登山

2017年8月21日 (月)

甘利~千頭星 椹池

 今日は、山友のご要望で、日帰りで赤岳阿弥陀の予定。
小仏渋滞も、美濃戸の駐車場が混むのも、嫌だから、ちょっと早めにお迎えに来てもらう。
 ところが、天気予報が微妙~(;´o`)
この時期、雨具を着て、標高差1400mは、きついなぁ。
「笹子トンネルを抜けて、雲が多そうだったら、甘利・千頭星にする?」
 って話してて・・・
笹子トンネルを抜けたら・・・(#´ο`#) はぁ~
甲武信方向はかすかに明るいものの、ぐるっと真っ白。
で、甘利山になりました。
 一昨年の雨の降る日に、お姉さま方と来て以来。
今日も、真っ白だわ。
P8202095
 でも、ハクサンフウロに
P8202129
カイフウロ
P8202131
ノコギリソウにワレモコウP8202099
コウリンカ!
P8202110ツリガネニンジンにシュロソウにヤマハハコ
P8202101
お花は色々楽しめる(^ー^* )
 あっという間に甘利山。
ここはレンゲツツジで有名なところで、一時全滅に近かったけど、少し戻ってきた。
笹の道を下ると、足元がびしょぬれになる。
トモエシオガマ
P8202112ハナイカリ
P8202119
P8202121
 途中、一度降りそうでザックカバーを付けたけど、時々薄日もさしたり。
マップタイム2時間半を、1時間半で千頭星山(2138,5m)
 私がトップだったから、健脚な山友なら、もっと早く歩けたのかもね。
ここで軽いランチ。
帰路は奥甘利の山頂にもよって、甘利山頂から、行きと違う道で駐車場へ。
 マルバダケブキ
P8202114
 ちょっと下りた椹池を周回。
島に、何か青い花が・・・
P8202144
ヤナギランだ!
P8202136
幻想的できれいでした(^ー^* )
ぐるっと一周。甘利山は雲の中。
P8202149
反対側の島にもヤナギラン
P8202150
 赤岳・阿弥陀のつもりだったから、まだ時間が早い。
どうしようか・・・
で、山友が、まだ行ったことがないって言う、ほったらかし温泉にご案内。
って言っても、道案内はナビ任せだけどね("⌒∇⌒") キャハハ
 広い、あっちの湯から、上半分が雲にかかった御坂の山を眺める。
ほんとは、南アルプスと富士山が、きれいに見えるところなのよ~。
P8202160
テラスでおそばを食べて、まだたいして渋滞していないだろうと高速に。
 ところが!談合坂手前で驚きのノロノロ運転。
事故直後に引っかかったらしい(;>_<;)
後ろから、消防車が食て、パトカーが来て・・・
太田トンネルの中で、トラックと、横転した乗用車。
P8202161
トラックに追突されちゃ、乗用車はひとたまりもないね(/_;)
ドライバーの皆さん、運転、お気をつけて(/・0・) 
 この後、最初に出ていた小仏渋滞は、ここの渋滞のおかげで、スムーズでした。
 山友は、赤岳阿弥陀を、何度も予定しては流れているんだって~。
早く、お天気の時に行けるといいね~(´ー`)
 標高差1400m、マップタイム7時間の予定が、
標高差20m、マップタイム4時間半の、のんびりな1日になりました(^ー^* )

2017年8月15日 (火)

御岳山~日の出山

 お盆時期、どこへ行きましょうか。
近間の山の登りは、この時期汗だくで辛い。
じゃ、ケーブルカーが使えるところ・・・
やっぱり御岳かな。

 今日はお姉さまお二人が、お盆で欠席で、人数が少ない。
そうしたら、なんと大姉さままで欠席の、出席3人になっちゃった(/_;)
 
 私の青春時代を知っている、ケーブルカー前のもみじ屋さんへ寄って、ご挨拶。
すぐ裏の山を登って、レンゲショウマを鑑賞。去年より、2~3週間遅い感じ。

P8151925
レンゲショウマは、茎の上の方から咲いていくから、たくさん咲いている時期は、枯れた花が残る。
だから、上の方が一つ二つ咲きだした時期が、写真を撮るには一番きれいだと思う。
その、いい時期でした(*^▽^*)v

オクモミジハグマ
P8151927ソバナ
P8151929
 参道を通って、神社脇へ。
P8151937
神社の近くのレンゲショウマも、咲いてます。
P8151941
こんなお天気でも、観光客がパラパラ。

 駒鳥売店さんのキレンゲショウマを見に、モーニングコーヒーに寄ります。七代の滝の源水で入れたコーヒー。私が初めて見た、キレンゲショウマはここのです。お店の、一番奥の窓の下に咲いています。
P8151951
 今日は、サルギ尾根で上養沢へ降りようと思って居たけど、この雨(;´o`)
サルギ尾根は、最後の急斜面が足場が悪いからなぁ~。蒸すから、雨具は着たくないし、傘さして、日の出山経由で、下りましょうか。
ナツズイセン
P8151958
 何年振りかの、日の出山。
P8151959
ここは、大晦日から新年のお泊り客が多いの。
東京の街並みと、初日の出がきれいに見える場所。山頂の東屋でランチにしよう!、と思って行ったら、同じ考えの2組。でも、屋根はここしかないから、ご一緒させてもらう。

 今日はね、流水麺と、大根おろしとおネギと、それに卵豆腐を持ってきたの。
卵豆腐は凍らせて、保冷剤代わり。
火曜会が3人だと・・・気が抜けたように寂しいねぇ。
 P8151960
 ここから、上養沢へ降りれば、予定通り瀬音の湯にも行ける。どっちに降りようか、迷ったけど、つるつる温泉は火曜日がお休みが多い。
今日は開いてるから、つるつる温泉にしよう!

 下山中は、お花よりキノコが多い。
タマゴタケ
P8151969_2ドクツルタケ? 英語名 死の天子
P8151953
秋みたいだ! 

あ、雨が止んだ(*^_^*)v

 日の出つるつる温泉は、PH9.8の美人の湯です。
P8151977
 んぁ~(=●^0^●=)

汗をかいたあとの温泉って、気持ちがいい!
靄がかかった 山の靄が、少しずつ上にあがって取れていく。
今日はもう、このまま雨が止むのかな?
 
 お風呂上りに、ちい姉さまはレモンサワー
Y姉様はグラスビール 私はソフトと・・・グラスビール
すみません!
ソフトをつまみに、ビール頂きます( ´ ▽` )ノ
P8151978
 最後にさっぱりの~んびり。
雨の日のお山、最後にお風呂は、最高っすね~
(* ̄ー ̄*)

2017年8月 7日 (月)

剣山 石鎚山 祖谷温泉

 8月3日
7時半のJALで高松空港へ。
数日前まで、四国はずっと晴れ予報だったのに・・・ (;´o`)
ゆっくり台風のおかげで、お山の予報は雨。
それでも、歩行時間が短いから、登れるかな。
 高松空港は晴れ。
レンタカーで、2時間半。
登山口の、見ノ越のお蕎麦屋さんで、祖谷蕎麦のお昼。
短い麺で、お蕎麦の香りが凍ばしくて美味しかったよ。
 小雨程度なんで傘をさして、ちょっと登った刀掛けの松の分岐から下る。
これが見たかったのよ!キレンゲショウマ。
P8031522
高尾の野草園とか、御岳のお土産屋さんのお庭とかでは見たけど、野生のは初めてです。
シカの食害で、減った年もあったそうだけど・・・
もさもさと いっぱ~い(*^_^*)v  
白いのはシロバナナンゴククガイソウ
P8031538
キレンゲショウマって、レンゲショウマの親戚みたいだけど、ユキノシタ科なんだよね。
レンゲショウマはキンポウゲ科。
お花も似てないと思う。
 それはともかく、感動して写真、撮りまくり~("⌒∇⌒") 
雨だから、人は少ない。
あとね、シコクフウロやナンゴククガイソウ
P8031501ギンバイソウ
P8031525タカネオトギリ
P8031503カニコウモリ
P8031505ヒメフウロ
P8031508ミゾホウヅキ
P8031513
キツリフネ
P8031523ツルギハナウド
P8031529
ハガクレツリフネにも会えたよ。
P8041570シコクフウロはカイフウロと似ているね
P8031530
この時期を、狙ってよかった!
 今日は頂上ヒュッテを予約しておいた。
ここは、お水が豊富だから、お風呂があるの。
 頂上小屋から、5分で剣山頂(1955,0m)
P8031532
稜線に出たとたん、飛ばされそうな強風!
P8031534
これが、台風の影響の、南からの湿った風ね (;´o`)
次郎笈まで行くつもりだったけど、小屋に逃げ込んだ。
 この小屋はとっても快適で、近かったらリピーターになりたいほど。
お風呂は沸かし湯だけど、3~4人は浸かれる大きさ。
で、四国で一番高い場所のお風呂 って書いてあったよ(*^_^*)
P8031542
 こんなお天気だから、お泊り客は8人、ゆったりのんびり。
お夕食は、あめご(川魚)の唐揚げと、天ぷらに煮物や祖谷そばとか、超豪華~。
P8031544
お部屋は改築したばかりらしくて、ほぼ個室。
 8月4日
剣は、山小屋なのに、朝食時間が5時半から8時まで選べるんです。
でも、お天気はどんど荒れる予報だから、早々に雨の中を早々に下山。
途中リフトの下をくぐる
P8041547
 高速を使わず、下道で西へ。
5月に来た、仁淀川に近いほうから石鎚へ。
土小屋登山口へ着いたら、もう1時(^。^;)
こちらも雨。
P8041557
台風だから、風が弱いだけ良しとしよう。
暑いから、オーバーズボンと傘。
標高1600mくらいまでは辺りが見えた。
P8041562
 濡れる木の階段は、慎重に。
登山道は、すごくよく整備されている。
ギンバイソウの群生地
P8041567
イケマ
P8041566ニワトコかな
P8041568
二の鎖のところで、成就口登山道と合流。
その手前から、どしゃ降り。
休憩舎へ逃げ込んだら、そういう人がいっぱい。
こんなお天気なのに、人気のお山なんだね。
 雨音が、ザーザーからサーサーに変わったので、雨具を着て外へ。
二の鎖 重い!
P8041578濡れているけど、足をかけるところは結構ある
P8041577メタカラコウ
P8041575ヒナノウスツボかな
P8041574巻き道へ出る前に普通の鎖も
P8041579三の鎖の基部
P8041582またザーザー強い降りになって、傘さして巻き道へ。
階段の下にタマガワホトトギス
P8051606シラヒゲソウが開き始め
P8041585
とにかく小屋へ。
お部屋に案内して頂いたら、11人部屋に、二人だけ!
 ここは、日本7霊山
台風でも、土砂降りでも、朝夕のお勤めがある。
びしょぬれになって、祝詞の間、頭を下げて、神事に参加。
P8041590
だって、めったにできない経験だもん。
イシヅチボウフウ
P8041591ミソガワソウ
P8041594お夕飯はカレーとお魚のフライ
P8041595
 夜中、風雨の音で、何度も目が覚める。
 
 8月5日
朝のお勤めは、6時から。
普通は、神主さんだけ神社の中で、信者さんは外でお参りするんですって。でも、5人だけなので、なんと狭い神社の中へ入らせて頂きました。
祝詞の後は、ご神体に触れさせてくれるの。
ご利益、しっかり頂きました(*^_^*)v
貴重な体験!
 今日はほんとは、ちょっとささやぶ漕ぎして上る、三等三角点、点名『石鎚山』1920,9mへ、一人で行くつもりだった。
でも、風速20m以上?の風!
朝食を頂いて、雨が強くならないうちに下山。
吉野川源流まで林道で上がって
P8051613ここにもナンゴククガイソウとツルギハナウド
P8051614
 山から下りたら小降りで、私が行きたかった三好の黒沢(クロゾウ)湿原へ行っってもらった。トンネルを抜けたら・・・フェーン現象?
38度だって! 無茶苦茶、暑かった。
P8051632
でも、見たかったサギソウの群生が見られた。P8051643
\(●⌒∇⌒●)/
コウホネ
P8051649ヒツジグサ
P8051652タチカモメヅル
P8051638
 今夜は、祖谷温泉へ。
谷底まで、自分でケーブルカーを運転して、降りるのに5分。
P8051662
最大斜度42度のケーブルカーを、自分で運転して露天に降りるの。
真っ逆さまな感じよ。
ケーブルカーの、下る のボタンを自分で押して運転するなんて、なかなかできない経験でしょ。
P8051664
祖谷渓谷の露天風呂は、とっても気持ちがよかった。
 美味しい籠盛り膳のお夕飯を頂いて
P8051672ここのお料理は、過去最高値
P8051677
もう一度ケーブルカーを運転(*^_^*)
(*^_^*)わぁ~、お月様がきれい。
P8051690
 8月6日
美味しい、豪華な朝食。
P8061697
目の前は祖谷谷。
P8061698
ご飯を頂いて、かずら橋へ。
P8061706
 キャーキャー言いながら渡る、観光客。
P8061704
農鳥から奈良田へ下る最後の吊り橋の方が、よっぽどスリルだと思うよ。
平家の落人伝説の落合峠、標高約1500mへ行った。
P8061717気持ちのいい眺め
P8061718でも!アブがすごくて~、急いで車に逃げ込む(◎ ◎;)
P8061721目がキラキラ緑の巨大なアブ!
 そう言えば、最近剣山へ行った友人が、大型アブがすごくて休憩できなかったって言ってたっけ。
雨で、返って助かったのかも?
210円の讃岐うどん コシがあって美味しかったです。なんと、天ぷら盛り合わせが100円。
P8061725
 めまいがするほど暑い琴弾公園から、瀬戸内海を眺めて
P8061732
空港へ。
途中の道の駅とか、あちこちのお店が、明日は臨時休業ですって。
台風が来るからって。
 帰路の空港は雨だったけど、雨雲から遠ざかるように飛んで、
瀬戸大橋
P8061745
揺れもせずに、房総沖で夕日
P8061770
羽田に8時着。
お山で雨に降られたから、明日は一日、山用品のお洗濯と片付けだわ。 
 台風がいるのに、予定通りお山へ登れて、見たいお花が見られて、嬉しかったよ(*^_^*)v
 今日は四国へ行く飛行機ダイヤが、台風のために、ほぼすべて運休ですって。昨日帰宅でよかったわぁ~。

2017年8月 2日 (水)

栂池自然園 白馬乗鞍

 お姉さま方と、大天井へ行こうと計画した。 マップタイムは、麓の温泉に前泊すれば、行ける時間。 でも・・・ 累積標高差が1700mだって。

 アチャー(;>_<;) 標高も高くて空気が薄いし、70代後半から80代のお姉さまには無謀だわ。  どこか、もうちょっと楽なところで、高山植物がみられるところ~・・・ 1泊2日で、無理なく夕方帰宅できるところ~

( ̄~ ̄;)ウーン・・・  

 で、お手軽に、ロープウェーとリフトを使って栂池自然園へ行くことにした。 でも、あずさ3号で行けるのは白馬まで。 大糸線への乗り換えに、1時間待ちなの。 なにこれ(+_+)  特急は、各停に連絡しといてよ! で、白馬からタクシーしかないかな~と思ってた。 ヤマレコを見たら、長野新幹線で長野まで行って、バスで直接、栂池高原へ行けるらしい。 やった! これだ!  東京駅を8時前に出ると、長野に9時半着 9時50分のバスで、栂池高原に11時25分着。 いいじゃんこれ!(^v^)  

 ゴンドラとリフトを乗り継いで、労せずして標高1829m

 お姉さま方のお年を考えると、栂池自然園を3~4時間歩けるだけでも、ご健脚だと思う。 でも、

翌日は白馬乗鞍に、雪渓越えて登るよ(*^_^*)v    

 まずは、今夜泊まる栂池ヒュッテでランチ。 それから、お泊まり荷物を置いて、自然園へ。 ワタスゲとニッコウキスゲの草原は、気持ちがいい!

P7311378

お花の種類が多い!

クルマユリにアサギマダラ

P7311282サラシナショウマとオタカラコウ
P7311273

オオバタケシマラン

P7311292ミソガワソウ

P7311305イブキトラノオとモミジカラマツとオタカラコウと、小蓮華からの雪渓

P7311320ハクサンシャクナゲ

P7311331

自然のままを守ってる感じいいが(^ー^* ) リュウキンカやヒオウギアヤメ、ワタスゲにキスゲ!

P7311265

金曜日に、会ったばかりのお花たちに、たくさん会えた(*^▽^*) 結構登って、奥の方に・・・ イワイチョウにイブキトラノオに \( ^o^ )/ ヤ ッター♪ ハクサンコザクラ!

P7311333

先週見た時、お姉さま方にお見せしたいな、って思ったんだ(^ー^* ) よかったよかった。大満足!

 白馬大雪渓が見える展望台で、小蓮華辺りは見えているから、ちょっと粘ったけど、白馬は見えなかった。
全部廻ると、標高差は200mほど。
下の方に、栂池ヒュッテの屋根が見える。
P7311342
P7311341
P7311345
P7311351
P7311356
P7311362
P7311368
P7311381_2
P7311388
P7311397
P7311399
3時間半のハイキングです。
 栂池ヒュッテに戻って、ここはお風呂もあるし、いいところよ。
お夕飯も美味しゅうございました。
P7311414

P7311407
 8月1日
お願いした朝食弁当を頂いていたら、霧雨が降ってきた(;>_<;)
雨具を着ての歩き出し。
P8011423
最初から結構急。
で、雨が止んだので、雨具お脱いじゃいました。
蒸れて暑いもの。
樹林帯のジグザグ登りから、岩ゴロゴロ歩き。。
 湿原になって、天狗原。
P8011428
ここはとっても気持ちがいい\(^o^)/
金曜日に見たイワショウブとキンコウカと、ワタスゲとタテヤマリンドウ!
P8011432
時々小蓮華辺りものぞいて、気持ちいい(^ー^* )
木道の途中で、風吹大池への分岐。
P8011435
 さて、急に道が変わって・・・
大岩を跳ぶような、八ヶ岳の天狗岳や蓼科みたいな歩きにくい道になる。
P8011441
この岩ゴロ道の上部で、すれ違った方たちに話の弾みで
「この方、81才なんですよ」って言っちゃった。
そうしたら、グループ全員に握手を求められて、「あやかりたい、あやかりたい」って!
それを聞いていた、下りて来た別の人が「ご利益があるのはどの方ですか?」
「そのお年でこんな岩ゴロゴロのすごいところを歩けるなんて、僕は握手じゃなくてハグしたい」
って言うから、私が「うちの子はおさわり禁止ですよ~!」って("⌒∇⌒") キャハハ
P8011446
もう、皆さんから、あやかりたいって!
そのくらい歩きにくい道よ。
緊張して歩いて、やっと雪渓へ出た。
P8011452
 事前に「念のためにアイゼンをお持ちください」
ってメールしてあったんだけど~
ここの雪渓はしっかりスプーンカットに整備してくれて逢って、アイゼン要らず。
それに(*'‐'*)
涼し~い~♪~
P8011453
この後からまた雨が降って来て、風がないから傘をさす。
P8011454
で、白馬乗鞍(2436,5m)
P8011458
ちょっと先へ行くと、眼下に白馬大池。
P8011462
そして、あれが雪倉かなぁ?
いつか行くからね~( ´ ▽` )ノ
 さ、じゃぁ戻りましょうか。
行に気が付かなかったハクサンシャジン
P8011467_2キバナシャクナゲ
P8011472ヒメクワガタ
P8011475 雪渓と大岩の下りは、慎重に。雨が降って行きより滑る~!
P8011477天狗原の祠にお参り
P8011481オニシオガマ
P8011483
 計画の時、ロープウェーとゴンドラの時間が計算しにくかった。
待ち時間と、乗り換え時間と、運行時間で、どのくらい時間を使うのか。
だから、タクシーを予約する時間を決めかねてたの。
でも、行きのゴンドラ期に、タクシーが待機していたから、それに乗れば一番時間が上手く使える。
 雨具を着たり脱いだり煮時間がかかるかも、と、少しゆとりを見て出発したら、
あの歩きにくい道で、お姉さま方、しっかりマップタイム(*^_^*)v
ゴンドラしたの、栂の湯に入って、さっぱりお着替え。
タクシーで白馬駅へ行って、運転手さんお勧めのお蕎麦屋さんで、美味しいおろしそばを頂きました。
P8011492
 ここから、特急あずさ。
夏休みでも、さすがにここからだと、自由席にまとまって座れる。
おしゃべりに花が咲いて(^ー^* )
お姉さま方が「お花がきれいだったわね~」って喜んでくれて嬉しい(*^_^*)v
 年に一度くらいは、高山植物がみられるところへ登りたいですね。
来年も、再来年も、ずーっと(^v^)
 お山で、と~ってものんびりできた、二日間でした。

2017年7月29日 (土)

蓮華温泉~朝日小屋

 ずっと前から、お花がきれいよ って聞いていた雪倉岳。
梅雨明け10日で、行けるかな?って思ってた。
でも、晴れ予報の日が、どんどん後ろにずれて~・・・
晴れ予報の日 逃げ水状態(。>д<。)

 雪倉って、どこから行っても遠いね(;´o`)
日帰りでは無理~。
じゃ、ご飯が美味しいって評判の、朝日小屋に泊まりたいな。
一昨年泊まった、蓮華温泉から行こうかな。

 二日目に、朝日小屋から雪倉岳を通って、三国境から蓮華温泉へ戻るのは、まだ雪で、水平歩道が通行止だから、マップタイムで11時間20分。小屋で朝ご飯を食べてたら、蓮華温泉15時の最終バスには・・・間に合わないかも~(;´o`)
でも、朝日小屋のご飯は、美味しいって評判だから、ちゃんと2食頂きたい!

 前に、雪倉へ行きたいって言っていたハイジちゃんに聞いてみたら、一緒に行くって。
(*^_^*)v ヤッタ~ お車に乗せてもらえる。
 で、お天気のいい日を狙ってたのに~

 ふもとはお天気でも、白馬や雪倉あたりだけ、雨雲がついちゃうことが多いんでしょうかね。記録的豪雨のニュースが、日常茶飯事な今年((+_+))

 7月27日
早朝に車で拾ってもらって、一昨年泊まった、蓮華温泉の下に車を停めての、歩きだし。
まず、標高差300mほど、どんどん降りちゃう。

 わ~い ♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪
久しぶりに見たショウキラン!

P7270943オオレイジンソウ
P7270961カライトソウ
P7270983ヨツバシオガマ
P7271010

兵馬ノ平には、コオニユリにナメルギボウシ
P7270935
ヒオウギアヤメ
P7271003シモツケソウ
P7270928
 木道が、よく整備されていて・・・
よく滑る( ̄~ ̄;) こんなところにこんなしっかりした橋? ってのを2回渡ると、やっと登りになってくる。

 これ・・・登山道よね?って、滝のような沢を登っていて
P7281237
やってしまった(× ×;)
ほぼ平な赤茶の岩に足を乗せたら、ツルっと滑って、右のすねと左太ももを打撲。

 「ごめん!早い方がいいから、ちょっと時間ください」持っていたロキソニン湿布薬を貼って、消炎鎮痛剤を飲む。

 でも・・・
右ひざを上げる時に、痛む(;>_<;)
これは・・・今日小屋に着くのが、遅くなっちゃうかな?

 実は、今夜泊まる朝日小屋に、予約電話を入れた時、蓮華温泉を何時に出るか聞かれて、6時に出るって言ったの。
(ほんとの予定は6時半で、早目に言ったつもり)そうしたら「早朝5時には出てください」って~(^。^;)
マップタイムは8時間半だから、5時出発だと、8掛けで歩いたら、12時前に着いちゃうじゃん。でも、早いに越したことはないと、早めに出て、助かった。

 カモシカ坂は高層湿原みたいで、キンコウカ
P7281233
トキソウ
P7270971
タテヤマリンドウが素晴らしい!
P7271096
けど、階段の一段が、打撲の足に響く~(/_;)

 花園三角点(1753,7m)辺りは、ほんとに花園(*^_^*)~♪~
極楽浄土みたい。
「花園三角点で、早めのランチにするね」って言ってあったんだけど、まだお腹がすいていないって。
ハクサンコザクラは、たくさん群生してる
P7271028ミヤマキスミレ
P7271033ムシトリスミレ
P7271034イブキジャコウソウ
P7271057
サンカヨウ
P7271117
キヌガサソウロードが続く
P7271176
葉っぱの大きな、オオサクラソウも色が鮮やか。
P7271046ホタルサイコ
P7271067ノウゴウイチゴ
P7271086キバナノコマノツメ
P7271093シナノキンバイ
P7271094リュウキンカ
P7271095オタカラコウ
P7271100ハクイサンイチゲ
P7271104シロバナのミヤマムラサキ
P7271109
ベニバナイチゴ
P7271116ウサギギク
P7271088
 で、出てきました、雪渓。その手前でランチ。ここで急に雨が~ (;>_<;) 
急いで雨具を着て~ あれれ? 
雪渓のベンガラが、道の正面と、右上との両方にある???
 で、ベンガラが賑やかな右上に登ったら、行き止まり。
P7271119
シラネアオイの群生地へのベンガラだったみたい。
P7271122
 登った雪渓を降りて、先へ。
少し大きい雪渓で、雨で先がよく見えない~。
そのあともう一回雪渓を歩く。
繰り返し出てくるお花畑
キスゲ
P7271127ホソバツメクサ
P7271135イワオウギ
P7271136
 栂海新道と合流する吹上ノコルは、お花畑!
ミヤマムラサキにタカネナデシコにウスユキソウ
P7271141 ハクサンシャジンに、タカネシュロソウにイワシモツケと、高山植物寄せ植え状態。
P7271146_2ミヤマシオガマ
P7271152
 今度は、朝日岳への急登。ずーっとミヤマムラサキの群生。雨は止んで助かる。
だって、雨具を着たら、急な登りは蒸れて暑いもの!
ミヤマアズマギクと・・・ミヤマタネツケバナ?
P7271175
 朝日岳(2417,9m)
P7271166
山頂から、白馬や日本海が見える。
・・・はず!【T_T】
真っ白だぁ~。
山頂にタカネバラ
P7271167
 明日は、白馬のすぐ手前まで行ってから、白馬大池を通って蓮華へ戻るルート。
お花が楽しみ~(^ー^* )

 どんどん降りて、でも、降りるのに打撲の膝が曲がりにくい。

 あれれ~(◎ ◎;)
こんなんで、明日、ロングコースを歩けるのかな?

 小屋周りは残雪で、お花畑~(=●^0^●=)v
遠くにミズバショウ
P7271180
 後からどんどん人が来て、平日の割にはそこそこ混んでいる。でもここは、定員になると予約を断るんですって。
ちゃんと、一人一枚のお布団です(^ー^* )

 早く着いちゃったから、小屋の周りをあちこちフラフラ。前朝日岳の下は、一面のチングルマに、 (*^_^*)v やった!ハクサンチドリ
P7271185
テガタチドリ
P7271187
 この小屋は、どの方向から来ても、手前の小屋から7~8時間はかかるって場所。だから、小屋番の清水さんも、早朝出発を勧めるんでしょうね。

 お楽しみはお夕飯。
カジキの昆布〆 ホタルイカの沖漬け お蕎麦
これが山小屋? しかも、食前酒がついて、デザートは銘菓、栂海新道!
P7271189
 7月28日
雨だ~ 【T_T】
打撲の足は痛いし・・・
私の夏山は、今日だけじゃない!
「ごめん! 私は一人で蓮華温泉に戻るけど、どうする?」
ハイジちゃんも迷ってる。
「どうせ水平動が通行止めなんだから、朝日岳で考えればいいじゃん」

 心のこもった朝食を頂いて、出発。
雨具を着て、急な朝日岳への登り返しは、暑い。
途中で、フード付きザックカバーだけになって登る。
山頂でハイジちゃんが、「この程度なら、予定通り雪倉周りで行くわ」って(^ー^* ) 
ガッツだね、ハイジちゃん。

 じゃ、気を付けてね。私は、蓮華温泉でのんびりして待ってるから( ´ ▽` )ノ

 数か所残っているという雪渓を、怖いもの知らずなハイジちゃんが、アイゼンなしで歩くかも~ って、ちょっと心配。

 じゃ、私は昨日来た道を行きますか。
途中、雨が強くなって、吹上ノコル辺りは風も強くなる。
テン泊で、早朝出発の何人かを抜かしてからは、人っ子一人いないアルプス~(^ー^* )
霧雨になって、雨が上がる。
時々ふわっと、小蓮華辺りが見える。
シロウマアサツキとミヤマウイキョウ
P7281210
今、ハイジちゃんはどの辺りかなぁ。
ヘリの音はしないから、怪我してはいないね。

 下って下って、登山道はあちこち沢&沼状態。
P7281197
でも、お花が楽しめる~(^v^)
P7281225
時間に余裕があるから、あちこち観察してのんびりしても、後続が来ないよ~。
 最後に、ゆっくりな先行者グループにお追いついた「どこからですか?」って聞いたの。
そうしたら、雨が降って、雨具を着たり脱いだりしていたら、時間が遅くなっちゃって、朝日小屋を諦めて帰るところだって~ (;´o`)

 今日は、いろんな人がルート変更したみたいね。

 蓮華温泉について、2日間の汗を流して、お着替え。
P7281261
そうしたら、お風呂から出たら、雨が降ってきちゃった(;>_<;) あちこち露天に入って、時間つぶししようと思ってたのに~。

 ハイジちゃんも、降られてるかな。今日のコース、もしマップタイムなら、休憩なしでも午後5時着。でもハイジちゃんだから、休憩しても、3時くらいには戻ってくるかも。

 と、思っていたら\(◎ ◎;)/

 2時前に帰ってきた~。しかも、かなりゆっくりお昼休憩をとったみたい。どんだけ早いんじゃ~。

 ハイジちゃんのお風呂を待って、最寄り駅まで送って頂きました。
付き合ってくれてありがとう。

 お花、堪能しました( ´ ▽` )ノ

2017年7月25日 (火)

高尾耐暑登山

 今週は、火曜会をお休みして、遠くのお山の予定だった。
でも、予報は今日も明日も雨(;>_<;)

 じゃ、大姉さまもK姉様もいない、有志3人の火曜会に、ドタ参加しようかな。
「高尾にでも行く」って言ってた。
だから「ルートは?」って聞いたら「お昼から雨予報だから、高尾山口集合で適当に」
だって~。

 今日のリーダーは、普段おとなしい、いつも私の後ろを歩いて頂いているY姉様らしい。
ちい姉さまとPちゃんは、ツアーで白根三山へ行って、帰ったばかりなんだって。
あら、そのお話も聞きたい~(^ー^* )

 久しぶりの高尾山口、予報は昼から雨だから、人は少なめ。
口を出さないように、Y姉様にお任せしようと思ったのに、私が行ったら、「よかったわ、お願い」って・・・

  ( °o° ) えー、そんなぁ。
黙って、後ろからついて行こうと思ってたのに~。じゃ、昼から雷予報だから、少しでも涼しそうな6号路で登って、高尾病院へ急降下の、一番短いルートにしますか。

 琵琶滝のイワタバコ、今年はまだ少ないね。

P7250901_2
久しぶりの六号路は、蒸すけど、水のそばだから、それなりに涼しい。
P7250904
シックな蝶 スミナガシ
P7250895

扇子で顔をパタパタあおぎながら登る。
これが、私の夏のスタイル。
よく「余裕ですね」なんて言われるけど、そうじゃないのよ。
あおぐと、気化熱で顔の汗が引いて、涼しいのよ。アルプスなら話は別だけど、低山は、夏はあおがないと歩けない体なの。

上のベンチで、持ってきた氷とお水で、塩ライチジュースを作る。
夏の低山は、氷が一番のごちそう(^ー^* )
今日は4人だから、お水500Lと500Lの魔法瓶に入れた氷で足りる
いつもの火曜会だと6人だから、みんなの分背負うと、ちょっと重くなっちゃうんだよね(゚^ェ^゚) そうしたら、Pちゃんは冷凍ミカン、ちい姉様は冷やしたスイカ。皆さん、冷たいおやつを持ってきていた。
P7250902
 二人が週末に行った白根三山、事前に、Aツアーで行くって知っていた。スケジュールを聞いたら、農取小屋に、到着が遅れそうな感じだった。時間にうるさい、評判のあまりよくない親父さん。
「私は行った時、大福餅を差し入れしたら、親父さんがコーヒー淹れてくれたよ」って話をしたの。 そうしたらPちゃんが、頑張って卵まんじゅうを背負って登って、差し入れしたんだって。そこで、親父さんの山への思いも聞けたって。「いい人じゃないですか!」って言ってた。

 私が十代のころ、大嶽小屋を手伝っていて、たまにお客さんから生ものを頂くと、すごく嬉しかった。シュークリームや大福なんて、めちゃめちゃ美味しかったなぁ。だから、小規模の小屋に泊まる時は、なるべく生ものを差し入れするようにしているんだ。

 そんな話をしながら、山頂へ。最後の階段がきつい。って言うか暑い。
高尾山(599m)
すいてる~ \( ◎ ◎)/
P7250906
 山頂について、かき氷~。城山のかき氷は、大盛り過ぎて食べにくいけど、ここのはちょうどいい。
ヤマユリが最盛期
P7250908
 戻りは、もしかしたら、と、太子堂をのぞいてみたら、\(●⌒∇⌒●)/ わーい
P7250917
気の早いレンゲショウマが咲いていました。
P7250919参道のアジサイはまだみずみずしい
P7250922
ソクズ(クサニワトコ)
P7250923
 で、三号路から病院へ、サクッと降りて~。

  ふもと屋さんで、窯焼きピザのランチ
(^ー^* )
P7250924
大変おいしゅうございました。

 予定が伸びて、気が抜けちゃったけど、たまには高尾もいいね。

 ほかに咲いていた花
ナツノタムラソウ・ハエドクソウ・ミズヒキ・ヤブミョウガ・ナンテンハギ・オオバギボウシ・オカトラノオ・ヤマアジサイ・タマアジサイ・キキョウ

2017年7月20日 (木)

宝剣岳~三ノ沢岳~極楽平

 山友の一人が宝剣に行ってないんだって。
じゃ、宝剣廻って三ノ沢岳に行こうか。
今、お花がいい時期よ。
でも、三連休で、バス待ちとロープウェー待ちが怖い。
じゃ、早目に行って、菅の台からタクシーにしようか。
それならロープウェーに待たずに乗れる。
 朝の菅ノ台 ものすごい大行列でした。
それをしり目にタクシーでしらび平へ。
4人で割れば、バス代とあんまり変らないし~。
 
 昔は、ロープエー駅までが、ひどい渋滞だったのよね。
初めて来たのは、中学校2年の時。
飯田のおばあちゃんちに泊まっていて、母の一番下の叔母に連れてきてもらったんだ。
夏なのに、風が冷たくて、寒くてびっくりしたよ。
でも、お花がいっぱいできれいだった。
お決まりの写真
P7150660
 乗越浄土への登りは、まだほんの少しだけ雪がある。
P7150661_2
この辺で標高2700mくらい。
廻りの登山客が、急にハァハァして遅くなったので、抜かさせて頂いて
ハクサンイチゲとキバナノコマノツメ
P7150670チシマノアマナ
P7150672
雪渓で振り向いたら南アルプスと富士山
P7150665
宝剣山荘前へ。
すぐ裏から御嶽山
P7150681イワツメクサ
P7150676
一昨年の、お姉さま方のお誕生山行の時は、宝剣山荘にお泊まり荷物を置いて、みんなで往復したっけ。
宝剣は、こちら側からの往復だと、鎖がしっかりしていて登りやすいのよね。
たまに、初心者とかが手間取ってると、渋滞するけど。
P7150683
 今朝はそんなこともなく、サクッと宝剣岳(2931m)
P7150689
\(^o^)/ わーい
今日は最高の眺望じゃない。
槍穂に乗鞍、御嶽山 そして南アルプスと富士山~♪~
でも、山名板が無くなってたよ。
祠とお賽銭箱だけ。
これから行く三の沢岳は右 左奥は空木
P7150691
 実は、ビビりの私は、宝剣南側の下りは、あんまり好きじゃないんだよね~。でも、鎖がしっかりしてる。
P7150697
でも、マップタイム50分は、いくらなんでも甘過ぎかな。
足場の悪い岩の隙間にも、お花が隠れている。
タカネシオガマと南アルプス
P7150713
しゃがんで写真!コマウスユキソウ
P7150707
 遭難の碑の先から、空木方面へ行く人が多いけど、今日は右へ。
この辺りに何度か来ている人でも、案外抜けている三ノ沢岳
尾根は、そこそこアップダウンがあって、ちょっとハイマツもうるさくて、
P7150723
キバナシャクナゲ
P7150725アズマシャクナゲ
P7150728ちょい岩場もあり
P7150732ミネズオウ
P7150734右が乗鞍 左が御嶽 ちょっと雲が出て来た
P7150736槍穂も見えてます
P7150737シナノキンバイ
P7150743ツルキンバイ
P7150744ハクサンチドリ
P7150746
そしてほんの少しの残雪。
P7150751
でも、お花畑がきれい~(*^_^*)v
三ノ沢岳(2846,5m)
岩のピークに三角点と山名板。
P7150752右から宝剣、中岳、木曽駒
P7150755右からアサヨ、甲斐駒、鋸
P7150760白根三山
P7150761農鳥と塩見の間に富士山
P7150762
 雪解け時期ならではの・・・虫の多さ(ー_ー;) 
帽子のつばの内側と、ザックの肩に、虫よけシールを貼り付けてる。
そして、1時間ごとにハッカスプレー。
一応顔を覆うネットも持って来たけど、歩いている間に付けると、風が抜けなくて暑いんだよね。
ランチ休憩も、虫がうるさくてゆっくりできないじゃん(/_;)
あら、ヒメイチゲ
P7150765タカネツメクサ
P7150778南から見た宝剣は薄いね
P7150776
 極楽平からのトラバースも、腐った雪が残っているけど、歩きやすくなってます。
P7150784
そして、雪の上は涼し~い(*^_^*)v
P7150789ショウジョウバカマ
P7150790
 最後に、ロープウェーが混んでいるか確認してから、剣ヶ池を廻る。
P7150795アオノツガザクラとチングルマ
P7150797イブキトラノオ
P7150798ロープウェー乗り場からも、まだ富士山が見えてる
P7150802
今日は、登りのロープウェーが1時間待以上でしたって。
9分間隔の増発でもそんななのね。
じゃ、下りで集中する2時3時は、2時間待ちとかかな。
早目に行動できてよかったぁ~

2017年7月11日 (火)

尾名手尾根~大寺山~小寺バス停

 今日は、火曜会に久しぶりのマイフレさんが参加。
参加のご希望は、2ヶ月くらい前に聞いていた。
でも、行先がなかなか決まらない~。
梅雨の最後の、豪雨とか多い時期だし~ って。 
 じゃ、雨の日は東屋のある笹尾根にして、降水確率が低ければ、尾名手尾根に行きましょうか。
それだと、バスに乗ってからでも変更できる。
 行先が尾根の名前って、変だよね("⌒∇⌒") 
山梨百名山の権現山と、最近イワウチワとヒカゲツツジで有名な坪山。
その真ん中にある尾根が、尾名手尾根。
ちゃんと陣馬高尾のエアリアマップにも、尾根の名前が出てるよ。
でも灰色破線もないし、地形図にも道が出ていない。
地形図は、平野田休暇村から、尾根をかすめてトラバースする道が書かれてる。
でも、そこそこ廃道。
尾根にはアクセスできるけどね。
 もうちょっとバス停に近いところから、尾根に出られるよ。
阿寺沢バス停から歩き出す。
P7110585
南へ、沢方向に降りて、橋を渡ると猟犬の犬舎
P7110587つゆとは思えない青空にヤマユリ
P7110586
取り付く尾根が見えてくる。
登り口は、畑へ行く道。でも、畑はもう放棄地になっていて草藪
P7110589
 この辺は熊によく遭遇する。
4年前、権現山の北側の尾根で、熊に20mくらいまで接近 って事があったっけ。雪の日に歩くと、必ず熊の足跡を見かけるし。
だから、今日は最初から、熊鈴つけて、声を出して歩く。
熊って、エサ採りとかに無中になっていると、少しくらいの音は耳に入らないらしい。
だから、熊さんエリアにお邪魔する時は、曲がり角とか見通しのよくないところは「通るよー」って声をかけるんだ。
で、その声で、たまにザザーッと動物が逃げる気配がすることがある。
たいがいは山鳥とか狸とか鹿とかかな。
 畑に登る斜面は日向。今日は暑い!
P7110592
標高差300mほどの一気登り。
お姉さま方、お顔が汗ダクですねぇ( -。-) =3
それでも、暑さに弱いY姉さまが、今日はゆっくりだわ(;´o`)
直進下山方向には、行くなのバツ印テープ。
降りても大丈夫だけど、最後がひとんちの竹やぶなんだよね。
 ここからは、バリなりに気持ちのいい尾根。
左は杉の植林地で、右は広葉樹。
ゆるゆると登るとお社がある。
昔は、地元の方が、ここまでお参りに来たのかなぁ。
P7110600
 見たかったイチヤクソウが、いくつも咲いてる。
\(●⌒∇⌒●)/ わーい!
先週の北八つでは、まだつぼみだったんだよね。
P7110602
( °o° ) あ!
カモシカ!
尾根の先にカモシカがいて、しばらくこちらを見ていて、走って逃げた。
P7110604
 小さなピークで、ランチ。
マイフレさんが作って送ってくれた和菓子、水無月を皆さんにお配りする。
P7110606
このピークを降りて、次のピークが大寺山(1226m)
P7110609
 ここまでがバリエーション。下に蛇?の卵が落ちていた。
一般登山道に出た。
P7110610
南へ行くと三森北峰だけど、今日は北西へ。
尾根を歩くと、林道へ出る。
(ノ°ο°)ノ オオオオ 箱根に続いてツチアケビ
P7110612アップにすると、やっぱりお花はラン科の感じだ
P7110613
そのまま北へ行くと、西原峠。
以前週末会で、尾名手、坪山の周回をしたことがあったっけ。
今日は南西へ、短い尾根でどんどん降りちゃう。
P7110624
と、峠から下山にかかった途端、真新しい獣除けネットが張られ、そのために木を切ったせいか、ものすごい草藪(;>_<;)
キイチゴに山椒に、私は袖なしなので、大判の扇子を右に左に、腕をカバー。
アブラチャンの実
P7110620アカショウマ
P7110622
エビガライチゴ
P7110617ヒヨドリソウ
P7110618
やっと普通の登山道に出たかと思ったら(;>_<;)
動物除けのネットに、鹿が角を引っかけて、大暴れに暴れている。
P7110629
取ってあげようと試みたけど、大きな体で暴れるので大怪我しそう。
ネットを切ろうとハサミを出したけど、何重にも角に絡んで、暴れて切れそうにない。
この子、ここで、少しずつ飢えて死ぬの?【T_T】
P7110631
 大月観光課に電話。
登山関係ですかって言われて、登山中だけど鹿について、って言ったら、観光課から鳥獣課に回されて、
状況を説明したら「鹿かぁ」
「登山道脇なので、鹿だけの問題じゃなくて、暴れて登山者が怪我するかもしれません」
分かりました。と、やっと詳しい場所を聞かれる。
 先に降りて頂いていたお姉さま方に追いついて、ジグザグに下る。
最後に、農家さんのすぐ上の道が、数十メートルに渡って崩れかけていて、難儀。
手を切ってもいい~草を束ねてつかまって。
一歩ずつゆっくりね~。
民家の裏から、橋を渡って車道へ出る。
 ここまで予定通りで、バスに25分待ちになると思っていたけど、最後で時間を使った。
100mほど左が小寺バス停。
バスの8分前(;-_-) =3 ふぅ~
P7110634
 このバスは大月行きだけど、猿橋駅を先に通るので、猿橋で下車するつもりだった。
でも、猿橋って駅前に酒屋さんが無いのよね ってお姉さま方に言われて~
大月までバスに乗りました。
 火曜会は、東北大震災以降、お一人200円の義援金を頂いている。
火曜会に参加して、協力してくださったたくさんのマイフレの皆様、ありがとうございます(/・0・) 
5000円溜まるごとに、福島へ送っているんだけど、一昨年の鬼怒川の水害や、熊本地震にも送ってきた。
今回から、九州北部の水害に送ることになりました。
降り続く雨に、胸が痛みます。
早く復興できますように。

2017年7月10日 (月)

鉢盛山

 前から行きたかった鉢盛山。
変わったお山なんだよ、ここ。
鉢盛山に登るためには、村役場に連絡して、林道ゲート通行許可申請貰うの。
登山口への林道ゲートのカギを、役場が貸し出ししてるんだけど、それを貸してくれるのが7月に入ってから。
そんなに雪が多いお山でもないのに、何で7月?
別の登山口は、近くのセブンイレブンで鍵を借りるんだって。
不特定多数に、入られたくないってことなのかな。
 場所は、塩尻の先、中央アルプスの北の端っこって位置。
だから、アクセスがちょっと遠い。
登り初めが遅くなっちゃったね。
 役場へ寄ると、郵便ポストに、自分の名前の書かれた封筒が入ってる。
P7090491
中に、ゲートの鍵と登山ガイドとかが入っているの!
P7090493
 こうすると、誰か知らない人が林道を荒らすとか、駐車場がいっぱいで非常識な場所に車を停めて迷惑かけるとかは無くなるね。
でも、役場の人は面倒なんじゃないのかなぁ。
それと、カギを貸してくれる期間が7・8・9・10月だけって、すごく短いよね。
 借りた鍵でゲートを開けて、また閉める。
未舗装の林道ダートはそんなにひどくなくて、40分くらい。
 駐車場は結構広くて、10台以上は停められそう。
登山道は、笹が刈り払われて、よく整備されてる。
P7090495
でも、急! 有明山とどっこいなくらいの急登り続き。案内板も要所につけられてます。
P7090497
これは、マップタイムをうんと縮められるかなと思ったら、1時間半のところを50分で尾根へ出た。
残念ながら、空は白くかすんで、八ヶ岳方向も眺めは無い。
(ノ°ο°)ノ オオオオ
マイヅルソウにミツバオウレンに、
P7090519
オサバグサの大群生地\(^o^)/
P7090512
火曜日水曜日に続いて、飽きるほど両側にオサバグサ。
P7090524
 \( ^o^ )/ ヤ ッター♪
イチヨウランも3株、くっついて咲いてる!
P7090517
オサバグサ三昧で、コイワカガミもあって、楽しめる。
P7090525
林業さんの作業小屋みたいな、プレハブの避難小屋があって、その先が山頂
P7090531
 鉢盛山(2446,6m)お社が3つあります。
P7090544
一等三角点 点名『鉢盛山』
P7090547 ツルツゲ P7090510 ツマトリソウ P7090545モミジカラマツ P7090541
 その先に大きなアンテナがあって、目に前に
P7090555
\( ◎ ◎)/ おぉぉぉ~
目の前にドーンと乗鞍!
P7090560
穂高岳に槍ヶ岳 槍の右奥に雪がいっぱいの峰はどこかな
P7090551
今日は、眺望を諦めていたから嬉しい!
晴れた日は、御岳山から白馬までの素晴らしい眺めらしいよ。
下山でホシガラスがすぐ近くに
P7090566
 帰りにまた役場に寄って、お借りしたカギを返す。
 道の駅 今井恵の里に寄って、葡萄のソフトを食べて~
P7090572
お野菜とか、いっぱい買っちゃった(*^_^*)
P7090581
早目に下山で来たのに、中央高速が上野原から渋滞(;>_<;)
ちょっと焦ったけど、何とか7時前に帰れたよ。
 暑い時は、冷たいおかずがいいから、前の日に茄子の煮びたしを作って置いた。
急いで豆腐サラダとツナ缶豆乳ぶっかけうどん、道の駅で買って来た、つるなとハムを、サッと炒める。
帰宅後15分で、お夕飯。
P7090584
 茹でて冷やしたおうどんに、豆乳とめんつゆを合わせてかけて、ツナ缶とキュウリと乗せるだけ。
この、豆乳ぶっかけうどん、美味しいからやってみて("⌒∇⌒")
 
 鉢盛山、いいお山だから、開放すればいいのに、とも思うけど・・・
何か不都合があったのかしらね。
林道ゲートが、変わった管理形態のお山でした。

2017年7月 6日 (木)

みどり池入口~本沢温泉 夏沢峠~天狗岳~ニュウ

 去年の9月20日
台風が来るって言う中を、改装した根石小屋へ泊った。
『今渋谷では』って言う台風中継を、山小屋の応接セットで見る不思議("⌒∇⌒")
お姉さま方が未踏のニュウに行く予定だったけど、止むなく、樹林歩きに変更した。
台風の稜線歩きで、お姉さま方を危険な目に合せるわけにはいかない。
その帰路に歩いた、しらびそ小屋付近のクリンソウ群生地。
「咲いたら見事よね~。来年来ましょうよ」
って事で、今年のちい姉さまのお誕生会はここに。
 そうしたら、なんと言う符号なの?(/_;)
また台風の予報。
松原湖から、ジャンボタクシーでみどり池入口へ。
今回は、古い山友の、ケアマネの友人が参加。
P7040313
予報通りの・・・雨ですねぇ。でも、霧雨程度。
今日は、風当たりの強くない樹林歩きですから、傘をさして歩きましょう
(^ー^* )
オーバーズボンは履くけど、上半身に雨具は、この時期は蒸れて、疲れてしまう。
シダと、シャクナゲと、苔。
歩き出しから、北八つの雰囲気満点!
テツカエデの花
P7040318
ツルアジサイ
P7040320
マタタビの花
P7040322
 
 、登山道が沢状態で歩いた道は・・・こんな道だったのね。
傘さして、楽しいおしゃべり。
「去年のあの時は、二日間八ヶ岳で、誰にも会いませんでしたねぇ」
「だって台風だもの」
「今日も誰にも会わないわねぇ」
「だって台風だもの」
("⌒∇⌒") キャハハ!!!
 みどり池は、湖畔にクリンソウが群生しています。
P7040331
 去年は、登山道周辺のすべてが沼になってて、さてどこが道やら、ってとこもありましたっけ。その場所は・・・
何とか道の状態を保っていました。
P7040332
 記憶に残る、木道が出てきた。
もうすぐかな?
 \(^o^)/ わーい
P7040338
すっごいクリンソウ~。
P7040335お姉さま方も、傘さして撮影大会。
P7040340
 群生地は、何度も出てくる! すごい すごい~!
途中に東屋は無いので、写真を撮って、水分補給。
ここで、シャリバテにならないように、ブドウ糖を配りまして~。
さ、あと1時間ちょっと、登りますよ。
 
 ふと横を見たら
\( ^o^ )/ きゃぁ~♪~
イチヨウランじゃないの!
P7040352
しかも至近に3株、ちょっと奥に2株。
P7040357
お姉さま方も狂喜乱舞で、何度も写真を撮ってました。
道々、オサバグサもたくさん
P7040351
 
 本沢温泉に着いたら、まずは
(*^_^*)v
ハッピーバースディ ちい姉さま
バームクーヘンにろうそくを立てて、
今日はワインのボトルを背負って来たんだよ。
乾杯~(^v^)o□
P7040373
 ふと気付くと、外はバケツをひっくり返したような雨(・_・;)
こんな雨に会わなくて、よかったですねぇ。
 
 露天は諦めて、内湯コケモモの湯へ。
ナトリウム・カルシウム・硫酸塩ー炭酸水素塩温泉。源泉温度は53.1度ですって。
露天は白濁してるけど、こちらは硫黄色。
P7040376
近いのに、泉質が違うのね。
 お部屋に入って、お荷物整理をしているうちに、雨はますます強くなる。台風だものねぇ。早く行って欲しいな。
 
 ここの露天は、日本最高所の露天風呂(2110m)
小屋からは7分ほどで、見上げると、硫黄の爆裂火口のそれは開放感あるお風呂です。残念ながら今回は入りませんでした。
だって・・・豪雨なんだもの(;´o`)
 お夕飯には、つみれ汁が付きます
P7040378
 
 小屋の情報で、明日歩く予定の白砂新道が、崩落で危険だそうで、おまけにこの雨(/_;) 明日は小一時間長くなるけど、夏沢峠経由で麦草峠へ行きましょう。 寝る前に、スケジュール計算。
バスの時間から逆算して、朝5時40分出発です。
 
 7月5日
 前の晩に、朝食をお弁当にしてもらったよ。
早目にお宿で、食べちゃって出発。
こうすれば、お弁当のケースを置いていける。
 
 実は、台風が来てるってことで、出発前日、ルート変更の可能性あり、とメールしていた。
でもね、ガスってるけど降ってはいない。
じゃ、予定通りで行きますか。
去年のリベンジだしね。
 
まずは、本沢温泉露天風呂を見学 しっかり蓋されてます。
P7050387
 
 そのあと、私とケアマネの山友、二人だけ、先に行く。
お姉さま方が東天狗に着く前に、西天狗へ登って戻って来れるように。
ケアマネの友人は、私より若いし、なかなかタフ。
8掛け切るスピードでも、ぴったりついて来くてくれる。
あんまり早すぎて、東天狗でお姉さま方を待つのは寒いから、スピードを加減して~
 
 夏沢峠で、奥秩父に雲海
P7050391コケモモ
P7050388
ツマトリソウ
P7050389
ミツバオウレン

P7050394

ツガザクラ
P7050401
 簑冠山で 「この先で風が強くなるから」って、傘をしまって、雨具と手袋をする。
P7050403
根石岳付近の強風ったら!
P7050410
軽いK姉さまが飛ばないかな。お姉さま方が来る頃には、少しでもこの風が弱まっているといいなぁ。
 ここに、気の早いコマクサ一株と、つぼみがチラホラ。
P7050405ミヤマダイコンソウ
P7050408イワウメ
P7050409_2
イワベンケイとヤツガタケナズナかな
P7050414ホソバツメクサかな
P7050418_2
工事現場のような橋の奥に東天狗
P7050419
イワヒゲ
P7050421
東天狗を通過して
P7050422鞍部は見えても西天狗が見えない
P7050423ミヤマハンノキの雄花
P7050424
西天狗(2645,8m)三角点タッチ。
P7050428西天狗を下りてくる山友
P7050429
眺めもないので、さっさっと東天狗に戻る。
ふと見ると、下からお姉さま方が上がってくる。
P7050430
(ノ°ο°)ノ オオオオ
ナイスタイミング!
ぴったり東天狗で合流。
 全員揃って、お姉さま方はマップタイム、ケアマネの山友は、マップタイムの8掛け。山友も、お姉さま方も、よく頑張りました!
 P7050432
 稜線を歩いて、中山峠からニュウに向かう。
まだミネザクラが咲いてたよ、
P7050439スノキ
P7050447稲子岳 樹林の山頂からこちら側に、コマクサ群生地があるよ
P7050451岩の下りが多くて、ここまでが遠かった!
P7050453苔の中にコイワカガミが大群生
P7050454
昨夜の豪雨で、登山道は水没して、濡れた石の上を飛ぶような道に、滑る木道。
P7050456
こんな難路を、お姉さま方、転びも滑りもせずに、よく歩いてくれます。
人に会わないぬかるみ樹林の登山道から、ニュウへ。
P7050459
 ニュウ(2351,9m)山頂直下は岩々。
濡れた岩は、慎重に。
お姉さま方皆さん、初登頂です!(*^_^*)v
三角点の向こうに白駒池が見えます。
P7050461根っこの道を下りて 降りて、ヌカルミと沢状態の道を、迂回 迂回~
P7050467_2白駒湿原
P7050469雪解け水と昨日の豪雨で、今まで見たうちで一番湖面が高い白駒池
P7050471_2
コフタバラン
P7050476トンボソウ
P7050477
白駒池入に向かったら、あ!もうバスがいる(・_・;)
P7050479
バス時間にあと10分。
いいタイミングで間に合いました。
 
 茅野駅で、八ヶ岳ラーメンって言うのを頂きました。
P7050481
さっぱり味で、大変美味しゅうございました。
ご馳走様( ´ ▽` )ノ
 
 台風で、お天気を心配したけど、去年のリベンジができてよかったですねぇ(^ー^* )
それにしても、岩とヌカルミの難路を、7時間近く歩ける、70代80代って・・・
他に知りません。
今夜は、よくーくストレッチしてくださいね。
お疲れ様でした。
 
 お花が多かったので、アップしなかったお花
ゴゼンタチバナ・マイヅルソウ・タケシマラン・ナナカマド・
キバナノコマノツメ・イチヤクソウ

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー