登山

2017年9月19日 (火)

日川林道~牛奥の雁ヶ腹摺山~小金沢山~小屋平

 今日は山友さんお二人が参加してくれるって。
じゃ、大姉さまがいなくて、なかなかジャンボが使えなかったけど、塩山タクシーさん利用にしようかな。

 さてさて、塩山タクシーさんで行けるところで、お姉さま方が歩いていないところ・・・
できれば、マイフレさんお二人も歩いていないルート・・・
ってことで、ややバリルート。

 大菩薩の登山口、上日川峠から、ちょっと東に回ってもらって、林道の分岐を日川林道へ入ってもらう。
その先の尾根辺りが登山口です。
あら、ちゃんと案内が出ていて、鹿柵を開けて入るようになってる。

P9193124
前に来た時と道が違う!

 伐採された木がゴロゴロとそのままの脇で、日当たりがいいから
(;>_<;) 棘性の植物が繁殖して、藪になっていて大変!
P9193125
 赤テープは多数。
うっかりしてたら、鹿道に入っちゃって、あわてて尾根の踏み跡に復帰。
標高が上がると、大菩薩と大菩薩湖が見えてくる。
パノラマ岩は、ちょっとした岩のテラスで、富士山がいい感じに見える場所。
でも・・・今日は晴れているのに、残念ながら富士山は雲の中(/_;)
で、もともと倒木が多いルートなのに、先日の台風で生木が折れてて~
P9193136
笹原の登山道が、障害物競走!

 この辺で私は、歩きにくい倒木だらけの道にお姉さま方を残して先行する。
倒木を、くぐって、登って、笹薮漕いで、
牛奥の雁ヶ腹摺山(1994m)の山頂へ、ポンと出るんだよ。
P9193137
今日のゲストさんは、よくお二人で参加する。
そうすると、火曜会だと、だいたい7~8人になるから、野点はちょっと無理。
今回、Pちゃんと大姉さまが欠席の6人。
なので、中秋の名月にちなんでの、野点にしました。

 緋毛氈に菊のお敷物で、皆さまが登るまでにセッティング。
うさぎさんの和菓子で、お薄です(*^_^*)v
P9183121
そうしたら、マイフレさんやお姉さまもお菓子を出して、にぎやかなこと(^ー^* )
P9193141
 ここから、前回は滝子へ下りたけど、今日はお姉さま方とだから、ゆっくりと北上。

 小ピークを二つ越えると、小金沢山(2014,4m)
P9193146
歩く人がわりに少ない、樹林の中。
苔むして、ちょっと北八つチック。
初夏には、この辺で、ランも色々見られるよ。

 ここでランチ。
P9193151
少し降りると、私が好きな場所。
P9193165
狼平と石丸峠。
P9193162
 私が若いころ、この辺りはものすごいお花畑だった。
ヤナギランやニョホウチドリ、クガイソウにカイフウロ。
鹿が増えたのと連動して、いつの間にかお花が減って、笹が増えてきた。

 それでも、高い木が育たないので、見通しのある気持ちのいい場所。
で、晴れていると、南アルプスと富士山がきれい。
富士山は見えないけど、南アルプスは少し見えてきた。
P9193157
 八ヶ岳の編み笠の稜線も薄~く見えてるよ。
一度林道へ出てから
P9193172
小屋平へ降りて、頼んだ塩山タクシーさんで、駅へ。
みんなで打ち上げして、特急かいじで帰ってきました。

 お久しぶりのマイフレさんたち、タクシー代が高くなっちゃってごめんなさい(。_。;)
お話、とっても楽しかったです。
来月も、またご一緒しましょうね~
(=●^0^●=)ノ

2017年9月16日 (土)

御飯山 万座温泉 草津湯釜

 6月16日に、草津白根の火山規制が、緩和されたんだって~。
ちょっと遠いけど、行こうか?
湯釜の、あの水色が見たいね、って6月から話してた。
山友が、草津へ行くなら御飯岳(オメシダケ)にも行きたいって!
 でも、今年の夏は、雨予報が多くて・・・
一部笹薮って噂の御飯山は、延び延びになっちゃった。
群馬と長野の境の 上信分水嶺、私も歩いてみたい。
志賀高原のエアリアマップの、左下に出ているよ。
 大型台風が来るから、土曜日に行こうね。
予報は一日曇りだし。
まずは 草津を抜けて、毛無峠へ。
P9163055
ありゃりゃ、真っ白だぁ~。
ガラガラの斜面を登ると、にょきりと鉄塔。
P9163073
昔、鉱山があって、硫黄?とか運んでいたらしい。
少し登ると、低い笹原の毛無山(1930m)
山名板はなくて、ケルンが積んである。
P9163056
ほんとはここ、360度の大展望らしいの。
(;>_<;) う~ん残念。
真っ白で何にも見えないよ。
ヤマハハコと、オヤマリンドウと、アキノキリンソウが咲いてる。
P9163069
シラタマノキと、アカモノと、ガンコウランの実がついてる。
横から、耳が痛くなるような風で、フードを被る。
ちょっと下りて、だらだらと笹原を登ると、樹林に入る。
P9163058
ありゃぁ~(;´o`)
霧が木の枝について、水滴になって、降ってくる感じ。
足元は笹だし、上下とも雨具を付ける。
 藪だって聞いてあった笹は、刈払いされたばかりで、滑るけど助かる。
P9163071
一部急登もって、踏み跡ははっきりしていて、
御飯岳(2160,4m)
P9163059
あら、ここは降ってないわ。ガスって真っ白だけど。
じゃ、ここで、御飯にしますか("⌒∇⌒")
P9163061
座って、おにぎりを食べていたら!
(ノ°ο°)ノ オオオオ
北アルプス、見えてます。
白馬三山も鹿島槍も!
ふわっと一瞬見えて、隠れて、を、何度か繰り返す。
よかったぁ \(^o^)/
今日は一日、真っ白かと思った。
ピントを合わせる余裕もなくて、めっちゃボケボケだけど、北アルプスって分かるでしょ?
P9163065下山口の先の林道でも、一瞬見えたよ。左が鹿島槍
P9163077
 途中、万座温泉の湯畑と、温泉街
P9163080_3
秘湯、湯ノ花旅館に寄る。
白濁のお風呂は、ちょっと本沢温泉にも似ているね。
P9163054
元白根へ車で戻って・・・
うーん "( ' ' ;) ガスって白いねぇ。
でも、一応湯釜の展望所へ登ってみる? マップタイム20分
P9163081_2
真っ白からうっすら稜線が浮かんで・・・
P9163082これが最高。
P9163085
水色の湯釜は・・・残念ながら見られません。
「ここまで頑張って登ったのに~」って、観光客さんたちが、ゼーハーしながら、残念そうだったよ。
 前より、展望台もちょっと離れてるしねぇ。
3年前から、ここと弓池周辺は、立ち入り禁止区域だった。
車での通行も、窓を開けちゃだめ、停まっちゃだめ でした。
 弓池もちょっとだけ散策。
こちらも真っ白、と思ったら
P9163089少しガスが動いて、ナナカマドとオヤマリンドウ
P9163097逢ノ峰が見えてきた
P9163101
オヤマリンドウを堪能して車へ。
P9163103
 まだ時間は早いけど、先週みたいな渋滞が怖いから、急いで帰ってきました。
 
 明日は台風だし?
高速は全然渋滞してなかったよ。
 
 御飯山、往復3時間のお手頃ハイキングだよ。
晴れていたら、北アルプスの大展望だよ~(^ー^* )
 
 御飯岳の刈払いで、笹の葉を拾ってきた。
白根湯釜のレストハウスで買った、塩だし笹竹を乗せて、中里で買ったワサビおやきでお夕飯(^ー^* )
P9163105

2017年9月12日 (火)

日影~城山~高尾

 今日の火曜会、K姉様もいなくて4人だけ~。
で、K姉様のお家から近くて、何度もいらしてる箱根の明神岳にしました。
それなら、来れないK姉様も、悲しくないでしょ。って。
でも、箱根は雨予報(/_;)
おまけに、Pちゃんも介護で来れないって。
3人?(・_・;)
じゃ、近間にしますか。
高尾で、下山後におお姉さっまを呼びましょうか?
 勝手知ったる高尾北口で待ち合わせて、小仏行きバスに乗る。
日影で降りて、ちょっと先で渡渉するのが城山北東尾根取りつき。
案内のない静かなルート。
P9122935
でも、今日は、Y姉様が、大姉さまに教えてもらったルートに。
ちょっと先のキャンプ場の奥からも、尾根に取りつけるんだよ。
P9122936
 この時期だから、草が茂って、一部道が見えない。
P9122938
で、行くな の横木をまたいで
P9122939
尾根に出る。あとは、踏み跡しっかり、尾根を通して城山まで行けばいい。
 急登もあるけど、おおむね気持ちのいい尾根で・・・
あれれ?
9時過ぎにもうポツポツ雨が(/_;)
ちょっと待って~。
登っちゃってからにして。雨具を着ると暑いから。
 毎年夏に、大盛りかき氷が、テレビとかでもよく取り上げられてるね。
小仏城山(670,4m) 
P9122948
小雨程度なのに、人っ子一人いない( ゜.゜)
こんなのも珍しい。
猫の営業部長が、暇そうに寄ってくる。
ここで軽くおやつ。
 (≧◇≦)エーーー!
雷が鳴ってるじゃん!
参ったなぁ。
今日は、5年ぶりくらいで稲荷尾根で下山しようと思ったのに~。
「もし高尾へ近づいて、まだ雷が聞こえたら、高尾病院へ下りちゃいますね」
 こういう時高尾は、状況によって、細かく選べていいね。
10時に城山でおやつ休憩
P9122947こんな低山でも、雲海がきれい
P9122951城山の彼岸花、増えましたね~。見ごろは来週かな。
P9122953_2
 雨が降ったりやんだり。
山頂はスルーして、稲荷尾根へ。
私が登った山で、大岳の次に多いのは、高尾山だな。
数えたことはないけど、50回くらいかな? もうちょっとかな。
お姉さま方も、そのくらい登ってるかも。
 この辺りまで、ほとんど人に会わなかったけど、こんな日でもそこそこ人がいる。
途中に大きな東屋があって、屋根の下は結構混んでる。
P9122964
 今日、ランチしなかったのは、ふもと屋さんで、窯焼きピザを食べるため。
大姉さまに、高尾山口1時って待ち合わせて、12時52分に到着。
私は三茶で会ってるけど、ちい姉さまとY姉様は、近況をあれこれ聞いて・・・
 大姉さまがね、ヒビは右足なんだけど
「この左足がせっかち山なのよ!」って言うの。
「右足に負担をかけないようにしようと思っても、左足が勝手に、ポンポン行っちゃうの」
って~("⌒∇⌒") キャハハ
左足がせっかちさんなんで、困るんですって!
 久しぶりのちい姉さまとの掛け合いで、お腹抱えて馬鹿笑い。
楽しかったぁ~。
ピザとビールとドリンクまでごちそうになって、おまけにお菓子まで頂いちゃった。
P9122969
早くまた、一緒に歩きたいなぁ~。
 雨と雷の高尾、静かでよかったです。
帰宅して夕方! 窓に明るい光が・・・と思って外を見たら
アーチの大きな虹が!
大姉さま、瑞兆でございまする!(*'‐'*) ウフフフ♪
P9122979

2017年9月11日 (月)

日帰りで常念~蝶

 9月10日
ずっと前から行きたかった、前常念に行ってきた。
なんで前常念かって?
一等三角点百名山なんだ~。
私は常念~蝶には2回行ってる。
でも、あまりに予報がいいから~
朝の車の中で、「蝶までの周回にしようか?」って決めた。
累積標高差2000m マップタイムは14時間 じゃ、休憩込みで11時間くらいで歩けるかな。

 三股に車を停めて、エアリアマップに『水なし急登が続く』
って書いてある、マップタイム5時間50分の前常念。
週末会は、こう言う急登系は、マップタイムがう~んと縮むんだよね。まずは右へ

P9102918 空が青くてワクワク~ 矢印が蝶 そこからこちらへ降りるの
P9102810前常念が見えてきた
P9102808
で、3時間ちょっとで登れました。
汗かいたぁ~("⌒∇⌒")

 会いたかったよぉ~。
前常念(2661,8m)一等三角点 点名『常念岳』
P9102816
ここからは、槍・穂の眺めはない代わり、初夏に行った有明山や蝶ヶ岳が美しい。

 ガレ場をひと登りで、常念岳の一つ前のピークに来たら
おぉ~ \(◎ ◎)/
槍の肩の小屋まで、はっきり見える。
P9102829
('◇'*)わぁお!
今年一番の北アルプスかな。
麗しい槍様、穂高様~♪~
P9102842
それに燕から大天上も、赤牛も鮮明。
P9102826
P9102825
なんて眺め!
ここで、おにぎりの朝食
ちょっとトラバースして、トウヤクリンドウに会えた
P9102832
常念小屋からのルートと合流、
常念岳(2856m)
P9102839
 ガーっと降りて、ちょっと登ると、ピーク
もう一度ガーっと降りて登ると2592mピーク
今日は、ここで早めのランチ。
サラダと生ハム、チーズを包んだカボチャのコロッケ、クロワッサンのサンドイッチ。
P9092800
 また、ぐっと降りて、
トリカブトと蝶槍
P9102863ミヤマコウゾリナとウメバチソウ
P9102859
次の蝶槍は、朝からもう7時間以上、累計標高差1800mくらい歩いて、ヘロヘロ~(;´o`)
P9102872
結構、足が上がらなくて、年を取ったなぁ って実感した。
こんなとこで、疲れたと思ったことはなかったもの。

 それでも、登ってしまえば、蝶槍と槍の眺めは素晴らしくて、じゃ、ここで、お茶でおせんべ休憩にしよう。
なんて、今日は休憩三昧。
だって、霞沢岳から前穂、奥穂、槍、水晶、赤牛、大天上、燕、鹿島槍
今季最大の眺望!
 
 右手を見るたびに、おぉ~('◇'*)
って歓声。 左手は、安曇野がきれい。
オンタデの後ろに、霞沢岳 その奥に乗鞍
P9102885
 緩く下って、蝶ヶ岳に登り返して、さぁ、あとは下りるだけ。
車までは・・・あと1600m下りるのね。
P9102899
 サクサク下りて、途中で何人くらい追い越しただろうか。
休憩込み、8掛けで計算したよりだいぶ早い、三股に3時半下山。
有名なゴジラの木。目も牙もあるね~
P9102910
 ほりで~ゆ四季の郷って言う温泉に寄って、お湯の中でストレッチ。
きれいなお湯なのに、530円でお安かったです。

 こんなお天気の週末は高速が渋滞するだろうな と思って覚悟して、
今日はあらかじめ「北アルプスに日帰りするので、夕食が作れないかも知れません」
と、冷蔵庫にポトフとサーモンサラダを置いてきた。

 あ~、勝沼から中央高速35キロ渋滞。
おまけに、新しい事故渋滞も(/_;)
遅くなったからって、送って頂いた東名も渋滞。

 今年の夏は雨続きで、みんな晴れの週末に手ぐすね引いていたから?
常念岳周辺も、中央高速も、夏休みが終わったとは思えない混雑でした。

 でもね、大渋滞に巻き込まれても 久しぶりの北アルプス!
最高にきれいだったよ~( ´ ▽` )ノ

2017年9月 5日 (火)

須走口一合目~グランドキャニオン~五合目

 先週のバス停リサーチミスで、ちい姉さまとPちゃん未踏のグランドキャニオンに、行けなかった。
先週の帰りに、特急あさぎりの指定を取ったの。
これは、私鉄小田急線がJR御殿場線に乗り入れる珍しい特急。
朝の通勤時間の小田急線じゃ、座れないし、ご飯も食べられない。
けど、特急あさぎりはゆったりお弁当が食べられるのがいいね(^ー^* )
 もう、御殿場発のバスも10日で終わる。
8時35分発の須走五合目行きのバスは、私たちの前で、ほぼ満員。
「誰か、このバスに、お連れさんが乗っているグループはありますか?」
早く来ていたK姉様が乗っていて「はーい、連れが乗ってます」って手を上げたら、「じゃ乗って」
「ぴったりだな、出発!後の方は、増発便が来ますからお待ちください」
よかった!K姉様のおかげっで乗れた~。
 馬返しのバス停で降りて・・・
P9052748
3分ほど先の石柱に、グランドキャニオン って書いてある。
P9052750
ここね、何年か前のエアリアマップには、赤の実線で出ているんだよ。  
ツアーも来ているし、黙認状態らしいけど、ルートは自衛隊の敷地内。
それと、スコリアは崩れやすいから危ないのと、道迷いも多いらしいから?
危険、通行止め となってます。
 
 踏み跡はしっかりしていて、すぐにスコリアの谷に出る。
P9052753フジアザミとテンニンソウ
P9052756バライチゴの実が大きい!
P9052757
だんだん、崖が高くなって~
ね、グランドキャニオンチックでしょ(^ー^* )
P9052758矢印の上に、矢印より小さな私がいるので、崖の高さがわかるかな?
 遡ると、谷が二股に。
左の谷には大きな×マーク。
右の谷の小さな尾根を登る。
どんどん崩れるから、数年前は、トラロープが付けられていた。
「端は歩かないでね~、すぐ崩れそうだから」
P9052764
ちょっと登るといい感じの森の中に。
P9052765
あれ? ロープが見える。
と思ったら、私たちが尾根にとりついた場所が崩れてきたから、右の谷に新しく道を付けてあった。
次からはこれで行こう。
 小さいハナイカリがたくさん!
P9052780
フジアザミにミヤマアキノキリンソウにテンニンソウも。
いったん樹林を出て、スコリアの斜面を登る。今日はお天気かと思ったけど、ガスって真っ白。
P9052767時々ふわっと隣の尾根が見える。こちらにフジアザミラインが通ってる。
P9052768
隣から尾根が合わさって、
1905,6mの三角点  
P9052770
先週は、ここまで五合目から降りて、写真を撮った。
富士山なのに富士山が富士山に見える場所は、残念ながら、今日は真っ白(;>_<;)
ここで、フルーツおやつバイキング。
P9052771
だって、今日は五合目でキノコスパを頂く予定(^ー^* )
樹林でミヤマウズラに出会ったよ。
P9052779
 ガスってるのが動いたから、晴れるのかと期待したけど、今日は白いままで寒いくらいでした。
P9052782
 もう一つ樹林を抜けて、はい、小富士に着きました。
樹林の中には、キノコ類がいっぱい。
水平移動20分で須走口五合目。
 気持ちよく富士山に登るなら、須走五合目で泊まって、日帰りがいい、と私は思ってます。
 五合目で有名なのはキノコ汁だけど、今日はキノコパスタ。
クリームパスタと
P9052785
醤油パスタの二種類。
P9052786
 須走口五合目13時45分発のバスで、御殿場へ帰ってきました。
途中、バスの前に、顔を迷彩色にした自衛隊が乗ったトラック!
P9052790   どんな訓練をしたのかな?
水爆一つで終わりのような今、この訓練は役に立つんだろうか?
このバスは、9月10日でおしまい。
何とかリベンジできました(*^_^*)v

2017年9月 4日 (月)

ニセコアンヌプリ 羊蹄山 ラフティング

  夫が、ニセコでラフティングをしようって。 ( °o° ) エー いつからそんな・・・ アクティブ アウトドア派になったんですか? 

「私は羊蹄山に登りたいんですが、いかがでしょう?」  
で、ニセコの滞在型ホテルに連泊予定。
 
  溜まったマイルで取れた飛行機は、一日目も三日目も、すごく遅い時間。 私は、二日目が、晴れてくれれば何も申しません!  
 一日目の午後の、2~3時以降は、いかがしましょ。 ニセコのロープウェーで、ちょっと登りましょうか? って勧めつつ・・・ 一等三角点タッチに行きたいな~。 って、ワクワク("⌒∇⌒")  
 9月1日
 千歳空港に12時着で、レンタカーを借りて、国際的ゲレンデ ニセコまで3時間。 夏でも動いているロープウェーが二つある。 到着時間が遅いので、一番山頂に近い、ニセコゴンドラに乗ります。 下りた標高1000mに3時10分に到着。
  マップタイムは1時間40分で、最終ロープウェーは4時半。 1000m展望台にベンチがあっていい眺め。 夫が「ここで寝てるわ~」 って言ってくれたんで、ダッシュで山頂へ。  
P9012543
 一等三角点『似古安岳』(1308,2m)タッチ(*^_^*)v
P9012545
すぐ近くに、羊蹄山がきれいな形でそびえてる~。 明日も晴れるといいなぁ。
 4時15分に展望広場へ戻ったら、夫は爆睡してた。  
 で、ニセコの長期滞在型ホテルに連泊。 なので、帰りにスーパーに寄りました。 明日のお弁当とか、ビールとか、ちょっとつまみとか買って、今夜は外食。 ニセコは、海外からの観光客が多いので、この形式の方が喜ばれるのかな。  
 9月2日
夫の登ったお山としちゃ、去年の十勝岳が最もロングコースで7時間。標高差1100m。 羊蹄山は、マップタイム7時間半。標高差1500m  普段歩いていない人には、かなりきつい。  初めは、一番登られている半月湖からにしようかと思ったけど、それだと、山頂はお鉢の反対側で、ますます時間が長くなる。 急がせたら、あとで膝に来たりするから、一番標高差も時間も短い、京極ルートにした。
 朝、早めにホテルを出て、羊蹄山を半周した登山口へ。
P9022561
 今回、私のザックの一番軽いのを夫に貸した。 中身は雨具と、ぺとぼ2本と手ぬぐい。 それでも、滑る歩きにくい道は、夫はかなり大変そう。 途中で何度も休憩して、ストレッチをして・・・  
 最後のザレは大変そうだった
P9022595
カンカン照りだと疲れるけど、高曇り。 ほぼマップタイムで、羊蹄山(1842,7m)    
P9022603
 山頂で、おにぎりとお漬物。 ホテルで入れたお湯で、お味噌汁付きだよ。 あ~、ザックが軽くなったぁ(^ー^* )    一緒にお昼を食べた後、夫にはゆっくり下山していてもらって、私はお鉢巡り。
P9022620
  お鉢のマップタイムは1時間15分。 「たぶん、2合目辺りで追いつきますから、膝に無理がないように、ゆっくり降りていてください」 って言っといた。 お昼を食べている時 雲が上がってきたから、ガスっちゃうかと思ったら、最高に気持ちがいいお鉢巡り!
P9022621
 いろんな方とお話ししたり、エゾシマリスを撮ったり。
P9022625
 京極登山道に戻って、ガンガン下りたら、5合目で追いついたよ。 夫は、ほぼマップタイムで降りてました。 急ぐと、ひざを痛めそうで怖いんですって。 途中でストレッチを入れながら、ゆっくり降りて、京極温泉へ。  京極吹出公園は、羊蹄山の伏流水の湧き出るところで、毎日8万トンも出てるんですって!
P9022642
 今日は、お疲れさまでした。
お付き合い、ありがとうございました(゜゜)(。。)  
 9月3日
今日は、夫ご要望のラフティング。 でも、行く前は、台風の余波で、3日の北海道の天気は雨。 どうなるのかなぁ。 雨でラフティングは、楽しくないなぁ。 と思っていたら、
 なんと!(・_・;)  夫が予約していたのは、二人乗りダッキー。
それって・・・(;´o`) イントラなしで、私たちだけで漕ぐんですよ!
着替えて、落ちた時の救出のされ方と、岩に乗り上げて動けない時の講習。 それから、簡単なパドリング講習。 机上登山ならぬ、机上川下り。  それから、ラフティングの人たちと一緒のバスで、尻別川へ。
 まず、流れの緩い所で実技講習。
「お二人とも勘がいいですね」とか、イントラさんにおだてられて、その気になる("⌒∇⌒") キャハハ
 何度かの練習後、「じゃ、ラフティングの人たちを追いかけましょう」
って。 あちらは10人+イントラ。 なので、漕げばこちらの方が速い。
P9032666
イントラさんは、一人乗りダッキーで、ダッキー8組までを一人で見てる。 危ない人に声かけしたり、万一の場合はホイッスルを吹いて、助けてくれる。  
 私たちには「旦那さんが、後ろで 右とか左とか 指示を出してください」って言われたんだけど・・・
とっさの夫の指示が、反対だったりする~(;´o`) 
申し訳ないけど、指示は無視して 私の野生の勘で漕ぐ~("⌒∇⌒")
 P9032674
 右とか左とか、考えていられないもの! 岩に乗り上げたり、岸にぶつかったりしそうだし。  
 事前に講習で「ぶつかる時は、岸と反対に避けると、確実に船がひっくり返ります。体重は岸側に」って。 これは、言われなくても体が勝手にそうなったよ。ぶつかりそうな崖に、オールを突き出して、つっぱねた。だって怖いもの~。  
 瀬が早い、岩のところで乗り上げて、あとから来たイントラにボートを蹴って押してもらったり~。(;・_・; ・・・・  最初の、1/3が一番難しいかしいんですよ。って~(#´ο`#) そこ、結構緊張したよ。落ちたくないから。  
緩い所では写真も撮れる。ここは、羊蹄山からの伏流水が細い滝になって落ちている場所。
P9032670
 約8キロの川下り。
超面白かった! また やりた~い\(^o^)/  
P9032673
 私、中二から数年、井之頭公園のボートに、中高の親友と何度も乗ってる。カチカチボールが流行っているころ。 そういう機能は、年月が経っても小脳に記憶されて、体が覚えているから、思い出すんだよね(^ー^* )
 岩にぶつかりそうな時は、結構背筋使ってオールを漕いだよ。  
カメラマンが撮った写真を一枚買って、ほかのを写させてもらった。
P9032675
 帰りの飛行機の時間が遅いから、帰路の寄り道で、洞爺湖と、
P9032683
昭和新山
P9032691 ロープウェーで有珠山展望台に。 シロバナトウウチソウが咲いてたよ。
P9032719室蘭方向
P9032716外輪山と火口
P9032708筋肉痛の夫に待っててもらって噴火口
P9032709
 素晴らしい眺めで、寄った甲斐がありました。  ロープウェーから、洞爺湖の中の島と重なる羊蹄山。やっぱ大きいねぇ~。
P9032731
 行く前の予報じゃ、2日・3日とも雨だったんだよ。
それが・・・
最高の3日間でした(=●^0^●=)v

2017年8月29日 (火)

須走口五合目から小富士 小御岳神社

 まだまだ暑い時期。
どこへ行きましょう?
この時期、日帰りで夕飯までに帰宅できて高い所って、限られてる。
で、お姉さま方がまだ歩いていないところって・・・
3年前にも行ったけど、グランドキャニオンから小富士にしましょうか?
ちい姉さまとPちゃんは歩いてないし。

 新松田を8時半のゆっくり集合。
往復切符を買いに、小田急バスの窓口へ。

 ところが!(≧◇≦)
新松田発のバスは、馬返しには止まらないって。
窓口の方が「浅間神社で、御殿場発のバスに乗り継げます」と言って、時刻表を見てくれて、「あら、もう平日はないわ」

(;>_<;) エー 
リサーチミスです。どうしましょ。

 今から御殿場へ出ても、昼前までバスはないから、とにかく須走五合目へ。グランドキャニオンにピストンは、
・・・帰りの時間が、30分ほど足りない(/_;)

 まずは、ほぼ平行移動で小富士へ。ここは、富士山なのに、富士山が富士山に見える、大好きな場所。

振り向くと、富士山が雲から出てきた!
P8292423
幼稚園児が遠足に来て、にぎやか。
北東側の尾根に矢印があって、少し下りてみる。トレランの大会でもあったのかな?そちらに踏み跡がいっぱい!
巨大なフジアザミが、スコリアの中に咲いている。
P8292429
こんな乾燥したところにもキノコ
P8292426
ムラサキモメンヅル
P8292432
 登り返して、グランドキャニオン側の尾根へも、少し下りる。
点名小富士(1905,6m)と富士山 
P8292436
きれいでした(^ー^* )

 登って戻って、 木陰でランチ。
今日は、最後にキノコ汁を頂くから、少な目(^ー^* )
P8292437
 富士登山口を少し登って、小御岳神社に参拝。その先の、眺望があるところまで行っておやつ。でも、ガスっちゃって何も見えないね。
コキンレイカ
P8292461トモエシオガマ
P8292455ホウキタケ
P8292441コウモリソウ
P8292456ここに座っておやつ休憩の間に、数組登って行きました。今夜は7合目と8合目にお泊りだそうです。
P8292462
お昼過ぎても、登る人が色々。ほかの山とは違って、いかにも普段は山を歩いていないだろう人や、小さな子供。明日はお天気悪そうだし・・・頑張ってね~( ´ ▽` )ノ

まだシャクナゲが咲き残っていたよ
P8292464
 ものすごく、足が痛そうな女性に声をかけたら、膝が痛いって。ストレッチして、五合目までザックを持ってあげるって言ったら、カップルかと思ったら、連れは息子。
 で、息子が母のザックも持った。
おそらく、山好きな母が頑張って、荷物をみんな背負ったんで、膝に来ちゃったんでしょう。

 私たちが五合目に降りて、キノコ汁を食べていたら
P8292473_2
しばらくして、やっと降りてきた。
ロキソニンテープをお渡しして、貼り方を教える。

 富士山って、普段歩いていない人が登るから、下山で膝に来てる人を、多く見かけるね。
いきなり富士山に登らないで、2~3回はトレーニングしないとね。

隣では、毎週キノコ狩りに来ているって言うグループ
左からタマゴタケ、カオリハツタケ、キイロイグチ
P8292485
 今期は、明後日までしかない、新松田までのバスで帰ってきました。

 お姉さま方、リサーチミス、すみませんでした!(。_。;)

 最後にコケモモソフト、ごちそうさました(゜゜)(。。)ペコリ
P8292477

2017年8月25日 (金)

経ヶ岳

 坊主山へ行った時、すぐ近くにどっしりと見えた経ヶ岳。

中央アルプスの一番北の端って感じ。  標高はそう高くないのに、標高差1500mマップタイム8時間40分。 暑い時期に行くの、きついかなぁ~。  でも、なかなか晴れ間のない今年の夏の、貴重な晴れ予報。 なので、行ってみる(^ー^* )  
 お天気だと思っていたのに・・・ 高いお山には雲がついてる。 あれれ、眺望は望めないのかな(;´o`)  伊那IC近くの、仲仙寺の階段が登山口。
P8242310
 登り始めは、あまり標高が上がらないトラバースが続く。 笹が、登山道にはみ出している箇所が多い。
 フシグロセンノウがいっぱい! (=●^0^●=)v  
P8242214
 朝露や雨の後だと、日曜日の甘利山みたいにずぶ濡れになったね。 乾いていてよかった(;-_-) =3 と・・・思ったのもつかの間!(ー_ー;)   
 途中、虫がブンブンまとわりついて~(;´o`) 何度か、薄荷スプレーをする。  風があまり抜けない樹林帯を登ると、標高1900mほどの7合目で、ちょっと展望がある。 釜無山は見えるけど、仙丈辺りは雲の中。
P8242240
  あれれ~(;・_・; ・・・・ 8合目辺りから、雲の中。 もしかして・・・雨が降ってるの?(/_;)  中央アルプスと南アルプスの展望があるはずの8合目・・・真っ白。 でもね~ \(^o^)/ すごいヤナギラン!
P8242259
 鹿が少ないお山かな? きれいなお花畑だよ。  その先が・・・ しずくに濡れた、足元が全く見えない、背丈を超す笹の藪!  先頭の私は、もう、びっしょびしょだよ。 足元は見えないし、まとわりつくし、恵那山の笹薮よりすごいよ。  
 繰り返し藪漕ぎして、これで・・・長野100名山で、日本200名山なの?  経ヶ岳(2296,3m)
P8242271
 二等三角点『経ヶ嶽』です。
P8242272
  山頂の西側は、雨の音がしてる。 でも、山頂は降ってない。軽くお菓子を食べていたら、寒いくらい。    登山靴の中までぬれると気持ちが悪いから、雨は降っていないけど、下山の藪漕ぎのためにオーバーズボンをはきます。  やっぱり・・・すごい藪~(ー_ー;)  でも、きれいなお花畑~(^ー^* )  
P8242276
P8242275
 また、来たいかって言うと・・・ うーん "( ' ' ;) 誰か、藪を仮払いしてください! (゜゜)(。。)ペコリ  7合目まで下りると雲から出たけど、やっぱり南アルプスは見えない。
  標高差1500mだし、最後がだらだらだから、ちょっと飽きるね。 それに標高が下がったら、めっちゃ暑いじゃないの(;>_<;)  
 下山後、すぐ近くの「みはらしの湯」に寄りました。500円で、目の前が南アルプスの絶景・・・の、上半分が見えない。 でも、さっぱりしていいお湯でした(^ー^* )  また、お風呂の後でお蕎麦。
P8242314
 帰りのあずさの甲府辺りから、どんどんお天気が良くなって・・・ 今年の夏、初めて富士山を見たような気がする~。  
P8242319
 お山にいるときに、こういう眺めが見たかったなぁ。  それでも、久しぶりに、ヤナギランの大群生が見られました(*^_^*)v    
 アルバムは、日曜日と火曜日に撮ったお花は、アップしてません。 咲いていてアップしなかったのは、ヤマジノホトトギス・キバナノヤマオダマキ・マルバダケブキ・キンミズヒキ・オトギリソウ・タムラソウです

2017年8月22日 (火)

御岳神苑の森~ロックガーデン~サルギ尾根 

先週は、雨で予定ルートを歩けなかった。
寒い雨が続いて、レンゲショウマがまだもっている。
それに、先週レンゲショウマ好きのお姉さまが、お盆で息子さんやお孫さん接待で、欠席。
81歳の母に接待してもらえるなんて、どれだけ幸せなことか、分かっているのかなぁ~、息子さんとお嫁さん。
私は、母が75歳で寝たきりになって、ずっと泊まりのお山にも行けずに、介護だったんだよ!
 先週と同じ集合で、また御岳へ。
ケーブルの前のお店に「今週も来ました( ´ ▽` )ノ 」ってご挨拶。
最盛期を迎えた、レンゲショウマ群生地には、朝早くからカメラマンがいっぱい。
P8222174
今日は、神社へは行かず、手前から、北側へ。
 今年3月の雪の積る日、お姉さま方がパスした、神苑の森を歩いて頂きたかったの。
ここは、ちょっと前まで、神社の禁域だったんだよ。
すがすがしい森をトラバース。
ここが、3月には膝上の雪で、マイフレさん2人を連れて、ラッセルしたんだよ。
お姉さま方は、一般登山道へ。
後ろを歩くマイフレさんたちに、「私の踏み跡から外れないでね!」って~
たかが御岳山で、結構緊張したんでした("⌒∇⌒")
登山道との合流点は、天狗の腰かけ杉。
P8222177
水平移動で東屋へ出て、ロックガーデンへ降りる。
P8222182
この時期のロックガーデンは、タマガワホトトギスが見られるの。
一昨日は、スーパーマクロで、ピンボケ写真しか撮れなかったから、今日は少し離れてマクロで撮ってみる。
P8222183
水の上を渡ると、涼しくて気持ちがいい~!(=●^0^●=)v
ずっと、ここにいたいね。
 P8222185
 沢が曲がるところで、上高岩の分岐へ。
P8222188
ここは、そこそこアドベンチャー気分が楽しめます。
でも、今日は蒸し暑い。
 まずは、ジグザグに高度を稼いで、尾根に出て右へ回り込む。
出ました、お姉さま方には大変な梯子。
地面から、80センチくらいのところから1段目。
最初に足をかけて、乗り上げるのが大変。
女性は年を取ると、握力が無くなる。
70代80代は、腕の力では登れない。
ここで私は後ろに回って、一段目をあがるサポート。
ちょい笹薮や、鎖もロープもあって、アスレチック気分で登る。
P8222194
今日は蒸すから、湿度に弱い78歳のお姉さまが失速。
めっちゃゆっくりになって、予定のバスには間に合わないなぁ~(;´o`)
道がジグザグになって、サルギ尾根へ。
登った10mほど右が上高岩(1102m)
でも左へ。
 15年くらい前まで、結構藪っぽい道だったのに、今は草もなく、ずいぶん歩きやすくなった。
しかも、新しい道標があちこちに。
 こう言うの・・・
誰でも歩けて、ちょっとつまんない(;-_-) =3
 上高岩の、風の抜ける東屋でランチ。
P8222201
先週はおろし蕎麦だったから、今日はゴマ豆乳うどん。
暑さ負けで食欲がないわ って言ってたY姉様も、冷たいおうどんを美味しいってぺろりと食べてくれた(*^_^*)v
P8222200
 展望台からは、私の青春の、大岳山が目の前(^ー^* )
この展望台は、結構昔からあった。
大岳の親父さんが40年ほど前に、
「あんな人が行かない尾根に、なんで立派な展望台を建てたかな」って言っていたのを覚えてる。
今じゃ、シロヤシオやイワウチワの時期に、なかなか人気のコースです。
 
 急下降の滑る下山で、こちらも予定時間をオーバー。
P8222210
養沢神社に乗りて、予定の1本後のバスで瀬音の湯へ。
P8222212
 先週みたいに雨の日に、最後が温泉だと、さっぱりして気持ちがいい。
 今日みたいに蒸す日は、最後が温泉だと、さっぱりして気持ちがいい。
 時間に余裕があれば、いつでも温泉は気持ちいい(* ̄∇ ̄*)
 瀬音の湯は、PH10,1 
先週の日の出つるつる温泉より、もーっと美人になったかも?
("⌒∇⌒") キャハハ

2017年8月21日 (月)

甘利~千頭星 椹池

 今日は、山友のご要望で、日帰りで赤岳阿弥陀の予定。
小仏渋滞も、美濃戸の駐車場が混むのも、嫌だから、ちょっと早めにお迎えに来てもらう。
 ところが、天気予報が微妙~(;´o`)
この時期、雨具を着て、標高差1400mは、きついなぁ。
「笹子トンネルを抜けて、雲が多そうだったら、甘利・千頭星にする?」
 って話してて・・・
笹子トンネルを抜けたら・・・(#´ο`#) はぁ~
甲武信方向はかすかに明るいものの、ぐるっと真っ白。
で、甘利山になりました。
 一昨年の雨の降る日に、お姉さま方と来て以来。
今日も、真っ白だわ。
P8202095
 でも、ハクサンフウロに
P8202129
カイフウロ
P8202131
ノコギリソウにワレモコウP8202099
コウリンカ!
P8202110ツリガネニンジンにシュロソウにヤマハハコ
P8202101
お花は色々楽しめる(^ー^* )
 あっという間に甘利山。
ここはレンゲツツジで有名なところで、一時全滅に近かったけど、少し戻ってきた。
笹の道を下ると、足元がびしょぬれになる。
トモエシオガマ
P8202112ハナイカリ
P8202119
P8202121
 途中、一度降りそうでザックカバーを付けたけど、時々薄日もさしたり。
マップタイム2時間半を、1時間半で千頭星山(2138,5m)
 私がトップだったから、健脚な山友なら、もっと早く歩けたのかもね。
ここで軽いランチ。
帰路は奥甘利の山頂にもよって、甘利山頂から、行きと違う道で駐車場へ。
 マルバダケブキ
P8202114
 ちょっと下りた椹池を周回。
島に、何か青い花が・・・
P8202144
ヤナギランだ!
P8202136
幻想的できれいでした(^ー^* )
ぐるっと一周。甘利山は雲の中。
P8202149
反対側の島にもヤナギラン
P8202150
 赤岳・阿弥陀のつもりだったから、まだ時間が早い。
どうしようか・・・
で、山友が、まだ行ったことがないって言う、ほったらかし温泉にご案内。
って言っても、道案内はナビ任せだけどね("⌒∇⌒") キャハハ
 広い、あっちの湯から、上半分が雲にかかった御坂の山を眺める。
ほんとは、南アルプスと富士山が、きれいに見えるところなのよ~。
P8202160
テラスでおそばを食べて、まだたいして渋滞していないだろうと高速に。
 ところが!談合坂手前で驚きのノロノロ運転。
事故直後に引っかかったらしい(;>_<;)
後ろから、消防車が食て、パトカーが来て・・・
太田トンネルの中で、トラックと、横転した乗用車。
P8202161
トラックに追突されちゃ、乗用車はひとたまりもないね(/_;)
ドライバーの皆さん、運転、お気をつけて(/・0・) 
 この後、最初に出ていた小仏渋滞は、ここの渋滞のおかげで、スムーズでした。
 山友は、赤岳阿弥陀を、何度も予定しては流れているんだって~。
早く、お天気の時に行けるといいね~(´ー`)
 標高差1400m、マップタイム7時間の予定が、
標高差20m、マップタイム4時間半の、のんびりな1日になりました(^ー^* )

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー