登山

2019年2月19日 (火)

渋沢丘陵

 私は、火曜会でお山へ行く時、地形図を人数分、拡大コピーして、マーカーでルートを入れて、お姉さま方にお渡しする。

 電車やバスの乗り継ぎとかも調べて・・・

 中止になっても、右から左へ捨てるのは、切ない【><。】

 寄ロウバイ園へ行った時のバスで、神山滝のバス停があった!
ので、そのバス集合にして、再挑戦。

 
バス停前には競馬馬の厩舎
Img_7318

 矢倉沢往還は、江戸・赤坂御門から三軒茶屋、厚木、松田、御殿場を経て東海道・沼津宿に至る街道。
で、東海道の脇往還だった道なんだって。
途中に 矢倉沢関所があったんで、矢倉沢往還って呼ばれてるの。
その、矢倉沢往還の古道から、頭高山の下の神山滝へ行けるの。

 数年前に、この登山口のすぐ手前の、ラブホ神山滝の入り口脇からのバリエーションを、火曜会で歩いた。
そのラブホの、門の手前の木戸が、去年から閂がかけられて開かないんですって。
Img_7320
確かに、ラブホに入ろうとした時、登山者がウロウロしてたら、後ろめたい人は入りにくいかな。

 矢倉沢往還からのルートは、あまり人が歩いた形跡がない。でも、案内が新しくなっていました。
Img_7321
台風の倒木?急斜面だから、結構気を使う。
Img_7324
登った尾根から、神山滝への下り分岐は、『冬期通行止め』と書かれてトラロープでがんじがらめに通行止めになっていました。
今日は凍結してないよ~。
これは・・・
凍結時にどなたか滑落して、なおかつ、亡くなったのかな。

 どんな所でも、事故は起こる。
でも、事故があって通行止めにしたら、日本中のお山が、通行止めになっちゃうよね。

 神山滝は、落差もある、なかなか見応えのいい滝です。
Img_7329
 ラブホからフラットに道をたどると、矢印へ出ます。
Img_7328
通行止めロープをくぐって
Img_7333
滝見物の後は、急斜面を這うように登って、ハイキング道へ。
あとは、よく整備されて道で頭高山(303,4m)
Img_7337
山頂は、広い東屋があって、数年前にここで、野点をしましたっけ。
金時山や箱根方面がうっすらと見えてます。
ここで、朝のおやつタイム。
Img_7338
今日は、お昼は遅めのおうどんだから。

 ちょっと東へ降りたところに、丹沢の眺めのいい場所がある。でも今日は雲が低い。
Img_7341
この辺りは、春には花桃や八重桜がとってもきれいで楽しめるよ。
あら('◇'*)
ソメイヨシノもまだなのに、桃のつぼみがふくらんでました。
Img_7346
 お天気ならキラキラの湘南の海が、見える渋沢丘陵、今日は白い空で暗いよ。

今日もきれいな梅林があって、いい香り。
Img_7344
雁音神社はきれいに掃き清められて
Img_7347
あら?狛犬ならぬ狛兎?
Img_7348
畑いっぱいホトケノザが咲いて赤い!
Img_7349
先週歩いた曽我丘陵がよく見えます。
Img_7358
東に歩いて、ちょっとだけ寄り道。
あら、廃車の荷台からアオキ
Img_7350
八国見山(ヤクニミヤマ)
Img_7351
319,4mだけど、渋沢丘陵最高峰。
駿河・伊豆・甲斐・相模・武蔵・安房・下総・上総が見えたって。
ここは、山頂の木が切られて、ベンチがあって、静かな広場って感じ。

 八国見山の南側は・・・
山を崩し~
谷を埋め~ 
里山は、大規模な霊園になっていました【T_T】
Img_7353
一時は、ずいぶん反対運動が激しかった。
登山道のあちこちは、がっちりバリケードが張り巡らされて、通行止め状態だったけど・・・
今は、新規販売区画だらけ。

 こんなに・・・
新規で死ぬのね(;´o`)

 霊園はだだっ広いだけで、まだ全然お墓はありません。
造成費用は、膨大だろうけど・・・
これで、霊園会社はどのくらい儲かるんだろう。
里山の希少生物を犠牲にして、こんなにお墓を作って・・・
すぐ、子孫がお参りしなくなって、墓仕舞いして、荒れて行くのかな【><;】

 ハイキング道に戻って、あら、もうオニシバリが咲いてます
Img_7355
河津桜がかわいいけど、空が白いので目立たない~
Img_7364
東へ東へ歩くと、震生湖。
Img_7365
弁天様にお参りして
Img_7367
関東大震災でできた、せき止め湖です。
中学の同級生に、関 留子 って子がいたな。 

 さて、今日のハイライトは・・・
ずいぶん久しぶりです。
白笹稲荷の裏の、白笹うどん。

 ここ、古民家を移築した、落ち着いたたたずまいで、美味しい手打ちうどんが頂けるの。
Img_7368
火曜会じゃ、8年ぶりくらい?
おうどんも好きだけど、おうどんの端っこを入れた、お汁粉も珍しい。
でも、両方は食べられな~い(^。^;)
お姉さまと、半分ずつにして、頂きました。
おうどんは田舎うどんスペシャル
Img_7370

 これがお汁粉 乗っているのがおうどん生地の端
Img_7371
美味しいランチの後、今泉湧水池を見て、ここはカワセミを撮るカメラおじさんで有名。
Img_7380
今日は鴨とカワウとアオサギがいました。
Img_7379
で、うら道通って、すぐ秦野駅へ。
新築住宅が増えてましたよ。

 当初は、弘法山ハイキングコースを通って鶴巻温泉まで歩こうと思ったんだけど~
朝のバスが遅いので、到着時間が遅くなっちゃう。

 で、電車で二駅移動。
仕上げは、鶴巻温泉の弘法の里湯。
ここは泉質もいいけど、新鮮なお野菜が買えるのよ~。

 お風呂の後、よく寄ったお蕎麦さん鶴寿庵さん
去年末で閉店していました(T-T) グスッ

 新鮮なフキノトウを買って、今夜は蕗味噌にしよう。
ご飯が進んじゃうな~(´ー`)

2019年2月16日 (土)

福地山

 山友の一人が、「展望のいい山があるから行きたい」
って言ってきた。

 どの辺?
(・_・;)エー 高山市の山?
アクセスにどのくらいかかるの?
滅多に行きたい山を言わない山友だから、協力したいけど・・・
それで、行動時間が長かったら、日帰りは無理よね。

 行きたいのは、福地山、標高差は800mくらい。
でも、土曜日でマイナーな山だと、トレースはないかも。
マップタイムが4時間ちょいってことは、積雪状態によっては、6時間とかかかっちゃうかも?

「それ、今の時期に行きたいの? 無雪期じゃなくて?(^。^;) 」
うーん "( ' ' ;)
「山頂まで行けなくても、タイムリミットになったら戻るんでいい?」
この時期、中央高速が渋滞しないことが救いかな。

 登山口までは、渋滞なしで3時間ちょい。
今年は、どこのお山も積雪が少ないみたいで、松本付近も全然雪はなかったよ。
でも、福地温泉に近ずくと、本降りの雪。
Img_7189
 あ~、雪中行軍かぁ(^。^;)
 
 登山口は、積雪20センチくらいかな。これなら、時間切れにならずに、山頂まで行けるね。 エアリアマップの時間は、4時間10分になってる。この雪だから・・・私たちだと4時間くらいかな。

 ジグザグの登山道は、雪だと分かりにくいけど、数日前に数人が歩いたようなくぼみがある。雪は、サラサラで軽い。

 登るにつれて積雪が増えて・・・

東屋で甘酒を飲んで、行動食。
Img_7193
東屋には氷柱 そして、降る雪の勢いも変わらず。
Img_7196
憮然平は、石像が寒そう
Img_7199
途中、尾根コースを選んだら、なかなかの急登。でも、新雪だから、アイゼン無しで大丈夫。何とか、第三展望台にたどり着いた。

 槍や笠ヶ岳が見えるところなんだけど・・・
【T_T】
Img_7210
真っ白で何にも見えない。
Img_7211
小枝に結晶が伸びて、とってもきれい
Img_7219
(ノ°ο°)ノ オオオオ
雪が小降りになってきた。

 その先に、トレースっぽいくぼみがなくて、あれれ? 10mほど下に道があって、急斜面を下りる。

 標高1600mくらいから樹氷!
Img_7230
そして!
\(^o^)/ わーい
薄日が差してきたよ。
Img_7232
 福地山(1671,7m)
Img_7247
遠くまで来た甲斐があって、
雪と青空と樹氷 
Img_7245
三種の神器が楽しめたよ!
笠ヶ岳や槍は見えなかったけど、これで充分(*^_^*)v
Img_7249
積雪は50センチくらいかな。
Img_7248
 紫陽花の花柄にの結晶が
Img_7239
道幅が広い所は、雪を蹴散らしてガシガシ降りる。気持ちい~い(=●^0^●=)
Img_7252
 憮然平の石像は、お坊様かと思ったら…背広姿?
どなたかな?
Img_7255
土曜日なのに、途中で2人にすれ違っただけの、静かな雪山でした。

 下山後、登山口のすぐ裏にある、青ダルを見に寄る。
Img_7273
 青ダルって、福地温泉上流の、福地壁の氷柱群の事だって。絶壁の岩から、滴り落ちた水が、青い水の帯のように見えるんで、青ダルって呼ばれるらしい。

 で、それを真似て、温泉地が沢の水を利用して、観光客のために氷柱を作っているらしい。
Img_7261
だから、芦ヶ久保の氷柱とかに似てる。こっちの方が気温が低い分、青みがきれいかも~。

 せっかく福地温泉に来たから、温泉に入っていかない? で、近くの、奥飛騨ガーデンホテル焼岳へお立ちより(*'‐'*)

 露天風呂が7つもあって、エメラルド色の源泉は、混浴。でも、湯あみ着があるの。普通 湯あみ着って、女性だけじゃない? でも、ここは、ちゃんと殿方用の湯あみ着もあるの。殿方だって、その方がリラックスできるよね~。
Img_7185
 ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉で、メタケイ酸が通常の温泉の5倍だって。メタケイ酸って、肌の代謝を促進して、セラミドを整えてくれるんだって。湯上りに、顔にパシャパシャしちゃったよ。他だと、万座が、メタケイ酸が多いらしいよ。

 雪山で、行動食だけだったから、お腹がすいちゃった。海老のかき揚げ蕎麦を頂いて、帰路に。
Img_7278
 帰路の富士山
Img_7295
 週末だけど、小仏渋滞もなくて、お夕飯に間に合うように、帰宅できたよ。

 飛騨の雪山、樹氷もきれいで楽しかったです(=●^0^●=)

2019年2月12日 (火)

いこいの村~曽我丘陵~国府津駅

 マイフレさんお二人から、だいぶ前に参加したいってご依頼。

お花が見たいって~。  
 今年はお花が早いから、もしかしたら松田山の河津桜が満開になるかも? でも、松田山だけじゃ、もの足りない。 かと言って、曽我丘陵までずっと歩くと長すぎるし~  
 松田山の開花状況が全然出てこなくて、どうしようかと迷ったけど~ 松田山の桜祭りは2月9日からだけど~
立て続けに雪だったから、まだあんまり咲いていないらしい。
 で、日曜日に金時山の帰りに松田山を見たら、まだ大半がつぼみの色。 うんと暖かい日もあったけど、最高気温が1度って言う日もあって、あんまり開花が進んでいないのね    
 新松田で集合して、おおいゆめの里まで、タクシーに乗っちゃいます。 そこも、河津桜と菜の花の方が、見られるから。  
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
日曜日に樹氷が美しかった金時山や、富士山と箱根が、目の前にドーンと広がって、気持ちのいい眺め~。
Img_7096
菜の花もいい感じ。  
Img_7104
  河津桜は、おそらく台風で横倒しになった1本が、満開。
Img_7091
これで人生終わりかも知れないと、急いで花を咲かせたの?
Img_7095
大涌谷の噴煙が見えるよ
Img_7098
ひとしきり、撮影大会の後、南に向かって歩き出す。    
 何年か前、火曜会で松田山から、ここ曽我丘陵の北の端っこまで、歩きましたね。 車道歩きが、結構長かった。 今回は、タクシーで楽しちゃったから、国府津まで歩きましょう!
トンネルを抜けると、そこは梅の国、ここ、いい香りがしました。
Img_7108
 浅間山(319m)はアンテナ山
Img_7109
 途中の不動山(327,2m)は、登山道だと直下をスルーしちゃうので、ちょっとだけ急登。
Img_7110
 あらら(;´o`) 台風の傷跡かな
Img_7111
六本松峠で、いったん曽我丘陵を下りて~
Img_7116
この車道の下りが、なかなか長くて飽きるんだ。  
 で、二宮尊徳の遺髪塚を過ぎて
Img_7119
、曽我梅林を通過して、剣沢川へ出る。 まずは、梅の枝ごしの富士山を撮りたかったの。
でも、ちょっと雲がかかっちゃった(/_;)  
Img_7133
 私は青軸枝垂れが好きなものだから、火曜会じゃ 今まで、3月に入ってからしか曽我梅林に来ていない。 しだれ梅って、遅いんだよね。
  紅枝垂れは先始め
Img_7125
 でも、もう満開の枝垂れ桜もありました。
Img_7123  
曽我梅林の梅まつりは、2月2日から3月3日まで。
梅って、河津桜とかと違って、見頃期間が長いんだよね。
\(●⌒∇⌒●)/ わーい
アオジクシダレが!
Img_7128
 ここの梅林は、もともと梅を取るための畑なので、白が多いです。
スキっとした、爽快な香りが漂ってます。  
 満開の梅の木の下で、ランチバイキング(*^_^*)v 
次々に観光客が来ます。
Img_7137
 16個200円のおみかんや、梅肉を買って~
重い!(;´o`)  
 普通は、これで終わりだよね。
 今日は、また曽我丘陵へ登り返します。
Img_7141
この、農道の登り返しが・・・ 分岐が多くて、なかなか厄介。  
 高山(246,1m)へは、畑の中を突っ切る感じ。
国府津はこっち って言う矢印を通り過ぎた、鉄塔の近くにありました。  Img_7148
 尾根の高い所の道を選んで、そのまま南下。
ずーっと南下。
 途中、車道あり、農道ありの分岐だらけで、ものすごく分かりにくい
(;´o`) 多分この下が、高速道路と新幹線のトンネル ってとこを通過して~
かなり悩みつつ~  
無人販売所の、100円で9個のおみかんを買って、おみかんタイム
 吾妻山と湘南平がよく見える 
Img_7151
吾妻山をアップしたら、山頂の菜の花と観光客も見えましたよ~
Img_7153
 
 途中の展望地からは、大島や利島が見えて
Img_7159
河津桜と梅が満開
Img_7164
 最後に寄りたい国府津山へは、1本道が違う( °o° )
みかん畑を無理無理降りて、三角点探し。  
 マイフレさんの一人が、GPSを見て 東のすぐ近くです。
って教えてくれて、見つかった!
ありがとう( ´ ▽` )ノ
 半ば土に埋まってました。
国府津山(88,1m)
Img_7168
人様の畑なので、山名板は付けられません。  
Img_7171
 みなさん、三角点探しのお手伝ありがとうございました。
みかん畑の急坂を下りて、線路をくぐって国府津駅へ。  
 車道が長かったから、23000歩
でもお山が低いから、標高差は600m 
で、
まだ1時半!(・_・;)  
 松田山へ寄らなかったから、ちょっと早い。
じゃ、ちょっと寄って行く?
  箱根駅伝で走る 国道1号線の脇のお店で、
おしゃれなサラダとインド青鬼 って言うビール
(=^O^=)o□ プハァ
とっても苦いビールでした。  
Img_7174
 今日は、ストレッチとかしなかったけど・・・
丘陵歩きで舗装路が多かったから、もしかしたら疲れてるかも。
 ご自宅で、ストレッチしておいてね~( ´ ▽` )ノ  
 大好きな、アオジクシダレ(梅)が見られて、嬉しかったです(* ̄∇ ̄*)  

2019年2月10日 (日)

猪鼻山(金時山)

 今日は、みんなの集合時間が遅くなるって。
厳冬期のこの時期だから・・・
近場で氷瀑がいいかな?
で、考えたのが、西丹沢の本棚の滝から畦ヶ丸。

 ところが、運転してくれる山友の集合できる時間が、7遅くなって~
その上・・・
雪予報?(・_・;)
畦ヶ丸は、積雪が多いと、ちょっといやらしい桟道とか梯子とかあるなぁ~

 じゃ、今年一度も実行できていない、干支のつく名前の山に変更にしようか。
方向もそうずれないし。

 で、金時山、別名猪鼻山にした。

 矢倉岳の南、足柄峠の先に林道が伸びている。
林道ゲート手前で車を降りると、地面が白い程度の雪。

Img_6992
でも、松の枝も樹氷できれい~♪~
Img_6991
 白く輝く枝の写真を撮りながら登る。
だって、晴れてるから、山頂に着くころには樹氷が落ちちゃうかもしれないもん。
落ちてくると、痛いんだよね。
氷の塊だから。

 林道をしばらく歩くと、猪鼻砦跡。
Img_6994
ここからは、きれいな富士山が見られるんだけど・・・
あれ~(^。^;)
雲がかかっちゃってる。
でも、樹氷はきれい(*^_^*)v
Img_7004
見上げる金時、急げばあの樹氷が下から見られる?
Img_7000
 ここは、足柄城の南の守りだった砦ですって。
戦国時代って、日本中の山に、山城か砦かのろし場があったみたいね。
富士山と御殿場を眺められる、ちょっと広い場所です。
この辺まで、ほぼ平らだよ。
その先の鳥居から、金時への登りが始まる。
Img_7005
 金時山って、とんがってるじゃん。
だから、どの方向から登っても、最後は急なんだよね。
こちら側は、最後はず~っと階段です。

 樹氷がきれいだぁ~(*^_^*)v
隙間から大山
Img_7008
 山頂直下で、金時山に5000回くらい登っているっておじいさまにあった。
「5000回登ってても、滅多にないくらいきれいだよ」
って言われて、急いで登る。

\(●⌒∇⌒●)/ わ~
越後駒以来の、美しい樹氷だわ~。左は愛鷹。
Img_7014
白い尾根と、噴煙の大涌谷と芦ノ湖
Img_7018
それに、伊豆半島の山も白い!
海老の尻尾もきれいよ~
Img_7030
山頂で、京都土産のお食べを食べながら、
至福の時間。
富士山の右裾に、北岳から甲斐駒まで見えてるよ。
Img_7013
 雲がかかっていた富士山が頭を出したら、みんなで一斉に撮影タイム!
Img_7040
 そうそう、猪鼻山の看板も撮ろう。
近づいたら・・・
(ノ°ο°)ノ オオオオ
Img_7056
 なんてかわいい猫看板!

 樹氷と猫なんてめったに撮れないよ!
Img_7053
春になれば、いろんなお花が咲くけど、こんな景色は最高!
丹沢主峰も樹氷がきれい。
Img_7062最後にもう一度!
日が当たって輝く樹氷
Img_7067
 あら、そう言えば・・・
茨城の堅破山で、パラパラと雪に降られて、
先週は、西上州の岩山で雪に阻まれ、
今日も雪。
週末会、雪ずいてますね~。

 こりゃ、来週も雪中登山かな?("⌒∇⌒")

 サクっと登っちゃったから、
下山後、少しは氷柱とかあるかな、と、夕日の滝に寄ったけど、全く凍ってなかった。
Img_7074
 一昨日の木曜日は、桜の咲くころの陽気だったし、月曜日は4月下旬の気温って言ってたもんなぁ。凍っていても溶けちゃうよね。

 地蔵堂の、万葉うどんさんの手打ちうどんを頂く。
矢倉岳が、すぐ後ろに見えてます。
Img_7084
 目の前で打って、切って、茹でて、出てくるの。腰があって美味しいよ~。
Img_7083
 猪鼻山に登ったから、シメは猪汁 お肉は柔らかくて。具だくさんで、こちらもとっても美味しい。
Img_7080

 金時山の樹氷、眼福でございました~(=●^0^●=)v

2019年2月 6日 (水)

伏見稲荷と大文字山 志明院と護王神社

 Pちゃんのお誕生山行 この時期だと、高いお山へ行けない。

さて、行きたいところは?
  Pちゃんは、京都が好き。
去年行きたいって言ってた、志明院へも行けるかな?
 ネットで、往復の新幹線とホテルがついた格安セットを、Pちゃん本人が見つけて、5人分取ってくれた。 交通費だけで26000円以上なのに、都ホテル宿泊がついて17000円くらい(ノ°ο°)ノ Pちゃん、ありがとう!  
 朝の新幹線で集合。
京都て前で伊吹山。2月なのに雪が少ない!
Img_6652
家を6時に出たら、京都へ、8時38分に着いちゃうんだよ。
早いね~、新幹線のぞみ。 大人の休日切符が使えないのぞみで、このお値段は、本当にありがたい!  
 今日は、皆さん小さめザック。
そして、お泊り荷物は、駅前のホテルのクロークへ預けて~(*^_^*)v  JRで稲荷駅へ。 まだ9時にもならないのに、朝からすごい人!    
Img_6655
ここね、私もお参りに来たことがあるんだけど・・・ 普通は、千本鳥居の伏見稲荷大社までくらいでしょ。
Img_6658
実は、その奥に、標高差150mほどのお山。 すべてが神域なんだよね~。
 あら、狐の絵馬(絵狐?)かわい~い! 
Img_6657
 四辻のベンチからは、京都盆地が一望。
Img_6662
このベンチで・・・
昨日、デパ地下で買った三色カステラで!  
Pちゃん、誕生日おめでとう~  
\(^o^)/ ~。☆ 。彡  
家から、熱々のお湯を持って来たよ。
Img_6661
お姉さま方にも、椎茸昆布茶と三色カステラ(^ー^* )  
そて、それじゃ、登りますか。
一峰から三峰まで巡ろうと左の路へ入ったら・・・
お稲荷様団地のてっぺんから、
Img_6664
静かな森へ
うーん (+_+) こっちじゃなかった?
[白滝3分⇒]って案内があったから、下りてみる。
地形図で見ると、阪神高速京都線の稲荷山トンネルの辺りに、滝行の行場のようなところ。
Img_6663
ここから、東福寺へ抜けられるようですね~。  
はい、戻りましょう(゜゜;)
階段を登って登って、なかなかのアップダウン。
あら、面白い竹を咥えたお狐様。
Img_6665
  清少納言が、伏見稲荷にお参りに来て、
「うらやましげなるもの」
として、中のみやしろ辺りを登ってて、ゼーハーしたらしい。 そりゃそうだよね。 宮中で、運動らしいことはしてないんだもの。
「いささか苦しげもなく」
登る民を
「いとうらやまし」
って言ってるの。  
 私たちを清少納言が見たら・・・
「いささか苦しげもなく歩む老婆、あなやとぞ思う」
って感じ~?
("⌒∇⌒") キャハハ    
 一の峰には、
Img_6669
山頂233m って山名板もありました。  
Img_6671
二の峰の台座は、富士山の溶岩なんだって。
Img_6673
 三の峰には、真新しくて真っ白なお狐様。  
 四辻の「にしむら亭」で、京いなりとしっぽくうどんを頂いて、本日のランチ。  
Img_6675
この辺り、アップダウンで面白い見どころがいっぱいなんだ。
貸衣装のお譲さん、シュールを地面に置く?(;-・。・-;)
Img_6677
 竹の鳥居は渋くて素敵
Img_6678狛犬ならぬ狛蛙もいました
Img_6679
 迷って、滝へ降りたりしたから、午前中だけで累計標高差は320m!  
 
 京都駅で、地下鉄に乗り換えて~
 
 ほんとは、山科から歩く予定だったんだよ。
でも、ちょっと前の情報だと、秋の台風の後、めっちゃくちゃな倒木群。で、通行止めだらけなんだって【><。】 跨いでくぐって、泥だらけになっても敗退 って記録があるの。  京都トレイルだけは、台風の後にいち早く整備されて、歩けるようになっているんですって。なので、蹴上駅から歩きます。  
 ねじりまんぽって言う、赤レンガのトンネルをくぐって南禅寺へ。
 Img_6683
   創建は、710年前ですって。
その奥に、琵琶湖疎水の分線があって、京都市街北部へ水を供給している水路閣が、美しい。  
Img_6684
 ここから・・・ 大文字山へ登れるらしいんだけど(?+_+)
全く道標がない【><。】
地元っぽい方に聞いても、知らないって~。  
コンパスで方向見て、登って行くけど・・・
なんで案内がないの~?
  とにかく、尾根まで出られれば~ と登って歩いていたら、やっと、京都一周トレイルの案内。  
Img_6688
 あ~ よかった(;-_-) =3 ふぅ~
歩き出しが午後だから、間違えて登り直していたら、下山後に銀閣寺へ、寄れなくなっちゃうところだった。  
 それにしても・・・
すごい倒木群だわ。
Img_6694
 斜面全部がなぎ倒されていたり、迂回路ができていたり、巨大倒木につっかいぼうがしてあったり。
Img_6695
 地元ボランティアさん、整備ごくろうさまです(/・0・)     
 お日様がそそいで、暑いくらいの陽気。
北東へ1時間半登ると、大文字山(465,3m) 山頂で、
Img_6699
 京都の町を眺めながらおやつ。  
 滑る登山道を、ちょっと下りると、大文字焼の火床。
(ノ°ο°)ノ オオオオ すごい高度感!  
Img_6701
 大文字の―画の長さは80m、二画は160m、三画は120mなんだって。 めっちゃ大きいよね~。そして思ったより急斜面!
 
Img_6704 山頂以上にいい眺め(*^_^*)v 比叡山も間近に見える。
Img_6705
菜の花や 月は東へ オスプレイは北へ~  
Img_6703
 法然院へ降りようと思ったら、倒木群で通行止め(/_;)
で、銀閣寺へ降りる。
 平日の、閉園間際にもかかわらず、たくさんの観光客がいました。
特に、海外の方が多かった。  上から見下ろす銀閣寺もいいね。
Img_6713
 ここで、お薄をごちそうして頂きました。
Img_6720
 お干菓子とお抹茶、大変美味しゅうございました。  
 定番銀閣寺
Img_6716
 法然院へお参りして、
Img_6722おしゃれな演出!
Img_6724
仏足は、大和のタケちゃんや本宮山の山姥の足より、ずっとずっと大きゅうございました。
Img_6725
 哲学の小路で戻って、銀閣寺入口から、バスで京都駅へ。
 貸衣装のペラペラ着物の男女がいっぱい歩いていて、なかなか面白かった。  
 翌日のタクシーの運転手さんによると! 中国からのツアーには、着物の貸し出しと着付けがセットのものが、多いんだそうです。
  化繊でペラペラの着物に半幅帯でも、着物を着たってことが楽しいのかな。  
 駅南口の新都ホテルが、今年4月から、都ホテル京都八条 ってお名前に変更するんですって。
  今回はこのホテルが新幹線とセットでした。 駅前でとっても便利。
 お夕食は、目の前の駅ビルの、いち藤さんへ。 京のおばんざい御膳 1300円 生麩に天ぷら、野菜のたいたん。
Img_6734
 はんなりと、美味しゅうございました(^ー^* )
十文字山は標高差430mで、伏見稲荷と合わせると750mでした。
あら、結構なハイキングじゃない!("⌒∇⌒")
   2月6日
昨日、コンビニで買った朝ごはんを頂いて、7時に出発。
地下鉄で、北大路へ。  
 行きたいお寺に行くには、一日2便しかない乗合ジャンボタクシーしかない。しかも、徒歩30分も手前の、坂の下までしか行かない(/_;)
それじゃ、帰りの新幹線に、間に合わないじゃん。
で、贅沢します。  
 志明院って知ってる?
Img_6743
 650年に、役の行者が草創って言われてるの。
そのあと、天皇の命を受けてお大師様が弘法大師が再興したって言う、ものすごく由緒あるお寺。    
 で、何が有名って・・・
『魑魅魍魎の最後の砦』って言われているの!
 司馬遼太郎も、妖怪について書いている。
ジブリのもののけ姫の構想にも繋がった、お寺でもあるんですって。  
Img_6739
 仁王門から先は、修験道の為、写真の撮影は禁止。  
雪が残って、雰囲気あります。
Img_6740
 奥の岩屋に、鴨川の源流があるんだよ。
そう言う重要ポイントだから、ここにお寺を建てたんでしょうね。  
 苔むして、とっても落ち着く、気持ちのいい場所でした。
魑魅魍魎の気配は、なかったよ~(*^_^*)  
 ただね、台風の影響て、飛竜の滝のお社や、桜天満宮の屋根が大々的に破損。
 ものすごい被害なのに、公共の支援は一切ないんですって【><。】
 ささやかながら復興の募金をしてきました。  
 待たせたタクシーで、護王神社へ。
Img_6761
 何を見たいかって言うとね・・・ かっこいい猪がたくさんいるのよ。
で、猪神社、とも言われているの。  
そしてここは、足腰守護のご利益があるんですって。腰のお守りがあるんです。
Img_6749
 清麻呂公が歩けなくなった時に、たくさんの猪が守ってくれて、足が治ったって謂れがあるの。腰が悪い友人にお守りを買って、向かいの京都御所へ。  
 はまぐり御門には、鉄砲の弾の後が残っているんだよ。
Img_6809
 京都は寒いかな~ って思ったけど、梅園の梅は、少しずつ咲きだしていました。
Img_6845
 寒い京都でも、春はすぐそこ。  
 超過密スケジュールだったけど、なんとか余裕持って、スケジュールがこなせた。
ふぅぅぅ~ ε= (*^o^*)   
 烏丸線って読める?
お姉さまが「カラスマルせんはどこ?」 って~("⌒∇⌒")  
 京都へ戻って、仕上げは、金沢まいもん寿司さんへ。
Img_6869
 お値段もよかったけど、お味は最高でした。  
 ゆっくりお土産を見て、13時の新幹線へ。  
すぐに北に見えた雪山は、比良山系の武奈ヶ岳辺りかな?
Img_6899
 新幹線とホテルがセットの、お買い得ツアーは、電車の時間が指定できないのが不便。  
 多分、一番人が少ない時間の列車を、割り振るんでしょうね。私にとっては、早めに帰れて、それはそれで嬉しいわ~(*^_^*)  
 
 お姉さま方、
せわしない観光&ハイキング、お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ  
 冬の京都は、予想に反して、とっても楽しめました。

2019年2月 2日 (土)

三ッ岩岳敗退~ セミの渓谷 線ヶ滝 

 『去年泊まった、荒船山の近くの古民家はよかったわねぇ』

って、何度もちい姉さまが言ってくれるんだけど・・・  
 その時、102才のお母様の看病で、いらっしゃれなかったY姉様。そして、ワンちゃんの介護で泊まれなかったPちゃん(/_;)
 今年は、お連れしたいなぁ。  
 西上州へ行くなら、アカヤシオの咲く山へ その時期に! 
って、だいぶ前から、時期とか色々調べていた。  
 短時間で回れるアカヤシオの山で、宿泊先から近い所って、三ッ岩岳くらいかな。    
 お姉さまの中には、いらしたことがある方もいる。
 でも・・・  たとえ以前いらしたことがあっても、今、行けるルートかどうか・・・  そこを考えながら、歩いてみないと心配。  
 で、山友たちには、三ッ岩岳と烏帽子岩とセットで、行かない?って、誘った(´ー`;)  
 ところが・・・
もともと、ずっと急傾斜の登山道だから・・・
雪山だったら、危ういかも~。  
 八王子から、下仁田を越えて、登山口まで2時間ちょっと。
途中、妙義と浅間山
Img_6572
北斜面はまだこんなにきれい
Img_6574
大仁田ダムの近くに、車を停めての歩きだし。  
Img_6579登山口
Img_6581
 フニフニの丸太橋 右から2本目に乗らないで!折れるかも。
Img_6582
 初めての岩山で、 急峻で、露岩で、雪~(;´o`)  
樹林の急斜面のジグザグ道は、雪が積もるとルートが分かりにくいね。  Img_6585
 大岩が立ちはだかる、竜王の奥宮に、お参りして~尾根へ出る。
Img_6589  
ここで積雪10センチくらい。
 新雪の下が、たっぷり落ち葉で、結構滑る。
Img_6591
 どこがルート? 
って感じのトラバースから、急登りで、ちょっと岩っぽいミニピーク通過。
 気温が高くなってきて、3歩 歩くと、アイゼンの底に、雪団子がどんどんついて、滑る滑る~(;>_<;)  
 次のピークに登ると、目の前が三ッ岩岳。
Img_6595
で、今いるピークから、ちょっと下りて標高差20mくらい登る感じ?  
 でも・・・
どこ降りるの?(;-・。・-;)
 左下が切れ落ちた、急降下。
トラロープもないんだね。  
Img_6596
 すぐ下が鞍部で、山頂と、周回路の分岐なんだろな。  
 つかまる木がない2mほどが、雪があると、どうにも危うい。  
 スリングを使う?
でも、回収できないね。
 この雪でこの崖だと、細引き張っても心許ないし~(;・_・; ・・・・  
その先の1歩も、上から見ると、谷底に真っ逆さまに落ちちゃいそうに見える。  
 何より、アイゼン団子で、この岩場を下りたくないね。 ・・・
 雪遊びしたと思って、戻ろう。  
 三ッ岩岳(1032,1m)の、
1010m付近で敗退(^。^;)  
 この、山頂手前のピークからは、妙義がきれいに見えてました。  
Img_6593
 ずっと急斜面を登ってきたから、アイゼン団子の急下降は大変。
3歩 歩いちゃ、足裏叩いて、なかなか進まない~。  
 時々、木の上から雪が降って来る~。  きれいだけど。
Img_6599
 やっと、気を抜けるとこまで戻ってきた。
あれは雪がなかったら行く予定だった烏帽子岩とマル
Img_6597
 ( ゜.゜;) あ~ 11時前に下山しちゃったよ。
どうする~?  
 で、去年お姉さま方と行った、蝉の渓谷を見て、
Img_6603
ゴルジュの滝は真ん中に盛氷柱ができてました
Img_6606
それから線ヶ滝へ。  
Img_6620
 氷瀑にはなっていないけど、滝つぼが半ば凍って、面白かった。  
Img_6617
 道の駅下仁田で、下仁田ネギの付け蕎麦のランチを頂いて、
Img_6625
下仁田ネギと、下仁田こんにゃくと、巨大椎茸をお買い上げ~
前にここで買った巨大椎茸が美味しかったから。
Img_6642
 早めに帰宅できたから、今夜は鍋かな。  
 珍しく、予定の山へ登れなかった。
雪だと、こんなこともあるね~。  
きっと、雪がない時に来たら、
『な~んだ こんなとこだったのか~』
って感じなんだろうな。  
 9時過ぎくらいから、一気に気温が上がって、アイゼン団子になっちゃったのも、恐怖の要因。  
 ひっさびさのスリルでした。
 

2019年1月30日 (水)

隣の公園でのCM撮影

 うちの隣の公園は、3方向が路面から高く山になっていて、唯一路面に接した入口は、すぐ階段。
 車からも、通行の人からも見られずに撮影ができるので、よく使われる。

 タモリさんの、世にも不思議な物語とか、船越英一郎がうちの壁で殴り合いを撮影とか~

 で、数日前に、
御近隣の方々へ 撮影作業のお知らせ 
って紙が入っていた。
Img_6564
 近隣って言っても、狭い道で公園に隣接するのは、うちとお隣さんだけ。大型車両が停まっても、そう影響しないしね。

 で、その撮影を忘れて家事をしていたら、ゴンゴンゴン って・・・
妙な音がしてきた。なんだろ( ゜.゜)

 窓を開けたら、大人数のざわついた音と、めちゃくちゃまぶしい反射板、そして
Img_6561
 晴れているのに、
霧雨が公園に降ってる("⌒∇⌒")
下には、その雨を降らしているタンク車。

Img_6554
 うーん "( ' ' ;)
どんなシーンになるんだろうな。
なんのCMかな。

 
 その写真を撮った、お台所の出窓には、にんにくの芽。
 Img_6551
 金曜日に冷蔵庫の中で、1センチほどに芽が伸びちゃっていたの。冷蔵庫の中でも、にんにくさんは、春って分かるの?('o'=)  
 で、薄皮を剥いて、水に就けてみたら、伸びる伸びる! 
 たった4日間で、こんなに伸びちゃった。

 すごいね、にんにくの生命力!
 
 これ、刻んでおネギみたいに使えるのかな?

2019年1月29日 (火)

寄ロウバイ園から栗の木洞

 今日は、別ルートの予定だったんだけど・・・

寄のロウバイが満開だって!
(・_・;)エー   じゃ、2月にマイフレさんご参加の時歩こうと思ってたルートを早めようか!
 
 お花の開花は、油断ならないよ~("⌒∇⌒")  
 
 新松田駅から富士山と矢倉だけ
Img_6506
 バスで寄へ。
7:30発のバスの次が、9:05。
間 空きすぎ~【><。】
歩きだしが、遅くなっちゃうなぁ。  
 
 ロウバイ園は、この時期だけ 協力金300円をお払いします。
ロウバイ祭りは、2月11日までですって。
  わぁい~\(●⌒∇⌒●)/
Img_6507
 ロウバイのトンネルいい香り。  
 Img_6511
 ここは、荒廃農地をみかねて、寄中学校卒業生が、250本のロウバイを植えたのが始まりなんだって。
 最初に来た、10年位前は、まだまだ幼木で、お花も少なかった。
今では、1万本越えの素晴らしいロウバイ園で、見応えがあります。
 しっかり春の香りを満喫して、山道へ。
Img_6516
  ロウバイ園へ来ると、シダンゴ山か 櫟山から栗の木洞のどっちかだね。  今日は、北へ。
 お茶畑から、三廻部林道を横断して、北へ登る。  
日当たりのいい櫟山頂(810m)
Img_6520
ここは、簡単に登れて眺めがいいから、昔 ママ友グループを連れて来たこともあるよ。 でも、ずいぶん山頂の木が伸びちゃった。
 富士山が撮れる場所がない(;>_<;)
ずっと見えてるのに、木がうるさい。  
曽我丘陵が見えてるけど、梅林の梅はどのくらい咲き出したかな。
Img_6531
 キラキラの海と雪の丹沢主峰を眺めようと思ったのに・・・
全く雪がないね~(;-・。・-;) 1月下旬なのに。
  日だまりでランチ。  
Img_6522
ちょっと歩き足りないから、いったん降下して、お隣の栗の木洞(908,3m)へ登ります。
 こちらは、眺望はないんだよね~。
Img_6527
 ここからも、東側の県民の森へ降りられる。
けど、落ち葉の中のジグザグ急斜面で、ちょっと滑落が怖い。
ので、櫟山まで戻って、県民の森へ。  
 
 ここって、ものすごく縦横無尽に道があるのよね。
三頭山の、都民の森状態。
 ジグザグに下りて、県民の森の駐車場へ。 
 東屋でお茶して、三廻部林道を30分歩いて、朝の登山道へ。
途中、フサザクラのつぼみが大きくなってました
Img_6533
またロウバイ園へ戻る。
Img_6538
 なんでかって言うと~  
行きに買おうとした200円のオレンジピール、
お店のおばさんが、
「帰りでも、あるよ。」
って言ったの。
「重くないから、無くなりそうなら 今買ってく」
ってまで言ったのに、
「大丈夫。絶対あるから」
って言ったの!
 私の顔見て、
「売り切れちゃったわ。取っといてあげればよかったのね」
・・・(;>_<;)
それはないでしょ!
がっかり。  
 そう言えば!
一昨年マイフレさんに、樹高20センチくらいで頂いたロウバイの苗、 今、お庭で、樹高1mくらいになってます。
 ロウバイって、お花が咲くまで、6年から10年くらいかかるんですって!
それまで、ちゃんと育つといいなぁ。
 
 バスは、臨時も出る盛況さで、14:35と14:40がありました。
 
 新松田駅へ出て、ピザで打ち上げ~。
Img_6544
 お姉さま方、ごちそうさまでした(゜゜)(。。)ペコリ  
Img_6543
 このお店は大姉さまも好きだったから、打ち上げだけでもいかがでしょう? ってお誘いしたけど・・・
インフルが流行ってるから家から出ないって言うの(/_;)
なんか・・・ えらく消極的になっちゃったわ~【T_T】  
それに、閉じこもってたら、ますます運動不足になっちゃうよ~。
 今日は、最初と最後に、全身ロウバイの香りに包まれて、幸せ気分でした。 (=●^0^●=)v

2019年1月26日 (土)

竪破山(たつわれさん)と横根山 

 今年お初の、関東百名山シリーズ。  

雪の多い時期だから、低山ってことで~ 
竪破山(たつわれさん)にしたの。 でも、今年は雪が、ほんとに少ないですね~。 そしてまさかの、雪中登山 (って程じゃないけどね("⌒∇⌒")  Img_6449
駐車場に車はない
Img_6451
 昔々、大和朝廷の命を受けて、黒坂命(くろさかのみこと)って言う人が、このお山へ来たんですって。
 で、砦(お城)の穴に、茨棘(イバラ)を敷き詰めて、賊を滅ぼしたって言う、痛そうな云われがあるの。
 それで、この辺りを茨城って呼ぶようになったんですって。  
 去年の春、マイフレさんに連れて来てもらった、イワウチワの大群生地のお山、横根山。 そのすぐ近くなの。  
 二の鳥居の近くに、後生車がありました。
Img_6454
 チベット仏教のマニ車みたいなもので、回すとご利益があるの。
最近、これ、増えましたね~。
高尾山にも、いくつもあるよ。  
  このお山は奇岩がいくつもあって、登山って言うより 奇岩巡りって感じなの。 まず不動岩。 上にお不動様がおわします。
Img_6455  
 パラパラと雪が降る中を、烏帽子岩や、
Img_6456
畳岩や、手形岩をみて 仁王門があって、大きなお社。
 ここの兜岩は、横に鎖が付いてます。
Img_6460
なんで登るの?(;-・。・-;)
磐座(イワクラ…神様の宿る岩)じゃないの?  
 長い階段を登って、
Img_6462 本殿
Img_6463
の先の竪破山(たつわれさん) (658.3m)
Img_6465
日立市の最高峰。 高鈴山より、ちょっとだけ高い。  
 立派な展望台があって、日立の海が見える。
Img_6464
マイフレさん、今日もお仕事に、走り回っているのかな。
日光方向が少し見えて、東は雪雲が付いてます。    
Img_6467
 階段ではなく、斜面の道で仁王門まで下りて~
少し東へ行くと、有名な、太刀割石があるの。
  断面が7m×6mって、めっちゃ大きいのよ。  
私が顔を出してるから、大きさが分かるでしょ! 矢印つけました。  
Img_6476
 源義家が、奥州征伐の時に、戦勝祈願のために竪破山に登ったんだって。 この巨石の前で、陣を引いて野宿していたら、 夢の中に「黒坂命」(最初に書いた、茨城の由来になった人)が現れた。 で、大太刀を差し出したので、ひと振りしたら! 巨大なまぁるい石が、パカッと半分に割れたんだって~。  
 だから、ここの黒前神社は、黒坂命(くろさかのみこと)をお祭りしてあるの。 どこまでが史実?  
 また色々岩が在って・・・
奈々久良の滝 って言うのに寄ってみる。
Img_6480_2
  もしかして、凍ってたらいいな~。って思ったけど、全く氷柱も、ありませんでした。
  尾根へ登り返して、林道で駐車場へ。  
 関東百名山でなきゃ、来なかったかも知れないお山。
まだまだ、知らないけど面白い山 って、いっぱいあるんだなぁ。  
 2時間で降りちゃったね。 まだ時間が早い。  
 ダートの林道を通って、花貫渓谷へ。
Img_6482
春に火曜会で横根山に登りたいから、下見に協力してもらった。  
去年、マイフレさんに連れて来て頂いた、花貫ダムさくら公園。
公園の奥の植え込みの隙間。そこから入って、川沿いを歩く。
Img_6484
 踏み跡はしっかりしていて、やがて急登になる。  
(・_・;)あら、イワウチワの葉っぱが寒そうね~
Img_6485
 なんで来たかって言うとね・・・
去年連れて来てくれた方が、下山で間違えて、ちょっとだけ、予定じゃないルートを降りて、戻ったの。そのルートは、調べたけどネットとかで書いていない。でも、踏み跡はしっかりしていた。  
 これで、ミニ周回ができたらいいな~。
そうしたら、時間を気にせず、ゆっくり写真が撮ってもらえる。
って思ったのよ。  
  岩交じりの急斜面を、どんどこ登ると、雪が増えてくる。
最後は、雪が積もった笹の藪。
(;´o`) しっかり、雪まみれになっちゃいました。  
Img_6487
 ミニピークに出て、取り敢えず左に登ると横根山(388,8m)  
Img_6488
山頂には、大きな反射板?があって、鉄の脚の隙間から、海が見えたよ。
Img_6490
 元のミニピークに戻って~  
さて、お山の大ベテランのリーダーさんが間違えて降りちゃった道。
これこれ!  
Img_6493
 地形図を見ると、最後の等高線がすっごくつんでいる。
だから、お姉さま方をお連れして、歩けるようなルートかどうかが、気になるところ。  
 まずは、ザレた急降下。今日は新雪が乗って、返って歩きやすいくらい。こう言う斜面には、お姉さま方は、慣れてるから大丈夫。  
 ちょっと岩っぽくなって、それに根っこも張って、返って下りやすい。  
Img_6495
そして、左に、花貫ダムがどんどん近づいて~
Img_6497
 崩壊地は、迂回路ができてました。
Img_6498
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
案外楽に、下りられた。
なんと、左が入ったとこで、右が降りてきたところ!
Img_6499
 このミニ周回なら、時間をかけて電車を使ってのアクセスでも、時間を気にせずに歩けるね。
  山友たち、お付き合い、ありがとう( ´ ▽` )ノ  
 雪まみれで冷えたから、高速に乗る前に何か食べよう。  
肉南蛮蕎麦を、山友たちにおごったよ。
Img_6501
  関東百名山のお付き合いの後、4月の火曜会の下見お付き合い ありがとう(´ー`)ノ
  でも、藪の岩尾根は面白かった。って、言ってくれた。  
 帰りの常磐道はスイスイで、ちょっと首都高が混んでました。
でも、高萩って、車だと近いね~。  
 久々、雪の中の登山でした。

2019年1月23日 (水)

南郷山~幕山 真鶴半島  松川渓谷から大室山

 遠くの山友が、火曜会に参加してくれるって。

『ゆるい歩きで、温泉に入れるといいな~』 ですって。
『それって、日帰り? それとも、お泊りでも大丈夫なの?』  
 ってことで、今年お初の、お泊り山行になりました("⌒∇⌒")  
 まずは、湯河原に、ゆっくり集合。
タクシーで、幕山公園へ。  
Img_6312
 さて、公園から幕山は、火曜会でも何度も登っているから、 今日は、裏側から登りましょう。  
 一昨年の11月、この上流の六方の滝って言う柱状節理の滝へ行った。 その帰り、こちら側から、ちょこっと幕山へ寄りましたっけ。  
 車両通行止めの林道を、大石ヶ原まで歩いて、右の山道に入る。
沢沿いに標高差200mほど登ると、植林地の中の広い場所へ出て、林道を横切る。 すると、自鑑水があります。
 なんと!池は干上がってました(;>_<;)  
Img_6315
 頼朝が落ちぶれて、ここの池でザンバラ髪の自分の姿を見て、自害しようとしたんだって。 で、手下に押しとどめられたって場所。
押しとどめられちなかったら、かなり歴史が違ってたね~。
「殿!ご自害召されるか。お供仕る」
なんてのも、あり得るでしょ。
忠義も色々。
 
 ツルリンドウの実が赤くてかわいい
Img_6317
   ここから、新しくできた林道で、惑わされる。
迷ったご夫婦もご一緒に案内して南郷山へ(610,9m)
Img_6320
 新しい林道を作って、登山道をぶった切ったら、案内つけといてよね!  
 枝の隙間から、眼下に真鶴半島。
三浦と房総半島が美しい。 今日は、ここでランチ。
Img_6324
 うらうらと陽射しが温かい。
こう言う日を、小春日和 って言うのね(^ー^* )  
 自鑑水近くまで林道で戻って、幕山(625m)へ登る。
Img_6326
 こちらも木が伸びてるけど、広いカヤトの原。  
山頂から南東へジグザグに下りて、クライマーさんのゲレンデを迂回して公園へ戻る。
Img_6327
 もう、紅梅・白梅がちらほら咲いて、スキっとしたいい香りがしている。  Img_6337
 菜の花と紅梅
Img_6338
朝の運転手さんが 「早かったね~」 って、笑顔で迎えてくれる(^ー^* )  
 ここから、東海道線を抜けて、真鶴半島へ出てもらいます。
 中川一政美術館の脇が、お囃子遊歩道。  丹沢がよく見えます。
Img_6340
 豊かな海は、豊かな森から作られる。
すぐ下が海なのを感じさせない、静かな深い森です。  
Img_6343
下がって下がって、海へ出ます。 波の音を聞きながらの、散策。   ここ、孫を連れて来たこともあったっけ。 翌日行く大室山。
Img_6344
 森から浜辺を通って、 (ノ°ο°)ノ オオオオ
Img_6347
 蜃気楼が見える!
Img_6353
  不思議な蜃気楼のビル群や、空に浮いた島を眺めながらおやつ。  
Img_6355
 最後に、階段でケープマナヅルへ登ると、レストハウス。
1時間に1本で、今日最後のバスに乗る。
ここ、そのうち、平日のバスがなくなっちゃいそう(/_;)  
 真鶴駅から、熱海乗り換えで、
 \(^o^)/ わーい また、キンメダイ列車に乗れる!
Img_6365
 すごいタイミング。 内装もお茶目。 
Img_6366
 途中でちょっと夕焼け
Img_6372
今夜のお宿 伊東の伊藤園ホテル別館 5時15分着 手続きして、お部屋に入ったのが5時半。
 今回も、8畳2間にデッキ付きの、広い部屋です\(^o^)/  
 お夕食のバイキングが6時。
  「お風呂に入る人、行くよ~」
「もう、旅館についてまで、ダッシュなんだから~」
と、文句を言われつつ("⌒∇⌒") 内湯と露天を満喫。  
 さて、この伊東園ホテルズ ひと月前までに予約すると、千円割引の、一泊二食 飲み放題で6,264円
 11月に利用した、グループエンジョイコースは、6人で泊まると一人4000円以下だった。
 それから比べると、高い!
と思ってしまのは、感覚おかしいですよね("⌒∇⌒")  
Img_6375
 お料理は、期待していなかったけど、今まで泊まった伊東園ホテルの中で、カニが一番美味しかったです。  
Img_6376
 ビールに日本酒に、酎ハイも飲み放題。もちろん、コーヒーやジュース各種も飲み放題。
 お値段からみたら、考えられないですね~。    
 1月23日
朝風呂に入って、朝食バイキングを頂いて~
品数も多くて、大変美味しゅうございました。 \(^o^)/  
Img_6377
 ホテルの前から、バスに乗ろうと思ったら、始発が11時半(≧◇≦) 仕方ないのっで、タクシー頼んじゃいました。  
 K姉さまが、去年行きたいっておっしゃっていた松川渓谷。
Img_6379
  やっとお連れできました(^ー^* )  
 松川湖の湖岸を、白川橋まで歩く。
ロウバイ園の甘い香りがよかったです~。
Img_6388
 そこから、細い車道を、おしゃべりしながら1時間。  
 で、大通りへ出ます。 ちょっと歩くと、いつも伊豆半島を眺める時によく目立つ、大室山が見えて来る。  もう、河津桜が咲いてます。
Img_6398
 ここね、登山禁止なの。
自然保護のために、観光リフトでしか登れない。
それって・・・。
本当に、自然保護のため?  
 お山を回り込んで、往復500円で、久しぶりにリフトで登ります。  
 山頂のお鉢巡りは、この標高でこの眺望? ってくらいの眺め(^ー^* )  
 正面は天城山で、海方向は、昨日歩いた真鶴半島や、江の島と丹沢。大島や利島・新島・式根島、
Img_6411
そして富士山!
Img_6404
 本日、言うことなし(* ̄∇ ̄*)v
  そして、お鉢のアーチェリー場へ。
今日は、お姉さま方に、アーチェリーを体験して頂きます。  
 1時間で、装具の貸し出し付きで、二人で1600円  
ボウ(矢)は、5本お借りして、みんな打ち終わったら、的から取って、時間いっぱい繰り返し遊べます。  
 お姉さま方、ご年齢とは思えない腰の座ったきれいなフォームで、ガンガン的に当たっていました。  
Img_6425
 私も、いっぱい当たったよ~(`ー´〃)  
Img_6432
面白かった~(*^_^*)v  
 リフトで下りて、海の見える船宿で、最高級海鮮丼を頂く。
Img_6439
 最高に、美味しゅうございました。  
 伊東駅でお土産に、桜エビの炊き込みご飯の素と、イイダコの一夜干しを買って~  
 熱海で乗り換えて、藤沢で・・・
佐渡のマイフレさんと、お別れ~ (j o j) ウルルル
 今年はそちらへ、行きたいな。  
 元気でいてね~(´ー`)ノ  
 楽しかった二日間。
あ~あ 終わっちゃった(T-T) グスッ
 お夕飯は、伊東駅で買った桜エビご飯と、イイダコの一夜干 
Img_6447

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー