝ご飯を頂いて出発。
まずは展望台へ。
米沢市街にの上に雲海。

Img_1066

を眺めるみんな

Img_1079
飯豊に

 Img_1070_20200930223001

朝日連峰に

Img_1072_20200930223001

月山に

 

Img_1076 鳥海山に

蔵王!

Img_1078_20200930223001
これ以上望めない眺望。

 さて、では、ホテルの方にお聞きしても状態が分からなかった大平温泉への道へ挑戦。
ホテル前の林道から15分
大平温泉への道案内があるけど・・・

Img_1084_20200930223301
いきなり藪(´ヘ`;)
「ここ降りるの?」って感じの激下り。

Img_1085

 あまりに不明瞭なら戻ってロープウエーで下山 の予定だったけど、ピンクテープ多数。
手が入っているようだし、これなら大丈夫かな?

 ものの20分くらいで林道へ出て、しばらく標高の下がらない林道歩き。
そこから、危うい激下りになる。
「ストックの石突きを取って!」 
慎重にジグザグ降りると、沢。
Img_1093
 渡渉のあとは、危ういトラバースで、これが延々続く。

Img_1095_20200930223301
やっと尾根に出たと思ったら、今度はザレた激下り(+_+)
もう、この辺必死で『木でも岩でも、何かにつかまって!』
『とにかくつかまって降りて!』と、繰り返す。

ここ、余裕の85才のお姉さまが撮った写真を送ってくれた!

492dd1ea25234e25acb103989c19c007

頭がこんな角度で捕れるんだから、斜度のすごさが分かるでしょ。

 この時私は、写真も撮れず、大変なところに連れてきちゃったわ(T-T) 
事前に調べても、誰も記録をアップしていないんだもの~(>_<) 
でも、地図に道があるんだもの~。

 最後は長い長いこ鉄のはしごで、これは情報にあった。
トラバースやザレた激下りからみたら、なんちゃないはしごを降りて、ほっ(;-_-) =3
 Img_1104
 お姉さま方、お怪我もなくしっかり降りて下さって、感謝です!(T_T) 
お泊りの重い荷物で、デンジャラスルートを、お疲れ様でした。

 降りたところは、大平温泉滝見屋さん。
ここから駐車場までは20分。
ありゃりゃ(T-T)
タクシー予約の時間に間に合わない!

限定5人の吊り橋を渡って

Img_1105_20200930223601

 途中でNちゃんに、タクシー会社へ

『すみません、5分くらい遅れます』と連絡してもらう。


 ここからは激登り!
私とNちゃんはダッシュで駐車場へ。
ここが今日一番、汗をかきました。

 お話の面白い運転手さんのタクシーで、トトロの展望台へ寄って頂いて上杉神社へ。

Img_1106

これがトトロ 広葉樹が紅葉すると、ますますトトロっぽいんだって 後ろは朝日連峰

Img_1107_20200930223601
上杉神社前の博物館の前に芝生の丘で、お弁当を頂く。


上杉神社は米沢城の本丸跡に、明治の初めに上杉謙信を祭神としてお祭りらしいの。
武将は、人から神様になっちゃうのね~。
日光東照宮もそうだけど。

Img_1114_20200930223501

 一角に、伊達政宗生誕の地もあるんだよ。
Img_1111_20200930223501
 東光の酒蔵へ寄る。
ここは、酒作りの博物館で、夫の実家をちょっと大規模にした感じ。
入場料350円だけど、聞き酒とかもさせてくれるの。

Img_1117
今回は、お酒の分かるマイフレさんが何人かご参加してくれているから、民芸館よりこちらに寄りました。
ところが!
何と、試飲は中止(/_;)
お酒好きのお姉さまやマイフレさんががっかりしてた(T-T) ごめんなさい。
最上川沿いの毎年春に上杉まつりをする、川中島合戦公園を歩いて、米沢駅へ。
最上川から西吾妻を見る。

Img_1121

 自宅までのアクセスに時間がかかるから、14時過ぎの新幹線で帰宅。

 K姉様の神通力で、貴重な秋晴れの2日間を楽しめました("⌒∇⌒")

 今夜は手抜き 米沢牛のお弁当と冷蔵庫に残っていたお蔵の胡麻和えとお味噌汁

Img_1123

お肉がたっぷりで、米沢牛の弁当、大変美味しゅうございました。

« 越後湯沢の飯士山 | トップページ | お中道~奥庭遊歩道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 越後湯沢の飯士山 | トップページ | お中道~奥庭遊歩道 »