登山

2018年9月18日 (火)

毛無~十二が岳

 今日は、ひと月以上前にマイフレさんお二人が、参加したいとメール。 で、Pちゃんはお休みだし~

さて、どこへ行きましょうか?
 このマイフレさんお二人を、去年十二ヶ岳にお連れしようとした。 でも、土砂降りで、足和田山に変更。  
 なので、年長組さんに、大姉さまと高尾を歩いて頂いて、マイフレさんと十二ヶ岳にしようか。
 お姉さま方、それでいいでしょうか?
 と・・・リベンジ計画。  
ところが!
8月30日のエイ騒ぎ。
治ったかと思ったら、1週間後に足がパンパンに!【><。】  
 登山靴が履けなきゃ、岩々の十二ヶ岳には行けない。
『連れて行ってあげようか』
だなんて、おこがましいことを言って・・・
ドタキャンかい~(;´o`)
 何とか、毛無山へだけでも一緒に登って、ランチしたいものだわ。  と、足の腫れが引いてくれることを祈っていたら~
 青森の十二湖を歩いているくらいから、少し腫れが引いてきたような気がする。 行けるかも~  
 昨日、登山靴は入らないけど、ミドルカットのハイキングシューズなら履けた。 糸瀬山から10日ぶりの登山、行けるかな~。  
 10日ぶりって・・・
すぐじゃん って思うでしょ?
  私にとって、5日も お山を歩かなかったらい、結構息苦しいのよね。 まぁ、ウォーキングシューズで日和田山とか、十二湖とかは歩いたけど。  
 でも、無理したら元も子もない。
マイフレさんたちには 『毛無まで行って、一緒にランチします。そのあとは、足の様子次第でいい?』 って、伝えておいた。  十二ヶ岳の鎖場は、そんなに難しくない。 劒へ登頂したばかりのお二人には、なぁんだ、って感じかも~("⌒∇⌒")  
 高尾駅で集合して、マイフレさんのお友達の、Sさんとご挨拶。
優しい、感じのいい方でよかったわ~(^ー^* ) 
 今日はね、地形図に水線まで入れて、人数分持って来たの。
今どこだ~。 って、地図読みもしてもらおうと思って。  
 河口湖から、予約のタクシーで、文化同トンネルへ。
お天気上々、ちょっと暑いかな。
Img_2849
  台風21号の時の?倒木
Img_2853
 歩き出して、少しお話したら(・_・;)
Sさんなんと!
8月初めから、お山を歩いていないんですって('o'=) ウソ!?
 脚力はマイフレさんたちくらい、って聞いて、9掛けで、計算して、帰りの電車もタクシー頼んじゃったじゃない(/_;) これは・・・
ちょっと、Sさん、きついかも~。  
 案の定、登りでふうふう言ってる。
「体が重いです~」って・・・
 
 そりゃ、ひと月半も歩いてなかったら、心肺機能も筋肉も落ちちゃうよ~【><。】 どのくらいのペースで登ってくれるかな?  
 まだ カイフウロが残ってて、
Img_2869
もう、シモバシラが咲いている。  
Img_2863
標高差350mほど、急に登ると、斜度が緩む。 最後に、またちょっとジグザグに急に登ると、毛無山(1500m)
Img_2873
 でね、ここの三角点の点名が、十二ヶ岳なんだよ。
ややこしいね~("⌒∇⌒")  
Img_2872
 ちょっと早いけど、ここでランチ。
Img_2876
で、Sさん、頑張って、9掛けのタイムに10分しか遅れていない。
これならタクシーに間に合うかな。
 ここがお初の3人に、ここからの富士山、見せたかったなぁ(/_;)
今日は雲が多い。  
Img_2867
 ここまで、時々自分の足の様子を気にしていたけど・・・
痛みも、腫れも来ない。  まだ浮腫んでいるから、その違和感と、刺された場所のかすかな痛み  これは、ずーっと同じ。
登山靴を、脱いで診る。 よし!(*^_^*)v  
この先の岩場、鎖場は、難しくないし距離も短い。 1時間半くらいのもんだから、行けるな。  
 ここから、ちょっとしたアスレチックなの。
昔はなかったけど、20年くらい前に地元の方が、1ヶ岳から順に ピークにプレートを付けてくれてあるの。  これは、なかなか楽しいのよ。 宝さがしみたいで。  
なんと、マイフレさんがヘルメットをかぶった!
暑くない?十一が岳からで充分よ。
Img_2879
ハンカイシオガマ
Img_2882
 十一ヶ岳からは、長い長いロープが付いていて、足場がちょっとザレた崖。
「ここは、振られるから、一人ずつ下りるね。 腕でぶら下がらないで、しっかり立てる足場に足を置いてね」
Sさん、ちょっと苦戦。
Img_2910
 こんな長いロープ、初めてですって。
下ろす足を1歩づつ指示。 私が来れてて、よかったわ~。  
「次、下りていいよ~」 三人とも、落ち着いて、しっかり降りてきます。
 
 ね、楽しいでしょ~("⌒∇⌒")  
揺れる吊り橋を渡って・・・
Img_2912
毎回思うんだけど、よくこんなところに吊り橋をかけたなって。
設置、大変だったでしょうね。  
 十一からの下りより、この吊り橋からの鎖の登りで、気を使うところがある。 でも、途中のテラスからは、雲がなければ金峰や奥秩父の眺めが素敵なんだけど・・・ 今日は、釈迦が岳辺りまでしか見えない。  
Img_2914
 このあとの登りは結構きつくて、頑張ってね~
Img_2915
マイフレさんに「先に行っていいよ」
って言ったら、十二が岳まで行って戻って来て
「まだですか?」
「うん、Sさん、きつそうだよ~、よく頑張ってるよ~」
 すんごい一気登りで、十二ヶ岳(1683m)
ああ・・・(;´o`)
富士山は、さっきよりは右が見えているものの、雲がしっかりついてます。 残念(;_ _;) 。
Img_2920
  お水飲んで、梅干し配って~  
 ここで、お茶休憩で、きりたんぽ鍋味のおせんべを出す予定だったの。 でも、ごめんね、急ぐね。
 滑りやすいとことかは、ゆっくり安全に来てね。 ちょっとした崩壊地とかもあって、でも、ちゃんとトラロープが付いてます。  
 危ない場所が終わったから、ダブルストックにしてもらって、
「ちょっと急ぐね。 滑りそうだったら尻もちついてね」
樹林になって、一気下り。  
 帰りに乗りたい電車に合わせて、9掛けで計算した時間に、タクシーを頼んでおいた。
 下の三角点から、マップタイム35分。 予約時間まで20分。
( ̄~ ̄;)ウーン・・・
 マイフレさんに
「ごめん、Sさん真ん中にして下りてきて」
って言って、ちょっとダッシュ。
 予約時間の前に運転手さんに会えて、
「ごめんなさい!もうちょっと待っててね。コーヒーがいい?ジュースがいい?」
「いいですよ~、そんな・・・じゃぁ、コーヒー」
("⌒∇⌒") キャハハ  
 で、私は登山口脱いで、足の様子を見て、サンダルに履き替えて~
もう一度登山口に戻って
「ヤッホー! もう少しだよ、頑張ってね~」
上から
「はーい」
(ノ°ο°)ノ おぉ~ 来てる来てる。
これなら何とか、予定の電車に間に合うかも。
 Sさん、よく頑張りました。
マイフレさんお二人、お疲れ様です。
 富士急線は、本数が少なくて遅いから、スムーズに乗り継げないと、帰宅が遅くなっちゃうの。  
 私の足のせいで、ぎりぎりまで、行けるかどうかと不安な思いをさせてごめんなさい(。_。;)
  岩場、楽しいでしょ~( ´ ▽` )ノ  
今日は、お疲れ様でした。 最後を急がせて、ごめんなさいね。  
 お風呂の後で、よーくストレッチしておいてね( ´ ▽` )ノ 
また遊ぼうね~(´ー`)ノ

2018年9月11日 (火)

日和田山~ユガテ~飛脚道~福徳寺~東吾野

  K姉様は、巾着田の彼岸花を見たことがないんですって。
旦那様が、彼岸花は墓場の花だ 見たくない って言ったとか・・・(;´o`)
ご自分が見たくなくても、女房が何度か見たいって言ったら、付き合ってもいいじゃないの。
と・・・思いますが~
 まぁ、80代半ばくらいの男性は、そんな感じの方が多いんでしょうね。
女房は、俺の分身 って感じ?
 以前から、そうお聞きしていたんで、数年前に企画したんだけど・・・
たまたまその日、ご都合が悪くて来れなくって~(/_;)
なんかお当番で、とかおっしゃってましたっけ。
 では、今年もチャレンジしましょうか。
ルートを短めにすれば、大姉さまも呼べるし~(^ー^* )
 ところが!(^o^;
 いろんなお花が早かった今年、開花状況を見たら、ヒガンバナは超遅めの予報。
 なんでかって言うと~
彼岸花は、日中の気温が20度前後になって、雨の後に一気に開花するようです。
だから、いつまでも暑い今年は、開花もまだなの。
Img_2537キバナコスモスが見ごろ
Img_2533あら、気の早い彼岸花
Img_2540ジュウロクササゲかな
Img_2539
 大姉さまがいらっしゃる予定だったので、アップダウンの少ないルートに設定したんだけど・・・
風邪で来れないって(/_;)
なので、急遽、ルートを変えちゃいます。
女は黙って男坂
Img_2542根っこ登りのあと
Img_2543岩登り
Img_2547あとちょっとで長めのいい所
Img_2548
鳥居からは、雲が多い割に眺めがいい
スカイツリーもくっきり
Img_2550巾着田が巾着に見えるね
Img_2555
 まずは日和田山(305,1m)に登って、筑波山が見えた。
Img_2558
高指す山のアンテナ  今日は、雨が降るかもしれない予報だったけど、青空が!
Img_2559
途中の東屋でランチ。こう言うところがあると、雨予報の日でもコース変更しないで歩けてありがたい。
Img_2561
 それから、一等三角点峰 物見山
Img_2570
キンミズヒキとシュウブンソウ
Img_2584キンミズヒキをアップで撮ってみた
Img_2567
北向き地蔵から
Img_2573
 武蔵横手へは、火曜会で二回歩いてる。
じゃ、今日は、湯が手から、東吾野へ下山しましょう。
私が「あっ!」て、足を止めたら、お姉さま方が「蛇?」
この巨大なお方、ちっともどいてくれないのよ。
Img_2574京都 嵐山  …風
Img_2586
湯が手付近の、里山ののんびりした雰囲気も素敵。
Img_2590こんな感じ
Img_2591ムクゲの木にミスジ蝶
Img_2597ツルボと奥はセンニンソウ
Img_2599林道をいっぱいいっぱい通せんぼして、工作しているグループ
Img_2601作っているのはこれですって
Img_2600橋本山を通過
Img_2602奥多摩方向は雲の中
Img_2605福徳寺へ出て
Img_2606
 東吾野へ。2時15分発に乗るのに2時6分着 (*^_^*)v
Img_2607
 お花見なしでサクッと歩いたから、時間が時間が早いですね~。
 みんなで東飯能のイートインで、お茶して帰りました("⌒∇⌒")
Img_2608 ごちそうさまでした(゜゜)(。。)ペコリ
 
 実は、土曜日のお山の帰り、温泉に入ってから、エイに刺された足がパンパンに腫れて・・・
もう、刺されて12日も、経ってるのに~(/_;)
 日曜日に、休日救急診療所で見てもらったの。
でも、お医者さんも、エイの治療の経験はないって。
リンパ液が傷口周辺に集中しているだけだろうって。
で、利尿剤を処方してくれた。
うーん "( ' ' ;)片足だけなのに?
利尿剤は、効果なしでした(;-_-) =3
 抗ヒスタミン剤と抗生物質は、まだ3日分ある。
月曜日になっても、ゾウさんの足【><。】
Img_2530
 蜂窩織炎になったら怖いな。
壊死性筋膜炎なら、もっと痛いはず・・・
で、昨日も近所の病院に行って、見てもらった。
「腫れ、ではなくリンパ液が溜まっている、浮腫み みたいですね」
だって。
 『リンパ液 片足 浮腫』 
とネットで調べたら
『全身のリンパ流を活発化させるには、明るく楽しく運動しましょう』
だって("⌒∇⌒")
 
 心配は・・・
登山靴が、履けるのかなぁ~。
最悪、サンダル履いて集合場所へ行こう。
お姉さま方に地図を渡して、ちょっと一緒に歩いて、もし足が変だったら、私はタクシーで、ランチ場所で落ち合おうか。
 色々考えました。
でも今朝は、ウォーキングシューズの紐を、右だけうんと緩めて、履けました。どれが履けるかな、って試していたら、予定より早い時間に家を出ることになっちゃいました。
 お姉さま方と一緒にゆっくり歩いて~
明るく楽しく運動しましたよ。("⌒∇⌒") キャハハ
腫れは、ひどくもならず、引いても来ず・・・
日にち薬かなぁ。
 
 今日は、標高差は450mしかないけど、20000歩!
これだけ歩いて、痛くならないってことは、
歩いても大丈夫なんだね。
問題は、まだ登山靴がはけないってことだわ~(;´o`)
 エイって・・・やっぱり怖いなぁ~
 今日は、雨に降られず、涼しくて助かりました(^ー^* )

2018年9月 8日 (土)

糸瀬山

 どうもこのところ・・・

予定のお山へ行けないなぁ(;-_-) =3  
 今日は、越百岳へ日帰りしようって予定だったの。
歩行時間が、マップタイムで11時間半。 五竜岳の時と同じくらいの時間。 で、五竜の時は、夜中に移動で辛かったから~
 みんなは金曜日に半休取って、須原の古民家に泊まることにしたの。  
 でも、台風の影響で、林道が通行止めなんですって(/_;)
手前から歩くと、プラス3時間かかるって~。
歩行 15時間って・・・(;´o`)  お天気もあんまりよくなさそうだし~
またにしましょ。  
 でも・・・ せっかく半休取ったんだから、 そして、古民家を予約したんだから、近くの山へ行きたい ですって。  
 木曽三川って知ってるでしょ?
木曽川、揖斐川、長良川  
じゃ、木曽三山は知ってる?
 風越山、南木曽岳、糸瀬山  
 その糸瀬山の登山口は、予約した古民家から割に近い。  
昨日、近所の病院で、エイの刺し傷を見てもらいました。
やっと、お風呂に入っていいってお許しが出て、今日はゆっくりお風呂に入れるのが楽しみ。
 伊那で、虹が見られました。
Img_2433
 須原の駅は、ローカルで懐かしい感じ
Img_2441
 さて、中山道の須原の古民家は・・・  
\(^o^)/ わーい
ここに泊まれるの?
築160年ですって!
Img_2442
 立派な梁と重厚な造りで、古民家特融の香り。
Img_2448
素泊りなので、一人4800円とリーズナブル。  
お風呂は檜で、二階も何部屋もあって、 下駄スキーや
Img_2455
足踏みミシンやら色々そのまま置いてあって・・・
Img_2459
まるで博物館。面白くて、あちこち見て回っちゃった。  
 近所の本陣って言うお蕎麦屋さんで、そば定食。
Img_2452_2 お蕎麦の盛りも多いのに、ご飯もついていて、ヘビー!
 あんまり観光地化されていなくて、須原の宿場町はいい感じ。 中山道の有名な宿場町って、観光地は、映画村みたいな感じだもんね。  
 
 9月8日  雲が多いけど、雨は降っていない。
このまま降らないで欲しいなぁ。
でも、これじゃ・・・
眺めは無理かなぁ。  
 当初の予定では、荒れた林道を、20分程入って歩き出しの予定。
でも、台風の後だし・・・
役場に電話して聞いたら、林道に入ってすぐの橋が落ちてしまいましたって!
(≧◇≦)エーーー!  
 崩落した橋から、林道を40分歩くか~ 
須原駅の裏の神社から、山道を40分歩くか~
山道がいいよね。  
Img_2461
 あんまり歩かれていない、草が生えた道から、落ち葉と枯れ枝だらけの登山道。 なかなか急です。
  一部、崩落していて、戻って尾根を直登。 そしてゆるく下りたら、やっと登山道。 (;-_-) =3 ふぅ
Img_2463林道へ降りて
Img_2464
 帰りも、このアップダウンがおまけに付くのね~。
小雨が降ってきて、傘をさす。  
林道を3分ほど歩いた先が登山口。
Img_2465
ちゃんと「糸瀬山登山口」って案内があります。  
 道は、緩急あって、案内板もちゃんとついてます。
先日の台風で、まるでごみみたいに朴の葉や枯れ枝が落ちていて、道が分かりにくい。
Img_2467
 植林地なので、雨は気にならなかったけど、  胸突き八丁って看板があって、 その辺りで、雨は本降り って言うか、豪雨!【><。】
 雨宿りできるところもないし~
そのうち小ぶりになるかな、なるかな って思って、2時間土砂降り!
  しかも、倒木だらけで、跨いで
Img_2472
跨いでくぐって、いたら・・・
笹薮になってきた~(/_;)
Img_2470
 一気に、全身びしょぬれ!
あんまりメジャーじゃないお山って、笹薮が付きもの?  
 山頂手前に崩壊地があって、青薙ぎ って書かれてる。
Img_2476
 ここからは、中央アルプスが近いのね。
晴れていれば、空木岳、南駒ヶ岳、仙涯嶺、越百山と並ぶんだけど~ (T-T) グスッ  
『あっちに、行く予定だったんだよね~』
って・・・
水曜日も、こんなこと言ってたな。  
 不思議な苔の岩が出てきて、糸瀬山(1865,9m)
三角点は、岩に打ち付けてあります。  
Img_2481
 で、山頂には、有名なのろし岩がある。
事前の情報で、ビビりの私は登れないかも~ って、スリング2本とカラビナを持って来た。
 
 でも・・・
雨降りだからねぇ~。  
 垂直の壁面には5~6mのはしごが、かなり左に傾いてかかっていて、
Img_2484 その上はタイヤチェーン!
Img_2485
 これ、足を置くと、持っている鎖が引っ張られて、足の鎖も浅くなって怖い。 その上は~、 ナイフリッジに、サビの効いた鎖!
Img_2488
 足を置く幅がないじゃん。
鎖を持って、またがったら、オーバーズボンが破れちゃうわ!
 ってことで、今回は登らな~い!
次も登らないかも(;´o`)  
 これ、静岡の岩好きマイフレさんとか、知ってるかしら?
楽しいんじゃないの。  のろし岩からは、空木や南駒、仙厓岳の眺めが最高らしいですよ。  
横から見ると、こんな岩。梯子は右側にあります。
Img_2489
 傘さして、行動食食べて下山。
 下山途中、薄日が差して、これで晴れるのかな、って思ったら、
Img_2494
また降り出した!
  あ~あ、一日降られちゃったね。
しかも、またまた土砂降り【><。】  
 下山したら、木曽は大雨警報ですって。
木曽川は濁流が波打ってました(;´o`)
 どこか、温泉に入って着替えたいね。
で、調べたら、茶色の温泉があった!  
Img_2501 木曽福島代山温泉 炭酸泉で、空気に触れると茶色くなるんですって。 ぬるめだけど暖まる、すっごくいい温泉!  
Img_2502
 下山後、トンネルを抜けて、伊那へ出たら、青空も出ていて
Img_2510
 さて、日曜日だけど、こんなお天気だから、ひどい渋滞にはならないかな~  と思ったら、小仏渋滞3キロでした(^ー^* )  
 火曜日に次いで、急遽行き先変更だったけど、なかなか面白いお山でした!
 あと、古民家のお宿が最高!

2018年9月 5日 (水)

台風の八方池山荘と八方池

 台風で被害に遭われたからに、お見舞い申し上げます。  

 お姉さま方と、お泊りでの風吹大池は、とっても楽しかった。
夏のアルプスに、もう一回くらい行きたいですねぇ。  
でも、予定がギチギチで、1泊しか泊まれない。うーん "( ' ' ;)
 アクセス入れて、1泊でアルプス気分が味わえるお山~・・・  
で唐松岳へ行くことに。  
 先週の木曜日にエイに刺されて、救急車に乗って・・・
何を心配したかって、この唐松岳へ行けるのか。
日曜日に歩いてみて~ よし!私の足の方は大丈夫だ!  
 さて、次に問題は~
『非常に強い台風第21号は、勢力を保ったまま、4日夕方から夜のはじめ頃にかけて最も長野に接近する見込み』
 
  なんで、このタイミングで来るのよ~ 〃`_´〃
って言うか、台風、多過ぎでしょ!  
 予報は、毎日ころころ変わるし・・・
「万一の場合は、ゴンドラの上の、八方池山荘に変更でいいですか?」 って、前もって、お姉さま方に了解を貰った。 万々一、ゴンドラが動かなかった場合の、いい感じの八方のお安い温泉宿も、いくつかピックアップしておいた。
 でも、前日の予報では、唐松岳の山頂付近は風速34m!(;-・。・-;)
事前にお姉さま方にお聞きして、別途一室、16000円で、展望のある個室を予約しておいたんだけど・・・ キャンセルしました。
 強風で、お姉さま方がよろけて、お怪我でもしたら、元も子もない。
代わりに、リフト前の山荘、八方池山荘を予約。  
 4日朝の予報では、ゴンドラの上の雨の降り出しは15時だって。
ま、とにかく現地へ行ってみましょ。
 ゴンドラに乗れなくて、民宿で、美味しいお料理と温泉なら、それもまたよし("⌒∇⌒")
 東京駅集合で、長野まで新幹線。
バスで、八方のバスターミナルへ。  
 15時から雨予報なのに、もうパラパラ降ってきた!(・_・;)
 ゴンドラ・アダムは・・・
向こうから来る人が、「登りのゴンドラは動いてないよ!」
「(≧◇≦)エーーー!」  
 チケット売り場の人に
「八方池山荘に予約してある沙羅ですが・・・」
って言ったら、
「予約のお客様は乗れますが、強風のため、リフトをお待ちいただくようになるかもしれません」
だって~ 
よかった~(*^_^*)v  
 お昼ごろまでは、風は弱いと踏んでたのよ。 でも、雨も風も早めに強まったんだね。 ゴンドラでは、まだ、下の街が見えていていた。
Dscn7398
リフトでは、風は強めなものの、足下の斜面に、いろんなお花が楽しめる。 リフトを乗り継いで、目の前が八方池山荘。  
 さほどぬれずに、小屋へ。
蚕棚系のお部屋や、屋根裏部屋風の狭いお部屋もある中で、一番広い8畳の部屋を、火曜会お貸し切り~ (*^_^*)v  
Dscn7402
 食堂へ降りて、大型テレビにくぎづけ。
Dscn7404
 水浸しで海みたいな関空や、車の火災にびっくり。 外は、小屋前のダケカンバが、飛びそうなほど揺れているけど、
Dscn7406
 この建物はとってもしっかりしている。
 買ってきたお弁当を頂いてから、おしゃべりしたり お姉さま方はお昼寝したり。
Dscn7399
 一昨年の9月だったか、やっぱり台風の直前にお山へ行って、根石山荘に泊まったことがある。
 樹林帯から、15分だけ風に吹かれると、小屋に逃げ込める。
小屋のテレビで、『今 渋谷では、』って言う台風中継を見ながら、酒盛りしましたっけ。  
 のんびりまったり、山の本とか読んで過ごす。
外は、いよいよ風が強くなってきた。15時から20時まで入れるお風呂は、なんとシャワーが3つもついている! 
Dscn7405
 お夕飯は、ここは普段はバイキングらしいです。
でも、宿泊が7名だから、お皿盛り切り。  サックサクのエビフライや、角煮も美味。
Dscn7407
 ・・・と!
( °o° )  停電。  
 私は、小さな懐中電灯を持っていたので、机に置いて食べていたら、 小屋の方は、さっとロウソクを出して来てくれた。
 なんか、お誕生日みたいね~(´ー`)  
Dscn7408
 9月5日
朝食は、朝6時。生卵付きなので、たまかけご飯(*^_^*)v
Dscn7411
まだ雨が降ってました。  
 山小屋で、こんなにのんびり朝食を取るのは、火曜会では、滅多にないですね~。 あらかじめ、食堂にザックを用意して、食べたら即 出ます って感じが多いから~。 私の計画がせっかちなんで、そして早めに帰宅したいんで、ついそうなっちゃう。  
 今朝は、急ぎません。
ゆっくりお仕度しましょ!
そうこうするうちに、雨は止んで~
(ノ°ο°)ノ オオオオ
青空だ~!  
Dscn7419_2
 思い起こせば、娘が中二の夏、町田発、白馬でフリー2泊 19800円のツアーで、娘と唐松岳へ登ったっけ。 このルートは、あの時以来。    
 青空と木道、揺れるマツムシソウ。
Dscn7453今日はウメバチソウお堪能しました
Dscn7439
八方池までは観光客が多いルートなので、よく整備されています。五竜の遠見尾根が見え始めた。
Dscn7447
少しずつ見えてくる白馬三山。
Dscn7542ナナカマドと 右は去年登った白馬乗鞍
Dscn7458キバナノカワラマツバ
Dscn7460ハッポウウスユキソウと小蓮華
Dscn7464カライトソウ
Dscn7472クロトウヒレン
Dscn7473シモツケソウがまだきれい~\(^o^)/
Dscn7475オヤマリンドウの群生地 風に揺れて美しかったよ~
Dscn7477飯森神社のお社の後ろで、白馬の尾根が、消えたり出たり
Dscn7481
  そして、観光客だらけのこの辺りに、今日は誰もいない!
「気持ちいわねえ~」 話しているうちに、八方池へ。  
Dscn7495
 ここ、山椒魚がいるんですよ。 って話していたら・・・
巨大オタマジャクシがいた! 
Dscn7488
イワショウブもきれい その奥にもいるでしょ!
Dscn7483
 池の上の、樹林の登山道を抜けるまで、30分ほど登って、
Dscn7498 こんな大きい枝も折れてます
Dscn7500
雲海を眺めて引き返す。  
Dscn7504タムラソウの大群生地 手前はハクサンタイゲキ
Dscn7509唐松岳の右は不帰のⅢ峰 小屋で一緒だった3人が、唐松へ向けて登って行く。
Dscn7528遠見尾根と五竜岳 その奥(右から二番目)に鹿島槍
Dscn7531シナノオトギリ
Dscn7534ハクサンタイゲキの紅葉
Dscn7549
 小屋のテラスでコーヒーをごちそうになって、リフト&ゴンドラへ。
 帰りのリフトは、お花や景色を楽しめました。
Dscn7554
 ゴンドラ駅からの白馬三山
Dscn7557
タクシーで、みみずくの湯へ。
ここは、ph11,3ですって! 日本一の強アルカリの湯。
 ヌルヌルすべすべで、露天風呂からの眺めが最高!
白馬三山の、絶景風呂です。  
 大糸線でも、車窓からの眺めを堪能して~  2時間も乗るので、白馬駅で買った鱒ずしを買って、みんなで頂きました。
Dscn7560蕎麦畑の向こうに 爺ヶ岳と鹿島槍と五竜
Dscn7566
松本で特急あずさへ。
 遅延もなく、6時前に帰宅出来ました。  
 台風が来るのを分かっての出発は、避難もあるでしょうが・・・
 不謹慎かも知れませんが・・・
 お山で台風、楽しかったで~す\(●⌒∇⌒●)/

2018年9月 2日 (日)

焼山沢から美しヶ原

 館山で、エイに刺されて救急車事件。
痛みで、脂汗で歩けない時は、何も考えられなかったけど、
ロキソニン飲んで、少し痛みが治まって来て・・・
次のお山は何だっけ? 
火曜会のお山は?
私・・・歩ける? 
登山靴 履けるのかな?

 ちょっと不安。
今日は、火曜会のためにも、歩いてみておきたい。

 安静時に痛みがなくても、刺されたのはくるぶし付近。
登山靴に当たるかも~(´ヘ`;)

 この週末は、たまたま短めルートだったの。

 近場で、暑くなくて、歩いていないところ。
って考えて~
 マイフレEさんが、よく日記にアップしていた、焼山沢から美ヶ原に決めたの。
沢沿いは涼しそうだし、美ヶ原で、ランチも食べられるし。

 で、エイで救急車の夜、「歩けないかも知れない」
「もしもの場合は、みんなが降りるのを待ってる」
ってメール。
こういう時、ピストンだと楽よね。
どこで、止まってても、また会えるから。
日曜会にしては、時間が短い、楽な日で、よかった。

 夏休みが終わって、やっと少し車が減った高速。

巣栗渓谷の案内板の後ろが登山口。

Img_2424
 登山口に着くと荒れていて、倒木を跨いだり乗り越えたり。
Img_2384
でも、何度か沢を超す個所は、とってもよく整備されてる。
Img_2382_2
なんでこのルートが、エアリアマップにないんだろう?

 雨だから、オーバーズボン履いて、傘さして。
チャツボミゴケ公園みたいな、きれいな川の苔。
Img_2400
 焼山の滝は大きくて
\(^o^)/ わ~
ここは、また来たいね。
Img_2392
上の方から3段の滝になってる。
Img_2394
その先にも、素敵な滝がいくつもありました。
マイナスイオンたっぷり~。

 その上に、分岐があって、樹齢400年の、ツガの大木があります。
案内板には、トガ と書かれてます。
Img_2387
 2時間ほどで、美ヶ原の牛柵にぶつかる。
Img_2402
柵沿いを歩くと、つややかな黒牛が何頭も、こちらをにらんでる。
Img_2407
 数年前、お姉さま方と来た時と同じ、霧雨で真っ白な美ヶ原(^。^;)

 で、誰にも会わない、静かな沢沿いの道を登って、登って、出たところに、路線バス?が走ってくる違和感!
Img_2408
 とりあえず、美しの塔まで行って
Img_2413
小雨になったので、軽くランチ。

 あら~(/_;)
また降って来ちゃったわ。
下山も傘をさして。

 登りも下りも、普通に歩けたよ~。
木曜日に、救急車に乗って、歩けなくて車椅子にも乗ったなんて、嘘みたい!

ウメバチソウ
Img_2403ダイモンジソウ
Img_2398
 エイの刺し傷って深くて、細菌感染が怖いらしい。だから、あれから、お風呂には入っていない。 抗アレルギー剤と、抗生物質は忘れずに飲んます。

 下山後は、エイのケガのガーゼを替えて、リンデロン付けて・・・
 まだ、浸潤液みたいなのが出てる。
これが出なくなるまで、お風呂は入っちゃダメだって~(;´o`)

 夏休みも終わって、こんな雨模様のお天気。
高速の渋滞は全ったくなくて、スムーズに帰れました。

 超大型台風が近づいていて・・・
火曜日のお山が心配。

 皆さんのお出かけの時は気を付けてね~
( ´ ▽` )ノ

2018年8月28日 (火)

御岳山ロックガーデン

 先週、大姉さまが久しぶりで、火曜会に参加してくれた。
来週はお泊りだけど、今週の予定は決まっていない。
じゃ、うんと軽い所にしたら、また参加してくれるかな~。

 で、もう終盤のレンゲショウマを見に、御岳へ。
レンゲショウマって、下から咲いて行くから、案外長い期間、お花が楽しめるのよ。

 ケーブルカーを降りて、高校の頃、大岳小屋の荷物をボッカするのに立ち寄ったお店へ。
「お久しぶりです(´ー`)ノ 」
ここのお姉さん、昔から雰囲気が全く変わらない。
 もう、以前の大岳小屋の常連は、誰も登って来ないらしい(/_;) 当時の常連の中で、高校生の私が、最年少だったからなぁ。

 ケーブル前の広場で、トレランの人が何か撮影してる。
お姉さま方は、お笑いの人ですって。
「知ってる知ってる」
「名前が出てこないのよ~」って。
Img_2256
 富士峰園地でレンゲショウマを見て

Img_2270
思ったより咲いていて、嬉しい!
Img_2274
ヤブレガサ
Img_2266
富士峰園地から、雲海 右は日の出山で奥が三室山
Img_2281
トコロの雄花
Img_2277
キツネササゲ
Img_2284
富士峰園地の樹齢350年の杉の巨木
Img_2286
長尾平でランチ。
Img_2292
パラパラと、雨が降ったりやんだり。
カシワバハグマ
Img_2298
ヌスビトハギ
Img_2296
名前の由来の鞘
Img_2297
ミヤマタニワタシ
Img_2301
フクオウソウ
Img_2289
 フシグロセンノウ
Img_2290
大姉さまがいるから、七代の滝への急降下は止めて、綾広の滝へ。
Img_2306
沢沿いの道は、涼しいですねぇ。

ギンバイソウ
Img_2303
タマガワホトトギス
Img_2311
濡れた石は慎重に
Img_2308
ロックガーデンを、休憩所まで下りると・・・

 あら、また会っちゃいました。
トレラン姿の撮影隊。
Img_2313
 大姉さまが
「ごめんなさい!お顔は知ってるんだけど、
お名前は?」
って、ご本人に聞いて
「ロンドンブーツの亮です」
「失礼じゃない?」
って言ったら、
「おばあさんだからいいのよ」

 この後も、歩いていてまた会った。
Img_2316
NHKの、トレランで自然に触れ合う教育番組だそうで・・・
そう言うのやるから、トレランが増えるんだ!
お山は、走るもんじゃない。
と・・・私は思う。
 何度も、通りすがりのトレランさんの怪我を、お手当てしたことがあるけど、トレランさんって、そう言うエマージェンシーセットも、何も持っていないし。

 このロックガーデン、春先には、コチャルメルソウやハナネコノメが咲くのよ。

 ゆっくり戻っていたら
あれれ、また雨がぽつりぽつり。

 下山して、御嶽駅前のラーメン店へ。

 父が鮎釣りをしたので、私が中学の頃、よく連れて来てくれた御岳。このお店の平麺は、その頃のまま。
 御岳ラーメン、ごちそうさまでした。
Img_2320
 青梅線で立川へ着く直前、放送で
『中央線で人身事故。
ただ今 中央線、動いていません』
(≧◇≦)エーーー!

 復旧は、40分後くらいですって!(^o^;
 
とりあえず、立川で動いている南武線へ。
「あなたどうする?」
「お姉さまは?」
新宿方向、世田谷方向、横浜方向、
本来のルートの中央線が普通でも、迂回して帰宅できちゃうところが、すごいね。
結局全員、いつものアクセスと、15~20分ほどしか違わないで、帰宅できそう。

 あ~、よかった。

 大姉さま、再来週はまた軽いお山にするから、一緒に歩きましょうね~。


 今日は、雨がパラパラ来たけど、濡れるほど降られずに済んで、よかったです。

 思ったより、レンゲショウマが残っていて、嬉しかったよ~(*^_^*)v

2018年8月27日 (月)

夫と上高地 西穂独標

 一昨日、こーちゃんを送って帰宅が8時半
それから色々片付けて、翌日のおにぎりとか作って、ちょっと趣味人を見て~

 3時半に起きて、あれこれ準備。
4時出発。

 今回は夫とだから、睡眠不足で足が遅くても大丈夫("⌒∇⌒") 先週も通った沢渡の先から、新穂高ロープウェーの予定。

 実は、お天気がころころ変わって、お山は
土曜日と日曜日のどっちがいいか、判断に迷う。8時発のロープウェーに、間に合うように出たけど・・・
松本まで行っても、強風に雨予報(;>_<;)

 道中、虹が見られて、雨が止むのかな?

Img_2007_2
と思ったけど、また降って来て・・・
【><。】 エーン

 26日は、夏休み最後の日曜日。
帰路の小仏トンネルを、お昼までに通過したいから、今日西穂独標に登りたかった。でも、風速16mで雨予報じゃ、お山は苦行になっちゃうわ。

 急遽、
「傘さして、上高地散策にしましょうか?」
沢渡でシャトルバスに乗り換えて~
梓川右岸で明神池へ。
 Img_2037_2
一番奥の遊歩道、少し長くなって、明神池から段差で川に流れるところまで、行けるようになっていました。
Img_2054_2
 途中、明神池二ノ池で、気の早い紅葉が水に映って、虹みたいできれいだった。
Img_2060_2
 河童橋で、ケーキセットを食べて、
Img_2075
12時半だから、まだ空いているかと思って、バスターミナルへ。もう行列でした。

 ホテルに入るには少し早いので、奥飛騨鍾乳洞へ。
Img_2101_2
日本で、一番大きな石筍があるの。
Img_2108_2
とっても広いし、見ごたえありました。

 今日泊まるところは、栃尾温泉。新穂高温泉の近くです。露天風呂は、とっても広いのに、貸しきりなの。女性用何度入っても独り占。
Img_2113
なんでかと思ったら、お夕飯の時見たら、お客さんは私以外男性! 渓流釣りのお宿でした。
渓流釣りって、圧倒的に男性が多いのね。

 お夕食は、飛騨牛に・朴葉味噌に・鮎の天ぷらに・・・撮るの忘れた(´ヘ`;)
夫はビールを飲んで、8時に寝てしまった!

 8月26日
朝食を7時にしてもらって、8時のロープウェーに。モンベルカードで5人まで300円引き。
知ってた? ザックは、6キロ以上だと追加料金を取られるから、重いものは置いて(´ー`) v

 西穂山荘手前の200mほどがなかなかの急斜面で、夫がゼーハー。時々日が射すのに、残念なことに、ガスって真っ白~。
Img_2130_2
 ちょこっと登ると、丸山(2452m)
Img_2142_2
夫の様子見で、不調だったらここまで。
って思っていた。けど、ここまで8掛け近いスピードで登ってきた。 ここって、山慣れない人が多いから、マップタイム大甘?

一瞬見えた西穂独標
 Img_2165_3
 台風っけの強風!「帽子、飛びそうだから、取ったら?お日様出てないし」って言ったら、やんちゃ小僧みたいに後ろ前にかぶって~
Img_2169_2
 ザラザラの登山道を登って、岩っぽくなったら、逆に元気になって来た。
 岩の高度感にビビる、アルプスが初めて見たいなグループが、夫に道をよけてくれて~
「お先にどうも~」なんて、ご機嫌さんで登ってました。

 西穂高独標(2701m)
Img_2170_2
ロープウェー駅からの、マップタイム3時間を2時間。やっぱ、マップタイム、甘いね~。

 夫、少しはお山の筋肉が付いて来たのかな?
ここで、ホテルの冷凍庫で冷やした、ノンアルピールとお漬物休憩(^ー^* )
Img_2173_2
 西穂まで行かないと、ここには三角点がないから、ちょっと残念。
 最初から別行動なら、私だけ西穂に行って戻って、ちょうどロープウェー駅で会える感じだけど・・・
 今日は、お付き合いしましょ。

 途中で、どんどん雲が取れてきて・・・
振り返った独標が針山!
Img_2181
 霞沢岳と六百山 上高地の建物が見える
Img_2211
 焼岳と先日行った十石山
Img_2212_2
 笠ヶ岳 矢印はロープウェー駅
Img_2192_2
西穂山荘で、霞沢岳を眺めながら、ラーメンを食べて下山。
Img_2215_2
最後に眺望があって、よかったわぁ(^o^)v

 さてさて、大渋滞予報が出ている今日、どうやって帰るか。
数日前、「混んでいたら、大月から都留ICへ回って、裏道で帰りましょう」
って言ったの。
そうしたら
「混んでたら、上信越道から関越で回ればいいさ」
(;-_-) え?それも渋滞なんじゃ・・・
でも、否定すると、不機嫌になるから、数日前の会話の時は
「そちらが渋滞してないと、いいですね~」
って言っといた。

 下山後に、夫がタブレットを見たら、高速はどこも大渋滞。
「大月から、都留IC経由で帰りませんか?」
「どっかで時間をつぶせばいいんだ」
は?(?+_+)

「まずは風呂だな」
ロープウェーの隣の、新穂高温泉ホテルのお風呂に入って~
広くて、単純泉と硫黄泉の4つの露天があって、気持ちがいいお風呂です(^ー^* )
Img_2247_2
 「松本ICで高速に入らないで、塩尻まで下道で行こう。途中で飯でも食ってるうちに、渋滞解消だ!」

 そんなに簡単に、渋滞が無くなるといいんだけど・・・
塩尻の中華屋さんで、なんだか一杯頼んじゃって、食べきれないよ~
Img_2251_2
 大月が近づいても、小仏渋滞30キロのまま渋滞突入
のろのろ、とろとろ 

 11時半に帰宅。

 好きそうなお山にご案内して、喜んでもらえるかと思ったのに・・・
なんだかなぁ~な、結末でした。

 小仏トンネルがもう一つできるそうだけど、予定は2025年ですって。夏の週末は、中央高速は、使いたくないですねぇ~。

2018年8月21日 (火)

飯盛山

 春に行った茨城のお山で、マイフレさんのご友人が、夏にお山にご案内してくれるって言う事だったんだけど・・・
2週間前、別のご予定で来れないって。
 マイフレさんが無理してご案内してくれそうだったのを断って、
さて、この暑い夏に、どこへ行きましょう。
 
 今年は、フシグロセンノウとマツムシソウを見ていない。
その二つをこの時期みるなら、飯盛山かな? でも、今年はどこも、お花がバカに早いから、もう終わっちゃってるかも~。
 あ、晴れてたら、きれいな八つが岳が見られるからいっか。
 
 暑いから、登山口までタクシーを利用しよう。
そうすると、歩行時間が短いから・・・
ダメもとで、久しぶりに大姉さまをお誘いしたら、
来るって!
\(^o^)/ わーい
ケアマネの山友も、1年ぶりくらいに会う。
 
 高原の原宿って言われる清里に、タクシーを頼もうと思ったら・・・
清里周辺のタクシー会社は6社とも!
予約はしておりません(/_;)
さすが、観光地。
 あ~あ、これじゃ予定が組めないよ~(T-T) グスッ
 
 先週、激混みのあずさに参ったから、今週は早めに指定を取って・・・
で自由席が激混みで、ワゴン販売も入れないのを見て、これはまずい!
 帰りは自由席なんだけど、お姉さま方の自由席特急券をお預かりして、小淵沢で帰りの指定を取る。
「6名様、かたまっては座れませんよ」
って言われたけど
「同じ号車ならいいです」
何とか、帰りの指定席を確保。
 
 久しぶりに、小淵沢から小海鉄道に乗る。
予報では曇りのち晴れ なのに、小淵沢手前から雨(/_;)
小海線に乗っても窓の外は雨【><。】 エー
雨具を付けて歩くようかな。
 
 清里から飯盛山登山口までって、住宅地を4~50分歩くの。だから、私だけ小走りで小海線から降りて、駅前に並んでいた二台だけのタクシーを確保!
 よかったぁ~(;-_-) =3
ここで、タクシー待ちをしないで済んだ。
 平沢牧場近い登山口でタクシーを降りてたら、地面は濡れていて、木の上から雫が落ちるけど、雨は降ってはいない。
 ガスって真っ白で、眺望は望めないけど、もう雨は降らないといいね。
 畑に、ベニバナインゲンかな
Img_1821クマシデ この1枚1枚に種が入っているんだよ
Img_1823
フシグロセンノウ
Img_1832
 蒸し暑いから、のんびり登ります。
ミズタマソウかと思ったけど 節に毛がないからウシタキソウかな
Img_1842地面が濡れているから、東屋でランチ
Img_18496人だから豪華よ~
Img_1848赤いキノコみたいな地衣類 ウメゴケ系かな
Img_1854写真を撮っていたら 大姉さまがもうあんな上に 結構歩けるじゃん!
Img_1859
小一時間ほどで、飯盛山到着。
 
Img_1874 ふわっとガスが流れて・・・
Img_1876
\(^o^)/ わーい
少し下界が見えてきた。
 辺りは、マツムシソウがあっちにもこっちにも。
ヤマハハコとのコラボ
Img_1883色の濃いアサマフウロ
Img_1895
 平沢山(1653m)へ登り返して、
Img_1909
 山頂で、なんと富士山が少し見えてきた。
右が茅が岳 左が曲岳 富士山の下は観音峠
Img_1920
 最初から見渡せるのもいいけど・・・
こう言う、ふわっと雲が動くのも素敵~(*^_^*)v
 マツムシソウやハクサンフウロを堪能しつつ、ゆっくり下山。
左は飯盛山 笹の中にアサマフウロ
Img_1899ジャノメ蝶とツマグロヒョウモン蝶
Img_1888天狗山と男山 その奥が御座山
Img_1900瑞牆が魔の山みたい
Img_1923シロバナシャジン
Img_1926ハンゴンソウ
Img_1925
 
 獅子岩へ降りて、タクシーを依頼。
25~30分ほどかかりますって言うから、獅子岩へ登ったり お着替えしたり。
Img_1933
 吐龍の滝へ行くつもりだったけど、また、タクシー二台をドキドキ待つのも嫌だから、電車の時間にすっごく余裕があるんだけど、清里駅へ。
 
 小海線、13時台の次が15時50分 
本数、少な過ぎ!
 人が多いんんだから、夏だけでも増発してよ~。
 
 で、電車の待ち時間で、
ソフトを食べて~
Img_1941
 お姉さま方と・・・
(=^O^=)o□ プハァ
ごちになりました(゜゜)(。。)ペコリ
 清里駅からの富士山
Img_1948
 ちんたら小海線で小淵沢
 行きの乗り換えの時に、あずさの指定席を買って置いてよかった。
自由席はすごい列。
自由席だったら、みんなが座れたかどうか。
小淵沢から新宿までは2時間!立ちっぱなしはきついもの。
 
 久しぶりの、大姉さまとの山歩き。
1年ぶりの、山友との再会。
 色々盛りだくさんな、清里のお山でした。
 
 降られず、お花三昧の一日、
とってもラッキーでした(*^_^*)v

2018年8月19日 (日)

十石山

 先週末は、五竜岳を日帰りしたのに、ガスって北アルプスが見られなかった。
「夏のうちに、北アルプスが見たいです!」
「十石山はどうでしょう?」
山友が、展望の山を見つけてきた。
乗鞍のエアリアマップの真ん中やや北、白骨温泉から、十石東尾根で登ります。
 また遠いから、未明出発。
でも、今度は、歩行はマップタイムで6時間程度。
じゃ、4時間半くらいで歩けるね~(^ー^* )
白骨温泉から、ちょっと行ったところが、登山口。
目立たない、十石山登山口の看板が立ってます。
Img_1714_2
 出だしは広葉樹とカラマツの森。
ジグザグの急登で笹の尾根に出ると、モミやトウヒの森に変わってから~
 針葉樹の樹林をゆったり登るんだけど、両サイドから笹がうるさくて、朝露でびっしょり(;´o`)
どこまで笹なの~ って話していたら、今度は、刈ってはあるけど笹藪。
刈った笹の茎と根っこが滑るし、相変わらず笹がうるさい。
Img_1719_2
それだけ人が来ないって事かな。
だから、破線なのかぁ~。
 標高2,400m付近まで登ったら、風が流れてきて~
樹林を抜けたぁ\(^o^)/
沢渡の駐車場が見える
Img_1732
 オブキトラノオと中央アルプス
Img_1734_2
 (ノ°ο°)ノ オオオオ
富士山・南アルプス・八ヶ岳!
Img_1789_2
北岳から塩見まで 手前の丸い山は、リンドウを鍵を借りて開けて入る
鉢伏山
Img_1780_2
 アルプスチックな、気持ちのいい道。
Img_1736
チングルマの花穂が、キラキラ風に揺れてます。
ウメバチソウが群生。
Img_1794_2
ミヤマコウゾリナと
クチバシシオガマ(ヨツバシオガマの先端だけ赤い花)
Img_1739_2  トウヤクリンドウと秋の空
Img_1757_2
避難小屋があって、
Img_1741
尾根に飛び出る感じで、少し登ると
('◇'*)わぁお!
笠ヶ岳! 手前は焼岳
Img_1775_2
槍に西穂に奥穂\(^o^)/ わーい
Img_1777_2
 素晴らしい眺望。
夏休みの日曜日で、どこのお山も混んでるでしょうねぇ。
でも、ここは、日曜会お貸し切り~。
静かに眺望を楽しめます!
(⌒^⌒)b うふっ。
 山頂の二等三角点は、藪の中!
Img_1760_2
金山岩までハイマツの藪です。
 帰りに避難小屋に入ると、とってもきれいにお掃除されてました。
Img_1791
いろんな設備や鍋釜お皿まで、きれいに揃って置いてありました。
 眺めのいい場所で、ランチして~
 少しでも高速渋滞が長くならないうちにと、急いで急いで下山。
 標高差1100mのハイキングでした。
 ヤチトリカブトと竜神の滝の上部
Img_1810
 それでも、小仏渋滞12キロ~(;´o`)
小仏トンネル拡大予定 とか横断幕があるけど・・・
これから、トンネル工事の計画段階でしょ?
いつになることやら(;-_-) =3
 
 でも、早めの下山で、早めに帰宅出来ました。
 
 見たかった北アルプスを堪能のランチタイム、気持ちがよかったよ~。
 しかも、山頂に誰もいない貸し切り状態。
こういう、マイナーなお山だからこそだね。
 
 山友、いい所を見つけてくれて、ありがとう( ´ ▽` )ノ

2018年8月17日 (金)

孫お泊りで、三つ峠

 毎年夏休みは、孫たちがバラバラに、お泊りに来る。

上の孫は4才、下の孫は3才の時から、ママと離れて、一人でうちに泊まった。
 それが、たー君はもう10歳!
相変わらず細くて24キロしかないけど、身長は140センチ越えてる。 大きくなった。  この子が小学校に入った夏に、ひとりで電車に乗って来るって言うので、子供パスモを作ってあげた。
 今日は、それで自分ちから、一人で来るって。 ママに、お家を出る時メールちょうだいね、って頼んだ。 改札で待機。  
 さぁて、今日は何して遊ぼうか? パパが昔遊んだNゲージで、しばらく遊んでいて、
「今日はどこか行かないの?」
「どこか、って・・・行きたいとこ、ある?」
「僕が病院で検査の日に、こーちゃんはプールに行ったでしょ。 僕は、こどもの国のプールって、行ったことない」
あ、そう言う事?  
二人兄妹って、どうしたって、兄妹と張り合うんだよね。
比較する相手が一人だから。
 じゃ、今から行こうか(´ー`)  
また、乗換駅で300円の浮輪を買って行こう!
3週間近く館山の海で遊んだのに、やっぱりプールも行きたいんだね。
 
 二両編成で、2駅だけのこどもの国。
暑いねぇ~じゃ、さっさと着替えて~  
あ・・・(;・。・;) 男子と女子更衣室に分かれるんだね。
「着替えたら、荷物全部持って、プール入口のシャワーの横で待ってて」  温泉とかプールの更衣室とかは、だいたい3年生、9歳まで って線引きされてる。 まぁ、小学校に入ったら、だいたい一人でなんでもできるよね。  
 今日も横浜は34度。
今年は、7月初めから、ずーっと暑いままだ。
私は、帽子をかぶったまま、プールで遊んで~  たー君は、こーちゃんがビビッてやらなかったスライダーにも挑戦。
  4年生以上の一番高い、長いスライダーも、並んで滑ってました。  
 プール終了で、外へ出ても、まだ暑い。
結構、一日遊んじゃったね~。  
 帰路、ダメもとで明日のあずさの指定を聞いてみたら、1席あるって! 一昨日までなかったから、誰かキャンセルしたんだね。 混んでいる時は、指定席車両にも自由席の人を入れさせてくれるから、その1席を取りました。 グリーン車も完売だそうです。  
  帰宅して、急いでお米を研いで・・・
お刺身好きのたー君のために、海の幸膳(*^_^*)v  
 お風呂でも、ひしゃくや漏斗で水遊びして、急に
「もう出る~。疲れたから本読んで~」
なんだか、赤ちゃん返りしてる?(^ー^* ) フフフ  
 8月17日
たー君は、息子一家のうちで、いつも一番早起き。
音や光に敏感。
この子は・・・ もしかして、私に似ちゃったのかも。
少しの物音、朝の光とかで、目が覚めてしまう。子供の割に、眠りが浅い。  
 今朝は、無理なく5時半起き。
110周年アニバーサリーの横浜線 そんなに古いんだ
Img_1564
昨日作っておいた、卵焼きと唐揚げ、それに流水蕎麦を持って、あずさへ。  
 始発の新宿じゃなくて、八王子で乗るから、1席でも指定が取れてよかった。 たー君が、ゆっくり朝ごはんが食べられるから。  
 大月で、富士急の河口湖行きへ。
Img_1565
 この暑い時期、登るお山を色々考えたけど・・・
たー君は以前、高尾山と、大山と、富士山の6合目と大菩薩に登っている。 「行きたい所って、ある?」 って聞いたら、
「富士山と大山と大菩薩が見えるお山」
うーん "( ' ' ;)  それじゃ、御坂山系かな。
  レンゲショウマが見たいし、三つ峠に決めた("⌒∇⌒")
「見えるかどうかは、お天気次第だよ」    
6月に、ヒメムヨウランやアツモリソウを見に、お姉さま方と歩いた道。 林道からすぐ、右の山道へ。
 マップタイムよりずいぶん早いペースで、山小屋 四季楽園通過。
ばぁば! 富士山、富士山が見えるよ!
Img_1606お天気でよかったね~
山頂からはもいっときれいに見えるよ。
 急な階段と坂で、三つ峠山の開運岳到着。
 身長は135センチだけど、体重が28キロしかない超スリムな体。 息も切らせず、ポンポンと階段を登って行く! 頼もしいのぉ~。  
 山頂でお昼(^ー^* )
Img_1616
今日はね、お蕎麦好きのたー君のために、流水そばを持って来たの。 あれ、そう言えば、去年 大菩薩へ連れて行った時も、お蕎麦だったかも~。  
 富士山を眺めながらの、冷たいお蕎麦、美味しいねぇ(*'‐'*)
冷たいゼリーを食べながら、南アルプスを眺めるたー君。
Img_1619
南アルプス アップ
Img_1610
 巻き道を周回して~しっかりアンテナ群を廻って、 下山は林道で降りました。  
 レンゲショウマ
Img_1641
 河口湖で、モーターボートに乗って~
Img_1653
これは、大喜び(^v^)v
Img_1671
モーターボートって、風がすごくて、髪がぐしゃぐしゃになっちゃいました。
河口湖大橋を下から眺める。  Img_1683
 帰路は、行きに大月で買って置いた、富士山特急の指定席。
Img_1688
特急って言っても、実は普通列車と、あんまり時間が変わらない。
でも、車内はとってもおしゃれできれい。 子供運転先もあるんだよ。
Img_1692
 帰りのあずさは激混みで・・・
「八王子まで30分くらいなんだけど、立てる?」
「全然大丈夫!」
だよね。頑張ってね。  
 今、うちに置いてあった荷物を取りに寄るつもりが、Nゲージで遊び始めて・・・
「立体レールと、駅も作ってから帰りたい」 ですって(;´o`)
「あら、もうすぐ夕飯の時間になっちゃうから、ママに、ご飯食べて行く ってメールするね」  
 大きくなったけど、まだまだ、妙に幼く子供っぽいー君。  
来年あたり・・・ ガラッと変わりそうな予感。  
 孫、あと10日で11歳の夏でした。  
1600gの手のひらサイズで生まれて、 よくぞここまで育ってくれました
(j o j) ウルルル  
 このあと、お夕飯食べさせて、お家まで送って~
撮った写真を、ママにコピーしてもらってから、戻ります。  

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー