登山

2019年3月19日 (火)

高ドッキョウ

 1月に、山梨百名山の貫ヶ岳へ登った。
雨の中を歩いたのに、展望所へ着いたら富士山に付いていた雲がどいて、感動的な眺めでしたっけ。
この辺りはヒルがいるから、寒いうちに行っておきたい。
 今日は、静岡集合で、貫ヶ岳のすぐお隣の、高ドッキョウに登ります。
徳間峠から歩こうと思っていたら、数年前 道が崩壊したんだって。
歩く人が少なくなって、川にかかった橋も腐って、通行困難らしい(;´o`)
尾根も崩れて、超痩せ尾根ですって。
その上、最近歩いた人の記録だと、斜面が倒木群だらけで、登山道が無くなって、高巻いたり冷や汗ものだって。
ありゃりゃ。
徳間峠ルートは中止だ。
 静岡のマイフレさんにおねだりして、レンタカーを借りておいて頂いた。
 で、貫ヶ岳の時と同じ、車で樽峠登山口へ。
300mほど登ったら、樽峠。
 沢を渡る時、\(^o^)/ わー
ハナネコノメ!

まだつぼみの子がいっぱい。
ハシリドコロも咲いて、春ですね~。
 峠から、1月は東の貫ヶ岳へ行きました。
今回は、西へ。
地味なアップダウンを繰り返して、標高978mピーク。
今日は結構気温が高くて、姉さま方、お顔に汗をかいているので、塩タブレットを配ってお水休憩。
 
 おや、こんなとこ、あったっけ?
めっちゃ痩せ尾根が何度かあった。
Img_8217
ゆっくりでいいから、気を付けてね~(;´o`)ノ
 登山道から、ちょっとだけ左にそれると、明るい展望所。
清水港が見えてます。

今日は、ここでランチ・・・
っと、思ていたけど、満腹で山頂直下の急登100mは、きついかも。
 あと40分くらいだから、頑張ってね~。
根っこにつかまるような、急斜面が何度か。
 もう一度ニセピークを越えると、
最後にジグザグの急登りで、高ドッキョウ(1133,2m)
Pちゃんお初の、山梨百名山です。
これで・・・80座くらいかな?(´ー`)
 今日は、富士山の頭に、ずっと笠雲が付いているんだけど、笠が少し薄くなってきた。
毛無山には、まだ雪が。
 富士山を見ながら、無風でポカポカの山頂でランチ(* ̄∇ ̄*)
 さて、下山。

と言っても、結構登りがありますねぇ。
 今回、蛭対策として、登山靴と山ズボンの間に、ストッキングをかぶせて歩いた。
もし蛭が居たら、塩水かハッカ油をスプレーするんだけど・・・
今日は気温が低めだったから、気配もなかったよ。
よかった(;-_-) =3 ふぅ~
 行きにつぼみだったハナネコのつぼみが(*^_^*)v
可愛く開いてました。
 群生してましたよ~
眼福眼福~
(=●^0^●=)v
 道の駅に寄って、鮎の塩焼きと菜花をお買い求め~。
 静岡でレンタカーを返して、。
ちょっと時間が遅いけど・・・
今日は、お夕飯を作ってあるので(*^_^*)v
駅ビル アスティーのお寿司屋さんへ。
 マイフレ様、運転お疲れ様でした。
乾杯(=^O^=)o□ プハァ
 
 鮮度のいい美味しいお寿司を頂きました。
Img_8286
 ん~(=●^0^●=)v
おいひい~♪~
 お姉さま方、ごちそうさまでした(/・0・) 
 で、18時55分帰宅。
新幹線は、早いからありがたいわぁ。
 道の駅で買った鮎の塩焼きと菜花の胡麻和え
美味しかったです

2019年3月16日 (土)

伊豆ヶ岳~武川岳 ザゼンソウ群落地 浅見茶屋

 次、どこに行きたい?
って話してたら、二人が伊豆が岳に行ったことがないんですって!
え~( °o° ) そうなの~?
 あら、時期的に、ザゼンソウが見られるんじゃないの?
じゃ、元気プラザに車を停めよう。
 近場のお山は、アクセスが楽~。
八王子から、車だと1時間で行けちゃうんだね。
でも・・・
土曜日は、雪予報(;>_<;)
日曜日は用があるから、仕方ない。
 まずは、元気プラザから、山友二人が未踏の伊豆が岳へ。
何人も落ちて怪我して、一時はバリバリにロープが張ってあった男坂。
今は、トラロープと警告文。
Img_8098
 この辺の岩、チャートでできてるんですって
Img_8099
 雪が降っていたら、女坂で登ろうと思っていたんだけど、予報に反して日が出てるじゃない\(^o^)/
 じゃ、久々に楽しい鎖場ね~(´ー`)
 
 鎖は2段になっていて
Img_8102
 乾徳の最後の鎖の倍くらいかしら。
楽しそうに登る山友たち
Img_8104
 最初が登りにくいのは、乾徳と同じかも~。
踊り場の上も同じような岩。
Img_8105
 変な位置に鎖があるな。
って思ったら、鎖を付けた木が倒れてる。
Img_8109
 
 ツツジの時期は、なかなかきれいなのよね。ここ。
振り返ると、堂平や秩父七峰辺りが見えている。
白いのは奥多摩の長沢背稜辺りかな。
Img_8114  
 斜度が緩んで、根っこの急登があって、岩壁があって、ここは、左に巻くと怖いんで、真ん中を登ります。
Img_8111
 こんな風に
Img_8112
 
 登山道に出るところにも、注意喚起がある。
落石で怪我することが多いから、女坂で降りなさいって。
登って来ちゃったから、ロープは跨いで~
Img_8116
 そこからすぐに、伊豆ヶ岳山頂(850,9m)
Img_8118
 火曜会では、お気に入りの東尾根から、続けて2度登りましたね~。
東尾根は、ほんの少しだけどイワウチワが咲くよ。
 さて、じゃ、西に降りましょう。
 倒木群もあり、これは秋の台風のせいかな
Img_8119
 山伏峠へ降りて、西に登り返して
Img_8121
こちらは、前岳川まで、地味にきついね。
振り向くと、さっきいた伊豆ヶ岳、矢印は鎖場辺りかな。
Img_8124
 武川岳(1052m)
Img_8129
ますます木が伸びて、眺望が少なくなっちゃってますね。
 下山路は、林道に出てから、林道が増殖していてちょっと分かりにくい。
Img_8132
車道へ出たところから、車まで3分。
2座登っても、累計標高差800mでした。
 
 さて、松枝のザゼンソウ群生地は、ちょっと分かりにくい。
表通りから1本車で入って・・・
Img_8134
あれれ? 咲いてない~(/_;)
Img_8135
 ザゼンソウは、お坊さんが袈裟を着て座禅を組んだ形に似ているところからつけられたお名前。
Img_8151
だけど、ミズバショウの黒バージョンって感じで、サトイモ科だから、猪の大好物。
猪が増えると、あちこち絶滅の危機(;´o`)
 松枝の集落の近くと、初花の車道沿いに、それぞれ案内が出ています。
Img_8152梅が満開
Img_8153
横瀬川の近くに、ぽつんぽつんとお顔を出していました。
猪と・・・人間避け? の柵があります。
Img_8143
 久々に、福寿草とザゼンソウを見ましたね~。
Img_8147 農家さんのお庭で福寿草も見られて
Img_8138
満足満足(*^_^*)v
 さて、今日は雨か雪の予報だったから、お山でお昼が食べられないと思てた。。
で、浅見茶屋でおうどんの予定。
そうしたら、一昨日だったか、マイフレさんがハイキングで浅見茶屋へ来ていて、びっくりでした。
 
 橋を渡ったら、梅並木がきれい!
Img_8155
土曜日なのでそこそこ人が入っていて、
Img_8157
 あら、お雛様がきれいよ。
Img_8159_2
 寒いこんな日は、肉汁釜揚げうどんが、美味しいよね。
Img_8159
 芯から暖まって、早い時間に八王子へ。
来月の指定席を取って、早めの帰宅。
 
 来月から、あずさが全席指定になるんだよ。
GWや週末は、指定席通路にも、ギュウギュウに人が立つほど混むあずさ。
全席指定って・・・実質すごい値上げ。
指定席料金を払って、座れないって、ちょっとおかしくない?
しかも、その指定席料金は、510円から750円になるみたい。
 座席未指定指定席特急券って言うのもあるらしいけど・・・
それだと、指定を取った人が後から乗り込んでくると、席を譲らなきゃならないらしい。
しかも、値段は同じ!
 お山の帰りって、時間が多少ずれるから、あらかじめ指定を取っちゃうのってリスキーだし・・・
かと言って、座っていても、指定席を取った人が来たら、譲らなきゃいけないシステムって(;>_<;)
どうすりゃいいのよ、って感じ~。
 JRさん、値上げなら値上げで仕方ないから、自由席は残してよ!
(-_-x)
 久々の奥武蔵の山でした( ´ ▽` )ノ

2019年3月10日 (日)

妻籠宿 南木曾岳

 今年は、日帰り圏は雪が少なくて、なかなか雪遊びができない。
うーん "( ' ' ;)
どこ行こうか?
 
 母の田舎のお山だから、風越山は何度か登っている。
子供の頃に、母と登った、唯一のお山。
 そして、去年の夏の終わり、エイに刺された後に、糸瀬山に登った。
帰りに急に、足が腫れてきて、びっくりしたっけ。
 あの時、おっとっとみたいに腫れた右足は、今でも、たまにビリビリっと痛い。その思い出の糸瀬山。
 木曽三山は、風越山と糸瀬山と、南木曾岳。
南木曾岳は、登っていませんねぇ~。
 
 ってことで(*^_^*)v
4人一致で、
南木曾岳へ行こう!
ってことになった。
 いつもの集合時間より早い、始発で集合ってことに。
 うーん "( ' ' ;)
 妻籠宿だと、泊まってみたい宿があるんだ。
直前なのでダメもとでお宿へ聞いたら、空いてるって!(*^_^*)v
南木曽駅から、タクシーなら10分。
 『私は、前日に行っててもいい?日曜日にピックアップしてくれたら、頭割りの  往復の高速代とガソリン代を出すから』
 
 やったぁ~(*^_^*)v  
新幹線で名古屋に出て、ワイドビュー信濃で、1時間。
泊まってみたかったのは、古民家民宿つたむらや
 
 昭和63年に、秋篠宮文仁親王と川島紀子様が
お泊りになったお宿なんですって。
秋篠宮様が、ご結婚される前の学生時代に、大勢の学友と一緒に宿泊された宿らしい。
 まぁ、それで泊まりたかったわけじゃないんだ。
 
 田舎の家 ではなく 昔の家に、お泊りください。
って言う、ネットのフレーズが気になっていたの。
 信州サーモン・ヤマメ・岩魚・紅鱒を養殖してて
妻籠・大妻籠の宿から、お魚を注文に応じて出荷しているんですって。
 
 さて、ワイドビュー信濃を南木曽で下りて、妻籠宿へ。
うん! すてき~♪~(* ̄∇ ̄*)
 時代劇に出てくる宿場のような、雰囲気のあるお家だわ。
Img_7848
 
 お部屋に入ったら、時代物の衣桁もある。
お兄さんが
「ここは卯建(うだつ)の出入り口です。頭に注意してください」
って。
うだつが上がる って言う言葉の語源のうだつ 中はこうなってるんだ!
 「うだつ」って防火壁のこと。
お隣さんとの境に造ったんだけど、結構費用が掛かるみたい。
裕福でないと造ることが出来なかったから、うだつを作れる家は、うだつが上がる って言われて、
お大臣な家 って思われたみたい。
この古民家は、そこを抜いて、増築しているから、ウダツ部分がかがまないと通れないの。
 
 囲炉裏には薪がくべられて、ぱちぱち音を立てて燃えてて・・・
先週末の、マイフレさんの別荘も薪ストーブだったけど、大きな炎って、本当に癒される~。
 
 時間が早いし、馬籠宿へ行く途中の峠まで、往復1時間くらいって聞いて、行ってみた。
途中の男滝女滝を見学。
Img_7833
 旧中山道は、以前写真をアップした時にマイフレさんが
ニュースでアナウンサーが 一日中山道(いちにちじゅうやまみち)って読んだって、コメントしてくれた。
確かに、読めないことはない("⌒∇⌒") キャハハ
Img_7851
 その、一日中山道(山頭火の『分け入っても分け入っても山』みたいだね)
ちょっと歩いてみたいじゃない。
 箱根旧街道は、石畳がめっちゃ滑るけど~
ここは新しくなっていて、石畳じゃないところも幅が広くて歩きやすい。
 
 ひとっきりゆるく登ると、馬籠峠(801m)
Img_7842
 峠に、時代劇に使えそうな峠の茶屋がある。
Img_7838
お茶と五平餅2本にお漬物もついて400円。
Img_7841
 頂いていたら、海外のグループ20人くらいと、同じく海外のご夫婦?が通る。おかみさんに聞いたら、8割がたが、海外からの観光客ですって!(ノ°ο°)ノ
 ゴー ヘイ! 餅 ( ・◇・)???
Img_7839
 
 戻って、お宿を通り過ぎて、妻籠宿へ。
 お天気の土曜日なのに、人が少ない。
Img_7853
 あとで聞いたら、3月下旬くらいから、ぼちぼち観光客が増えるそうです。
 本陣、脇本陣や、観光協会へ寄って、
ここで、SABOカードを頂く。
Img_7856
 マンホールカードやダムカードは知っていたけど、SABOカードは初めて。梨沢第二砂防堰堤の写真と説明付きです。
 お雛様の展示が面白い
Img_7861
 
 下の方のお雛様を見ると、三人官女が百人一首をしていたり 
Img_7864
 
 右大臣が官女に・・・・セクハラ?(ノ°ο°)ノ  
Img_7863
 
 誰が考えたのかしら?
とっても面白かったよ。
 
 さて、お宿へ帰って、檜のお風呂へ入って~
 
 こういうお宿で、一人でいるのも好きなんだけど・・・
 今日は、私の他に、お1人様の男女、一名ずつしかいないんですって。
「御夕食は、ご一緒にいろりでお召し上がりで、いいですか?」
って言ってくださった。
 
 袖触れ合うも、多生の縁(´ー`)
で、その方々と、いろり端で同席。
一人の時は、こう言うふれあいも、楽しいね。
 
 天子(アマゴ)の塩焼き、山菜のてんぷら、信州サーモンのお刺身。
白和えに煮物 それに、お蕎麦と信州サーモンのアラ汁。
ヘルシーで美味しい。
 どぶろくがついていて、これ、甘酒みたいで飲みやす~い(*^_^*)v
Img_7869
 お食事のあとも、古民家好き、温泉好きな女性と、いろりでお話が盛り上がっちゃいました。
 好きだなぁ、古民家。
この匂いが、落ち着くのよね。
 これは・・・
高校から大学まで手伝った、大岳小屋の影響かも知れない。
 
 
 3月10日
 ゆっくり朝食を頂いて、山友にピックアップしてもらって~。
登山口は、妻籠宿から15分。
Img_7872
 登山道は急で狭くて、木でできたハシゴが数十もある。
Img_7889
 この登山道の整備は、地元の方が毎週ボランティアでなさってるんですって。頭が下がります(゜゜)(。。)
 途中から雪が出てきて、でも、梯子に雪が7乗っていないのでありがたい。
Img_7893
 
 高野槙の森が素敵
Img_7886
 
 南木曽岳の山頂(1676,9m)は、林の中で展望はないの。
二等三角点、点名『南木曾』
Img_7907
 頂上らしくない場所。
 でも、この辺り、急に積雪が増えて、雪山気分を楽しめました。
 Img_7916
 
 途中、トイレのある立派な避難小屋があった。
Img_7921
 ここで山友が!
 お誕生ケーキを出してくれた。
Img_7871
 
 こんなの持ってくるの、大変だったでしょう(j o j)
ありがとう。
 
 笹の原の展望台からは、残念ながら、御嶽も乗鞍も、北アルプスも、中央アルプスもみんな裾だけが分かります。
 南アルプス最南部の、安平路山と、摺古木山が、すぐ近くでいい感じ。
Img_7931
 急斜度の登り下りのあと、雪のついたハシゴもあって~
Img_7946
 で、ちょっと寄り道で、摩利支天。
 ここは、気持ちのいい展望台。
雄大な御嶽山が、見えるらしいけど・・・
残念ながら、頭にちょこんと雲を付けた恵那山が見えるだけ。
Img_7944
あの向こうは、名古屋かな。
 
 ここまで、気持の良い稜線歩きで、ちょっと大菩薩とも感じが似てる。
Img_7935
 一方通行の周回路なので、ここから急勾配の下りになる。
 長い木のハシゴがいくつも、いくつも、いくつも・・・
Img_7950
 あって、楽しめます(*^_^*)v
Img_7951
 しかも、たくさんあるハシゴがすべて木製。
味があるねぇ。
整備の方々に感謝です。
 帰路に協賛金入れに、お手紙も入れてきました。
Img_7963_2
 
 お天気がもって、雪が少ないベストコンデジションだったので、早めに下山できました。
 
 木曽路と言えばお蕎麦。
足利で十割蕎麦が美味しかったから、今日も十割蕎麦を、おやつに頂きました。
Img_7968
 中央高速は、まぁまぁ空いてたけど・・・
 
 行きは、自宅から3時間だったけど、帰りは4時間半。
でも、高速+ガソリン代の均等割りで、料金は行きの、新幹線+特急の1/4でした。
 
 ちなみに、木曽三山は、風越山・糸瀬山・南木曾岳
木曽三岳は、木曽駒・御嶽山と、この南木曾岳 
この南木曾岳だけが、三山と三岳、ダブル登場です。
 
 近かったらまた来たい、楽しいお山でした( ´ ▽` )ノ
 帰宅して、ザックを投げ出して、お夕飯の支度。
お土産に買って来たアマゴの甘露煮と、芥子菜と野沢菜のサラダ 
チヂミほうれん草の胡麻和えの簡単なお夕食。
頂きました。
 
 マイフレさんが、お誕生祝に送ってくれたトマトと、トマトサラダ用味噌ドレッシング、大変美味しゅうございました。
Img_8003

2019年3月 6日 (水)

 大平山~晃石山 行道山~織姫神社

 ひと月ほど前、

「今年の沙羅さんの、お誕生山行はいつですか? 水曜日に予定を入れたいので、早めに教えて欲しいの」
って、お姉さまから聞かれた~。

 3月12日は、お姉さまお二人が、ツアーで小笠原へ行く予定。
じゃ、月初めにしましょうか。

 さて~
毎年悩む、私が行きたい山。

 うーん "( ' ' ;)

 そうだ!('o'=)
関東百名山で、まだ登っていなくて、公共機関でアクセスできるところ。
で、足利行道山に決めた。
泊るところを調べたら、足利はゲストハウスがありました。

 では、一日目のお山は・・・

 北千住発の東武線特急『きぬ』で、栃木まで行く。
駅前で全員集合。みなさんはJRでいらしたみたい。
土地勘のない集合場所は、ハードル高いですよね。
みんなの家の場所が、神奈川・東京都・埼玉とバラバラだから、手前で集合できないのよね~(´。`;)

 栃木駅からバスに乗って、国学院前で降りる。
私が、中学から大学まで通った渋谷の学校は、斜め前が国学院だった。
栃木にも、あるのね~。

 マンサクが咲いている

Img_7683
 大学の先から、階段続きで大平山神社へ。

Img_7686
桜の時期は、めちゃ混みになります。
階段は約900段。
神社の脇には、有名な卵焼き!
放し飼いの鶏の卵だそうです。
ちょっと甘い目の卵焼きに大根おろしを乗せて頂きます。

Img_7689
眺望のいい場所なんだけど、今日は霞んでるね~。

 神社からは、標高差70mほどで、大平山(341m)

 鉄塔ピークとミニピークを通過して、
あら、大勢が何かやってる?
見に行くと、パラグライダーの離陸場でした。

Img_7691
これから上昇気流をつかまえて、古賀志山まで行くんですって('o'=)
ものすごく遠いんですけど!

 晃石山(419,1m)
ここは、一等三角点ハンターには、人気の場所なんだよ。

 普通 三角標石の頭には、+って彫ってあるでしょ。
それがOなのは千葉の房の大山、そして×になっているのが南アルプスの南端の黒法師。
で、晃石は、なんで有名かって言うと・・・

 三角点標石って、サイズが決まっているの。
四等は12㎝、三等、2等は15㎝ そして一等は18㎝。
でも、明治13年に測量された、この晃石山の一等三角点は、一辺が21㎝。

Img_7694
そんなサイズは、ここだけ~。

 なんででしょうね~。
石工屋さんが間違えた?
発注を間違えた?
今じゃ、誰も分からない。

 ここで、ランチ。
21センチの三角点標石は、座り心地のいい、小さめ椅子サイズです("⌒∇⌒")

 先週、お姉さま方から
「沙羅さんの誕生日に、ケーキをって思うんだけど、本人に頼むのも…あれなんで…」
って言う、なぞかけ。
「あれなんで」って・・・ ε= (*^o^*)

「いいですよ~。私が持って行きましょうか?」
「そうしてくれる?ごめんなさいね~」って~。
ケーキって、背負うのにすっごく気を使うし、重いしねぇ。
Img_7696
 でも、自分のお誕生ケーキだから・・・
お安い軽いやつで、楽しちゃいましょ("⌒∇⌒") キャハハ
ランチのデザートは、ミスドのクリスプショコラ。
ケーキっぽいでしょ?
自分で、ロウソクもライターも、背負って行きましたよ!
自作自演ってか~("⌒∇⌒") キャハハ

 はい、沙羅ちゃん、お誕生日おめでとう(*^_^*)

 ふと空を見上げたら
(ノ°ο°)ノ オオオオ
たくさんのパラグライダー!
どんどん上がってる。
「ヤッホー!」
って叫んだら
「おーい!」
ってお返事が返ってきた。
さっき話をしたおばさんたちだな って分かったんじゃないかしら。
青空に、トンビがくるりと輪を描いて・・・
いる近くを、パラグライダーが輪を描いている。
などかな眺め~。

Img_7703
でも、寒そうよね。
さ、そろそろ行きましょうか!

 霞んでいるけど、白い皇海山や女峰山がかすかに見えたよ。

Img_7705

 尾根をアップダウンして、馬不入山(345m)

Img_7713
うまいらず って読みます。
漢詩みたいな名前ですね。

 東北大震災前までは、ここから岩舟山まで縦走できたんだけど・・・
震災の数日後、採石で薄くなっていた尾根が、ドドーンと崩れて、尾根がなくなっちゃったの。

Img_7720
きっかけは地震だけど、両側から砕石して、ぺらっぺらな尾根になってたから、人災よね。

 で、馬不入山から南に降りて、車道を歩いて、

岩舟石の資料館へ。

Img_7723

 富士山浅間神社の鳥居は、ここの石でできているんですって。

Img_7722

岩舟駅へ。
ここ、カタクリで有名な、三毳山の近くです。

 電車で足利へ移動。

 駅から徒歩10分ほどで、ゲストハウス松香庵。
国登録有形文化財の松村記念館の、敷地の端っこにあるんだよ。
古民家風で、新しい二段ベッドのお部屋です。

 隣は足利学校

Img_7729

 うらは鑁阿寺って言う立地。

Img_7731

 素泊り2500円は、お安いですね~(*^_^*)v

リビングルームに二段ベッドルーム、キッチンにバスルーム
なかなか広くてゆったりしてて、火曜会だけのお貸し切り~

(*^_^*)v

Img_7747
 明るいうちに、1196年建立の鑁阿寺を見て、樹齢550年の大イチョウも見て、

Img_7733
つぶれてしまった映画館とかを見て・・・

Img_7735
味わいのある銭湯、花の湯へ。

Img_7736

350円だよ~。
レトロでいい感じ。

Img_7738
でも、めっちゃ熱湯。
薪で焚いているんですって。

 いったん戻って、釜飯やさんでお夕飯。

お刺身に 焼き鳥に サラダ

Img_7740
九州産新筍の釜めしと、五目釜飯を4人で分けて、

Img_7742
おこげが!何とも言えず、大変美味しゅうございました。
お姉さま方、ごちそうさまでした(/・0・) 


 3月6日
昨日コンビニで買った朝食を頂いて、
7時半に、予約のタクシーに乗って、浄因寺へ。

 ここから奥の院までは、階段続きで標高差100m!

Img_7753
約500段。なかなか、登りごたえがあります。
関東の高野山って言われているんですって。
713年建立って言うから、鑁阿寺よりずっと古いんだ( °o° )

 階段の登り初めから、たくさんの石仏がお出迎え。
3万3千体って言われてる。
でもね、今は管理する方がいらっしゃらないお寺なの(/_;)
そのうち、荒れ果ててしまうのかな【T_T】

 あと、有名なのが、巨石の上の建物へ渡るための空中橋『天高橋』
葛飾北斎が『足利行道山雲のかけ橋』って、描いてるんですって。
Img_7754
 西向きに寝ている、寝釈迦さまもおわします。

Img_7762
 ちょっと岩々で、お姉さま方の歩く姿がかっこいい!

Img_7767

 結構な急坂で尾根に出て、ちょっと南へ登ると、

Img_7770

足利行道山(441,1m)

Img_7768
 今日も曇りで、景色はちょっと残念。
でも、気持ちのいい尾根歩きです。

 尾根伝いに南へ歩くと、大岩の下に、毘沙門天があります。
平安時代に作られてんですって!

Img_7773
 日本三大毘沙門天で、大勢で大声で悪口(あくたい)をつく アクタイ祭りが有名ですって。
ニュースで見たことがあるわ。
アクタイを付くことで悪を退散させるんですって。

 車道とぶつかっては横断したり、しばらく車道を歩いたり、分岐は多い。

 北関東自動車道の大岩トンネル

Img_7780

 いくつもアップダウンして、両崖山(251m)まで下りると、足利城址って書いてあった。

Img_7784
 ここでおやつタイム

Img_7786

 ちょっと岩々で面白い登山道

Img_7790

尾根の右に、大きな梅園が見えてきて、香りが、尾根の上まで届いてくる。

Img_7789

もう、すぐ横に住宅街が迫って来る。

 南へ南へ 尾根続きに歩くと、いつの間にか織姫公園へ。
織姫山(118,2m)の山頂には機神古墳がある。
古墳だから立ち入り禁止で、三角点は撮れなかった(;>_<;)

 ここのレストランのお蕎麦が評判。
ちい姉さまは、お蕎麦がお好きだし、今日のランチはここにしよう。って決めてたの。

 食べ比べって言う、二八蕎麦と十割蕎麦の食べ比べセットと、
胡麻豆乳豆腐と卵焼きと天ぷら・コーヒー付きのレディースセットを分けっこ。
器がいいのと、安納芋の天ぷらが、デザートに最高!

Img_7794
こちらのお蕎麦、感動的に美味しいです。
そして、足利市街を見下ろす展望も最高。

 昨日入った銭湯、花の湯の前を通って、お宿へ。
ゲストハウスの方に、今日は1時ごろ下山 って言ったら、
「それまで鍵を持ってていいよ」って!
だから、お山に不必要なお泊り荷物とかは、みんな置いていけたの。
これはありがたいですね~。
そして、お着替えて荷作りして、お茶を飲んでから、鍵を返したの。
なんてありがたいお宿かしら。
しかも、1泊2500円!
お礼を一筆、書いてきました。

 JRは足利で、東武線は足利駅 って言うのね。
行きは東武線だったけど、お姉さま方がJRなので、私も帰りはJRにしました。大宮で乗り換えの時、
噂に聞くMue-trainが! 

ドクターイエローよりレアな、在来線の研究開発試験車に遭えました\('o'=) /  

 お姉さま方、宿泊費や交通費、飲食代など、本当にありがとうございます(゜゜)(。。)ペコリ

2019年3月 2日 (土)

蔵王 青麻山~あけら山

 去年の1月末に、蔵王のモンスターを見に行ったんだけど・・・ 
 行きの、山形行き新幹線が、東京駅では途中で乗り継げるって放送していたのに、積雪のため欠便。
仙台から仙山線を乗り継いで、ものすごく遅くなっちゃって~
吹雪の中を少し歩いて、時間切れで下山した。
それなのに、間に合うはずだった新幹線も出なくて【T_T】
駅前ビジホで、泊まるはめになっちゃったの。
 その話をしたら、山形のマイフレさんの奥様が、
「来年は、家でゆっくり泊まって、蔵王にご一緒しましょうよ」
って、言ってくださって・・・
去年から、いつ頃来るのかって~("⌒∇⌒")
 前もって、日にちを決めてお願いすると、お天気が分からない。
新幹線の指定とか取っちゃって・・・
あとは、去年の二の舞にならないように、祈るだけ~。
ただ、一日目に無理なら、お泊りだから二日目も行ける(*^_^*)v
 改札に、奥様が待っていてくれて、駅前のマイフレさんの車へ。仙台はお天気だけど、蔵王の上に雲が付いていて、ちょっと心配(;´o`)
 蔵王大権現の大鳥居をくぐって
Img_7550
 すみかわスノーパークから、雪上車に乗り換える。
Img_7553
 今年は、どこも雪が少ない。
モンスターが見られるか心配して、雪上車に乗る前に受け付けで聞いた。そうしたら、先週2回も雨が降ったですって!【><。】 2月に雨なんて、初めてだって! 
 標高1100mから、雪上車でどんどん登って~車の中は暖かくて、すっごく快適(*^_^*)v
この揺れ・・・
眠気を誘います("⌒∇⌒") キャハハ
 
 で、雪上車で1時間
本来モンスター地帯のところが・・・
ない(;>_<;)  
標高1600mくらいの樹氷原のモンスター、みんな雨で、雪が落ちちゃったらしい。
 で、蔵王刈田岳の頂上直下まで、雪上車で登る。
 そうよね。
宮城蔵王の樹氷めぐり ってうたっているのに、樹氷が見せられないと、不評でしょうからね。
 
 でも、雪上車を下りたら、地吹雪で、20mくらい先が真っ黒。近くのモンスターを撮る。
Img_7573
モンスター 中身はアオモリトドマツなの。
Img_7603
加冷却水が木について、まずエビの尻尾みたいなのができるでしょ。
その隙間に雪が積もって、少しずつ大きくなって、モンスターが出来上がるんだよ。
蔵王とか、森吉とか、モンスターが見られるお山って、結構限られるんだよね。
マイフレさんは、月末に、八甲田山で素晴らしい青空と樹氷を見てらした。ちょっとうらやましいなぁ。
 去年に続いて、何にも見えないのかぁ~。
と思っていたら、少し雲が動いて明るくなって、刈田岳の神社が見えて来た。
Img_7605
烏帽子岳や、数年前お姉さま方と登った屏風岳もかすかに。
Img_7595ちょっと日が当たって来たし~
Img_7607
 うん、これで良しとしよう。(*^_^*)v
 フリータイムの後、また雪上車で下山。
左は蔵王が噴火した時の溶岩だって。
Img_7610
 お天気なら、樹氷原から歩いて下山しようか、と思っていたから・・・
 時間が余っちゃった。
で、ご近所の狐牧場へ連れて行って頂きました。
Img_7618
 受付で
「後ろからキツネがついて来ても、逃げてはいけません」とか、
「顔の前に手を出してはいけません。噛まれます」って、色々説明受けて、
事故があっても一切責任は取りません。
って~( °o°; )
Img_7626
でも、最近ここ、人気らしい。
エキノコックスは心配ないって。
Img_7625
手作り感 満載の狐牧場でした。
Img_7638
 そして、マイフレさんの別荘へ。
 大きな暖炉があって、なんと、温泉付きの別荘ですよ~。
お姉さま方とも、お邪魔したことがあります。
Img_7639
 今回は、奥様もご一緒だから、奥様の手料理かな。お手伝いしなきゃ~。
と思っていたら、奥様は座ってしゃべりしっぱなし。
で、マイフレさんが、色々用意してくださった('o'=)
 
 こんなマメな、旦那さん うらやましいなぁ。と思いつつ、色々 愚痴を聞く。時々うちの夫の話も交える。
「信じられないわ よっぐ 我慢でぎるなぁ」
って~("⌒∇⌒")
 世の中の夫婦。
力関係が平等 って言うのは、滅多にないみたいですね。だいたいは、どちらかが大人で、達観して折れている感じ?
 大人な皆様、私たちは仲間よ、同志よ!
こうやって、夫婦は長年連れ添うのね。
 暖炉の炎で、奥様の愚痴が続く~(´ー`;)
 3月2日
今日は、本来予備日。
昨日、樹氷をしっかり見られたから、今日はのんびり、温泉を楽しませて頂く。
 奥さまに、別荘の片付けをおまかせして、近くの里山へ。標高差は700m。
Img_7641
 青麻山と書いて、アオソ って読みます。
マイフレさんは、子供さんを自然の中で遊ばせる会のボランティアをなさっている。で、毎年このお山へ来るんですって。結構な急坂を、ジグザグ登って、青麻山(799,9m)
Img_7645
 蔵王の遥拝山だそうだから、展望を期待したけど、木が伸びて、ほとんど見えない~。
 屏風岳
Img_7647
刈田岳付近
Img_7660
  マイフレさんは、ここまでしか、いらしたことがないって。
すぐ西の、あけら山まで、70m下って、100m登る。
途中、アイスバーンで、結構ビビる~(^。^;)
Img_7651 あけら山(820m)石碑にあけら山 って書いてあります
Img_7654眺望は無し
Img_7652急斜度を青麻山へ登り返して 山頂の3本の杉と檜が近づいて来た
Img_7655
  汗だくになったけど、楽しかったね(*^_^*)v
 
  仙台まで送って頂いて、
途中からの青麻山と右があけら山
Img_7672
 はやぶさに乗りました。
お昼の時間がなかったから、3時ごろ新幹線でお弁当。
おかずの種類が多くて楽しめました!
Img_7676
 マイフレさん、奥さま、色々お世話になりました。
ありがとうございます( ´ ▽` )ノ
 ちょこっと青空と、ちびモンスターが見られて、よかったぁ~。
(=●^0^●=)v

2019年2月24日 (日)

上田城と菅平と湯ノ丸山

 夫が急に、
『おい、雪見風呂はどうだ?』
って。
 
 どうだ、って
( ̄~ ̄;)ウーン・・・
『行きたい温泉が、あるんですか?』
『ちょっと雪山を歩いてもいいぞ』
〃`_´〃
 歩いてもいいぞ って何?
 今まで、不機嫌になるのが怖くて、おだてて、先回りして、お付き合いしてきた。
子供や母の前で、長期間不機嫌でいられるのが、とても辛かった。
もう・・・止めよう。
 
 で、素直にお返事。
『私は、雪見風呂も、雪山も行ったとこ。歩きたいならお付き合いしてもいいですよ』
 こんないい方をしたら、今までだったら、急に不機嫌になるところ。
でも、
『短い時間なら、歩きたい』
ですって!
( °o° ) へエー
 変わって来たもんだなぁ。連れてってくれ って事。
(¬¬)ふぅ~ん
歩きたい ってことは、
じゃ、連れてってやりますかね。
 さて、お目当ての温泉は、特にないらしいから~
 車で3時間くらいで、雪見風呂に入れて、
近くに、夫でも歩けそうな、トレースのありそうな雪山がある温泉・・・
 角間温泉では、いかがですか?
すぐ東側が、湯の丸山。
 で、お宿に予約を入れてから、かなり気温が高い日があった。
あれれ~(^。^;)、雪見風呂じゃなくなっちゃう?
 土曜日の午前中は雪予報で、早く行っても登山もできないみたい。
でも、夫はとっても早起き。 
いつも、お夕飯の時に飲んで、飲んで、早い時間に寝てしまう。
 なので、早い時間に出発したがるんだけど~(^。^;)
お宿のチェックインは、15時。
さてさて、どこで時間をつぶしましょう。
 そう言えば、高速を降りた近くに上田城がある。
去年の暮、個人が、上田城の櫓を復元して欲しいって、個人で10億寄付したって ニュースでやってたな。
個人で10億の寄付って・・・あるところにはあるんだねぇ。
 上田城は、真田丸辺りから人気になって、お城廻りに色々お店もあります。
Img_7406
上田はお蕎麦が有名なので、お昼はお蕎麦を頂きましょうか。
コシがあって美味しいお蕎麦でした。
 Img_7405
 R4号から、ちょっと東に入ると角間温泉。
でも、まだ1時。
 空が明るくなって、お天気快方に向かってる。
じゃ、お泊りの旅館を通り越して~
 
 夫と車で行く時は、ナビにめっちゃ気を使う。
だって、うちのナビは、圏央道も渋滞情報も入らない旧式。
最新ナビを買って欲しいけど、新しい機器は嫌いらしい(/_;)
 
 菅平へ着くころ、雪が舞ってきた。
あれれ~、お天気好転するんじゃないの~(+_+)
 
 ま、ちょっとお散歩しましょうか。
積雪は4~50センチくらいで、でも、スノーシューハイキングのトレースがしっかりついてます。
 牧場から、展望台まで、雪道を30分。
ザラメの上に新雪で、アイゼンは要らない。
でも、時々ずぼっと踏み浮いて、夫が「わぁ」とか「おぉ」とか、楽しそうじゃん(^v^)フフフ
Img_7414
 時々強い風が吹いて、めっちゃ寒いけど、樹氷が見えて来た!
Img_7415
 こんな時間に、樹氷が見られるとは思わなかった。
雪、時々晴れの雪原ハイキング。
 氷の花もきれい~
Img_7417
 程よく汗をかいて、そろそろお宿へ入れる時間だね。
 
 岩屋館は、角間温泉で1件だけの秘湯の宿。
 鉄分を含んだ茶褐色の炭酸泉と、透明な温泉の二つがある。
内風呂は、猿飛佐助が修行したって言う、角間渓谷の岩壁が迫って、なかなかの迫力。
Img_7423
 そう言えば!
一昨年、大姉さまとK姉様のお誕生日に、角間山へ登った。
そして、猿飛佐助、修行の地って言う案内板がありました。
あの時は、登山道に牛が何頭もいて、通過に困りましたっけ!
 
 ここの温泉は、飲めるんだよ。
昔 真田家が、茶の湯として使うために汲みに来た って言う伝承が残ってるんだって。
で、夫のご要望の
『雪見風呂はどうだ?』
はい、ちゃんと雪見風呂でした(*^_^*)v
Img_7425
 お料理も、なかなか豪勢でした。
Img_7428
このあと、鮎の塩焼きとお刺身が出て、お蕎麦の後、野沢菜ご飯
Img_7430
 夫はご機嫌さんで、色んな日本酒を飲んで、さっさと寝てしまった。
私は、炭酸泉が気に入って、何度も入っちゃいました。
 滅多にない、のんびりした時間。
まぁ、たまにはこんな夜もいいかな。
 
 2月24日
朝ごはんも おしゃれ~
Img_7431
湯豆腐の昆布が六文銭
Img_7432
 夏なら、お宿のすぐ裏から烏帽子へ登れる場所だけど~
車でコの字に回りこんで、湯の丸高原スキー場に車を停める。
 一昨年は、お姉さま方と角間山から湯ノ丸へ登っている。
2015年に週末会でも、雪の湯ノ丸へ来てますね。
 さすが人気の山で、しっかりトレースがあるからありがたい。
Img_7436
 今日は暑いくらいのいいお天気。
踏み抜くと下手したら腿
Img_7438
 ゲレンデ脇から、急斜面を登って、すれ違う人から「北アルプスオールスターズですよ」 って言割れたから、最後は夫を置いて・・・
Img_7446
 湯の丸山(2101m)
Img_7447
 山頂はいつも風が強いから、この時期でも岩がむき出し。
わぁ~! これはすごい!
Img_7467
♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
Img_7468
北アルプスが端から端まで!
Img_7469
八ヶ岳に、
Img_7463
中央アルプスに
Img_7462
御嶽に乗鞍
Img_7461
頚城山塊に
Img_7455
日光男体山!
Img_7475
忘れちゃいけない富士山
Img_7464
(ノ°ο°)ノ オオオオ
四阿山の横に日本海まで見えてるよ!
Img_7457_2
 山頂の乾いた岩で、お汁粉とおせんべを出す。
でも、どんどん冷えるね。
ちょっとアップも撮るね。槍と子槍 
Img_7473
五竜 鹿島槍 爺
Img_7470
 夫はこの時期に、この標高は、初めてかも。
ネックウォーマーも耳あても、二つずつ持って来てよかったよ。
結構重ね着してるんだけど
「風が冷たいな~」って。
「2100mありますからね」
 
 下山は、雪が緩んできたからか、滑ってる。
夫に私のチェーンアイゼンを貸して、私は6本アイゼン。
 
樹氷を堪能して、白窪湿原を廻って下山。
Img_7480 夫は、この積雪は、久しぶりだから、それなりに楽しんだご様子。
 一人で、行き先を探して・・・
勝手に出かけてくれるようにならないかなぁ(;-_-) =3
 道の駅で、蕎麦すいとん膳 
ご飯が多くて、半分残しちゃいました(/_;)
Img_7481
 
 渋滞に引っ掛かって、また不機嫌になっても嫌だから、早めに帰路につきました。
 
 帰りの道から浅間山  雪、少ない!
Img_7484
 
 自宅から車で出られて、のんびり温泉に浸かれるので・・・
 まぁ、年に数回なら、お付き合いしてあげてもいいですかね(`ー´)
 
 湯の丸山、ツツジの時期もいいけど、冬もいいよね(* ̄∇ ̄*)
 

2019年2月16日 (土)

福地山

 山友の一人が、「展望のいい山があるから行きたい」
って言ってきた。

 どの辺?
(・_・;)エー 高山市の山?
アクセスにどのくらいかかるの?
滅多に行きたい山を言わない山友だから、協力したいけど・・・
それで、行動時間が長かったら、日帰りは無理よね。

 行きたいのは、福地山、標高差は800mくらい。
でも、土曜日でマイナーな山だと、トレースはないかも。
マップタイムが4時間ちょいってことは、積雪状態によっては、6時間とかかかっちゃうかも?

「それ、今の時期に行きたいの? 無雪期じゃなくて?(^。^;) 」
うーん "( ' ' ;)
「山頂まで行けなくても、タイムリミットになったら戻るんでいい?」
この時期、中央高速が渋滞しないことが救いかな。

 登山口までは、渋滞なしで3時間ちょい。
今年は、どこのお山も積雪が少ないみたいで、松本付近も全然雪はなかったよ。
でも、福地温泉に近ずくと、本降りの雪。
Img_7189
 あ~、雪中行軍かぁ(^。^;)
 
 登山口は、積雪20センチくらいかな。これなら、時間切れにならずに、山頂まで行けるね。 エアリアマップの時間は、4時間10分になってる。この雪だから・・・私たちだと4時間くらいかな。

 ジグザグの登山道は、雪だと分かりにくいけど、数日前に数人が歩いたようなくぼみがある。雪は、サラサラで軽い。

 登るにつれて積雪が増えて・・・

東屋で甘酒を飲んで、行動食。
Img_7193
東屋には氷柱 そして、降る雪の勢いも変わらず。
Img_7196
憮然平は、石像が寒そう
Img_7199
途中、尾根コースを選んだら、なかなかの急登。でも、新雪だから、アイゼン無しで大丈夫。何とか、第三展望台にたどり着いた。

 槍や笠ヶ岳が見えるところなんだけど・・・
【T_T】
Img_7210
真っ白で何にも見えない。
Img_7211
小枝に結晶が伸びて、とってもきれい
Img_7219
(ノ°ο°)ノ オオオオ
雪が小降りになってきた。

 その先に、トレースっぽいくぼみがなくて、あれれ? 10mほど下に道があって、急斜面を下りる。

 標高1600mくらいから樹氷!
Img_7230
そして!
\(^o^)/ わーい
薄日が差してきたよ。
Img_7232
 福地山(1671,7m)
Img_7247
遠くまで来た甲斐があって、
雪と青空と樹氷 
Img_7245
三種の神器が楽しめたよ!
笠ヶ岳や槍は見えなかったけど、これで充分(*^_^*)v
Img_7249
積雪は50センチくらいかな。
Img_7248
 紫陽花の花柄にの結晶が
Img_7239
道幅が広い所は、雪を蹴散らしてガシガシ降りる。気持ちい~い(=●^0^●=)
Img_7252
 憮然平の石像は、お坊様かと思ったら…背広姿?
どなたかな?
Img_7255
土曜日なのに、途中で2人にすれ違っただけの、静かな雪山でした。

 下山後、登山口のすぐ裏にある、青ダルを見に寄る。
Img_7273
 青ダルって、福地温泉上流の、福地壁の氷柱群の事だって。絶壁の岩から、滴り落ちた水が、青い水の帯のように見えるんで、青ダルって呼ばれるらしい。

 で、それを真似て、温泉地が沢の水を利用して、観光客のために氷柱を作っているらしい。
Img_7261
だから、芦ヶ久保の氷柱とかに似てる。こっちの方が気温が低い分、青みがきれいかも~。

 せっかく福地温泉に来たから、温泉に入っていかない? で、近くの、奥飛騨ガーデンホテル焼岳へお立ちより(*'‐'*)

 露天風呂が7つもあって、エメラルド色の源泉は、混浴。でも、湯あみ着があるの。普通 湯あみ着って、女性だけじゃない? でも、ここは、ちゃんと殿方用の湯あみ着もあるの。殿方だって、その方がリラックスできるよね~。
Img_7185
 ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉で、メタケイ酸が通常の温泉の5倍だって。メタケイ酸って、肌の代謝を促進して、セラミドを整えてくれるんだって。湯上りに、顔にパシャパシャしちゃったよ。他だと、万座が、メタケイ酸が多いらしいよ。

 雪山で、行動食だけだったから、お腹がすいちゃった。海老のかき揚げ蕎麦を頂いて、帰路に。
Img_7278
 帰路の富士山
Img_7295
 週末だけど、小仏渋滞もなくて、お夕飯に間に合うように、帰宅できたよ。

 飛騨の雪山、樹氷もきれいで楽しかったです(=●^0^●=)

2019年2月10日 (日)

猪鼻山(金時山)

 今日は、みんなの集合時間が遅くなるって。
厳冬期のこの時期だから・・・
近場で氷瀑がいいかな?
で、考えたのが、西丹沢の本棚の滝から畦ヶ丸。

 ところが、運転してくれる山友の集合できる時間が、7遅くなって~
その上・・・
雪予報?(・_・;)
畦ヶ丸は、積雪が多いと、ちょっといやらしい桟道とか梯子とかあるなぁ~

 じゃ、今年一度も実行できていない、干支のつく名前の山に変更にしようか。
方向もそうずれないし。

 で、金時山、別名猪鼻山にした。

 矢倉岳の南、足柄峠の先に林道が伸びている。
林道ゲート手前で車を降りると、地面が白い程度の雪。

Img_6992
でも、松の枝も樹氷できれい~♪~
Img_6991
 白く輝く枝の写真を撮りながら登る。
だって、晴れてるから、山頂に着くころには樹氷が落ちちゃうかもしれないもん。
落ちてくると、痛いんだよね。
氷の塊だから。

 林道をしばらく歩くと、猪鼻砦跡。
Img_6994
ここからは、きれいな富士山が見られるんだけど・・・
あれ~(^。^;)
雲がかかっちゃってる。
でも、樹氷はきれい(*^_^*)v
Img_7004
見上げる金時、急げばあの樹氷が下から見られる?
Img_7000
 ここは、足柄城の南の守りだった砦ですって。
戦国時代って、日本中の山に、山城か砦かのろし場があったみたいね。
富士山と御殿場を眺められる、ちょっと広い場所です。
この辺まで、ほぼ平らだよ。
その先の鳥居から、金時への登りが始まる。
Img_7005
 金時山って、とんがってるじゃん。
だから、どの方向から登っても、最後は急なんだよね。
こちら側は、最後はず~っと階段です。

 樹氷がきれいだぁ~(*^_^*)v
隙間から大山
Img_7008
 山頂直下で、金時山に5000回くらい登っているっておじいさまにあった。
「5000回登ってても、滅多にないくらいきれいだよ」
って言われて、急いで登る。

\(●⌒∇⌒●)/ わ~
越後駒以来の、美しい樹氷だわ~。左は愛鷹。
Img_7014
白い尾根と、噴煙の大涌谷と芦ノ湖
Img_7018
それに、伊豆半島の山も白い!
海老の尻尾もきれいよ~
Img_7030
山頂で、京都土産のお食べを食べながら、
至福の時間。
富士山の右裾に、北岳から甲斐駒まで見えてるよ。
Img_7013
 雲がかかっていた富士山が頭を出したら、みんなで一斉に撮影タイム!
Img_7040
 そうそう、猪鼻山の看板も撮ろう。
近づいたら・・・
(ノ°ο°)ノ オオオオ
Img_7056
 なんてかわいい猫看板!

 樹氷と猫なんてめったに撮れないよ!
Img_7053
春になれば、いろんなお花が咲くけど、こんな景色は最高!
丹沢主峰も樹氷がきれい。
Img_7062最後にもう一度!
日が当たって輝く樹氷
Img_7067
 あら、そう言えば・・・
茨城の堅破山で、パラパラと雪に降られて、
先週は、西上州の岩山で雪に阻まれ、
今日も雪。
週末会、雪ずいてますね~。

 こりゃ、来週も雪中登山かな?("⌒∇⌒")

 サクっと登っちゃったから、
下山後、少しは氷柱とかあるかな、と、夕日の滝に寄ったけど、全く凍ってなかった。
Img_7074
 一昨日の木曜日は、桜の咲くころの陽気だったし、月曜日は4月下旬の気温って言ってたもんなぁ。凍っていても溶けちゃうよね。

 地蔵堂の、万葉うどんさんの手打ちうどんを頂く。
矢倉岳が、すぐ後ろに見えてます。
Img_7084
 目の前で打って、切って、茹でて、出てくるの。腰があって美味しいよ~。
Img_7083
 猪鼻山に登ったから、シメは猪汁 お肉は柔らかくて。具だくさんで、こちらもとっても美味しい。
Img_7080

 金時山の樹氷、眼福でございました~(=●^0^●=)v

2019年2月 6日 (水)

伏見稲荷と大文字山 志明院と護王神社

 Pちゃんのお誕生山行 この時期だと、高いお山へ行けない。

さて、行きたいところは?
  Pちゃんは、京都が好き。
去年行きたいって言ってた、志明院へも行けるかな?
 ネットで、往復の新幹線とホテルがついた格安セットを、Pちゃん本人が見つけて、5人分取ってくれた。 交通費だけで26000円以上なのに、都ホテル宿泊がついて17000円くらい(ノ°ο°)ノ Pちゃん、ありがとう!  
 朝の新幹線で集合。
京都て前で伊吹山。2月なのに雪が少ない!
Img_6652
家を6時に出たら、京都へ、8時38分に着いちゃうんだよ。
早いね~、新幹線のぞみ。 大人の休日切符が使えないのぞみで、このお値段は、本当にありがたい!  
 今日は、皆さん小さめザック。
そして、お泊り荷物は、駅前のホテルのクロークへ預けて~(*^_^*)v  JRで稲荷駅へ。 まだ9時にもならないのに、朝からすごい人!    
Img_6655
ここね、私もお参りに来たことがあるんだけど・・・ 普通は、千本鳥居の伏見稲荷大社までくらいでしょ。
Img_6658
実は、その奥に、標高差150mほどのお山。 すべてが神域なんだよね~。
 あら、狐の絵馬(絵狐?)かわい~い! 
Img_6657
 四辻のベンチからは、京都盆地が一望。
Img_6662
このベンチで・・・
昨日、デパ地下で買った三色カステラで!  
Pちゃん、誕生日おめでとう~  
\(^o^)/ ~。☆ 。彡  
家から、熱々のお湯を持って来たよ。
Img_6661
お姉さま方にも、椎茸昆布茶と三色カステラ(^ー^* )  
そて、それじゃ、登りますか。
一峰から三峰まで巡ろうと左の路へ入ったら・・・
お稲荷様団地のてっぺんから、
Img_6664
静かな森へ
うーん (+_+) こっちじゃなかった?
[白滝3分⇒]って案内があったから、下りてみる。
地形図で見ると、阪神高速京都線の稲荷山トンネルの辺りに、滝行の行場のようなところ。
Img_6663
ここから、東福寺へ抜けられるようですね~。  
はい、戻りましょう(゜゜;)
階段を登って登って、なかなかのアップダウン。
あら、面白い竹を咥えたお狐様。
Img_6665
  清少納言が、伏見稲荷にお参りに来て、
「うらやましげなるもの」
として、中のみやしろ辺りを登ってて、ゼーハーしたらしい。 そりゃそうだよね。 宮中で、運動らしいことはしてないんだもの。
「いささか苦しげもなく」
登る民を
「いとうらやまし」
って言ってるの。  
 私たちを清少納言が見たら・・・
「いささか苦しげもなく歩む老婆、あなやとぞ思う」
って感じ~?
("⌒∇⌒") キャハハ    
 一の峰には、
Img_6669
山頂233m って山名板もありました。  
Img_6671
二の峰の台座は、富士山の溶岩なんだって。
Img_6673
 三の峰には、真新しくて真っ白なお狐様。  
 四辻の「にしむら亭」で、京いなりとしっぽくうどんを頂いて、本日のランチ。  
Img_6675
この辺り、アップダウンで面白い見どころがいっぱいなんだ。
貸衣装のお譲さん、シュールを地面に置く?(;-・。・-;)
Img_6677
 竹の鳥居は渋くて素敵
Img_6678狛犬ならぬ狛蛙もいました
Img_6679
 迷って、滝へ降りたりしたから、午前中だけで累計標高差は320m!  
 
 京都駅で、地下鉄に乗り換えて~
 
 ほんとは、山科から歩く予定だったんだよ。
でも、ちょっと前の情報だと、秋の台風の後、めっちゃくちゃな倒木群。で、通行止めだらけなんだって【><。】 跨いでくぐって、泥だらけになっても敗退 って記録があるの。  京都トレイルだけは、台風の後にいち早く整備されて、歩けるようになっているんですって。なので、蹴上駅から歩きます。  
 ねじりまんぽって言う、赤レンガのトンネルをくぐって南禅寺へ。
 Img_6683
   創建は、710年前ですって。
その奥に、琵琶湖疎水の分線があって、京都市街北部へ水を供給している水路閣が、美しい。  
Img_6684
 ここから・・・ 大文字山へ登れるらしいんだけど(?+_+)
全く道標がない【><。】
地元っぽい方に聞いても、知らないって~。  
コンパスで方向見て、登って行くけど・・・
なんで案内がないの~?
  とにかく、尾根まで出られれば~ と登って歩いていたら、やっと、京都一周トレイルの案内。  
Img_6688
 あ~ よかった(;-_-) =3 ふぅ~
歩き出しが午後だから、間違えて登り直していたら、下山後に銀閣寺へ、寄れなくなっちゃうところだった。  
 それにしても・・・
すごい倒木群だわ。
Img_6694
 斜面全部がなぎ倒されていたり、迂回路ができていたり、巨大倒木につっかいぼうがしてあったり。
Img_6695
 地元ボランティアさん、整備ごくろうさまです(/・0・)     
 お日様がそそいで、暑いくらいの陽気。
北東へ1時間半登ると、大文字山(465,3m) 山頂で、
Img_6699
 京都の町を眺めながらおやつ。  
 滑る登山道を、ちょっと下りると、大文字焼の火床。
(ノ°ο°)ノ オオオオ すごい高度感!  
Img_6701
 大文字の―画の長さは80m、二画は160m、三画は120mなんだって。 めっちゃ大きいよね~。そして思ったより急斜面!
 
Img_6704 山頂以上にいい眺め(*^_^*)v 比叡山も間近に見える。
Img_6705
菜の花や 月は東へ オスプレイは北へ~  
Img_6703
 法然院へ降りようと思ったら、倒木群で通行止め(/_;)
で、銀閣寺へ降りる。
 平日の、閉園間際にもかかわらず、たくさんの観光客がいました。
特に、海外の方が多かった。  上から見下ろす銀閣寺もいいね。
Img_6713
 ここで、お薄をごちそうして頂きました。
Img_6720
 お干菓子とお抹茶、大変美味しゅうございました。  
 定番銀閣寺
Img_6716
 法然院へお参りして、
Img_6722おしゃれな演出!
Img_6724
仏足は、大和のタケちゃんや本宮山の山姥の足より、ずっとずっと大きゅうございました。
Img_6725
 哲学の小路で戻って、銀閣寺入口から、バスで京都駅へ。
 貸衣装のペラペラ着物の男女がいっぱい歩いていて、なかなか面白かった。  
 翌日のタクシーの運転手さんによると! 中国からのツアーには、着物の貸し出しと着付けがセットのものが、多いんだそうです。
  化繊でペラペラの着物に半幅帯でも、着物を着たってことが楽しいのかな。  
 駅南口の新都ホテルが、今年4月から、都ホテル京都八条 ってお名前に変更するんですって。
  今回はこのホテルが新幹線とセットでした。 駅前でとっても便利。
 お夕食は、目の前の駅ビルの、いち藤さんへ。 京のおばんざい御膳 1300円 生麩に天ぷら、野菜のたいたん。
Img_6734
 はんなりと、美味しゅうございました(^ー^* )
十文字山は標高差430mで、伏見稲荷と合わせると750mでした。
あら、結構なハイキングじゃない!("⌒∇⌒")
   2月6日
昨日、コンビニで買った朝ごはんを頂いて、7時に出発。
地下鉄で、北大路へ。  
 行きたいお寺に行くには、一日2便しかない乗合ジャンボタクシーしかない。しかも、徒歩30分も手前の、坂の下までしか行かない(/_;)
それじゃ、帰りの新幹線に、間に合わないじゃん。
で、贅沢します。  
 志明院って知ってる?
Img_6743
 650年に、役の行者が草創って言われてるの。
そのあと、天皇の命を受けてお大師様が弘法大師が再興したって言う、ものすごく由緒あるお寺。    
 で、何が有名って・・・
『魑魅魍魎の最後の砦』って言われているの!
 司馬遼太郎も、妖怪について書いている。
ジブリのもののけ姫の構想にも繋がった、お寺でもあるんですって。  
Img_6739
 仁王門から先は、修験道の為、写真の撮影は禁止。  
雪が残って、雰囲気あります。
Img_6740
 奥の岩屋に、鴨川の源流があるんだよ。
そう言う重要ポイントだから、ここにお寺を建てたんでしょうね。  
 苔むして、とっても落ち着く、気持ちのいい場所でした。
魑魅魍魎の気配は、なかったよ~(*^_^*)  
 ただね、台風の影響て、飛竜の滝のお社や、桜天満宮の屋根が大々的に破損。
 ものすごい被害なのに、公共の支援は一切ないんですって【><。】
 ささやかながら復興の募金をしてきました。  
 待たせたタクシーで、護王神社へ。
Img_6761
 何を見たいかって言うとね・・・ かっこいい猪がたくさんいるのよ。
で、猪神社、とも言われているの。  
そしてここは、足腰守護のご利益があるんですって。腰のお守りがあるんです。
Img_6749
 清麻呂公が歩けなくなった時に、たくさんの猪が守ってくれて、足が治ったって謂れがあるの。腰が悪い友人にお守りを買って、向かいの京都御所へ。  
 はまぐり御門には、鉄砲の弾の後が残っているんだよ。
Img_6809
 京都は寒いかな~ って思ったけど、梅園の梅は、少しずつ咲きだしていました。
Img_6845
 寒い京都でも、春はすぐそこ。  
 超過密スケジュールだったけど、なんとか余裕持って、スケジュールがこなせた。
ふぅぅぅ~ ε= (*^o^*)   
 烏丸線って読める?
お姉さまが「カラスマルせんはどこ?」 って~("⌒∇⌒")  
 京都へ戻って、仕上げは、金沢まいもん寿司さんへ。
Img_6869
 お値段もよかったけど、お味は最高でした。  
 ゆっくりお土産を見て、13時の新幹線へ。  
すぐに北に見えた雪山は、比良山系の武奈ヶ岳辺りかな?
Img_6899
 新幹線とホテルがセットの、お買い得ツアーは、電車の時間が指定できないのが不便。  
 多分、一番人が少ない時間の列車を、割り振るんでしょうね。私にとっては、早めに帰れて、それはそれで嬉しいわ~(*^_^*)  
 
 お姉さま方、
せわしない観光&ハイキング、お疲れ様でした( ´ ▽` )ノ  
 冬の京都は、予想に反して、とっても楽しめました。

2019年1月26日 (土)

竪破山(たつわれさん)と横根山 

 今年お初の、関東百名山シリーズ。  

雪の多い時期だから、低山ってことで~ 
竪破山(たつわれさん)にしたの。 でも、今年は雪が、ほんとに少ないですね~。 そしてまさかの、雪中登山 (って程じゃないけどね("⌒∇⌒")  Img_6449
駐車場に車はない
Img_6451
 昔々、大和朝廷の命を受けて、黒坂命(くろさかのみこと)って言う人が、このお山へ来たんですって。
 で、砦(お城)の穴に、茨棘(イバラ)を敷き詰めて、賊を滅ぼしたって言う、痛そうな云われがあるの。
 それで、この辺りを茨城って呼ぶようになったんですって。  
 去年の春、マイフレさんに連れて来てもらった、イワウチワの大群生地のお山、横根山。 そのすぐ近くなの。  
 二の鳥居の近くに、後生車がありました。
Img_6454
 チベット仏教のマニ車みたいなもので、回すとご利益があるの。
最近、これ、増えましたね~。
高尾山にも、いくつもあるよ。  
  このお山は奇岩がいくつもあって、登山って言うより 奇岩巡りって感じなの。 まず不動岩。 上にお不動様がおわします。
Img_6455  
 パラパラと雪が降る中を、烏帽子岩や、
Img_6456
畳岩や、手形岩をみて 仁王門があって、大きなお社。
 ここの兜岩は、横に鎖が付いてます。
Img_6460
なんで登るの?(;-・。・-;)
磐座(イワクラ…神様の宿る岩)じゃないの?  
 長い階段を登って、
Img_6462 本殿
Img_6463
の先の竪破山(たつわれさん) (658.3m)
Img_6465
日立市の最高峰。 高鈴山より、ちょっとだけ高い。  
 立派な展望台があって、日立の海が見える。
Img_6464
マイフレさん、今日もお仕事に、走り回っているのかな。
日光方向が少し見えて、東は雪雲が付いてます。    
Img_6467
 階段ではなく、斜面の道で仁王門まで下りて~
少し東へ行くと、有名な、太刀割石があるの。
  断面が7m×6mって、めっちゃ大きいのよ。  
私が顔を出してるから、大きさが分かるでしょ! 矢印つけました。  
Img_6476
 源義家が、奥州征伐の時に、戦勝祈願のために竪破山に登ったんだって。 この巨石の前で、陣を引いて野宿していたら、 夢の中に「黒坂命」(最初に書いた、茨城の由来になった人)が現れた。 で、大太刀を差し出したので、ひと振りしたら! 巨大なまぁるい石が、パカッと半分に割れたんだって~。  
 だから、ここの黒前神社は、黒坂命(くろさかのみこと)をお祭りしてあるの。 どこまでが史実?  
 また色々岩が在って・・・
奈々久良の滝 って言うのに寄ってみる。
Img_6480_2
  もしかして、凍ってたらいいな~。って思ったけど、全く氷柱も、ありませんでした。
  尾根へ登り返して、林道で駐車場へ。  
 関東百名山でなきゃ、来なかったかも知れないお山。
まだまだ、知らないけど面白い山 って、いっぱいあるんだなぁ。  
 2時間で降りちゃったね。 まだ時間が早い。  
 ダートの林道を通って、花貫渓谷へ。
Img_6482
春に火曜会で横根山に登りたいから、下見に協力してもらった。  
去年、マイフレさんに連れて来て頂いた、花貫ダムさくら公園。
公園の奥の植え込みの隙間。そこから入って、川沿いを歩く。
Img_6484
 踏み跡はしっかりしていて、やがて急登になる。  
(・_・;)あら、イワウチワの葉っぱが寒そうね~
Img_6485
 なんで来たかって言うとね・・・
去年連れて来てくれた方が、下山で間違えて、ちょっとだけ、予定じゃないルートを降りて、戻ったの。そのルートは、調べたけどネットとかで書いていない。でも、踏み跡はしっかりしていた。  
 これで、ミニ周回ができたらいいな~。
そうしたら、時間を気にせず、ゆっくり写真が撮ってもらえる。
って思ったのよ。  
  岩交じりの急斜面を、どんどこ登ると、雪が増えてくる。
最後は、雪が積もった笹の藪。
(;´o`) しっかり、雪まみれになっちゃいました。  
Img_6487
 ミニピークに出て、取り敢えず左に登ると横根山(388,8m)  
Img_6488
山頂には、大きな反射板?があって、鉄の脚の隙間から、海が見えたよ。
Img_6490
 元のミニピークに戻って~  
さて、お山の大ベテランのリーダーさんが間違えて降りちゃった道。
これこれ!  
Img_6493
 地形図を見ると、最後の等高線がすっごくつんでいる。
だから、お姉さま方をお連れして、歩けるようなルートかどうかが、気になるところ。  
 まずは、ザレた急降下。今日は新雪が乗って、返って歩きやすいくらい。こう言う斜面には、お姉さま方は、慣れてるから大丈夫。  
 ちょっと岩っぽくなって、それに根っこも張って、返って下りやすい。  
Img_6495
そして、左に、花貫ダムがどんどん近づいて~
Img_6497
 崩壊地は、迂回路ができてました。
Img_6498
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
案外楽に、下りられた。
なんと、左が入ったとこで、右が降りてきたところ!
Img_6499
 このミニ周回なら、時間をかけて電車を使ってのアクセスでも、時間を気にせずに歩けるね。
  山友たち、お付き合い、ありがとう( ´ ▽` )ノ  
 雪まみれで冷えたから、高速に乗る前に何か食べよう。  
肉南蛮蕎麦を、山友たちにおごったよ。
Img_6501
  関東百名山のお付き合いの後、4月の火曜会の下見お付き合い ありがとう(´ー`)ノ
  でも、藪の岩尾根は面白かった。って、言ってくれた。  
 帰りの常磐道はスイスイで、ちょっと首都高が混んでました。
でも、高萩って、車だと近いね~。  
 久々、雪の中の登山でした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー