旅行・地域

2018年9月30日 (日)

姑と温泉

 今回、出がけにひと騒動あって、カメラを忘れまして・・・

スマホの、小さな写真です(。_。;)  
 義母は、4年ほど前に大腿骨を骨折した。
リハビリを頑張るための飴として、つかまって立てるようになったら、温泉に行こう。 って励まして・・・ 以来、春と秋に温泉旅行に連れて行ってます。  
  姑は年に二回、私たちと温泉に行くのを、楽しみにしてくれる。  
今回は、飛行機に乗りたいとのことで、支笏湖畔の温泉に決めた。
 
 新幹線と近鉄で、迎えに行って関空~北海道 の予定だった。
 
 ところが!!!  
関空は現在、マイカー規制をしていて、シャトルバス運行!
(≧◇≦)エーーー!
そうか、タンカーが突っ込んで、片側通行止めのまんまなんだわ。  
 
「おばあちゃん、ごめん。うっかりしてた」
「関空へは、まだ行けへんねん!」
飛行機って、車椅子は最優先で、結構便利なのになぁ~(/_;)
 
 さて、どうしましょ。
で、京都と長浜になりました。
おばあちゃん、京都は来たことある?
「京都な? 女学校の2年の時に行ってんよ」
(ノ°ο°)ノ オオオオ
それって、80年ほど前ですか?
 お夕飯が、展望回転レストランで食べられるところにしたよ。
ホテルでお夕飯 って言ったら、ウキウキして、 一週間前に、美容院へで、パーマをかけたんですって("⌒∇⌒")  
 
 1週間前に、義姉から電話がかかって来て~
『あんたら何考えてるの!ホテルでディナーなんて無理や。 時々漏らして、こっちは介護介護で大変なんやで! だいたい、ホテルでディナーなんて、着せる服もあらへん』  
 
 義姉の話を聞いていたら  ひとっきり、介護が大変な話の後で、
『行くなら、ホテルのディナーに着せられる服、買うて送って!』
って言われて電話を切られた~(;´o`)  
 
 着せられる、って言っても・・・
姑は、ほとんど一人で着られるよ。
靴下が脱げないのと、パンツとズボンを履く時、ちょっと手を貸す程度。 寝たきりの、私の母の介護に比べたら、すっごく自立してるんだけどなぁ。
 「服 送って」って言うなら、買いに行きましょ。
そう言えば、お姉さんが、姑がパンツを汚すから手が荒れて、って言ってたなぁ。 デパートで服をみつくろって、義姉にロキシタンのハンドクリームと、フェイラーのタオルも入れた。
 
 そのお買い物のあと、デパ地下で松茸を見つけて、高くて買えなかった日記は、書いた【><。】  
 
 と、ここまでは1週間前の話。 前置きが、長くなっちゃった。    
 
 夫の実家の近くの、老人ホームへ、お迎えに上がって~
顔なじみのヘルパーさんが
「来はったで~」だって(^ー^* )
 
 京都までは、1時間半。  
途中、近江の皿蕎麦のお店でランチ。
Thumbnail_kimg0369
 トイレを借りようとしたら、和式(≧◇≦)
 
 すぐ近くの、湖西公園のトイレを借りて・・・
あら、いい眺めじゃん(´ー`)  
 
 さて、こんなに晴れているのに、明日は台風っ気の雨?
じゃ、今日のうちに、少し観光しよう。
 「おばあちゃん、琵琶湖バレイのロープウェーと比叡山、どっちがいい?」
「比叡山は行ったことないねん」
('o'=) ウソ!?  そうなんだ。
 昔、京都には、扁桃腺の手術に来ただけなんだって!
じゃ、きっと琵琶湖バレイも行ってないんだな。 もし明日、雨が降っていなかったら連れて行こう!  
 比叡ドライブウェーを走って、比叡山延暦寺。
 拝観料を収めるところで、
「車椅子で拝観できますか?」
って聞いたら、
「根本中道までは、お参りでけるようになってます」
あら、よかった(*^_^*)v 
 
 鐘撞堂から、ちょっときついスロープで、後ろ向きで降りる。  
私は、母の散歩で、毎日のように車椅子を押していた。 なので、このくらいの坂はなんてことないけど・・・
  姑が
「えらいやろ?」
「もう、ここでええで」
って気う使うんだよ。
「私は全然平気。景色眺めててね~(^ー^* ) 」  
 今、比叡山は根本中道の改修工事をしています。 その改修のビデオや歴史のビデオなんかも、興味深げに見ていた。
Thumbnail_kimg0403
 「比叡山の、一番高い所の展望台で、ソフトか葛切りでも食べませんか?」
って聞いたら
「ええな。ほな、よばれよ」
(*^_^*)v ヤッタネ  
 比叡山ドライブウェイ駐車場からは・・・
(ノ°ο°)ノ オオオオ
蓬莱山や大原、
Thumbnail_kimg0389
それに琵琶湖がいい眺め。
 さっき、お昼の後で寄った琵琶湖畔の公園が、よく見えてる。  
Thumbnail_kimg0392
 夫に、母の葛切りを任せて、3分走って山頂へ。
比叡山(848,1m)
Thumbnail_kimg0376
点名『大比叡』一等三角点、タッチ(*^_^*)v
Thumbnail_kimg0378
 何気なく戻って、私も葛切りを頂いて~(^ー^* )
比叡山の葛切りは、きな粉はかけないのね。 黒蜜だけの、すっきりした葛のお味が、美味しい。  
 
 下山して京都市街へ。 五条大橋や本願寺さんも車から眺めて~
お泊りは京都の駅前の、リーガロイヤルホテル。
 
 フロントには、海外からのお客さんが多いですね~。  
廊下やロビーが竹をイメージしたデザインで、とっても落ち着く。
  お部屋は5階で、眺めのいい和洋室。
 お風呂とベッドルームの間に廊下があって、どちらからでも回れる。
これは車椅子移動には、ありがたい! 
Thumbnail_kimg0407
 「おばあちゃん、ご飯の前にお風呂に入ろうか」
ホテルにあらかじめお願いして、介護用の椅子をお部屋のバスに置いて頂いた。 しっかりよく洗って、バスタブに。
 大人3人くらいがゆったり入れる大きさで、縁の幅が広い。
でも、介護用のお風呂じゃないから、手すりとかないの。
だから、ちょっとコツがいる。
縁に腰かけさせて、私に もたれかかるようにしてもらって、足を上げて半回転するの。 そうすると、足がお風呂に入るから、あとは簡単(^ー^* ) ホテルなのに、広いお風呂でよかったわ。    
 姑はホームでお風呂に入れてもらっているんだけど、どうも、
「今日はええわ」
って、お断りする時が多いらしいの。
 うちの母も、よくデイでのお風呂を勝手に断ってたっけ。
人様の手を煩わせるのも嫌だし、自分も面倒なんでしょうね。  
 
 なので、たまに姑をお風呂へ入れると、ものすごい垢なの~(^。^;)  
 
 さて、買って送った服に着替えてもらって、楽しみにしていた展望レストランへ。
 
 90分で、レストランが1回転するんだよ。
京都の街を一望。
Thumbnail_kimg0410
「はれ、東寺の五重塔が見える。ええ眺めやなぁ」
Thumbnail_kimg0419
九条ネギのムース 京野菜のキッシュ ハモのカクテル
Thumbnail_kimg0422
「あれは伏見城かいな?夕日がきれいや」
Thumbnail_kimg0413オマール海老のサラダに、京野菜と子牛のステーキ
Thumbnail_kimg0425
「京都タワーや!お月さんやで。きれいやなぁ」    
Thumbnail_kimg0433
よかった~\(^o^)/
喜んでくれて。  
 
 フレンチのコースは、ナイフとフォークがいっぱい並ぶでしょ。
「あて、こんなん、食べれへん」
って言うから・・・
おばあちゃんのは、お箸で食べられるようにしてもらったよ。
 「もうお腹いっぱいや、もう食べれへん」
って言いつつ、時間をおいて出されるから、目先が変わって、ほとんど食べてたよ!
オマール海老が美味しかった。  
モンブランのデザートも
Thumbnail_kimg0441
 夫がボトルワインを頼んで
「もうちょっと、ゆっくり食べてな」 って・・・(;´o`)
結局、6時に入って9時まで、展望レストラン2回転を、堪能しました。
ちょっと姑は疲れたかも。  
 
 姑と夫が寝てから、ホテルのプールでひと泳ぎ!
誰も泳いでいなくて、気持ちいいよぉ~。  
Thumbnail_kimg0445
 
 9月29日
朝起きたら、ベッドをちょっと汚してしまっていて・・・
あらら、寝る時、パンツ型おむつにすればよかった(/_;)
 姑が気が付かないように、汚れた下着やパジャマを洗って、お部屋のドライヤーで乾かしちゃった。
 
 ベッドのしみの横に、200円置いてきたけど・・・
これって、妥当な金額?(+_+;)  
 
 今日の予定は、琵琶湖3/4周ドライブと蓬莱山。
 と思っていたけど、朝から雨ですね(/_;)
 
 車いす対応を歌っている、琵琶湖バレーのロープウェー。
去年、伊吹山から琵琶湖が見えなかったんで、琵琶湖眺望のリベンジ、と思ったんだけど、残念!
 
 ま、昨日比叡山の展望台で見たから、よしとしましょう。  
 
 奥琵琶湖から、針江生水の郷へ。
ここで、鱒のお刺身や、稚鮎の天ぷらに稚鮎の佃煮とかの、生水の郷御前って言うのを食べて
Thumbnail_kimg0447
 今夜のお宿へ。  
 
 途中のトイレ休憩がね~(;´o`)
綺麗な車椅子トイレの前の道路が、10センチほどの段差。
姑には、私の山の雨具を着せて~モンベルの雨用巻きスカートも履かせて・・・
 せっかくバリアフリーのトイレを作るなら、周りの歩道と車道の段差の整備も考えて欲しいわ。
 本日のお宿は、ホテルリゾーツ長浜。
予約のお部屋は、和洋室。
Thumbnail_kimg0449夏には子連れでにぎわうらしいプールと、琵琶湖が目の前。
 Thumbnail_kimg0453
 夜景の眺めも最高でした。
 
 このホテルは、太閤の湯って言う巨大なお風呂があるの。
夫が、手すりがあるから風呂に入れられる。
って言ってたので、見に行ったら・・・
 脱衣所から、広い洗い場や、湯舟までの間は手すりなし【><。】
 大浴場って、だいたい、このパターンが多いですね~。
この、手すりなしの滑る空間が、一番危険。
それと、介護椅子に腰かける時も、手すりが欲しいですね~。
 
 毎回思うけど・・・
ところどころでいいから、周りの壁とカランの周りに手すりがあると、とっても使いやすいんだけどね。    
 
 お風呂の入り口まで車椅子で行って、待っててもらって~
 背もたれの高い介護椅子を、いくつか並べる。
これで、何とか洗い場へ誘導。  
 そのまま座って、待っていてもらって、 今度は、椅子を湯舟の手すりまで並べて、お風呂に誘導(^ー^* )  
 
「ああ、大きなお風呂は気持ちええなぁ~」
って言ってくれた(*^_^*)v  
 
 さて・・・
露天風呂までには、ドアと低い3段の階段。
こちらも、湯船に入るところだけは、手すりが作ってある。
最初は尻込みしてたけど、
「露天は風が気持ちいいよ~」
って勧めたら、その気になった。v(^。^*)うふ  
  こちらを時々見ていた方に
「すみません!露天風呂まで、お手伝いしていただけませんか?」
義母は大きいから、一人だと、ドアを開けている時とかに転んだら、対処できない。  
 ドアを開けて、軽く手を出してくれて、とっても助かりました。
義母が
「おおきに。ご親切、ありがとう」
って~(^ー^* )
この言葉で、手伝ってくれた方も、嬉しそうな表情。
言葉って、大事よね~。
義母は、こういう時、とってもほっこりする言い方をしてくれるの(^ー^* )  
「ああ、風が気持ちがええなぁ~」
って、言ってて・・・
「(^o^; はれ~」 
って体が浮いて、溺れそうになる姑(・_・;)
  筋力がなくなると、お風呂でも、ちゃんと座れないんだよね。
足か肩のどちらかを、そっと押さえて、浮いて、溺れないようにする。    
 ここは、赤茶の含鉄泉で、底が見えないくらい。
とっても暖まります。 それで、子宝の湯ですって。
「おばあちゃん、子宝に恵まれたらどうする?」
「あほなこと言わんとき、お父ちゃんが、あの世でびっくりするで~」
95才になっても、こういう冗談が通じるのって、嬉しいね(*^_^*)  
 
 お夕食は中華でした。
ほとんど食べちゃった後で・・・
あ(;-・。・-;) 写真! 【><。】  
Thumbnail_kimg0456
 
 9月30日
本来は、2泊3日で、北海道へ連れて行く予定。
それに見合う旅行には、到底ならないけど・・・
 今日は、日本海にドライブ と思っていたんだよ。  
 朝7時の時点で、名古屋発12時台の新幹線から運休 って言ってる! (≧◇≦)ヒエーーー!   
 朝食バイキングは、薄日が差していい眺め。
Thumbnail_kimg0459
 
 予定を変えて、米原駅まで送ってもらって、まずは姑をトイレへ。
 これから、ロングステイ先のホームまで2時間弱。
夫じゃ、トイレ介護できないもの。  
今日は、パンツタイプのおむつにした。
 で、おばあちゃんったら、そのパンツタイプのおむつが汚れているのを気にする。
「汚れてもいいように、履いてるんだよ。大丈夫、大丈夫。またお出かけしようね(^ー^* )」
って、言ったら、泣かれちゃった~。
「また連れてって~な。待っとくから~」
うん、うん。
「今日は先にごめんね、台風が来ていて、これに乗らないと、今日中にうちに帰れないの」
って言ったら、
「気いつけてな。またどっか、連れてってな」
って繰り返す。
やっぱり、お出かけするの、楽しいんだね。
  後ろ髪を引かれる思いで・・・
駅へ向かった。  
 
 夫は、姑をロングステイ先のホームへ送ってから、京都泊り。
台風のせいで、もう1泊、旅行が伸びちゃいましたね。  
 
 さて、窓口で聞くと、運休前の新幹線は、指定はすべて満席(;>_<;)
 
 そりゃそうだね。
今日の夕方までに帰ればいいと思っていた人たちが、朝の数時間に集中するんだもの。
  40分並んで、一番前で乗った自由席は、すでにデッキに人がいっぱい!  
 でも、私の後ろには10人ほどいて、
ギューギィウ~【><。】 と押されて、ドアから2列目辺りまで入った。  
 
 岐阜羽島・名古屋と、数名下りて、ぎゅ~っと乗って・・・
みんな必死よ~!
このひかりに乗らなきゃ、次がいつ運休するか分からないんだもん。  
 
 で、遅延でとんでもなく混んだ通勤ラッシュみたいな通路。
とうとう、豊橋では積み残しが出ちゃった。
 
 「自由席車両へお並びのお客様、指定席車両にお回りください」
「通路にお立ちのお客様、今1歩奥へお詰め下さい」
豊橋で、繰り返しこの放送の後、
「ドアをしめます。ご注意ください。この後の電車をご利用ください」
 ホームには、かなりたくさんのお客さんが、呆然と・・・  
 次の新幹線は、来たでしょうか?  
 
 米原から新横浜まで、妙な姿勢で立ちっぱなし。
救われたのは、大きなカバンの人が多いから、比較的 上の空間が空いていて、スマホを読めたこと。  
 
 普段あまりメールしない夫が、
「今、施設へ送った。そっちは座れたか?」
って。
 
(ノ°ο°)ノ オオオオ
珍しく、私の心配? 
 
  最近、夫が変わって来ましたね~。
「米原からデッキから通路までギュウギュウで座れません、通勤ラッシュ並みでした。帰れてよかったです」
と返信。  
 
 姑がこんなに喜ぶなら、また旅行に連れて行きたいんだけど・・・  
 
 義姉が、面白くないらしい。
出かける前日
『旅行気分で連れ出さず、あなた主体で介護体勢に切り替えろ』
的な内容の、お怒りの文面を送ってきました。
車椅子の姑を、旅行気分で連れ出せる訳は、ないでしょうに!
 喪主は、長男と長男の嫁がすべき とまで(・_・;)
 義母は、まだ頭もしっかりして、内臓も、どっこも弱っていないというのに。
 長男の嫁って・・・うーん "( ' ' ;)
 
 舅の相続の時は、姑にも妹にも相続放棄させて、義姉と義兄が、家屋敷すべてを相続したのに・・・
 
 小姑鬼千匹 って言うけれど・・・
 今、義姉の怖さが、身に沁みています。
ドラマのような展開に、怯えています。

2018年9月15日 (土)

男鹿半島一等三角点 不老不死温泉 十二湖

 東北のマイフレさんに、何度かお山へ連れて行って頂いている。

なんでか、マイフレさんの奥様に気に入られて~("⌒∇⌒") 
 前回の秋田駒の時は、温泉宿泊をおごって頂いてしまった(^。^;)  その奥様から、
「次はいつ来るの?涼しくなってから?」
って、数回お電話頂いていました。 もう、マイフレさんより奥さまとお友達状態よ~("⌒∇⌒") キャハハ  
 奥様は、温泉でおしゃべりを楽しみにしてる。
でも・・・ せっかく遠くまで行くなら、お山も登りたい。
 で、登山を予定して、空港券を取っていたんだけど・・・
 足が腫れて、登山できない【><。】 エーン  
 前回行けなかった、男鹿半島の一等三角点峰 登り2時間、下り1時間半。 これ、自衛隊管轄の車道でも行けるらしい。
 で、自衛隊に連絡。 すると、車道が崩落して工事中だけど、先導してくれるって! (ノ°ο°)ノ オオオオ
 自衛隊、ご親切!  
 奥武蔵へ行った時と同じ、ウォーキングシューズで、空港へ。
久しぶりの飛行機は、曇っていたけど雲を抜けたら富士山が
Img_2625
 鳥海山はすぐ近くにいい眺めでした。  
Img_2630 これから行く男鹿半島。右は寒風山で、矢印が一等三角点
Img_2636
 空港まで、お迎えに来て頂いて・・・
男鹿半島へドライブ。  
 途中、自衛隊基地に寄って、名前を告げて・・・
(ノ°ο°)ノ オオオオ 車で私たちの車を先導。
Img_2645
 閉鎖の林道の鎖を外して、どんどん登ってくれる~!
 標高715mの一等三角点直下まで、お車で連れて行って頂きました。  Img_2655
 「写真を撮っていいですか?」 ってお聞きしたら、
「このドーム以外は撮っていいです」
あら…(;-・。・-;) さっき撮っちゃったわ(;・_・; ・・・・
アップするのは止めよう!
 ここは北朝鮮から近いし、弾道ミサイルの通り道みたいだし~。
あな恐ろしや!  
 一等三角点、男鹿島 タッチ(*^_^*)v
Img_2653
念願かないました。
ありがとうございます(/・0・)   
 
 奥様が、
「登らないで済んで、私まで来れて、よかったわ」
ですって~。   
 
 そうなの!
マイフレさんと一緒に登る予定だったけど、その時は奥さまだけ、水族館で待っているって予定だったの。  
 
 下山途中、先導してくださったご親切な自衛官が、
「B29の慰霊碑に寄りましょうか?」って。
戦後1年目。 ここにB29が墜落したんですって。
で、加茂集落の人がそれを見て、乗組員を救出。
以後、米軍キャンプは、住所の男鹿 ではなく、助けてもらった加茂の名前を取って、加茂基地と呼んだんですって。
 続いて、自衛隊もそれに倣って、ここは、加茂駐屯地だそうです。  
 と言う話を、先導してくれた自衛隊の方がしてくれました。
 ここに、タチフウロと、シャジンも咲いていて、この辺りは高山植物が多いんですって。  
 
 ご親切な自衛官に護衛して頂いて、素晴らしい思い出になりました。  
Img_2667
 その方に、館山航空隊の横の河口で エイに刺されて、浮腫んで歩けない。 って言ったら、
「えぇ~(・_・;) あの隣の川?」
って、ご存知でした!
 
 下山後も、つい、奥様とお話が、盛り上がっちゃいました("⌒∇⌒")
車の後部座席で、持って行ったお菓子を食べつつ、おしゃべりしつつ、 乗せて頂くだけ~(=^^ゞ ポリポリ  
 
 歩かずに登っちゃって、時間が余って、不老不死温泉へ。
Img_2692
 今夜のお宿は、奥様企画で、十二湖のコテージ。
Img_2699
「自分の宿泊費は払います!でないと次から来れない」
って言ったんだけど・・・
「いいのよ~、ひと棟いくらなんだから!この人と二人じゃ楽しくないでしょ」
(・_・;)う~ん、その・・・
この人と、私が お友達なんだけど~。  
 ・・・恐縮です(。_。;)
 コテージは、ツインのベッドルームが2階に2部屋、1階に一部屋の他に、エキストラベッド2つ。 8人で、ゆったり泊まれる施設です。
「あら、3部屋もあるのね、一人ひと部屋ずつ使えるわね」
って奥さま。  
("⌒∇⌒") キャハハ
もし私が夫と、どなたかを連れて来ても、そうなるだろうなぁ。  
机の上にこんなものが・・・
Img_2702弾道ミサイル落下時の行動について・・・
あな恐ろし!
 集合棟の奥に、温泉や展望台があって、白神山地が見える。
「白神山に登りたいな~」
Img_2717
って言ったら
「私は下で、待ってるわね」(´ー`;)  
五能線と穴の開いた岩が見える。
明日、行ってみましょうか?
Img_2713
 とっても美味しい、豪勢なお夕飯を頂いて、
Img_2723
マイフレさんご夫妻は割に早めにご就寝。  
 星のきれいなコテージで・・・
趣味人のリコメして過ごしました。
 9月15日
朝食はバイキング。稲庭うどんもありました。
リンゴジュースが濃厚!
Img_2726
 コテージの展望台から見た、五能線の線路を、列車時刻に合わせて見に行く。
Img_2739
 ちょっと時間が早かったから・・・
海へ降りてみた。
コテージの展望台から見えた象岩は、干潮時で、近くまで行けたよ。  
Img_2729_2
 車で10分かからない十二湖を、王池や
Img_2748
落ち口池を見て ここは日本の水百選に選ばれているんですって
Img_2767
イトウの養殖場を見て、最後に青池へ。  
Img_2785
(ノ°ο°)ノ オオオオ
神秘的に青い! 
水が透き通って、湖底の倒木までしっかり見えてます。  
Img_2783  
 子供が高校生の頃に、秋田北空港からここへ来たことがある。
子供と一緒に、岩手山も登って、十二湖へ来たの。  
 
 北海道美瑛町の青い池は、ケイ酸アルミニウム高が、光を拡散して青いらしいけど・・・
 
 四万湖のブルーも、アルミニウム含有らしいけど・・・
 この青池は、実は色々研究して、よく分からないらしい。
 
 晴れた日の夏至の、お昼ごろが一番 青がきれいらしいよ。  
 
 日暮池の駐車場から、少し登って、日本キャニオン展望台へ。
これは、なかなかの眺めでした。
Img_2803
 ちょっと富士山須走口手前の、グランドキャニオンに似ている。
でも、もっと真っ白できれい!  
 
 そして道中に、青森ヒバが、先日の台風の強風?、たくさん折れて落ちていました。 いい香りがするし、殺菌作用があるのに、もったいない! で、落ちている枝を、少しお持ち帰り(*^_^*)v  
 お土産に、だまっこと比内地鶏とを買ったから、お夕食に、飾ってみたよ。
Img_2828
 
 幸か不幸か・・・
あまり歩かないマイフレさんの奥様と、ずっと一緒におしゃべりの、観光旅行になりました。
 
 これも、エイのお陰?(;´▽`A`` ~  
 
 奥さまには、
「いっぱい聞くれて、ありがとう」 って、喜んで頂きました。    
 
 秋田空港に送って頂いて~
 お世話になりました(゜゜)(。。)ペコリ  
 
 お天気で、お山も池も堪能できました。
おしゃべりもね!  
 
 今度は、こちらへもいらしてくださいね~( ´ ▽` )ノ
って言っても、車の運転はできないんですけど。  
 
 
 今回、ステロイド剤を使っての外出。
ご心配してくださる、マイフレさんのみなさま。
ありがとうございます。
とっても、感謝しています。  
 
 ステロイド剤の副作用は、大量に・長期に 使用した場合に起こりやすくなります。 短期間の使用では、こういった副作用の心配はほとんどありません。 それで、総合病院の医師は、限定3日の服用。 と言う、処方箋を書いてくださったのでしょう。  
 
 今回のエイ毒で、蜂や クラゲや 魚の毒 色々ネットで調べて、とっても勉強になりました。
 人生、無駄はないんだなぁ~。  
 旅行中、少しむくみが減ったような気がします。  
 
 あとは、腫れが引いて、登山靴が履けるようになるといいんだけど~。

2018年8月31日 (金)

館山で救急車と車椅子体験

 嫁ちゃんと孫たちが、20日間ほどいて、先々週帰宅した館山。
その帰りの時、
「玄関の鍵がかからない」
ってメールが来た(≧◇≦)
だいぶ前から、鍵の金具自体が斜めに動いて、変だな って思ってた。
このボロボロな別荘は、私の両親が残してくれた、築60年の老朽化。

 それは大変(´ヘ`;)
ご近所の工務店さんにお願いして、夫が出張でいない夏の終わりに、館山へ来て頂くようにしました。
来年まで使わないだろうから、大掃除もしたいしねぇ~。

 こういう時、いつも娘が一緒に来て、張り切ってお掃除してくれるので~
娘と二人で、横浜発の高速バスに。
今日も暑い日で、横浜高島屋で涼んで、美味しそうなお弁当を買って、乗り込む。

館山駅前はシャッター街。
お夕飯はセブンでいいね。
タクシーでまっすぐ家へ。
運転手さんに、「今年はクラゲはどうかしら?」
って聞いたら、
「いつもお盆明けには、クラゲに刺されたって聞くけど、今年は聞かないよ。あんまりいないんじゃないの」
やったー、それなら娘と泳げるね。

 別荘のお掃除をして、ひと段落。
そろそろ、工務店さんが来てくれる時間だ。

  鍵や、ボロボロの雨戸の戸袋、それに裏玄関のドア どうしたら、一番簡単に、なんとか持たせられるかを検討。

 工務店さんが帰ってから、ちょっと海へ出てみる。

 8月最後の平日。
うちの前は、子連れ家族が高い波を見ているだけ。

薄いけど、富士山も見えてます。
Img_2346
 その前で泳ぐのも何だから、防波堤を越えて、河口へ降りて~

('◇'*)わぁお!すごい波!
これは楽しそう。
クラゲはいるか?

この時期の海は、疑心暗鬼。
クラゲは、お盆過ぎに増える って言うけど・・・実は、お盆過ぎに成体になる、ってことなのよね。

 手の甲までのラッシュガードを着て、長いスパッツ履いて、マリンシューズ履いて。
 カツオノエボシとかなら、毒が届いちゃうけど、この辺は、いつも刺されるのはアンドンクラゲ。一枚着ていれば、刺されても、腫れが全然違う。

 娘と、しばらく波際を行きつ戻りつ。
大丈夫そうだね(*^_^*)

 昔、娘がまだ小さい頃、8月10日ごろに、アンドンクラゲが大量に浮遊した日があった。
朝、海へ出たら、なんじゃこりゃ~(^o^;
 子供たちと捕虫網を持って、海にいるアンドンクラゲを端から捕ったら、居るわ 居るわ 居るわ・・・
(;´o`)

 刺されると、メンターム塗って、リンデロン塗って、それでも、首とか顔とかだと、3日は腫れてひどいんだ。

 で、一番波の高い、足の届く位置で、波乗りをして遊んでいたら・・・

【><;】 痛っ!!!
くるぶしを、ハンマーで殴られたような感じ。
とっさに、
「クラゲがいる。上がるよ~」
娘に声をかけて、防波堤に登っていたら・・・
途中で、足が ズッキン!ズッキン!
そのあと、普通に歩けない。
刺された右足、引きずって・・・

 何なの これ?(;-・。・-;)
海から3軒目のうちへ、足を引きずって歩いて、砂を落して沸かしてたお風呂に・・・

 ちょっと待て!
クラゲやゴンズイだったら、暖めちゃいけない。刺されたくるぶしを、お湯に浸からないように持ち上げたら・・・

 (≧◇≦)なにこれ~?
血が流れてる。
クラゲや魚に刺されて、出血って・・・
しないよね。

 しかも、痛みがどんどん ひどくなって、
ズキズキ から、ドックン ドックン!
膝ぐらいまで、脈打つような痛み。

 自宅なら、病院を知ってるけどここは館山。
119に電話して、自力で動けるから、近くの病院を教えてくれ って言ったら、安房救急センターの電話を教えてくれた。

 そこへ電話して、状況を話して、
「本人です。意識は、はっきりしています。
海で何かに刺されて、血も出ていて、クラゲとは比べ物にならないくらい痛いです。タクシーを呼んで、自力で病院へ行くから、近くの病院の電話番号と名前を教えてください」 
って言ったら・・・
「救急車で向かいます」
(^o^; ほえ~

 息子や夫の付き添いで、救急車に乗ったことはあるけど、救急車患者乗車初体験。

 とにかく痛みがひどくなって、救急車の中で、血圧上180 って言ってるし~(××;)
痛みで、あぶら汗。

 病院に付いたら、
あ・歩けない(≧◇≦)
もうびっくりよ。
始めて、車いすに乗りました。
 
 救急隊員さんが、傷口見て、河口で遊んでいて って言う状況なので、エイじゃないか。
って。
 すると娘が、そう言えば、黒い四角い影が見えた って。

 私・・・
エイを踏んじゃったんだ(´ヘ`;)
エイさんごめん。
びっくりしたんだね~。
波が高くて、下が見えなかったからねぇ。

 こういう、症例が少ない時って、お医者さんより、救急隊員の方がよく知っているんだね~。

 処置室で看護師さんが、ぬるま湯で傷を洗ってくれるんだけど、
痛くて!痛くて!!!
震えて来ちゃうほど(;>_<;)

 で、エイ毒は、50度くらいで解毒するから、暖めた方がいいんですって。
でも、万一、クラゲや魚の毒だと冷やした方がいいから~
「急に痛みが増したら、すぐに言ってください」
って言われてて・・・
様子を見て、もう少し熱めのお湯に足を入れたら('o'=)
 スーッと、痛みが弱くなってきた。

「ああ、やはりエイですね。じゃ、私はこれで帰ります」
って、救急隊員さん。
本当にありがとうございます。

 消毒して、包帯巻いて頂いて、でも痛くて、足の捻挫でもしたみたいな、歩き方しかできない。

 この間、病院について30分ほど。
お薬を貰っている間に、また痛みがドックンドックン来て、薬局で、抗ヒスタミン剤と抗生物質と痛み止めを飲む。

 タクシーでこんな姿で帰宅して、
Img_2354
教わった通り、包帯の足をビニール袋に入れて、患部に熱湯で絞ったタオルを乗せる。
 熱い!って言うタオルを乗せると、ふわっと痛みが引く。
 これを、2時間ほど繰り返したら、やっと痛みが治まってきた。

 やれやれ、これが孫とかじゃなくて、本当によかった。子供の頃にこんな思いしたら、きっと海が嫌いになっちゃうよ。

 さっと夕飯食べて、疲れて早めに寝て~

 8月31日
あら、思ったほど痛くない。
よかったぁ~(;-_-) =3

 簡単な朝食の後、洗濯とお掃除して、あちこち戸締りやら確認して・・・
今年も、愉しい夏をありがとう(´ー`)ノ

 早めのバスで、病院へ。
ガーゼと包帯を替えてもらって、化膿していないかを確認。
エイ毒って、化膿すると、完治に1年もかかる人もいるんですって。

 とにかく、迅速に暖めて、抗ヒスタミンと抗生物質がいいそうです。
私が
「自分で行くから、病院を教えて」
って言っているのに、状況を言いて
「救急車で向かいます」
って言ってくれた、電話対応の救急センターの方に、感謝です!

 電車で浜金谷港へ。
途中、こんなに高い波で、船は出るの?って娘が心配する。

 冬場は強風での欠航もあるけど、南風だと、かなり高くても、フェリーは運行するんだよね。波が高いから、飛沫に日が当たって、虹が見えてる。
Img_2369
 東京湾の中も、かなり白波だっていて、こちらの船も揺れるし、 航行しているほかの船も、揺れる揺れる~。
Img_2378
 乗り換えで、横浜35度だって!
(#´ο`#) はぁ~

 昨日、くるぶしをハンマーで殴られるような痛みに、どうなってしまうのかと心配したけど、こんな程度で済んで、よかったよ~。
ネットで調べると、いつまでも膿んで大変な人もいるみたい。

 お薬を2日分しかもらっていないので、夕方、地元の外科に行って来た。先生は「へぇ~、エイ? 痛いの?へぇ~」
で、館山の処方箋に近い効能のお薬を、追加で出してもらいました。知らないよね、普通。
 傷口は、拡大鏡で見て、今のところ膿んでなさそうで、よかったですね。って~(^v^)v

 昨日 のたうち回ったのに、普通に歩ける不思議。
珍しい体験をしちゃいました。

2018年7月18日 (水)

お姉さまと海

 7月17日
新宿バスタで、お姉さま方と待ち合わせ~。7枚の高速バスチケットは、ババ抜き形式で席決め。

Img_0574
今年は、若いマイフレさん2名がご参加。
お若い方が参加してくれると、火曜会が活気づいていいね(^ー^* )

 館山で高速バスを降りて、ちょっと早いお昼。
駅前の中村屋ってパン屋さんは、ピザがお安いの。
ルッコラとおネギのピザは198円!
モーニングセットと、ルッコラピザを2枚頼んで、みんなでシェア。
Img_0575
珈琲・サラダ・ゆで卵・ピザで、一人348円って、すごくない?("⌒∇⌒")
名古屋には負ける?
 
 駅前の八百屋さんが、廃業してしまった(/_;)
今、地方都市は、こう言うのが増えていますね。
仕方なく、お野菜はうちから持って来て~
人数が多いから2台のタクシーへ。
お刺身は、タクシーを待たせて、館山産のを買って。

 とりあえず、アイスコーヒーで乾杯!
こういう時、冷蔵庫を付けっぱで帰れると、助かるんだ。
たとえ冷たい飲み物を買っても、家に入って冷蔵庫を付けたんじゃ、あっという間に生ぬるくなっちゃうから。

 着替えて、皆さんに海へ行って頂く。
私は、お夕食の下準備をして、お風呂を沸かして、ペトボに冷たいお茶など詰めて、海へ。

うーん "( ' ' ;)
皆さん炎天下の岩で円陣組んで、討論会?
Img_0578「おやつだよ~」
お山の下山後もそうだけど、汗をかいた後って、おせんべの塩気が美味しい~(^ー^* )
この暑さだから、ちゃんと水分を採ってね。

Img_0580ちい姉さまは、お気に入りの木陰で読書。
ダイビングをなさるマイフレさんは~
フィン付けて、今日はどこまで行ったやら。
Img_0583
 さっそく私も~(* ̄∇ ̄*)
今日は新月から4日
干満の差は少ない。
防波堤の手前で足が付かなくなって、そのままちょっと泳ぐと、沖ノ島が見えてくる。
浮きながら、マイフレさんのシュノーケルを探すと・・・
居た居た!ずいぶん遠くまで泳いでいるなぁ。
こんな風に、アクティブに海を楽しんでくれると、お誘いした甲斐があります('ー'*)

 夕方は、お相撲で盛り上がって、じゃ、お相撲が終わったらお夕飯にしましょ。
Img_0586
 今日のお夕飯のメインは、館山産のお刺身。
焼きナスに、塩もみきゅうりと雑魚和え、五目炊き込みご飯、枝豆、かまぼこ、お味噌汁。
Img_0589
五目御飯は余って、お塩を付けておにぎりに。

防波堤に出ると・・・
あれ、今日の夕日はこんなもんか。でも風は気持ちいいですね~
Img_0591結構赤くなってきて
Img_0598三日月も見えました
Img_0600

 7月18日
お姉さま方の話し声で起きて見たら、
「まだ寝てていいわよ」
時計を見たら6時 もう一度寝れるかな?
って思って布団に戻ったら、スーッ!

 7時半まで、たっぷり8時間の睡眠、取っちゃいました。
お陰で、クルーズからの疲れが取れました(*^_^*)v

 昨夜のうちに作っておいた、お野菜たっぷりスープと、ゆで卵に、サラダにヨーグルト、トーストの朝食。

 うちを出るのは1時過ぎ それまで、お好きに過ごしてください。
 私は、お姉さま方を追い出して、掃除機と雑巾がけ。
お姉さま方は、遠くまでお散歩に出てました。
Img_0610
マイフレさんたちはシュノーケリング。

 簡単に、おそうめんを頂いて
Img_0613
戸締りをしてバスへ。
Img_0616
館山13時50分発で、浜金谷へ。
ここは、鋸山へ登る時にも何度も来ましたねぇ。

 JRの駅から、港までは5分。
大きなお土産屋さんで、いったん解散。
お好きなお土産、買ってくださいね。

 大姉さまにビワソフトをおごって頂いて
Img_0619
フェリーは・・・また白浜丸だ~(;´o`)
ここは、久里浜丸・金谷丸・白浜丸の3船が動いている。
その中で、白浜丸だけが、ダントツ小さいの。

 あとの2席は、お気に入りの場所があるのよ。
会話が楽しくて、おかしくて、笑いっぱなし。
早く大姉さまに、火曜会復帰、して頂きたいなぁ~。


 たった二日だけど、のんびり楽しめました。
(^ー^* )

2018年7月12日 (木)

ダイヤモンドプリンセスクルーズ

 長いから、時間のある時にでも~  

 去年、クラOOのダンスアテンダント割引で、ダイヤモンドプリンセスの、バルコニー付きのクルーズへ行った。 バルコニー付きの船室はとっても快適で、夫はいたく、気に入った様子。  で、今年もクルーズへ。
  ダイヤモンドプリンセスは、二度目以降の割引って言うのがあって、一人2万お安い。 そして、半年以上先に申し込むと、一万お安い。 これって、夫婦で6万もお得(*^_^*)v
 うちから近い、横浜港出港なのもありがたい。 もう一つ、うちからお荷物を集荷に出すと、船室に届いているの。 これは、ダンスと山道具でトランクが重いから、とってもありがたい  
 
 7月3日 パスポートを預けて、大桟橋12時乗船。  
クルーズって、乗ったら、ほぼ何でも食べ放題なの。 だから、ブッフェのランチ頂きながら、乗船して来る人や、横浜を眺めて
Img_0155
 まず最初にすることは、タイタニック以来義務付けられたって言う、避難訓練。 各デッキごとに、乗るボートが決まっているの。 そのボートへの一番の近道を歩いて、点呼を取る。  
 お部屋に落ち着いて、送ったお荷物を整理。 お部屋には、クローゼットと箪笥があるから、ドレスや服をそれぞれにしまって・・・それから、まずは船内新聞をチェック。 何時に、どんな講習やパーティーがあるか、見ておかないと。
 今回は、日本人より、カナダやアメリカ、オーストラリアからの人が多い。 そして、船員さんほぼ全員海外の方だから、外国へ行ったみたい。      
 横浜港17時出港。 急いでデッキへ。ベイブリッジへマストから2mですって!
Img_0165ギリギリだから、通過すると拍手が!
Img_0171
 今回の部屋は左舷だから、ずっと、館山や銚子を眺めながら・・・ 日が暮れる。  
 デイナーはコースだから、撮っていたら枚数が増えちゃうから、メインディッシュ一枚だけね。前菜とスープとメインとデザートを、それぞれ4~5種類から選ぶ形式です。
Dscn7365
 食後に、シアターでニーナ・マッケンジーのカジュアルオペラ。 素晴らしい声! ダンスパーティーの後、ディスコに誘われて~御前様    
 
 7月4日 今日は、終日航海。
朝食は、バルコニーへ運んでもらって、のんびり リアス式海岸を眺められるかと思ったら濃霧。  
Img_0176
少しは夫も動かなきゃ、と、午前中はジャグジーとプールへ誘う。
Img_0180
 ランチの後、私はダンスの講習会へ男役で出る。
Img_0185
 チャンピオンのカティア&ゼニアが乗っていて、航海中にデモも何度か見られたよ。 ちょっとだけ踊れる女性3人に、交互にお相手して、喜んで頂いて、(^、^*) エヘヘ 愉しい~。  
 午後、タヒチアンダンスやフラの講習会があって、これは面白かったよ。  
 今日はディナーはフォーマル 
カクテルドレスか、イブニングドレス。
そんなの持っていないけど~、ダンスドレスは、ま、そんな感じ。
Img_0191
 ダイニングの前には、写真屋さんがいる。 3世代、結婚式みたいなご家族とか、いろんなグループが記念写真を撮られている前を素通り~。 だって、一枚10ドルの写真なんて、買わないもの~。  私は、あとでダンスだからお酒は飲まない。
 ディナーのあと、Beer 2 cans Please で、お部屋に寝酒をキープ("⌒∇⌒") これ、あとで見たら6,5$! で、これ以降は、各港でビールを調達。
 食後はマジックショー。  今夜もダンスパーティー。
昨日知り合ったお姉さま方が「ねぇ、パブで踊らない」って・・・ 飲み物おごるから~と、連行されてしまいました。 飲み物は、お部屋にキープしてあるんだけどね~。
  カナダ人の女性と気が合って、二人で踊りまくり~("⌒∇⌒")    
 
 7月5日 釧路港7時接岸
今回は釧路湿原をカヌーで下るアクティビティーを予約。 でも、釧路は10度で、風雨がすごい。 ほかの乗客が、下船を躊躇するので、なんと一番で下船。 私たち、上下を山用雨具にザックだから、最強の服装。
  レンタカーに乗ってから、カヌー会社に連絡。 「中止とは言いませんが、キャンセルしても、キャンセル料は頂きません」 だって。
10度で風雨でカヌーじゃ、修行になっちゃうから、即キャンセル。  
 この天気だから、ドライブにしよう。 厚岸のアヤメ園へ行って、ちょっと歩いたら、手がかじかむ!
Dscn7221
 霧多布まで行ったら、エゾカンゾウの群生が、素晴らしかったよ。 
Dscn7235
 厚岸で、牡蠣の食べ比べや
Dscn7245
焼き牡蠣とカキフライと生ガキの、牡蠣御膳を食べて 
Dscn7247
 温泉に入って船に。 17時出港。
 
 船内の、オペラやマジックショーは撮影禁止だけど、船の料理長のクッキングショーは撮影OK 
Dscn7331
 料理長はイタリア人で、イタリア語にしか聞こえない英語でお話してました 女性は通訳 夜もダンスパーティー(^ー^* )      
 
 7月6日 終日航海 早朝 歯舞付近を通過
9時ごろ国後と択捉の間を通って、これは国後島 かなり霞んでます。
Img_0207
 ここで一度時差が1時間。
ジャグジーに入って、大スクリーンで映画を見る。  
 船の中で、ロシア入国の手続きがあって、部屋に配られてきた書類にサインをして、パスポートを見せて、チェックを受ける
 夜中に、もう一度時差があって、都合、2時間早める。  
 7月7日 最初、3ヶ月前 ユジノサハリンスクへの列車ツアーって言うのがあって、申し込んだ。 でも、一月前に電話がかかって来て、「列車は出ません。他のツアーに変更お願いします」ですって。 さすが共産圏。いきなり列車が走らなくなったりするのかな。  仕方なく、聖ニコライ教会や栄光広場、サハリン郷土資料館へのドライブツアーに申し込んだ。
 
 クルーズ乗船時に預けていたパスポートが、朝いったん返却されました。 ツアー順で、若いロシアの入国審査官のチェック。    揺れるテンダーボート(救助艇)でコルサコフへ上陸。 日本人は、オプショナルツアーに、参加するしかないの。 自由に街を歩くことはできない。でも、非常時でもないのにテンダーボートに乗ることができるのは、この時だけ! 帰りはテンダーボートの屋上だったから、写真が撮れたよ。
Img_0358
 10分ほどだけど、揺れて面白かった。  
 うっわ、さむ!【><。】
まぁ要らないだろうな、でも念のため~ と入れておいた、ダウンジャケットを着ました。 サハリン、寒いです! 釧路と同じくらい。
乗せられたバスは韓国製。  
 お花はウマノアシガタにエゾボウフウに、コウリンカにミヤマムラサキに似た花。
Img_0237
 走ってる車は トヨタ 日産。みんなすっごく汚れてる。 セブンイレブンがあったよ。
Img_0238
 だだっ広いレーニン広場に、変更になったキリスト降誕大聖堂
なんか、真新しい建築で、海外に誇りたいらしい。ロシア正教の教会って、アラビアっぽいね。
Img_0251
 大聖堂の前に戦車と高射砲が置いてあるって言うのが、違和感!
Img_0256
 日本語学科で勉強しているボランティアの学生さんが、たどたどしく日本語の説明を読み上げる  売っているお土産は、チョコやクッキーや飴やジャム。あとはマトリューシュカ模様のマグネットとか。 買わなかったよ。
 このマトリューシュカ、日本がもと、って知ってた?
箱根の、ロシア正教会の避暑館にやってきたロシア人修道士が、箱根の七福神の入れ子人形を持ち帰ったんですって。
 
 スーパーへ寄って、ロシア語のコピーを持って行ったから、ロシア・ビール・どこですか の単語を指さして ロシアンビールを買う。 80円ぐらい v('ー'*)  船で買うと、650円くらいだもの、やったね!  
 
 別の、お食事つきツアーで出かけた人は、お食事がジャムピロシキと肉のピロシキにお水で、同じような観光で300$(3万くらい)だって。 びっくりなお値段ですね~。しかもお土産は買うところがなかったって。もっと、上手におじゃねを落としてもらえるのに、下手だね、ロシアの観光産業。
私たちのツアーは、食事なしで12, 5$(1万3千円くらい)それでも高い!
 
 検閲があって、出港。 
買ってきたお土産はウォッカとか入れて、しめて700ルーブル 千円ほど
Img_0370 たまには、おやつでも食べようかとビュッフェに行くと、サラダやチーズやクレープに、こんなケーキがいっぱい
Img_0380
 ( °o° ) エー、もう宗谷岬が見えてる!
まだ出港して3時間たってないのに。 ここで、一瞬電波が入るけど、10分くらいでまた圏外。  
 
 外国船籍のクルーズは、ほんのちょこっとだけ海外へ寄る。 面倒だけど、なんで?って思ったら、カボタージュ規制って言う、交通に関する規則があるみたい。日本船籍以外は、海外に寄港しなきゃいけない。
 7月8日 小樽港8時接岸
ここで、入国審査があるんだけど、始まります って放送があっても、列がちっとも進まない。 なんと、早めに並んだ人は1時間も待たされて・・・ 放送の要領や、人のさばき方が上手くないね。  
 今日は、小樽に住んでる夫の従弟が、どこかへ連れて行ってくれる手はず。 この従弟は海上保安庁に勤めていたので、今回の航路の話とか。    積丹半島と神威岬へドライブ。
Img_0413
有名な富士寿司で、ウニいくら丼や
Img_0421
海鮮ラーメンをごちそうになって、
Img_0419
 次は、まっさんで有名になった、余市のニッカの見学に行くかって。 「できれば天狗山がいいです」って言って、天狗山から小樽湾とダイヤモンドプリンセスを眺める。矢印が船。
Img_0430山頂のハートに入れてみる
Img_0423
 港に近い温泉に入って帰船。  
 
 7月9日 函館8時着岸
トラピストクッキーって、知ってる? 白い恋人たちより昔、函館のお土産って言えば、このトラピストクッキーだった。 この修道院の奥に、丸山って言う一等三角点峰のお山があって、天測点と子午線もあるんだって! (ノ°ο°)ノ オオオオ それ、行きたい!  
 で、事前に夫に、トラピスト修道院へ行ってみませんか? その奥に、眺めのいいお山もあるみたいですよ。 1時間で登れます。と、お誘いしてた。  
 函館は、フリーの時間が長いから、レンタカーを借りてるの。 でも、豪雨(/_;) で、江差の追分会館へ。幕末の開陽丸を見て、祭り山車も見て
Dscn7274
 海鮮ラーメンを食べて、少し小降りになったので、吉永小百合が、JRの宣伝で歩いた、レンガ作りの雰囲気のあるトラピスト修道院へ。
Dscn7281
 その奥からの歩き出しなんだけど・・・。 私有地だけど、歩かせてくれるようです。15分ほど登ると、自然の崖下の洞穴を使った、昔のルルド跡がある。白い聖母様がいるのよ。
Dscn7283
  赤テのついた、草が刈られていない、藪道が山頂への道。しかも雨。 夫に「どうしますか?」って聞いたら「俺、その辺見物して待ってるわ。何時ごろ戻ってくる?」って。
 で、1時間半後に迎えに来てくれるよう頼んで、歩き出す。 急斜面をトラバースして、杉林と雑木林の境に続く道を登る。 両側から、ウバユリに蔦に草がかぶる道。人はあんまり入っていないね~。
Dscn7284
 オーバーズボンを穿いてても、草のしずくで靴下から靴の中までびしょ濡れ~(;>_<;) スパッツは持ってこなかったよ。  ヒグマが怖いから、時々声をかけながら登る。
 南が開けて、対岸の下北半島や津軽半島が見える所も真っ白。    
 ブナ林の急斜面を、稜線目掛けて直登したら、尾根に乗る。 山頂までも急登で、でも距離は短い。
  一等三角点、点名『当別丸山』
Dscn7287
すぐ近くに、天測点があります(⌒^⌒)b うふっ
Dscn7290
 夫は、トラピスト製品の売店で、お姉さんに、 『昨日の朝、ヒグマが出ました』って聞いて、ちょっとびびってたって。
なので、下山後に ご挨拶によって、トラピストクッキーの乗ったソフトを頂く
Dscn7295
   湯の川温泉へ移動して、啄木亭の11階の展望露天風呂でのんびり。 函館山は雲の中。
Dscn7298
 車を返して、函館駅前の回転ずしに入る。
蟹のふんどし(蟹のお腹の肉)やボタン海老が美味しかったよ。
Dscn7306
 電車で一駅だけ乗って船に戻ろうと思ったら、これまで雨で見えなかった函館山が見えてる! バスで、函館山へ。 出港は10時半だから、港が近いと、こういう時に便利だね。 バスガイドさんがいて、英語と日本語でガイド。これで400円ってお安い! 雨の直後だから、霧に夜景が反射して、夕焼けのような不思議な夜景。
Dscn7316ダイヤモンドプリンセスが分かる
Dscn7312
バスは、昼は1時間に2本くらいで、8時から10分に1本。 夜景用ダイヤなんだね~。  百万ドルの夜景、くびれが見える夜景は、オレンジの幻想的写真になりました。
Dscn7323
JRの新函館行きライナーへ一駅だけ乗って
Dscn7325
 タクシーで港へ。
10時過ぎ、もうすぐ出港の頃、救急車が来る。
急病人?(・_・;)  出港が1時間半遅れる。  
 
 7月10日 終日航海   
午後は、色々な講習を受けた人の発表会。 5階・6階・7階で見ている人の前で、フラ・よさこい・タヒチアンダンス・盆踊りを踊る。
私は、ダンス系の講習会は、全部出たみたい("⌒∇⌒")
Dscn7359
 この後、知らない たくさんの人から 「ずっと踊っていたでしょ。お上手ね~」とか、お声をかけられる("⌒∇⌒")  
 
 船内放送があって、救急医療を必要としている人がいるから、今から釜石へ寄港するって!(・_・;) 船は遅れるけど、ご了承くださいって。
 
 多分、海上保安庁がいる、一番近い港が釜石だったんでしょうけど、南下していたのを反転して北上。 海上保安庁の船が近づいて
Dscn7351
 ダイヤモンドプリンセスから下ろされたテンダーボートを先導。 船内放送で、プライバシーのため、左舷からの写真撮影は禁止ですって。海上保安庁の船だけ写す。2時間弱停泊して、反転して動き出す。  
 
 夜は、バルーンパーテイーで、センターフロアで踊りまくり。船で知り合った、いろんな人が、上から手を振ってくれる。
Dscn7368最後に降ってくる風船を、みんなで割るの
 Dscn7369
 深夜は、船の18階のディスコで踊って、午前1時ごろ部屋に戻ると!
 明日の7時半ごろに下船の予定が、12時過ぎに変更(^o^; ほえ~
でも、お部屋は10時までに出てくれって。次のお客さんが乗ってくるからね。
 7月11日 横浜港12時着岸。
本来、今日は船内イベントはないはずだったけど、急遽、色々企画されたみたい。 ダンスや、リボンフラワー講習会とか、映画とか。
  ビュッフェコートも開いているので、下船直前にも、しっかり食べて~ 体重、増えちゃったかな。
 
 お姉さま方、火曜会を2回もつぶしてごめんなさい(。_。;)
 重たいトランクは、宅配の復路便で出したから、明日届く。 早くお洗濯したいものは、帰りのお荷物で持って帰ってきたよ。 それと、携帯やカメラの充電器もね。  
 
 ああ・・・ 楽しかったなぁ~
非日常の空間。
 ずっとダンスで、チヤホヤしてもらっちゃいました。  
 
 乗船してから毎晩、睡眠時間は4~5時間。
 目の下にクマが~(;´o`)
今夜は早く寝ます。
 

2017年10月19日 (木)

等々力渓谷

 10月3日に、お山の後で大姉さまに 会った時、これからリハビリが始まる っておっしゃってた。
来週、お泊りのお山へ行くにあたって、どんな状態か、リハビリはどうか、聞いておきたいじゃない。で、今日しか空いている日がないので、大姉さまとデートしてきたよ。

 朝、昨日がこんなお天気ならねぇ~、って言う青空。
じゃ、ちょっと歩きましょうか。
二子玉で待ち合わせて、等々力渓谷へ。

 等々力渓谷は、東京23区内で唯一の渓谷。
東京都の名勝にも指定されているんだよ。
母や叔母や、れーちゃんちーちゃんや、ママ友も連れてきた。
紅葉に合わせて11月中旬くらいに来ると、不動尊の菊祭りも見られる。

 東急大井町線 等々力駅から、商店街を2分。

Pa183765
橋のたもとに「等々力渓谷公園入口」の看板と階段が。
Pa183766
これを降りると、それまでの喧騒が嘘のように、静かな遊歩道なの。
よく整備された道が、谷沢川に沿って1Kmほど続くんだ。
3月は梅、4月には桜、5月は紅葉の新緑
今はまだ緑がきれいで、たまに、はらはらと黄色い葉っぱが散ってくる。
Pa183767
 大姉さまのお医者さんは、なんでもすごく否定的なんだって。
「お気持は若いかも知れないけど、体は70代なんですから、無理しないでください」
とばかり、言うんですって。
「この間は2時間歩いたけど何ともなかった」って言ったら、
「そんなに歩いちゃいけません。一日1時間で十分です」
って、こう言うのよ。
先生に会うと、鬱になりそうだから、病院を替えたの。
って。

 お医者さんの一言って、大事よね~!
気持ちは若くても、体は年寄りだから無理するな。なんて言われたら、ほんとに年寄になっちゃうよ(/_;)
患者が、山が好き、早く山を歩きたいって言ってるのに
「いいじゃないですか、もう山なんて登らなくても」
って言う、無神経なお医者様には、ちょっと腹が立ちます。

そうしたら、すぐ近くの別の病院の先生は、
「もうヒビは治っているから、例えば高尾山などに登って、もし痛くなったらケーブルで降りればいいじゃないですか」
「もう歩いて、大丈夫でしょう」
って、言ってくれたんですって。

 で、昨日は、晴れていれば、高尾へ行くつもりだったんだって!
お昼まで、雨でしたからねぇ(^。^;)

 渓谷の奥のお茶屋さんで、お抹茶を頂こうと思って行ったのに、今日はお休みでした。
Pa183768等々力不動尊への高い階段をサクッと登って、この辺が紅葉すると一番きれいな場所
Pa183769_2モミジバフウかと思ったら、スズカケノ木かな もう実になってる
Pa183774
 多摩川へ出て、川べりを2キロ歩いて二子玉へ戻る。
Pa183776
 川べりは、空が広いから「ああ、気持ちがいいわ~」って繰り返していたよ。
 サワグルミを拾っているおじさんがいて、
Pa183778
自転車の籠いっぱい拾ってました。
Pa183777
二子玉いたら、ものすごく大きなワンちゃん、レオン何とかって犬種を連れた方がお散歩してました。
Pa183783
川の水が多くて、流れが速い。
Pa183786
ずっと雨続きだったからねぇ。白い屋根が二子玉駅
Pa183789
高島屋の裏の、青柚子 ってお店で、鮭鍋のランチをごちそうになっちゃった。
Pa183790
「娘さんにでも何か買ってあげるわよ」って言うから
「だめですよ。大台ケ原の時に、みんなで飲むんだから、貯めておかなきゃ!」って~("⌒∇⌒") キャハハ

 高島屋の8階で、あれが大山で、あれが南大菩薩 って、山座同定して、帰ってきました。

 今日はこれから、娘と1年ぶりに映画に行くの。
オダギリジョーの映画「エルネスト」
娘が、オダギリジョーのファンなんだ。
私もこれは見たかったから。


 久し振りに、大姉さまと話せて嬉しかったよ。
全面復帰が、待ち遠しいなぁ~(^ー^* )

 

2017年10月 8日 (日)

姑と紀伊白浜

 姑は、4年前の夏に、台所で転んで大腿骨を骨折した。
その時、90歳。
車椅子になってしまったけど、内臓はすごく元気なんですって(*^▽^*)
毎年春と秋に、車椅子でも行ける温泉に連れて行くのを、楽しみにしてくれている。

 今年は、南紀白浜にした。

行きの新幹線から    富士山に不思議な雲
Pa073504
南紀白浜は「新婚旅行で行ったとこや。ほな、お父ちゃんの写真、持って行こ」って、車の中で、嬉しそうに昔の話をしてくれた。
姑は耳が遠い。でも補聴器は、「耳がワヤワヤすんねん」って、つけるのを嫌うの。
だから、話が一方通行になっちゃうんだ。
けど、子供のころの話や、新婚時代の話とかは、聞くと、すごく鮮明に思い出話をしてくれるんだよ。

 造り酒屋の跡取り娘で、婿養子を迎えた義母。
おっとりして、自分では物事を決められない義母。
この義母に、嫌な思いをさせられたことは、一度もない。
舅には、カチンとくることや、悲しくなるような言葉を、何度か言われているけど。
言い返せないと、余計に後を引いて、いつまでも覚えているものだよね。
でも、女同士で、そう言うのが一度もないって、すごくない?
 
 今年95歳になった姑は、昔、大女って囃し立てられて、恥ずかしくて、いつも膝をかがめていたって言うの。
女学校じゃ、バレーボールの選手だったんだって。
だから、身長が今でも160センチ近い。
車椅子には座っていても、背筋がしゃんとしていて、いつも年を言うと驚かれるよ。
今回も、旅館の仲居さんが、すっごく驚いてた。

 白浜をドライブして、早めにお宿、海舟へ。
姑と泊まる時は、いつも和洋室を頼む。車椅子から移るには、ベッドでないとね。でも、今回、ベランダの手すりまで3歩、支えたら自力で歩けたよ!(ノ°ο°)ノ
Pa073508
お部屋には、檜の露天風呂がついている。
早速お湯を張って、お部屋にある椅子とかいろいろ使って、なるべく姑が、私につかまらなくても移動できるように設定。
Pa073510
 でもね、この檜風呂の段差、足が固い人にはハードル高いよ。階段がないんだもん。端に座らせて、背中と足を抱えるように回転させたら、意外に楽に入れた。足の関節の柔軟性が、結構柔らかくなってきたよ。これなら、大風呂にも連れて行けるかも。

 お夕飯は、ほんの少しずつ色々出て
Pa073517アワビも柔らかかったけど、ツメバイガイって言う貝が旨味が濃くて美味しゅうございました。
Pa073518フグの天ぷらに畳鰯とカボチャの網目の揚げたもの
Pa073520鱧の茶わん蒸し
Pa073521ローストポーク
Pa073522手捏ね寿司
Pa073523
義母は驚くほど食べてくれた。

 10月8日
義母を連れて、大風呂へチャレンジ。
こういう旅館って、バリアフリーとうたっても、大風呂はだいたいバリアーがある。
でも、脱衣所まではスロープがあったので、裸で抱えて大風呂に行った。
「こんねん大きなお風呂は、いつ振りやろなぁ~ 気持ちええなぁ~」って感動してたよ。
脱衣所の境の手すりにつかまってもらって体を拭いて、すぐバスタオルを敷いた車椅子でお迎え。
前を自力で拭いてもらっている間に、私はパッと着替え。

 パンツとズボンを穿かせれば、あとは自分で着られる。
ほぼ寝たきりで、ベッドで反転させながらの母の着替えに比べたら、全然楽~。

 朝食に出た干物類はとっても美味しくて、義母もしっかり食べて「もうあかん。お腹いっぱいや」って~(^ー^* )
Pa083527
すぐ近くの千畳畳と三段璧を見て、三段璧は手すりがあったので、つかまって立ってもらって写真を撮った。95才の大腿骨骨折のおばあちゃんには見えないでしょ(^ー^* )
Pa083539
うねうね道で平草原の展望台へ。
白浜が上から一望できる。
Pa083541
関西空港へ離着陸の飛行機がいっぱい。

 平草原公園を散策して、私だけ10mほど駆け上がる。
藪の中に一等三角点と
Pa083545
天測点( ̄▽ ̄)V 
Pa083542 Pa083543

 お買い物が好きな義母のために、あちこちのお土産屋さんに寄って、大和八木でランチ。高速を降りる辺りから、大和三山が見える。左から、耳成山・天の香久山・畝傍山 その後ろは高見山辺りで、この尾根を南へずっと行くと、大台ケ原だよ。
 大和八木で、私だけ下ろしてもらう。
ここは婿養子だった舅の、実家があるところ。

 月末に、火曜会でこちらへ来るんだけど、京都での乗り換えが10分くらいしかないの。
だから、近鉄の指定席券を8枚あらかじめ買って、(東京で旅行代理店とかで買うと、手数料が取られちゃうからね)
確認のために乗り換え経路を、歩いておきたい と思って。
Pa083554
大勢連れていて、電車に間に合いませんでした、って訳にはいかないでしょ。
よかった! ε= (*^o^*)
近鉄線と新幹線の乗り場は近かったよ。
(*^_^*)v

近鉄線はガラガラで、もうすぐお誕生日の嫁ちゃんに編んでいた、スヌードとリストウォーマーを編み終えた(*^_^*)v
Pa083556
 夫は、母を送ってから、今夜は焼津の温泉で泊まるんですって~。一人の方が、好きに色々食べて飲めるから、いいんでしょうね。
娘に、柿の葉寿司を買って帰宅。

 90歳過ぎて大腿骨骨折でも、寝たきりにならず、数歩歩けるまでに回復した義母。
若いころから、ホワンと、ぼけたようにおっとりしていたけど、今でも全く変わっていない。
時事問題っでも小説でも、よーく理解してる。
すごいなぁ。

 来年は、桜の下を、一緒に歩きましょうね~(^ー^* )

 お天気でよかったわぁ!

2017年9月14日 (木)

娘と館山の大掃除

 毎年夏にだけ行く、45年前に、父が釣りのために買った、館山の別荘。
管理人を置くほどリッチじゃないから、使う前と後は、娘と大掃除に行く。

 夏は、孫のお泊りとか、アルプスとか色々忙しくて、やっと行けた。

 朝、横浜10時発の高速バスで、館山にお昼に着く。駅近で、のんびりランチ。

 別荘に着いたら、8月上旬に孫たちと過ごしたままの家。孫がいると、最後の掃除は、どうしてもおざなり。
 掃除機かけて、拭き掃除して・・・

 なぁに~、今日(;´o`)
めちゃくちゃ暑いじゃないの。
娘と、海に出た。

 今は~もう秋、誰も~いない海 ~♪~
お散歩して、すぐ近所の旅館の人魚の湯って言う温泉に入りました。たまには、うちの前の海を、お風呂から眺めるのもいいもんだわ。

P9132985
それから、近所のお店で、お夕飯。
窓が赤くなって急いで海へ出たら、富士山がくっきりで(ノ°ο°)ノ
P9133000
 どんどん
P9133009
どんどん!赤くなってくる。
P9133013
海が真っ赤に染まって、素晴らしい時間だった。何度も来ていても、ここまできれいに染まることはめったにない。いい時間を過ごせました。


 9月14日
早朝の防波堤へお散歩。
誰もいなくて気持ちがいいね。

 これでまた、来年の夏まで来ないかも知れない。家中くまなく掃除して、おこたつ出して、カギ閉めて・・・

 金谷港で、海産物をあれこれお買い物。
これは、紫菜と四角豆
P9143044
フェリーで帰ってきました。
カモメと鋸山
P9143028
久里浜港近くで、船長さんが船内放送で「前方に帆船日本丸が見えます。これから訓練航海に出るようです」ですって。
訓練生が、みんな手を振ってくれたよ。
P9143042
買ってきた、烏賊の一夜干しを焼いて、紫菜とつぶ貝の炊き込みご飯 四角豆のサラダ 館山のシソ乗せ冷ややっこ アオサ汁
でお夕飯
P9143045
イカゲソンおごま油炒めが、一番おいしかったよ。

2017年9月 6日 (水)

三茶でデート

 大姉さまのご様子を伺いに、三茶でデート。  

でも、その前に・・・ 北海道のラフティングのせいか、背中が張った感じが取れない。ので、近所のスポーツジムでちょっと泳いで、45分のアクアビクス。これは、水の中で、音楽に合わせてエアロビみたいなのをするの。やっぱり、音に合わせて体を動かす方が好き~(*^_^*)  
 待ち合わせ場所に、登山ストックで立っていた大姉さまは、ストックを抱えて速足! ("⌒∇⌒") キャハハ
「杖、使わなきゃダメでしょ!」
よかった、お元気そうで。 でも、10月いっぱいくらいまで、平地以外は歩かないように言われてるんだって(/_;)
  「先生、テーピングをしたりして、低い山でも登っちゃ駄目ですか?」
ってお医者さんに聞いたら
「そんなに山に登りたいですか?」 って言うのよって。
「はい、登りたいです。平地だけ歩いていたら筋肉が落ちちゃいます」
って言ったんだって。
「筋肉は、ちゃんと治ったら、ゆっくりリハビリしましょう」って。
「ゆっくりリハビリなんて、していられないわよね!」 と、とってもお元気で、ほっとしました。  
 子供が小さい頃にできた、世田谷で一番宇宙に近い場所、って言う謳い文句のキャロットタワーの26階へ。  
 世田谷でニンジン色の のっぽビル。 26階には、FMの放送局と、レストランがある。  そのレストランには以前、『世田谷マダムランチ』って サラダ・スープ・フルーツバイキング付きで、1000円のセットがあったんだけど、無くなってた~(^。^;)  
 で、ほかの、サラダ・フルーツ・スープ・ドリンクバイキング付きのセットにして、雨にけぶる世田谷の街を見下ろしながら、積もる話を~  
P9062792
 来月には、私たちが高尾へ下山して、大姉さまが電車で来て、一緒にランチしましょう、って決めた。  
 いっぱいお話しして、ランチとソフトをごちそうになって、世田谷土産まで持たされて帰ってきました。  
 また、早く一緒にお山へ登りたいなぁ~。 
 26階ラウンジにある、FM83,4の放送スタジオ ここは、無料で座っていられるんだよ。冬なんか、眺めが最高!
P9062799

その他のカテゴリー