« 平尾富士 | トップページ | 高水四山 »

2020年11月19日 (木)

破風山 城峰山 両神山

 10月始めに、
「gotoを使ってどこか行きたいわね」
って話になって、下仁田の何度もお世話になっている古民家民宿に連絡して見た。
お宅はgotoやってます?
「あんな面倒なもんやらないよ」ですって。
そうよね。お金は建て替えになっちゃうわけだし、手続きは煩雑だし、
おまけに地域振興券もすっごく面倒だし。

 で、じゃぁ、どこへ行こうか。
ってなったら、「私、両神山へ行ってないんです」って声が。
あら、国民宿舎両神荘なら、goto使えるね。

 でも、最近ゆるいお山が多くて、6時間の両神はきついかも~。
ってことで、ここ3回は、そこそこ標高差の大きい、歩きでのあるルートにしました。
翌日に腿が張った、って言ってたから、少しは筋力がついたかな(´ー`)

 お宿も予約したし、電車とバス便がつながらなくて苦労したけど、何とかなるかな。
最後に、朝6時半にタクシーを予約しようと思ったら!
秩父のタクシー会社は、6社電話して5社が、新型コロナ以降、朝8時出社ですって。
残り1社は7時だって。
「では7時にお迎えお願いします」
って言ったら
「いえ、出社が7時なので、両神荘ですと7時半は回ります」
秩父のタクシー、悠長ですねぇ(/_;)

 みんな楽しみにしているし、お宿は取っちゃったし・・・
どうすりゃいいのさ、この私~。

 困った時の塩山タクシーさん!
山梨から、雁坂トンネルを抜けて、秩父へ行ってください(´ー`)ノ

 前置きが長くなりました。

両神山へ登るのに、埼玉ではなく山梨の塩山集合です。運転手さんのお弁当とお飲み物持参。

 山梨から、トンネル潜って埼玉へ抜けちゃいます。
一日目は、登り初めが遅いから、皆野アルプスをチョイス。
当初の予定では、下山後のバスを下りて皆野駅で電車を1時間近く待って、三峰口で電車を降りて、お宿にお行くバスを40分待つ。宿へ付くのが、お夕飯ギリギリになっちゃうかなって思ってた。電車の本数は少ないんだから、電車の時間に合わせてバスを運行してくれればいいのに~。

 でも、タクシーお貸し切りだと、山道もちょっと奥まで行けちゃうし、時間が余るから、別のお山にも寄ってもらえそう。

 塩山タクシーさんはカーナビを使わないので、私が道案内をしつつ、編み物。
 満願の湯の奥に、どんどん登ってもらって風戸集落からの登りだし。

Img_0510_20201119090001


尾根に出ると、今年の2月に来た時登った猿岩が見えて来る。
「登ってみる?登れるよ」
「はーい!、登りたいです」

Img_0515_20201119090001
火曜会若手4名が名乗りを上げる。
若手ったって、23才も60才もひとくくりよ~
親子以上に年が離れているけど・・・
それでも、85才から見たら、60才も20才も、若手でしょ~("⌒∇⌒") キャハハ

Img_0518_20201119091701

 ちょこっとクライミングで遊んで、尾根を登ると破風山(626,5m)

Img_0528_20201119090001


狭いけど眺めがいいです。
ここで火曜会ランチ~♪~

Img_0531_20201119090101


 今日は、気温が高くて霞んでいるけど、明日登る両神山がよく見えます。


Img_0529_20201119090001
 ちょっとだけ西へ行ってから、谷筋の道で北に下りると、下山口にはタクシーが待っている。
いいですねぇ~(*^_^*)v
なんて言う贅沢。

 そして、そのまま道の奥へ奥へ。
城峰神社に行って頂く。

 由緒ある神社で、藤原秀郷が平将門を討った時に隠れたって言う、将門隠れ岩があります。
そこは、かなり長い鎖で登るので、今日は行かない。
15分の登りで、城峰山(1037,8m)へ

城峰神社の狛犬は狼。奥秩父から奥多摩にかけては、狼信仰があるのよ。

Img_0556

大きな展望台のある、眺めのいい山頂にはこんな看板。

Img_0554_20201119090001

一等三角点峰で、私は3回目。

Img_0548


「展望台があって、とっても眺めがいいのよ」
って、運転手さんを誘ったら、一緒に登ったよ。私が朝渡したジュースとサンドイッチを持って登って、山頂で遅めのランチなさってました("⌒∇⌒")
こんな機会でもないと、駅から遠い城峰山へは、火曜会では来れないから、いい機会でした。

 下山して、途中、阿熊渓谷の看板

Img_0562

アクマ渓谷?小さい渓谷で、アグマと呼ぶみたいでした

Img_0561

明日の朝食とお弁当を買って~お泊りの国民宿舎まで、30分。

 今回は、朝食無しで8580円。
これが35%引き。ありがたい。
のんびり温泉に入って~
お夕食は、とってもヘルシーで品数が多かったよ。

Img_0565


 新型コロナの感染者数が増えて来たから、月曜日の夜にふと思い立って工作。
 お夕飯の時って、マスクを外すじゃない。
食べている時もどうしても話すから、マウスガードが欲しい。
 クリアファイルを切ったのもに、表面が分かるようにマスキングテープを貼った。
 上の面を鼻に当てるようにしておしゃべりすると、かなり飛沫が防げる。

Img_0505

 気温が低くて乾燥していると、夏よりも飛沫が飛ぶから、机の幅がかなり広くても危ない。
右手はお箸、左手はマウスガードね。

 ボケ防止と反射神経も鍛えられるから、これからの火曜会では頑張って使ってください。

 寝しなにもう一度温泉に入って、早め寝ます。


 11月18日


 昨日、コンビニで買った朝ごはんを食べて、6時半にお宿を出発。

 日向大谷登山口に7時に到着。
運転手さんには、四阿屋山両神の湯でのんびりすることをお勧めして、お風呂代と昼食代をお渡しして、
「帰りは2時半くらいだけど、出来れば早めにお迎えに来てね~( ´ ▽` )ノ 」

 百名山の両神山は、道はよく整備されています。でも、いつぞやは、豪雨の後に来たら、渡渉が危うかった上に、橋が流れていてアウトでしたっけ。

朝日を浴びて、紅葉が光る。

Img_0568_20201119090601

 崩れ気味のところもあるトラバースや渡渉を繰り返して、でも、ちょっとした岩にも鎖がある。二時間ほど歩くと、今は避難小屋になっている清滝小屋。

Img_0579_20201119090601

この後ろの石碑の所に、にちょっとした鎖が付いた岩場があって、ここでも若手が遊ぶ~

Img_0584_20201119090701


 ここで、81才のお姉さまが
「ここから、ゆっくり一人で行くわ」
って~( °o° )
「何でですか?ここまでマップタイムですよ」
「でも、皆さん待たせるのは悪いから先に行って。のんびり行くから、そう決めてたのよ」
このお姉さま、このルートは、前にも歩いたことがあるそうです。

そうしたら、85才のお姉さまが、
「自分で限界を決めないの!」
だって!!!

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
かっこいい!
自分で限界を決めない。
出来そうで、なかなかできないことですね~。

 で、またみんなで一緒に登る(*^_^*)v
以前鎖場だったところは、工事現場みたいな階段が付いていました。

 一気に勾配が強くなって、お姉さまの息使いがハァハァしてきて、スピードを落とす。

Img_0589_20201119090801


 狛犬じゃなくて狛狼の、両神神社を通って、
ちょっと高度感のある岩場を通って、

Img_0602_20201119090701

両神山(1723m)

Img_0599_20201119090601


 山頂は狭いから、ここでランチバイキングは無理だけど・・・今日は各自ランチなので、大丈夫。

 23歳のNちゃんと、Pちゃんは初登頂。
そして、5人は、このルートがお初でした。

 浅間山や、薄く北アルプスも見えて、富士山も見えて気持ちのいい眺め。

Img_0611_20201119090701
下りの岩場は気を付けてね。ああ、今日は本当に空がきれい!

Nちゃんは体幹がしっかりしているから、初心者でも腰が引けないで、下りの姿勢がきれい。

Img_0613_20201119090901
 のんびりおにぎりを食べて、来た道を下山。
今回は、往路下山だったので、80代のお姉さま方は
「無理なら、清滝小屋辺りで待っていればいいものね」
ってことで、ご参加くださいました。
だから、清滝小屋で、別行動でのんびり行こうって思ったんでしょうね~。

両神神社のお社の戸を開けて、何を見ているの?

Img_0616_20201119090901
 下山途中で、滑ったり躓いたりが多くなったので、一度足のストレッチを入れて~

紅葉がきれい

Img_0623_20201119090901

 結果、ほぼほぼマップタイムで歩けました。

 今日は、累積標高差1360m 26000歩でした。久々の歩きごたえ。

 
 このお山のために、前3回の火曜会は、標高差1000mほどのルートにしたんでした("⌒∇⌒")

 雁坂トンネル手前でパトカーと救急車が停まっていた。

ガチャつけてヘルメットの山岳救助らしい人がいたから、

山岳救助のようだ。山道は危険がいっぱいだから、気を抜かずに歩かなきゃね。

Img_0628_20201119090901

塩山まで送ってもらって、特急あずさで帰ってきました。


 改めて!
日向大谷から両神山を日帰りできる80代って、ほんとうに素晴らしいと思います。

« 平尾富士 | トップページ | 高水四山 »

コメント

火曜会のお泊まり山行、お疲れ様でした。

マップタイムで歩けるなんて凄いですネ~♪
自分も目標とさせて頂きます。

実は清滝小屋からの登りで、お師匠さまとすれ違ったんですね。

皆さま少し高いところに上がり、ザックを山側に向けて、登りの自分達に道を譲って下さいました。

4人連れで、自分が先頭でマスクをして歩いていました。

道を譲って下さいました皆さまのお顔を見ながら「こんにちは、ありがとうございます!」ってご挨拶をしながら歩いてましたら、女性の1人がKさんのコミュに入っていて、久々の再会だった様です。

そのパーティーにお師匠さまがいらしたとは、スルーしてしまい、大変ご無礼を致しました。
(゜ロ゜;ノ)ノ m(__)m

スタート時間が遅いので、管理人さんからメンバーにヘッテンを持って来てもらうよう、お願いしました。

どこに着けたら良いのか、わからない人もいて、リーダーが教えていました。

ご神仏に「無事戻れます様お見守りをお願いします。」と、石仏や奥の院で手を合わせたお陰だと思います。

暗くなりましたがお陰さまで皆無事に戻れました。

暗くなる前に下山するのが鉄則でしたが、ヘッテンを付けた歩きを経験して欲しいと思う気持ちと、山頂は諦めて明るいうちに戻るか迷いました。

鈍足さん
ご丁寧なコメント、ありがとうございます。
あの時すれ違った、Kちゃんのお知り合いのいるグループさんでしたか。
トップの感じのいい男性、覚えています(^ー^* )
山頂まで、マップタイムでも1時間半あるのに、今から登り? 
って、みんなで気にしておりました。
予めヘッデン持参の連絡はさすがです。
おそらく、メンバーさんが集合時間が早くできない位置関係だったんでしょうね。
ヘッデンの付け方を知らないメンバーって・・・ そう言う方もいた中、ザレたトラバースや、
渡渉のあるルートを、ご無事で下山で何よりでした。 
リーダーお疲れ様でした(/・0・) 
川の水位が低くて、渡渉がめっちゃ楽でしたね(^ー^* )

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平尾富士 | トップページ | 高水四山 »