« 沼津アルプス 土肥温泉 天正金鉱 日本平 | トップページ | 聖峰~高取山~浅間山~大山下社~コマ参道 »

2020年12月20日 (日)

富幕山 竜ヶ岩洞

 10年ほど前の私の誕生日に、週末会の山友たちが企画して富幕山ヘ行った。
一等三角点峰だからって("⌒∇⌒")

 でも、遠くまで行ったのに、朝から雨で、辺りは真っ白で何も見えなかったの。
「眺めのいい日にまた来たいね
って、ずっと言ってた。

 今回、他の候補のお山が雪山になりそうなので、こちらにしました。

 今朝は、私の家から近い駅で集合。
東名高速利用だからね。

 東名は、夕方になると必ず混む。
まだ大掃除も、年賀状描きも終わっていないから、早く行ってさっさと歩いて、早く帰る作戦(*^_^*)v

 奥山高原の駐車場に車を停めて、歩き出し。
案内もしっかりしています。

Img_0541_20201220185401

ご親切に、杖と次亜塩素酸のスプレーまで!

Img_0542_20201220185401

まだ咲き残っていたオヤマリンドウ

Img_0550_20201220185401

(ノ°ο°)ノ オオオオ

これはもしやミカワマツムシソウ?

Img_0546_20201220185401
 しばらく登るとイノシシの石像があって、展望台。

Img_0554_20201220185401
  杉が伸びて、ちょっと見えにくいけど、沼津アルプスよりは、だいぶ小さめの富士山。

Img_0569_20201220185401
 そしてキラキラの海と、浜名湖が見えてます。 浜名湖を見ると、母との会話を思い出します。

 頂き物のうなぎパイに
[浜名湖銘菓 夜のお菓子]
って書いてあった。
「おかあちゃま、どうしてうなぎパイは、夜のお菓子なの?」
「夜ご飯を食べた後、お腹が空いて食べるお菓子じゃないの?」
「どうして(^・^;) ?? おやつに食べないの? 今、3時よ」
「じゃ、取っておいて夜食べなさい」
「(°O° ;) え~、今 食べたい」
で、このやり取りは終わったんでした。

 かなり長い間、疑問でした。

 出張や旅行のお土産として、家庭に買って帰ったその夜(晩)に、一家だんらんのひとときを『うなぎパイ』で過ごしてほしい
って事らしいです。

 エロい想像をしてしまった乙女の私
(〃⊃ω⊂〃)

 あ、今日のお土産はうなぎパイにしよう。
浜松餃子もいいな。

 登山道がよすぎると、おしゃべりするか妄想するかですね("⌒∇⌒")

 時々階段、時々斜面のよく整備された道。
林道を横切ります。

 アンテナが大きくなってきて、
富幕山(563,5m)到着
とんまくやま って読むんだよ。
一等三角点、点名『富巻山』

Img_0565_20201220185401
そのすご奥が静岡と愛知の県境。右手が愛知、左手が静岡

Img_0587

 山頂は広くて、展望台に東屋もあります。
前回来た時は、東屋で雨宿りランチでしたっけ。

 キラキラ光る浜名湖と海は、なかなかきれいですね~。

Img_0578_20201220185901

渥美半島と知多半島の奥に紀伊半島が見えてます!

Img_0579_20201220185901
 浜名湖の西には、火曜会で日帰りで来た湖西アルプスが見えてます。

Img_0577

 誰もいない東屋でランチ。
名古屋のマイフレさんが、お山ではカップ麺が多いって言ってたから~
 寒い時期はカップ麺もいいかな。と思って
今日はかきたまうどんを持って来たの。
 山頂の気温は3度。
3分待つ間に冷めちゃうから、上にネックウォーマーや手袋やら乗せて待つ。
キラキラ光る海を見ながら食べる、暖かいおうどんは美味しいね~(=●^0^●=)v

浜松のタワービルがくっきり

Img_0590

 来た道を、サクッと下山。

 三ケ日みかんを一袋100円で買って、味が濃くて美味しい!

Img_0598_20201220190201

 竜ヶ岩洞(リュウガシドウ)へ。

Img_0599_20201220190201
 ここらあたりは、二億五千万年前の地層(秩父石灰岩地帯)なんだって。洞窟の総延長は1000 m で、その内、公開されているのは400 m
中はよく整備されて、見ごたえがあります! 

 富幕山の山頂からも見えた、竜ケ石山の南側に洞窟の入り口があるの。
 入り口には、フルーツコウモリを飼育しています。なぜフルーツコウモリかって言うと…

 日本コウモリは、蚊とか小さな虫を食べるのよね。そんな生きた餌を集めるのって、大変でしよ。でも、洞窟内にはコウモリが生息していて、コウモリに興味を持って欲しいと思ったんですって。だからインドネシア産のフルーツコウモリにしたんですって。バナナやパイナップルに、たんぱく質もと、ゆで卵を混ぜると、大きいと嫌がって残すんだって~。だから、分からないようにみじん切りにして果物に混ぜるそうです。コウモリにも、個体差で好き嫌いがあるようで、お話が面白い(^ー^* )
 飼育員の手にまとわりついて餌を食べる様子は、なかなかかわいいです。
 でも、ガラス越しなので、反射してうまく撮れなかった【><。】

 洞窟の中は、フローストーンや石筍、石柱、氷柱石、ストローストーンとかが、本当に間近に見られる。透き通った地底池もあるし、奥には、広い深い天井から落ちる滝もあるのよ。

Img_0622
 一番きれいなのは、鳳凰の間って言われる突き当りの空間で、真っ白いストローストーンや石筍、

Img_0632

つらら石が、カーテンみたいに広がってます。

Img_0633

 売店との間に小さな洞窟があって、そこは青いイルミで飾られていました。

Img_0637_20201220190201
 帰路、沼津アルプスが見えて来たので、PAに寄ってもらって、写真を撮ってきたよ。

Img_0650_20201220190201
 低い山なのに、ものすごくでこぼこしているよねぇ。

沼津アルプスって。
 新東名の駿河沼津Aの二階にプレミアムトイレ。

目黒雅叙園やホテルオークラのトイレみたいなプレミアムトイレ

右手のパウダールームの椅子が、とってもSAとは思えない!

Img_0655

御殿場からの富士山は、12月というのに、雪がめっちゃ少ない。

Img_0639_20201220190201
 早く集合したから、早目に帰れてよかったわ~(^ー^* )

« 沼津アルプス 土肥温泉 天正金鉱 日本平 | トップページ | 聖峰~高取山~浅間山~大山下社~コマ参道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沼津アルプス 土肥温泉 天正金鉱 日本平 | トップページ | 聖峰~高取山~浅間山~大山下社~コマ参道 »