« 松田山 曽我梅林 | トップページ | イタドリ沢の頭~陣馬山 »

2021年2月28日 (日)

藤野霊園から石砂山西峰・東峰 綱子峠 

 私はビビりだから、雪山は
『付き合うかぁ~』って感じ。
で、「先週は付き合ってくれたから、今週は沙羅さんの行きたいところへ」
って、山友たちが言ってくれた。

 じゃ、火曜会で使いたい尾根があるのよ。道はないけど。それと、その近くの、エアリアマップに書かれていない道が、今も通れるかの下見と~ タクシーが峠まで行けるかの下見と、
 火曜会で行きたいと思っていたところのお花が、もう終わっちゃいそうだから、出来ればそこにも寄って欲しい。

って言う、里山詰込みスケジュール。

 「使いたい尾根って、ヤマレコの地図検索とかでも分かりますよ」
って言われて、見てみたんだけど・・・
歩いている人が、一人もいない(/_;)
でも、地形図見ると、歩けそうなんだよ。
ギリギリ、踏み跡がなくても登れる斜度かな。
ってことで、あちこちの下見に、お付き合いしてもらいました。
 
 石砂山へ登るのに、7~8年前に火曜会で、法面の階段からのバリエーションルートで歩いた。
 あの時は、笹薮がすごくて、朝露で足がびしょ濡れになって、歩きにくかったっけ。
その隣に、大規模霊園があるの。
そこから、尾根に出られるかも。

 橋本で集合して、相模湖藤野霊園って、真新しい霊園に入る。

 20年位前から、あちこちで霊園ラッシュですよね~。都会へ出た団塊の世代が一斉に、都市近郊のお墓へ移動するのを、狙っている?
(;>_<;)

 踏み跡があるかと思いきや、笹薮~(;´o`)

 急傾斜を、汗だくで一気登りすると、四等三角点415,5mに出る。

Img_0947


 その先は、はっきりした尾根なので、やれやれ(;-_-) =3 倒木が多いなぁ。

Img_0951_20210228174401



 途中、2つのピークを乗り越えて、499mピークには、川上ドッケの山名板と祠。

Img_0948_20210228174601



 急降下と急登を繰り返して、最後の登り。

 ここは、数年前火曜会で来ているはずなんだけど・・・(;-・。・-;)

 めちゃくちゃな急斜面が出てきて、しかも乾いた落ち葉で滑る滑る。

 あらら、これはいくらなんでも、80代のお姉さま方には歩かせられないわ~【><。】

 登り始めて50分ほどで、石砂山の西峰(572m)

Img_0956_20210228174501

 ガガッと降りると、鞍部に今日初めての道標。

Img_0952_20210228174501


ここから、東海自然歩道。

 木の階段が出てきて、石砂山東峰(578m)

Img_0953_20210228174501


石砂山は双耳峰だけど、こっちだけが山頂扱い。

 地図や山名板や、机と椅子もあります。
大室山の肩から富士山がのぞいてます。

Img_0954

 さて、登るのにギリギリだった急斜面は、下りるの大変かもね~。一応、万一のために細引きを出しておく。

 でも、一番の急斜面も、何とか木につかまってズルズル降りられた(;-_-) =3 ふぅ~
 で、三角点手前の尾根が分かれるところから、北の尾根に入っちゃって、
あれ?(°∇°;)
この尾根、違う。

 ごめんなさい~(゜゜;)
30mほど登り返したよ。
もし無理無理降りていたら、最後に車道の法面で立ち往生していたかも。

 元の尾根に登り返して、霊園に戻ったら

Img_0957

 下から霊園の草刈りの人が
「下の車、あんたたちの?」
「はい、ちょっと山に登っていました、ご迷惑かけました」
って言ったら
「もし明日もあったら、どっか連絡しなくちゃと思ったんだよ」だって。

 そうよね。
毛布にくるんだ死体でも入っていたら大事だわよね。
「お騒がせしました(゜゜)(。。)」


 さて、もう一つの下見

 数年前の年末の火曜会で、お姉さま方に、
「来年行きたい日帰りの山は」ってお聞きした。その時ちい姉さまから、前道志のムギチロに行きたいってご提案があったの。
 
 週末会では歩いているけど、厳道峠までタクシーで行けるかと、綱子峠から西へ降りられるかの検証。

 綱子峠から、エアリアマップには、東側にしか道がない。でも、昔はいい道があったんだよ。

10年ほど前に来た時は、トラバースが崩れているところが多くて、なかなか怖い難路になっていた。

そんなところを、お姉さま方をお連れするわけにはいかないから、やっぱり下見しておきたい。

 安寺沢川の登山口に、ちゃんと案内があったから、大丈夫かな?川を渡るところには、新しい丸太が2本。

Img_0959

 渡った先から、尾根に上がる踏み跡があって、山友たちが
「これじゃないんですか?」
って言ったけど、うーん "( ' ' ;)
「ずっと沢沿いの道だったんだよ」

 で、その道が・・・

Img_0962

うっわ(≧◇≦)

こりゃひどい。


 沢がえぐられて、道がない。

Img_0966
しばらく探っていたら、少し上の方に、古い道を見つけて~
これだ! 
って歩き出したけど、あっちもこっちも崩落。
Img_0963_20210228174901
 これは・・・
お姉さま方は、お連れできないわぁ(/_;)
帰りが遠くなっても、峠から反対側に下りるしかないなぁ。
 戻りも、ほぼほぼ崩れて、グズグズ斜面のトラバース(#´ο`#) はぁ~
ごめんね、こんな下見に付き合わせて。

バランスがいい山友も、ちょっとビビってた。

Img_0965_20210228174901

 車に戻って~
さ、このまま厳道峠を通過して道志側へ出られるといいな。

 向かいから、自転車の人が来た。
よかった、抜けられるみたい\(^o^)/

 と思ったのに・・・
ウソ~(;>_<;)
厳道峠はゲートがしっかりしまってる。
あ~、ダメだ~【T_T】

Img_0968

 この峠から、西へ行くと赤鞍ヶ岳

Img_0967_20210228174901

東へ行くとムギチロからさっき下見した綱子峠へ行けるの。

Img_0969

今日の下見は、ことごとく火曜会には使えなかった。

 来て見て良かったよ。

 で、峠が抜けられないから、ぐるっと大回りして、再来週に火曜会で行こうと思っていた花園にも、お付き合いしてもらった。

 福寿草散策路。
これは、山友たちが大喜び。

Img_0978_20210228175101
「今年は、見られないかと思ってました~」
って言ってくれて、よかったわぁ。

Img_0973
 ほんとうは、お姉さま方にもお見せしたかったのよ。

以前は、3月の初めくらいが見頃だったのに、今年は満開が早かったんですね。

もうだいぶ葉っぱも伸びて、つぼみはほとんどなかった。

 お日様みたいな福寿草を、堪能しました。

Img_0975


 今日は、バリバリ地元の低山でした。

 山友たち、下見お付き合いありがとう
(゜゜)(。。)ペコリ

 

 あ~あ、ムギチロは、火曜会では行きようがないわ~(/_;)

ちい姉さま、ごめんなさい。

 

« 松田山 曽我梅林 | トップページ | イタドリ沢の頭~陣馬山 »

コメント

お邪魔します
(^^)/

福寿草がいっぱい 良いなぁ♪

お山に登りたいなぁ

写真を拝見して 登った気分になって 帰宅します

☆・・・☆花より団子 さん
コメントに気づかなくてごめんなさい!
こちらにコメント、ありがとうございます。
福助走って、お日様みたいで、和みますよね~(=●^0^●=)v

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松田山 曽我梅林 | トップページ | イタドリ沢の頭~陣馬山 »