« 高水四山 | トップページ | 鎌倉ハイキングぐるっと14キロ »

2020年11月29日 (日)

前高森から本高森

 前回の週末会は、佐久平SAからの平尾富士で、北アルプスを堪能した。じゃ、次は南アルプスと中央アルプスが見たいなぁ。

 伊那方向で、週末会のみんなが登っていない山って・・・うーん "( ' ' ;)

 本高森山は行ってる?
確か去年の積雪期に地元マイフレさんが歩いてらした。
 アクセスに時間がかかるから、あまり雪の来ない今のうちなら、マップタイム5時間40分もチャチャっと登れるかな。

 ってことで~
今日は中央高速から松川ICへ。

 だいぶ気温が下がってきたけど、車の中は換気が大事。でもね、四方の窓を開けるより、エアコンで外気を取り入れた方が、車中の空気が入れ替わるのが早いんですって!
( °o° ) エー びっくり。
 スーパーコンピューター富岳が、最近出した答えです。1分半くらいですべての空気が入れ替わるんだって。今後、タクシー業界にも、その旨伝えるそうです。

そんな話をして、
「おしゃべりは前向いてね~。顔を見あわせて話すと近すぎるから、感染の可能性あるよ」
って言ったら、
「え~、マスクしてるのに~?」
「うん。ウィルスってめっちゃ小さいから、マスクの目から漏れ出たマイクロ飛沫でも、乾燥した冬ならうつるかも」
って言ったら、あっちとこっち向いて話してくれてる~("⌒∇⌒")

 ごめんね~。
うるさいよね。
でも、みんなこのくらい気を付けてくれたら、感染が減ると思うんだけどなぁ。

 さて、ゴルフ場の上の林道に車を停めて、右の尾根に登る。
熊出没注意の大きな看板に、熊鈴を鳴らして。

 


 しばらく行くと、標高1200m辺りに、右に踏み跡がある。
「これ、行ってみていい?」
なかなかの急斜面を登ると~
ありました!四等三角点。

Img_0894_20201129214301
トラバース気味に登山道へ降りると、なんと!
[三角点⇒]って言う案内。

Img_0895
こちらからも行けたんだ。って言うか、三角点への案内は珍しいですね~。

 尾根の両側に笹が出てきて・・・
今回のルートは、地元の念丈クラブの皆さんが整備してくださっているようで、ありがたいですね。でなければ、あっという間に笹だらけになってしまいそう。広い笹斜面を、しっかり刈払いしてくださってます。

Img_0896
 600mほど尾根を一気登りすると、展望台。
ちょっと樹林が邪魔だけど~
天竜川の上に、聖・赤石・荒川・塩見・仙丈・白根三山・甲斐駒・鋸まで見えてます。

いつも見る反対側からの仙丈、かっこいいよ。

Img_0911_20201129214401
 いい感じに雪が付いて、これは火曜の夜から水曜日にかけての雪かな。

 朝が早かったから、ここで各自ランチ。
私は昨日、舞茸銀杏ご飯だったから詰めて来たよ。

ありあわせのおかずで、お弁当にウインナなんて息子のお弁当以来よ。

Img_0849
 ちょこっと登ると、前高森の分岐。
まず、前高森へ寄ってみます。

 (ノ°ο°)ノ オオオオ
雪が出て来た。
先行者の踏み跡は無し。
山頂より手前に、三等三角点があるはず~。
って、探しているうちに、山名板 前高森山(1646m)

Img_0902_20201129214401

 (+_+)あれれ~。
1人がスマホを出して見てくれたけど、
「ここが三角点の位置です」
ってところには境界杭しかない。周りには笹が茂っているんで、埋もれちゃったのかな。 分岐まで戻って登って行くと、雪が増えて来る。

('o'=) あれ、こっちには大きな登山靴の足跡。登山口に泊まっていた金沢ナンバーの車の人だ!二人分の足跡。日が短い時期だから、本高森の山頂で会うかな?

天竜川の上に南アルプス主峰

Img_0909_20201129214401
 350mほど登ると、本高森山(1890,1m)

Img_0916_20201129214401
南アルプス側は、木が切られて眺めがありました。なかなか気持ちがいい山頂。
積雪は1~2センチってとこ。

すぐ近くに南駒

Img_0927_20201129214701
 樹間から、蓼科山の左奥に真っ白な山。
浅間かな?

Img_0923_20201129214601
 雪の上には、二人分の歩いた足跡があって、それは、念丈岳方面へ向かっています。
この、陽が短い時期に? 
マップタイムなら10時間くらいかな?足の速い人で、休憩込みで7~8時間とすると・・・、まあ日暮れまでに戻れるか。 
 と、つい、足跡だけの方でも、心配をしちゃいますねぇ。

 北西に、ちょっと下りて、ずーっとずーっと登ると念丈岳を経て越百岳なの。テン泊しなきゃ、それは無理だね。

 下山にかかると!

Img_0929

え~ \(・_・;)/
 行きになかった熊の足跡。

Img_0930_20201129214701
 私たちの靴跡を踏んで、左の笹薮に入って行ってます。
いくらの時間でもない、超ニアミス~。

 って言うか、私の熊鈴で笹斜面に入ってくれたのかな?鹿でも熊でも、人間の道は好きだからね。やっぱ歩きやすいもの~。
鉢合わせしなくって、よかったわ(;-_-) =3

 展望所まで戻って、至福のお汁粉タイム

Img_0940_20201129215001
鋸に

Img_0942_20201129214901

甲斐駒に

Img_0885

仙丈、白根三山、それに塩見がきれい!

 

 さて、じゃぁとっとと下山しましょうか~。
あれ、こんなに登山道、急だったっけ?急でも、危なげのない、割に歩きやすい登山道で、
マップタイム5時間40分を、休憩込み4時間半で下りて来た。
 分岐付近のマップタイムが、ちょっと長すぎでおかしいかも~。

 駒ケ岳SAで、舞茸天蕎麦を頂く。

小さなテーブルの真ん中にもクリアシールドが立ててあって、テーブルの間はかなり離れていて、駒ケ岳SAの感染対策はばっちりでした。

Img_0950
 
 好展望に恵まれて、気持ちいいお山でした。

 エアリアマップの、木曽駒・空木に出ている、伊那大島の西にあるお山だよ。

駒ヶ根SAで買った、ニジマスの甘露煮とワサビコロッケで、簡単なお夕飯。

Img_0966_20201129214701

 

« 高水四山 | トップページ | 鎌倉ハイキングぐるっと14キロ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高水四山 | トップページ | 鎌倉ハイキングぐるっと14キロ »